2015-02-24 18:15

冬が終わる?

 今日昼食を食べた後「さて、午後から何をしようか?」と考えました。
 そしてハッ気づいたのですが、もうこの二か月余りこんな事を考えたありませんでした。
 
 ワタシは去年の12月の半ばに喘息になって、それから連日酷い咳が続きました。 咳のせいか酷く消耗してしまって、外出は殆どできませんでした。
 
 クリスマスもお正月も咳をしているうちに過ぎてゆきました。

001

 時々妹が食糧とティッシュペーパーを差し入れてくれたので、大変助かりました。 
 何とか近所の生協へ行くことはできましたが、それより少し離れた別の店には行けませんでした。

2015y02m24d_170537922

 それまでワタシは毎日午後は必ず散歩に出ていました。 そして写真を撮ってブログに載せるのを楽しみにしていました。
 けれども喘息が始まってからは、そういう事は一切できなくなってしまいました。

 ネットをして最低限の家事をこなすのが、ギリギリでした。

2015y02m24d_170602830
 
 この喘息は2013年にもやりました。 その時は一月半ほどで治ったので、今度もそのぐらいは覚悟していました。
 けれども一月過ぎても治りませんでした。

 それでも気が滅入る事もなく、気楽に過ごせたのは、結局人間は体力があるから退屈したりイライラしたりするからで、体力がなくなってヘタレてしまったら、イライラする事も退屈する事もないのです。

2015y02m24d_170624973

 一方ワタシがヘタレている間に、季節は過ぎてゆきました。 
 お正月過ぎる頃からドンドン寒くなって、寝る前に水道管の凍結防止の為の水落としをしなければならない日も、何度かありました。

 それから吹雪いた日もありました。

2015y02m24d_170703110

 けれども先週あたりからドンドン暖かくなって雪が融け始めました。 まだ二月だと言うのにこの一週間近く真冬日がありません。

 天気予報ではまだ暫く暖かい日が続くようです。
 もう冬は終わったのでしょうか?

2015y02m24d_170724568

 そしてワタシの喘息もだいぶ良くなってきました。 先週から生協より遠い店に行けるようになりました。 
 それから一昨日はもう少し足を延ばして、発寒川の河原へ行って鴨もパンをやる事もできるようになりました。

2015y02m24d_170759575

 それで今日もまた河原へ行ってみました。
 一昨日やったパンも今日のパンも実は、年末に喘息になる前に、鴨の為に買っておいたものです。 

2015y02m24d_170835797

 でもあれから二か月半も経ってようやく鴨の口に入りました。 置いてあった場所が寒かったので、パンはカビ一つ生えていませんでした。

2015y02m24d_170855623

 今日は天気が今一で、どんよりと薄暗い日でした。

2015y02m24d_170915448

 河原の雪はグジャグジャになっていて、鴨のいるところまで歩くのに苦労しました。
 しかし鴨たちはワタシの姿を見ると、喜んで飛んできました。

2015y02m24d_171002155

 コイツラ河原に来た人間は皆パンをくれると思っているのです。
 だから随分傍まで寄ってきます。

066

 パンをやり終わった後、帰りに買い物をしようと思って近くのスーパーに入ると、また咳が出て来たので、急いで帰りました。
 それでもヤッパリ随分楽です。

068
 
 きっと雪が融ける前に喘息は治ると思います。

063
 
 そして冬も間もなく終わると思います。
 発寒川の氷は殆ど融けて、河はもう広々と流れています。

075

 家に帰ってストーブをつけると、よもちゃんが炬燵から出てきました。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

薄暗い曇り空

 このお写真を見ていたら、何故か辻邦生を思い出しました。北杜夫さんの松本高校の先輩で、作品は難しいのを背伸びして読んでいました。一度講演会に行った事が有ります。
 
 やっと用意されていたパンを鴨にあげられて、良かったですね。よもさんは一緒ではなかったのは、鴨を狙う凄腕のハンターだからですか?ストーブの前で、ご機嫌なご様子ですね。
  1. 2015-02-25 08:18
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

鴨さんたち、餌付けされてますね(^ ^)

明治の入植当時の人達は隙間だらけの木造家屋の中で、
アイヌ人は伝統的な集落の中で、
春を待ち焦がれながら、冬をじっと耐えて暮らしておられたんですね。

私はねこさんのブログを最近拝読させていただくようになったばかりで、
ねこさんが女性だとも、喘息もちだとは存じ上げませんでした。
よもさんと二人暮らしで、ときおり妹さんが訪ねてこられる?

雪深い静かな冬の夜には何をなさってるのでしょうか?
ねこさん、幻想系の小説を書かれてはいかがでしょうか(^ ^)
  1. 2015-02-25 15:50
  2. URL
  3. めじろ #mQop/nM.
  4. 編集

Re: 薄暗い曇り空

>  このお写真を見ていたら、何故か辻邦生を思い出しました。北杜夫さんの松本高校の先輩で、作品は難しいのを背伸びして読んでいました。一度講演会に行った事が有ります。
>  
>  やっと用意されていたパンを鴨にあげられて、良かったですね。よもさんは一緒ではなかったのは、鴨を狙う凄腕のハンターだからですか?ストーブの前で、ご機嫌なご様子ですね。

 ようやくパンを鴨にもって行けて、何だかホッとしました。
 しかしよもさんが鴨を見たら、無事じゃ済まないでしょうね。 以前、この川の上流の公園の傍のアパートに空き部屋があって、引っ越そうかなあ・・・・・と思ったけれど、春先によもさんが仔鴨を咥えて帰る所を想像して止めました。
  1. 2015-02-25 21:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 鴨さんたち、餌付けされてますね(^ ^)
>
> 明治の入植当時の人達は隙間だらけの木造家屋の中で、
> アイヌ人は伝統的な集落の中で、
> 春を待ち焦がれながら、冬をじっと耐えて暮らしておられたんですね。

 正直言って明治の頃の北海道の生活は想像を絶します。
 冬の間にドンドン老人が死んだと言うのも当然だと思います。

> 私はねこさんのブログを最近拝読させていただくようになったばかりで、
> ねこさんが女性だとも、喘息もちだとは存じ上げませんでした。
> よもさんと二人暮らしで、ときおり妹さんが訪ねてこられる?
>
> 雪深い静かな冬の夜には何をなさってるのでしょうか?
> ねこさん、幻想系の小説を書かれてはいかがでしょうか(^ ^)

 小説の代わりにこのブログを書いているのです。 
  1. 2015-02-25 21:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

なるほど。

ところで、今度は下村文科大臣。
なんだかワケのわからない不条理劇を見せられているようで、
花の蜜と小昆虫で命を繋いでる私のような小禽類には
精神衛生に悪くてしかたありません....

春にはオバマ夫人来日、連休中に安倍氏訪米。
春嵐しか予想できません。
  1. 2015-02-26 21:38
  2. URL
  3. めじろ #uaIRrcRw
  4. 編集

Re: タイトルなし

> なるほど。
>
> ところで、今度は下村文科大臣。
> なんだかワケのわからない不条理劇を見せられているようで、
> 花の蜜と小昆虫で命を繋いでる私のような小禽類には
> 精神衛生に悪くてしかたありません....
>
> 春にはオバマ夫人来日、連休中に安倍氏訪米。
> 春嵐しか予想できません。

 サヨクの最後のあがきでしょうね。 このまま参院選でまた自民党が勝つと、彼等の命脈は尽きますから。
 だからこの種の騒ぎはこの後暫く続くでしょう。
  1. 2015-02-27 11:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する