2015-01-14 17:07

トンデモ史観で戦後賠償を!! 中国新聞

 年明けから自称リベラル紙の社説はひたすら自虐史観の保持を喚きつづけていますが、これはもうとびきりです。


社説 戦後70年 歴史認識 謙虚に向き合う姿勢を

 あの戦争が終わって70年を迎える。だが中国や韓国との関係は、かつてないほど冷え切っている。

 安倍晋三首相はこの夏、戦後70年の談話を発表する。

 アジア諸国で2千万人を超すともいわれる犠牲者を出したことを、節目の年にどう総括するのか。日本の姿勢に世界から注目が集まっていよう。

 隣国との関係改善が進まない現状をいつまでも放置していいはずはない。新たな一歩を踏み出す環境づくりにつなげたい。

戦後処理に賛否

 70年を経ても、歴史認識の摩擦が続く背景には、戦後処理の複雑さがあるのかもしれない。

 日本は、極東国際軍事裁判(東京裁判)によってその戦争責任が裁かれた。「平和に対する罪」「人道に対する罪」でA級戦犯28人が起訴されている。一定にけじめをつけたことは確かである。

 一方、対外的な戦後補償はどうだったろう。日本政府は、サンフランシスコ講和条約や2国間協定を通じ、国家賠償を柱に決着した、とのスタンスだ。

 ただ、各国は冷戦体制の下、日本への法的責任を十分に問えなかった、との指摘もある。

 とりわけ韓国との戦後処理は、後を引いている。戦時下では日本が併合していたため、「実質的に日本の一部」とみなされ、サンフランシスコ講和条約では正規の戦争賠償権が与えられなかった。後に日韓基本条約が結ばれ、補償金が支払われている。両国間の財産・請求権問題は、経済協力と引き換えとして政治的に「解決」された格好である。

 日本の過去への不満が一気に噴き出してきたのは、1990年代に入り、韓国の政治が民主化したことも影響していよう。日本にとっては「なぜ今」との受け止めもあるが、韓国民からすれば軍事独裁政権の下で抑圧されていた異議申し立てが、戦後数十年を経て「ようやく」行えるようになったとの認識なのであろう。

 もちろん日本も、歴史問題に対して手をこまねいていたわけではない。93年、細川護煕首相が所信表明演説で、侵略行為について反省とおわびを表明した。

村山談話の意義

 95年、村山政権下で元従軍慰安婦に対する償いのための基金が設立された。戦後こぼれ落ちてきた問題に、政治が向き合おうとした意味は大きい。

 さらに象徴的なのは、戦後50年に発表された「村山談話」であろう。「国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって多くの国々の人々に多大の損害と苦痛を与えました」

 隣国とのわだかまりをなくしたい―。行間から伝わるその思いが、いったんは日本への厳しいまなざしを変える契機となったことを、私たちは忘れてはなるまい。

独に学ぶ視点は

 安倍首相の70年談話が注目されているのは、どこまで村山談話の精神を引き継ぐのか、現時点ではなお不透明なためでもあろう。

 年頭会見で、首相は村山談話を「全体として引き継ぐ」と表明した。とはいえ「侵略」の表現を継承するのか、戦争責任をどこまで明確にするのかは識者による今後の協議に委ねられた格好である。

 首相はかつて「侵略の定義は国際的に定まっていない」と述べたこともある。従軍慰安婦の強制性や、南京大虐殺の被害者数など、関係国と日本との間で見解が異なる部分も多い。

 この際、各国で史実と向き合い、有識者を交えて共通認識を深めることも大切ではないか。

 ドイツは戦後、ナチス時代の否定と、戦争犯罪人の追及、歴史教育の徹底、強制労働についての個人補償などを進めた。

 歴史に正面から向き合うその姿勢に学ぶ点は少なくない。そうして隣国との和解を果たしてこそ、未来志向が生まれる。

(2015年1月10日朝刊掲載)



 もう突っ込みどころが多すぎて困るほどですが、一応突っ込んでおきます。

>ただ、各国は冷戦体制の下、日本への法的責任を十分に問えなかった、との指摘もある。

 戦争に法的責任を問う事はできません。 そもそも当時、主権国家の戦争を裁く為の法律などありませんでした。
 
 極東軍事裁判でA級戦犯を裁いた「平和に対する罪」などと言うのは、そもそも法によらない罪なのです。 つまり唯のリンチです。
 
 リンチだとミットモナイので裁判みたいな恰好を付けただけなのです。
 
 そして何より呆れるのが、この一文です。

とりわけ韓国との戦後処理は、後を引いている。戦時下では日本が併合していたため、「実質的に日本の一部」とみなされ、サンフランシスコ講和条約では正規の戦争賠償権が与えられなかった

 それでは中国新聞は韓国が日本と戦争したとでも言いたいのでしょうか?

 パククネの父親は戦時中何をしていたか知らないのでしょうか?

 第二次大戦中朝鮮は日本領でした。 そして朝鮮人は極めて忠良な大日本帝国臣民でした。
 だから後に大統領になるような人間が、血書を書いて士官学校への入学を希望したのではありませんか?

 現在韓国の教科書には「独立軍が日本に対して抗戦していた」と言うトンデモ史が書かれています。 この独立運度家には数名のテロリストがいました。
 
 しかしそのテロリスト達も大戦中は何をしていたのかわかりません。

 だからそんなテロ組織を日本軍との抗戦と認める国なんかないのです。
 ちなみに韓国式のトンデモ史観には、北朝鮮も全然付き合う気はありません。 北朝鮮は別のトンデモ史観を持っていますから。 

 中国新聞の言う「歴史に謙虚に」と言うのは、このトンデモ史観による歴史認識に付き合えと言う事でしょうか? 

 歴史を学べば、中学の歴史教科書でもわかりますが、日本は秀吉の朝鮮征伐以来、朝鮮と戦争をした事はありません。
 朝鮮征伐の問題は徳川幕府と李氏朝鮮が話し合いで解決済みです。

 日韓併合は完璧に平和裏に行われました。

 その韓国と「戦後賠償」とか「戦後処理」って何でしょうか?

 ドイツを引き合いに出していますが、ドイツは戦時中併合していたオーストリアには、1マルクの賠償もしていません。 ドイツに併合されていたオーストリアが、ドイツとは別途に交戦国に賠償をしているのです。

 ドイツに学べば日本は第二次大戦について韓国に賠償する必要はありません。

 ちなみにドイツが行った「ナチス時代の否定と、戦争犯罪人の追及、歴史教育の徹底、強制労働についての個人補」ってあくまでナチの犯罪についてです。

 ドイツ国軍の犯罪には全く言及していません。 ドイツ軍の主力は勿論ドイツ国軍で、戦争をしたのもドイツ国軍なのですが。

 ついでに言うとナチの犯罪で有名なユダヤ人迫害は、戦争と関係ありません。 反ユダヤはナチのマニフェストでした。
 だから1933年ヒトラーが首相になって、ナチが与党になると、直ぐにユダヤ人迫害政策を始めています。

 ユダヤ人の就業制限が行われて、ドイツ国内に強制収容所がつくられたのも1933年のナチス政権成立時からです。

 当時の欧米諸国は皆ドイツのユダヤ人迫害政策を知っていましたが、しかし完全にこれを黙殺しています。

 政権獲得後ナチス政権はドンドンユダヤ人迫害政策を強化しましたが、一方このような中で1936年ベルリンオリンピックを開催し、オリンピック史上最大ともいえる成功を収めています。 

 つまりユダヤ人迫害を理由にベルリンオリンピックをボイコットするような国など一国もなかったのです。

 それどころか当時の欧米諸国は、このようなドイツから逃れたユダヤ人難民には非常に冷淡でした。 

 アメリカもフランスもイギリスも難民の受け入れを拒否するだけでなく、必死になって国境まで逃げて来たユダヤ人難民をドイツへ追い返したり、ユダヤ人難民の乗った船を撃沈したりしています。

 世界大恐慌の後で失業者が溢れる中に難民が来るのは困るとかイロイロありますが、反ユダヤってヒトラーの発明でも専売特許でもなく、ヨーロッパの伝統だから仕方ないです。

 このような経緯ですから、ユダヤ人迫害始めナチの犯罪の犠牲者の大多数はドイツ人です。 古代ローマ時代のユダヤ滅亡以来、1948年のイスラエルの建国までこの世にユダヤ人の国はありませんでした。

 ヒトラーが迫害したのは「ユダヤ教徒、或いは先祖がユダヤ人だった」ドイツ人です。 彼等の殆どは中世初頭からドイツに移民して、ドイツで暮らし続けて、第一次大戦では他のドイツ人同様にドイツ兵として戦いました。

 自称リベラリスト達はドイツが戦争に関して国家賠償をしなかったことは無視して、ナチの犯罪について個人賠償をしたことをひたすら礼賛しています。
 
 けれど以上のような理由からナチの犯罪には個人賠償で対応するしかないのです。 ドイツ人がドイツ政府から迫害を受けたのですから。 これと同じケースがアメリカの日系人迫害です。

 ちなみに当時の世界で唯一ナチの反ユダヤ主義に同調せずに、ユダヤ人に公正な態度をとったのが日本政府(東条内閣)です。

 東条内閣は当時の世界で唯一「人種差別はせず」と内閣の方針とした政権です。 そしてこの方針に沿って、ユダヤ人については国籍に準じて対応しました。

 だからドイツ国籍のユダヤ人はドイツ人同盟国民として扱いました。 その為当時日本で音楽学校の教授など公職に就いていたドイツ国籍のユダヤ人は終戦までその職に留まりました。 ドイツ大使は猛烈に抗議したのですが、日本政府はその抗議には応じませんでした。

 シベリア鉄道で満州国へ逃げ込んだユダヤ人や中国に逃げ込んだユダヤ人も、終戦まで満州国や中国の日本租界に滞在できるように対応しています。

 さてそれでは、日本はドイツを見習って何をしたらよいのでしょうか?

 戦犯の追及?
 
 でもサンフランシスコ講和条約締結後、日本はすぐに戦犯の名誉を回復しました。 これに連合国のどこも抗議していません。

 そして1954年に日本が国連加盟をしたとき、NYの国連本部で加盟受諾演説を行ったのはA級戦犯の重光葵です。 
 それを今更追及したら、この時加盟受諾演説に拍手した加盟国の立場がないんですが? ちなみにこの加盟は全会一致なのです。

 歴史教育の徹底?

 民主主義国家で特定の歴史観を強制するってオカシクないですか?
 
 そして日韓併合中の問題は日韓条約で「完全かつ包括的」に解決しています。 そもそも個人賠償の対象になるような問題がありません。

 売春婦や出稼労働者に謝罪や賠償をする国はありませんから。

 それにしてもこの中国新聞の意味不明で支離滅裂な社説を読んでいると、ホントに戦後民主主義の本質って、「日本が悪い!!」それが全てだったんじゃないかしか思えません。

 戦争もしていない国を相手に、全然関係ないドイツの話を持ち出して「謝罪しろ。 賠償しろ。」ですからね。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

こんばんは。

この手の論説に、北朝鮮の話が出てくるのを見たことがありません。
日韓併合の反省をせよと主張するのに、どうして北朝鮮を無視するのでしょう。
彼らの本音が垣間見えますね。
  1. 2015-01-14 18:11
  2. URL
  3. ciel #-
  4. 編集

すばらしい!

フェアな論文ですね。すばらしい。

病魔に臥せている姐さんを想像する時がありますが、杞憂でした。なになに...天に恵まれた才をお持ちです。勉強になります。
  1. 2015-01-14 18:45
  2. URL
  3. ひげオヤジ #-
  4. 編集

広島在住です

中央日報の記事みたいですね。韓国人が書いてるのか?思考が瓜二つです。リベラルさんと韓国は観念的だから気があうのでしょうか。だから彼らは韓国大好きなんでしょうか。でも韓国人ってもれなく突き抜けた民族主義だし、ひどい階級社会なのに。おかしいですねえ。
  1. 2015-01-14 20:08
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

新聞のこれからが、心配です。

 記者は欧州の歴史など読者は知らないから、何を書いても好いと思っているみたいですね。最近 いろんなブログやコメントを読んでいると、だんだん本当の事を知る人が増えてきています。そろそろ、マスコミは笑われているかもと気づくべきです。
 戦後体制が各国で崩れてきてますが、朝日の次はNHKの番がきたようで。昨晩のクローズアップ現代は、子供だましみたいな幼稚な作りだったみたいです。左翼のイメージは、「東大の頭が良すぎて道を間違えた人」でしたが、錯覚だったのかもしれません。
  1. 2015-01-14 21:33
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

いつものことながら

いつものことながら、スカッとする論説です。
それに比べて、この新聞の幼稚なこと。
笑いのネタにすればいいのですが。
中国新聞とは、中(華人民共和)国新聞のことではないでしょうか(笑)

朝日ですら、もう「ドイツに…」とは言いません。
今なお「吉田清治が証言している」と言っているようなものです。
中国新聞には人材がないのでしょう。

国際平和は条約を順守することによって成り立つことを、教えてあげないといけません。
決着済のことを蒸し返すのは、平和を乱す行為だということも。
  1. 2015-01-14 21:34
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんばんは。
>
> この手の論説に、北朝鮮の話が出てくるのを見たことがありません。
> 日韓併合の反省をせよと主張するのに、どうして北朝鮮を無視するのでしょう。
> 彼らの本音が垣間見えますね。

 拉致が発覚するまでは専ら北朝鮮に臣従していたんですけどね。 北がダメになったらいきなり韓国にしがみ着きました。
  1. 2015-01-14 23:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: すばらしい!

> フェアな論文ですね。すばらしい。
>
> 病魔に臥せている姐さんを想像する時がありますが、杞憂でした。なになに...天に恵まれた才をお持ちです。勉強になります。

 恐縮です。
 まだ喘息が収まらないので辟易していますが、妹とよもちゃんが助けてくれるので、何とかやっています。
  1. 2015-01-14 23:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 広島在住です

> 中央日報の記事みたいですね。韓国人が書いてるのか?思考が瓜二つです。リベラルさんと韓国は観念的だから気があうのでしょうか。だから彼らは韓国大好きなんでしょうか。でも韓国人ってもれなく突き抜けた民族主義だし、ひどい階級社会なのに。おかしいですねえ。

 そうなんです!!
 自称リベラリストの思考法って完璧に韓流なのです。

 事実には全く無関心で、ひたすら自分達の妄想上の観念に執着するのです。 しかも学歴至上主義、権威至上主義です。

 だから高学歴で有名新聞の記者にとっては韓国って天国でしょう。
  1. 2015-01-14 23:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: いつものことながら

> いつものことながら、スカッとする論説です。
> それに比べて、この新聞の幼稚なこと。
> 笑いのネタにすればいいのですが。
> 中国新聞とは、中(華人民共和)国新聞のことではないでしょうか(笑)

 ホントに幼稚で支離滅裂なんですよね。

> 朝日ですら、もう「ドイツに…」とは言いません。
> 今なお「吉田清治が証言している」と言っているようなものです。
> 中国新聞には人材がないのでしょう。

 ハハハ、そもそもドイツは謝罪した論を捏造したのは朝日です。
 90年代ですけどね。

> 国際平和は条約を順守することによって成り立つことを、教えてあげないといけません。
> 決着済のことを蒸し返すのは、平和を乱す行為だということも。

 そういう近代国家の国際政治の原則を理解できるぐらいなら、新聞記者なんかにはならないのでしょうね。
  1. 2015-01-14 23:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 新聞のこれからが、心配です。

>  記者は欧州の歴史など読者は知らないから、何を書いても好いと思っているみたいですね。最近 いろんなブログやコメントを読んでいると、だんだん本当の事を知る人が増えてきています。そろそろ、マスコミは笑われているかもと気づくべきです。

 いつまでもいつまでも自分達が世論作っているつもりでいるんでしょうね。
 
>  戦後体制が各国で崩れてきてますが、朝日の次はNHKの番がきたようで。昨晩のクローズアップ現代は、子供だましみたいな幼稚な作りだったみたいです。左翼のイメージは、「東大の頭が良すぎて道を間違えた人」でしたが、錯覚だったのかもしれません。

 NHKって前々からオカシイです。
 慰安婦強制連行捏造も必死で応援したのもNHKですから。
  1. 2015-01-14 23:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

忠良?

>各国は冷戦体制の下、日本への法的責任を十分に問えなかった、との指摘もある。
GHQの占領下にあった1946年、国民党政権が「中国と呼べ」と要求し、「支那」の呼称が禁止されました。主権がなかった日本は、不当な要求であっても飲まざる得なかったのです。各国は、国際環境の影響で責任追及が十分出来なかったのだから、改めて訴追を受け入れるべきだとするなら、まず中国の呼称を「支那」に戻すべきではありませんか。
中国は「中国地方」や「中国銀行」の名称変更を要求して来たことがありましたが、中国新聞に同様の要求はなかったのでしょうか。もしかしたら、中国新聞は、名称変更をしな(支那)い代わりに中共の機関紙になることで要求に答えたのかもしれませんね。

>朝鮮人は極めて忠良な大日本帝国臣民でした。
子供の頃に聞いた大人たちの会話を思い出すと、実体験による戦前の朝鮮人評は、戦前も自己主張が強く、嘘つきでずる賢いというものでした。戦前も現代も朝鮮人の本質は何も変わっていないのではないかと、最近思っています。「忠良な大日本帝国臣民」と言われると疑問を持ってしまいます。
  1. 2015-01-15 01:15
  2. URL
  3. ボルト #-
  4. 編集

Re: 忠良?

> >各国は冷戦体制の下、日本への法的責任を十分に問えなかった、との指摘もある。
> GHQの占領下にあった1946年、国民党政権が「中国と呼べ」と要求し、「支那」の呼称が禁止されました。主権がなかった日本は、不当な要求であっても飲まざる得なかったのです。各国は、国際環境の影響で責任追及が十分出来なかったのだから、改めて訴追を受け入れるべきだとするなら、まず中国の呼称を「支那」に戻すべきではありませんか。
> 中国は「中国地方」や「中国銀行」の名称変更を要求して来たことがありましたが、中国新聞に同様の要求はなかったのでしょうか。もしかしたら、中国新聞は、名称変更をしな(支那)い代わりに中共の機関紙になることで要求に答えたのかもしれませんね。

 つまりシナ様の要求に従って名前通りの報道をするようになったのですね。

> >朝鮮人は極めて忠良な大日本帝国臣民でした。
> 子供の頃に聞いた大人たちの会話を思い出すと、実体験による戦前の朝鮮人評は、戦前も自己主張が強く、嘘つきでずる賢いというものでした。戦前も現代も朝鮮人の本質は何も変わっていないのではないかと、最近思っています。「忠良な大日本帝国臣民」と言われると疑問を持ってしまいます。

 そう言えばその通りですね。 大日本帝国に臣民であることには異議はなかったけれど、良民とは言えませんからね。 
 しかしそれは元来の国民性だから仕方ありません。
 
  1. 2015-01-15 11:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

広島県人です

中国新聞を購読している広島県人です。広島県では中国新聞は60%のセェアを持っていますが、まあ あとは読売とかですが。社説を読んでいるわけではありません。社説欄なんかは、第三種郵便物認可のための埋め草記事程度の認識しかありません。カープとサンフレッチェの記事を読みたいので購読しているだけです。あと地域記事とお悔やみ欄、以上です。でも最近、原爆、原爆、とうるさい記事が多いです。夏でもないのに。
  1. 2015-01-15 22:28
  2. URL
  3. 双子の申 #Z7phI0eA
  4. 編集

戦前に日本では

相当程度半島出身者を優遇していたフシがあります。

関東大震災における諸問題は当時の内相後藤新平によって実態が隠されました。
おそらく本当の実態が暴露されることで朝鮮統治や外交関係で問題が生ずるのを避けたかったからでしょう。(この点彼をアカの擁護者として扱う意見もありますが立証はできていないと思います)

更には当時の衆院選で半島出身者が当選したこともあります。当時は小選挙区制ですからいくら半島出身者が多い地域でもある程度のテコ入れがなければ不可能です。おそらく何らかの意図があったのは明確です。政府は斯様に内鮮融和、内鮮一体を勧めていたわけです。これがあと半生記も続いていたらどうなったか…
連中は模範的な日本国民になりたがってましたから相当程度民族の改造が進められたと思ってます。そそらく韓国の為政者にとってこの影響力が恐ろしいということが為政者の反日の原因です。オッパン民衆に関してのかなりの部分は小中華主義という儒教思想が原因でしょう。

これは日本の政策ですが戦争に負けて立場が変わるとここまでバカを言うようになるとは世も末ですね。
支那人共の反日は政府の政策であり、民衆は物を見ています。だからモノのやり様はあります。でも民衆レベルで基地外だと打つ手がありません。

戦前の日本もロシアに対する防衛政策としても本当に無駄なことをやったものだと慨嘆するばかりです。
  1. 2015-01-16 12:49
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 広島県人です

> 中国新聞を購読している広島県人です。広島県では中国新聞は60%のセェアを持っていますが、まあ あとは読売とかですが。社説を読んでいるわけではありません。社説欄なんかは、第三種郵便物認可のための埋め草記事程度の認識しかありません。カープとサンフレッチェの記事を読みたいので購読しているだけです。あと地域記事とお悔やみ欄、以上です。でも最近、原爆、原爆、とうるさい記事が多いです。夏でもないのに。

 なるほど北海道での北海道新聞と同じ状況ですね。
 北海道の人も北海道新聞はお悔やみ欄と地元イベントの為に取っているのです。
  1. 2015-01-16 14:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 戦前に日本では

> 相当程度半島出身者を優遇していたフシがあります。
>
> 関東大震災における諸問題は当時の内相後藤新平によって実態が隠されました。
> おそらく本当の実態が暴露されることで朝鮮統治や外交関係で問題が生ずるのを避けたかったからでしょう。(この点彼をアカの擁護者として扱う意見もありますが立証はできていないと思います)

 これは随分していたでしょう。 為政者の立場だとあんな事件が起きたら、国民が狂乱するのが恐ろしいですものね。
 
> 更には当時の衆院選で半島出身者が当選したこともあります。当時は小選挙区制ですからいくら半島出身者が多い地域でもある程度のテコ入れがなければ不可能です。おそらく何らかの意図があったのは明確です。政府は斯様に内鮮融和、内鮮一体を勧めていたわけです。これがあと半生記も続いていたらどうなったか…

 マジに厄介なことになっていたと思います。 
 
> 連中は模範的な日本国民になりたがってましたから相当程度民族の改造が進められたと思ってます。そそらく韓国の為政者にとってこの影響力が恐ろしいということが為政者の反日の原因です。オッパン民衆に関してのかなりの部分は小中華主義という儒教思想が原因でしょう。

 儒教思想と事大主義でしょうね。 戦後その事大の対象がアメリカになり、今は中国に戻りつづあるのです。

> これは日本の政策ですが戦争に負けて立場が変わるとここまでバカを言うようになるとは世も末ですね。
> 支那人共の反日は政府の政策であり、民衆は物を見ています。だからモノのやり様はあります。でも民衆レベルで基地外だと打つ手がありません。
>
> 戦前の日本もロシアに対する防衛政策としても本当に無駄なことをやったものだと慨嘆するばかりです。

 ホントに日韓併合は最悪の失敗でした。
 歴史に学んで二度とこんな事はしないようにしなければ。

 
  1. 2015-01-16 15:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する