2015-01-26 15:28

2014年12月貿易収支黒字化

 たまたま2チャンを見ていたら、こんなカキコを見つけました。

23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載は禁止:2015/01/26(月) 14:47:40.87 ID:3A2tmDPE
12月の貿易収支 総 額 (原 値) (単位:百万円,%)
     平成26年12月  平成25年12月   伸 率
輸 出    6,896,467      6,109,178     12.9
輸 入    7,557,180      7,416,345      1.9
差 引    △660,713    △1,307,167     -49.5
円安で輸出の伸張が始まってるが、メディアはスルー
http://www.customs.go.jp/toukei/shinbun/trade-st/2014/201412c.xml#pg1

日本の貿易収支の推移
2015y01m26d_145543242.jpg

 マスゴミでは「円安になっても輸出は増えない。 貿易収支は黒字化しない。」と言われ続けました。 しかしここにきて、遂に貿易収支が黒字化したのです。

 元来円安になっても直ぐに輸出は増えないのです。 元々輸出価格は数か月単位の契約で決めていますから、契約期間が過ぎないと価格は変わりません。
 また円安が今後共続く見通しがなければ、輸出企業側も輸出価格を下げるわけには行きません。

 だから今月円が10円下がったから、今月その分輸出が増えると言うわけではないのです。

 プラザ合意でアメリカは円高ドル安政策を確定しましたが、アメリカの輸出が増えたのは合意の2年後からです。
 逆に円高になっても輸出が減るまでには、暫くかかりました。

 USドル/円の為替レートの推移(年次)
2015y01m26d_150248888.jpg

 円は2006年からコンスタントに下がり始めたけれど、2010年まで貿易収支は黒字を保ち続けました。 でも2011年から一期に赤字転落です。
 
 勿論今回の貿易収支の黒字化が今後共続くかどうかはわかりません。 輸出は為替レートだけでなく、輸出先の国々の経済状況の影響も大きいですから。

 ともあれパナソニック始め輸出企業の工場の国内回帰も始まりました。 

 金融緩和による円安誘導は、日本経済に良い影響を及ぼしているのではないでしょうか?


 
 
  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

報道しない自由ですね。

 予想より早く効果が出ているのに、円安は日本経済を破綻させるみたいに報道してますね。でも大企業から国内回帰し始めていますから、少し遅れて中小企業も戻ってきたら嬉しいですね。去年トヨタの社長が、安倍総理の「頑張る人が、報われる社会にしたい。」という言葉に「私も、そう考えて仕事を始めました。協力したい。」と興奮気味に語っていました。やはり日本の為という思いが、人を動かすのだと思います。算盤は、キチンと弾くでしょうが。おかげで友人のお子さんは、正社員の内定を10社位貰ったそうで、とても喜んでいました。
 民主党は超円安政策をとり、どんどん海外に進出させようと誘導しましたね。苦しそうに大企業の人が、出たくないけど持ちこたえられないと言ってたのを思い出します。本当にあの人たちは、日本が嫌いなのでしょうね。
 
 昨日のイスラム教について教えて頂いて、目から鱗でした。これから少し勉強して、理解したいと思います。それから塩野さんの「チェーザレ・ボルジア」ですが、読んでみようと思います。権謀術数が渦巻くバチカンの、怖い部分を感じられそうな気がします。
  1. 2015-01-26 17:22
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: 報道しない自由ですね。

>  予想より早く効果が出ているのに、円安は日本経済を破綻させるみたいに報道してますね。でも大企業から国内回帰し始めていますから、少し遅れて中小企業も戻ってきたら嬉しいですね。去年トヨタの社長が、安倍総理の「頑張る人が、報われる社会にしたい。」という言葉に「私も、そう考えて仕事を始めました。協力したい。」と興奮気味に語っていました。やはり日本の為という思いが、人を動かすのだと思います。算盤は、キチンと弾くでしょうが。おかげで友人のお子さんは、正社員の内定を10社位貰ったそうで、とても喜んでいました。
>  民主党は超円安政策をとり、どんどん海外に進出させようと誘導しましたね。苦しそうに大企業の人が、出たくないけど持ちこたえられないと言ってたのを思い出します。本当にあの人たちは、日本が嫌いなのでしょうね。

 サヨクって頑張る人が大嫌いですからね。 それから自己責任が大嫌いです。
 自分の意思で自分の人生の方針を決めて頑張るのが嫌いだから、社会主義が好きなんですね。

 だから頑張る人が人が報われる社会ってサヨクには地獄なのだと思います。

>  昨日のイスラム教について教えて頂いて、目から鱗でした。これから少し勉強して、理解したいと思います。それから塩野さんの「チェーザレ・ボルジア」ですが、読んでみようと思います。権謀術数が渦巻くバチカンの、怖い部分を感じられそうな気がします。

 塩野さんの若い頃の小説やエッセイは面白いです。 元々ルネサンスで売り出した人ですから。
  1. 2015-01-26 19:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

これは単純な問題じゃあありません。

為替相場自体は日本が赤字が続いていた状態ならば本来円安に振れるはずだったのです。ところが基軸通貨国のアメリカがとんでもない通貨の発行をやり、白川の馬鹿がそれを黙ってみていたので円高に触れ続けていた、それだけのことです。

円高円安は環境の問題に過ぎません。しかしその環境に合わせて変えた産業構造は環境が変化しもておいそれとは変えることが出来ません。海外への展開というのは短足おじさんのような方が海外で工場を作りそこからの上がりで資本収支を黒にすることしかりあません。海外で作ったものを逆輸入するではいけないのです。国内の製造業に発展がありませんからね。

だから、製造業の国内回帰というならばこれから先もう出て行かないようにする、つまりは日本人の物は日本で作るという決意が重要になると思うのです。そして貿易赤字よりは黒字の方がいいに決まってますが、その黒字は円安だから黒字になったというのでは本来困るわけです。日本人向けでしか本来はないんだけどそのような高級品が海外で売れてきたから輸出してます、くらいじゃなければいけないはずです。

マスゴミはそういう発展をガラパゴスとか言って馬鹿にしてる、アホな光景だと思います。こういう循環を作るにはとにかく国民所得が増加しなくてはいけません。そのためには国民の給与が増えねばいけないのですが、この20年位そのことにとんと無関心だったのだと思います。

別なエントリにもありますが生活保護が狂ったのは制度設計の問題ですがこれも国民所得が増加してれば本来は総問題にならなかったはずの問題です。あまりにも無策だったのです。

これは基本的に政府の政策がうまくいかないのは結構なことだと思ってるサヨクの赤馬鹿とグローバル経済への組入が全て正しいと信じるグローバル馬鹿つまり黒馬鹿がずっと跳梁してきた結果でしょう。こいつらを消さねばいけません。

バブル崩壊はみなが一番の病巣を切り込まなかったので病気が長引きました。そのため日本は生き方を変えねばいけなかったのです。しかしそれで幸せになったか、もう一度考えたら昔のほうが良かったんじゃないかというのが今の正直なところでしょう。

無駄なことをしたもんだと思います。でも欧米にした所で矛盾が解決したわけではないでしょう。日本と同じような長い長い調整期間が来るはずです。特亜はおそらく破綻でしょう。人は自分たちができることをやることしかできませんがそういう当たり前がようやく実現しそうな気がします。
  1. 2015-01-28 05:13
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

「猫の遠ぼえ」さんの記事

 丁度1月27日の「景気回復この春の賃上げがカギ」にトヨタの事が書いてありました。
  1. 2015-01-28 08:37
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: これは単純な問題じゃあありません。

> 為替相場自体は日本が赤字が続いていた状態ならば本来円安に振れるはずだったのです。ところが基軸通貨国のアメリカがとんでもない通貨の発行をやり、白川の馬鹿がそれを黙ってみていたので円高に触れ続けていた、それだけのことです。

 そうなんですよね。 本来あの異常円高が進んだ頃は、東日本大震災で日本が大被害を受けた後で、本来なら円が下がるはずでした。
 でもFBRにECBもスイス連銀やスウェーデン中央銀行までもが、競争で金融緩和をやっているときに、日銀だけが金融引き締めを続けたので、円だけが異常に上がったのです。

 これは高橋洋一氏などが繰り返し言っていたことですが、民主党政権と日銀が無視したのです。
 今回円安倒産とかの報道をするようになって、初めて金融政策で為替レートが決まる事を認るようになったのです。

 安倍政権のマイナスになる事なら経済学が理解できるのですね。

> 円高円安は環境の問題に過ぎません。しかしその環境に合わせて変えた産業構造は環境が変化しもておいそれとは変えることが出来ません。海外への展開というのは短足おじさんのような方が海外で工場を作りそこからの上がりで資本収支を黒にすることしかりあません。海外で作ったものを逆輸入するではいけないのです。国内の製造業に発展がありませんからね。
>
> だから、製造業の国内回帰というならばこれから先もう出て行かないようにする、つまりは日本人の物は日本で作るという決意が重要になると思うのです。そして貿易赤字よりは黒字の方がいいに決まってますが、その黒字は円安だから黒字になったというのでは本来困るわけです。日本人向けでしか本来はないんだけどそのような高級品が海外で売れてきたから輸出してます、くらいじゃなければいけないはずです。
>
> マスゴミはそういう発展をガラパゴスとか言って馬鹿にしてる、アホな光景だと思います。こういう循環を作るにはとにかく国民所得が増加しなくてはいけません。そのためには国民の給与が増えねばいけないのですが、この20年位そのことにとんと無関心だったのだと思います。

 この20年間の金融財政政策は明らかにおかしかったのです。 しかしそのオカシイ政策を経済学会が指摘せずに、オカシイ事を延々とやり続けたのです。

 最初に間違えのを、政策を変えると間違いを認める事になり、自分達の責任問題になる、そういう理由で買えなかったのではないかと思います。

 それで日本の経済を20年間疲弊させたのだから罪は重いです。

> 別なエントリにもありますが生活保護が狂ったのは制度設計の問題ですがこれも国民所得が増加してれば本来は総問題にならなかったはずの問題です。あまりにも無策だったのです。
>
> これは基本的に政府の政策がうまくいかないのは結構なことだと思ってるサヨクの赤馬鹿とグローバル経済への組入が全て正しいと信じるグローバル馬鹿つまり黒馬鹿がずっと跳梁してきた結果でしょう。こいつらを消さねばいけません。
>
> バブル崩壊はみなが一番の病巣を切り込まなかったので病気が長引きました。そのため日本は生き方を変えねばいけなかったのです。しかしそれで幸せになったか、もう一度考えたら昔のほうが良かったんじゃないかというのが今の正直なところでしょう。
>
> 無駄なことをしたもんだと思います。でも欧米にした所で矛盾が解決したわけではないでしょう。日本と同じような長い長い調整期間が来るはずです。特亜はおそらく破綻でしょう。人は自分たちができることをやることしかできませんがそういう当たり前がようやく実現しそうな気がします。

 高橋洋一氏によればバブルを抑える為に、不必要な金融引き締めを続けたのが、日本経済の復活が遅れた原因だと言います。
 
 実際、日本の失敗を見てかアメリカでも欧州でも、バブルが崩壊した直後に手早く金融緩和策に返還しているのです。 アメリカなどはそれで早々とリーマンショックから立ち直っています。

 ところが日本は金融引き締めでバブルを潰した後も、延々と金融引き締めを続けて、経済成長を阻害しました。

 しかしそれでも日本が持ちこたえられたのは、日本には莫大な債権があり、海外投資による経常黒字を保持できたからでしょう。

 特亜にはそんなことはできません。

 欧州は金融緩和に転じたけれど、財政出動ができませんから、大変でしょうね。
  1. 2015-01-28 13:50
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 「猫の遠ぼえ」さんの記事

>  丁度1月27日の「景気回復この春の賃上げがカギ」にトヨタの事が書いてありました。

 そうでしょうね。 国民所得が増えないと消費が増えるわけもなく、景気が回復するわけもないのです。
  1. 2015-01-28 13:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する