2013-04-16 23:21

早春の北海道神宮 その2

 昨日は久しぶりに北海道神宮に行きました。

 

  

 

 神宮の境内にはまだ沢山の雪が残っていました。

 

  

 

 神門の中には清々しい空気が溢れて居ました。

 

  

 

 爽やかな光の中に巫女さんの装束が映えます。

 

  

 

 そして巫女さんが大勢出入りしているなあ・・・・・と思っていたら、本殿の中で神楽が始まりました。

 

  

 

 しかし本殿のガラス戸は閉まっていて、ガラスの反射で中は見づらいです。

 

  

 

 四月になってから格段に暖かくなったけれど、気温は精々5℃前後です。 

 

  

 

 ガラス戸を開けたら、中でお祓い受ける人達も神主さんも寒くて我慢できないでしょう。

 

  

 

 それでも参拝客は続々とやってきます。

 

  

 

 参拝を終えると、梅園の方へ行って見ました。

 

  

 

 この写真の木々は、右端のカラ松以外全部桜なんですけどね・・・・・。

 

  

 

 東京や大阪ではもう桜は散ったと言うけど、札幌はまだこのありさまです。

 

  

 

 札幌では例年五月の連休の前後に梅と桜が一緒に咲きます。

 

  

 

 そしてその頃にはこの辺りも花見客でごった返します。

 

  

 

 しかしこのありさまでは、桜が咲くのはいつの事やら・・・・・。

 

  

 

 四月の半ばで早春はないだろう・・・・・と思うのですが、でもこの残雪を見たら他に言いようがないでしょう?

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する