2015-09-05 21:45

安倍談話雑感 

 先日、都民さんから安倍談話に関するコメントを頂きました。 それで少し遅くはなりましたが、ワタシなりの安倍談話に関する雑感を書いてみたいと思います。

 ワタシは安倍談話は大成功だったと思っています。
 そう思ったのは朝日新聞の社説を読んだ時です。

 これですね。

 [朝日新聞社説] 戦後70年の安倍談話―何のために出したの

210

 いま読み返しても、朝日新聞の悔し涙が溢れそうな記事です。 これを書きながら、この記者はアイゴ~~!!と号泣していたのでは?

 感情が溢れて、論理がグチャグチャになっている文章ですが、朝日が諄く所は只一つ「村山談話より後退した」と言う事です。 そして実際は安倍談話は村山談話も河野談話も踏み潰して、「日本はもうこの下らない謝罪ゴッコは止める」と宣言しているのです。

 だから朝日新聞は悔し涙にくれるのです。

218

 思えば村山談話こそは、朝日新聞が戦後半世紀かけて積み上げた朝日的歴史観の金字塔でした。 

 実は我が家ではワタシが生まれる前から朝日新聞を購読していました。 だからワタシが中学生になって初めて読んだ新聞は朝日新聞です。 そしてその後もずう~~っと、慰安婦強制連行捏造で愛想が尽きるまで、ワタシは毎日朝日新聞を読んでいました。

 その記憶を手繰ると、朝日新聞は実は1960年代末ごろから、少しずつ「日本が悪い」と言う事を基軸にする朝日新聞史観の捏造に務めてきたのではないでしょうか?

222

 勿論それが直ぐに受け入れられたわけではありません。 1970年代までは所謂戦中派(成人として第二次大戦を体験した人々)が社会の主役でした。 
 こうした人々は戦争に至る歴史を体験として、正確に記憶しています。
 
 朝日新聞社内でも、実際に従軍記者として南京戦やその他の戦場を取材した人々が、現役記者として活躍していました。 
 このような人々がいる間は、幾らなんでも捏造には限りがありました。

 しかしこうした人々が定年退職して、社内からいなくなった頃から朝日新聞でも、捏造はやりたい放題になりました。

228

 そして80年代からは、朝鮮人労務者強制連行や、慰安婦強制連行捏造なんてトンデモ記事を堂々と掲載するようになったのです。
 朝日新聞が掲載したと言う事で、産経や読売も当時は事実確認もしないまま慰安婦強制連行記事を掲載していたようです。

 こうやって朝日新聞が時間をかけて、手間を重ねて「日本は悪い事をした」「加害の歴史」などと言う話を、日本中に浸透させたのです。
 
 こうしたムードの中で、サハリン在留朝鮮人や中国遺棄化学兵器問題などをデッチアゲて、中国政府やソ連の朝鮮民族が日本政府から莫大な賠償金をせしめるような事態になって行きました。

 このような中で生まれたのが村山談話です。

233
 
 朝日新聞としては今後はこの村山談話を梃に、日本から中国や韓国、更に北朝鮮に無限に金を引き出す流れを作りたかったのではないでしょうか?

 だから同時期に「ドイツは賠償した」と言うキャンペーンも始めました。
 これはドイツの戦後処理について、ドイツが国家賠償はせずに、個人賠償だけをしたことについて、個人賠償をしたことだけをひたすら報道して、「だから日本の個人賠償を!!」と喚くものでした。

239

 その村山談話を安倍談話が踏み潰したのです。
 これで朝日新聞の半世紀にわたる努力が瓦解しました。
 
 だからこの社説には朝日新聞の悔し涙が溢れているのです。

 それでワタシはこの朝日新聞の社説を読んだ時には、これで安倍談話は大成功だったと確信したのです。
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

 落とし所としてはこのくらいが丁度良かったのでしょう。過去の談話の負の遺産を切り落としながら、しかし「修正主義」だとレッテルを貼られないくらいに日本の主張は抑えてあるという、まさしくバランス感覚に優れた談話だったと思います。
 確かに戦勝国史観を完全に否定しきれたものではなかったでしょうけれども、それは今後、長期的に解決するべき課題です。
  1. 2015-09-05 23:33
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

私の父方の祖父が一時期朝日新聞の記者みたいな事をやっていたらしく、その為かもしれませんが我が家では長い年月朝日新聞をとっていました。
そんな私が左巻きにならなかったのは実際に戦争に行ってきた父の話を聞いていたからでしょうね。
私の父は海南島という所で終戦をむかえ、中国軍の捕虜になりました。(俺達は戦おうと思えばまだ戦えたんだがなと言っていました)
中国の軍人に「お前達は御先祖様の国に攻め込んできたんだぞ。」と言われたそうです。
所謂撫順戦犯管理所程ではなくてもある種の洗脳を試みられたのは間違い無いと思いました。
幸い、私の父には洗脳の効果は無かった様です。
  1. 2015-09-05 23:35
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

こんにちは。
戦前は戦争を煽ったのにね。
一緒に事故を起こしたのにいつの間にか被害者ずらしている悪友と同じでいつの間にか警官や裁判官に成りすました悪友ですね。
主張や考え方を翻すことが戦前の反省ではありません。
国民の負託を受けていない一部の編集者、記者が民意を煽り、誘導して政治に口を出したことを反省すべきです。
  1. 2015-09-06 08:27
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

70年談話論評の大トリですね。

 朝日の社説を読むと、戦後70年の長きにわたり営々と積み上げてきた敗戦利得者の権益が崩壊していくようです。反日勢力の経典「村山談話」を無害化されたことへの恨みつらみを、よもぎねこさんが書かれた様に、泣きながら書き綴っている姿が目に見える様な鬼気迫る文章でした。

 そしてよもぎねこさんの論調から感じられるのは、村山談話はもう過去の出来事であり、もう「お終い」だということです。千の言葉を尽くすより、容赦ない「ご臨終」の宣告だと思います。とても清々しい気持ちになりました。ありがとうございました。
  1. 2015-09-06 08:34
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  落とし所としてはこのくらいが丁度良かったのでしょう。過去の談話の負の遺産を切り落としながら、しかし「修正主義」だとレッテルを貼られないくらいに日本の主張は抑えてあるという、まさしくバランス感覚に優れた談話だったと思います。
>  確かに戦勝国史観を完全に否定しきれたものではなかったでしょうけれども、それは今後、長期的に解決するべき課題です。

 ワタシも上手くやったと思います。

 つまり「歴史修正主義者」のレッテルを貼りたい連中上手くかわして、一方で謝罪と賠償の連鎖はバッサリ断ち切ったのですから。
  1. 2015-09-06 10:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私の父方の祖父が一時期朝日新聞の記者みたいな事をやっていたらしく、その為かもしれませんが我が家では長い年月朝日新聞をとっていました。
> そんな私が左巻きにならなかったのは実際に戦争に行ってきた父の話を聞いていたからでしょうね。
> 私の父は海南島という所で終戦をむかえ、中国軍の捕虜になりました。(俺達は戦おうと思えばまだ戦えたんだがなと言っていました)
> 中国の軍人に「お前達は御先祖様の国に攻め込んできたんだぞ。」と言われたそうです。
> 所謂撫順戦犯管理所程ではなくてもある種の洗脳を試みられたのは間違い無いと思いました。
> 幸い、私の父には洗脳の効果は無かった様です。

 立派な父上ですね。

 ワタシも結局左巻きに成らなかったのは父のお蔭でしょう。
 それにしても父親から直接戦争の話を聞いた世代も、今はもう現役を退きつつあります。 これから第二次大戦は完全に体験から歴史になるのですね。
  1. 2015-09-06 10:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> 戦前は戦争を煽ったのにね。
> 一緒に事故を起こしたのにいつの間にか被害者ずらしている悪友と同じでいつの間にか警官や裁判官に成りすました悪友ですね。
> 主張や考え方を翻すことが戦前の反省ではありません。
> 国民の負託を受けていない一部の編集者、記者が民意を煽り、誘導して政治に口を出したことを反省すべきです。

 全くその通りなのですけどね。
 しかし逆に考えれば、戦争を煽った主犯だからこそ、自分の罪を誤魔化す為に、軍部など他者を悪者にしているのです。
  1. 2015-09-06 10:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 70年談話論評の大トリですね。

>  朝日の社説を読むと、戦後70年の長きにわたり営々と積み上げてきた敗戦利得者の権益が崩壊していくようです。反日勢力の経典「村山談話」を無害化されたことへの恨みつらみを、よもぎねこさんが書かれた様に、泣きながら書き綴っている姿が目に見える様な鬼気迫る文章でした。

 有難う御座います。 ワタシもあの社説を読んだ時に、朝日新聞の悔し涙が溢れているのを見て、「おお、これで安倍談話は完璧!! 大成功だ。」と思いました。

>  そしてよもぎねこさんの論調から感じられるのは、村山談話はもう過去の出来事であり、もう「お終い」だということです。千の言葉を尽くすより、容赦ない「ご臨終」の宣告だと思います。とても清々しい気持ちになりました。ありがとうございました。

 本当は第二次大戦の話は、サンフランシスコ講和条約締結で、日韓併合は日韓条約締結でけりがついた事です。
 そして中国共産党とは日中戦争は戦っていませんから、日中戦争の話は国民党政権との間での講和条約でけりがついています。

 それを蒸し返したのが朝日新聞等日本のサヨク(革命妄想派)です。

 しかしそれも安倍さんが片づけたのです。 素晴らしい事です。
  1. 2015-09-06 10:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

賞味期限の切れた、、、

村山富市元・総理が、式典へ出席予定でしたが、体調不良により中国で入院した、、、と聞きました。

賞味期限の切れたスパイを処分するのかな、、、などと、いけない方向に妄想が、、、。

ヴラディミール君なら、ロシアの為に働いたスパイを無碍に扱う事は無いと思います。それがソ連/ロシアのスパイ文化ですので。でも、中国なら、、、。

いや、きっと元気にお帰りになりますよね。まだまだ反日しないと死に切れないでしょうから、、、。
  1. 2015-09-06 14:04
  2. URL
  3. tna6310147 or ベヒモス #-
  4. 編集

Re: 賞味期限の切れた、、、

> 村山富市元・総理が、式典へ出席予定でしたが、体調不良により中国で入院した、、、と聞きました。
>
> 賞味期限の切れたスパイを処分するのかな、、、などと、いけない方向に妄想が、、、。
>
> ヴラディミール君なら、ロシアの為に働いたスパイを無碍に扱う事は無いと思います。それがソ連/ロシアのスパイ文化ですので。でも、中国なら、、、。
>
> いや、きっと元気にお帰りになりますよね。まだまだ反日しないと死に切れないでしょうから、、、。

 共産主義の理想に殉じたいと言う村山氏の意思が天に通じたのかも?

 それにしても老残の身でも日本に害悪を尽くしたいと言う意思だけは健在なのですよね。
  1. 2015-09-06 17:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する