2015-02-16 16:36

曽野綾子アパルトヘイト騒動

 産経新聞の曽野綾子氏のコラムが、アパルトヘイトを肯定したとか言って、エライ騒動になっているようです。

 それでこんな街宣をする連中が出たようです。

2015y02m16d_153214778.jpg

 安倍首相の元アドバイザー「人種隔離政策のススメ」 産経新聞社前で抗議 

 有志たちが、きょう、産経新聞本社前で抗議の声をあげた(主催:憂国我道会、徹通塾)。民族派の主催だが、リベラル系左派も参加した。

 別の男性(22歳)は『田中龍作ジャーナル』のインタビューに「曽野綾子を保守の論客と紹介するのは間違い。アパルトヘイトは保守の伝統ではない」と答えた。

 選挙では共産党に投票するという男性(神奈川県在住・40代会社員)は次のように話した。

 「単なる機械の代わりとして入れて、自分たちとは別の所に住まわせてというのは諸々の災いになる。暴力の呼び水になる。昔のアメリカやアパルトヘイトと同じだ。21世紀にもなって・・・」。


 
 それにしても薄汚い人達ですね。 街宣は人前にでるのだから、少しは身なりを整えたら良いのに。 傍に行くと悪臭がしそうです。
 これじゃホームレス利権を要求するサヨク団体と間違われてしまうでしょう。

 それにしてもこの記事を書いてる田中龍作氏は、こんな少人数の聞いたこともない団体の街宣予定をどうやって知るのでしょうか?

 とても不思議です。


 ところで騒動の元になった曽野綾子さんのコラムってこれです。

e916fd95.jpg

 海外メディアまで「アパルトヘイト肯定」と言うから、どんな事を書いてあるかと思ったら、南ア政府がアパルトヘイトを止めた後で現実に起きた問題を紹介しているだけなのです。

 この曽野綾子さんと言う人は、良くも悪くも所謂知識人や言論人の尊崇する理念や道徳には囚われずに、現実の問題をハッキリと言う人なので、移民の問題でもこのように現実的な意見を書いたのでしょう。

 常に現実よりも理念先行で、「アパルトヘイト絶対悪」と言う発想しかない人間からすれば、アパルトヘイトを止めた事で問題が起きなどと言うことは、絶対認められないのでしょう。
 
 だから曽野綾子さんの真意が何であれ、曽野綾子さんがこの問題を明記したこと自体が許せないのでしょう。

 そしてそれは南ア政府がその典型です。
 南ア政府はこのコラムの件で、曽野さんと産経新聞に抗議したそうです。
 
 南ア政府はアパルトヘイト禁止を目標に黒人政権を作ったのですが、しかし現在の所治安の悪化や生活環境の悪化に関して言えば、アパルトヘイト禁止の理念は全然上手く行かなかったのは明白なのです。

 だからこそ何が何でも曾野さんのコラムような言論には、抗議して黙らせたいのでしょう。

 でも幾らアパルトヘイトが倫理的に悪でも、それを理由に現実に起きている問題を黙殺しても、人種差別はなくなりません。

 曾野さんをアパルトヘイト肯定のレイシストと非難する人々が、黒人が一杯で水道が使えなくなったマンションに喜んで移住するんだったら別ですよ?

 でもそれをしないで自分は黒人など絶対に入ってこない所で暮らして、曾野さんを非難するんだったら悪質な偽善者でしょう?

 そしてそういう偽善を続けてたら人種差別なんか絶対になくらないのではありませんか?

 アパルトヘイトが幾ら悪でも、それを止めた事によって問題が起きているなら、まずその問題がある事を認めない限り、問題は解決しません。
 
 人間はゴミが散らかっているのを認識して、初めてゴミを片付けるのです。

073

 今回の騒動はどうやら朝日がお得意の放火をしたことで、世界中のマスゴミに曾野さん=アパルトヘイトの騒動になったようです。

 ここで騒いでいるマスゴミ各社の南ア特派員は、黒人住民一杯のマンションに住んでいるのでしょうか?

 彼等が何の為にこうした放火を繰り返すのでしょうか?

 彼等の目的が何であっても、こうした騒動は結局人種差別の解消にはマイナスにしかならないでしょう。
 
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

内容云々ではなく、レッテル貼りして、言論を封じ込める。
左翼や人権屋は、どういう世の中にしたいんでしょう?
曽野さんの意見を暴論とらえようが、意見表明すらけしからんというのは、どこかの半島国と同じ。
曽野さんは言葉狩りにも以前から猛反対しており、この程度の反発は全く屈しないはずです。
慎太郎さんや曽野さんクラスの年齢やキャリアの方に、言論統制は効きませんね(苦笑)
  1. 2015-02-16 17:32
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

いわゆる進歩派、リベラルを自認する方々は世の中を綺麗事だけで測ろうとしているのでしょう。みんなお手々つないで仲良くしましょ、というやつです。

気持ち悪いったらありゃしない(笑)

世界で今何が起きているのかご存知ですか、と小一時間問い詰めたいですね。

ヨーロッパでのテロ、ISILの暴虐、言葉と誠意だけで非道な行いが正されるなら、誰も苦労はしません。
  1. 2015-02-16 17:55
  2. URL
  3. cn2100 #-
  4. 編集

妄想平等主義なんか通用しません

こんにちは。

曽野氏が書かれている、

「人間は事業も研究も運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住だけは別にしたほうがいい」

私は「大人数の共同生活」というものを経験してきましたから、これよくわかります。

大人数の他人同士の共同生活は、妄想平等主義なんか通用しません。力が正義、暴力的なことも使い最低限のルールを守らせるしかないのです。
  1. 2015-02-16 18:16
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

曾野さんの意見は、現実に即しています。南アや米国でも、有色人種や貧乏人とは塀で囲まれた地域に警備付きで暮らしています。
 
 気になって抗議文を送ったNGOアフリカ日本協議会代表:津山直子さんについて調べたら、脱原発の意識高い系のお仲間みたいです。なにしろ2013年9月25日の「地球を学ぼう!ピースボート勉強会」の講師でした。
 それにネルソン・マンデラを尊敬してるみたいで、80年代に南アの反アパルトヘイトの活動を「アフリカ民族会議ANC」東京事務所に所属してTシャツを売って資金を作ったと南ア大使モハウ・ペコ大使から大使館で感謝されたそうです。

 またまた、仲良しグループのマッチポンプですね。
  1. 2015-02-16 19:29
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

こんにちは。
アパルトヘイトの問題点は強制的に隔離する、権利を制限することが問題で居住区を分けることではないと思います。
曾野氏の主張は単に文化の違う人間が同じコミュニティで生活することの問題点を経験的に語ったものです。
むしろ我慢して同一のコミュニティにいることを強要することこそ差別の温床になると思います。
麻生氏のナチス発言と同じように居住区を分ける=アパルトヘイトと反応する朝日新聞社のリテラシーを疑います。
日本の恥を捏造や曲解してまで世界に発信する頭の中をのぞいてみたい気がします。
  1. 2015-02-16 20:32
  2. URL
  3. かず #-
  4. 編集

この問題、そう簡単じゃないですよ。

適度な距離を保ち、受け入れるというのは確かに現実的な解とい得るようにも見えるのですがそうは思えません。これは外国人に地域内コミュニティを作ることを認めるのと同じです。

これが日本人ならコミュニティを作ったとしてもそれを永続させるなんてことはしないでしょう。サンフランシスコのリトル東京をにればそれは明らかです。しかし、これが日本人以外ならどうか、鶴橋や新大久保の例は言うまでもない。横浜長崎、最近では池袋あたりの支那人居住区が形成されています。

まだ昔の中華街は自分たちは華僑でありこの国ではよそ者であることを認識している部分で問題は少なかったはずです。更に特ア人に関して言えば宗教上の問題はそう大きくありません。

しかしこれが宗教上の問題が大きいとどうなるか。東欧のゲットーのごとく本当にユダヤ人を隔離するか、今の西欧のムスリム集団のように地域内にイスラムコミュニティを作ることを認めるに等しくなります。

これが旅行者ならばまだいいのですが定住外国人となればそこで問題を生じます。以前のエントリでもありましたが彼等は法の支配を認めません。「彼等にとっての宗教」=「イスラム教」≒「彼らの法」なのです。コミュニティの存在を認めるならば当然その国の法を排除する方向に動きます。これは西欧のムスリムをみてればすぐに分かります。

一神教というものはそういうものと割りきらなくてはいけません。他文化の価値を認めるものではありえないからです。それでもキリスト教徒は人口が半分に減るという悲劇を経験しこの呪縛を逃れたのでしょう。だから宗教的価値観と法の支配は別だと考え宗教を主観的なものに止めるという近代人の行動ができるようになった、それだけのことです。

だから、イスラム教徒にしろ特ア人にしろ自己の民族的価値感を優先するような連中は最初から共生させてはいけないのです。居住国の文化、習慣、伝統を尊重しその国法を遵守する人々以外はその居住を認めない、そういう発想が必要だと思います。

だから必要なのは外国人の選別なのです。近代人足り得ない連中はすべからく旅行者以外の地位を与えてはいけないのです。別のこれを中東諸国に強制する必要はありません。サウジにしろイランにしろ、宗教国家体制を取るならばそれはそれで結構でしょう。ただ彼らの発想でも外国人旅行者にはそれを強制できないはずです。

イスラム教徒の多くはウェストファリア条約以前のキリスト教徒と同じだと考えなければいけないです。要は中世の人間だということです。これはおそらく特ア人も同じです。だから彼らにコミュニティを作らせるようなことをしてはいけないのです。

曾野綾子氏は慧眼な方ですからその議論は分かってらっしゃるだろうと思うのですがどうも誤解を与える書き方だと思います。

  1. 2015-02-17 02:51
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

この記事を知った時には、曾野さんともあろう人が、
移民導入を認めているかのような出だしにちっと驚きました。
  1. 2015-02-17 11:43
  2. URL
  3. めじろ #uaIRrcRw
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 内容云々ではなく、レッテル貼りして、言論を封じ込める。
> 左翼や人権屋は、どういう世の中にしたいんでしょう?
> 曽野さんの意見を暴論とらえようが、意見表明すらけしからんというのは、どこかの半島国と同じ。
> 曽野さんは言葉狩りにも以前から猛反対しており、この程度の反発は全く屈しないはずです。
> 慎太郎さんや曽野さんクラスの年齢やキャリアの方に、言論統制は効きませんね(苦笑)

 橋下徹の慰安婦発言や麻生さんの「ナチスの知恵に学ぶ」とかと全く同じパターンです。

 実際は何でもない発言なのに、「ナチス」と言う言葉だけを捉えて、それを日本語の元記事を読めない海外のメディアにさも大問題のように発信して、皆で大騒ぎをする。

 今回の騒動も朝日が火元ですが、毎度のお得意の放火です。
 
 しかしこれは元来彼等が、こういうステレオタイプな頭の持ち主だと言う事の証明でもあるんですけどね。
  1. 2015-02-17 13:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> いわゆる進歩派、リベラルを自認する方々は世の中を綺麗事だけで測ろうとしているのでしょう。みんなお手々つないで仲良くしましょ、というやつです。
>
> 気持ち悪いったらありゃしない(笑)
>
> 世界で今何が起きているのかご存知ですか、と小一時間問い詰めたいですね。
>
> ヨーロッパでのテロ、ISILの暴虐、言葉と誠意だけで非道な行いが正されるなら、誰も苦労はしません。

 自称リベラリストは現実を認識する能力がないから、理念や綺麗事に執着するんでしょうね。
 だから幾ら目の前に現実を突き付けても、やはりわけのわからない綺麗ごとを言いつづけるのです。
  1. 2015-02-17 13:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 妄想平等主義なんか通用しません

> こんにちは。
>
> 曽野氏が書かれている、
>
> 「人間は事業も研究も運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住だけは別にしたほうがいい」
>
> 私は「大人数の共同生活」というものを経験してきましたから、これよくわかります。
>
> 大人数の他人同士の共同生活は、妄想平等主義なんか通用しません。力が正義、暴力的なことも使い最低限のルールを守らせるしかないのです。

 曾野さんの記事に文句を言ってる連中は、黒人の多く住むマンションなんかには絶対住むつもりはないでしょうから。
 現実を無視して幾らでも妄想に浸る事ができるのです。
  1. 2015-02-17 13:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 曾野さんの意見は、現実に即しています。南アや米国でも、有色人種や貧乏人とは塀で囲まれた地域に警備付きで暮らしています。
>  
>  気になって抗議文を送ったNGOアフリカ日本協議会代表:津山直子さんについて調べたら、脱原発の意識高い系のお仲間みたいです。なにしろ2013年9月25日の「地球を学ぼう!ピースボート勉強会」の講師でした。
>  それにネルソン・マンデラを尊敬してるみたいで、80年代に南アの反アパルトヘイトの活動を「アフリカ民族会議ANC」東京事務所に所属してTシャツを売って資金を作ったと南ア大使モハウ・ペコ大使から大使館で感謝されたそうです。
>
>  またまた、仲良しグループのマッチポンプですね。

 ヤッパリそうでしたか。

 これも麻生さんの「ナチスの知恵に学ぶ」騒動と同じ、朝日の仲間による放火作戦なんですね。

 どうと言う事もない内容の話から、「ナチス」とか「アパルトヘイト」とか言う言葉だけを取り出して、日本語のわからない海外メディアを使って大騒ぎすると言うパターンです。
  1. 2015-02-17 13:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> アパルトヘイトの問題点は強制的に隔離する、権利を制限することが問題で居住区を分けることではないと思います。
> 曾野氏の主張は単に文化の違う人間が同じコミュニティで生活することの問題点を経験的に語ったものです。
> むしろ我慢して同一のコミュニティにいることを強要することこそ差別の温床になると思います。
> 麻生氏のナチス発言と同じように居住区を分ける=アパルトヘイトと反応する朝日新聞社のリテラシーを疑います。
> 日本の恥を捏造や曲解してまで世界に発信する頭の中をのぞいてみたい気がします。

 リテラシーの問題じゃなくて、最初から意図的放火でしょう。
 普通の日本語力があればわかりますから。

 それに本当に作家が新聞にどんなコラムを書いても、そんなの言論の自由でしょう?
  1. 2015-02-17 13:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: この問題、そう簡単じゃないですよ。

> 適度な距離を保ち、受け入れるというのは確かに現実的な解とい得るようにも見えるのですがそうは思えません。これは外国人に地域内コミュニティを作ることを認めるのと同じです。
>
> これが日本人ならコミュニティを作ったとしてもそれを永続させるなんてことはしないでしょう。サンフランシスコのリトル東京をにればそれは明らかです。しかし、これが日本人以外ならどうか、鶴橋や新大久保の例は言うまでもない。横浜長崎、最近では池袋あたりの支那人居住区が形成されています。
>
> まだ昔の中華街は自分たちは華僑でありこの国ではよそ者であることを認識している部分で問題は少なかったはずです。更に特ア人に関して言えば宗教上の問題はそう大きくありません。
>
> しかしこれが宗教上の問題が大きいとどうなるか。東欧のゲットーのごとく本当にユダヤ人を隔離するか、今の西欧のムスリム集団のように地域内にイスラムコミュニティを作ることを認めるに等しくなります。
>
> これが旅行者ならばまだいいのですが定住外国人となればそこで問題を生じます。以前のエントリでもありましたが彼等は法の支配を認めません。「彼等にとっての宗教」=「イスラム教」≒「彼らの法」なのです。コミュニティの存在を認めるならば当然その国の法を排除する方向に動きます。これは西欧のムスリムをみてればすぐに分かります。
>
> 一神教というものはそういうものと割りきらなくてはいけません。他文化の価値を認めるものではありえないからです。それでもキリスト教徒は人口が半分に減るという悲劇を経験しこの呪縛を逃れたのでしょう。だから宗教的価値観と法の支配は別だと考え宗教を主観的なものに止めるという近代人の行動ができるようになった、それだけのことです。
>
> だから、イスラム教徒にしろ特ア人にしろ自己の民族的価値感を優先するような連中は最初から共生させてはいけないのです。居住国の文化、習慣、伝統を尊重しその国法を遵守する人々以外はその居住を認めない、そういう発想が必要だと思います。
>
> だから必要なのは外国人の選別なのです。近代人足り得ない連中はすべからく旅行者以外の地位を与えてはいけないのです。別のこれを中東諸国に強制する必要はありません。サウジにしろイランにしろ、宗教国家体制を取るならばそれはそれで結構でしょう。ただ彼らの発想でも外国人旅行者にはそれを強制できないはずです。
>
> イスラム教徒の多くはウェストファリア条約以前のキリスト教徒と同じだと考えなければいけないです。要は中世の人間だということです。これはおそらく特ア人も同じです。だから彼らにコミュニティを作らせるようなことをしてはいけないのです。
>
> 曾野綾子氏は慧眼な方ですからその議論は分かってらっしゃるだろうと思うのですがどうも誤解を与える書き方だと思います。

 ワタシは自身は移民の受け入れ自体に反対なので、その意味では曾野綾子さんの説には、全面的に賛成と言うわけではありません。

 唯このコラム一つで「アパルトヘイト肯定」と大騒ぎするのは、オカシイと思うのです。 そもそも現実に移民自体が来ていないのですから、それにどう対応するかは、全くの仮定の話なのです。

 その中で現実に起きた文化摩擦の例として、南アの状況を紹介したら、それだけで大騒ぎって・・・・。

 これじゃ本当の意味で人種差別に対する対策を議論する事はできなくなります。
  1. 2015-02-17 13:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> この記事を知った時には、曾野さんともあろう人が、
> 移民導入を認めているかのような出だしにちっと驚きました。

 曾野さんってリアリストですから、こういう事も考えるのは当然だと思いました。
  1. 2015-02-17 14:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

適度な距離は「国境」と「海」によって保ち、移民の枠を絞ればいいだけのことです。
人種別に住居制限をするなど、どういう法制度で実現するのでしょうか?
全くリアリティがありません。
  1. 2015-02-18 00:58
  2. URL
  3.    #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 適度な距離は「国境」と「海」によって保ち、移民の枠を絞ればいいだけのことです。
> 人種別に住居制限をするなど、どういう法制度で実現するのでしょうか?
> 全くリアリティがありません。

 そもそもまだ移民の受け入れを決めてないので、リアリティのある議論なんかできるわけではないのです。
 だからこの曾野さんのコラムは「現実に移民を入れたらイロイロ問題が起きるよ」ぐらいの意味しかないのです。
  1. 2015-02-18 15:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

この話って以前にも書いていませんでしたっけ?
なぜ今そんなに反応するんだろうって思いました。
それに、確か曽野さんがやっていたNGOだかは南アから感謝状か何かいただいていたような記憶もあるのですが。(記憶違いだったらごめんなさい。)
何となく後ろに反安倍がちらつくような気がするのは自分だけでしょうか?
  1. 2015-02-19 07:33
  2. URL
  3. #0MXaS1o.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> この話って以前にも書いていませんでしたっけ?
> なぜ今そんなに反応するんだろうって思いました。
> それに、確か曽野さんがやっていたNGOだかは南アから感謝状か何かいただいていたような記憶もあるのですが。(記憶違いだったらごめんなさい。)
> 何となく後ろに反安倍がちらつくような気がするのは自分だけでしょうか?

 いいえ、ワタシもそういう気がしています。 他にもそういう気がしている人が、大勢いるようです。
 
 だってそうでもなければ一作家のコラムに世界中で騒ぐ理由がありませんから。
 反安倍の為の朝日のいつもマッチポンプ騒動以外の何物でもありません。

 
  1. 2015-02-19 11:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する