2013-04-16 13:02

人権を言う政治家

 細野豪志氏「最近、人権を言う政治家が減った」と呟く

 

  google_ad_section_end(name=s1) 民主党細野豪志幹事長(41)が、静岡県・御殿場市にある国立ハンセン病療養所の1つである国立駿河療養所を訪れた時のことをツイッターで報告している。

 ハンセン病は日本では「癩(らい)病」とも言われ、古くからある感染症の1つ。中世の時代には、発症した者は「非人」として扱われてきた歴史がある。世界でも見られる感染症で、1897年にベルリンで第1回ハンセン病国際会議が開かれ、ハンセン病が感染症であることから病状に応じて患者を相対的隔離することが決められた。

 一方、近代の日本ではハンセン病の増加に苦慮していたことから、「癩予防法」が作られ、強制隔離政策が行われた。1948年には優生保護法が制定され、遺伝疾患でないハンセン病も適用疾患とされ、ハンセン病患者に対する人工妊娠中絶が行われた。この時の胎児や新生児の遺体と見られる標本が国立駿河療養所をはじめとする全国の療養所で保存されているという。1996年に同法は廃止された。

 細野氏はその国立駿河療養所を訪れたことがあるとのことで、ホルマリン漬けの胎児と名前のない大量の位牌が並んでいるのを見たことがあるという。そして、「政治とは、これほどの人権蹂躙を行いうるものだということを知り慄然としました」とその時の心境を綴る。

 また「最近、人権を言う政治家が減ったような気がします。私は非力ですが、その役割を果たしたいと思っています」との思いを綴っている。

 http://yukan-news.ameba.jp/20130415-233/

 

  

 

 1943年に特効薬プロミンが発見されるまでハンセン氏病は不治の病でした。

 

 ハンセン氏病の病原菌は皮膚や神経や軟骨組織を侵します。 それでハンセン氏病の患者は皮膚が爛れ、鼻が脱落し、感覚神経がマヒする事から、怪我が増えてその傷が元で手足が壊死すると言う悲惨な状態になって行きます。

 

 しかしハンセン氏病が原因で死ぬ事は稀です。 だから患者は自分の肉体が腐って行くのを見ながら生き続けなければなりませんでした。

 

 このような病気ですから、古来世界中に非常に恐れられてきました。

 

 病状の余りのおぞましさにヨーロッパでも、日本でも、ハンセン氏病に罹患した人達は、街にも村にも居られなくなり、信仰に希望を託して巡礼に出ました。

 

 四国八十八箇所のお遍路さんなど、実は多くがハンセン氏病患者だったのです。

 

  

 

 しかし巡礼に出て病気が治るわけではありません。 

 

 殆どの患者は巡礼をする為の十分なお金などありません。

 

 病気で手足が麻痺したり切断したりした状態での巡礼は大変苛酷です。

 

 だから結局乞食をしながら、巡礼の道を巡り続けて、いずれその途上で衰弱死する事になったのです。

 

 そのための巡礼なのです。

 

 アフガニスタンなどイスラム世界の一部では、つい最近まで巡礼を続けてるハンセン氏病患者が沢山しました。

 

 このような巡礼に出られない人達は、唯街角で乞食をしました。

 

 ワタシの母は、子供時代(昭和初年頃)に神戸の三宮の繁華街の角々に、このようなハンセン氏病の乞食がいるのを見たと言っていました。

 

  

 

 しかし悲惨だったのはハンセン氏病患者だけではありません。 当時は現在のような健康保険制度もなく、他の福祉制度も不十分でした。

 

 だから経済力のない人が結核やハンセン氏病のように、長期療養を必要として、結局治らないような病気になると、乞食でもするしかなかったのです。

 

 現在、一部の自称人権団体、自称人権政治家が問題にしているハンセン氏病患者の隔離政策は、このような社会を背景に生まれました。

 

 つまり戦前の日本政府は、ハンセン氏病患者の為に無料の療養施設を作ったのですが、これは患者を強制収容する事を前提にしていました。

 

 北条民雄の「命の初夜」などを読むと、この療養所の生活が克明に描かれています。

 

 北条民雄も若くしてハンセン氏病を発病して、療養所に入り、そこで患者として生活しながら、療養所の生活を題材にした小説を書いたのです。

 

  

 

 北条民雄の描く療養所の生活は、現在の日本人から見れば、随分質素なものです。

 

 また患者同士の結婚は認めれるけれど、子供は産まない様に断種を強制されるなど、現代人の感覚からすれば、顕かな人権蹂躙もあります。

 

 しかし北条自身、北条の描く患者たちもそんな事は殆ど問題にしていません。

 

 だって当時ハンセン氏病は不治の病です。 療養所と言っても、対処療法をするだけで根本治療はできません。

 患者は対処療法を受けながら死を待つしかないのです。

 

 こんな状態で子供を産んで育てようと思う人がいるでしょうか?

 

 しかも乳幼児は非常に感染しやすいのです。

 

 ハンセン氏病の強制収容政策が非人道的だと言う根拠の一つは、ハンセン氏病はコレラなど他の伝染病と違って、非常に感染力が弱い事があげれらます。

 

 

 ハンセン氏病は伝染病ですが、成人が感染する事は皆無で、感染するとすれば乳幼児期だけであることは、当時からある程度知られていたようです。

 

 だから本人の意思を無視しての強制収容政策は非人道的であると言うのです。

 

  

 

 しかしこれは明らかに現代人の感覚です。

 

 確かに病気の感染防止と言うだけなら、ハンセン氏病患者の強制収容政策は非人道的でした。

 

 けれど当時は国保などの社会福祉政策は未整備でした。

 ハンセン氏病より遥かに感染力の強い結核患者に対しても、国による医療支援政策はありませんでした。

 

 これは別に日本だけではありません。 当時世界で現代人の感覚で社会福祉と言えるような物が整備された国などないのです。

 

 このような社会状況で、ハンセン氏病の患者にだけ国が医療生活支援をするとすれば、強制隔離政策でも取るしかないのです。

 

 これは特に恐ろしい病気だから、特別に国が治療と生活支援をすると言う形にするしかありません。

 

 そしてこの国による支援がなければ、患者達は乞食でもするか、或は巡礼を続けて野垂れ死にするかしかないのです。

 

 患者達がこの強制隔離策に不服を持つはずもないのです。

 

  

 

 国の強制隔離策の問題は1943年にプロミンが発見されて、ハンセン氏病の治癒が可能になってからも、強制隔離策を続けた事だとも言われます。

 

 確かに現代人の感覚からすれば、強制隔離策は早く止めるべきだったでしょう。

 

 しかし実は戦後は軽度のハンセン氏病患者を無理矢理入所させることなど殆ど行われていません。 北条民雄の時代でも寛解中の患者は医師の許可を得れば、収容所を出て普通に働いたりしていました。

 

 それなのに強制隔離策が続いたのはなぜか?

 

 これはむしろ社会的な問題のようです。

 

 戦後新しくハンセン氏病に罹患する人は殆どいなくなりました。 だから収容所に残った人々は、実は戦前から長く収容所で生活を続けた人々ばかりでした。

 

 もう何十年もそこで生活していれば、外へ出て働く事など難しいのです。

 

 またハンセン氏病が完治しても、病気の後遺症までは治りません。 ハンセン氏病が恐れられたのは、この病気で容貌が実に無残になることです。

 

 無惨な後遺症を抱えて人達の多くは、外の社会にでてその姿を社会に晒したいとは思わなかったようです。

 

 それに職員の雇用の問題もあったよです。

 

 そのような状況で、ダラダラと強制隔離政策が続いたのです。

 

 そしてその強制隔離政策も終わって何十年か過ぎた後、それに対して、一部の患者が人権侵害であった言って裁判が起こしたのです。 

 

 国が長く強制隔離政策を続けたので、ハンセン氏病は恐ろしいと言う偏見がなくならず、そのため患者の社会復帰が遅れたと言って、賠償を求めたのです。

 

  

 

 そしてこの裁判が始まると、マスゴミが一斉に「国による人権侵害!!」を喚き始めました。

 朝日新聞など戦後も「野放しのライ病患者」などと騒いで、強制隔離を即したのにです。

 

 それでこの裁判でそれまでハンセン氏病患者の治療にあたっていた人々は全部極悪人にされました。

 

 実はワタシはこの裁判の当時、ペシャワール会の会員でした。

 

 アフガニスタンパキスタンで医療支援をしているNPOペシャワール会は、元々ハンセン氏病患者救済を主目的にする会でした。

 

 この当時ペシャワール会で検査やレントゲンの技師としてボランティアをしている人々の多くが、実は日本のハンセン氏病患者収容施設で働いていた人々でした。

 

 この人達は当然高齢者なのですが、経験が大変豊富で、特に戦前戦後の大変劣悪な設備の中でも、何とか工夫をして検査などの業務をしてきた実績があります。 だからどんな苛酷な条件でも仕事をする能力があるのです。

 

 このような人々の力なしには、インフラが未整備な僻地での医療は行えませんでした。

 

 だから当時のペシャワール会の会報には、この裁判について何とも言いようのない感想が書かれていました。

 

 そして当時のアフガニスタンやパキスタンでは、嘗ての日本やヨーロッパでのように、ハンセン氏病患者が病気治癒を願って巡礼をして彷徨い、ハンセン氏病を治癒する奇跡が起きると言う聖者の廟の周りには、大勢のハンセン氏病患者の乞食がたむろすると言う状態でした。

 

 感染力の低いハンセン氏病患者の強制収容は非人道的と言うけれど、それは患者達は医療は勿論、生活の目途も立たず乞食をしなければなないような社会条件を無視した意見です。

 

 ペシャワール会の病院は無料でしたが、現実に受診や入院できるのは、ペシャワール近辺の人を除けば、交通費が工面でき入院中の家族の生活の心配のない人に限られていていました。

 

 だからペシャワールから離れた地域から入院するのは、裕福な家のご隠居のような人ばかりだったのです。

 

 こういう社会を想定すれば、強制隔離策を一概に非人道的などとは言えないのです。

 

  

 

 ワタシは人権は非常に大切な物だと思います。

 

 しかし「人権を言う政治家」は大嫌いです。

 

 なぜなら現代の日本で「人権を言う政治家」の多くが、この細野や朝日などマスゴミや日本アムネスティのように実に浅薄に人権ネタで騒いでいるだけだからです。

 

 だから彼等は例えば北朝鮮いる拉致被害者とか、チベットで焼身自殺をしている僧侶たちのような現在進行中のしかも非常に深刻な人権侵害には無関心を決め込みます。

 

 そう言う人権侵害は解決が難しいし、敵が強大なので手を出したくないのです。

 

 その代り、従軍慰安婦とか朝鮮学校の高校無償化(高校でないのに何で高校無償化?)とか、或はこのハンセン氏病患者の強制収容政策とか、過去の問題、ありもしない問題、「人権問題」としてマスゴミが騒ぐ問題だけに執着するのです。

 

 だって彼等は別に人権を守りたいのはありません。 人権利権を守りたいだけなのです。

 

 そして人権利権を守る為なら、本問の人権蹂躙も辞さないのです。

 

 けれどそれも当然でしょう。 現在日本で人権を言う政治家は、民主主義が大嫌いな人達ばかりです。 そして北朝鮮中国など独裁者が大好きなのです。

  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

No title

 ハンセン氏病を扱った「小島の春」という本を日本陸軍は忌み嫌いました。皇后陛下は支援していたようですが陸軍は紙の配給も制限していたような。
  1. 2013-04-16 18:40
  2. URL
  3. ご隠居 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ご隠居さん
> ハンセン氏病を扱った「小島の春」という本を日本陸軍は忌み嫌いました。皇后陛下は支援していたようですが陸軍は紙の配給も制限していたような。

 「小島の春」は昔母も見たそうです。 しかし陸軍が嫌っていたとは知りませんでした。

 しかし何で陸軍が嫌ったのでしょうね?
  1. 2013-04-16 19:45
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259D%25BE%25E6%259C%25AC%25E6%25B8%2585%25E5%25BC%25B5/" class="keyword">松本清張著 『砂の器』とハンセン病
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n278/n278015.html

 私はイメージとしては「砂の器」が思い浮かんだので、ググってみたら、こんなのが出てきました。

 偏見は勿論よくありませんが、「人権」「差別」と声高に言う多くの胡散臭い人物がいるのも確かです。
  1. 2013-04-16 21:21
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259D%25BE%25E6%259C%25AC%25E6%25B8%2585%25E5%25BC%25B5/" class="keyword">松本清張著 『砂の器』とハンセン病
>http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n278/n278015.html
>
> 私はイメージとしては「砂の器」が思い浮かんだので、ググってみたら、こんなのが出てきました。
>
> 偏見は勿論よくありませんが、「人権」「差別」と声高に言う多くの胡散臭い人物がいるのも確かです。

 この手の人権利権屋って、問題の起きた時代の社会の状況を一切無視して浅薄な人権論を振り回す事です。

 尤も人権をネタに利権を得るのが目的ですから、騒ぐネタになり差へすれば良いのです。
  1. 2013-04-16 21:48
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

自身がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核感染歴があるため、当時の患者の思いを想像すると…

概要は知っておりましたが、遍路とペシャワールの会の件、初耳でした。
エントリーありがとうございました。
  1. 2013-04-16 22:29
  2. URL
  3. 極楽蜻蛉 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 極楽蜻蛉さん
>自身がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核感染歴があるため、当時の患者の思いを想像すると…

 戦前の結核患者の悲惨については祖母から聞いた事があります。

 祖母は石川県の出身ですが、石川県は当時最もhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核患者の罹患率が高い県でした。

 祖母の近所の家では、家族が次々とhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核で倒れてl最後に嫁と姑だけが残ったのですが、その嫁もhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核で倒れたそうです。
 それで一人嫁の看護をしていた姑は、家の近くで烏が啼くと半狂乱になって石を投げつけていたそうです。

 当時は国保のような制度が無いので普通の農家などでは、家族がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核で倒れても、医者に診せる事もできず、只家で安静にする以外に方法がなかったよです。

 幸田綾が「弟」などでhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核患者を抱えた体験を書いていますが、幸田露伴でも息子の療養費を出すに原稿を書きまくったのです。

 庶民はどうしようもありません。
 
>概要は知っておりましたが、遍路とペシャワールの会の件、初耳でした。
>エントリーありがとうございました。

 お恥ずかしいです。
  1. 2013-04-16 22:41
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ハンセン氏病と言うと丸山ワクチンを思い出します。丸山ワクチンはプロミンが出てくる前まではハンセン氏病の薬だったのです。ハンセン氏病の病原菌は顕微鏡レベルではhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核菌と区別が付かないそうです。そしてhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核やハンセン氏病の患者にガン患者がほとんどいないことは経験的に知られていました。丸山博士はそこでハンセン氏病の免疫をつければガンに対する効果があるのではないかというのでワクチンを処方したと言います。

ハンセン氏病の療養所に収容されていた人が出てきた時になんであんな老人ばかりと小生の母は思ったそうです。このことを説明すると納得しました。療養所にいた人々は結核とガンにやられないのだから長生きは当然でしょうね。おそらく隔離することにより消滅してくれれば良いという考えはあったのでしょう。

人権侵害かもしれないが、だからといって騒いだところで何の問題解決にもならない。結局隔離はされたが生きるだけは出来たのですからなんとも言えないでしょうね。

ちなみにプロミンは特効薬ですが容貌の変化等には効き目がありませんね。しかし丸山ワクチンは皮膚障害や神経障害にも効果があったと良います。物事には色々な絡みがあるなあと思うものです。

小生、世の中の問題ごとの9割は技術的に解決または軽減が可能と思ってます。そういう手段をとることが基本的には解決なのでしょう。人権屋は利権屋である、物事の解決には基本的に役立たないということは本当によくわかるところです。
  1. 2013-04-16 22:45
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>ハンセン氏病と言うと丸山ワクチンを思い出します。丸山ワクチンはプロミンが出てくる前まではハンセン氏病の薬だったのです。ハンセン氏病の病原菌は顕微鏡レベルではhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核菌と区別が付かないそうです。そしてhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核やハンセン氏病の患者にガン患者がほとんどいないことは経験的に知られていました。丸山博士はそこでハンセン氏病の免疫をつければガンに対する効果があるのではないかというのでワクチンを処方したと言います。
>
>ハンセン氏病の療養所に収容されていた人が出てきた時になんであんな老人ばかりと小生の母は思ったそうです。このことを説明すると納得しました。療養所にいた人々は結核とガンにやられないのだから長生きは当然でしょうね。おそらく隔離することにより消滅してくれれば良いという考えはあったのでしょう。
>
>人権侵害かもしれないが、だからといって騒いだところで何の問題解決にもならない。結局隔離はされたが生きるだけは出来たのですからなんとも言えないでしょうね。
>
>ちなみにプロミンは特効薬ですが容貌の変化等には効き目がありませんね。しかし丸山ワクチンは皮膚障害や神経障害にも効果があったと良います。物事には色々な絡みがあるなあと思うものです。
>
>小生、世の中の問題ごとの9割は技術的に解決または軽減が可能と思ってます。そういう手段をとることが基本的には解決なのでしょう。人権屋は利権屋である、物事の解決には基本的に役立たないということは本当によくわかるところです。

 ハンセン氏病の収容所から出て人が老人ばかりと言うのは当然です。
 プロミンによる治療が本格化して、強制隔離政策が有名無実になった頃から、新しい患者が入る事なくなり、戦前か戦後直ぐに入所して、そのまま年を取った人しか残っていないからです。

 ちなみに丸山ワクチンなどが出る前は、ハンセン氏病患者はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核で死ぬ事が多かったようです。
 
 ハンセン氏病によって体力を失い、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B5%2590%25E6%25A0%25B8/" class="keyword">結核などの余病を併発して死ぬ場合が多かったようです。

 
  1. 2013-04-16 23:28
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

いつもながら勉強になるご意見です。
具体的な小説の内容とか、自身の経験談(ペシャワールの会)などを挙げて、論理的に解説してもらうとよくわかります。

人権を声高に言う意見にはこういう論理性が全くないのです。

>「人権を言う政治家」は大嫌いです。
>治療にあたっていた人々は全部極悪人にされ

全く同感です。
今は「人権」とは利権と他人を攻撃する材料に成り下がっています。
  1. 2013-04-16 23:45
  2. URL
  3. 道草人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 道草人さん
>いつもながら勉強になるご意見です。
>具体的な小説の内容とか、自身の経験談(ペシャワールの会)などを挙げて、論理的に解説してもらうとよくわかります。
>
>人権を声高に言う意見にはこういう論理性が全くないのです。
>
>>「人権を言う政治家」は大嫌いです。
>>治療にあたっていた人々は全部極悪人にされ
>
>全く同感です。
>今は「人権」とは利権と他人を攻撃する材料に成り下がっています。

 日本で人権を騒ぐのは在日http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国人など、明らかに日本に悪意を持って日本の政治に関係しようと言う人間達と、共産党や旧社会党など共産主義独裁政権を目指す連中と、人権利権で儲けようとと言う連中が殆どなのですよね。
  1. 2013-04-17 08:45
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する