2015-06-25 19:28

丘珠駐屯地創立62周年記念行事 その2

 6月14日陸上自衛隊丘珠駐屯地創立及び北部方面航空隊創隊62周年記念行事を見学に行きました。 

 会場では丘珠駐屯地だけでなく、真駒内駐屯地から持ってきた様々な装備品(自衛隊は兵器を装備品と呼ばなくちゃならなのです)が展示され、丘珠駐屯地所属の飛行隊、第七飛行隊、第11飛行隊、北部方面ヘリコプター隊の飛行展示や、戦闘訓練の展示が行われます。

2015y06m25d_171255650

 今回の大編隊による飛行展示は17機でした。 一昨年は40機の編隊飛行をやったので、今年それに比べたら少しさみしいです。
 でもやはりヘリの大編隊は大変な迫力です。
 尤も毎日新聞に言わせれば「我が社のヘリなら一機でもヘンタイ飛行ができる。 自衛隊は税金の無駄遣いだ!!」と言うでしょうが。

 それにしてもワタシがこういう自衛隊のイベントを始めて見たのは、2012年です。 ネットでM8ボルトさんが真駒内駐屯地で第11旅団創立4周年・真駒内駐屯地開庁58周年記念行事がある事を教えて下さったのです。
 ワタシはそれまではそもそも自衛隊がこういうイベントをやっていることさへ知りませんでした。 真駒内に大きな駐屯地がある事は知っていたのですが、しかし丘珠駐屯地にヘリ部隊がいる事も知らなかったのです。

121

 だって結構大規模なイベントなのに、一般のマスゴミ等では全然報道されません。 だから自衛隊関係者か軍オタぐらいしか殆ど来なかったようです。
 真駒内駐屯地も丘珠駐屯地も、地下鉄駅が直ぐ傍にあって、交通至便な場所で行われるイベントだと言うのに・・・・・。

 ちなみにワタシは軍オタではありません。  今時自動車の運転免許も持っていない程のメカ音痴だし、そもそも難病患者の老嬢と言う極めて平和的な人種なのです。
 それでもワタシは前々から軍事はちゃんと勉強したいと思っていました。

122

 それはもう何十年も前のことですが、図書館でたまたま武器屋と言う本を借りて読んでからです。
 この本は古代から近世ぐらいまでの、武器を図解でその武器の特徴や、それを使った戦法を解説しているモノでした。
 でもワタシはこれで前々から不思議に思っていたアレキサンドロス大王の快進撃の理由がわかったのです。 

 ワタシは古代ギリシャ・ローマ大好きだったのす。 この世界最大の英雄アレキサンドロス大王なのですが、しかしワタシがそれまで読んだ本の中では、アリストテレスとの係りから優れた人格だけが論じられるだけでした。 しかしそれだけで本当にあんなに連戦連勝できるんでしょうか?

 しかしこの「武器屋」で初めて、アレキサンドロス大王が使ったマケドニア・フェランクスと、他のギリシャ諸国とのフェランクスの違いを知りました。

2015y06m25d_171916074

 フェランクス、つまり古代ギリシャやローマの重装歩兵は、普通全身を鎧で固め大きな盾と槍を持った歩兵が、マスゲームのように整然とした集団を作って戦います。 このフェランクスの弱点は側面と背後からの攻撃に弱い事でした。 ところがマケドニア・フェランクスはこの側面と背後を騎兵でかためて、弱点を完全にカバーしてしまったのです。 
 馬産地だったマケドニアだからできる軍団編成でした。

 だからこのマケドニア・フェランクスはアレキサンドロス大王の父、フィリッポス大王の時代にすでにギリシャ最高の精鋭だったテーベのヒエロス・ロコス(神聖軍団)を玉砕させています。

 そして古代ギリシャ・ローマ史を見ていればわかりますが、ギリシャやローマの民主主義の確立とその崩壊には、武器の発達や戦法の変化が大きく関わっているのです。

2015y06m25d_171947083

 フェランクスによる戦法が確立する以前、馬で引かせる戦車が戦いの中心であった頃は、貴族政や王政でした。 馬や戦車は非常に高価で、しかも使用には熟練を要する武器です。 こうした武器を持ち、それを使う事ができるのは王侯や貴族だけだったのです。

 しかしフェランクスなら、鎧と盾と槍だけで済みます。 これだって結構高価なのですが、戦車に比べたら遥かに安価です。 この重装歩兵が戦力の中心になって、その戦力を担う人達が、参政権を求めた事から民主制への移行が始まったのです。

 古代ギリシャの都市国家って、人口が精々数万人程度ですから、国家としては実に小規模で、それ故社会構造もシンプルなのですが、シンプルであるが故に民主主義の本質のようなモノが大変わかりやすいのです。

2015y06m25d_172115889

 ソクラテスはアテネ市民として、重装歩兵として何度も従軍しています。 そして彼の仲間や弟子達も同様に従軍しています。
 その彼等にとって「政治の徳とは、国を守る為に戦う事」が第一義なのです。 そしてそれは当時の市民の普通の倫理道徳だったのです。 
 だから国家を守る為戦えば、参政権を得られて当然と言う発想になるのです。

 ところが学校で習った世界史や、NHKなどが好んで放映する歴史番組では、こうした民主主義の根幹に関わる問題はもとより、歴史や社会における軍事の重要性を綺麗に隠蔽しています。

 特に近代以降の軍事に関する話は完全にタブー。 軍隊に関する事は全て否定的に考えなければならないと言う発想が、日本の言論界や知識階級を席巻してます。

 しかしこんな事をしていて良いのでしょうか? 

2015y06m25d_172334395

 実は先日裏の桜さんの所で恐ろしいツィッターを見ました。

 50年前、「独立したら滅びる」と言われた島国シンガポールは今や経済大国。沖縄本島の面積はシンガポールの1.5倍/沖縄はどこへ向かうのか 「独立論」も再浮上:朝日新聞デジタル

 沖縄はシンガポールになれる?

 朝日新聞の記者によるツィッターです。
 これにネット界軍神JFSさんが反論してます。 つまりシンガポールには世界最大クラスの米軍基地が二カ所もある事、更にシンガポールは世界でも最高クラスの厳しい徴兵制を実施ている事を解説してくれたのです。

2015y06m25d_172359273

 ちなみにシンガポールの軍事力って凄いですね。

 レ、レオパルト2戦車190両!!
 ドイツだって今は戦車の総数は200両なのに・・・・。 
 日本は600両です。

 シンガポールって淡路島ぐらいしかないのに、そんなに沢山の戦車一体どこに置くのだろう?って不思議なぐらいの数です。

178

 朝日新聞の記者はこういうシンガポールの現実は一切知らないのです。 朝日新聞の記者になるぐらいだから凄い高学歴で、英語だってできるのかもしれません。
 
 だから国家が独立を保つ為には、相応の軍備が必要だと言う最低限の常識があれば、シンガポールの国防体制はチェックしてから記事を書いたでしょう。

 でもこのツィッターを見る限り、彼はそういうことは全然考えた事もないのです。 だから小国でも独立する意思があれば、簡単に独立できるだ~~い!!と言うぐらいの感覚でこれを書いちゃったのでしょう。

182

 もう一つ驚いたのはこれです。 先日ワタシの所のコメントでprijonさんが教えて下さったものです。

 「スイスは国民皆兵制であって、徴兵制ではありません。」
 
 ??
 おどろいてこのツィッターの主の事を調べたら、弁護士で結構有名人なのです。

 「お」の人、徴兵制≒国民皆兵制が解らない
 「お」の人、集団自衛権の文脈でコスタリカを持ち出す

186

 この「お」の人だって全然悪意はないのです。 でも軍事について一切関心がないから集団的自衛権拒否=軍備のない平和国家と言う妄想を信じているのです。

 そう言えば、福島瑞穂は「B52が空母から発進する」と言ったし、毎日新聞の記者は「オスプレイは輸送機だから抑止力ないならない」と言っていました。

 高学歴知識人として、オピニオンリーダーになっているつもりの人間達が、これって凄く怖くないですか?

202

 彼等がこんなにパーフェクトに軍事に無知なのは、戦後教育で戦争はひたすら忌まわしいもの、だから軍隊とか戦争とかの事に興味を持ってはいけないと教えられてきたからです。 

 軍隊や戦争に興味を持つと、戦争をカッコイイと思うようになったり、美化したりするようになるだろう。 だから軍隊や戦争に関する知識は拒否するのが平和を守る人間に相応しい態度だと教えられてきたからでしょう?

203

 そして驚き呆れた事に、これが日本の大学の戦争への対応の基本でもあるのです。 つまり東大始め多くの日本の大学が、大学内での軍事研究を拒否しているのです。 彼等によれば軍事の研究をしたら戦争になるとのだそうです。 

 しかし現実の世界では古代から現代にいたるまで、軍事と言うのは経済と並んで人類の歴史や社会を変える原動力であり、安全保障は外交上の最重要課題なのです。

 それをイヤだから怖いから学ぶ事を拒否して、知識を持たないのが良いって?

 イヤな物、怖い物を学ばなければ、その怖い物、イヤの物が避けられるんですか?

 そんなことで嫌な物怖い物を避ける事ができるのなら、地震や火山の研究、癌や病原菌の研究だって禁止するべきじゃでしょう?
 
 イヤだから怖いから、そして倫理的に正しくないから、学ぶ事も教える事も拒否する、研究も拒否するって反知性主義そのものじゃないですか?
 しかしこの反知性主義を堅持している人々が、日本の知識階級の中心なのです。

228

 こんな反知性主義のオバケに比べたら、軍オタの方が余程安全だと思います。 
 なるほど兵器大好きの軍オタは、兵器を持てば使ってみたくなるかもしれません。 しかし軍オタならその兵器の威力は知ってます。
 
 少なくとも勝てそうな場合でなければ、使ってみたいとは思わないでしょう。
 しかし完璧馬鹿の知識人達は、妄想だけで全てを判断しているのです。 妄想の中で外交を考えているのです。 そういう人間が学歴故に結構な発言権を持っているのです。

 これほど恐ろしい話はないでしょう?

234

 こういうことを考えれば、自衛隊のイベントって大切ですよね。
 自衛隊のイベントには子供連れが沢山来るのですが、子供って勇まし物、力強い物が大好きですから、軍隊や武器に興味を持つでしょう?

 そうなれば少なくとも福島瑞穂のような最低妄想知識人にだけはならずに済みます。 

 資料館では広報の方がド迫力の解説をしてくださいました。 大人気で講演が終わっても回りに人が集まり、質問が続きます。
 
012

 一方屋台では、隊員達が焼き鳥やグッズを売っています。 こういう所はホントに文化祭感覚です。
 ワタシはお土産に第七飛行隊の焼き鳥と、第11飛行隊のピンバッジを買いました。

 第七飛行隊は日本唯一の機甲師団、第七師団所属のヘリ部隊です。 第11旅団は別名士魂師団、占守島の戦いで、ソ連の侵略から日本を守った栄光の師団です。 二年前旅団になったのです。

 機甲師団の焼き鳥は普通の焼き鳥でしたが、よもちゃんと二人で美味しく食べました。 栄光の士魂旅団のピンバッジは帽子に付けています。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

>朝日新聞の記者によるツィッターです。

先日の「お」の人以上に呆れ果てましたねぇ・・・。
しかも経歴みたらシンガポールに特派員として行ったことがあるというんですから、一体何を見てきたのか?と。
まあ、朝日記者の習性として気に食わない事実、現実はみない、触れない方針なんでしょう。

もっともかくいう私もシンガポールの国家規模に比して
想像以上の重武装には驚きましたが。

本当にしつこくて恐縮ですが、この程度のマスコミを崇め奉って政府以上に信じる日本人っていうのもこれらのマスコミとか知識人、政治家以上に情けない。

http://www.garbagenews.net/archives/1102258.html

ところで「お」の人が徴兵制≠国民皆兵と信じているらしい、スイスは一昨年の話ですが、さらにそんな日本国憲法真理教のタブーや神経を思いっきり逆撫でするような国民投票の結果を出してくれていますね。

http://www.swissinfo.ch/eng/swiss-voters-endorse-army-conscription/36955534#element36955572

徴兵制廃止に賛成か否か?の国民投票は73.2%が
徴兵制存続、廃止反対で、廃止派はわずか26.8%だったとさ・・。
スイスの国民投票って投票率はあまり高くなく(大体、50%いかない)結果も49%対51%みたいな賛成反対がイマイチはっきりしないものが多いのに、徴兵制に関しては相当にはっきりした答えを出しちゃいましたね。
まあ、それはそれで疑問点(これといった脅威もないのに経費もかかる徴兵制を何ゆえに?)もあるんですが。
スイス人はネトウヨ?

ところで、「お」の人は論外にせよ、日本国憲法真理教の信者には日本や米国の軍備はあれほど目の敵にするくせに他の外国、スイスとかその他の国の徴兵、軍備には妙に理解のある人がいるみたいなんですね。

http://swissnews.exblog.jp/19809107/

スイスの徴兵はきれいな徴兵?

  1. 2015-06-25 21:45
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

シンガポールという国が

どういう国か知ってたら絶対に出てこない議論です。
シンガポールは都市国家ですがギリシャ型のそれを一番体現してる国なんじゃないかという気がします。そもそもマレーシア独立に伴いマレー半島で2級国民扱いされるのを嫌った華僑が作った国です。当然仮想的マレーシアです。今でこそアセアンという括りで友好親善なんて唱ってますが本音全く別です。昔辻政信という基地外がシンガポールで華僑の虐殺をやりましたがこれには相当マレー系の連中が協力してたフシがあります。シンガポールは英国の植民地でしたが実際を取り仕切ってたのはインド系と華僑だったのです。連中は相当恨みを買ってたのです。

だから、連中は国内でマレー系にコミュニティを作らせません。現在でも華僑が多数派ですが潜在的に敵国民という扱いのようです。当然徴兵制で防衛費はGDP比で3%超。相当な軍事国家です。

都市国家である以上国家の防衛方針はシンガポール島に一指も触れさせないということになるわけで戦場はマレー半島内、従って精強な装甲師団というこtになります。よもさんこの前も言ったが戦車の数じゃないぞ、装甲兵員輸送車の数で済んたいの実力は見るのだ。この軍隊を指導したのはイスラエルだと言われています。それと華僑のつながりで台湾とも軍事的な関係はあります。

貿易国家ですから海上封鎖が一番困るので当然最大の頼りは米国となります。まあASEAN諸国が協力な海軍を持ってませんでしたから今までは総問題にはなりませんでしたが…シンガポールは当然徴兵制、まだ女子に兵役義務がないようですから国民皆兵制とはいえませんが、19歳になれば病気等で兵役に付けないもの以外は全員徴兵です。ほとんど例外はありません。ただ有能な人材は2年半の兵役が2年に短縮される程度のようです。

人口500万程度で常備軍が大体8万人徴兵できるのが大体4万人、予備役は40歳までということです。これは相当きついですよ。小生の先輩でシンガポールの企業と取引した人がいましたが相手方担当者が突然来週から予備役の訓練です、という話があったことがあります。これが結構きつく年間数週間にも及ぶらしい。能力ある人間ほど使われるらしく6週間以上帰れなかったという話でした。現代軍は総力戦ですからその人間の能力に見合った仕事をさせてるのだろうと思います。こうなると予備役と言っても一定の昇進や責任を負わすはずで男性に限っても国民皆兵国家と言っていいと思います。当然マレー系は重要な地位につけないということになります。

あとこれは国民の義務ではありません。住民の義務らしいのです。だからシンガポールに永住権を持つと外国人も徴兵の対象です。韓国人は徴兵を嫌いよく逃げるのですがシンガポールに逃げて本国よりきつい徴兵にあったという話があります。

これは国民の義務だから体力を維持し兵役に応じられるようにすることも義務らしい。まあ沖縄がシンガポールになることなんざ金輪際ありません。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/7440/ta2_impression_military-service.html

http://plaza.rakuten.co.jp/pastaoyama/diary/200810090000/#comment

http://plaza.rakuten.co.jp/pastaoyama/diary/200810090000/#comment

http://military38.com/archives/28504015.html

http://www.jttk.zaq.ne.jp/bachw308/page080.html



頭のなかがお花畑の人たちは本当に幸せです。
連中は支那のスパイなのでしょうか、それとも単なる馬鹿なのでしょうか。
まあ売国奴であることに変わりありませんが…
  1. 2015-06-25 22:15
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

不思議な議論だな

http://swissnews.exblog.jp/19809107/

一体何言いたいんだろう。理解が出来ませんね。スイスは多民族多言語国家ですから国家の統一ということが通常の国よりもより重要になります。そのためのまともなナショナリズムの養成という点で徴兵制が重要ということなのです。

スイスでドイツ語系住民とフランス語系住民が諍いを起こすなどということがあればそれだけで独立の危機です。だからスイス国民と仕手の健全なナショナリズムの養成ということで偏狭な民族的な感情を乗り越えようというのがその趣旨です。

国家防衛という一つの目的の前に民族を超えて国民が団結するのに徴兵制が有用だということに過ぎません。外国に済んでてもわからない人にはわからないんですねえ。
  1. 2015-06-25 22:32
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

国民皆兵制>徴兵制です。

人のブログであまり自分の意見をいうのはよくありませんからこれでやめますが、国民皆兵制と徴兵制が異なるというのはどういう基地外なのでしょうか。たしかに厳密に言えば両者異なりますが人権の侵害度合いとしたら国民皆兵制のほうが圧倒的です。

徴兵制というのはその語義からすると相手の意志にかかわらず兵隊として徴用するということです。だから国民全部が兵士とされるわけではありません。選抜徴兵制というのはよくありますし戦前平和な頃は徴兵検査で甲種合格とされても自動的に軍隊に行くとは限りませんでした。

国民皆兵というのは国民を皆兵士とするという理念上の考え方です。これは徹底した徴兵制ということです。人口資源が乏しい小国を考えると良いのです。女性あたりを徴兵するというのは国民皆兵制の象徴です。この御仁は国民皆兵制というのは希望者の国民が武器持って国防に参加することとでも思ってんでしょうか。

これで弁護士だそうですから世界の認識がなくても良いのでしょうか。
  1. 2015-06-25 23:20
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >朝日新聞の記者によるツィッターです。
>
> 先日の「お」の人以上に呆れ果てましたねぇ・・・。
> しかも経歴みたらシンガポールに特派員として行ったことがあるというんですから、一体何を見てきたのか?と。
> まあ、朝日記者の習性として気に食わない事実、現実はみない、触れない方針なんでしょう。
>
> もっともかくいう私もシンガポールの国家規模に比して
> 想像以上の重武装には驚きましたが。

 ワタシも驚きました。 シンガポールの兵役が厳しく、シンガポール男性には肥満体はいないと言われている事は前々から知っていましたが、ここまで強大な軍隊を持っているとは!!
 
 自衛隊の半分から3分の1程度の規模の軍隊じゃないですか?

> 本当にしつこくて恐縮ですが、この程度のマスコミを崇め奉って政府以上に信じる日本人っていうのもこれらのマスコミとか知識人、政治家以上に情けない。
>
> http://www.garbagenews.net/archives/1102258.html
>
> ところで「お」の人が徴兵制≠国民皆兵と信じているらしい、スイスは一昨年の話ですが、さらにそんな日本国憲法真理教のタブーや神経を思いっきり逆撫でするような国民投票の結果を出してくれていますね。
>
> http://www.swissinfo.ch/eng/swiss-voters-endorse-army-conscription/36955534#element36955572
>
> 徴兵制廃止に賛成か否か?の国民投票は73.2%が
> 徴兵制存続、廃止反対で、廃止派はわずか26.8%だったとさ・・。
> スイスの国民投票って投票率はあまり高くなく(大体、50%いかない)結果も49%対51%みたいな賛成反対がイマイチはっきりしないものが多いのに、徴兵制に関しては相当にはっきりした答えを出しちゃいましたね。
> まあ、それはそれで疑問点(これといった脅威もないのに経費もかかる徴兵制を何ゆえに?)もあるんですが。
> スイス人はネトウヨ?

 スイス人はネトウヨどころか極右です。 朝日毎日基準なら超軍国主義でナチかも?

> ところで、「お」の人は論外にせよ、日本国憲法真理教の信者には日本や米国の軍備はあれほど目の敵にするくせに他の外国、スイスとかその他の国の徴兵、軍備には妙に理解のある人がいるみたいなんですね。
>
> http://swissnews.exblog.jp/19809107/
>
> スイスの徴兵はきれいな徴兵?

 何か凄く差別意識の高い人のブログですね。

>もし、職業軍隊が出来たら、きっと右よりの若者や、一般的に単純職業者、地方在住者が多く希望する可能性が強く、軍の高度な機能を低下させることになるという危惧がある。

 つまり地方出身者や単純職業者は馬鹿で高度な機能のある組織には使えないって発想なんですよね。 自称リベラリストって差別反対って騒ぐけど、実はこの手の差別意識の塊みたいな人間が多いんですよね。

 それにナショナリズムの意味も全然理解していません。 この人ナショナリズムと民族主義を区別できないようです。
 
 「民族や言語の違いを超えて全ての国家としての一体感を持ち、自分の能力を生かして国家を守ろう!」ってナショナリズムそのものです。

 このブログを読む限り、スイスの軍隊は徴兵によってナショナリズムを浸透させるためにあるのです。

 一方スイスのような多民族国家には民族主義は絶対困ります。 民族主義が台頭すれば旧ユーゴスラヴィアのように国家分裂になりってしまいます。
 だから軍隊でナショナリズムを維持する事が絶対必要なのでしょう。

 日本はたまたま単一民族国家だから、民族主義とナショナリズムが共存できるだけです。

  
  1. 2015-06-26 12:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: シンガポールという国が

> どういう国か知ってたら絶対に出てこない議論です。
> シンガポールは都市国家ですがギリシャ型のそれを一番体現してる国なんじゃないかという気がします。そもそもマレーシア独立に伴いマレー半島で2級国民扱いされるのを嫌った華僑が作った国です。当然仮想的マレーシアです。今でこそアセアンという括りで友好親善なんて唱ってますが本音全く別です。昔辻政信という基地外がシンガポールで華僑の虐殺をやりましたがこれには相当マレー系の連中が協力してたフシがあります。シンガポールは英国の植民地でしたが実際を取り仕切ってたのはインド系と華僑だったのです。連中は相当恨みを買ってたのです。
>
> だから、連中は国内でマレー系にコミュニティを作らせません。現在でも華僑が多数派ですが潜在的に敵国民という扱いのようです。当然徴兵制で防衛費はGDP比で3%超。相当な軍事国家です。

 中世のベネツィア共和国とも非常によく似ています。 ベネツィアも人口15万で当時としても少人口の都市国家で、しかも通商だけで生きていました。
 だから通商路の確保の為に海軍には徴兵制を実施していました。 徴兵制があったのは当時の都市国家ではベネツィアだけです。

 違いと言えばベネツィアは本当に民主主義国家でしたが、シンガポールは本当の意味で民主主義国家と言えるどうか怪しい事ぐらいです。 

> 都市国家である以上国家の防衛方針はシンガポール島に一指も触れさせないということになるわけで戦場はマレー半島内、従って精強な装甲師団というこtになります。よもさんこの前も言ったが戦車の数じゃないぞ、装甲兵員輸送車の数で済んたいの実力は見るのだ。この軍隊を指導したのはイスラエルだと言われています。それと華僑のつながりで台湾とも軍事的な関係はあります。

 実は戦車だけでなく装甲車など軍用車両も1500台ぐらい持っています。
 海軍の兵力も凄いです。
 海軍は東南アジア最強でしょう。

> 貿易国家ですから海上封鎖が一番困るので当然最大の頼りは米国となります。まあASEAN諸国が協力な海軍を持ってませんでしたから今までは総問題にはなりませんでしたが…シンガポールは当然徴兵制、まだ女子に兵役義務がないようですから国民皆兵制とはいえませんが、19歳になれば病気等で兵役に付けないもの以外は全員徴兵です。ほとんど例外はありません。ただ有能な人材は2年半の兵役が2年に短縮される程度のようです。
>
> 人口500万程度で常備軍が大体8万人徴兵できるのが大体4万人、予備役は40歳までということです。これは相当きついですよ。小生の先輩でシンガポールの企業と取引した人がいましたが相手方担当者が突然来週から予備役の訓練です、という話があったことがあります。これが結構きつく年間数週間にも及ぶらしい。能力ある人間ほど使われるらしく6週間以上帰れなかったという話でした。現代軍は総力戦ですからその人間の能力に見合った仕事をさせてるのだろうと思います。こうなると予備役と言っても一定の昇進や責任を負わすはずで男性に限っても国民皆兵国家と言っていいと思います。当然マレー系は重要な地位につけないということになります。
>
> あとこれは国民の義務ではありません。住民の義務らしいのです。だからシンガポールに永住権を持つと外国人も徴兵の対象です。韓国人は徴兵を嫌いよく逃げるのですがシンガポールに逃げて本国よりきつい徴兵にあったという話があります。
>
> これは国民の義務だから体力を維持し兵役に応じられるようにすることも義務らしい。まあ沖縄がシンガポールになることなんざ金輪際ありません。
>
> http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/7440/ta2_impression_military-service.html
>
> http://plaza.rakuten.co.jp/pastaoyama/diary/200810090000/#comment
>
> http://plaza.rakuten.co.jp/pastaoyama/diary/200810090000/#comment
>
> http://military38.com/archives/28504015.html
>
> http://www.jttk.zaq.ne.jp/bachw308/page080.html
>
>
>
> 頭のなかがお花畑の人たちは本当に幸せです。
> 連中は支那のスパイなのでしょうか、それとも単なる馬鹿なのでしょうか。
> まあ売国奴であることに変わりありませんが…

 シンガポールの徴兵の事は結構前々から話題になっていたはずですけどね。 あれだけ厳しければ、シンガポールに関わりのある人にとっては知らないでは済まないでしょう。

 しかしそういうことをホントに知らないか綺麗に無視しちゃうのが朝日脳なのです。 馬鹿か売国奴かはわかりませんが、日本人にとって危険なことは同じです。
  1. 2015-06-26 12:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 不思議な議論だな

> http://swissnews.exblog.jp/19809107/
>
> 一体何言いたいんだろう。理解が出来ませんね。スイスは多民族多言語国家ですから国家の統一ということが通常の国よりもより重要になります。そのためのまともなナショナリズムの養成という点で徴兵制が重要ということなのです。
>
> スイスでドイツ語系住民とフランス語系住民が諍いを起こすなどということがあればそれだけで独立の危機です。だからスイス国民と仕手の健全なナショナリズムの養成ということで偏狭な民族的な感情を乗り越えようというのがその趣旨です。
>
> 国家防衛という一つの目的の前に民族を超えて国民が団結するのに徴兵制が有用だということに過ぎません。外国に済んでてもわからない人にはわからないんですねえ。

 どうもこのブログを読む限り、このブログ主はナショナリズムと民族主義の区別がつかないのだと思います。
 日本やドイツやイタリアなどは単一民族国家なので、民族主義とナショナリズムは共存できますから、戦前民族主義を煽る事で国民の団結を固めました。

 しかしスイスによらず多民族国家で民族主義が台頭したら国家分裂ですからね。 民族主義は抑制するしかないのです。
  1. 2015-06-26 12:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 国民皆兵制>徴兵制です。

> 人のブログであまり自分の意見をいうのはよくありませんからこれでやめますが、国民皆兵制と徴兵制が異なるというのはどういう基地外なのでしょうか。たしかに厳密に言えば両者異なりますが人権の侵害度合いとしたら国民皆兵制のほうが圧倒的です。

 Kazkさんのコメントではいつも大変勉強させていただいています。 ワタシの知らない事、しかもどこをどう勉強すれば良いのかわからない事を随分教えて頂きました。
 だから遠慮なんかなさらずに、ドンドン書き込んでください。
 
> 徴兵制というのはその語義からすると相手の意志にかかわらず兵隊として徴用するということです。だから国民全部が兵士とされるわけではありません。選抜徴兵制というのはよくありますし戦前平和な頃は徴兵検査で甲種合格とされても自動的に軍隊に行くとは限りませんでした。
>
> 国民皆兵というのは国民を皆兵士とするという理念上の考え方です。これは徹底した徴兵制ということです。人口資源が乏しい小国を考えると良いのです。女性あたりを徴兵するというのは国民皆兵制の象徴です。この御仁は国民皆兵制というのは希望者の国民が武器持って国防に参加することとでも思ってんでしょうか。
>
> これで弁護士だそうですから世界の認識がなくても良いのでしょうか。

 現代感覚とすればKazkさんの解説の通りです。

 日本では明治維新後、徴兵制が始まった時、国民皆兵と言う言葉が使われたはずですけどね。 その当時の意味では、それまで戦うのは武士だけの役割だったのを、身分に関係なく全て国民が担う事になると言う意味です。
 これは確か中学でも習うはずです。
  1. 2015-06-26 12:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

GHQの洗脳は大成功

>軍隊に関する事は全て否定的に考えなければならない
>集団的自衛権拒否=軍備のない平和国家と言う妄想
>戦争はひたすら忌まわしいもの、だから軍隊とか戦争とかの事に興味を持ってはいけない
>軍事の研究をしたら戦争になる

これらは全て、戦後GHQがプロパガンダで日本国民を洗脳した、彼らにしたら誇るべき大成果です。手強かった日本人を思い通りにコントロール出来たのです。
日本人はあの戦争から得るべき教訓を正しく学ぶことに失敗しました。彼等(GHQ)の願いどおりに反省させられました。

素直と言えば、これほど素直な国民は他に類を見ないでしょう。70年間も騙されている事に気付かないのです。
他者も全て自分と同じ善意の人という認識から離れる事が出来ません。世界はもっと腹黒いという現実を見ようとしないお伽の国の住人です。
  1. 2015-06-26 13:42
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

 なんとなくですが、B-52ってかなり大きな爆撃機ですよね。それを格納できる空母ってどれだけ巨大なのか、見てみたい気がします。

 サヨクの高学歴の方々は、集団的自衛権も徴兵制も何もかも、本当は全く分ってないのに反対してますね。最近ずっと繰り返していますが、学歴って何なのでしょうか?口惜しいのは、こんな人たちが日本を好きにしてきたと思うと血圧が上がってしまいます。

 自立した国民になる為には、学校が歴史の時間によもぎねこさんの書かれたような事を教えたり、マスコミがキチンと軍事の情報を伝えていかないといけません。ただそんなことが出来る教師やマスコミがどれだけいるのか、かなり悲観的になってしまいます。
  1. 2015-06-26 17:52
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

異常気象は記者の脳にも影響か

沖縄が独立国になれるか、それこそ国造り前に滅びるでしょう。
日本への返還から40年を経た沖縄の現状は、地方交付金最多享受県に加え、振興予算という補助金もあり、更に、基地に土地を持つ住民は国から借地料ももらっている。その一方で、アメリカナイズされた土産物店と日本では南方に属する自然があるだけ、しかも生徒の学習能力は低い。この体たらくを見て、何処に独立の可能性と独立国家の未来が見えるというのだろうか。
シンガポールの発展は、李光耀の存在なくして有得ませんでしたが、沖縄に利権まみれの知事以外いるのでしょうか。この記者は、土地の大きさと青い海を思い描いているうちに、妄想の世界に入ってしまったのでしょう。
  1. 2015-06-26 20:43
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: GHQの洗脳は大成功

> >軍隊に関する事は全て否定的に考えなければならない
> >集団的自衛権拒否=軍備のない平和国家と言う妄想
> >戦争はひたすら忌まわしいもの、だから軍隊とか戦争とかの事に興味を持ってはいけない
> >軍事の研究をしたら戦争になる
>
> これらは全て、戦後GHQがプロパガンダで日本国民を洗脳した、彼らにしたら誇るべき大成果です。手強かった日本人を思い通りにコントロール出来たのです。
> 日本人はあの戦争から得るべき教訓を正しく学ぶことに失敗しました。彼等(GHQ)の願いどおりに反省させられました。
>
> 素直と言えば、これほど素直な国民は他に類を見ないでしょう。70年間も騙されている事に気付かないのです。
> 他者も全て自分と同じ善意の人という認識から離れる事が出来ません。世界はもっと腹黒いという現実を見ようとしないお伽の国の住人です。

 ワタシの記憶ではこの愚かし妄想平和主義は世論を席巻し始めたのは1960年代半ば以降からです。 だからこれがGHQの洗脳の結果なのか、その当時世界の先進国の若者を席巻したベトナム反戦運度や学生運動の結果なのかわかりません。

 しかしその後世界の若者はこの妄想から覚めたのですが、日本には妄想に憑りつかれたまま、老齢を迎えた人間が沢山いるのです。
  1. 2015-06-26 22:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  なんとなくですが、B-52ってかなり大きな爆撃機ですよね。それを格納できる空母ってどれだけ巨大なのか、見てみたい気がします。

 B52って世界最大の爆撃機です。 ジャンボ機に比べれば小さいですが、しかし普通の旅客機程の大きさです。
 だから大変な破壊力を持つのです。
 
 一方空母は戦闘機を離着陸が精いっぱいなのです。 これは戦前も同じです。 だから米軍は日本を爆撃するのに、サイパンやグアムを攻略したのです。

 本来戦争の悲惨さを喚くのなら、当然知っておくべき事じゃないですか?
 ところがミズホは知らないのです。 

>  サヨクの高学歴の方々は、集団的自衛権も徴兵制も何もかも、本当は全く分ってないのに反対してますね。最近ずっと繰り返していますが、学歴って何なのでしょうか?口惜しいのは、こんな人たちが日本を好きにしてきたと思うと血圧が上がってしまいます。
>
>  自立した国民になる為には、学校が歴史の時間によもぎねこさんの書かれたような事を教えたり、マスコミがキチンと軍事の情報を伝えていかないといけません。ただそんなことが出来る教師やマスコミがどれだけいるのか、かなり悲観的になってしまいます。

 ワタシだってあんまりしらないです。 だってきちんと系統だてて勉強したわけじゃないですから。
 今日本でこういう事をちゃんと理解している一般人って軍オタと言われる人達でしょう。

 こうした人達がいてくれたおかげでワタシ達も色々知る事ができるのです。 でも知識って何でもそうですが、自分が学ぶ意思がなければ絶対に学べないのです。

 東大出のミズポの惨状が良い例です。
  1. 2015-06-26 22:38
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 異常気象は記者の脳にも影響か

> 沖縄が独立国になれるか、それこそ国造り前に滅びるでしょう。
> 日本への返還から40年を経た沖縄の現状は、地方交付金最多享受県に加え、振興予算という補助金もあり、更に、基地に土地を持つ住民は国から借地料ももらっている。その一方で、アメリカナイズされた土産物店と日本では南方に属する自然があるだけ、しかも生徒の学習能力は低い。この体たらくを見て、何処に独立の可能性と独立国家の未来が見えるというのだろうか。
> シンガポールの発展は、李光耀の存在なくして有得ませんでしたが、沖縄に利権まみれの知事以外いるのでしょうか。この記者は、土地の大きさと青い海を思い描いているうちに、妄想の世界に入ってしまったのでしょう。

 シンガポールを参考にして沖縄の独立を考えると、沖縄は独立しても米軍基地に居て貰わなければならいでしょう。 米軍基地なしで沖縄は独立を維持できません。

 一方在沖縄自衛隊と海上保安庁の仕事は、沖縄が自国軍を作って行うしかありません。 絶海の孤島ですから、陸軍兵力はシンガポール程はいりませんが、しかし制海制空権を失えば食糧もなくるのですから、海軍と空軍はシンガポール以上に兵力を必要とするでしょう。
 
 そして日本政府からの補助金は一切なくなります。 
 
 一方古来交易都市として栄えたシンガポールと違って、沖縄に独自経済と言うモノが存在したことはありません。
 どうやってこの膨大な軍隊を維持できるのでしょうか?
 
 
  1. 2015-06-26 23:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

シンガポールという国

シンガポールがイギリス殖民地時代より貨物船のハブ港として栄えていたから独立後もハブ港として繁栄した、というのはシンガーポール人が得心する話しではないと思います。ビルマは戦後の東南アジアで一番繁栄していた国であり、首都のラングーンは東西を繋ぐ航空機のハブ空港としての地位を保っていました。国連事務総長がビルマから出ていたことは故無い譯ではありません。しかし、今日のビルマは貧しい国家の一つとして位置付けられています。
中国系シンガポール人で、現在60歳以上の識字率は低いといわれています。出身地方の中国語とマレー語は話しますが英語は話せず、子供や特に孫との会話がままなりませんでした。このため、出身地の中国語を小学校から教えるように教育方針を変えたといわれています。
李光耀氏はこの状況の中で、国家発展を行ってきました。港を大型コンテナ船が係留できるようにし、コンテナヤードを整備し、輸出専門工場は無税にするなどの政策で海外から製造業を招き、工業国家を目指し、やがて国が発展すると、工場のマレー移転を図り、金融国家への転身に勤めました。また、病院や研究所を整備し、有名医師や研究者を招き入れ、周辺国からの患者の受け入れや人材育成教育にも力を入れてきています。華僑やインド人などの商売人の特性を生かした政策をこれまでは進めてきたといえます。シンガポールの政府系投資会社は、やり手の投資会社として、東南アジアでは良く聞く名前です。軍事関係では、シャングリアダイアローグと呼ばれるアジア安全保障会議を開催してきました。
シンガポールを沖縄県と比較するなら、沖縄県知事や市長の行政能力を比較せずに、土地の大きさだけから独立できるかも、という発想が出てくること自体、この記者の脳には虫でも湧いているのではと思えるのです。
  1. 2015-06-27 01:46
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: シンガポールという国

> シンガポールがイギリス殖民地時代より貨物船のハブ港として栄えていたから独立後もハブ港として繁栄した、というのはシンガーポール人が得心する話しではないと思います。ビルマは戦後の東南アジアで一番繁栄していた国であり、首都のラングーンは東西を繋ぐ航空機のハブ空港としての地位を保っていました。国連事務総長がビルマから出ていたことは故無い譯ではありません。しかし、今日のビルマは貧しい国家の一つとして位置付けられています。
> 中国系シンガポール人で、現在60歳以上の識字率は低いといわれています。出身地方の中国語とマレー語は話しますが英語は話せず、子供や特に孫との会話がままなりませんでした。このため、出身地の中国語を小学校から教えるように教育方針を変えたといわれています。
> 李光耀氏はこの状況の中で、国家発展を行ってきました。港を大型コンテナ船が係留できるようにし、コンテナヤードを整備し、輸出専門工場は無税にするなどの政策で海外から製造業を招き、工業国家を目指し、やがて国が発展すると、工場のマレー移転を図り、金融国家への転身に勤めました。また、病院や研究所を整備し、有名医師や研究者を招き入れ、周辺国からの患者の受け入れや人材育成教育にも力を入れてきています。華僑やインド人などの商売人の特性を生かした政策をこれまでは進めてきたといえます。シンガポールの政府系投資会社は、やり手の投資会社として、東南アジアでは良く聞く名前です。軍事関係では、シャングリアダイアローグと呼ばれるアジア安全保障会議を開催してきました。
> シンガポールを沖縄県と比較するなら、沖縄県知事や市長の行政能力を比較せずに、土地の大きさだけから独立できるかも、という発想が出てくること自体、この記者の脳には虫でも湧いているのではと思えるのです。

 色々情報有難う御座います。
 
 仰る通りシンガポールって、元々大変豊かな中継貿易港で、その富を築いたのは華僑と印僑でした。 この華僑達がマレーシアに富を吸い上げられるのがイヤでマレーシアから独立したのです。

 明治以前は芋とサトウキビぐらいしか産物のない貧弱な農業だけで再々餓死者を出していた沖縄とは、全然経済基盤が違うのです。 江戸時代に沖縄が中継貿易をできたのは、日本が鎖国していたからで、しかもその貿易量など微々たるものでした。

 現在でもシンガポールと沖縄のGDP差は絶大で、しかも沖縄のそれには日本政府からの莫大な補助金が入っています。
 
 こういう事は軍事に関係なく普通にわかるはずですけどね。 しかしそれがわからないのが朝日脳なのです。
  1. 2015-06-27 11:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する