2015-09-11 12:09

何が問題なの? 河野幕僚長

 自衛隊の内部文章流出とかで共産党が騒いでいます。 面倒臭いので全部は貼りませんが、こんな感じです。

自衛隊の暴走許す危険明らか

  陸海空自衛隊のトップである河野(かわの)克俊統合幕僚長が昨年12月、米軍首脳との会談で、戦争法案の成立時期について「来年夏まで」と伝えていたことが、統合幕僚監部作成の内部文書(会談録)で明らかになりました。法案の作成はもちろん、そのための与党協議さえ始まっていない段階で成立の見通しを米側に伝達していたもので、国民や国会を無視した自衛隊の許し難い暴走です。こうした暴走を野放しにする安倍晋三政権の下で、自衛隊を「海外で戦争する軍隊」へと変貌させる戦争法案の危険性はいよいよ明らかです。「取扱厳重注意」と記された同報告書によると、河野氏はオディエルノ米陸軍参謀総長との会談で、戦争法案について「予定通りに進んでいるか」と問われ、「(総選挙での)与党の勝利により来年夏までには終了するものと考えている」との見通しを伝えました。

法案の成立時期を「予断」

 戦争法案をめぐっては、統合幕僚監部が今年8月成立を前提にした部隊編成計画などを示した内部文書を作成し、自衛隊の指揮官らに説明していたことが大問題になっています。中谷元・防衛相はこの文書について、今年5月の法案の閣議決定を受け、中谷氏の指示に基づいて作成されたとし、「国会における審議、法案の成立時期を予断しているものでは全くない」と弁明してきました。


245

 要するに河野統合幕僚長が昨年12月の選挙の後、米軍幹部と会談した時に、今回の安保法制の成立を見越した対応をしたのを「自衛隊の暴走」と言っているのです。

 で、これなんで暴走なんでしょうか? 意味わかりません。

 だって自民党は昨年12月の衆議院選挙の選挙公約で、集団的自衛権の解釈変更を含む安全保障法制の整備を掲げていました。
 この集団的自衛権の解釈変更については、安倍総理が2013年8月に小松一郎内閣法制長官を任命した頃から準備が始まり、国会でも激しい議論が行われました。

 共産党議員が、病身の小松長官に侮辱的発言を行った事もありました。

 まさかそれ忘れたわけじゃないでしょう?

269

 こうした国会でのやり取りを経て安倍内閣は集団的自衛権の解釈変更を閣議決定した上で、12月の衆議院選挙ではこの解釈変更を踏まえた安全保障法制の整備を選挙公約に掲げていました。

 そしてその選挙で大勝したのです。

 だったら選挙後できるだけ早く公約に応じた安全保障法制の整備法案を提出するって、中学生でもわかりますよね。
 だってそうしなかったら公約違反ですから。

 そして与党は衆議院の3分の2、参議院の過半数も占めているのですから、提出した法案は確実に成立させることができます。
 これも中学生でもわかります。

 だから中学生よりも少し余分に知識のある人なら、誰でもこの法案がいつごろ成立するかも予想するのは簡単です。

2015y09m11d_122921261

 それで中学生より賢い河野幕僚長は、国会の審議日程などを調べて、法案の成立時期を8月と予想したのです。

 何が問題でしょうか?

 ちなみに今回共産党等がやっている馬鹿騒ぎ反対騒動は想定外だったのでしょうね。 つまり河野幕僚長は、野党議員も全て国会議員は法案審議及び採決と言う国家議員本来の仕事を、誠実に行うと考えてしまったのです。 

 これは少し甘かったとは思います。 しかし幾ら共産党や民主党が馬鹿でも、彼等もまた日本の国会議員ですから、手段を選ばず馬鹿騒ぎ反対運動をやるなどと事を米軍幹部相手に話して良いわけはないのです。

 外国の軍幹部を相手に「我が国の野党はキチガイですから、何をやらかすかわかりません。 だから法案成立の目途は立ちません。」なんぞと言ったら、そちらの方が大問題です。
例え事実でも公人が外国相手に自国の国会議員を侮辱するような事になる発言は、許されませんからね。

277
 
 普通の人が真面目に考えたら一昨年、国会での集団的自衛権の解釈変更が議論された頃から、いずれ集団的自衛権行使を容認する形の安全保障法案の整備が行われる事は予想できたのです。

 普通より多少機敏な人なら、そしてそれが自分の仕事に関係するなら、これに対応する準備をしなくてはならないって思うって当然でしょう?
 
 マジにそんな能もない人が統合幕僚長だったら、そちらの方が余程怖いです。
 
 普通の能のある人が、普通に予想して、普通に準備をしたことを「暴走」と言われても、わけわかりません。

 一体何が問題なのでしょうか?

280

 ちなみに集団的自衛権の行使を前提とした安全保障法案が憲法違反と言うなら、共産党も民主党も憲法学者もシールズも、何で一昨年の内閣法制局の解釈変更時から抗議しなかったのでしょうか?

 少なくとも、法案提出時から抗議するべきでしたよね。

 それを安全保障委員会の裁決直前になっていきなり騒ぎ出したのはなぜですか?
 結局騒ぐ為に騒ぐのが目的だったんじゃないですか?

 ちなみに民主党の長島昭久はface bookでこの経緯をこんな風に書いていますが?

288

長島昭久(衆議院議員)
政治家 · いいね!8358件 · 7月16日 ·

衆院本会議で安保法案可決、参院へ送付された。
国家安全保障をめぐる国会論議がまたしても情緒論一色に塗りつぶされてしまったことは、残念無念だ。委員会採決時には、怒号が飛び交う委員会室にプラカードが林立する惨憺たる事態に陥ってしまった。とてもとても国権の最高機関とは言えないような恥ずべき光景を国民の前に晒してしまったのだ。
どうしてこんなことになってしまったのか。野党第一党の民主党の責任は重い。
じつは、特別委員会110時間余の序盤は、11本の法案を論点ごとに7人の特別委員で分担して徹底的に政府を追及する布陣を敷いていた。並行して、4/28に取りまとめた安保法案に関する党見解に基づいて「領域警備法案」「周辺事態法改正案」「PKO協力法改正案」を対案として準備し国会提出する手はずになっていた。しかし、衆院憲法審査会における3人の憲法学者の「法案違憲」発言から、流れが急激に変わってしまった。
この憲法学者の発言を「神風」と呼んだ党執行部は、ここから法案の内容を詰めるという当初方針を転換して、「違憲・廃案」路線を突き進むこととした。その瞬間から、特別委員会での審議は法案が憲法違反か否か、昨年の7月の閣議決定が立憲主義に反しているか否か、に議論が集中してしまった。我が国を取り巻く安全保障環境の悪化に日本としてどう対処すべきかという政策論も、法制の中身の妥当性をめぐる立法論も、対案を提出して並行審査をしながら修正作業への努力も、脇に追いやられてしまった。
参議院では、さらに党派的な衝突が激化することになろう。このまま対案も提出せずに漫然と審議に突っ込めば、またぞろ「憲法違反だから廃案」といった不毛の論戦が繰り返されることになるだろう。私も、党の政策幹部の一人として、職責を賭して「対案路線」を採用するよう執行部に迫るつもりだ。国家安全保障にかかわる法制の国会論議を情緒論に席巻されるのをこれ以上許すわけには行かない。衆院での議論を振り返り、反省と戒めを込めて新たな決意を固める。


308

 つまり国会の参考招致での「憲法違反」発言をネタに、野党がキチガイのように騒ぎ出したのです。
 要するにこれが彼等の倒閣運動や革命妄想に火をつけたのです。

 余りと言えば余りに愚劣じゃないですか?
  1. 安倍
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

>外国の軍幹部を相手に「我が国の野党はキチガイですから、何をやらかすかわかりません。 だから法案成立の目途は立ちません。」なんぞと言ったら、そちらの方が大問題です。

このくらい、オフレコの場で言ってるかもしれませんな(笑)
高校生くらいの頭があれば、社会党に先祖帰りした政党が、何を企むかは想定内でしょうしねえ。

長島昭久議員も、阿呆の集団では白眉と言ってもいいかもしれませんが、多勢に無勢からか、常に口だけになってしまう。
桜井よし子女史も非常に買ってる方ですし、阿呆の集団を未熟な集団程度にして欲しいものですけどね。
菅や鳩山がトップになっても離党するわけでもなし、彼や渡辺周、松原仁、笠氏など、民主党保守派には、多くを期待するのは無理と、諦めた方も多いと思います。
西村先生のように、選挙で苦労したくないってのもあるんでしょうが、残念です。
  1. 2015-09-11 13:23
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >外国の軍幹部を相手に「我が国の野党はキチガイですから、何をやらかすかわかりません。 だから法案成立の目途は立ちません。」なんぞと言ったら、そちらの方が大問題です。
>
> このくらい、オフレコの場で言ってるかもしれませんな(笑)
> 高校生くらいの頭があれば、社会党に先祖帰りした政党が、何を企むかは想定内でしょうしねえ。

 ハハハ、河野幕僚長も困ったのかも?

 アメリカ側だってそのぐらいは知っていて「ホントに法案は8月にできるんだろうね? だって日本の民主党ってキチガイだろう? アイツ等が大人しく審議に応じるとは思えないけど。」ぐらは言ったかもね。

 でも日本を代表する公人なら「・・・・・。」としか言えませんよね。

> 長島昭久議員も、阿呆の集団では白眉と言ってもいいかもしれませんが、多勢に無勢からか、常に口だけになってしまう。
> 桜井よし子女史も非常に買ってる方ですし、阿呆の集団を未熟な集団程度にして欲しいものですけどね。
> 菅や鳩山がトップになっても離党するわけでもなし、彼や渡辺周、松原仁、笠氏など、民主党保守派には、多くを期待するのは無理と、諦めた方も多いと思います。
> 西村先生のように、選挙で苦労したくないってのもあるんでしょうが、残念です。

 カワイソウだけれど、そのうち民主党からいびり出されるのでは?
  1. 2015-09-11 14:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 防衛省だけでなく、法案の成立の有無にかかわらず国会の状況を見乍ら時期を予測し、その為の準備を省内外で行うのが官僚の仕事だと思います。逆に準備も出来ないのなら、その事こそ大問題しないといけません。共産党は何を言っているのか、もっと本質的な問題を責めて来ないと野党の意味がないと思います。こうなったら、自民党の西田さんに野党の質問時間を使って政府と議論してもらいましょう!聞きごたえのあるものになると思います。

 長島議員は、民主党を選んだのが不運だったと思うしかないですね。お気の毒です。しかし憲法学者が違憲と言ったから浮かれてこうなりましたなんて、いつも通りの成り行き任せの展開に笑っている人が居るのではと思います。近現代史の本を読んでいると、意外とこういう事が政治の世界ではあるようです。もっと冷酷な現実主義者を増やさないといけないと思います。

 クネクネが周君家(懐かしの暗黒大陸)に還ってくれたお蔭でついつい気が緩みがちですが、よもぎねこさんの記事を読み、シャキッとして国会を注視しようと思います。
  1. 2015-09-11 17:45
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  防衛省だけでなく、法案の成立の有無にかかわらず国会の状況を見乍ら時期を予測し、その為の準備を省内外で行うのが官僚の仕事だと思います。逆に準備も出来ないのなら、その事こそ大問題しないといけません。共産党は何を言っているのか、もっと本質的な問題を責めて来ないと野党の意味がないと思います。こうなったら、自民党の西田さんに野党の質問時間を使って政府と議論してもらいましょう!聞きごたえのあるものになると思います。

 マジにこれが自衛隊の話でなく、厚生省の話とかなら、「法案成立がわかっているのに、何で早く対応しない?!」と言ってゴネたと思いますよ。

>  長島議員は、民主党を選んだのが不運だったと思うしかないですね。お気の毒です。しかし憲法学者が違憲と言ったから浮かれてこうなりましたなんて、いつも通りの成り行き任せの展開に笑っている人が居るのではと思います。近現代史の本を読んでいると、意外とこういう事が政治の世界ではあるようです。もっと冷酷な現実主義者を増やさないといけないと思います。

 思うに現在の憲法9条って戦前の天皇みたいなのです。 憲法9条を持ち出して騒ぎ立てると思考停止になる人達が総統数いるのです。
 だから革命妄想派は憲法9条を錦の御旗にして騒ぐのです。
 
 マジにその意味でも害悪の多い憲法です。
 
 妄想に生きている連中にはリアリズムなんか糞喰らえですから。

>  クネクネが周君家(懐かしの暗黒大陸)に還ってくれたお蔭でついつい気が緩みがちですが、よもぎねこさんの記事を読み、シャキッとして国会を注視しようと思います

 恐縮です。。
  1. 2015-09-11 20:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

色々な事情

まぁ確かに長島昭久氏の様なまともな人が、民主党に居ること自体がおかしいのだけれど、選挙の事を考えると今のままで居るしかないんでしょう。2014年の衆議院議員選挙では自公推薦の候補に惜敗し、比例で復活当選していました。自公の候補が83,984票、長島氏が82,351票でした。
共産党は難癖をつける事でしか存在意義を示せないので、ぎゃぁぎゃぁ言っていますが、冷静に考えればよもぎねこさんの仰る通りなのですが、一定の固定層とそれらしい理屈に煽られる脳足りん連中には説得力を持つのでしょう。
  1. 2015-09-11 22:21
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

Re: 色々な事情

> まぁ確かに長島昭久氏の様なまともな人が、民主党に居ること自体がおかしいのだけれど、選挙の事を考えると今のままで居るしかないんでしょう。2014年の衆議院議員選挙では自公推薦の候補に惜敗し、比例で復活当選していました。自公の候補が83,984票、長島氏が82,351票でした。
> 共産党は難癖をつける事でしか存在意義を示せないので、ぎゃぁぎゃぁ言っていますが、冷静に考えればよもぎねこさんの仰る通りなのですが、一定の固定層とそれらしい理屈に煽られる脳足りん連中には説得力を持つのでしょう。

 今回の反安保騒動と言うのは要するに今まで「難癖」を付ける事でしか存在感を示せなかった野党が、憲法違反と言う彼等の伝統的な難癖のネタを提供されて、すっかり舞い上がったと言うのが原因でしょうね。

 憲法違反と言う言葉で、社会党や学生運動家の魂にスイッチが入ってしまったのです。

 だから後の話はもうこのオマケですよね。 この安保法制の国会はこんな愚劣な難癖しか議題になっていないじゃないですか?

 ちなみに長島は気の毒だけれど、いずれ民主党からもいびり出されるのでは?
 だって議席数が減ってくると、比例に入れるのも苦しくなってくるだろうし。
  1. 2015-09-12 10:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する