2015-04-08 10:53

紳士の思惑 AIIB

> バスに50人以上も乗り込んだそうですが、貧乏人はいいとして、欧州の紳士が乗ったのはどのような思惑があったのか。シナ様の土地で商売が出来る特典があるのでしょうか。趣旨書にそんなことが書かれていましたっけ?またシナ様の土地が果たして約束の地カナンとなるのか?私はならないと思います。
>
> ただこの投資銀行を買うか買わないかは信念と予見の問題ですから、「朝日」その他マスコミは何らかの信念ないし目論見があるのでしょう。

欧州は紳士ではありません。冒険主義者です。少なくともイギリス人に関しては、欧州から飛び出したら最後、驚く程向こう見ずな冒険主義者の一面を持っています。彼らが一時期世界最大の植民地支配者となった切っ掛けも、結局は欲から出た向こう見ずな冒険主義があったればこそ。決して緻密な計算の上で成した訳ではありません。逆に言えば、「機を見るに敏なり」でもあります。しかし冒険にはリスクが付き物です。どれほどリスクを自覚していても、逃げ後れる事もあります。

イギリスもAIIBに入るリスクはある程度承知はしているでしょう。同時にシティーや、そこと繋がった香港の金融界が何処まで中国の借金事情に首を突っ込んでいるか、、、?イギリスの事情はここにあると見るのが、まあ、常道です。

因にイギリス政府は「AIIBに参加する事を決定した」とは発表してません。「AIIBに参加する方向でいる」と言っているのです。これからの交渉次第では離脱もあり得るという、含みを持たせた表現になっています。これはある意味当然で、現時点で何も決まっていない組織へ無条件に参加する程、イギリスは馬鹿ではありません。ただ、それを日本のマスゴミは「完全に参加して、絶対に離脱しない」というニュアンスで伝えているのです。以下にイギリス政府の発表のサイトアドレスを付けておきます。

『UK Announces plans to join Asian Infrastructure Investment Bank 』
https://www.gov.uk/government/news/uk-announces-plans-to-join-asian-infrastructure-investment-bank

日本語でもそうですが、英語でも断定を避けた書き方をして、将来の選択の可能性の巾を広げる表現を使います。政治では特にでしょう。あくまで「plans to join(参加する計画)」であり、「UK intends to become a prospective founding member(暫定的創設メンバーとなる事を意図する)」という言い回しです。これを「今後何があってもイギリスは無条件に参加する」というニュアンスで伝えるのは、勇み足という感じがします。おまけに「... the UK will play a key role in ensuring that the AIIB embodies the best standards in accountability, transparency and governance...(イギリスは、AIIBが説明責任、透明性、そしてガバナンス=運営方法に付いて最高基準を実現する鍵となる役目を果たす事になる。)」という所まで読めば、中国が「金は出せ。口は出すな。」的交渉を進めた場合、イギリスは参加を見合わせるなり、AIIBの信用度に疑問符を付ける事も考えられます。

正直言って、私個人として、この文章を読んで、イギリスの参加を絶対視する事は出来ません。如何にも「逃げ道」を用意した文章です。

だからこそ、シティーと中国のブスブスの関係の部分を知りたいですね。ブスブス過ぎて中国に今しばらく息をしていて欲しいから、、、中国という泥船から逃げ出すまでの時間稼ぎが必要だから、、、だからここはアメリカに睨まれても中国に花を持たせているのかもしれません。

ますます、日本は高みの見物に励むべきです。 
 



 以上は我が尊敬するベヒモスさんがご自分のブログAIIBを取り上げたエントリー(AIIB オリンピック(近年開催予定!))での、相模さんからの質問のコメントへの答えです。

 ベヒモスさんは若い頃からずうっとイギリスで働いていらして、つい昨年故郷の北海道に帰られた方です。
 だから英語は勿論、イギリス人の気質にも精通していらっしゃいます。

 実際ベヒモスさんのイギリス人は紳士ではなく冒険主義者で、向こう見ずで強欲であると言う評価など、近代のイギリスの近代史や小説などみていると凄くピッタリときます。

 で、そのイギリスは実は「AIIBに参加」するとは言っていないのです。 

 「AIIBに参加する方向をでいる」としか言っていないのです。
 
 ワタシは英語ダメ子なので、ベヒモスさんに頼るしかないのですが、しかしコメントを何度読み返しても、日本のマスゴミ報道のような、「イギリスは参加を決めた」と言うイメージとは言っていないのです。

 ちなみにこの点に関するワタシの質問に対しても、ベヒモスさんは回答をくださいました。


>おお、相模さんへのコメントで、イギリスの意図がわかりました。
>  日本のマスゴミ報道だと、イギリスは完全に加盟の契約をしたのかと思っていたのですが、ベヒモスさんの意見を読めば、そういうわけでもないようですね。
>
>  せいぜい違約金を取られない事を見越して、とりあえず予約だけはしたと言うところでしょうか?

実際参加条件や参加締結するための文書を作る前の架空の組織ですから、欧米の参加予定国だって「どれどれ、話しをして見ようじゃないか。」程度の事しか公式文書で言えるはずがないのです。

ただ、イギリスの銀行が中国の借金事情に頭を「マズい」レベルで突っ込んでいる予感はします。イギリス銀行群は香港に次いで中国に金を貸していますし、香港の金融界もイギリスの銀行群と深い関わりがあるので、かなりの確立でイギリスは香港を通じて表に出ている以上の金を貸している可能性があります。あのアングロサクソンの事ですから、この尻拭いを日本にさせたいのかも知れません。自分が出て行けばアメリカも日本もすり寄って来て、イギリスの銀行が回収に苦しんでいる負債分を中国に落としてくれて、それをイギリスの銀行群への返済金に充てさせる、、、という算段です。

アングロサクソンは腹黒いんです。紳士服は来ているかもしれませんが、金が絡むときは紳士ではありません。多くの日本人の夢を打ち破るようなので、こう言うのは心苦しいのです。



参加条件や参加締結するための文書を作る前の架空の組織です

 おお、これも日本のマスゴミ報道からの根源的な誤解ですが、実はバスはまだないのです。

 「イギリスはバスに乗ったと言うよりも、中国が企画するバス旅行に申込みをする方向で検討する。」と言っただけなのです。
 
 企画中のバス旅行では、正式に予約もできないし、正式に予約できなけばキャンセルしても違約金も取られません。

 なんか日本のマスゴミ報道と全然話が違うじゃないですか?

 これではマスゴミ報道に乗っていたらトンデモナイ事になります。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

日本メディアは植林地の広さだけを見ている

当面の資本金500億ドルの場合、中共を除く最大出資国がインドで10パーセント、次いで豪州で約9パーセント、韓国となります。韓国は副総裁の椅子を狙っているようですので、AIIBは中共と韓国に任せればよいのです。
英仏独のADB出資比率は、合わせて10パーセント行くか行かないかです。AIIBに参加しても、大した比率にはならないというか、むしろしないと思います。出資国という名の下に、おいしいところだけ戴こうという算段だと思います。
  1. 2015-04-08 13:31
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

捕捉

捕捉しておきますと、一応、『設立の覚え書き』というものはあるんです。文書としては今の所それだけでしょう。これは2014年の10月24日に交わされたもので、東南アジアと中央アジアの国々21カ国が署名しました。ようするに「AIIBを作ろうね!」というものです。欧米はここでは全く参加していません。

この覚え書きの中身を知りたいのですが、見つからないんですよ。でも、ここで細かく組織の規定とか業務のやり方を書いてある訳はなく、あくまで大まかな組織の目的程度のはずです。これは正式な設立文書には当たりません。

ですから、欧米の参加表明は、これから組織を設立するための話し合いに参加するという事です。そしてイギリスはその話し合いの中で、組織運営に付いて責任説明と透明性を追求する、、、というのが、(一応?)表向きの方針です。

まあ、AIIBという名のバスは、これから設計図を作るんです。現物はまだありません。でもその前に架空のバスを(見切り)発車しないとならない事情が中国にあるんでしょうかね、、、。あれ、見切り発車も出来ないような。そう言えばデフォルトの話しが大陸の方から聞こえ始めていますが、、、。

やはりバスより像の方が楽しそうです。私は像に乗りたいです。
  1. 2015-04-08 13:57
  2. URL
  3. tna6310147 or ベヒモス #-
  4. 編集

Re: 日本メディアは植林地の広さだけを見ている

> 当面の資本金500億ドルの場合、中共を除く最大出資国がインドで10パーセント、次いで豪州で約9パーセント、韓国となります。韓国は副総裁の椅子を狙っているようですので、AIIBは中共と韓国に任せればよいのです。
> 英仏独のADB出資比率は、合わせて10パーセント行くか行かないかです。AIIBに参加しても、大した比率にはならないというか、むしろしないと思います。出資国という名の下に、おいしいところだけ戴こうという算段だと思います。

 なるほど、参加するとしても名前だけ貸して、お金は出さずに美味しい所だけ食べようと言うわけですね。
 韓国は参加を拒否されたと言う話もあったけれど、ホントはどうなんだか・・・・。
  1. 2015-04-08 17:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 捕捉

> 捕捉しておきますと、一応、『設立の覚え書き』というものはあるんです。文書としては今の所それだけでしょう。これは2014年の10月24日に交わされたもので、東南アジアと中央アジアの国々21カ国が署名しました。ようするに「AIIBを作ろうね!」というものです。欧米はここでは全く参加していません。
>
> この覚え書きの中身を知りたいのですが、見つからないんですよ。でも、ここで細かく組織の規定とか業務のやり方を書いてある訳はなく、あくまで大まかな組織の目的程度のはずです。これは正式な設立文書には当たりません。

 田村さんや高橋洋一さんの言っていた「総裁の権限は非常に大きい。 理事会は殆ど開かない。 中国に本部を置いて、主要言語は中国。」などと言う条件はこの「覚書」の事かも知れませんね。

 尤もこれが通れば、インド始め他のアジア諸国もホントにお金を出すのは躊躇うでしょうから。 彼等もまたこれは潰す算段はあるのでしょうね。

> ですから、欧米の参加表明は、これから組織を設立するための話し合いに参加するという事です。そしてイギリスはその話し合いの中で、組織運営に付いて責任説明と透明性を追求する、、、というのが、(一応?)表向きの方針です。
>
> まあ、AIIBという名のバスは、これから設計図を作るんです。現物はまだありません。でもその前に架空のバスを(見切り)発車しないとならない事情が中国にあるんでしょうかね、、、。あれ、見切り発車も出来ないような。そう言えばデフォルトの話しが大陸の方から聞こえ始めていますが、、、。

 普通の投資詐欺は、とりあえず集まった投資家に配当は払うのだけれど、この様子じゃ中国は最初に集まった投資家への配当も払えないのかも?

> やはりバスより像の方が楽しそうです。私は像に乗りたいです。

 ハハハ、よもちゃんはワタシが寝ているとお腹に乗ります。 ワタシは重くて息もできないです。
  1. 2015-04-08 17:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

【日中】インフラ投資銀(AIIB)、自民に根強い慎重論 福田康夫元首相は「参加拒否すれば途上国いじめになるかもしれない」と主張[4/08]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1428494243/-100

http://ja.wikipedia.org/wiki/福田赳夫
ダッカ日航機ハイジャック事件では「人命は地球より重い」として犯人側の人質解放の条件を飲み、身代金の支払いおよび、超法規的措置として6人の刑事被告人や囚人の引き渡しを行ったことで、テロリストの脅迫に屈したと国際的な批判を浴びることとなった。この後北朝鮮による拉致が急増した。

この一族はなんかずれた事をやらかしてくれるんですよね。
  1. 2015-04-09 05:47
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 【日中】インフラ投資銀(AIIB)、自民に根強い慎重論 福田康夫元首相は「参加拒否すれば途上国いじめになるかもしれない」と主張[4/08]©2ch.net
> http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1428494243/-100
>
> http://ja.wikipedia.org/wiki/福田赳夫
> ダッカ日航機ハイジャック事件では「人命は地球より重い」として犯人側の人質解放の条件を飲み、身代金の支払いおよび、超法規的措置として6人の刑事被告人や囚人の引き渡しを行ったことで、テロリストの脅迫に屈したと国際的な批判を浴びることとなった。この後北朝鮮による拉致が急増した。
>
> この一族はなんかずれた事をやらかしてくれるんですよね。

 困ったもんですね。 
 
 日本はアジア開発銀行に莫大な出資をして、アジアの途上国を助けた事実をどう考えているんだか?
  1. 2015-04-09 10:56
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する