2015-06-05 15:27

陸上自衛隊第7師団創隊60周年記念行事 その4

 5月31日妹と一緒に妹の友達に、東千歳駐屯地で開かれた陸上自衛隊第7師団創隊60周年記念行事を見学しました。 この日は朝から雨でした。
 お目当ての観閲行進は膨大な車両が泥濘を巻き上げて驀進したので大迫力でしたが、傘をさしていてもずぶ濡れになりました。
 それでも観閲行進が終わる頃からようやく雨が上がりました。
 
366

 観閲行進の終わりに陸上自衛隊の歴代の戦車が登場しました。
 これは初代61式戦車。 もう動けないので、トレーラーに乗ってきました。

2015y06m05d_125706150

 次が74式戦車です。 これはこの東千歳駐屯地でもまだ現役で使われています。 しかし日本は今後これを廃棄して、最新式の10式戦車、そして機動戦闘車に変えていく方針です。

2015y06m05d_125732527

 そしてこれが現在この師団の中心になっている90式戦車です。
 ここまでは戦車がドンドン大型化しているのです。

2015y06m05d_125806317

 最後に最新式の10式戦車が登場です。 実はこれはまだこの東千歳駐屯地には配備されておらず、この戦車は今回の記念行事の為に南富良野演習場から来ました。
 これを見たくて雨の中を押しかけた軍オタが沢山いたでしょう。
 ちなみにこの戦車の変遷と削減方針について前回のエントリーでkazkさんがわかりやすく解説するコメントをくださいました。

諸外国が戦車を削減する理由とはなにか、たしかに第一は平和の配当です。
ところが第2は戦闘の変化なのです。かつて大戦時には歩兵が戦車に立ち向かうというのは大変な困難がありました。ところが昨今の対戦車兵器の能力向上はめざましく、走る棺桶になりかねない、こういう状況があります。

だから畢竟戦車の大型化、高度化が避けられません。これは嫌でも単価の増加をまねきます。これは調達数量の低下をまねきます。

更に戦場の変化も大きいでしょう。90式戦車は北海道以外では使わないことが原則の兵器だったようです。ロスケ相手の、というよりまともな陸軍国との戦車戦などは北海道以外じゃ考えられません。ところが昨今の10式は想定敵国は明らかに支那です。それも市街地戦闘を確実に意識してます。

これは多数を必要とする物じゃあありません。

次に歩兵戦闘車両や装甲兵員輸送車の増加です。現実に今の戦闘において戦車単独の攻撃などは確実に失敗します。よもさんも出してるランキングでこれを見てください。特にロシアとウクライナに注目。ウクライナ陸軍とロシア陸軍が戦争をやったら間違いなくウクライナの惨敗です。戦車の数や性能じゃないんです。

第7師団の行進でもすべての行動が先頭車両によってたはずです。この歩兵までも含めた移動力こそが今の戦争の鍵なのです。

我が自衛隊はどうか、考え方はだれでも一緒、南西諸島を中心とした離島防衛と九州の防衛です。これが支那軍相手と限定するならば当然、量より質というのは見て取れることですし歩兵戦闘車や装甲兵員輸送車の能力向上というのは素人でも明白です。ああ、9条教の信者の方々は別ですが。

支那軍の本音はわかりませんが現在の状況では南西諸島を中心とする地域への限定信仰ということしか考えていないようです。支那の軍備で最も問題となるのは巡航ミサイル群だけですが、連中は日本社会の内部崩壊を狙ってるようですからこのあたりなのかもしれません。


378

 観閲行進の次は訓練展示です。 これは敵と味方にわかれての戦闘訓練をやって見せてくれるのです。
 しかし雨は上がったのに視界は悪くて殆どちゃんとした写真が撮れませんでした。

2015y06m05d_125949542

 それにしてこの訓練展示を見るといつも思うのですが、この戦闘訓練は要するに北海道に敵が上陸する事を想定して行われているのです。
 それだと当然、本当に敵が上陸したら、ワタシ達一般市民はどうすれば良いの?って心配になりますよね?
 戦闘の役に立たない事はわかるので、とりあえず安全なところに逃げるしかないのですが、何処へどうやって逃げたら良いのでしょうか?
 自転車によもちゃんと食糧を積んで、敵の来るのと反対方向へ逃げるべきなのか? それとも近くの山にでも隠れるべきなのか?

2015y06m05d_130031535
 
 本当に国民の生命の安全を守る為なら、こうした非戦闘員の避難計画は絶対に必要です。 ところがこれって殆ど議論されていないのです。
 なぜならこれまで政府がこういう話を持ち出す度に、自称反戦平和主義者達が「戦争が~~!!」と大騒ぎをして、議論どころじゃなくなってしまうんですよね。
 でもこれ凄く不思議です。

2015y06m05d_130107838

 だって反戦平和論者の皆さんが大好きな専守防衛に徹底すれば、開戦即本土決戦になるのは必定です。
 だったら一般市民の生命を守る為には、市民の避難誘導体制を確立するための有事法制と避難訓練が絶対に必要です。
 沖縄戦で非戦闘員が多数犠牲になったのも、非戦闘員の避難が遅れて、挙句の果てに彼等が日本軍について歩くような事をしてしまったからです。 アメリカ軍は重火器を持って日本軍を追い回しているのに、その日本軍と一緒にいれば一緒に殺されるのは当然じゃないですか?
 
2015y06m05d_130150954

 沖縄の悲劇を繰り返さない為にも、合理的な避難体制の確立が絶対必要なのです。
 ところが日本の自称反戦平和論者達は、必死になってこの有事法制に反対したのです。 
 彼等の感覚では、有事の避難訓練のように、何処の国を傷つけるはずもない物でも、戦争に対して準備をすると戦争になるようなのです。
 そして憲法9条を唱えて戦争反対と言っていれば、戦争にはならないようなのです。 
 ここまで来ると完全なカルトの世界です。

388

 こんなカルトが今でも相当の力を持っているのは、つまりは日本が島国で、歴史的に他国の侵略を受けたのは元寇ぐらいしかないかでしょう。
 しかし普通に高校レベルの知識があり、そこそこ世界史を学べば、こんなカルトで平和が守れるはずもない事ぐらいわかりそうなモノじゃないですか?
 けれどもそれを学ぶ事を絶対拒否する人々が多数いるのです。
 こもまたカルトたる所以でしょうが・・・・・。

dRtS8wiPZ1VKZud1433478397_1433478421.jpg

 おお、ミサイル発射!!
 でもこの写真はワタシが撮ったんじゃないです。 妹の友達が撮りました。
 凄いタイミングでシャッターを押したんですよね。
 
440

 訓練展示が終わる頃になると、青空が見えてきました。

442

 会場には様々の装備品が並べられており、軍オタ達が群がっています。

465

 これは軍オタには全然人気のなかった野戦用洗濯車です。 普通の洗濯機と乾燥機と発電機を屋台に積んだだけじゃないですか?
 せめて洗濯機を迷彩色に塗装しては?

473

 会場にはこのほか様々の屋台や、アトラクションがあり、音楽隊のコンサートもあり、大勢の子供連れの家族が沢山来ています。 しかしその中のかなりが自衛隊員の家族のようです。
 だから奥さんや子供と一緒に歩く隊員の姿が目立ちます。
 こういうの見ると、彼等は皆家族にとってかけがえのない夫であり父であり息子や孫である事を実感します。

470

 会場では隊員達が趣味で作った絵画や模型等の展覧会もありました。 この実物大のヒツジも出品作です。 妹がすご~~く気に入ってしまいました。 ダンボールでできています。 
 ワタシもこれ防衛省で買い上げて防衛省の玄関に飾ると良いと思います。

489

 そしてこれは資料館でみた三八式歩兵銃です。 ワタシの父は昭和一六年に応召してこれを担いでインドシナのジャングルを転戦しました。
 ちなみに父の兵科は砲兵だったのですが、当時の日本軍は小型の歩兵砲は馬で運んでいたので、父の仕事は馬の世話でした。
 それを思うとこの機甲師団の雄姿は一段と感慨深いです。

478

 見学を終わって帰る頃に、素晴らしい青空になりました。
 ああ、それじゃ朝の雨は何だったんでしょうか? 
 でも、本当に楽しい一日でした。 
 ところでこの日観閲行進に使われた車両は全部泥んこになったのだから、翌日は全部センシャになるんですよね?よね?
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

 世界遺産の件で私のエントリーが紹介いただいたので、「取り上げられて、コリアびっくりした」とコメントしようと思いましたが、あまりにもベタなので思い止まりました。だけど・・・センシャって・・・。

>ところでこの日観閲行進に使われた車両は全部泥んこになったのだから、翌日は全部センシャになるんですよね?よね?
 戦車の洗車は業務隊が行う予定だったのですが、隊長が「体調が悪いので止そうか(輸送科)」と言い出して延期になりました。
 ちなみに、同居人さん達も戦闘訓練見学でずぶ濡れになったと思いますが、帰りは皆さんで銭湯(戦闘)しましたか。
  1. 2015-06-05 21:18
  2. URL
  3. M8ボルト #-
  4. 編集

コメント紹介有難うございます。

自分は10式より90式のほうが好きなんでまああれですが役に立つ道具であることが一番です。ロスケとの戦争は考えられないと思いますし、あってほしくないと思いますが第7師団のような部隊が必要とされる有事というものは想定できないわけじゃあありません。憲法改正となれば国連軍の参加は考えられることですし、基本色々な戦場に対応できる軍を用意することは国防にとって当然だからです。まあ砂漠戦は必要かもししれません。

写真ででてる銃は上から18年式村田銃、38式歩兵銃、44式騎兵銃です。騎兵銃は騎兵が馬上で取り回すことを考えて銃身を短くしたものです。お父様は砲兵だったとのことですから担いだのは一番下の騎兵銃だと思います。38式歩兵銃は物を知らぬ一部のヲタが時代遅れなどと馬鹿にするものですが、実は連発機能がないほかは機能的には現代の小銃に最も近いものです。口径が6.5ミリと小さいので長銃身で高初速の割に反動が少なく取り扱いがしやすいものでした。設計者の名前を取り有坂銃とも呼ばれますが、欧米のライフルマニアの間では状態の良いアリサカライフルは垂涎の的なのです。

そして戦時中から44式騎兵銃は38式以上に良いと言われていました。バヨネットを付けなければ取り回しが楽な上軽い、反動が38式より小さい、殺傷威力は38式よりも小さいが元々38式が相手兵士の殺害よりも負傷を追わせ戦闘力を削ぐ方が重要、という素晴らしいコンセプトだったので(というより補給力や資源の関係でで小口径を選択したというのが実態だと思いますが)これは問題になりませんでした。
だから有坂銃は結構広く使われ特にその6.5ミリ実包によりソ連が世界初の自動小銃を作っています。

閑話休題

敵軍が上陸してきた時にはどうするか。これは基本戦時国際法の問題です。
戦時国際法上、無防備都市宣言をした都市において戦闘行為を行うのは不法行為となります。そして占領した側は都市住民に食糧燃料等の供給をしなければならなくなります。

小生は80年代の一番きな臭い時から対ソ戦は疑問符がついていました。戦争をするのは簡単だけど占領したあとどうするの、という問題が常について回ったからです。だから相手が国際法を守る連中ならば、戦争はプロ同士の決闘と割切り勝った側の保護を求めるということで良いのです。下手なゲリラ戦はやっちゃあいけません。だから沖縄戦では都市の老幼婦女子を米軍に押し付け給養させるというのが正解でした。この場合中立国のメディアを入れることは重要ですよね。

問題は国際法を守らない連中、というより都市において暗躍するゲリラのような戦闘をする連中です。支那軍もやるとすればこれしかないだろうと思うのですがこれは嫌な話ですが、都市ごと殲滅するより良い方法は思いつきません。だから都市住民を全員退避させる事になります。この辺りは基本的に政府の判断です。

現代の戦争はこのような非正規戦、非対称戦闘をどうするかが最大の問題なのです。だから、こういうことをやりそうなタリバンやISは出て来ぬうちに殲滅するのが一番なのです。
  1. 2015-06-05 23:37
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  世界遺産の件で私のエントリーが紹介いただいたので、「取り上げられて、コリアびっくりした」とコメントしようと思いましたが、あまりにもベタなので思い止まりました。だけど・・・センシャって・・・。
>
> >ところでこの日観閲行進に使われた車両は全部泥んこになったのだから、翌日は全部センシャになるんですよね?よね?
>  戦車の洗車は業務隊が行う予定だったのですが、隊長が「体調が悪いので止そうか(輸送科)」と言い出して延期になりました。
>  ちなみに、同居人さん達も戦闘訓練見学でずぶ濡れになったと思いますが、帰りは皆さんで銭湯(戦闘)しましたか。

 隊長の体調に関してはわかりませんが、ワタシがこの夜セントウに出たのはボルトさんの予想通りです。
  1. 2015-06-06 12:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> コメント紹介有難うございます。
>
> 自分は10式より90式のほうが好きなんでまああれですが役に立つ道具であることが一番です。ロスケとの戦争は考えられないと思いますし、あってほしくないと思いますが第7師団のような部隊が必要とされる有事というものは想定できないわけじゃあありません。憲法改正となれば国連軍の参加は考えられることですし、基本色々な戦場に対応できる軍を用意することは国防にとって当然だからです。まあ砂漠戦は必要かもししれません。
>
> 写真ででてる銃は上から18年式村田銃、38式歩兵銃、44式騎兵銃です。騎兵銃は騎兵が馬上で取り回すことを考えて銃身を短くしたものです。お父様は砲兵だったとのことですから担いだのは一番下の騎兵銃だと思います。38式歩兵銃は物を知らぬ一部のヲタが時代遅れなどと馬鹿にするものですが、実は連発機能がないほかは機能的には現代の小銃に最も近いものです。口径が6.5ミリと小さいので長銃身で高初速の割に反動が少なく取り扱いがしやすいものでした。設計者の名前を取り有坂銃とも呼ばれますが、欧米のライフルマニアの間では状態の良いアリサカライフルは垂涎の的なのです。
>
> そして戦時中から44式騎兵銃は38式以上に良いと言われていました。バヨネットを付けなければ取り回しが楽な上軽い、反動が38式より小さい、殺傷威力は38式よりも小さいが元々38式が相手兵士の殺害よりも負傷を追わせ戦闘力を削ぐ方が重要、という素晴らしいコンセプトだったので(というより補給力や資源の関係でで小口径を選択したというのが実態だと思いますが)これは問題になりませんでした。
> だから有坂銃は結構広く使われ特にその6.5ミリ実包によりソ連が世界初の自動小銃を作っています。

 おお、そうだったんですね。 旧日本軍については戦争の主犯扱いになったこともあって、過小評価と過剰な悪者扱いが目立ちますよね。

> 閑話休題

> 敵軍が上陸してきた時にはどうするか。これは基本戦時国際法の問題です。
> 戦時国際法上、無防備都市宣言をした都市において戦闘行為を行うのは不法行為となります。そして占領した側は都市住民に食糧燃料等の供給をしなければならなくなります。
>
> 小生は80年代の一番きな臭い時から対ソ戦は疑問符がついていました。戦争をするのは簡単だけど占領したあとどうするの、という問題が常について回ったからです。だから相手が国際法を守る連中ならば、戦争はプロ同士の決闘と割切り勝った側の保護を求めるということで良いのです。下手なゲリラ戦はやっちゃあいけません。だから沖縄戦では都市の老幼婦女子を米軍に押し付け給養させるというのが正解でした。この場合中立国のメディアを入れることは重要ですよね。
>
> 問題は国際法を守らない連中、というより都市において暗躍するゲリラのような戦闘をする連中です。支那軍もやるとすればこれしかないだろうと思うのですがこれは嫌な話ですが、都市ごと殲滅するより良い方法は思いつきません。だから都市住民を全員退避させる事になります。この辺りは基本的に政府の判断です。
>
> 現代の戦争はこのような非正規戦、非対称戦闘をどうするかが最大の問題なのです。だから、こういうことをやりそうなタリバンやISは出て来ぬうちに殲滅するのが一番なのです。

 なるほどね。 しかしソ連軍の行状を思い返せば、ロシアが国際法を守るとは思えませんけどね。
 
 いずれにせよちゃんと準備しないと不必要な悲劇を招く事は間違いないのです。
  1. 2015-06-06 12:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

だから北海道の価値を考えてください。おそらくソ連として欲しいのは北海道の工業設備や一定の農業資源です。ただそれらは皆北海道の住民とセットです。住民がいなければ無価値というものでしょう。

もしそれを完全に入手しようとすれば北海道住民を食わさなければいけません。食糧はなんとか自給できるにしてもその他は相当に困難が伴うでしょう。とすれば占領する意味が無いということになります。やるんだったら稚内や根室、函館といった部分を占領し宗谷海峡、根室海峡の通行を完全にするくらいしか思いつきません。

だからまじめに戦争するならソ連は国際法を守るしかないし、それが嫌なら先制攻撃で核でも使い都市住民を抹消するというのが正しいあり方です。あるいは特殊部隊を送り込み市街戦を敢行し北海道住民を恐怖に陥れ平和的に進駐させるかです。

どれも相当な困難がつきまといます。ソ連極東艦隊の実力をきちんと見れば限定信仰の能力しかなかっただろうということです礼文利尻や奥尻、後は佐渡のような島々を占領することに意味があるかどうか、そのあたりを考えることです。

だから南西諸島侵攻を本気で考えてる支那人のほうがはるかに危険だと思ってます。
  1. 2015-06-06 13:07
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> だから北海道の価値を考えてください。おそらくソ連として欲しいのは北海道の工業設備や一定の農業資源です。ただそれらは皆北海道の住民とセットです。住民がいなければ無価値というものでしょう。
>
> もしそれを完全に入手しようとすれば北海道住民を食わさなければいけません。食糧はなんとか自給できるにしてもその他は相当に困難が伴うでしょう。とすれば占領する意味が無いということになります。やるんだったら稚内や根室、函館といった部分を占領し宗谷海峡、根室海峡の通行を完全にするくらいしか思いつきません。
>
> だからまじめに戦争するならソ連は国際法を守るしかないし、それが嫌なら先制攻撃で核でも使い都市住民を抹消するというのが正しいあり方です。あるいは特殊部隊を送り込み市街戦を敢行し北海道住民を恐怖に陥れ平和的に進駐させるかです。
>
> どれも相当な困難がつきまといます。ソ連極東艦隊の実力をきちんと見れば限定信仰の能力しかなかっただろうということです礼文利尻や奥尻、後は佐渡のような島々を占領することに意味があるかどうか、そのあたりを考えることです。

 ソ連って慢性的に労働力不足の国でしたからね。 北方領土の朝鮮人を返さなかったのもその為です。
 しかしそれでもスターリンだって北海道を狙っていました。

> だから南西諸島侵攻を本気で考えてる支那人のほうがはるかに危険だと思ってます。

 これは全くその通りです。 何より怖いのがあの大人口です。
 シナに占領されたら、たちまち膨大なシナ人が押し寄せて、定住します。
 こうなると独立を果たしても、シナ人を追い出す事は不可能になります。
  1. 2015-06-07 10:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する