2015-09-18 12:50

前田森林公園でベルサイユ宮殿のソフトパワーを想う

 先日久しぶりに前田森林公園に行きました。
 
154

 ここの特徴は長大なカナルです。 全長800m!!
 なんとバス停4つ分です。
 札幌では唯一のバロック庭園なのです。

 ワタシはいつも自転車で行くので、気楽に何度もこのカナルに沿ってグルグル回るのですが、しかし徒歩ではこんな事は絶対できません。

 こんなに壮大な公園なのに、不便な場所にあるので、いつも人影はまばらです。 だからここに来るといつも公園を独占して、王侯貴族になった気分です。

161

 しかし上には上があります。
 元祖バロック庭園、ベルサイユ宮殿のカナルは全長4㎞!! 
 バス停なら20、地下鉄なら駅を4つ作る距離です。

 宮殿庭園の総面積は1070ha!!
 前田森林公園は6haですから、もう桁が違うなんてモノじゃありません。

167

 ワタシはベルサイユ宮殿に行った事はないのですが、しかしこの前田森林公園に来ると、いつもベルサイユ宮殿の事を考えてしまいます。
 
 自転車で回っても半日がかりの前田森林公園を遥かに凌ぐ、壮大華麗なベルサイユ宮殿!!
 
 こんな贅沢をしたからフランス革命が起こり、ブルボン王朝は滅びたのだ。
 王侯貴族の浪費と贅沢は、ひたすら民衆を苦しめた。

 ワタシも昔はそんな感覚を持っていました。

170

 しかし西洋史を学ぶにつれて(学ぶと言っても好きな小説や歴史関係の本を読み散らかしただけですが)「それは違うんじゃないか?」と思い始めたのです。

 まずベルサイユ宮殿には誰でも入れました。
 建て前は一応貴族だけと言う事になっていたのですが、しかし貴族の印である剣と帽子を身に着けてれば、それで入れたのです。 
 そして宮殿の入口には、こうした剣や帽子を貸す店が並んでいました。

 だからパリに来た人は、皆ベルサイユに行って、それを借りてベルサイユ宮殿に入ったのです。

 こうした見物人目当ての、物売りもゾロゾロ入っていました。

183

 このように大勢の人々がベルサイユ宮殿を訪れ、その庭園を楽しむ事は、ここを作ったルイ14世の望みでもありました。
 ルイ14世は自ら、来訪者の為に庭園鑑賞の手引書を書いたほどです。

 しかし驚いた事に開放されていたのは、庭園だけではありません。
 宮殿内で営まれるルイ14世の宮廷生活も、見学できたのです。

 しかも国王起床から就寝までです。 
 朝、国王が目を覚まし、大勢の侍従達の手を借りて着替えを済ませ、朝食を食べる所まで見る事ができたのです。

190

 そして連日実に多くの人々に謁見しました。
  
 だってせっかくベルサイユまで来たのです。 多少なりとも宮廷につてのある人々は、一生に一度は王様に謁見して声をかけて貰いたいと思うではありませんか?

 ルイ14世はこうした人々とただ謁見しただけではありません。
 彼は実に非凡な記憶力の持ち主だったのか、こうして謁見した人々をきちんと記憶していました。

 実に10年以上前に一度だけ謁見した人の顔や名前を憶えていて、再開を喜ぶ言葉を掛けたのです。
 
 このような王の対応がどれほど人々を感激させたことか!!

211

 しかしこれではルイ14世のプライバシーはゼロです。 こんな生活を半年も続けたら、普通の人なら気が狂ってしまうでしょう。
 それでも彼はこれを死ぬまで続けたのです。 しかも彼は健康でこの時代として大変な長寿を全うしています。

 当に王の中の王。 王と生まれるべくして生まれた王だったのでしょう。

 壮大華麗な宮殿で営まれる、絢爛豪華な宮廷生活。
 あまねく国中を照らす太陽のような国王。

 しかし当然ですが、これに魅了されたのはフランス人だけではありません。
 それどころかフランスを訪れる王侯貴族は皆ルイ14世に、そしてフランスに憧れるようになりました。

220

 そうなると彼等のフランスかぶれは留まる所を知りません。
 
 これ以降ヨーロッパ中の王侯貴族は、フランス風の宮殿を建てて、フランス流行の衣装を着て、フランス料理を食べて、フランス語を使って生活するようになります。

 プロイセンのフリードリッヒ二世は、ドイツ国内でシラーやゲーテの文学が流行し始めた時に言いました。
 「自分は車夫馬丁の輩程のドイツ語しかできないから、そのようなモノはわからないが、それにして今の若者達がラ・シーヌなどの古典をおろそかにするのは情けない事だ。」と・・・・・。

 フリードリッヒ二世はドイツ軍国主義の元祖です。
 そして啓蒙専制君主としてプロイセンの発展に力を尽くした歴史的名君です。 
 元祖軍国主義者ですから、勿論戦争だって強かったのです。 フランスとも何度も戦っています。
 
 それでもフリードリッヒ二世の宮廷はフランス語で営まれ、フリードリッヒ二世が建てたサン・スーシー宮殿はフランス式のロココ建築です。 そしてサン・スーシーと言う名前からしてフランス語なのです。

224

 フリードリッヒ二世が即位したのは、ルイ14世の死後35年後です。 
 しかしもうこの時代になると、ヨーロッパにおけるフランス文化の優越は完全に確立したので、もう国益とかそういうモノでフランス文化と自国文化を云々するレベルではなくなっていたわけです。

 だから自分の優れた治世の結果プロイセンが一流国になり、ドイツ文学が生まれても、全然それを喜ばないと言う事になってしまったのです。

 ちなみに彼の祖父もフランスにかぶれて、ルイ14世が愛人を持つと自分も愛人を持つようになります。 この祖父は才色兼備の妻を熱愛していたのですが、フランス国王が愛人を持つからには自分も持たずにはいられないのです。

 だってそれがフランス風だから仕方ありません。 フランス風にしないと、王様らしくないと思われちゃうのです。

227

 ヨーロッパ中がこんな有様ですから、フランス語は上流階級の共通語になりました。 そしてフランス語がしゃべれることが、上流階級の必須条件になります。
 そしてまたそれは社会の階段を上がる為に絶対必要になるのです。

 だからヨーロッパ中の貴族は子供達にフランス人の家庭教師を付け、家庭内ではフランス語を使って育てるようになりました。
 
 こんな事をしちゃうとフランス語は上手くなるのですが、自国語が怪しくなってしまいます。 しかしそんなことは無問題です。
 自国語なんか使用人との意思疎通に困らない程度にできればそれでよいのです。

 どの道読みたく手も自国語の本なんか殆どない国が多いのですから。
 
231

 こんなわけでフランス語教師の需要が、ヨーロッパ中に無限生まれました。
 だから上流貴族はともかく、田舎地主程度だと実に怪しい人間でも、フランス人と言うだけで子供の家庭教師に雇いました。
 
 その為食い詰めたフランス人達が大挙して、東欧やロシアに出かけて職を得ました。

 このあたりはもう日本中にある怪しい語学学校の外人講師と同じですね。

 しかしこうしてフランス語の優位は完全に確立したのです。 そしてそれは第二次世界大戦後、英語にその地位を追われるまで続いたのです。

237

 第二次大戦中、ナチスドイツはあっという間にフランスを占領しました。
 しかしフランスが信じがたくだらしのない負け方をしたにもかかわらず、ナチスドイツはフランスでは民族殲滅のような残虐行為は行っていません。

 ドイツに占領に反対して抵抗運動した人々や、ユダヤ人は殺しましたが、しかしそういうことをしないフランス人には一切手を出していません。

 歴史的にはフランスはドイツの宿敵で、それこそフリードリッヒ二世の時代から繰り返し戦争をしています。
 それなのにドイツはスラブ殲滅作戦のような、フランス殲滅作戦は考えてもいませんでした。

 これはつまりナチの時代でさへ、ドイツ人にはフランス文化への敬愛の念が強く残っていたからでしょう。

 そういう意味ではソフトパワーと言うのは命を守るのです。

240

 そして現在でもファッションや料理についてはフランス地位は健在です。

 フランス農業生産額は世界5位を保っています。 アメリカやオーストラリアなど広大な国土を持つ国々と張り合えるのは、フランスならでは高級食材の輸出が健在だからです。

 それにしてもワイン一本に10万円とかベラボウな値段が付くのは、つまりは只ワインが美味しいと言うだけでなはなく、そういうワインに込められた文化があるからでしょう。

 高級ワインの栓を抜くと、美しい葡萄畑とそれを守るシャトー、そしてそのシャトーを守る貴族文化が香るからでしょう?
 そしてその貴族文化を象徴したのがベルサイユ宮殿なのです。

 こうしてみるとベルサイユ宮殿がフランスに残した遺産は絶大なモノではありませんか?
 太陽王の残光は今もフランスを照らしているのです。

254

 さてベルサイユ宮殿とは3桁違いに小さい手稲森林公園ですが、それでも歩いて回るとなると一苦労です。
 それでは王侯貴族達はどうやってこの広大な庭園を楽しんだのでしょうか? 
 
 王侯貴族は馬や馬車を使って、カナルの周りを駆け回ったようです。 そうですよね。 あんな衣装を着て4キロも歩けるわけないでしょう?

 ところで自転車って大体馬と同じぐらいスピードですから、自転車でカナルを回りを走っていると、結構その気分が味わえます。

 その上、最初に書いたようにここは随分と不便なところなので、いつ行っても人が少なく、実に爽やかです。

 だからワタシはここに来ると王侯貴族になった気分でいられるのです。

301

 ワタシもいつかはベルサイユ宮殿に行ってみたいのですが、よもちゃんが許してくれそうもありません。

 だから当分の間はこの前田森林公園で、ルイ14世の夢に思いをはせる事にしているのです。

 最後に日本人としてフランス文化をこよなく敬愛するこの方の一言を。

 2015y09m18d_125351588.jpg
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

その馥郁たるフランス文化も二度ほど危機を迎えました。

一度目はフランス革命後のジャコバン党による恐怖政治、二度目はパリ・コミューンによる社会主義革命政権によって。

二度とも「リベラル」を標榜する進歩派の暴走というところがミソです。

“独裁者”ナポレオン一世の文化的貢献に関してほとんど無視に近い日本の現状を見ると、我が国のインテリ層はロベスピエールの方に親近感を抱いている様に思えます。
  1. 2015-09-18 16:49
  2. URL
  3. teru #-
  4. 編集

ナポレオンのモスクワ勅令

かの(沢尻)エリカ・ママはアルジェリアの出身ですが、フランス文化の話をすると、ラフォンテーヌやモリエールの話がポンポン出てきます。そう言っては何ですが、意外でしょう?
以前、同じカフェの常連でした。あの方はコーヒーではなくて、ワインを飲みながらですが、フランス語圏におけるフランス文学の伝搬力の強さを感じました。かつての東洋文化圏における支那の文学のようなものか。

前の方も仰ってましたが、1812年ナポレオンはモスクワからコメディ・フランセーズを創建せよという勅令を発します。コメディフランセーズはもともと国立(王立)の劇場・劇団でしたが、革命騒ぎで見る影もない様になっておりました。ナポレオンはロシア遠征のまっ最中にその再建を命じたわけです。

ちなみにコメディ・フランセーズの役者の語るフランス語は今でも最も美しく、正確なフランス語であると言われております。

ナポレオンはロシアまで行って、いっぱい兵隊を死なせましたが、戦争ばかりやっていた訳ではないのです。単なる人殺ししかしない革命派とはそこが違います。(笑)

  1. 2015-09-18 19:04
  2. URL
  3. レッドバロン #-
  4. 編集

戦争法案反対!とか叫んでる民主党とか共産党の人たちは、よく自分たちの行動をフランス革命に例えてますが、
ひよっとしてベルサイユのばらのアニメくらいでしかフランス革命知らなくて、
ジャコバンの内ゲバもナポレオンの台頭も知らないで言ってるんじゃないかと思います。
  1. 2015-09-19 00:33
  2. URL
  3. Spring-moto #-
  4. 編集

おはようございます。

自分はどうも西洋式庭園に違和感があります。自然を力で支配するようで。
全てではありませんが、日本の庭園は自然を(細工はしますが)取り入れる、借景をする、余計なものをこれでもかとそぎ落とすなど、自然と調和する方が性に合っています。
四季があるおかげでしょうか。
  1. 2015-09-19 08:10
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

 ルイ14が私生活を洗いざらい見せた様子を以前(題名を失念)読んだ時に、非常に異常な生活だと思いました。その中にベルサイユ宮殿の何度目かの造営時に、貴族や国民が喜ぶだろうと執務室からの良い眺めを犠牲にしたと書いてありました。王になる過程で凄まじい権力闘争を経験したせいか、貴族や国民の支持がを維持する為に私生活を捨てて、亡くなるまでそれを貫いた非凡な王だと思います。

 あのフリードリッヒ2世がそんなにルイ14世のまねをするほどフランス・コンプレックスが酷かったとは、驚きました。大王も各国の王から憧れの的でしたよね。昔から欧米の上流階級ではフランス語が必須だし、オリンピック招致でも高円宮妃がフランス語でスピーチされたことがとても評価されたと聞きました。今でもフランス語は、上流階級の言葉なのかもしれませんね。

 でも日本語にフランス語のようなソフト・パワーを持たせるのは、出来たら共通語になれば外国語を勉強しなくていいから嬉しいですが難しいですよね。
 
 戦前からだと思いますが、我が国は他国との約束を律儀に守るというのは評価されているようです。これもソフト・パワーになるでしょうか?
  1. 2015-09-19 08:19
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

日本には皇居があります。天皇がギロチンなどという恐ろしい歴史がありませんでしたので、東京の皇居は現在天皇がお住まいの部分は公開されていませんが、東御苑は公開されています。この東御苑はかつての江戸城です。
京都の御所は御苑の部分は公開されていますし(私の通学路でした)、紫宸殿や清涼殿なども年に数回公開されています。
いずれも日本式ですからベルサイユ宮殿・前田森林公園とは全く趣は違いますが、こういったものを持って大切にしている国だということを誇りに思っています。
  1. 2015-09-19 09:08
  2. URL
  3. kyotoumare #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> その馥郁たるフランス文化も二度ほど危機を迎えました。
>
> 一度目はフランス革命後のジャコバン党による恐怖政治、二度目はパリ・コミューンによる社会主義革命政権によって。
>
> 二度とも「リベラル」を標榜する進歩派の暴走というところがミソです。
>
> “独裁者”ナポレオン一世の文化的貢献に関してほとんど無視に近い日本の現状を見ると、我が国のインテリ層はロベスピエールの方に親近感を抱いている様に思えます。

 どうもそのようですね。 8月30日のデモでは坂本龍一が「フランス革命みたい」をはしゃぎ、それをまた弁護士会が喜んで弁護士ドットコムに載せていました。

 人権を守るはずの弁護士はギロチン大好きのようです。

 ちなみにワタシが子供の頃、フランス革命に持っていたイメージだって、日本のインテリが広めた物でしょう?
  1. 2015-09-19 09:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ナポレオンのモスクワ勅令

> かの(沢尻)エリカ・ママはアルジェリアの出身ですが、フランス文化の話をすると、ラフォンテーヌやモリエールの話がポンポン出てきます。そう言っては何ですが、意外でしょう?
> 以前、同じカフェの常連でした。あの方はコーヒーではなくて、ワインを飲みながらですが、フランス語圏におけるフランス文学の伝搬力の強さを感じました。かつての東洋文化圏における支那の文学のようなものか。

 なるほどね。 アルジェリアのインテリは今でもフランス語をしゃべると言うけど、納得できる話ですね。

> 前の方も仰ってましたが、1812年ナポレオンはモスクワからコメディ・フランセーズを創建せよという勅令を発します。コメディフランセーズはもともと国立(王立)の劇場・劇団でしたが、革命騒ぎで見る影もない様になっておりました。ナポレオンはロシア遠征のまっ最中にその再建を命じたわけです。
>
> ちなみにコメディ・フランセーズの役者の語るフランス語は今でも最も美しく、正確なフランス語であると言われております。
>
> ナポレオンはロシアまで行って、いっぱい兵隊を死なせましたが、戦争ばかりやっていた訳ではないのです。単なる人殺ししかしない革命派とはそこが違います。(笑)

 エコール・ポリテクニークなどを作ったのもナポレオンですからね。 フランス文化の継承と産業発展には、努力したのでしょうね。
 その彼がコルシカ人と言うのもなかなか興味深いです。
  1. 2015-09-19 09:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 戦争法案反対!とか叫んでる民主党とか共産党の人たちは、よく自分たちの行動をフランス革命に例えてますが、
> ひよっとしてベルサイユのばらのアニメくらいでしかフランス革命知らなくて、
> ジャコバンの内ゲバもナポレオンの台頭も知らないで言ってるんじゃないかと思います。

 知っていて虐殺する側に回りたいのかも?
 或いは虐殺自体悪い事とは思っていないのかも?

 だってフランス革命より凄惨なロシア革命その他の共産主義革命を信奉している連中ですからね。
  1. 2015-09-19 09:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> おはようございます。
>
> 自分はどうも西洋式庭園に違和感があります。自然を力で支配するようで。
> 全てではありませんが、日本の庭園は自然を(細工はしますが)取り入れる、借景をする、余計なものをこれでもかとそぎ落とすなど、自然と調和する方が性に合っています。
> 四季があるおかげでしょうか。

 バロック庭園のようなモノができる背景は、むしろヨーロッパには山が少なく平地ばかりじゃ中と思います。
 だってこんなモノ広い平地がないとできないでしょう?

 逆に言えば山もないところじゃ借景なんか不可能なんですよね。

 もう一つ、これは宮殿とセットになっていて宮殿の延長だからでしょう。 だから前田森林公園も宮殿モドキの休憩所を作ってあるのです。 これが無いと何ともシマラナイでしょう? 
  1. 2015-09-19 10:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  ルイ14が私生活を洗いざらい見せた様子を以前(題名を失念)読んだ時に、非常に異常な生活だと思いました。その中にベルサイユ宮殿の何度目かの造営時に、貴族や国民が喜ぶだろうと執務室からの良い眺めを犠牲にしたと書いてありました。王になる過程で凄まじい権力闘争を経験したせいか、貴族や国民の支持がを維持する為に私生活を捨てて、亡くなるまでそれを貫いた非凡な王だと思います。

 本当に非凡な人ですね。 殆ど人間離れと言えるレベルです。

>  あのフリードリッヒ2世がそんなにルイ14世のまねをするほどフランス・コンプレックスが酷かったとは、驚きました。大王も各国の王から憧れの的でしたよね。昔から欧米の上流階級ではフランス語が必須だし、オリンピック招致でも高円宮妃がフランス語でスピーチされたことがとても評価されたと聞きました。今でもフランス語は、上流階級の言葉なのかもしれませんね。

 きっと今でも最上流階級はフランス語が共通語かも知れません。 英語はビジネスには必須でしょうが、本物の上流階級ならビジネスなんかどうでも良いでしょうから。

>  でも日本語にフランス語のようなソフト・パワーを持たせるのは、出来たら共通語になれば外国語を勉強しなくていいから嬉しいですが難しいですよね。
>  
>  戦前からだと思いますが、我が国は他国との約束を律儀に守るというのは評価されているようです。これもソフト・パワーになるでしょうか?

 信用がないよりはましでしょうね。

 このフランスのような凄いソフトパワーを見ると羨ましい限りですが、しかし簡単には手に入らないでしょう。 フランスだって一朝一席で作ったわけではないのですから。
 
 ルイ14世がベルサイユ宮殿を作ってこのソフトパワーを全面的に売り出したのは事実ですが、しかしそれができるためにはまずそのような宮殿を作れるフランスの国力と、そして宮殿に相応しいフランス文化があったのですから。
  1. 2015-09-19 10:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 日本には皇居があります。天皇がギロチンなどという恐ろしい歴史がありませんでしたので、東京の皇居は現在天皇がお住まいの部分は公開されていませんが、東御苑は公開されています。この東御苑はかつての江戸城です。
> 京都の御所は御苑の部分は公開されていますし(私の通学路でした)、紫宸殿や清涼殿なども年に数回公開されています。
> いずれも日本式ですからベルサイユ宮殿・前田森林公園とは全く趣は違いますが、こういったものを持って大切にしている国だということを誇りに思っています。

 そうですね。 日本は日本の文化を守る事が大切なのです。

 でも北海道にはそういう古い日本の文化財はないのです。 代わりに広い土地があるので前田森林公園のようなモノを作ってみるのも良い事だと思っています。
  1. 2015-09-19 10:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

最高のソフトパワーは

言葉と way of life です。
覇権国家はこの2つの支配に成功した国です。

絶対主義までの西欧社会では横行の暮らしというものが way of life でしたからまさにベルサイユがショウウィンドウの役割をしたのでしょう。ただフランス語というのはこれはフランス人の創りだした製品だと思ってます。

フランス語は一種の人工言語で中央フランス語を中心に時間をかけて作り上げたものです。だから時代の変化にもかかわらず綴が昔のままでものすごく読みにくかったり理解しにくい部分がありますが、その代わり正確です。時制や法はえらい複雑ですが、キチンと書かれれば誤解の仕様がありません。

外交文書では正式なものは未だに仏語が添付されるはずです。英語は自然言語だからどうしても曖昧なのです。日本語に至っては…まあ。一種の曖昧さが命ですから比較の対象になりません。

基本は国力がありそのway of life が諸国民の憧れになった国画素の力を持って言語を支配し世界を支配するのですが、日本はどうでしょうか。way of life に関してはなんとかなるかもしれないという気がします。世界を知れば知るほど生き方が違ってるというのは共通理解になってるからです。

では言葉はどうか。日本語の最大の力はその言葉にあると思ってます。これは最近言われるようになったのですが、長期に渡る孤立言語であり、その和語つまり大和言葉は人間の感性に根ざす非常に原始的の部分を持っています。

これが世界でどう受け入れられるかが本当の勝負かもしれません。
  1. 2015-09-23 10:21
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 最高のソフトパワーは

> 言葉と way of life です。
> 覇権国家はこの2つの支配に成功した国です。
>
> 絶対主義までの西欧社会では横行の暮らしというものが way of life でしたからまさにベルサイユがショウウィンドウの役割をしたのでしょう。ただフランス語というのはこれはフランス人の創りだした製品だと思ってます。
>
> フランス語は一種の人工言語で中央フランス語を中心に時間をかけて作り上げたものです。だから時代の変化にもかかわらず綴が昔のままでものすごく読みにくかったり理解しにくい部分がありますが、その代わり正確です。時制や法はえらい複雑ですが、キチンと書かれれば誤解の仕様がありません。
>
> 外交文書では正式なものは未だに仏語が添付されるはずです。英語は自然言語だからどうしても曖昧なのです。日本語に至っては…まあ。一種の曖昧さが命ですから比較の対象になりません。
>
> 基本は国力がありそのway of life が諸国民の憧れになった国画素の力を持って言語を支配し世界を支配するのですが、日本はどうでしょうか。way of life に関してはなんとかなるかもしれないという気がします。世界を知れば知るほど生き方が違ってるというのは共通理解になってるからです。
>
> では言葉はどうか。日本語の最大の力はその言葉にあると思ってます。これは最近言われるようになったのですが、長期に渡る孤立言語であり、その和語つまり大和言葉は人間の感性に根ざす非常に原始的の部分を持っています。
>
> これが世界でどう受け入れられるかが本当の勝負かもしれません。

そうですね、ベルサイユ宮殿のソフトパワーと言うのは、当時のフランスの国力があってできたものでしょう。 勿論経済力や軍事力の優越もあったのですが、しかし文化的優越も他のヨーロッパ諸国を大聞き引き離していたわけで、だからフリードリッヒ大王もフランスかぶれになるしかないのです。 だってフリードリッヒのように知的な人間が知性を満足させたくても、知性に満ちた文化何ぞフランスにしかなかったのですから。

こうした状況でkazkさんが仰る人造語として完成したフランス語の特性がフルに生きて国際語となったわけでしょう。

現在の日本には、日本語自体の持つ特性はともかく、ルイ14世時代のフランスほどの国力の優位はないので、ソフトパワーの覇権確立は難しいでしょう。
  1. 2015-09-23 19:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する