2015-10-19 13:31

ネトウヨと自称リベラリストの弱者感

 朝日新聞やNHKなどによるにネット右翼或いはネトウヨと言うのは、低所得低学歴の若者達だと言う事になっています。

 実際NHKなど完全にその概念に合わせた不思議なネトウヨを出演させるような事までやりました。

 NHKや朝日新聞など自称リベラルメディアやそのご用達の言論人等によると、ネトウヨと言うのは「貧しく弱い人達が、より弱い人達を攻撃する事で、自分達の鬱憤を晴らしている。」と言う事なのです。

076

 しかしこれは全然事実とは違います。
 少なくともネトウヨに関する研究を見れば、ネトウヨは学歴も所得も日本人全体の平均を遥かに上待っているのです。 また年齢は30~40代が中心で、若者と言うのには無理があります。

 考えて見ればこれは当然の話です。

 ネトウヨとはネットでカキコやブログ等で、右翼的な情報を発信する人達の事です。 
 すると当然ですが、ネトウヨになる為には、インターネットを使える事と、インターネットで政治関係の情報にアクセスする事が必要条件になります。

091

 ちなみにネトウヨと言う言葉は、ワタシがネットを始めた2007年ごろにはもうネット内で使われていました。 実はインターネットが普及し始めた頃から発生し始めたのです。

 常識的に考えたらインターネットが普及し始めた頃からインターネットを使う人、しかもその中で政治情報に関心を持つ人と言うのが、低学歴であるとか低所得であるとかと言う事はあり得ないのです。

 成人ならば仕事でパソコンが必要になって使い方を覚える、そして自宅でも使うようになる。 或いはこうした新奇な機械類が好きで、またそれを買う余裕があると言う事ですから。
 
 また政治情報に関心を持つ人は、普通は高学歴者に多いのではありませんか?

 そして「弱者に冷たく、自分達の利益擁護の為に国家を守る意識が強い」と言うのは、正に自称リベラリストの描く古典的ブルジョアそのモノです。
 だからネトウヨが高学歴高所得のブルジョアと言うのは、実は自称リベラリストの理論とも一致するはずなのです。

094

 一方自称リベラリスト等によると、低所得低学歴の貧しく弱い人々は、元来非常に無垢で善良な人々のはずではありませんか?

 彼等はこの貧困については実に頑なに、昭和20年代のイメージを守り、それを振り回しています。

 だから高卒公務員の手取り程の生活保護費を貰い、更に月額8800円の冬季加算を得ている生活保護受給者が冬に凍えて、一日布団の中で過ごすなどと言う話を吹聴するのです。(寒冷地ナマポの貧困アピール

 なるほど人間は感情の動物ですから、不幸な人への同情に目が眩み、ひたすらその不幸な人々を庇いたくなると言うのは理解できます。

105

 しかしこうなると大変不思議なのです。

 だってそれほど不幸な人々、弱く貧しい人々に共感と愛情を寄せているような人々が、自分達にとって最も憎悪している言動の犯人が実はその弱く貧しい不幸な人々であるなどと、考え付くのでしょうか?

 例えば自分の子供の犯罪を警察から知らされた母親などを想像したらわかります。 普通に我が子を愛する親であれば、動かぬ証拠を突きつけられても暫くはそれを受け入れられず、「そんなはずはない!!」と言い募るのではありませんか?

 実際ワタシは以前ネットで生活保護受給者達にひたすらなる同情を示す記事の著者が、実際に彼等の診察医師達からの厳しいコメントに切れまくっていたのを見たことがあります。

 生活保護利用者が休日に急病になるということ

114

 けれども自称リベラリスト達は、何の証拠もないのにも関わらず、また自分達の日頃唱える論理にも合わないのに、「ネトウヨは低所得低学歴の若者」と言う話を信じて疑わないのです。

 そして彼等はネトウヨの低所得低学歴を嘲る言説や画像をせっせと振りまいているのです。

 本当に貧しく弱い人々に同情と共感を持つ人達なら幾らネトウヨが嫌いでもこんな事はしないでしょう。 だってそれはネトウヨではなくても貧しく弱い人々を同時に深く傷つける事になりますから。

 むしろこのような画像や言説は実は、ネトウヨだけでなく弱者と言われる人々全てに対する自称リベラリスト達の本心ではないでしょうか?

134

 だからワタシはこの自称リベラリスト等によるネトウヨ=低所得低学歴説から確信するのです。

 実は彼等は貧しく弱い人々、弱者なんかには全然同情していない。
 共感は勿論、愛情なんか欠片を感じていない。
 
 それどころか実は彼等は自分達が高学歴高所得を誇り、貧しく弱い人々を心底侮蔑しているのです。

 それではなぜ彼等がことさらに弱者を振り回すか?
 それは現政権と現体制を非難するのは、彼等が必要だからです。

143

 現在の日本は世界的にも格差が少なく、失業率も低く、豊かな国であるなどと認めては、日本や現政権を非難する事ができなくなります。
 
 だから絶対に貧困や貧困層が必要なのです。

 ちなみに彼等はそうやって政府を非難しても、だからと言って自分達が何か貧困や格差を解消する方法を知っているわけではありません。 

 それどころか国民を富ませる為の最低限の経済常識さへないのです。
 それは民主党政権を見れば明らかです。

145

 民主党は政権を得るまでひたすら自民党政権を非難し、格差と貧困を言い立てました。
 しかし現実に政権を取ってからは超円高を放置して、多くの勤労者を失業させました。 

 しかも彼等は最低限の経済常識もないので、重要な経済指標や為替介入のタイミングなどを平気で漏らしてしまう!!
 株を買ったので、テレビの経済番組を時々見ている主婦程度の経済知識もない。

 だから円高が自分達の責任であることさへも理解できないし、その結果大量の失業者を生んだ事もわからない。
 だから責任感も感じないと言う有様でした。

151

 自称リベラリストは高学歴を誇りながら、このように経済について無知蒙昧であるのは、実は国民を貧困から救う意思などないからです。
 本当に貧しい人々を救いたいと思うのであれば、ちゃんと勉強するでしょう。

 ある程度の教育を受けた人なら、少し真面目に勉強すれば、円高の原因ぐらいはわかるはずなのに・・・・。

 しかし貧しい人々を助ける意思はないけれど、彼等を利用して権力を得たいと言うのは、自称弱者の味方を標榜する人々の本心なのです。

 こうした自称リベラリストの本質が良くわかる記事を夕べ見つけました。

155

>しかし、それらの人々が”ぼんやりとした中流意識”を持つ限り、社会に変化を求めることはない。この”ぼんやりとした中流意識”を打破しない限り、貧困層や生活課題を持つ人々がまとまり、社会システムを再編していく力にはならないだろう。

>厳しいかもしれないが、「下」の生活であることを自覚し、社会や政治を変えるように働きかけてほしいと思っている。


 「(もう「下流」なのに「中流」だと言い張る日本人!ー誤った「中流意識」が社会の発展を阻害する!?」と言う記事の最後の方の部分です。

175

 全体を読めばわかりますが、この著者は色々グラフ等を出して、しかし明確な定義もしないまま、日本人の多くが中流意識を持っている事を非難しているのです。

 人間の尊厳と言う事から言えば、たとえ貧しくとも自分は人並みに幸せだと考えて、社会を支えようと努力している人は尊敬すべき人です。

 ペリクレスはアテネ市民について「貧しい事を恥じるのではなく、貧しさから抜け出す努力をない事を恥じるのだ。」と言ったのですから。

178

 それにしても随分あからさまに書いたものですね。
 
 ワタシは難病患者で無職ですから、社会的には立派に弱者です。
 
 しかし常々こういう自称リベラリストの弱者カワイソウ記事を読むと、言いようもなく不愉快でした。 事実を無視してまで弱者カワイソウを唱えていながら優しい気持ちとか愛情とかそういうモノは全然伝わってこない。

188

 まるで女衒が貧しい美少女に甘い言葉を掛けているのを見ているような・・・・・。
 背筋が冷たくなるような不快さです。

 しかし実際彼等は女衒が少女を食い物にするのと同じで、弱者を自分達の社会変革に利用する気満々なのです。

 彼等にとっては弱者ってタダのその為にこそ存在する価値があるのです。

257 

 だから彼等自称リベラリスト、自分達が考える社会の変革をしたい人間にとっては、「貧しさを恥じとせず、貧しさから抜け出す努力をしない事を恥じとする」ような誇り高き貧乏人程腹立たしいモノはないでしょう。

 低所得低学歴の貧乏人と言うのは、我々高学歴高所得のエリート達が便利使える駒のはずだ!!
 我々エリートがオマイラ馬鹿共の為に日々努力をしているのに、何でオマイラはそれがわからないのだ!!

 こうした自称リベラリスト達の弱者感の象徴こそが、「ネトウヨ=低学歴低所得」説なのです。

 だからワタシは自称リベラリストが大嫌いです。
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

見当違い

ネトウヨ弱者論・・・
言い出したのは安田浩一あたりでしたかね。

まだ人気があるんですよね。この説。
特にお隣の半島国家でのネット投稿をを翻訳するサイトをみると、貧乏人を馬鹿にする気持ちをそのまま素直に出して日本の極右を罵ります。大人気です。
日本のブサヨと違って、飾る必要がないからストレートに書くわけです。

小林よしのりも相変わらずこの説を支持しているようで、「あんな頭の悪いことをいうやつらが高学歴なわけないやろ。」ということを書いていた記憶があります。私にとっては保守へいざなってくれた師匠の一人なので、ほろ苦いものがありますけど。

連中が見当違いの論をはる分には、こちらも全然構わないというか被害はありません。寧ろ安田達の見る目の無さがどんどん明確になってきている事が痛快です。

「一部に生活保護の不適切な利用があるのは確かだが、だからといって全体を色眼鏡で見るな。」というのは正論です。
しかし、医療の現場にいると、生活保護の連中による救急車のただ乗りとか、生活保護費が少なくなった時期に入院させろごねる健康な連中とか、どうしても目立つのです。
病院事務員の隣に一年間座っていただけの警備員でしたけどね。
生活保護を守ろうとするジャーナリストであるならば、尚更この不適切利用に対して、正面から取り組むべきです。
  1. 2015-10-19 17:12
  2. URL
  3. もらもら #slzyl2uk
  4. 編集

ブログ主さんがネットを始めたのと、同じ頃に自分もネットを使い始めたから、同期生でおK?(笑)。 自分がネットやり始めの入口になったブログは「特定アジアニュース」「厳選韓国情報」そして、Sarahさんの「何かキターーーー!」の三つでした。当時は現在とは異なるHNで、それらのブログにコメントを書き込んでましたが、Sarahさんが、「ネットの初期の頃はみなサヨっていて、現在みたいじゃなかった」と書いていて、驚いた記憶があります。そういえばあの頃、国籍法改悪の件でもネットは大騒ぎでしたよね。 ところで、Sarahさんのブログはは現在、どうなっているんですかね? 自分の端末機を変えてから、(2011年以降)アクセス出来ずに現在に至るのですが。
  1. 2015-10-19 19:31
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: 見当違い

> ネトウヨ弱者論・・・
> 言い出したのは安田浩一あたりでしたかね。

 これは実は元々、KKKやネオナチに関する研究を何の根拠もなく、ネトウヨに当てはめたのが始まりのようです。

> まだ人気があるんですよね。この説。
> 特にお隣の半島国家でのネット投稿をを翻訳するサイトをみると、貧乏人を馬鹿にする気持ちをそのまま素直に出して日本の極右を罵ります。大人気です。
> 日本のブサヨと違って、飾る必要がないからストレートに書くわけです。
>
> 小林よしのりも相変わらずこの説を支持しているようで、「あんな頭の悪いことをいうやつらが高学歴なわけないやろ。」ということを書いていた記憶があります。私にとっては保守へいざなってくれた師匠の一人なので、ほろ苦いものがありますけど。
>
> 連中が見当違いの論をはる分には、こちらも全然構わないというか被害はありません。寧ろ安田達の見る目の無さがどんどん明確になってきている事が痛快です。

 向こうで勝手に検討違いの所を攻撃しているのですからね。
 実害があるわけもないのです。

> 「一部に生活保護の不適切な利用があるのは確かだが、だからといって全体を色眼鏡で見るな。」というのは正論です。
> しかし、医療の現場にいると、生活保護の連中による救急車のただ乗りとか、生活保護費が少なくなった時期に入院させろごねる健康な連中とか、どうしても目立つのです。
> 病院事務員の隣に一年間座っていただけの警備員でしたけどね。
> 生活保護を守ろうとするジャーナリストであるならば、尚更この不適切利用に対して、正面から取り組むべきです。

 生活保護受給者を色眼鏡で見るような宣伝を繰り返しているのは、実は弱者の味方を標榜しているはずの自称リベラリスト達なんですけどね。

 彼等が非常識な生活保護受給者を全面に立てて騒ぐから、生活保護受給者全部が非常識と思われるのです。
  1. 2015-10-19 22:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ブログ主さんがネットを始めたのと、同じ頃に自分もネットを使い始めたから、同期生でおK?(笑)。 自分がネットやり始めの入口になったブログは「特定アジアニュース」「厳選韓国情報」そして、Sarahさんの「何かキターーーー!」の三つでした。当時は現在とは異なるHNで、それらのブログにコメントを書き込んでましたが、Sarahさんが、「ネットの初期の頃はみなサヨっていて、現在みたいじゃなかった」と書いていて、驚いた記憶があります。そういえばあの頃、国籍法改悪の件でもネットは大騒ぎでしたよね。 ところで、Sarahさんのブログはは現在、どうなっているんですかね? 自分の端末機を変えてから、(2011年以降)アクセス出来ずに現在に至るのですが。

 そう言えばどうなっているのでしょうね?
 ワタシも全然アクセスできないです。

 イザがなくなってから、イザの仲間の多くとアクセス不能です。
 
 イザが亡くなったのは凄く残念です。
  1. 2015-10-19 22:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

アタマいいんだなあんた




これから俺が帰るからいいほうによっロしくオネシャス
  1. 2015-10-20 03:49
  2. URL
  3. 名無しさん@ニュース2ch #-
  4. 編集

我々は愚かな大衆を啓蒙してやってるのだ

はじめのうちは左翼リベラル派のほうがインターネットの登場を歓迎していたんですよね。
じつは私、1990年代に朝日新聞の出版局で契約社員をしていたことがあるので、当時の雰囲気を知っています。彼らは「権力者が情報を独占できなくなる」と言い、「地球全体がひとつの村のようになる=グローバル・ビレッジ」の時代が来ると言ってました。

でもインターネットの普及によって、左翼リベラル派の嘘がどんどんバレていったのが現実でした。とくに日本の左翼リベラル派は、公共事業など自民党の左翼的な経済政策を批判して、新自由主義的な経済政策を主張するので、まったく存在価値がないと思いますね。
かつては「一億総中流」「世界一成功した社会主義国家」といわれたこともあるくらい日本は平等な社会ですから、「反日」くらいしか左翼にはやることがないのでしょう。
だいたい、性の解放を主張して売春合法化を支持するくせに「慰安婦=戦時売春婦」に謝罪と賠償をしろと言ったり、言論の自由を主張するくせに「ヘイトスピーチ規制」という言論統制を訴えたり、今の左翼リベラル派の主張は矛盾だらけなんですよね。

それでも左翼リベラル派は「愚民を啓蒙」しているつもりなのでしょう。間違いなく一般人を愚民として見下していると思います。でも、彼らがやっていることは「啓蒙」ではなくて「洗脳」なんですよね。
  1. 2015-10-20 08:02
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

おはようございます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ナロードニキ

・・・彼等(ナロードニキ)は中流以上の出身者が多かった為、ロシアの小作農に溶けこむこと自体に困難が伴った。・・・裕福なロシア人は日常においてフランス語かドイツ語を話すことが多かった。・・・*引用終わり

 1860~70年代にロシアで活動した社会運動家(ナロードニキ)は、生い立ちを見ると中流より上の富裕層出身で、ソビエト発足当初の幹部達もほどんどがそうだったようです。ただ、スターリンは貧しい家庭の出身でした。

 いろいろwikiを読んでみると、社会主義は特権階級が無知な民衆を指導するということみたいです。そうすると「リベラリスト」としては、社会主義を実践する為には、何としても「貧しく弱い人達が、より弱い人達を攻撃する事で、自分達の鬱憤を晴らしている愚かな民衆。」という「条件設定」が必要なのだと思います。

 よもぎねこさんが書かれた、「人間の尊厳と言う事から言えば、たとえ貧しくとも自分は人並みに幸せだと考えて、社会を支えようと努力している人は尊敬すべき人です。」という考えは私もずっとそう思って来ました。それが私たち日本人が昔から大事にしてきた「価値観」だと思います。明治以降に来た外国人たちも、日本人の「価値観」を理解した人達がいたそうです。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/hatsugen/poru_kuroderu.html

 もと駐日フランス大使のポール・クローデルは、次のように言ったそうです。

「私がどうしても滅びてほしくない一つの民族があります。それは日本人です。あれほど古い文明をそのままに今に伝えている民族はありません」

「日本人は貧しい。しかし高貴である」

*「ポール・クローデル氏の言葉」より引用

 女衒「リベラリスト」の誤解は、この世界でも有数の格差のない平和な日本の教育レベルの高い国民が、いつまでもリベラルな猫なで声をだせば騙せると思っている事ですね。これは、大多数の日本国民への「ヘイト・クライム」ですね!
  1. 2015-10-20 08:27
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

「下流社会」の名付け親、藤田孝典氏の寄稿文でしたか。
多分そうじゃないか、と思っていました。この用語はNHKでも大人気ですから、今年の流行語大賞でも狙っているのでしょう。

貧困層がマイナンバー制度で全て捕捉されてしまっては彼のNPO組織「ほっとプラス」の存在意義も無くなってしまう訳ですし、藤田氏としては何としても「下流社会」なる用語を世の中に定着させて「切り捨てられる貧困層」をPRしなければなりません。それでなくても生活保護に向けられる世間の目は年々厳しくなる一方ですから。

そんなことより藤田氏には、生活保護に関する不正受給問題についてコメントしていただきたいですね。彼は普段は饒舌ですが、この件になると途端に口をつぐんでしまうので。
  1. 2015-10-20 09:56
  2. URL
  3. 名無しの日本人 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> アタマいいんだなあんた
>
 恐れ入ります。 大した頭ではありません。
>
>
> これから俺が帰るからいいほうによっロしくオネシャス

 はいそうさせてもらいます。
  1. 2015-10-20 10:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 我々は愚かな大衆を啓蒙してやってるのだ

> はじめのうちは左翼リベラル派のほうがインターネットの登場を歓迎していたんですよね。
> じつは私、1990年代に朝日新聞の出版局で契約社員をしていたことがあるので、当時の雰囲気を知っています。彼らは「権力者が情報を独占できなくなる」と言い、「地球全体がひとつの村のようになる=グローバル・ビレッジ」の時代が来ると言ってました。

 ああ、そう言えばそんなこと言ってましたね。
 ワタシは愚民なんもんで、あの頃は何を言ってるんだかわけわかりませんでした。

> でもインターネットの普及によって、左翼リベラル派の嘘がどんどんバレていったのが現実でした。とくに日本の左翼リベラル派は、公共事業など自民党の左翼的な経済政策を批判して、新自由主義的な経済政策を主張するので、まったく存在価値がないと思いますね。
> かつては「一億総中流」「世界一成功した社会主義国家」といわれたこともあるくらい日本は平等な社会ですから、「反日」くらいしか左翼にはやることがないのでしょう。
> だいたい、性の解放を主張して売春合法化を支持するくせに「慰安婦=戦時売春婦」に謝罪と賠償をしろと言ったり、言論の自由を主張するくせに「ヘイトスピーチ規制」という言論統制を訴えたり、今の左翼リベラル派の主張は矛盾だらけなんですよね。

 池田隼人の時代に一億総中流を実現したので、社会主義暴力革命の夢はついえたのです。

 ところが自称リベラリストは実は相変わらず社会主義暴力革命の夢を追いながら、しかし社会主義の夢は壊れたので、何とか日本と言う国を崩壊させたいと言う夢だけを追っているのです。

 だからリフォーム詐欺だと言うのです。 新しい建物のプランはないけれど、とにかく今ある家を壊すように勧めるのですから。

> それでも左翼リベラル派は「愚民を啓蒙」しているつもりなのでしょう。間違いなく一般人を愚民として見下していると思います。でも、彼らがやっていることは「啓蒙」ではなくて「洗脳」なんですよね。


 その通りでしょう。 だから愚民が彼等にたてつく集団である在特会などに怒り狂うのです。
  1. 2015-10-20 10:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: おはようございます。

> https://ja.wikipedia.org/wiki/ナロードニキ
>
> ・・・彼等(ナロードニキ)は中流以上の出身者が多かった為、ロシアの小作農に溶けこむこと自体に困難が伴った。・・・裕福なロシア人は日常においてフランス語かドイツ語を話すことが多かった。・・・*引用終わり
>
>  1860~70年代にロシアで活動した社会運動家(ナロードニキ)は、生い立ちを見ると中流より上の富裕層出身で、ソビエト発足当初の幹部達もほどんどがそうだったようです。ただ、スターリンは貧しい家庭の出身でした。
>
>  いろいろwikiを読んでみると、社会主義は特権階級が無知な民衆を指導するということみたいです。そうすると「リベラリスト」としては、社会主義を実践する為には、何としても「貧しく弱い人達が、より弱い人達を攻撃する事で、自分達の鬱憤を晴らしている愚かな民衆。」という「条件設定」が必要なのだと思います。
>
>  よもぎねこさんが書かれた、「人間の尊厳と言う事から言えば、たとえ貧しくとも自分は人並みに幸せだと考えて、社会を支えようと努力している人は尊敬すべき人です。」という考えは私もずっとそう思って来ました。それが私たち日本人が昔から大事にしてきた「価値観」だと思います。明治以降に来た外国人たちも、日本人の「価値観」を理解した人達がいたそうです。
>
> http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/hatsugen/poru_kuroderu.html

 ワタシはロシア文学大好きなのですが、しかしロシア文学の主人公たちも皆インテリゲンチュアつまり知識階級、地主とか官僚などの出身で、当時の一般ロシア人とは全然違うのです。

 だから幾ら善意に満ちた人々でも彼等が会話の中で「民衆」と言う言葉を使うと、凄い違和感があるのです。

> もと駐日フランス大使のポール・クローデルは、次のように言ったそうです。
>
> 「私がどうしても滅びてほしくない一つの民族があります。それは日本人です。あれほど古い文明をそのままに今に伝えている民族はありません」

 逆に言うとこういう社会こそ社会主義を実現するのには、適した社会だったのでしょうね。 だって無知な民衆が実在しましたから。

 それでも結局社会主義の維持はできなかったのですが。

 だから社会主義って仰る通り無知な民衆を導く理念です。 だからこそエリートを自認する人々には魅力的なのでしょう。

> 「日本人は貧しい。しかし高貴である」
>
> *「ポール・クローデル氏の言葉」より引用
>
>  女衒「リベラリスト」の誤解は、この世界でも有数の格差のない平和な日本の教育レベルの高い国民が、いつまでもリベラルな猫なで声をだせば騙せると思っている事ですね。これは、大多数の日本国民への「ヘイト・クライム」ですね!

 その通りだと思います。
 ワタシは自称リベラリストと言っていますが、朝日、NHK,毎日などの新聞とそのご用達湖面てテーター、共産党、社民党、民主党、彼等の共通理念は「日本と日本人への憎悪」だと思います。
  1. 2015-10-20 11:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 「下流社会」の名付け親、藤田孝典氏の寄稿文でしたか。
> 多分そうじゃないか、と思っていました。この用語はNHKでも大人気ですから、今年の流行語大賞でも狙っているのでしょう。
>
> 貧困層がマイナンバー制度で全て捕捉されてしまっては彼のNPO組織「ほっとプラス」の存在意義も無くなってしまう訳ですし、藤田氏としては何としても「下流社会」なる用語を世の中に定着させて「切り捨てられる貧困層」をPRしなければなりません。それでなくても生活保護に向けられる世間の目は年々厳しくなる一方ですから。

 マイナンバー制度ができると、彼の言う下流老人達の資産と資産収入が明白になるんですよね。 前々から日本の貯金資産のほとんどを高齢者が持っている事はわかっていたのですが、これが氏名まできっちりわかるようになるのです。

 だから資産家の下流老人の実態がわかるようになるでしょう。
>
> そんなことより藤田氏には、生活保護に関する不正受給問題についてコメントしていただきたいですね。彼は普段は饒舌ですが、この件になると途端に口をつぐんでしまうので。

 マジに興味があります。 何と言うでしょうか?
  1. 2015-10-20 11:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

藤田という男は単なる馬鹿だろう。

日本人の多くが所得の平均値を下回ってる、だから下流だと言うんでしょう。中流を定義してないんだから馬鹿ですが少しまじめに論じてみましょう。

60%が下流っていうのはそれだけでおかしいでしょう。上流と下流しかいないってんだろうか。
というより統計の読み方もわかってないんでしょう。この場合は少なくとも平均値(average)ではなく中央値(median)を取らなければいけません。これならば432万円です。これ以下が下流というならまだ分かる。

問題はこれ以下の所に最頻値(mode)があるということです。これは度数分布表でしかあらわせませんがこちらによると年収200万円台が一番多いことになります。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/15/average-income_n_5586999.html

サイト自体はどうでもいいですが出所は国の統計ですからいいでしょう。
更にこの中のグラフを見るといい。世代別の1世帯の人員1人あたりの所得を見てみればいい。世帯人員1人あたりの平均は203万円程度です。これは専業主婦等の無業者も含まれる数値です。これなら感覚に近いでしょう。

そもそも平均値を持って議論できるのは統計上正規分布の場合だけです。世の中の多くの事柄、人の身長や体重、成績などは正規分布が普通でありそれで議論ができるのですが所得に関してはほぼ対数正規分布を取るということは経験的に知られています。だから平均値を論じることに殆ど意味が無いのです。

更に本来は所得だけではなく資産を見なければ本当のところは分かりません。これだけで暮らし向きを論じる、馬鹿だろうで終わりです。

こちらをご覧ください。簡単な解説があります。
http://matome.naver.jp/odai/2141878950784645801

ここの出てくる方のサイトに男性有業者の年収分布があります。グラフの横軸に細工があるのが少しあれですがここでは最頻値が300万円台前後の100万円を中流と定義すれば全体の4割はあります。これがおそらく中流の構造でしょう。これで中の中が6割、ずいぶん健全なんじゃないでしょうか。

この手の人達が言うにはネトウヨは反知性主義者なんだそうです。小生は自他とも許すネトウヨですがどちらが反知性的でしょうかね。小生の知性にはやまいだれはついていないと思いますがね。
  1. 2015-10-20 12:47
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

連投失礼

小生はネットを初めて15年になりました。

それ以前から戦史関係の研究の経験は長く40年位になります。だから、その頃から本当のことをみんな知っていましたので、これはものすごくウェルカムと思ってました。思慮の足らぬ知り合いのアホサヨがこれを喜んでいたの哀れに思っていたものです。

サヨクは単なるプロパガンダや権威を丸呑みする馬鹿が多かったのですが、右翼はきちんと調べ検証し発言する人々が圧倒的でした。だから、その信頼度は全然違うからネット社会が本格化したならば左は壊滅だろうと思ったものです。

世の中には古い権威に盲従する人々や反知性主義車が結構いるので、思うようには進まず一度は揺り返しが来ましたが、もう大丈夫でしょう。世の中には利口な馬鹿が多いということを人々が知っただけでもいいことです。

何よりも今の時代は一次資料に直接アクセスできるようになりました。マスコミがその窓口を独占できなくなったことが大きいでしょう。この結果日本の世論がだんだん普通の国並みになってきた。ただそれだけのことです。

これからアホサヨの人々は「民主主義」を嫌っていくでしょう。民主主義をまともに認めては嘘つきが生きてはいけないからです。人の思想信条はどうでも構いません。ただし嘘つきをノサバラせてはいけないということです。
アカヒに対して堂々嘘つきといえる、良い時代になったものです。
  1. 2015-10-20 13:10
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 藤田という男は単なる馬鹿だろう。

> 日本人の多くが所得の平均値を下回ってる、だから下流だと言うんでしょう。中流を定義してないんだから馬鹿ですが少しまじめに論じてみましょう。

定義を単純に平均以下とすると、年金生活者などはほぼ全部下流になるんですよね。 幾ら資産があっても。

> 60%が下流っていうのはそれだけでおかしいでしょう。上流と下流しかいないってんだろうか。
> というより統計の読み方もわかってないんでしょう。この場合は少なくとも平均値(average)ではなく中央値(median)を取らなければいけません。これならば432万円です。これ以下が下流というならまだ分かる。
>
> 問題はこれ以下の所に最頻値(mode)があるということです。これは度数分布表でしかあらわせませんがこちらによると年収200万円台が一番多いことになります。
> http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/15/average-income_n_5586999.html
>
> サイト自体はどうでもいいですが出所は国の統計ですからいいでしょう。
> 更にこの中のグラフを見るといい。世代別の1世帯の人員1人あたりの所得を見てみればいい。世帯人員1人あたりの平均は203万円程度です。これは専業主婦等の無業者も含まれる数値です。これなら感覚に近いでしょう。
>
> そもそも平均値を持って議論できるのは統計上正規分布の場合だけです。世の中の多くの事柄、人の身長や体重、成績などは正規分布が普通でありそれで議論ができるのですが所得に関してはほぼ対数正規分布を取るということは経験的に知られています。だから平均値を論じることに殆ど意味が無いのです。
>
> 更に本来は所得だけではなく資産を見なければ本当のところは分かりません。これだけで暮らし向きを論じる、馬鹿だろうで終わりです。
>
> こちらをご覧ください。簡単な解説があります。
> http://matome.naver.jp/odai/2141878950784645801
>
> ここの出てくる方のサイトに男性有業者の年収分布があります。グラフの横軸に細工があるのが少しあれですがここでは最頻値が300万円台前後の100万円を中流と定義すれば全体の4割はあります。これがおそらく中流の構造でしょう。これで中の中が6割、ずいぶん健全なんじゃないでしょうか。
>
> この手の人達が言うにはネトウヨは反知性主義者なんだそうです。小生は自他とも許すネトウヨですがどちらが反知性的でしょうかね。小生の知性にはやまいだれはついていないと思いますがね。

 なるほどね。

 自称リベラリストの格差と貧困記事はいつもの事ながら、統計の読み方が出鱈目なんですよね。 世帯平均の家族の数が減り世帯数が激増した事は無視して「平均世界収入が激減した」とか、勤労者数が増えていることは無視して「非正規労働者が増えた」とか、非正規労働者は実際増えているけど、正規労働者は全然減っていないのに。

 貧困だの下流だの議論も全く同じレベルだったわけです。

 統計は読み方で結構好きに議論できるのですよね。

 そのあたりも自称リベラリストには理解できないのでしょう。 彼等の痴性のレベルがわかります。
  1. 2015-10-20 18:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 連投失礼

> 小生はネットを初めて15年になりました。
>
> それ以前から戦史関係の研究の経験は長く40年位になります。だから、その頃から本当のことをみんな知っていましたので、これはものすごくウェルカムと思ってました。思慮の足らぬ知り合いのアホサヨがこれを喜んでいたの哀れに思っていたものです。

 そう言えばワタシはネットを始めたのは2007年頃ですが、それまではテレビで「双方向性」とかしきりにもてはやしてはしゃいでいましたね。

 しかし思うにネットができるまで一般個人とマスゴミの情報発信力の差は竹槍とB29だったのですが、ネットができてからは、高射砲とB29ぐらいに変わってきましたね。

 ところが高射砲で迎撃されるようになっても、マスゴミ側は全く戦法を変えずに変態を組んで来るのです。
 これではやられるのは当然なのに。

> サヨクは単なるプロパガンダや権威を丸呑みする馬鹿が多かったのですが、右翼はきちんと調べ検証し発言する人々が圧倒的でした。だから、その信頼度は全然違うからネット社会が本格化したならば左は壊滅だろうと思ったものです。

> 世の中には古い権威に盲従する人々や反知性主義車が結構いるので、思うようには進まず一度は揺り返しが来ましたが、もう大丈夫でしょう。世の中には利口な馬鹿が多いということを人々が知っただけでもいいことです。

 根源的には彼等は今もGHQの権威に寄りかかっているのです。
 GHQはとうの昔に解体したのに、それでもGHQの権威に寄りかかっているのです。

 忠犬ハチ公もビックリの忠犬振りです。

> 何よりも今の時代は一次資料に直接アクセスできるようになりました。マスコミがその窓口を独占できなくなったことが大きいでしょう。この結果日本の世論がだんだん普通の国並みになってきた。ただそれだけのことです。

 これは大きいですね。
 やはり単なる口コミと、資料を正確に読めるのとでは全くインパクトが違いますから。

> これからアホサヨの人々は「民主主義」を嫌っていくでしょう。民主主義をまともに認めては嘘つきが生きてはいけないからです。人の思想信条はどうでも構いません。ただし嘘つきをノサバラせてはいけないということです。
> アカヒに対して堂々嘘つきといえる、良い時代になったものです。

 ホントに良い時代になりました。 
  1. 2015-10-20 18:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

左翼の本質は強者

 中間的である程度安定した生活をした層は生活密着型のやや保守寄りの立場になりそうです。自民党はこの分厚い中間層をずっと基盤にしてきた政党だから、富の再分配にもそれなりに積極的でした。それゆえ長期自民党政権(55年体制)の下では弱者層は減っていたんですよね。

 ところが、リベラルはこれが気に食わないのでしょう。リベラルは都市部の高学歴層のインテリ(最近の言動をみると?がつきますけど)が多いとはいわれていますが、彼らの「弱者救済」って、「自分達の考えた「弱者」に自分達に都合がいい「救済」を与え"ろ(決して自分達がそのために何らかの負担をしようとは一切考えない)"」ってことでしょう。あとは感謝を押し付けてその救済からみかじめ料を掻っ攫っていくのですよ。
 日本の左翼思想というのはインテリが弱者をいかに甘い言葉で釣ってそこから搾取するかという思想にしか見えないんですよね。それにしても、「お前らは貧乏で下層民なんだから中流などとほざいてないで下流であることを受け入れろよ」と傲慢な台詞を吐くとは、もはや甘言を弄する余裕もなくなってきたってことなんですかね。
 その理由は分かりますよ。金融と財政について適切な政策を採れば中流層が息を吹き返します。これが一番リベラルにとっては辛いのでしょう。しかもマスメディアを使って洗脳しようにもインターネットという双方向型の情報交換ツールが現代にはありますからね。彼らの武器がどんどんそぎ落とされるんです。だから彼らはどんどん余裕を失って、自壊するでしょう。
  1. 2015-10-22 00:33
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

Re: 左翼の本質は強者

>  中間的である程度安定した生活をした層は生活密着型のやや保守寄りの立場になりそうです。自民党はこの分厚い中間層をずっと基盤にしてきた政党だから、富の再分配にもそれなりに積極的でした。それゆえ長期自民党政権(55年体制)の下では弱者層は減っていたんですよね。
>
>  ところが、リベラルはこれが気に食わないのでしょう。リベラルは都市部の高学歴層のインテリ(最近の言動をみると?がつきますけど)が多いとはいわれていますが、彼らの「弱者救済」って、「自分達の考えた「弱者」に自分達に都合がいい「救済」を与え"ろ(決して自分達がそのために何らかの負担をしようとは一切考えない)"」ってことでしょう。あとは感謝を押し付けてその救済からみかじめ料を掻っ攫っていくのですよ。
>  日本の左翼思想というのはインテリが弱者をいかに甘い言葉で釣ってそこから搾取するかという思想にしか見えないんですよね。それにしても、「お前らは貧乏で下層民なんだから中流などとほざいてないで下流であることを受け入れろよ」と傲慢な台詞を吐くとは、もはや甘言を弄する余裕もなくなってきたってことなんですかね。
>  その理由は分かりますよ。金融と財政について適切な政策を採れば中流層が息を吹き返します。これが一番リベラルにとっては辛いのでしょう。しかもマスメディアを使って洗脳しようにもインターネットという双方向型の情報交換ツールが現代にはありますからね。彼らの武器がどんどんそぎ落とされるんです。だから彼らはどんどん余裕を失って、自壊するでしょう。

 全く仰る通りでしょう。

 日本の自称リベラルは実は共産主義崩れで、自分達の手で暴力的な富の再配分をしようと言う事しか考えていません。 

 そしてそれを一枚看板にすることで、権力を得たいのです。

 本当にどうしようもない権力亡者です。

 で、彼等が権力を得る道具が「貧乏人」なのです。 日本では池田隼人の所得倍増計画で、日本の社会主義暴力革命の夢は潰えました。 
 しかし今もその夢を追っている連中がいるのです。

 その連中にとっては益々状況は悪くなっているのでしょうね。 だからこんな記事を書くのでしょう。
  1. 2015-10-22 10:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する