2015-10-03 19:20

難民受け入れ=優しい国家解体

 こないだからネットでこんな広告がやたらに出るようになりました。

2015y10m03d_182550113.jpg

 子供が泣いている!!
 カワイソウじゃないか!!

 しかしワタシは根が冷酷無情な人間なのか、こういうの見ると違和感の方が先に立ってしまいます。

683

 「難民の命懸けの旅続いています、」って?

 何で命懸けの旅をするんですか? 
 シリアが内戦になって、命からがら逃げだしたのはわかります。 そしてそういう人達が、国境を越えて隣国のヨルダンやトルコなどに逃げ込むのはわかります。

 で、そこに居れば命の危険はないのです。 
 命が危ないので、命の危険のないところに逃げた人が、難民と言うのはわかります。

 しかしこの国連の写真に出ている人達は、命の危険のないところにいたのに、ワザワザ危険な航海をして他国に不法入国をしようとしている人達でしょう?

 本来こういう人達を難民と言うのですか?

684

 勿論、トルコやヨルダンなどの国々の難民キャンプの居心地は良くないでしょう。 内戦終結の目途も立たない状況ですから、いつになったら故郷に帰れるかもわかりません。
 
 だからもう「こんなところは出て、職もあり社会保障制度その他も整ったドイツへ行きたい!!」と言うのは良くわかります。 しかしこれってもう難民じゃないでしょう?
 故郷を離れるきっかけは、内戦だったのかもしれませんが、命の危険のないところを離れて、より良い生活を目指して危険な海を渡るのですから、これは只の移民ではありませんか?

 そして今は、内戦なんかなくても豊かな欧米へ移民したいと言う人達は今世界中に沢山いるのです。

 でもこんな人達助けるのは元来UNHCRの仕事じゃないでしょう?

686

 シリア内戦でシリアの総人口の4分の1、400万人強が難民として国外に出たと言います。 UNHCRはこの人達を全部外国に移住させる気なのですか?
 
 この400万人余りが全員、永遠にシリアを捨てて欧米に移住する事を望んでいるのですか?

 普通に考えてそれはないでは?
 
 だってシリアで農民や遊牧民など、普通の庶民として生きてきた人達は、英語もドイツ語もできないし、そもそも欧米の生活と言うモノにはなじめないでしょう?
 だから敢えて危険な旅をする意思はなく、難民キャンプで不自由な暮らしをしながら、戦争が終わり故郷に帰れる日を待ち望んでいるのではないですか?

 だったら本当に助けるべきは、このような本物の難民ではありませんか?
 これが本当のUNHCRの仕事でしょう?

694

 敢えて「命懸けの旅」を続けてヨーロッパに向かう人達は、実は「難民」のうちでも富裕層で、知識階級で、だから難民なのにスマホを持って(いったいどこに料金引き落としの口座を持っているのでしょうか?)情報を得ていたようです。

 そしてあの危険な航海だって、業者に法外な料金を支払わないとできないのです。 だって違法行為ですから高くつくのは当然ですよね。

 こうやって海を渡る不法移民を難民と言って、カワイソウキャンペーンをやって、欧米や日本にその受け入れを要求するって?
 それ不法移民の斡旋業者の仕事でしょう?

698

 だからワタシは今回の問題で安倍総理が、難民受け入れはせずに、救援資金を出した事は極めて人道的であり、難民問題解決にも大正解だと思います。

 だって本当に苦しんでいる難民は、「命懸けの旅」をしてヨーロッパを目指す事なんかできないのですから。 そして400万を超える難民の圧倒的多数は、このような人々ではありませんか?
 でもまず救うべきは、そういう人々です。

 だからまずこうした難民の生活を助ける事と、また難民を受け入れた国々を支援する事が、何より重要なのではではありませんか?
 
 そしてそれと並行して国際社会が行うべきは、シリアの内戦終結でしょう。

702
 
 それにしても思うのです。 難民を受け入れると言ってる国々は、もうシリアは永遠に内戦を続けると思っているのでしょうか?

 だって人口の4分の1、それも富裕層や知識層が国を捨ててしまったら、もう内戦が終わっても国家の再建は不可能になるではありませんか?

 だからワタシはこの難民受け入れって、実は優しい国家解体ではないかと思います。
 こんな事が本当に良い事なのでしょうか?
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

水死したアイラン君の父親のインタビューを聞いたら、昔見たスイスのジャーニーオブホープという映画とそっくりなんです。彼らはトルコでなんとか生活してたけど、アトピーの?子供達にいい医療を受けさせたいとドイツを目指し、不法移民ブローカーに何十万円もお金を払って粗末なボートに乗せられたそうです。
映画は貧しいトルコ農民が、スイスでいい暮らしをしている友人からの絵葉書を受け取って、末息子にだけは高等教育を受けさせたいと、悪徳ブローカーに無理なアルプス越えをさせられて子供が命を落とし夫婦は収監されるという実話でした。地味なドキュメンタリーのようなつくりだったので、凍死していく可愛らしい幼児が気の毒で涙が止まりませんでした。
しかし彼らはトルコで生活出来てたんですよね。命の危険はなかったのです。それに個別に越境すれば捕まって収監されるのに、大挙して行けば受け入れられるのもおかしな話です。そりゃシリア人以外の人たちも行かなきゃ損になっちゃいますよね。
  1. 2015-10-03 21:12
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 水死したアイラン君の父親のインタビューを聞いたら、昔見たスイスのジャーニーオブホープという映画とそっくりなんです。彼らはトルコでなんとか生活してたけど、アトピーの?子供達にいい医療を受けさせたいとドイツを目指し、不法移民ブローカーに何十万円もお金を払って粗末なボートに乗せられたそうです。
> 映画は貧しいトルコ農民が、スイスでいい暮らしをしている友人からの絵葉書を受け取って、末息子にだけは高等教育を受けさせたいと、悪徳ブローカーに無理なアルプス越えをさせられて子供が命を落とし夫婦は収監されるという実話でした。地味なドキュメンタリーのようなつくりだったので、凍死していく可愛らしい幼児が気の毒で涙が止まりませんでした。
> しかし彼らはトルコで生活出来てたんですよね。命の危険はなかったのです。それに個別に越境すれば捕まって収監されるのに、大挙して行けば受け入れられるのもおかしな話です。そりゃシリア人以外の人たちも行かなきゃ損になっちゃいますよね。

 おお、ワタシもその映画みましたよ。 

 あの映画は今から20年以上前の映画だと思いますが、中東やアフリカからヨーロッパへの民族大移動は終わるどころじゃないのです。

 むしろスマホやネットでヨーロッパの情報が広かるので、益々規模が膨らんでいるのです。

 このまま行くとヨーロッパはパンクするでしょう。
  1. 2015-10-03 22:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 シリアの移民希望者は、駐日ドイツ大使も認める知識層です。この人たちが居なくなったシリアを考えるとき、カンボジアが参考になると思います。

「クメール・ルージュの下、総人口は700~800万人だったなか13~29%にあたる100~200万人以上の知識層を中心とした思想改造の名の下で虐殺が行われました。 2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は828万人と推定されており、国民の半数を超えています。ポルポト時代に育った世代は、文盲が多く未だに影響が残っています。」*引用終わり

https://ja.wikipedia.org/wiki/カンボジア

 内戦が終わっても、カンボジアでは混乱した状況に付け込んだ子供や女性の売買が行われ、それを防ぐ能力のある人材が国にいないのでどうにもなりませんでした。ゴッソリと知識層が抜けると、知識や伝統の伝承も途絶えこの穴を埋めるのは数世代かかるだろうと日本人のNGOが言っていました。同じことが、シリアでも起こりつつありますね。

 以前 ヨルダンのシリア難民キャンプの番組を観ました。インフラのない所に数十万人が暮らしていて、難民とヨルダン人にとって厳しい状況でした。ヨルダンは石油が出ないので、財政的に大変だそうです。だからこそ安倍総理が難民キャンプに資金を提供するのは、本当に彼らにとって必要な援助です。日本はJICAなどが、何が必要かを見極めて丁寧な支援をしています。

 いまドイツに向かっている人たちは、アサド政権側の富裕層だという話もあります。地獄の沙汰も金次第って、本当なのかもしれませんね。でも実は難民はシリア以外が1/3だと、入国時の難民の調査を行っているドイツ連邦警察局のデータに基づいて内務省の報道官は語っているそうです。欧州は、やはり安い労働者が欲しいから分かっているのに『可哀想な難民』と言いつづけていくつもでしょうか?VWの事件と言い、本当に傲慢な人達です。

「ドイツへ到着した難民、3分の1がシリア出身者ではないと当局が認める」
http://irorio.jp/daikohkai/20150928/263554/
  1. 2015-10-03 23:26
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

何時も通りの正論です

目に見える現象だけを見て、可哀想だからと、安易に彼等の望みを叶えようとすると、種々な弊害が発生するでしょう。安倍首相の発言を捉えて、非難しようとする輩が国内外に居ますが、後先を考えない短絡した感情論であると言えるでしょう。
メルケル首相の発言の裏には、良質な労働力の獲得という目論見が見えますが、際限無しに押し寄せる事を考えたら、ブレーキを掛けざるを得ないでしょう。
現に州によっては、収集が付かなくなって悲鳴を上げ始める所も出てきているように思われます。
ドイツだけでなく、EU各国でも負担に耐えられそうも無いと、入国を制限し始めています。
設計図も無しに家を建てようとしているとしか思えません。これにISメンバーが大量に紛れ込んでいたら、相当酷い事になる可能性が有ります。
結果はそのうちわかるでしょう。
  1. 2015-10-04 11:19
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

シリアは親日国の一つで、アサド前大統領(現大統領の父)の時代、自衛隊がPKOでゴラン高原に派遣されたとき、自衛隊員に対する攻撃を禁止する命令を出しています。現大統領は、2000年の国民投票で、70パーセントだか75パーセントだかの高い支持率を得て選出されています。
最初の反政府活動は、200から300人程度の貧困者への救済デモでしたが、これをきっかけに彼らとは無縁の反乱が起き、それを英仏が支援しました。その背景には、ドバイから欧州への石油パイプライン敷設を巡り、欧州案に対するシリア政府の反対があったから、と言われています。その利権には米国も関係しており、反乱軍の支援に公式には遅れて参加しました。
ISはアメリカのCIAが設立や武器支援に関与したとも言われています。反政府軍がシリア政府軍に対し劣勢であったため、欧州からの傭兵を集めた。それで、入国が容易なシリア北部のトルコ国境近辺で勃興したと言うものです。トルコにしても、ISの勃興はクルド人殲滅の機会と捉えたのかもしれません。
中東、アフリカ、南アメリカの政治には欧州の歴史と利権が絡み合い、其処に新興勢力の米国資本が入り込み、その国の政治を弄んでいる気がします。『ワタシはこの難民受け入れって、実は優しい国家解体ではないかと思います』というブログ主の言葉は、正鵠を射ているかもしれません。
  1. 2015-10-04 11:41
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  シリアの移民希望者は、駐日ドイツ大使も認める知識層です。この人たちが居なくなったシリアを考えるとき、カンボジアが参考になると思います。
>
> 「クメール・ルージュの下、総人口は700~800万人だったなか13~29%にあたる100~200万人以上の知識層を中心とした思想改造の名の下で虐殺が行われました。 2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は828万人と推定されており、国民の半数を超えています。ポルポト時代に育った世代は、文盲が多く未だに影響が残っています。」*引用終わり
>
> https://ja.wikipedia.org/wiki/カンボジア
>
>  内戦が終わっても、カンボジアでは混乱した状況に付け込んだ子供や女性の売買が行われ、それを防ぐ能力のある人材が国にいないのでどうにもなりませんでした。ゴッソリと知識層が抜けると、知識や伝統の伝承も途絶えこの穴を埋めるのは数世代かかるだろうと日本人のNGOが言っていました。同じことが、シリアでも起こりつつありますね。

 もうすでにそうなっていると思います。 だから今後内戦が終わっても、シリアは今後百年余り発展不能でしょう。

>  以前 ヨルダンのシリア難民キャンプの番組を観ました。インフラのない所に数十万人が暮らしていて、難民とヨルダン人にとって厳しい状況でした。ヨルダンは石油が出ないので、財政的に大変だそうです。だからこそ安倍総理が難民キャンプに資金を提供するのは、本当に彼らにとって必要な援助です。日本はJICAなどが、何が必要かを見極めて丁寧な支援をしています。

 ワタシはこれが本来の援助だと思います。 だって援助ってもっとも苦しい人々から先に手を差し伸べるべきです。

>  いまドイツに向かっている人たちは、アサド政権側の富裕層だという話もあります。地獄の沙汰も金次第って、本当なのかもしれませんね。でも実は難民はシリア以外が1/3だと、入国時の難民の調査を行っているドイツ連邦警察局のデータに基づいて内務省の報道官は語っているそうです。欧州は、やはり安い労働者が欲しいから分かっているのに『可哀想な難民』と言いつづけていくつもでしょうか?VWの事件と言い、本当に傲慢な人達です。

 富裕層や知識層でないと、不法移民業者に料金を払ってギリシャ行の船に乗る事はできません。 危険な船でも違法行為ですから高くつくのです。

> 「ドイツへ到着した難民、3分の1がシリア出身者ではないと当局が認める」
> http://irorio.jp/daikohkai/20150928/263554/

 そうでしょうね。 だって難民が出国前にちゃんとパスポートを取るなんて不可能ですから、身分証明は不能なのです。 そこに不法移民が付け込まないはずはないのです。
  1. 2015-10-04 13:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 何時も通りの正論です

> 目に見える現象だけを見て、可哀想だからと、安易に彼等の望みを叶えようとすると、種々な弊害が発生するでしょう。安倍首相の発言を捉えて、非難しようとする輩が国内外に居ますが、後先を考えない短絡した感情論であると言えるでしょう。
> メルケル首相の発言の裏には、良質な労働力の獲得という目論見が見えますが、際限無しに押し寄せる事を考えたら、ブレーキを掛けざるを得ないでしょう。
> 現に州によっては、収集が付かなくなって悲鳴を上げ始める所も出てきているように思われます。
> ドイツだけでなく、EU各国でも負担に耐えられそうも無いと、入国を制限し始めています。
> 設計図も無しに家を建てようとしているとしか思えません。これにISメンバーが大量に紛れ込んでいたら、相当酷い事になる可能性が有ります。
> 結果はそのうちわかるでしょう。

 有難う御座います。 アメリカのように移民で発展した国もあるのですかあ、移民を受け入れる事自体が絶対悪とは言いませんが、しかし短期間に大量の人間が入り込めば、全ての面で大混乱は必至です。

 だから今まで色々制限を付けて来たのに、今回はあのインチキな幼児遺体キャンペーンにやられてしまったようです。
 今後この混乱の収拾は容易じゃないでしょう。
  1. 2015-10-04 13:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> シリアは親日国の一つで、アサド前大統領(現大統領の父)の時代、自衛隊がPKOでゴラン高原に派遣されたとき、自衛隊員に対する攻撃を禁止する命令を出しています。現大統領は、2000年の国民投票で、70パーセントだか75パーセントだかの高い支持率を得て選出されています。
> 最初の反政府活動は、200から300人程度の貧困者への救済デモでしたが、これをきっかけに彼らとは無縁の反乱が起き、それを英仏が支援しました。その背景には、ドバイから欧州への石油パイプライン敷設を巡り、欧州案に対するシリア政府の反対があったから、と言われています。その利権には米国も関係しており、反乱軍の支援に公式には遅れて参加しました。
> ISはアメリカのCIAが設立や武器支援に関与したとも言われています。反政府軍がシリア政府軍に対し劣勢であったため、欧州からの傭兵を集めた。それで、入国が容易なシリア北部のトルコ国境近辺で勃興したと言うものです。トルコにしても、ISの勃興はクルド人殲滅の機会と捉えたのかもしれません。
> 中東、アフリカ、南アメリカの政治には欧州の歴史と利権が絡み合い、其処に新興勢力の米国資本が入り込み、その国の政治を弄んでいる気がします。『ワタシはこの難民受け入れって、実は優しい国家解体ではないかと思います』というブログ主の言葉は、正鵠を射ているかもしれません。

 シリアやイラクのような人工的な多民族国家で、民主主義は不可能なんですよね。 民主主義って国民全員が連帯意識や信頼感を共有する事で初めて可能なのです。

 独裁やそれに伴う抑圧は勿論不幸ですが、しかしそれを潰しても来るのは戦乱状態だけなのです。 それを考えるとアメリカのイラクやシリアへの介入は、どう考えてもマトモなモノではないのです。

 アメリカ政府はそれを理解していたのか?
 理解して意図的にシリアとイラクを潰したのか?
 
 それとも独裁者を放逐すれば、直ぐに民主主義親米政権ができると考えていたのか?

 どちらかはわかりませんが、どちらにせよ実に大変な不幸を招いた事だけは間違いありません。
  1. 2015-10-04 13:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

国家の成員の1/4が出て行くなどという事態になれば本来は国の維持事ができない状態になるはずです。戦争状態ということで無視してるんでしょうが、このままでは遠からざるうちに国家が崩壊します。

中東の国境線こそいい加減な妥協の産物なんですから本来はこんなことはそれをひいた連中の責任です。まあ、英仏トルコあたりの責任者の問題ですが、その上でドイツあたりも第一次大戦で色目を使い米露もパワーゲームのネタにしたんですからどうしようもありませんよね。

考えればジャスミンなんたらとか言うようないい加減な夢をばらまいた連中にも責任はあるのでしょう。それで縁もゆかりもない国にまで逃げてくる連中の神経は分かりません。アサド政権がどうたらいいますがあんな政権しか作れなかった連中ですから中身は推して知るべしでしょう。とことん困りきらなければわからないのでしょう。
  1. 2015-10-04 17:28
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 国家の成員の1/4が出て行くなどという事態になれば本来は国の維持事ができない状態になるはずです。戦争状態ということで無視してるんでしょうが、このままでは遠からざるうちに国家が崩壊します。
>
> 中東の国境線こそいい加減な妥協の産物なんですから本来はこんなことはそれをひいた連中の責任です。まあ、英仏トルコあたりの責任者の問題ですが、その上でドイツあたりも第一次大戦で色目を使い米露もパワーゲームのネタにしたんですからどうしようもありませんよね。
>
> 考えればジャスミンなんたらとか言うようないい加減な夢をばらまいた連中にも責任はあるのでしょう。それで縁もゆかりもない国にまで逃げてくる連中の神経は分かりません。アサド政権がどうたらいいますがあんな政権しか作れなかった連中ですから中身は推して知るべしでしょう。とことん困りきらなければわからないのでしょう。

 ああいう人工国家出た民族国家に「民主主義」は無理です。
 
 それを「独裁絶対悪!!」と煽ってジャスミン革命とか言いだしのは、明らかに国家解体が目的だったとしか思えません。 あれの黒幕はジョージ・ソロスだったとも言います。

 ちなみにイスラエルは近隣のイスラム諸国は崩壊しているのが理想だそうです。 そうすればイスラエルは安全ですから。 それを考えると今はイスラエルの理想の状態です。
 
 何とも恐ろしい話ですが、シリアと言う国はこれでもう完全に解体させられたわけです。
  1. 2015-10-04 20:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する