FC2ブログ

2015-08-25 12:06

寛容と人道主義の行く末は? EU

 第一湾岸戦争の時、サダム・フセインはクェートにいた外国人のうち、欧米先進国の国民と日本人だけを拉致して、「ゲスト」と称してバグダットの5つ星ホテルに軟禁しました。

 彼等をアメリカとの交渉の為の人質にしたのです。

 一方それ以外の国の国民は、放り出しておきました。 一部はイラクに連れて行かれて、強制労働させられたとも言いますが、それも明確ではありません。 
 
 なぜなら彼等の本国は、自国民救出の為に行動するような意思も能力もなかったからです。
 
 そしてサダム・フセインは、こんな連中では人質としての価値ない物と見きっていたのです。

145

 ワタシはこれを見た時に思いました。

 ああ、現在の世界で先進国に生まれるのは、中世の王侯貴族に生まれるのと同じだ・・・・。

 中世には中東でもヨーロッパでも、戦争をしたとき抵抗不能になった敵を捕虜しました。 そしてその捕虜を人質として、外交交渉に使ったり、或いは身代金の支払いを求めたりしました。 

 今、ISISやソマリアの海賊なんかもやってますが、あれって凄く古くからの伝統なのです。

151

 その場合、人質としての価値の高い王侯貴族は、交渉中に死なれたりしたら困りますから、離宮などに幽閉して丁重に扱いました。

 しかし下級兵士など価値のない捕虜には、勿論そんな扱いはしません。 そしてそのまま奴隷に売り飛ばしたり、簡単に殺してしまったりするのです。

 サダム・フセインのゲストとして、5つ星ホテルに幽閉された先進国の国民達は、だから十字軍時代の王侯貴族と同様の扱いを受けたわけです。

155

 今、EUには中東や北アフリカ、アルバニアなどから移民が押し寄せて大変なことになっています。
 
 しかしそれも当然だと思います。

 だって今のEUは移民に対してひたすら寛容で人道的な扱いを是としているため、理由はどうあれ一度EU圏内に入り込んでしまえば、それで貴族の身分とそれにふさわしい生活をゲットできるのです。

 そしてそういう情報が今では、あまねく途上国の人々に行きわたっています。 だから身分の向上を求める人々は、とにかく海を渡り陸を歩き、EUに押し寄せる事になるのです。

 この流れはEU周辺諸国の途上国の生活レベルが、EU圏内と同等になるまで止まらないでしょう。
 それまでの間にどれだけの人々がEUに入り込む事になるのかは想像がつきません。

157

 ワタシはEUの寛容で人道的な移民への対応は大変美しく立派なことだと思います。 しかし現実問題として、EUは今後どれほどの移民を受け入れる覚悟があるのでしょうか?

 そうやって短期間(今後数十年間)に億単位で移民が入り込んだ場合に、EU諸国は存続できるのでしょうか?

 EUが今まで寛容で人道的な移民政策、難民政策を取って来られたのは、EUが人口減少気味であり、しかも大変豊でもあったので、一定人数の移民ならば受け入れる事が利益になったからでしょう?

 しかしそれが現在のように際限なく雪崩れ込むような状態になれば、EUの加盟国はどの国も国家そのモノの存続が危うくなるのではないかと思います。

160
 
 そもそもEU諸国が豊で寛容な国になったのは、元来EU諸国を作ってきた国民達の努力によるものです。 元来のヨーロッパ人価値感を文化より国家を作る事によって、ヨーロッパの国々は現在の生活レベルを得たのです。

 ところがそこにそうした価値感を文化を全く共有しない人々が大量に入り込んだら、国家その物の性格が変わってくるではありませんか?

 そして社会の秩序と言うのは、そこに属する人が、その秩序を重んずるから守られるものなのです。 しかし現在の社会秩序を重んずる意思のない人々が、社会全体の2割、3割となれば、もう秩序は崩壊します。

161

 ところが現在のEUは寛大にも多文化共存を掲げて、膨大な移民達にもヨーロッパ文明やヨーロッパ的価値感に対して最低限の敬意さへ要求していません。

 そういう状態で、ドンドン移民は増え続けているのです。
 寛容と人道主義を謳うEUの人格者達は、こうしたEUの未来を考えているのでしょうか?

 将来的にはヨーロッパの溶解も受け入れる覚悟で、寛容で人道的な移民政策を始めたと言うなら本当に立派なモノです。
 しかしそんなことは考えおらずタダ単に移民がカワイソウと言う事でこれを続けているなら、実に愚かし事です。

168

 裏の桜さんは現在のヨーロッパの移民騒動を、「チープな人道主義の結果」と仰いました。

 ワタシも裏の桜さんに完全に同意します。
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(17)

コメント

タイトルは思い出せませんが

20年か・・25年くらい前だったと思いますが、ヨーロッパのテレビドラマが評判になって日本の地上波でも二夜連続超大作!みたいなかんじで放送されたんです。
貧しい国の国民が富の偏重に気づいてしまったら?というドラマでした。
アフリカでそれに気づいた指導者が現れて、非暴力主義で人々を率いて、我々も豊かな国に行こうとどんどん北へ北へと歩いて行進していくというお話でした。道中賛同者が加わってすごい数に膨らんでいくわけです。それをヨーロッパのジャーナリズムがヒーローだと持ち上げていくのです。彼らはようやくモロッコかどこか、アフリカの北端に到着したのですが、そこで待っていたのは一人たりとも越境させまじとする白人の軍隊だったという。
だから言ったじゃない・・・という白人女性ジャーナリストの言葉がラストでした。

このドラマを作った意図は、こんな非人道的なことはやめて受け入れましょうということだったんでしょうか。それともこんなことを許したら大変だぞという警告だったんでしょうか。ね。いやそれはないですね。
主人公は心の綺麗なアフリカ人指導者と、彼に同情的な女性ジャーナリストでしたから。越境を阻止する軍隊は非寛容と暴力の象徴のように描かれていましたから。EUはきれいな方をとったのですね。

中韓がどうにかなったら日本に押し寄せて・・・1%の在日朝鮮人でこれだけ悩まされているのに。
  1. 2015-08-25 16:40
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

 それ以外の国民(クエート庶民の男性)が連れ去らわれてから数年たっても行方不明で、家族がマスコミに訴えていたことがありました。どうなったか分りませんが、政府がなにもしてくれないと途方に暮れていました。
 
 最近ニュースで、トランプ氏が米大統領に当選したらすべての不法移民を国外追放すると発言し支持率がブッシュ氏の2倍の人気だと知り驚きました。移民の国アメリカでも、問題が大きく成っているみたいです。ましてや欧州では、英仏はカレーに移民業者の取り締まるセンターを造るそうですし、イタリアやギリシャやドイツでは襲撃事件が起きています。
 
 そろそろ現実と向き合わないと、膨脹する移民と欧州の国民の間で大惨事が起きてしまうのではないでしょうか。移民の多くはイスラム教でキリスト教とは同じ神様から始まっているからこそ相性が悪すぎるのが大問題だと思います。歴史的に随分長い間戦っていて、日本人には分らない白人のイスラム教徒への忌避意識はどうにもならない位に根が深いのだろうと思います。

 黒字大国のドイツでも、川口マーン恵美さんによると働いても昔より経済的に苦しくなっているという不満が鬱積しており。教育もかなりレベルが(ドイツ語のできない子供が多くなり)低くなっていて、中退者が多くなり荒廃しているそうです。

 問題があり過ぎて、いったいどうするのか想像もできませんね。
  1. 2015-08-25 17:57
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

よもぎねこさんでしかた・・・

こんにちは。

また私の稚拙なブログを紹介していただきありがとうございます。

先ほど、くだらないエントリを一本アップして、私自身の管理画面を見ておりましたら、異様なアクセス数。なんじゃこりゃ?と訝っておりましたが、こちらを拝見し納得。

なお、今起きているEU移民問題に関して・・・

神のものは神へ、皇帝のものは皇帝へ・・

人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない・・・

・・・と、イエスキリストが述べたとされる言葉とカエサルが述べたとされる言葉を書いておきます。
  1. 2015-08-25 18:37
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

Re: タイトルは思い出せませんが

> 20年か・・25年くらい前だったと思いますが、ヨーロッパのテレビドラマが評判になって日本の地上波でも二夜連続超大作!みたいなかんじで放送されたんです。
> 貧しい国の国民が富の偏重に気づいてしまったら?というドラマでした。
> アフリカでそれに気づいた指導者が現れて、非暴力主義で人々を率いて、我々も豊かな国に行こうとどんどん北へ北へと歩いて行進していくというお話でした。道中賛同者が加わってすごい数に膨らんでいくわけです。それをヨーロッパのジャーナリズムがヒーローだと持ち上げていくのです。彼らはようやくモロッコかどこか、アフリカの北端に到着したのですが、そこで待っていたのは一人たりとも越境させまじとする白人の軍隊だったという。
> だから言ったじゃない・・・という白人女性ジャーナリストの言葉がラストでした。
>
> このドラマを作った意図は、こんな非人道的なことはやめて受け入れましょうということだったんでしょうか。それともこんなことを許したら大変だぞという警告だったんでしょうか。ね。いやそれはないですね。
> 主人公は心の綺麗なアフリカ人指導者と、彼に同情的な女性ジャーナリストでしたから。越境を阻止する軍隊は非寛容と暴力の象徴のように描かれていましたから。EUはきれいな方をとったのですね。

 なるほどそんなドラマがあったんですね。

 しかし普通のヨーロッパ人はこれをどう見たか知りたいです。 本心では軍隊を支持する人が多かったのでは?

> 中韓がどうにかなったら日本に押し寄せて・・・1%の在日朝鮮人でこれだけ悩まされているのに。

 ホントに大変ですよ。
 ワタシは朝鮮有事が起きたら在日はそれぞれ韓国と北朝鮮に送還するべきだと思っています。

 第二次大戦時に、アメリカは在米日本人と在英日本人をまとめて船で日本に強制送還しました。 そして帰りに日本在住の連合国民と日本にいた連合国捕虜を連れて帰りました。

 本来戦時に敵国にいるのは危険なので、本国に送還すると言うのは、人道的行為なのです。
 だから是非とも朝鮮有事には、在日韓国朝鮮人は本国に送還して上げるべきです。

 
  1. 2015-08-25 21:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  それ以外の国民(クエート庶民の男性)が連れ去らわれてから数年たっても行方不明で、家族がマスコミに訴えていたことがありました。どうなったか分りませんが、政府がなにもしてくれないと途方に暮れていました。
>  
>  最近ニュースで、トランプ氏が米大統領に当選したらすべての不法移民を国外追放すると発言し支持率がブッシュ氏の2倍の人気だと知り驚きました。移民の国アメリカでも、問題が大きく成っているみたいです。ましてや欧州では、英仏はカレーに移民業者の取り締まるセンターを造るそうですし、イタリアやギリシャやドイツでは襲撃事件が起きています。
>  
>  そろそろ現実と向き合わないと、膨脹する移民と欧州の国民の間で大惨事が起きてしまうのではないでしょうか。移民の多くはイスラム教でキリスト教とは同じ神様から始まっているからこそ相性が悪すぎるのが大問題だと思います。歴史的に随分長い間戦っていて、日本人には分らない白人のイスラム教徒への忌避意識はどうにもならない位に根が深いのだろうと思います。
>
>  黒字大国のドイツでも、川口マーン恵美さんによると働いても昔より経済的に苦しくなっているという不満が鬱積しており。教育もかなりレベルが(ドイツ語のできない子供が多くなり)低くなっていて、中退者が多くなり荒廃しているそうです。
>
>  問題があり過ぎて、いったいどうするのか想像もできませんね。

 イスラム教徒とヨーロッパ人の確執はイスラム教成立直後から始まります。
 西ローマ帝国が滅亡した後、ヨーロッパは無政府状態になったのですが、そのヨーロッパの沿岸をサラセンの海賊が襲撃を繰り返すようになったのです。

 侵略支配するわけじゃないのですが、街や村を襲い金品を奪い人々を拉致して奴隷として連れ去るのです。 それでイタリア半島など海岸には人が住めない状況にまで追い込まれました。 

 その後今度はヨーロッパ側が力を付けて、イスラム側に十字軍を送り込むようになるのです。

 その後も歴史を通じて常に緊張状態が続いています。
 だって地理的に極近くですからね。
 
 それこそ歴史を学べば双方恨み骨髄なのです。 

 だから現在ヨーロッパに移民しているイスラム教徒側には、受け入れて貰って感謝と言う発想はないでしょうね。
 
 欧州の自称人権派が勝手に自分の正義に酔っているだけじゃないかと思います。
 
 ワタシもこんな事をしていたら、いずれ欧州が溶解しちゃうんじゃないかと思うんですけどね。
 しかしもうこれだけ移民が入ってしまうと、例えヒトラーみたいな政権ができても、もう移民を追い出す事は不可能ではないかと思います。

 逆に最初から移民国だったアメリカの方が、かえってスッキリと不法移民の問題は解決するかもしれません。
  1. 2015-08-25 22:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: よもぎねこさんでしかた・・・

> こんにちは。
>
> また私の稚拙なブログを紹介していただきありがとうございます。
>
> 先ほど、くだらないエントリを一本アップして、私自身の管理画面を見ておりましたら、異様なアクセス数。なんじゃこりゃ?と訝っておりましたが、こちらを拝見し納得。
>
> なお、今起きているEU移民問題に関して・・・
>
> 神のものは神へ、皇帝のものは皇帝へ・・

> 人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない・・・
>
> ・・・と、イエスキリストが述べたとされる言葉とカエサルが述べたとされる言葉を書いておきます。

 
どうも勝手の御借りしたのに、ご丁寧にすみません。

 それにしてもあのエントリーはずうっと気になっていました。 善意で対応すれば必ず良い結果になるってわけにはいかないんですよね。

 本来ヨーロッパのエリートはそういう点シビアでリアリスト揃いと思っていたのですが、最近のEUの混迷ぶりを見ていると、どうもそうでもないようですね。
  1. 2015-08-25 22:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

かつての古代ローマ帝国における「蛮族の侵入」を
思い出してしまいました。

あれもローマ帝国にとっての「移民問題」だったんでしょうね。思えば、欧米の国家ってローマ帝国を一つの目標にしてるところがありますよね。
ローマ帝国の元老院(senatus)は多くの国で上院の呼称や語源となってますし、そもそもEU自体がローマ帝国の再興を目指してるようにも見えます。

ドイツ語やロシア語の皇帝を意味する言葉、「カイザー」
「ツァーリ」はローマ皇帝の「カエサル」から来ているのでしょうし、映画「スターウォーズ」はローマ帝国の宇宙版のような作りで、欧米社会におけるローマ帝国の大きさがうかがい知れますし、タキトゥスの「ゲルマニア」を読むと先進国のインテリが後進国を眺める視線ってローマ時代も今も変わらないのでは?と思わされます。

そんなローマ帝国の跡地に降りかかった移民問題、なんだか個人的に妙な気分になりますね。

もっとも、ローマ時代の「蛮族」はゲルマン人でしたが、
今は「ドイツ」という先進国として侵入される側になっているのが、なんとも皮肉を感じます。
というか、現代の移民たちの行き先(ドイツ、英国など)ってローマ時代はほぼ「未開の地」ばかりですね。

ローマ帝国の歴史をなぞるとすると、EUは有名無実になり、移民(ゲルマン人)に帝国はとって代わられ、それまでの文明は破壊される・・ということに??

スレの話とはあまり関係ありませんが、つい思い出して
いろいろ想像してしまいました。


  1. 2015-08-25 23:20
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

>アメリカの方が、かえってスッキリと不法移民の問題は書行けるするかもしれません。

 トランプ氏に続きブッシュ氏も発言しました。

「ジェブ・ブッシュ氏、アジア人が生得市民権を乱用と批難」AFP 2015/8/25 

・・・ブッシュ氏は、不法滞在の親から生まれた子供達を描写する侮蔑的な表現「アンカーベビー」という言葉の使用を巡り、共和党候補者指名レースの戦闘を走る不動産王ドナルド・トランプ氏や民主党候補のトップ候補ヒラリー・クリントン前米国務長官といったライバルと激しく対立してきた。

・・・「私が言ってきたのは、組織的に行われている事例の事だ。そしてそれは、率直に言うと、組織的に我が国に来て出産し、生得市民権という高貴な概念を悪用するアジアの人々により密接に関連している。」

 トランプ氏は、生得市民権付与が不法移民数の増加を助長しているとして、この法律の廃止を提案。同氏は%を占めた。同センターによると、アジア系は近年、全移民数の36%と最大シェアを占め、ヒスパニック系の31%を超えたという。                               
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-00000034iii afp-int
 
 元外交官の宮家邦彦さんらは、最初に独走する候補は失速すると言っておられます。でもどうも、米国民の特に中年以上のブルーカラー白人男性のワシントンに対する憤怒が渦巻いていると分析されています。

 でもどうやって解決するのでしょうか?生得市民権を廃止するのは、民主党の抵抗が強そうですよね。

  1. 2015-08-26 09:27
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> かつての古代ローマ帝国における「蛮族の侵入」を
> 思い出してしまいました。
>
> あれもローマ帝国にとっての「移民問題」だったんでしょうね。思えば、欧米の国家ってローマ帝国を一つの目標にしてるところがありますよね。
> ローマ帝国の元老院(senatus)は多くの国で上院の呼称や語源となってますし、そもそもEU自体がローマ帝国の再興を目指してるようにも見えます。
>
> ドイツ語やロシア語の皇帝を意味する言葉、「カイザー」
> 「ツァーリ」はローマ皇帝の「カエサル」から来ているのでしょうし、映画「スターウォーズ」はローマ帝国の宇宙版のような作りで、欧米社会におけるローマ帝国の大きさがうかがい知れますし、タキトゥスの「ゲルマニア」を読むと先進国のインテリが後進国を眺める視線ってローマ時代も今も変わらないのでは?と思わされます。
>
> そんなローマ帝国の跡地に降りかかった移民問題、なんだか個人的に妙な気分になりますね。
>
> もっとも、ローマ時代の「蛮族」はゲルマン人でしたが、
> 今は「ドイツ」という先進国として侵入される側になっているのが、なんとも皮肉を感じます。
> というか、現代の移民たちの行き先(ドイツ、英国など)ってローマ時代はほぼ「未開の地」ばかりですね。
>
> ローマ帝国の歴史をなぞるとすると、EUは有名無実になり、移民(ゲルマン人)に帝国はとって代わられ、それまでの文明は破壊される・・ということに??
>
> スレの話とはあまり関係ありませんが、つい思い出して
> いろいろ想像してしまいました。

 おお、実はワタシもローマ帝国の滅亡を思い出しているのです。
 
 ローマ帝国に蛮族の侵入が止まらなくなったのは、結局ローマ帝国内の生活レベルが、その域外に比べてはるかに高く、蛮族にとって限りない誘惑になったからです。
 
 しかし蛮族が侵入し続ける事でローマ帝国は崩壊しました。

 ローマ帝国の衰退につれてローマ市民の平均寿命も身長も縮続けました。 これが近世ぐらいから少しずつ回復したのですが、最高だったハドリアヌス帝時代のレベルを超えたのは20世紀初頭になってからです。

 一度国家が壊れると簡単には再生しないのです。

  1. 2015-08-26 15:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >アメリカの方が、かえってスッキリと不法移民の問題は書行けるするかもしれません。
>
>  トランプ氏に続きブッシュ氏も発言しました。
>
> 「ジェブ・ブッシュ氏、アジア人が生得市民権を乱用と批難」AFP 2015/8/25 
>
> ・・・ブッシュ氏は、不法滞在の親から生まれた子供達を描写する侮蔑的な表現「アンカーベビー」という言葉の使用を巡り、共和党候補者指名レースの戦闘を走る不動産王ドナルド・トランプ氏や民主党候補のトップ候補ヒラリー・クリントン前米国務長官といったライバルと激しく対立してきた。
>
> ・・・「私が言ってきたのは、組織的に行われている事例の事だ。そしてそれは、率直に言うと、組織的に我が国に来て出産し、生得市民権という高貴な概念を悪用するアジアの人々により密接に関連している。」
>
>  トランプ氏は、生得市民権付与が不法移民数の増加を助長しているとして、この法律の廃止を提案。同氏は%を占めた。同センターによると、アジア系は近年、全移民数の36%と最大シェアを占め、ヒスパニック系の31%を超えたという。                               
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-00000034iii afp-int
>  
>  元外交官の宮家邦彦さんらは、最初に独走する候補は失速すると言っておられます。でもどうも、米国民の特に中年以上のブルーカラー白人男性のワシントンに対する憤怒が渦巻いていると分析されています。
>
>  でもどうやって解決するのでしょうか?生得市民権を廃止するのは、民主党の抵抗が強そうですよね。

 民主党の抵抗と言うより、不法移民として入国して市民権を取り、更に親族等を呼び寄せたい人々の抵抗なのですよね。

 だから一度入れてしまうと、本当に厄介になるのです。

 高貴な概念って悪意で食い潰される事に対する抵抗力は凄く弱くて、一度食い潰されると抵抗不能になっちゃうんですよね。
 
  1. 2015-08-26 15:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 訂正します。

> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-00000034iii_afp-int

 どうもありがとうございます。 でもやっぱり上手くアクセスできません。 なんなら記事のタイトルを教えて頂けませんか?
 タイトルで検索したら、削除されていても、誰かがコピペしてくれいるかもしれませんから。
  1. 2015-08-26 15:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

このURLかな?

>どうもありがとうございます。 でもやっぱり上手くアクセスできません。 なんなら記事のタイトルを教えて頂けませんか?

次のこれでしょ?

http://www.afpbb.com/articles/-/3058335


  1. 2015-08-26 15:50
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

裏の桜様

ありがとうございます。それです!
  1. 2015-08-26 16:20
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

寛容と人道主義は

ご指摘のとおりだと思います。
単に数人の難民なら寛容と人道主義でいいでしょうが。
移民・難民問題は深刻であるにもかかわらず認識されていませんネ。
「寛容と人道主義を謳うEUの人格者達」は、問題の本質を理解していないのだと思います。

難民・移民は「民族自立」という原則に反することだと、私は思っています。
「民族自立」という名目で、多くの国が独立しました。
その国の富(埋蔵資源など)はその国が独占するようになりました。
たまたまそこに国があった、というだけで。
それなら、その国のことはその国で解決するべきなのでしょう。

仰るように先進国は、その国の民がその努力で作ってきた社会なのです。
自分の国が貧しくなったからと言って豊かな国に移り住むのは、「民族自立」に反することでしょう。
つまり移民を阻止することは、民族自立という大義にかなうことだと、と思うようになったわけです。

アメリカは移民の国だと言って、移民を発展の源に考えるムードがありますが、アメリカの建国時の移民とは全く違うと思います。アメリカの建国時の移民は、新大陸に新しい国家を作ろうとしたわけです。今問題
何よりも、統一と連帯を重視しました。
リンカーンですら、統一が保たれるなら奴隷制を認めると言っていました。

ところが現代の移民は、そういう意識はありません。
今アメリカでも、同様の移民に悩まされているようですが。
つまりご指摘のように
>価値感を文化を全く共有しない人々が
>現在の社会秩序を重んずる意思のない人々
こういう人が来るわけです。
半島からこういう人がまた大挙して押し寄せられたらかなわないです。
  1. 2015-08-26 16:48
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

Re: このURLかな?

> >どうもありがとうございます。 でもやっぱり上手くアクセスできません。 なんなら記事のタイトルを教えて頂けませんか?
>
> 次のこれでしょ?
>
> http://www.afpbb.com/articles/-/3058335

 有難う御座います。 読めました。
  1. 2015-08-26 20:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 寛容と人道主義は

> ご指摘のとおりだと思います。
> 単に数人の難民なら寛容と人道主義でいいでしょうが。
> 移民・難民問題は深刻であるにもかかわらず認識されていませんネ。
> 「寛容と人道主義を謳うEUの人格者達」は、問題の本質を理解していないのだと思います。
>
> 難民・移民は「民族自立」という原則に反することだと、私は思っています。
> 「民族自立」という名目で、多くの国が独立しました。
> その国の富(埋蔵資源など)はその国が独占するようになりました。
> たまたまそこに国があった、というだけで。
> それなら、その国のことはその国で解決するべきなのでしょう。
>
> 仰るように先進国は、その国の民がその努力で作ってきた社会なのです。
> 自分の国が貧しくなったからと言って豊かな国に移り住むのは、「民族自立」に反することでしょう。
> つまり移民を阻止することは、民族自立という大義にかなうことだと、と思うようになったわけです。

 仰る通りです。 今欧州に押し寄せる移民って、民族自決の哀しい結末なのです。
 せっかく得た自決権で彼等は良い国を作る事が出来なかったのです。

 実際香港なんか見ていると、イギリスの植民地支配の方が、中華民族による支配より遥かに良かった事の証明ですから。

> アメリカは移民の国だと言って、移民を発展の源に考えるムードがありますが、アメリカの建国時の移民とは全く違うと思います。アメリカの建国時の移民は、新大陸に新しい国家を作ろうとしたわけです。今問題
> 何よりも、統一と連帯を重視しました。
> リンカーンですら、統一が保たれるなら奴隷制を認めると言っていました。
>
> ところが現代の移民は、そういう意識はありません。
> 今アメリカでも、同様の移民に悩まされているようですが。
> つまりご指摘のように
> >価値感を文化を全く共有しない人々が
> >現在の社会秩序を重んずる意思のない人々
> こういう人が来るわけです。
> 半島からこういう人がまた大挙して押し寄せられたらかなわないです。

 いずれにせよ、現代のように膨大な人間が大挙して流入するって、本来はもう移民と言うより人口侵略と言うべきかもしれません。

 一期に大量に入っては、移民先の文化を学ぶ必要もないし、またそんなこともできないのです。
 
 こんなペースで後10年も移民が入り続けたら、欧州もアメリカも共に溶解するでしょう。

  
 

 
  1. 2015-08-26 20:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する