2015-08-12 12:42

戦争を風化させたのは?

 8月9日の原爆記念日、田上長崎市長は戦争の風化に警鐘をと訴え、安全保障法案に反対しました。

 戦争の風化に警鐘…長崎70回目の「原爆の日」

 被爆地・長崎は9日、70回目の「原爆の日」を迎えた。

 長崎市松山町の平和公園で営まれた長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典には、被爆者や遺族、安倍首相ら約6000人が参列し、犠牲者の冥福を祈った。

 田上たうえ富久市長は長崎平和宣言で「戦争をしないという平和の理念は永久に変えてはならない原点」と強調。戦争の記憶が急速に失われつつあるとし、高齢化する被爆者や戦争体験者に経験を語るよう呼びかけた。各国首脳には、核兵器禁止に向けた法的枠組みの議論を求めた。

 原爆投下時刻の午前11時2分、「長崎の鐘」が鳴り響き、参列者全員で黙とうをささげた。

 田上市長は平和宣言で、原爆だけでなく、各地であった空襲や沖縄戦、アジアでの戦争にも言及。若い世代に対しては、過去の話として切り捨てずに戦争の記憶を受け継ぎ、核兵器のない世界の実現のために行動を起こすよう訴えた


2015y08m12d_125113643

 しかしワタシは戦争はもう既に完全に風化していると思います。

 ワタシが戦争の風化を痛感したのは、80年代ぐらいからです。 その頃から朝日新聞始め日本の大手マスゴミの多くが「歴史を学べ」というキャンペーンを始めました。
 
 けれども彼等が学べと言う歴史は実は、事実に基づく歴史ではなく、南京大虐殺など中国共産党政権の作った歴史か、或いは慰安婦強制連行や朝鮮人労務者強制連行など、全く荒唐無稽な話でした。

056

 我が家では当時朝日新聞を購読していたので、ワタシは朝日新聞のこうした記事は全部読みました。 ワタシの親族には中国戦線に出征した人はいないので、中国に関する記事については半信半疑でした。

 しかし慰安婦強制連行や朝鮮人労務者強制連行は完全に嘘としか思えませんでした。 実際戦時中20代で保険会社の事務員として働いていた母も呆れ果てていました。 

 だって母は戦時中に慰安婦と言うのがどういうモノが知っていたのです。 慰安婦は兵隊さん専用の売春婦です。 兵隊さんなら普通に誰でも行くのですから、でもなんでもありません。
 だから当時成人していた人なら誰でも慰安婦や慰安所の事を知っていたのです。
 今の我々が誰でもキャバクラやデリヘルについて誰でもある程度知っているのと同じです。

2015y08m12d_125244558

 そしてその後間もなく完全に戦争が風化した事を証明する記事が出ました。
 つまり植村隆の慰安婦=女子挺身隊説です。

 女子挺身隊は女性を勤労動員する為の組織で、売春婦である慰安婦には全く関係ありません。 動員されたのは、女子学生、未婚或いは既婚でも子供のいない無職の若い女性、そして美容師など戦時に不必要とされた仕事に就いていた女性です。
 
 女子挺身隊はこのように広く動員されたので、女子挺身隊員だった経験を持つ人は大変沢山いました。 それで戦後は文学やエッセイに沢山描かれています。
 
 例えば太宰治の代表作「斜陽」の主人公は華族の令嬢ですが、独身で無職だったので女子挺身隊員として軍需工場に動員される場面が出てきます。

059

 だからワタシは植村隆の記事を読んだ時に、大変驚きました。

 あ、朝日新聞の記者は「斜陽」も読んだ事がない!!
 これが文系高学歴記者のレベル??

 秦郁彦先生はこの植村の記事について「朝日の記者でも姉や叔母が挺身隊員だった人が沢山いるはずなんだけどねえ・・・・・。」と言っていました。
 しかしそういう「歴史を学べ」「戦争体験を風化させるな」と言いながら、そういう事さへ確認しないのが朝日新聞の記者のレベルなのです。

 しかしこのレベルの記者を揃えているから、社を挙げて慰安婦=挺身隊説を捏造して報道できたのです。 
 こんなレベルですから勿論歴史なんか勉強するどころではないのです。

 だから簡単に中国や韓国の反日プロパガンダを鵜呑みにするのです。 本当に歴史を学んでいれば、こんなお粗末な報道はしないのです。

060

 本当に「戦争を風化させるな」と言うなら、朝日新聞のOBには実際に従軍記者として南京戦に参加した阿羅 健一氏のような人が沢山いるし、当時の写真や記事も山ほど保存されているのです。
 
 そう言った人々の「戦争体験」を聞き、そして自社が保管している過去の記事を検証すれば、「歴史を学べ」と言うキャンペーンとして報道したような馬鹿話を記事にできるわけもないのです。

 しかしそれにしてもこんな荒唐無稽な馬鹿話が、大々的に報道されて、更にそれに他のマスゴミも追随したのはなぜか?

 それはこの時期には既に戦争は風化していたからです。
 と言うより朝日新聞始めそれに同調するマスゴミが、必死になって戦争を風化させたのです。

2015y08m12d_125350166

 つまり戦争に関して阿羅 健一氏のような真実の体験を伝える代わりに、吉田清治のような虚言を「戦争体験」として報道する事によって、真実を隠蔽したのです。

 このようなことができたのは、この時期起きた世代交代のお蔭でしょう。
 80年代になると、成人として戦争を体験した人々は、60代半ばを過ぎて会社を定年退職しており、社会的影響力は大幅に縮小していました。 ちなみにワタシの父は1941年から出征した完全戦中派ですがこの時期65歳で死亡していました。 
 
 しかし60代半ば過ぎても殆どの人は健康で記憶も明晰です。 だから社会的影響力の減退に乗じて、これらの人々の真実の体験をネグレクトしたのは、明らかに自分達のプロパガンダに不都合な「戦争体験」を消滅させるためではありませんか?

066

 それではこのように虚偽の戦争体験を使って、真実の戦争体験を風化させた人々は、それによって何をしようとしたのか?

 これは明らかに、中国や韓国への利益誘導です。
 実際この虚偽の報道で「謝罪と賠償」として、中国や韓国に莫大な経済援助が行われました。
 
 そしてもう一つは9条教の布教でしょう。
 今回の長崎市長などその典型です。

 戦争は恐ろしい
  ↓
 戦争をしてはイケナイ
  ↓
 安全保障法案反対

 極めて短絡的で情緒的で、しかし露骨そのもののプロパガンダが目的なのです。 
 これまで事あるごとに彼等はこの手法でのプロパガンダを続けたのです。

069

 人間は感情に囚われると、理性が停止すると言う性質があります。 だから間違った判断を避ける為には、感情を排して理性を働かせなければならないのです。

 しかし長崎市長等が好んで行う戦法は、感情を煽る事で理性を停止させることなのです。
 
 つまり戦争に関して悲惨な話、オドロオドロしい話を次々と繰り出して人々の感情を、戦争に関する恐怖や嫌悪で釘づけにしておこうと言うのです。

 またそれに乗じて、子連れ女性や若者を動員して「徴兵制になる~~~!!」と叫ばせ、或いは高齢者を動員して「殺し殺される!!」と喚かせる事で、理性的な思考を断ちろうと言うのです。

070

 しかしこれが愚劣な猿芝居である事は、理性を失わなければわかります。

 戦争は自分が戦争反対を唱えれば、戦争を避けられる事などあり得ないのです。 もしそれが可能ならフィンランドやノルウェーやスイスのような超小国は苛酷な徴兵制を実施する必要はありません。

 哀しいけれど、世界史上自国が勝手に戦争を放棄しただけで戦争を防いだ例などないのです。

 戦争を防ぐには相手国が「この国を攻めても勝てそうにもない」「この国と戦争したら自国も大きな損害を被る」と納得するような防衛力と、そして強力な同盟国を持つなど合理的で現実的な外交なのです。

 「戦争体験が~~!!」「戦争を風化させるあ~~!!」と喚く人々は、この理性を封殺しようとしているのです。

071

 ちなみにワタシの記憶では、70年代まで戦争体験者の発言は、むしろ極めて合理的、理性的でした。
 この時期までマスコミに出る戦争体験者の殆どは、成人として戦争を体験した人々でした。 そして唯悲惨な体験を話すだけでなく、なぜそのような意思決定に至ったっかまでを冷静に話てくれました。
 
 だから当時は今時期テレビや新聞に山ほど書かれる戦争体験談も、歴史の記録として大変質の高いモノでした。

 そしてこの世代の殆どは、現在マスゴミが煽る「9条を守れ」「日本が悪い」などの論調には全然同意していません。
 
 戦争は恐ろしけれど、国を守る為には戦わなければならない時もある。
 国防は極めて重要である。
 あの戦争は日本だけが悪いのではない。

 これが実際の戦争体験世代の多数派でした。 だから自民党が戦後長く政権を取り続けたのです。 そして重光葵のようなA級戦犯や岸信介のように戦前戦時から政権の中枢にいた人も、政治家として支持されていたのです。

082

 こうした世代に反発して、反戦平和妄想に嵌ったのが団塊世代です。 
 彼等は現実的な外交国防政策を唱える戦中派世代(彼等の親世代)に反発して、ひたすら妄想平和主義を唱えたのです。
 
 戦争を風化させたいのは、実はこの世代の願望なのです。
 しかし彼等の反戦平和論は、当然の事ですが自分の戦争体験から来たのではありません。 当時一世を風靡したベトナム反戦運動から来ていました。

 しかもそのベトナム反戦運動と言うのは、戦争をすることでアメリカは非難するけれど、ベトナムは一切非難しないと言う奇妙なモノでした。
 このベトナム反戦運動に乗せられた連中は、「戦争に反対するなら双方に反対しないのがオカシイと言う」最低限の思考さへ放棄した連中だったのです。

2015y08m12d_131043589

 これは1970年に当時に若者に大流行して、大阪万博のテーマソングにもなった曲です。
 彼等がくちずさんだ平和の歌は、実は戦争を体験をネグレクトした歌なのです。

 戦争を知らない子供たち 北山修


1.戦争が終わって僕らは生まれた
  戦争を知らずに僕らは育った
  大人になって歩きはじめる
  平和の歌を口ずさみながら
  ※僕らの名前を覚えてほしい
   戦争を知らない子どもたちさ

2.若すぎるからと許されないなら
  髪の毛が長いと許されないなら
  今の私に残っているのは
  涙をこらえて歌うことだけさ
  ※(くりかえし)

3.青空が好きで花びらが好きで
  いつでも笑顔のすてきな人なら
  誰でも一緒に歩いてゆこうよ
  きれいな夕陽のかがやく小道を
  ※(くりかえし)


 その世代が80年代から始めたのが「歴史を学べ」のキャンペーンであり、今やっているのが「9条を守れ」キャンペーンなのです。

 これでは戦争が風化するのは当然であませんか?
 戦争を風化さえたい連中が戦争体験を捏造しているのですから。
  1. 憲法9条
  2. TB(0)
  3. CM(21)

コメント

古本屋に行けば、今でもいくらでもバックナンバーがある雑誌で、マニアでなくとも、よもさんも書店などで目にとめたこともあるものに、有名な軍事マニア本の「丸」という雑誌があります。
今でも自宅に70-80年代頃発行のものが結構ありますが、軍艦や軍用機の技術的な解説だけでなく、存命者の軍記なども多く掲載されています。
政治的な偏向度は感じられませんので、ほぼ事実と考えて、一兵卒や若い将校士官の記述などを読みますと、たまに慰安所の記述が見られます。
今の批判とは全く違う角度ではありますが、老人になった元軍人とはいえ、女郎屋に出入りすること自体、あまり大っぴらに書こうとする人は多くはなかったんでしょうけどね。
そこで、慰安婦の境遇が悲惨云々なんて話はまず出てきません。
土産を持って行ったとか、下ネタっぽい話とか、支払いの話だとか、ごく普通の風俗に通う若者の話ばかりですね。
70-80年代は、まだ慰安婦云々の問題製造はされてませんので、尚更信憑性の高い資料だと思いますな。

たぶん、朝鮮人はこういう資料を知りもしないでしょうし、知っても無視するんでしょう。
こういう資料は今でもいくらでも残っていると思うんですけどねえ。
  1. 2015-08-12 14:10
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

古本屋に行けば、今でもいくらでもバックナンバーがある雑誌で、マニアでなくとも、よもさんも書店などで目にとめたこともあるものに、有名な軍事マニア本の「丸」という雑誌があります。
今でも自宅に70-80年代頃発行のものが結構ありますが、軍艦や軍用機の技術的な解説だけでなく、存命者の軍記なども多く掲載されています。
政治的な偏向度は感じられませんので、ほぼ事実と考えて、一兵卒や若い将校士官の記述などを読みますと、たまに慰安所の記述が見られます。
今の批判とは全く違う角度ではありますが、老人になった元軍人とはいえ、女郎屋に出入りすること自体、あまり大っぴらに書こうとする人は多くはなかったんでしょうけどね。
そこで、慰安婦の境遇が悲惨云々なんて話はまず出てきません。
土産を持って行ったとか、下ネタっぽい話とか、支払いの話だとか、ごく普通の風俗に通う若者の話ばかりですね。
70-80年代は、まだ慰安婦云々の問題製造はされてませんので、尚更信憑性の高い資料だと思いますな。

たぶん、朝鮮人はこういう資料を知りもしないでしょうし、知っても無視するんでしょう。
こういう資料は今でもいくらでも残っていると思うんですけどねえ。

※もし重復コメントになっていたら、すみませんけど削除願います
  1. 2015-08-12 14:12
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

古本屋に行けば、今でもいくらでもバックナンバーがある雑誌で、マニアでなくとも、よもさんも書店などで目にとめたこともあるものに、有名な軍事マニア本の「丸」という雑誌があります。
今でも自宅に70-80年代頃発行のものが結構ありますが、軍艦や軍用機の技術的な解説だけでなく、存命者の軍記なども多く掲載されています。
政治的な偏向度は感じられませんので、ほぼ事実と考えて、一兵卒や若い将校士官の記述などを読みますと、たまに慰安所の記述が見られます。
今の批判とは全く違う角度ではありますが、老人になった元軍人とはいえ、女郎屋に出入りすること自体、あまり大っぴらに書こうとする人は多くはなかったんでしょうけどね。
そこで、慰安婦の境遇が悲惨云々なんて話はまず出てきません。
土産を持って行ったとか、下ネタっぽい話とか、支払いの話だとか、ごく普通の風俗に通う若者の話ばかりですね。
70-80年代は、まだ慰安婦云々の問題製造はされてませんので、尚更信憑性の高い資料だと思いますな。

たぶん、半島人はこういう資料を知りもしないでしょうし、知っても無視するんでしょう。
こういう資料は今でもいくらでも残っていると思うんですけどねえ。

※もし重復コメントになっていたら、すみませんけど削除願います
  1. 2015-08-12 14:13
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

軍事マニア本の「丸」という雑誌があります。
自宅に70-80年代頃発行のものが結構ありますが、軍艦や軍用機の技術的な解説だけでなく、存命者の軍記なども多く掲載されています。
政治的な偏向も感じられませんので、ほぼ事実と考えて、一兵卒や若い将校士官の記述などを読みますと、たまに慰安所の記述が見られます。
今の批判とは全く違う角度ではありますが、老人になった元軍人とはいえ、女郎屋に出入りすること自体、あまり大っぴらに書こうとする人は多くはなかったんでしょうけどね。
そこで、慰安婦の境遇が悲惨云々なんて話はまず出てきません。
土産を持って行ったとか、下ネタっぽい話とか、支払いの話だとか、ごく普通の風俗に通う若者の話ばかりですね。
70-80年代は、まだ慰安婦云々の問題製造はされてませんので、尚更信憑性の高い資料だと思いますな。

たぶん、売国左翼や半島人はこういう資料を知りもしないでしょうし、知っても無視するんでしょう。
今でもいくらでも古本屋なんかに残っていると思いますよ。

※もし重復コメントになっていたら、すみませんけど削除願います
  1. 2015-08-12 14:19
  2. URL
  3. 二郎 #yxKuexpw
  4. 編集

子供ころに「過去の戦争」と言えば・・・

こんにちは。

よもぎねこさんもそうでしょうけど、私が子供のころに「過去の戦争」と言えば、大陸や半島からの引き上げ話でしたよね。それだけ、終戦直後から始まった引き上げが悲惨すぎる話、ということだったんですが、「強制連行ナンタラ」「ナンタラ虐殺」が出てきた途端に、その話はなかったことになってしまった。

シベリア抑留も同じですよね。まさしく「奴隷」「家畜」の如く旧ソ連に使役されたというのに、今現在この話も出てこない。

話は変わりますけど、そちらの大雨、峠は越えましたか?竜巻にも警戒せよ、と気象庁は呼びかけていたようですけど・・・
  1. 2015-08-12 17:41
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

 プロパガンダは、革命後のソ連で急速に発達したそうです。産経新聞の「歴史戦 GHQ工作贖罪意識植え付け・・・」では、日本共産党の野坂参三が大戦中に中国共産党の支配下で日本軍捕虜の洗脳に成功したと書いてあります。これは、ソ連から手法が日本共産党に伝授されたのかと思います。

 学生時代から、戦争に関する報道をなるべく観たり読んだりするようにしていましたが、確かに80年代くらいから変わったと思います。実際に体験した世代がいなくなると、サヨクによって記憶の書き換えが組織的に行われたのでしょうか?韓国も親日罪や反日教育で育った世代ほど、ファンタジー歴史観に疑いを持たないそうで問題です。

 戦後サヨク世代は、自分達の理想の世界を築くまで「戦争を知らない、子供~達が~♪」と歌い続けているなんてホラー映画みたいです。もしかして歌うのを止めたら、自分達が白髪の浦島太郎なのに気が付くのかもしれませんね。
  1. 2015-08-12 19:45
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: 子供ころに「過去の戦争」と言えば・・・

> こんにちは。
>
> よもぎねこさんもそうでしょうけど、私が子供のころに「過去の戦争」と言えば、大陸や半島からの引き上げ話でしたよね。それだけ、終戦直後から始まった引き上げが悲惨すぎる話、ということだったんですが、「強制連行ナンタラ」「ナンタラ虐殺」が出てきた途端に、その話はなかったことになってしまった。
>
> シベリア抑留も同じですよね。まさしく「奴隷」「家畜」の如く旧ソ連に使役されたというのに、今現在この話も出てこない。

 そうですね。 
 ワタシは中学校にシベリア帰りの先生がいて、直接その先生からシベリア抑留体験を聞きました。

 また父から出征中の話を聞きました。

 そう言う事がワタシの知る戦争体験です。 

 ちなみに中国からの引き上げの話は、「流れる星は生きている」と言う本で知りました。 これは藤原正彦氏の母上の著書で、藤原氏は小学生時代に満州で終戦を迎え、弟と妹と一緒に母親に連れられて日本まで帰ったのです。 

> 話は変わりますけど、そちらの大雨、峠は越えましたか?竜巻にも警戒せよ、と気象庁は呼びかけていたようですけど・・・

 大雨なんか全然知りませんでした。 一応昼間に雨が降りましたが、大雨と言うのは程遠いです。
 でも気象予報を確認してみます。 有難う御座いました。
  1. 2015-08-12 21:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  プロパガンダは、革命後のソ連で急速に発達したそうです。産経新聞の「歴史戦 GHQ工作贖罪意識植え付け・・・」では、日本共産党の野坂参三が大戦中に中国共産党の支配下で日本軍捕虜の洗脳に成功したと書いてあります。これは、ソ連から手法が日本共産党に伝授されたのかと思います。

 なるほど、そう言われたらイロイロ思い当ります。

>  学生時代から、戦争に関する報道をなるべく観たり読んだりするようにしていましたが、確かに80年代くらいから変わったと思います。実際に体験した世代がいなくなると、サヨクによって記憶の書き換えが組織的に行われたのでしょうか?韓国も親日罪や反日教育で育った世代ほど、ファンタジー歴史観に疑いを持たないそうで問題です。

 韓国は70年代に漢字を廃止したので、50歳以下の人達は昔の話は自分では調べようもありません。
 それこそ当時の文学を読んで時代の空気を知るような事も不可能なのです。
 これではファンタジー史観を突きつけられても反論不能でしょう。

>  戦後サヨク世代は、自分達の理想の世界を築くまで「戦争を知らない、子供~達が~♪」と歌い続けているなんてホラー映画みたいです。もしかして歌うのを止めたら、自分達が白髪の浦島太郎なのに気が付くのかもしれませんね。
 
 マジに日本は今そのホラー映画の中にいるのです。 そして白髪頭の連中がまだ妄想の平和を口ずさんでいるのです。
  1. 2015-08-12 21:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ふし~ぎな話

8月6日と8日、広島と長崎で式典が行われた。広島では、原爆で残ったドームの中にカメラが入り、アナウンサーがこれが崩れ落ちたレンガです、とか語っていました。広島はまた、牡蠣養殖で有名で、ずいぶん前から売っていますよね~。
原爆の放射性物質って、半減期が短くて、今は無くなっているのでしょうか。原発反対の人もマスメディアも、原爆の悲惨さを語るばかりで、残存放射性物質には完全に沈黙を貫いているのはどうしてなんでしょう。
その一方で、原発停止二年で終わるなんていう記事が出ています。もしかして、原爆って、津波と同じ自然災害なのでしょうか。
  1. 2015-08-12 21:22
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

長崎への原爆投下日を間違えていました

記憶違いです。申し訳ありません。
  1. 2015-08-12 23:14
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

記憶が風化してから歴史の構築が可能になるのです。

戦争を風化させるな、というのは戦争を語れる人が減ってるからそれを絶やすな、ということなんでしょうかね。これはまさに戦争体験者の記憶というやつですが、そんなものはとうに風化してるわけです。というよりこれから歴史が始まるのです。

これによって歴史的な議論ができるようになります。日本の軍事史というものがきちんと議論できるようになったのは殆ど平成に入ってからです。これは当事者が殆ど鬼籍に入ったからにほかなりません。彼等がいなくならないと歴史的な検証は不可能なのです。当事者のポジショントークほど迷惑なものはないからです。これでずいぶん冷静な議論は出来るようになりました。

戦争体験だって一種のポジショントークです。彼らの戦争嫌だ、にした所でそれを一般化出来ないのです。沖縄戦の「歴史」にした所で一定のイデオロギーに毒された人々は「自分が信じたい歴史」を構築しそれを歴史として確定させたいだけでしょう。そして客観的な歴史事実の検証をするならば歴史修正主義というレッテルを貼るということです。

嫌な話ですが人間は自分が語りたいことしか語りません。それはすでにしてこうあってほしいという立場の表明です。だから本物の戦争経験者の体験記だって読むのは簡単じゃないんです。かつて「丸」という雑誌の編集者が言ってましたが体験記を書いてもらってまずすることはその内容の検証なんだそうです。客観的な日時のミスなどは可愛い方で自分の所属や上司を間違えてるなんてことまであったそうです。だからこの手のものも時間の経過と検証が必須になるのです。

先日NHKで被曝児童の70年について特集をやってましたが当時の37人の生徒のうち生存者は32人だそうです。平均年齢75歳を超える集団で70年間に死んだものが5/37という数字は何を物語るのでしょうか。

当事者は原爆の苦しみを語りそれを被難しますが70年もたったら普通はこの程度の死者では済まないでしょう。全体を見てどういう人生をたどったかを見ないといけなくなります。これは時間をかけじっくりやらねばいけません。

これを嫌う人々はみな何か裏があると小生は思ってます。
  1. 2015-08-13 03:13
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: ふし~ぎな話

> 8月6日と8日、広島と長崎で式典が行われた。広島では、原爆で残ったドームの中にカメラが入り、アナウンサーがこれが崩れ落ちたレンガです、とか語っていました。広島はまた、牡蠣養殖で有名で、ずいぶん前から売っていますよね~。
> 原爆の放射性物質って、半減期が短くて、今は無くなっているのでしょうか。原発反対の人もマスメディアも、原爆の悲惨さを語るばかりで、残存放射性物質には完全に沈黙を貫いているのはどうしてなんでしょう。
> その一方で、原発停止二年で終わるなんていう記事が出ています。もしかして、原爆って、津波と同じ自然災害なのでしょうか。

 ホントに奇妙ですね。 ワタシが原発の放射能騒動に疑問を持ったのは、母の友人に長崎で被爆した人がいたからです。 曾野方は子供の時被爆して、原爆症を発症して髪の毛が全部抜けたそうです。

 それでもその後元気になって結婚して立派な息子さんも二人産みました。
 だったら放射線障害も起きていない福島で問題が起きるはずがない。

 これがワタシの実感でした。

 しかし核廃絶を叫ぶ人達は、長崎や広島の被爆者を差別するなと言いながら、福島の放射能に対してはひたすら危険を煽って、福島県民へのヘイトスピーチをしているのです。

 
  1. 2015-08-13 09:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 長崎への原爆投下日を間違えていました

> 記憶違いです。申し訳ありません。

 ワタシもこの手の間違いを始終やっています。 どうぞお気遣いなく。
  1. 2015-08-13 09:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 記憶が風化してから歴史の構築が可能になるのです。

> 戦争を風化させるな、というのは戦争を語れる人が減ってるからそれを絶やすな、ということなんでしょうかね。これはまさに戦争体験者の記憶というやつですが、そんなものはとうに風化してるわけです。というよりこれから歴史が始まるのです。
>
> これによって歴史的な議論ができるようになります。日本の軍事史というものがきちんと議論できるようになったのは殆ど平成に入ってからです。これは当事者が殆ど鬼籍に入ったからにほかなりません。彼等がいなくならないと歴史的な検証は不可能なのです。当事者のポジショントークほど迷惑なものはないからです。これでずいぶん冷静な議論は出来るようになりました。
>
> 戦争体験だって一種のポジショントークです。彼らの戦争嫌だ、にした所でそれを一般化出来ないのです。沖縄戦の「歴史」にした所で一定のイデオロギーに毒された人々は「自分が信じたい歴史」を構築しそれを歴史として確定させたいだけでしょう。そして客観的な歴史事実の検証をするならば歴史修正主義というレッテルを貼るということです。
>
> 嫌な話ですが人間は自分が語りたいことしか語りません。それはすでにしてこうあってほしいという立場の表明です。だから本物の戦争経験者の体験記だって読むのは簡単じゃないんです。かつて「丸」という雑誌の編集者が言ってましたが体験記を書いてもらってまずすることはその内容の検証なんだそうです。客観的な日時のミスなどは可愛い方で自分の所属や上司を間違えてるなんてことまであったそうです。だからこの手のものも時間の経過と検証が必須になるのです。
>
> 先日NHKで被曝児童の70年について特集をやってましたが当時の37人の生徒のうち生存者は32人だそうです。平均年齢75歳を超える集団で70年間に死んだものが5/37という数字は何を物語るのでしょうか。

 適度の放射能は健康に良いと言う理論の証明みたいな話ですね。

> 当事者は原爆の苦しみを語りそれを被難しますが70年もたったら普通はこの程度の死者では済まないでしょう。全体を見てどういう人生をたどったかを見ないといけなくなります。これは時間をかけじっくりやらねばいけません。
>
> これを嫌う人々はみな何か裏があると小生は思ってます。

 そうですね。 近代史の研究には回想録を使ってはイケナイそうです。 回想録では自分に都合の悪い事は描かなからだそうです。
 だからそれを鵜呑みにすると、完全に間違えると言うのです。

 実際人間の記憶は曖昧だし、自分に不都合なことは言わないのです。
 
 それなのにひたすら戦争体験者の話を持ち上げるのは、つまりは悲惨な体験を持ち上げる事によって、9条教のプロパガンダに使う為でしょう。 
 なにしろ一応一般道徳として不幸な人を責めてはいけないと言う感覚があります。
 
 だから悲惨な体験をされた被爆者様がまるで平和の権威のように祭り上げられるのです。

 しかし交通事故の被害者に、交通事故を防ぐ方法がわかるわけではないのと同様、被爆者に戦争を防ぐ方法がわかるわけではないのです。
  1. 2015-08-13 10:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

私の会社の職員に、空手道場を開いている人がいます。その人は今現在空手をやっていませんが、その人の奥さんは空手をやっています。そして、その人の話では最近の空手の大会では、戦争を想い起こさせるからといって、国旗掲揚や国家斉唱していないそうです。私はその話を聞いて、なぜ今更、国旗掲揚や国家斉唱が戦争を思い起こすことがのだろうかと思いました。
今後は、戦争を経験した世代がますます減っていきますけど、それに反比例するように、このようなへんてこなプロパガンダが増えていくのではないでしょうか?

この日記の他、いくつかの日記お借りしてもよろしいでしょうか?
  1. 2015-08-14 20:09
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

今年も8月15日、しかも終戦70週年という
うっとおしい季節がやってきましたね(テレビなんかで
うっかりそんなこと言ったらたちどころに吊るし上げられそうですが)。

もはや、日本国憲法とか終戦記念報道は一種の聖典、宗教行事と化してますからね。

キリスト教の聖書も成立がもっとも古いと言われるマルコの福音書(イエスの死後30年くらい?)から時代が下るにつれて話に脚色(処女懐胎とか)が増えていきますし。
それでも、初期のキリスト教は様々な解釈や議論がわりと自由だったんですが、4世紀の二ケア公会議で「三位一体」説以外は「異端」ということになってしまいます。

終戦記念報道、第二次大戦の話についても同じ道を
辿りそうな気がしますね。
慰安婦、南京「大」虐殺に続いて今後どんなトンデモ脚色な話が飛び出してくるんでしょう?

すでに日本国憲法は「聖典」と化してしまいました。
そこでは、戦前はすべて暗黒の希望のない時代で、
戦後の日本国憲法の発布こそが「光あれ」で現在の
平和国家日本の礎で「信じる者は救われる」で9条を
信じておれば、決して攻められることもない・・という
信仰が日本を支配してますからね。
個人的に「神州不滅」の別バージョンの気もしますが。

「暗黒の中世」がすでに目前に迫る中、「異端」の我々は
どうやって「異端狩り」を逃れ、「ルネサンス」まで待てばいいんでしょう?ルネサンスは無理でもせめて、「宗教改革」ぐらいは・・と思いましたが、それは却ってヤバイですね。
プロテスタントって一種の原理主義運動ですし。

・・という冗談はともかく、とにかくマスゴミのお涙頂戴の終戦記念番組は本当にウザイ!!。
これをココで気兼ねなく言いたかった・・実はそれだけです(笑)。

  1. 2015-08-14 22:03
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

またもや不正な投稿

またもや不正な投稿となりました。
お涙頂戴の終戦報道がウザイ・・との書き込みが
どこかの逆鱗に触れるのでしょうか?(笑)
  1. 2015-08-14 22:05
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私の会社の職員に、空手道場を開いている人がいます。その人は今現在空手をやっていませんが、その人の奥さんは空手をやっています。そして、その人の話では最近の空手の大会では、戦争を想い起こさせるからといって、国旗掲揚や国家斉唱していないそうです。私はその話を聞いて、なぜ今更、国旗掲揚や国家斉唱が戦争を思い起こすことがのだろうかと思いました。
> 今後は、戦争を経験した世代がますます減っていきますけど、それに反比例するように、このようなへんてこなプロパガンダが増えていくのではないでしょうか?

 おお、頭がクラクラするほど愚かしい話ですね。

 それじゃ空手協会は日本がオリンピックに参加するのも止めるように、提言するべきです。

> この日記の他、いくつかの日記お借りしてもよろしいでしょうか?

 どうぞ、どうぞ!! 好きなのを好きなだけ使って下さい。
  1. 2015-08-14 22:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: またもや不正な投稿

> またもや不正な投稿となりました。
> お涙頂戴の終戦報道がウザイ・・との書き込みが
> どこかの逆鱗に触れるのでしょうか?(笑)

 済みません。 この不正投稿はわけわかりません。 ワタシがワタシのブログに書いたコメントも時々不正投稿になります。
  1. 2015-08-14 22:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 古本屋に行けば、今でもいくらでもバックナンバーがある雑誌で、マニアでなくとも、よもさんも書店などで目にとめたこともあるものに、有名な軍事マニア本の「丸」という雑誌があります。
> 今でも自宅に70-80年代頃発行のものが結構ありますが、軍艦や軍用機の技術的な解説だけでなく、存命者の軍記なども多く掲載されています。
> 政治的な偏向度は感じられませんので、ほぼ事実と考えて、一兵卒や若い将校士官の記述などを読みますと、たまに慰安所の記述が見られます。
> 今の批判とは全く違う角度ではありますが、老人になった元軍人とはいえ、女郎屋に出入りすること自体、あまり大っぴらに書こうとする人は多くはなかったんでしょうけどね。
> そこで、慰安婦の境遇が悲惨云々なんて話はまず出てきません。
> 土産を持って行ったとか、下ネタっぽい話とか、支払いの話だとか、ごく普通の風俗に通う若者の話ばかりですね。
> 70-80年代は、まだ慰安婦云々の問題製造はされてませんので、尚更信憑性の高い資料だと思いますな。
>
> たぶん、朝鮮人はこういう資料を知りもしないでしょうし、知っても無視するんでしょう。
> こういう資料は今でもいくらでも残っていると思うんですけどねえ。

 なるほど「丸」にはそんな記事も出ていたのですか。

 実はワタシが慰安婦の事を知ったのは60年代で中学生だった頃です。 当時母親が時々買っていた「オール読物」や「小説新潮」などに慰安所や慰安婦を扱った物が良く出ていたのです。
 有馬頼義などが良くその手の小説を書いていました。

 有馬は出征経験があり、その経験から戦場を舞台にしたこの手の風俗小説を得意としたのです。 当時この手の小説を読んだ人はワタシの父などと同様、やはり出征経験があり慰安所にも通って経験のある人々です。 だからこの当時の慰安婦に関する小説の背景は極めて正確だったと思います。

 慰安婦の話は戦記小説でも、少し砕けたものなら結構普通に出てきます。

 しかも著者も読者も実際に慰安所体験があるのです。

 だから80年代朝日新聞が慰安婦強制連行を捏造した時には、驚き呆れました。 
 あれでワタシは朝日新聞と戦後史観を信用しなくなりました。
  1. 2015-08-14 22:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 今年も8月15日、しかも終戦70週年という
> うっとおしい季節がやってきましたね(テレビなんかで
> うっかりそんなこと言ったらたちどころに吊るし上げられそうですが)。
>
> もはや、日本国憲法とか終戦記念報道は一種の聖典、宗教行事と化してますからね。
>
> キリスト教の聖書も成立がもっとも古いと言われるマルコの福音書(イエスの死後30年くらい?)から時代が下るにつれて話に脚色(処女懐胎とか)が増えていきますし。
> それでも、初期のキリスト教は様々な解釈や議論がわりと自由だったんですが、4世紀の二ケア公会議で「三位一体」説以外は「異端」ということになってしまいます。
>
> 終戦記念報道、第二次大戦の話についても同じ道を
> 辿りそうな気がしますね。
> 慰安婦、南京「大」虐殺に続いて今後どんなトンデモ脚色な話が飛び出してくるんでしょう?
>
> すでに日本国憲法は「聖典」と化してしまいました。
> そこでは、戦前はすべて暗黒の希望のない時代で、
> 戦後の日本国憲法の発布こそが「光あれ」で現在の
> 平和国家日本の礎で「信じる者は救われる」で9条を
> 信じておれば、決して攻められることもない・・という
> 信仰が日本を支配してますからね。
> 個人的に「神州不滅」の別バージョンの気もしますが。
>
> 「暗黒の中世」がすでに目前に迫る中、「異端」の我々は
> どうやって「異端狩り」を逃れ、「ルネサンス」まで待てばいいんでしょう?ルネサンスは無理でもせめて、「宗教改革」ぐらいは・・と思いましたが、それは却ってヤバイですね。
> プロテスタントって一種の原理主義運動ですし。
>
> ・・という冗談はともかく、とにかくマスゴミのお涙頂戴の終戦記念番組は本当にウザイ!!。
> これをココで気兼ねなく言いたかった・・実はそれだけです(笑)。

 仰る通りです。

 戦後民主主義って民主主義ではなく日本国憲法を聖典とする宗教なのです。 そしてその宗教では日本人は侵略戦争と言う原罪を負わなくてイケナイのです。

 ちなみにこの宗教が日本の国家宗教になったのは70年代からです。
 
 ワタシ達は精神の自由を守り、理性と奪われない為にもこの邪教と戦って行くべきです。
  1. 2015-08-14 22:39
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する