2015-05-04 11:21

中国の大風呂敷 巨大経済圏?

中国、“新たな巨大経済圏”呼びかけ
日本テレビ系(NNN) 5月4日(月)6時52分配信

 アゼルバイジャンで行われているADB(=アジア開発銀行)の年次総会で、中国の楼継偉財政相は3日、中国が主導するAIIB(=アジアインフラ投資銀行)を用いた新たな巨大経済圏の整備への参加を呼び掛けた。

 3日、ADB総会のセミナーで講演した楼財政相は、AIIBをテコにして中国とヨーロッパまでを陸と海で結んで巨大経済圏を作る「一帯一路」構想について、次のように話した。

 楼財政相「(一帯一路は)既存のメカニズムに取って代わるものではなく、今ある土台で沿線国の発展戦略の統合や相互補完をしたい」

 楼財政相は、具体的にAIIBの名前を出すことは避けつつも、中国側の構想に積極的に参加するよう各国に呼び掛けた。

 一方、麻生財務相は、日本としては「環境や現地と調和した、質の高いインフラ投資を推進する」と述べた上で、今あるADBの体制を強化することでインフラ投資の需要に対応していく姿勢を強調した。


007

 今朝、ネットを立ち上げて寝ぼけ眼でニュースを見たら、いきなりこれです。

 先日、安倍総理がアメリカで大歓迎を受けたばかりですが、しかしこのニュースを見たらこれは当然だと思います。
 
 だってここまで露骨にアメリカに挑戦されては、アメリカだって危機感を持たざるを得ません。 中国はこの10年来、軍事的にアメリカに挑戦する姿勢を明確化してきました。
 
 しかし今度は経済的な挑戦です。

201
 
 第二次大戦後、ソ連も中国も共産主義国家としてアメリカに対して軍事的な挑戦は続けてきました。

 けれども経済的な挑戦をした国はありません。
 ましてドル基軸体制への挑戦など・・・・。

 ところがこのAIIBでの中国の動きは、単に銀行を作るだけでなくドル基軸体制への挑戦なのです。 だからユーロ圏もチョッとこれに色気を出すのです。

207

 でもこれはアメリカには絶対許せないでしょう。 それこそアメリカがモンロー主義に立ち返り、アメリカ本土以外の軍事的な覇権を全部放棄する気になっても、ドル基軸体制は放棄できないでしょう。

 だってアメリカが過去数十年間、経常収支と財政収支で膨大な赤字を垂れ流しながら、何の問題もなくやってこられたのはドルが基軸通貨だからです。

 この体制を覆そうと言う中国の挑戦は、軍事的な挑戦以上に深刻でしょう。

209

 しかし驚くのは、中国の放胆さです。

 中国がドル基軸体制を覆して、世界の経済覇権を握りたい気持ちはわかります。 しかしどう考えてもまだ実現には、力不足でしょう?
 
 そもそも日米が加盟しないとAIIBも運営できない状態では、アメリカの経済覇権を脅かすどころではないのです。

 それなのにこんなところで露骨に「中国が中心になった巨大経済圏を作る」なんて言っちゃうなんて・・・・・。

214

 こんな事言ったら、日本としては益々用心せざるを得ません。 
 そうなるとAIIBが設立できる見通しは益々遠のきます。

 中国は同じ失敗を前にもやっています。 つまり軍事的な覇権主義をあまりに露骨にやって、殆ど全方位侵略恫喝外交をやって、近隣諸国の信頼を失ったばかりでしょう?

 本来ならこれに懲りて、もう少し賢く行動するべきでは?
 つまりあまり露骨なことはやらず、また全方位なんて無茶はせずに、弱いところから少しずづ落としていくような戦略をとるべきでは?

234

 ところが中国は全然懲りずに、また同じ事をやっているのです。
 
 こういうの見ると「中国ってホントに賢い国なのか?」と疑問が湧いてきます。

 或いは賢いと賢くないとかには関係なく「別な理由があるのでは?」と思います。

 つまり「中国経済の状況が余りに悪くて、地道に時間をかけて目標達成する時間がない」、或いは「国内での権力闘争がが外交に優先していて、成功する目途が立とうと立つまいと関係なく、大風呂敷を広げざるを得ない」などの理由です。

276

 もう一つ考えられるのは、中国の作戦が失敗して、収集不能に陥っていると言うことです。
 つまりイギリスがAIIBに加盟した時点で、中国は日本も簡単に落ちると思っていたのではないでしょうか?

 日本がAIIBに加盟するとアメリカはホントに孤立しますから、中国の巨大経済圏の確立、元基軸体制へと進めるはずだったのです。 

 ところが日本は陥落しなかったのです。 その為、その後の作戦計画が全部狂ってしまったのです。 

283

 本来なら日本が陥落しないと分かった時点で、全面的な作戦変更をするべきなのですが、しかしそれができないのです。
 だってここで作戦計画を変更するとなると、これまでの作戦を建てた人間の責任問題になりますから。

 作戦が失敗したこと自体認められないのです。

 ミッドウェー惨敗後、作戦変更をできなかったのは日本軍だって同じです。 大きな組織ではこうい事良くありますね。 財務省や日銀は未だにバブル崩壊以降の緊縮政策、金融引き締め政策の失敗を認められません。

303

 いずれにせよ日本のAIIB加盟拒否は、中国にとって結構大変な痛手になっているのではないでしょうか?

 安倍政権で本当に良かった!!

321

 写真は5月1日の札幌市内の公園です。 日本の春を予感しながら見る花は最高です。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

AIIB!

 今日は、中国関係の記事を幾つか読みました。
 
 「中国の外貨準備が9ヶ月で2600億ドルも減少した事で見えた懸念点」
                   (ハーバービジネス・オンライン)
http://hbol.jp/37826

 外貨準備の2600億ドルが急減し、総額3兆7300億ドルの7割が不明な点を追求しています。この記事によると、やはり中国の金庫は火の車だと思います。

 ただそれに対する反論もありました。

 「中国が米国債を減らすのは、賢明な事」(チャイナ・ネット)
 http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-04/27/
content_35431915.htm
 
米ドル依存の軽減にプラス。いい加減な米国支配への挑戦だそうです。
 
 両論を読んでみるとそれぞれ正しいような気もしましたが、先日 中国の国営銀行がデフォルトしたそうですし、資金不足な気がします。よくバスに例えられるAIIBを、私はゲゲゲの鬼太郎に出て来た「火車」みたいだと思っています。悪行を積み重ねたうえに死んだ人間の亡骸を攫い食べてしまう妖怪だそうです。怖いですね。クネさんは、自分から攫われたみたいですが・・・
 日本は攫われない様に、妖怪退散の加持祈祷をしなければなりませんね!

  1. 2015-05-04 21:53
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: AIIB!

>  今日は、中国関係の記事を幾つか読みました。
>  
>  「中国の外貨準備が9ヶ月で2600億ドルも減少した事で見えた懸念点」
>                    (ハーバービジネス・オンライン)
> http://hbol.jp/37826
>
>  外貨準備の2600億ドルが急減し、総額3兆7300億ドルの7割が不明な点を追求しています。この記事によると、やはり中国の金庫は火の車だと思います。
>
>  ただそれに対する反論もありました。
>
>  「中国が米国債を減らすのは、賢明な事」(チャイナ・ネット)
>  http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-04/27/
> content_35431915.htm
>  
> 米ドル依存の軽減にプラス。いい加減な米国支配への挑戦だそうです。
>  
>  両論を読んでみるとそれぞれ正しいような気もしましたが、先日 中国の国営銀行がデフォルトしたそうですし、資金不足な気がします。よくバスに例えられるAIIBを、私はゲゲゲの鬼太郎に出て来た「火車」みたいだと思っています。悪行を積み重ねたうえに死んだ人間の亡骸を攫い食べてしまう妖怪だそうです。怖いですね。クネさんは、自分から攫われたみたいですが・・・
>  日本は攫われない様に、妖怪退散の加持祈祷をしなければなりませんね!

 AIIBはホントにバスどころか火の車だと思います。

 そもそもワタシは不思議だったのですが、中国はこの10年程、海外へ金をばら撒いているのです。

 中国政府はアジア・アフリカ・南米に怪しい投資をしていますが、これは殆ど利益を出していません。 ゴーストタウンや使えない道路や廃坑ばかり作っています。

 国内でも同じ事をやっています。

 一方中国人はドンドン海外に金を持ち出しています。

 しかも海外から中国への投資はドンドン減っています。

 こんな事を10年も続けて、国内に金が残っているのでしょうか?

 火の車になるのが当然ではありませんか?

 だからAIIBとか更にあわよくば元をドルと並ぶ基軸通貨にしようなどと言う大博打に出たのでは?


  1. 2015-05-05 11:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

スレとは直接の関係がない話ですが・・・。
日本人に限らず、欧米人もその他の国も、人はどうして
中国っていうと「なんだかわかんねーけど、すげえ」的な
勘違いとか過大評価をしてしまう御仁が後を絶たないのか?がすごく不思議で興味がありますね、個人的に。

個人的な独断と偏見ですが、中国の近代史って過大評価と期待はずれの繰り返しのような気がするんですよね。

18世紀、19世紀の中国はその巨大さとウン千年の歴史と文化から欧米からは「眠れる獅子」なんて言われてたし、日本にとっても超大国・・と思われていましたが、アヘン戦争であっさり敗北。
イギリスが酷いといえば酷いのですが、清国の官僚の腐敗ぶりと民度の低さが一気に露呈。当時の江戸幕府もびっくり・・ということがありました。

19世紀末、それでもアジアでは最強の軍事大国と思われていまして、長崎港に清の軍艦が勝手に寄港し、水兵たちの傍若無人に振る舞い・・なんて事件もあって、日本側は大いにビビっていましたが、いざ日清戦争になると
日本のみならず、世界も清国とは比べ物にならないと思われていた日本にまさかの大敗。

20世紀には世界の左翼知識人の期待を一身に集めた大躍進(確か、英国、フランスをぶち抜くと大向うを貼っていたような・・)、文化大革命は想像を絶する悲惨さが、後年次から次に明らかに・・。
そして今・・。

にも関わらず世界中に中国を過大評価する国や人は21世紀の今も絶えないのはマジでどうしてでしょうね?・・
やっぱ中国4千年の歴史と文化は人の目を狂わすのでしょうか?

ここのブログでジャンクの話がありましたが、古代、中世の中国のテクノロジや社会制度は世界最高の堂々たる先進国だったわけで、幻想をつい抱いてしまうのもわからなくはないんですが、それにしてもねぇ・・・。
  1. 2015-05-05 12:07
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> スレとは直接の関係がない話ですが・・・。
> 日本人に限らず、欧米人もその他の国も、人はどうして
> 中国っていうと「なんだかわかんねーけど、すげえ」的な
> 勘違いとか過大評価をしてしまう御仁が後を絶たないのか?がすごく不思議で興味がありますね、個人的に。
>
> 個人的な独断と偏見ですが、中国の近代史って過大評価と期待はずれの繰り返しのような気がするんですよね。
>
> 18世紀、19世紀の中国はその巨大さとウン千年の歴史と文化から欧米からは「眠れる獅子」なんて言われてたし、日本にとっても超大国・・と思われていましたが、アヘン戦争であっさり敗北。
> イギリスが酷いといえば酷いのですが、清国の官僚の腐敗ぶりと民度の低さが一気に露呈。当時の江戸幕府もびっくり・・ということがありました。
>
> 19世紀末、それでもアジアでは最強の軍事大国と思われていまして、長崎港に清の軍艦が勝手に寄港し、水兵たちの傍若無人に振る舞い・・なんて事件もあって、日本側は大いにビビっていましたが、いざ日清戦争になると
> 日本のみならず、世界も清国とは比べ物にならないと思われていた日本にまさかの大敗。
>
> 20世紀には世界の左翼知識人の期待を一身に集めた大躍進(確か、英国、フランスをぶち抜くと大向うを貼っていたような・・)、文化大革命は想像を絶する悲惨さが、後年次から次に明らかに・・。
> そして今・・。
>
> にも関わらず世界中に中国を過大評価する国や人は21世紀の今も絶えないのはマジでどうしてでしょうね?・・
> やっぱ中国4千年の歴史と文化は人の目を狂わすのでしょうか?
>
> ここのブログでジャンクの話がありましたが、古代、中世の中国のテクノロジや社会制度は世界最高の堂々たる先進国だったわけで、幻想をつい抱いてしまうのもわからなくはないんですが、それにしてもねぇ・・・。

 中国の巨大人口や長い歴史もありますが、つまりは中国人が大風呂敷を広げるのが上手いのかもしれません。

 歴史的にも常にハッタリを効かせて、大風呂敷を広げる外交を続けた国なので、大風呂敷を広げる事に掛けては神業なのでしょう。

 そして中国人自身が完全に自分の大風呂敷を信じ切っているから、尚更他人は騙されるのでしょう。

 ワタシはこの数年、中国と言う国が賢い国とも、外交が上手いとも思わなくなりました。 

 あんなに安易に反則をしていると、本当の外交能力は上がらないでしょう。
  1. 2015-05-05 18:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する