2015-01-11 12:21

人種差別禁止の素晴らしい成果

 先日、ネットをしていたら、こんな記事を拾いました。
 2014年8月の産経新聞の記事です。

「白人少女1400人レイプ」異様な売春犯罪を常態化させた英国移民社会の裏側
【ロンドン=内藤泰朗】英中部ロザラムで、昨年までの16年間に1400人以上の子供が組織的な性的虐待を受けていたとの調査報告が公開され、地元政治家や警察への批判が高まっている。主に白人の少女を狙い人身売買をしていたとして、パキスタン系の男ら約10人が訴追されており、英国内のイスラム移民社会にも動揺が広がっている。

 独立した専門家がまとめて8月26日に公開された報告書によると、虐待者たちは性的な欲求を満たすため、家族と離れ、施設に入れられた白人の少女たちに接近。贈り物や酒、麻薬を与えて強姦した後は、暴力を振るったり銃を突きつけて脅したりして口を封じていた。ガソリンをかけて火を付けると脅迫したり、11歳の少女を多数で強姦した例もあったという。

 被害者にはパキスタン系など非白人の少女たちもいるが、報告書は、イスラム社会での村八分を恐れて告発できない可能性があるとして改善を求めた。

 問題が長く放置されてきた背景については、ロザラムのパキスタン系地方議員らが問題解決を妨げていたと説明。議員らは、事実を公にすれば人種差別をあおり、反移民など過激な政治勢力が台頭すると懸念を示していたという。

 しかし、英メディアは「地元当局が人種問題を避け、対応を怠ってきたことが問題を深刻化させた」などと批判している。

 人口約25万のロザラムで、パキスタン系は約3%を占める。


 
 「少なく見積もっても1400人」って凄い数です。 人口が25万の都市なら、10代の少女の人口はせいぜい1万5千人程でしょう。 そのうちの1400人と言うことは、同世代の少女のほぼ1割が被害を受けた事になります。

 ちなみにパキスタン系の人口は3%と言うことですから、7500人です。 

 これほど小さなコミュニティーで、これほど大規模は性犯罪を長期間続けていれば、パキスタン系移民の住む地区やその近辺の住民は皆、何年も前からこの犯罪が続いている事は薄々しっていたのでしょう。

 ところがイギリス警察はこれを放置したのです

 凄い違和感ですよね?

 だって現在イギリスなど先進国は「女性の人権」「子供の人権」と大騒ぎしていて、孫の裸の写真をパソコンに入れていた祖父が児童ポルノ所持で逮捕されたり、証拠もない日本軍慰安婦強制連行を非難したりしているのです。

 ちなみにアンドルー王子が17歳の女性と関係した事件は「Prince Andrew 'sex slave' scandal」と報道されています。

 でも町の少女の一割が、強姦されたり人身売買されたりって、マジに吉田証言の慰安婦強制連行そのままじゃないですか? この少女達はパキスタン移民の「sex slave」って言わないんですか?

 ところがその人権と民主主義の国イギリスの警察が、自国少女の人権を自国内で守るどころか、事件隠蔽し続けていたと言うのです。


  「白人少女1400人レイプ」異様な売春犯罪を常態化させた英国移民社会の裏側

 
 実はこれで思い出したブログがあります。 2008年日本で人権擁護法案の成立が恐れられていた頃の読んだのです。


January 13, 2008
ここまで来たイギリスの人権擁護法:イスラム批判で保守派ブロガーに逮捕状!

ヨーロッパ , 人権擁護法 , 宗教と文化
*人権擁護法カテゴリーを新しく建設しました。海外における人権擁護法の悪影響や日本が海外から学ぶべき情報を特集しておりますので御覧下さい。*

瀬戸氏のところで、人権擁護法が日本でも浮上しているというお話を読んで、これは由々しき問題だと感じている。私は瀬戸氏の考えには100%同意しているわけではないが、この法律が人権弾圧に悪用される恐ろしい可能性を持つ法律であるという点には全面的に同意する。

日本よりも一足先に人権擁護法を適用したイギリスやカナダでは人権擁護法がイスラムテロリストや犯罪者によって悪用され、善良な一般市民の自由が迫害されているという話を私はこのブログでも何度かしてきたが、今回はイスラム過激派によって生活を台無しにされたイギリスの保守派ブロガー、ライオンハート(Lionheart)の話をしたい。

イギリスといえば、日本やアメリカと同じで自由な国であるはずだ。言論の自由、特に政治的な意見を述べることは国の法律が保証しているはず。誰も命の危険を感じずに思ったことがいえるのが自由主義国の特徴のはず。だが、イスラム過激派に乗っ取られつつあるヨーロッパ諸国では、いまや命の危険を感じずにイスラム批判をすることは出来なくなった。これらの国の政府は人権擁護法を使って命を狙われる市民の身を守るどころか、イスラム批判をする人間を「憎しみや暴力を煽る」という罪でかえって法的に罰するというひどい状況が起きている。日本も今、人権擁護法案が検討されているが、このような法律が適用された場合、これが市民の自由にどのような悪影響を及ぼすか、自由を愛する市民の皆様に肝に銘じていただきたい。

ライオンハートの実名はポール。彼はイギリスのルトン(Luton)の出身だ。このルトンという町は最近パキスタン系イスラム教移民やアルカエダ系の暴力団が多く住み着くようになり、麻薬売買や売春などが蔓延する非常に柄の悪い町と化してしまった。7/7のロンドン地下鉄テロの犯人たちもすべてルトン出身。ルトンには自爆テロを育てるような過激聖廟がいくつかある。

ポールは自分の住む町がイスラム系暴力団に乗っ取られていくのを憂いて、その暴虐の実態を記録し、警察に協力して麻薬販売者を逮捕する手伝いをしたりしていた。しかしポールによると腐敗した警察の内部からポールの本名が情報提供者としてイスラム系暴力団に暴露されてしまったという。

命を狙われはじめたポールは住処を追われ隠れ身となった。そしてポールは自分の身に起きた話を多くの人に読んでもらおうとブログを書きはじめた。これがイギリス警察にいわせると「憎しみと暴力を煽る」行為だというのである。

チェスラークロニクルのフィリスが行ったポール・ライオンハートとのインタビューによると、ポールは現在31歳。逮捕を目前に控えて、友人を通じてイギリスでも指折りの腕のいい弁護士を紹介してもらったという。またアメリカの弁護士も相談に乗ってくれているという。

フィリス: イギリスでは他のブロガーでこういう目にあったひとはいるの?

ポール: いや、ブロガーでは僕が初めてです。

フィリス: いったいあなたは逮捕されるようなどんなことを書いたの?

ポール: 僕は自分が住んでいるルトンとダンスタブル(Dunstable)のなかにある大きなパキスタンイスラム系居住区で起きている現場の様子をこと細かく書きつらねました。ルトンはご存じのように7/7自爆犯人の出発点で、国際イスラムテロリスト非常に多くのつながりがあるのです。僕はそのことについてブログに書きました。

僕は市街を仕切っている麻薬密売暴力団から命を狙われたため逃げなければなりませんでした。知り合いが僕の経験を書き留められるようにとブログを設置してくれました。それ以来僕は住所不定になり図書館や友達のインターネットを借りてブログを書き続けているのです。

フィリス: 「人種差別」の告発の背後にいるのは誰ですか?どうしてイギリス政府がその告発に対処することになったのですか?

ポール: 僕には全くわかりません。でもそのうちに明かになると確信しています。この「人種差別」告発は僕を黙らせるために利用されています。僕は僕をよく知っていてこの告発がどれだけ馬鹿げたものかを反論してくれる多人種の友達をいくらでも紹介することができます。僕の親友の一人は黒人です。僕にはユダヤ人の友達がたくさんいますし、僕はイスラエルのために命をかけることだってできる。オマー・バクリとアム・ハムザ(7/7事件の犯人)事件に関わったグレン・ジェニーも僕を応援してくれてます。

フィリス: ユダヤ人嫌いや反ユダヤ差別が人種差別だと理解しているなんて新鮮だわ。あなたはこの戦いには何がかかっていると思う?

ポール: 僕の自由、僕の命、僕が自分の身に個人的に何が起きているのか、僕の町で、僕の国で、そして文明社会で、西側諸国に仕掛けられたイスラム教聖戦について真実を語る自由です。さらに文明社会全体がかかっています。イスラム世界はユダヤ人種や西側諸国の完全破壊を唱えているのです。

にも関わらず、イギリス警察は西側社会を崩壊せよと唱えるイスラム過激派やイギリス国内の安全を脅かす当のイスラム暴力団を野放しにしてその悪行を暴いているポールを逮捕しようというのだから本末転倒だ。ポールはイスラム過激派が西洋社会を破壊し世界支配をしようとしていることは明らかであり、自分らの世代が戦わなければいったい文明社会の将来はどうなってしまうのだと問いかける。

ところで、ポール自身がニオナチだという噂がアメリカのブログ界でひろがった。その原因はポールが英国ナショナル党(BNP)というニオナチグループに同情的な意見を書いたことが何回かあることだ。確かに過去ログのなかにはBNPを支持するようなエントリーがあるにはある。ポールにいわせるとBNPはニオナチではないという考えらしい。彼自身はナチスを嫌っているし自分のブログにはキリスト教の十字架とユダヤ教のデイビッドの星を並べて「連合!」と書かれているくらいだから、彼自身がニオナチということはないと思う。しかし人種差別を糾弾する立場の人間が人種差別を売り物にしているようなグループと交友関係をもっているというのはちょっと問題だ。誤解を受けるようなエントリーがあったことも十分反省の余地があるだろう。

しかし仮に彼がニオナチでも、だったら彼の言論の自由は迫害されてもいいという理屈にはならない。ポールはイスラム教徒を一斉に狩出して皆殺しにしてしまえ、などと言ったわけではないのだ。実際に自分の住む地元でイスラム系暴力団によってどのような犯罪がおかされているかを暴露しただけなのだ。これがなんで「憎しみや暴力を煽った」などという罪になるのだ?「ニオナチのブロガーの身に起きたことだからどうでもいい」などと考えていると、次の逮捕状は我々に送られてくるかもしれないのだ。

人権擁護法などという法律が、本当に人権擁護になど使われた試しはない。どこの国でもこの法律が取り入れられると人権擁護と称した自由弾圧と人権迫害に悪用されるだけなのだ。イギリスしかり、カナダしかりである。

日本にはイスラム教テロリストなどいないから関係ないなどと考えるならそれはとんでもない思い違いだ。日本にも中国や東南アジアの暴力団関係者がいくらも入ってきているではないか。もし外国人暴力団によって脅かされている地元の日本人が地元の状況をブログに「うちの近所では中国系暴力団の経営する風俗店で麻薬売買が行われている。」とか「中国人らしいやくざな男たちが町を歩き回り、婦女子は恐くて通りをあるけない」などと書いたら、中国人に対する人種差別、「中国人への憎しみと暴力を煽る行為」といわれて告訴されるなどというシナリオは人権擁護法の下では十分にあり得ることなのである。

こうした西側諸国の前例から日本の人々もよく学んでいただきたいと思う。

人権擁護法断じて反対!



 なるほどこういう状況では、警察は少女の人権を守るよりも、人種問題を起こさない事を重要視するのです。

 「差別」も「ヘイトスピーチ」も定義は極めて曖昧ですから、先進国の自称リベラリスト達は、彼等が「弱者」「差別されている」と定義した集団に対する批判を全て「差別」「ヘイトスピーチ」として封殺します。

 普通にこの事件を見れば、これは単なる性犯罪であるだけでなく、明らかにパキスタン移民によるイギリス少女へのヘイトクライムです。

 そもそもパキスタンの文化には、明らかに女性蔑視、女性憎悪があります。 そして歴史的にパキスタンやアフガニスタンではイギリス人は憎悪の対象なのですから。

 ところが大変不思議なことに、自称リベラリスト達はなぜか「差別されている」と決めた集団のによる犯罪は、それが人種的憎悪の結果であっても、なぜか絶対にヘイトクライムとは言わないし、「差別さえている」集団がヘイトクライムには、全く問題にしないのです。

 このような土壌があるから、日本で在日特権が生まれたように、イギリスでもイスラム特権ができてしまい、結果はイギリス人の少女達が、本来彼女達の祖国から見捨てられて、まるで戦場であるかのように強姦され続けると言う恐ろし状態になってしまったのではないでしょうか?

 本来人種差別禁止なら、イギリス人のパキスタン人に対する差別だけでなく、パキスタン人のイギリス人への差別や憎悪も禁止するべきなのです。

 それを一方にだけ「差別」を禁止するのでは、差別がなくなるはずもないし、憎悪は増幅するばかりでしょう。

 この数日、ヨーロッパではイスラム教徒による暴動や事件が頻発しています。

 でもこれって結局「人種差別」や「ヘイトスピーチ」を禁止しようと頑張った自称リベラリストの皆様の成果です。
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(24)

コメント

弱者様

リベラルさんは、マジョリティがマイノリティに差別されることは成立しないとか平気で言いますね。差別という札をつけるかつけないかが違うだけで、現実に行われてる悪口や暴力は全く同じなのに。リベラルさんはマジョリティを差別しますよね。
イスラムとヨーロッパはまだ見た目で判別できるだけいいかなと。街宣右翼や、過激な排外デモを旭日旗ふって行ってる連中が日本人なのかどうか分からないというのは歯がゆいです。
  1. 2015-01-11 14:04
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

リベラルの人って、マイノリティーや、弱者を利用して、国家転覆を謀っているしか思えないのですが。
そして、国家転覆した隙をついて、国家乗っ取りを考えているのではないでしょうか。

この日記、お借りしてよろしいですか?

  1. 2015-01-11 16:31
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

大変勉強になりました

悪魔は脅さない、甘く優しく誘う、エヴァを誘惑したときそうだったように。
とキリスト教関係の書物で読んだ気がします。

リベラルという一種の宗教的妄想で危機に対処しようとすると尖閣諸島危機のときの民主党の対応のように、危機そのものを隠蔽しないと政権は自己正当化ができなくなります。

そういったごまかしがつもりつもってこうなったということでしょうが、ここまで多数の少女たちの無慈悲に踏みにじられた人権はどうやって回復すればいいのでしょうか?
英国政府はどうするつもりなのでしょうか?。

これは本当に日本のありうる最悪の未来のシュミレーションですね。
まあ現在人権擁護法を求める連中の正体が明らかにされつつある中、中韓の振る舞いから学びこのような馬鹿げた要求にネガティブな人が増えていることは幸いではあると思います。
  1. 2015-01-11 17:58
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

Re: 弱者様

> リベラルさんは、マジョリティがマイノリティに差別されることは成立しないとか平気で言いますね。差別という札をつけるかつけないかが違うだけで、現実に行われてる悪口や暴力は全く同じなのに。リベラルさんはマジョリティを差別しますよね。

 自称リベラリストって元来レイシストです。
 人種差別をホントに悪いと思うなら、朝鮮学校の教育なんかナチ以上の人種差別教育なのですが、全面的に応援していますからね。

> イスラムとヨーロッパはまだ見た目で判別できるだけいいかなと。街宣右翼や、過激な排外デモを旭日旗ふって行ってる連中が日本人なのかどうか分からないというのは歯がゆいです。

 日本人ですよ。 ワタシも時々参加していますから。
  1. 2015-01-11 18:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> リベラルの人って、マイノリティーや、弱者を利用して、国家転覆を謀っているしか思えないのですが。
> そして、国家転覆した隙をついて、国家乗っ取りを考えているのではないでしょうか。

 日本の場合は全くその通りでしょうね。 共産党や社民党や民主党元社会党を見ていればそれ以外にないでしょう?
 
 海外も同様でしょうね。

> この日記、お借りしてよろしいですか?

 どうぞ、どうぞ。
  1. 2015-01-11 18:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 大変勉強になりました

> 悪魔は脅さない、甘く優しく誘う、エヴァを誘惑したときそうだったように。
> とキリスト教関係の書物で読んだ気がします。
>
> リベラルという一種の宗教的妄想で危機に対処しようとすると尖閣諸島危機のときの民主党の対応のように、危機そのものを隠蔽しないと政権は自己正当化ができなくなります。

 言ってる事は美しいのですが、結果は悲惨なのでよね。

> そういったごまかしがつもりつもってこうなったということでしょうが、ここまで多数の少女たちの無慈悲に踏みにじられた人権はどうやって回復すればいいのでしょうか?
> 英国政府はどうするつもりなのでしょうか?。

 今の所何もする気はないようですね。
 イギリスは本土が戦場にならなかったので、過去何百年も自国の女性が大量に外国人に強姦されるなんて事はなかったのですけどね。

> これは本当に日本のありうる最悪の未来のシュミレーションですね。
> まあ現在人権擁護法を求める連中の正体が明らかにされつつある中、中韓の振る舞いから学びこのような馬鹿げた要求にネガティブな人が増えていることは幸いではあると思います。

 現在は「ヘイトスピーチ規制」にかこつけてやろうとしているのだと思いますよ。
  1. 2015-01-11 18:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

英国ではこれは解決不能なんじゃないかな

パキスタンは英連邦加盟国ですから、英国在住のパキスタン人は英国市民に近い権利を持っています。
だからパキスタン系の地方議員などという存在があるわけです。こういう犯罪を犯しても純粋な外国人のような対応はできません。強制送還できないはずです。

これって一体なんだろうと思うと、人権なんたら法と外国人なんたら権が認められた状態に近いのですよね。東アジななんたらを標榜してる人々はこういう国家にしたいわけだということでしょう。皆よく分かっていないのですが、旧植民地人に対して旧宗主国が結構融和的なのはもちろん安い労働力としての需要があったわけですがその実は報復を恐れていたのだということは見やすい所です。パキスタンにしてもインドにしても核保有国なのですよ。すべての問題は植民地を搾取するのみで、国家の発展を図らなかった側の問題でもあるのです。

まあ日本の隣国にはこういう原理と全く違った基地外国があるわけですが、きちんとした外国人と扱わなければいけないのだということです。

この問題を宗教的なものとか何とかいう人が多いですが、それ以前の問題があることを忘れてはいけません。
  1. 2015-01-11 18:44
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

辛い事件が続きますね。

英国は、戦勝国なのに長いあいだ酷い自虐史観を教育していたそうです。その間は、暗く経済もどん底でサッチャーが歴史教育の見直しをして経済も復活しました。
 もしかして根底には(日本も同じですが)、歪んだアラブへの贖罪意識があったのかもしれません。その上に、保身や利害関係があると思います。そんなものの犠牲が少女達というのは、全く狂っています。
 フランスでイスラム教徒を500万人受け入れた末の惨劇が起きました。酷い事件です。ですが、以前フランス人エリート達が「歴史的な経緯があるから、アラブと係わらざるをえない。」と言ったそうです。
 欧州の理想は、崇高です。でも弱い立場の人達が過去の罪を償うのでは、偽善に過ぎます。
  1. 2015-01-11 18:53
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

よもぎねこさんたちがきちんとしたデモをされてるのは読んでて知っているのですが、たくさんの旭日旗と死ね殺せプラカードを持ったデモに、しばき隊の刺青男たちが混じってる写真を見たのでなんとも嫌な気分になりました。過激な差別主義ってやーねという人に、なりすましもいるよと言っても頭おかしいと思われますから。北星学園への「出荷する」脅迫状とか。なりすまし認定を狙った可能性もありますが。。ややこしいです。
  1. 2015-01-11 20:02
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

Re: 英国ではこれは解決不能なんじゃないかな

> パキスタンは英連邦加盟国ですから、英国在住のパキスタン人は英国市民に近い権利を持っています。
> だからパキスタン系の地方議員などという存在があるわけです。こういう犯罪を犯しても純粋な外国人のような対応はできません。強制送還できないはずです。

 在日と同じですね。 厄介ですね。

> これって一体なんだろうと思うと、人権なんたら法と外国人なんたら権が認められた状態に近いのですよね。東アジななんたらを標榜してる人々はこういう国家にしたいわけだということでしょう。皆よく分かっていないのですが、旧植民地人に対して旧宗主国が結構融和的なのはもちろん安い労働力としての需要があったわけですがその実は報復を恐れていたのだということは見やすい所です。パキスタンにしてもインドにしても核保有国なのですよ。すべての問題は植民地を搾取するのみで、国家の発展を図らなかった側の問題でもあるのです。

 そうなんですよね。 ついでに言うと植民地支配は悪いけれども、独立しても良い国を作れなかったのは自分達の責任なんですよね。

 イギリスもその分までの責任は負う必要はないでしょう。

 イギリスの植民地支配にはいろいろ問題はありますが、それでも香港なんか見ていると、中国人が自分で支配したよりは、遥かに良かったじゃないかと思えてしまいます。

> まあ日本の隣国にはこういう原理と全く違った基地外国があるわけですが、きちんとした外国人と扱わなければいけないのだということです。

 全くその通りです。
 そして誰がやっても違法は違法、犯罪は犯罪として対応しないといけないのです。

> この問題を宗教的なものとか何とかいう人が多いですが、それ以前の問題があることを忘れてはいけません。

 いつもこの手の問題が起きると、必ず宗教とか人種差別と言って誤魔化す人間が出るのです。
 これが諸悪の根源です。
  1. 2015-01-11 20:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 辛い事件が続きますね。

> 英国は、戦勝国なのに長いあいだ酷い自虐史観を教育していたそうです。その間は、暗く経済もどん底でサッチャーが歴史教育の見直しをして経済も復活しました。
>  もしかして根底には(日本も同じですが)、歪んだアラブへの贖罪意識があったのかもしれません。その上に、保身や利害関係があると思います。そんなものの犠牲が少女達というのは、全く狂っています。

 自称リベラリストは「自分以外の自国民が悪い」と言う為に、自国を批判するし、自国の贖罪は自分以外の自国民、それも家庭的に恵まれない少女など無抵抗な人々にさせるのです。

>  フランスでイスラム教徒を500万人受け入れた末の惨劇が起きました。酷い事件です。ですが、以前フランス人エリート達が「歴史的な経緯があるから、アラブと係わらざるをえない。」と言ったそうです。
>  欧州の理想は、崇高です。でも弱い立場の人達が過去の罪を償うのでは、偽善に過ぎます。

 本当に最低です。
  1. 2015-01-11 20:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもぎねこさんたちがきちんとしたデモをされてるのは読んでて知っているのですが、たくさんの旭日旗と死ね殺せプラカードを持ったデモに、しばき隊の刺青男たちが混じってる写真を見たのでなんとも嫌な気分になりました。過激な差別主義ってやーねという人に、なりすましもいるよと言っても頭おかしいと思われますから。北星学園への「出荷する」脅迫状とか。なりすまし認定を狙った可能性もありますが。。ややこしいです。

 その可能性は高いです。

 実は大騒ぎになった新大久保のデモで「良い韓国人も悪い韓国人も皆殺せ」と書いたプラカードを持ち込んだ人間は二人いたそうです。
 しかし他の参加者の誰もその二人を知る人はいなかったそうです。

 在特会はデモも集会も、完全に自由参加ですから、こうしたプラカードを持ち込んで意図的に「ヘイトスピーチ」を捏造するのは簡単です。
 
 でもそれを止めなかったのは主催者の責任ですから。
  1. 2015-01-11 20:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

「反差別主義」を掲げるファシスト

 日本でもそうですが、「反差別」を掲げる連中は全体主義を志向しているという笑えない現実があります。反差別の名の下にマジョリティーを服従させようとする一方、被差別側とされたらそれだけで特権を認める連中でもあるのです。そして、その特権は、他人の権利を平気で踏みにじることが許されるという無茶苦茶なものなのです。

 しかし、「平等」を主張する左翼がこのような特権階級の存在を容認、もっと言えば積極的に推進しようとしている最もたる理由は、彼らが目的が自らを悪を懲らしめるヒーローとしての立場におき、「弱者」が自分達を頼るようにするためだからでしょう。
 それでいて「弱者」が弱者でなければ自分達を支持してくれませんから、延々と差別構造を維持し続けなければ自分達の存在意義が問われてしまいます。強者がそれを批判する分には、「ヘイト・差別」のレッテルを貼っていればそれで彼らの対面は保てるのでしょうが、「弱者」に属する人間がそれを批判したときの反応はといえば… 凄まじい差別的表現であろうと彼らは平気で口にしますね。まるで自分達に従わない人間は人間ではないとでも言わんばかりの。

 人権ファシストは根本が差別主義者でしかないのです。だから行為に対する善悪の基準が、行為者の帰属集団に対する自分達の意識に従ったものになるのです。やはり、「人権」とか「平等」とかに対する通説的見識をもう一度再検証したほうがいいのではないかと思いますね。
  1. 2015-01-12 01:20
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

http://ja.wikipedia.org/wiki/フリードリヒ・ニーチェ
人間は理性的生物でなく、キリスト教的弱者にあっては恨みという負の感情(ルサンチマン)によって突き動かされていること、そのルサンチマンこそが苦悩の原因であり、それを超越した人間が強者であるとした。さらには絶対的原理を廃し、次々と生まれ出る真理の中で、それに戯れ遊ぶ人間を超人とした。

自称リベラリストはルサンチマンにより上に居る者を自分の居るレベルに引きずり落とそうとしているだけで、改悪にすぎません。(改革と言っても改善も有れば、改悪も有る)

本当に保護すべき弱者と弱者のフリをした圧力団体は全く違います。
  1. 2015-01-12 06:08
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

おはようございます。

慰安婦捏造報道の張本である朝日新聞元記者の植村隆氏が、批判記事を掲載した週刊文春と捏造を批判した西岡力教授を「名誉毀損」で東京地裁に告訴したとのこと。

「捏造といういわれなき中傷を流布され、これに触発された人々から『言論テロ』とも言うべき激しいバッシングを受けた」というのが告発理由だそうです。

なんと170人(!)の大弁護団を引き連れ、今後は札幌地裁にも提訴する予定だとか。今後、似たような訴訟が各地で乱発する気がします。

サヨク人権屋はお得意の法廷闘争に持ち込んで、保守的言論の封殺を謀る積もりなのでしょう。

  1. 2015-01-12 09:27
  2. URL
  3. 名無し #-
  4. 編集

Re: 「反差別主義」を掲げるファシスト

>  日本でもそうですが、「反差別」を掲げる連中は全体主義を志向しているという笑えない現実があります。反差別の名の下にマジョリティーを服従させようとする一方、被差別側とされたらそれだけで特権を認める連中でもあるのです。そして、その特権は、他人の権利を平気で踏みにじることが許されるという無茶苦茶なものなのです。

 民潭や総連はまさにそれを目指しています。

>  しかし、「平等」を主張する左翼がこのような特権階級の存在を容認、もっと言えば積極的に推進しようとしている最もたる理由は、彼らが目的が自らを悪を懲らしめるヒーローとしての立場におき、「弱者」が自分達を頼るようにするためだからでしょう。

 これ朝日の珊瑚KY事件と同じ発想なんですよね。
 自分が正義の味方を演じる為には、他人を悪にしなければならないのです。

 で、朝日は自分が「悪を告発する正義の味方」になる為に、珊瑚を傷つけて、珊瑚礁を守っていた地元の人々やダイバーそして日本人を「悪」にしたのです。

 しかし東京や大阪では珊瑚の代わりに在日や生活保護受給者などを使います。

>  それでいて「弱者」が弱者でなければ自分達を支持してくれませんから、延々と差別構造を維持し続けなければ自分達の存在意義が問われてしまいます。強者がそれを批判する分には、「ヘイト・差別」のレッテルを貼っていればそれで彼らの対面は保てるのでしょうが、「弱者」に属する人間がそれを批判したときの反応はといえば… 凄まじい差別的表現であろうと彼らは平気で口にしますね。まるで自分達に従わない人間は人間ではないとでも言わんばかりの。

 サヨクの特性は異常な権勢欲でしょうね。
 以前動画で宮台真司と言う男の話を聞いていたら「中学の時自分は革命家になりたかった。」と言うのです。

 ワタシは凄く驚きました。 ワタシだって中学生の頃には革命や革命家について知っていました。 それに学校では肯定的な話ばかり聞かされました。

 それでも革命なんか必要もないのにするようなモノじゃないでしょう? 社会は混乱するし、人は大勢死ぬし。
 それを1960年代に革命家になりたいなんて・・・・。

 権勢欲の化け物じゃないかと思いました。 こんな人間に比べたら、高級官僚になりたいと受験勉強に励む中学生なんか天使のように善良です。

>  人権ファシストは根本が差別主義者でしかないのです。だから行為に対する善悪の基準が、行為者の帰属集団に対する自分達の意識に従ったものになるのです。やはり、「人権」とか「平等」とかに対する通説的見識をもう一度再検証したほうがいいのではないかと思いますね。

 ワタシもそう思います。 人権は非常に重要なのですが、しかし法の下の平等が保障されて、社会権も一定のレベルにある社会で、それが保障されていなかった時代と同じレベルのイケイケ平等論を進めて良いのか?
 平等や反差別とは何かを再考するべき時期です。
  1. 2015-01-12 12:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> http://ja.wikipedia.org/wiki/フリードリヒ・ニーチェ
> 人間は理性的生物でなく、キリスト教的弱者にあっては恨みという負の感情(ルサンチマン)によって突き動かされていること、そのルサンチマンこそが苦悩の原因であり、それを超越した人間が強者であるとした。さらには絶対的原理を廃し、次々と生まれ出る真理の中で、それに戯れ遊ぶ人間を超人とした。
>
> 自称リベラリストはルサンチマンにより上に居る者を自分の居るレベルに引きずり落とそうとしているだけで、改悪にすぎません。(改革と言っても改善も有れば、改悪も有る)

 その通りでしょうね。 
 
> 本当に保護すべき弱者と弱者のフリをした圧力団体は全く違います。

 これの見分けが難しいと言うか、意図的に混同させているのが、自称リベラリストです。
  1. 2015-01-12 12:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> おはようございます。
>
> 慰安婦捏造報道の張本である朝日新聞元記者の植村隆氏が、批判記事を掲載した週刊文春と捏造を批判した西岡力教授を「名誉毀損」で東京地裁に告訴したとのこと。
>
> 「捏造といういわれなき中傷を流布され、これに触発された人々から『言論テロ』とも言うべき激しいバッシングを受けた」というのが告発理由だそうです。
>
> なんと170人(!)の大弁護団を引き連れ、今後は札幌地裁にも提訴する予定だとか。今後、似たような訴訟が各地で乱発する気がします。

 ドンドンやるでしょうね。

 ワタシはこれ良い事だと思います。 植村は自分が捏造した経緯についてだんまりを決め込んでいますが、裁判をすれば否応なしにこの経緯を説明せざるを得ないでしょう。

 西岡さん達も捏造と指摘した理由について裁判で徹底的に突くでしょうから。

> サヨク人権屋はお得意の法廷闘争に持ち込んで、保守的言論の封殺を謀る積もりなのでしょう。

 全くその通りです。
 それにしても日本の法曹界って狂ってますね。
  1. 2015-01-12 12:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

日本でも、ヘイトスピーチを規制するように訴えている、自称リベラルの方がいますね。
彼らのかんがえも恐らく、「コリアン ゴー ホーム」→ヘイトスピーチ
「ヤンキー ゴー ホーム」→ヘイトスピーチでない。でしょうね。

  1. 2015-01-12 15:40
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

ご存知かもしれませんが、共産党が意図的に裁判官に人材を送り込んでいた時期があったようです。今はどうなのでしょうか。裁判官の国民審査の範囲を拡大、出自の公開などしてほしいですね。

「ああ、これ隠れ党員のことだと思う」

http://kinpy.livedoor.biz/archives/52106657.html

 裏民青ともいってたみたいですね。
  1. 2015-01-12 18:25
  2. URL
  3. Cherry Blossoms #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 日本でも、ヘイトスピーチを規制するように訴えている、自称リベラルの方がいますね。
> 彼らのかんがえも恐らく、「コリアン ゴー ホーム」→ヘイトスピーチ
> 「ヤンキー ゴー ホーム」→ヘイトスピーチでない。でしょうね。

 「ヘイトスピーチ」って「差別」同様基準がないのです。
 だから桜井誠などヘイトスピーチ規制法を作れと言っています。 これができたら沖縄で騒いでいる左翼なんか一網打尽にできますから。

 でも仰る通り自称リベラリストはこれが全然理解できないようです。 自分の正義しか頭にないのでしょう。
  1. 2015-01-12 22:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ご存知かもしれませんが、共産党が意図的に裁判官に人材を送り込んでいた時期があったようです。今はどうなのでしょうか。裁判官の国民審査の範囲を拡大、出自の公開などしてほしいですね。
>
> 「ああ、これ隠れ党員のことだと思う」
>
> http://kinpy.livedoor.biz/archives/52106657.html
>
>  裏民青ともいってたみたいですね。

 これって終戦後直ぐにソ連が東大などに左翼教授を送り込んで日本の共産化を図ったと言う説もあります。
 しかし左翼など一種のカルトはこういう事が好きなのでしょうね。 
  1. 2015-01-12 23:00
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>ワタシもそう思います。 人権は非常に重要なのですが、しかし法の下の平等が保障されて、社会権も一定のレベルにある社会で、それが保障されていなかった時代と同じレベルのイケイケ平等論を進めて良いのか?
>平等や反差別とは何かを再考するべき時期です。

 実際、西欧諸国では人権や平等といった概念が横暴を生みだす危険が認識されつつあります。その結果がドイツなどで起こっている反イスラム移民のデモ行動でしょう。確かに我々には守られなければならない権利があるのは間違いないのですが、我々が権利を持つに至った経緯・理由は何かということや、権利の行使によっていかなる責任を負うことになるのかということを常々から考えなければならないと思うのです。それこそが近代市民が持つべき矜持でしょう。あるいは近代人の道徳観念といってもいいかもしれませんね。
 現代の問題は、権利の重みを理解しない連中がそれを玩具にして振り回すことで、その重みを破壊するという事態が生じていることです。そして、人権ファシストこそがそれを率先して進めている連中でしょう。しかし、人権ファシズムの大罪の清算が始まるのはそんなに遠い話ではないでしょう。
  1. 2015-01-13 02:03
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >ワタシもそう思います。 人権は非常に重要なのですが、しかし法の下の平等が保障されて、社会権も一定のレベルにある社会で、それが保障されていなかった時代と同じレベルのイケイケ平等論を進めて良いのか?
> >平等や反差別とは何かを再考するべき時期です。
>
>  実際、西欧諸国では人権や平等といった概念が横暴を生みだす危険が認識されつつあります。その結果がドイツなどで起こっている反イスラム移民のデモ行動でしょう。確かに我々には守られなければならない権利があるのは間違いないのですが、我々が権利を持つに至った経緯・理由は何かということや、権利の行使によっていかなる責任を負うことになるのかということを常々から考えなければならないと思うのです。それこそが近代市民が持つべき矜持でしょう。あるいは近代人の道徳観念といってもいいかもしれませんね。
>  現代の問題は、権利の重みを理解しない連中がそれを玩具にして振り回すことで、その重みを破壊するという事態が生じていることです。そして、人権ファシストこそがそれを率先して進めている連中でしょう。しかし、人権ファシズムの大罪の清算が始まるのはそんなに遠い話ではないでしょう。

 人権もいたって曖昧な概念なので、矛盾するイロイロな概念の総合体なのです。 だから人権の名前を使えば何でもできてしまいます。 他人の人権を侵害する事もできます。
 
 まず人権と言うのはそのような出鱈目なモノだと理解しないといけないのです。

 だから特定の人間の立場で、これを振り回し続ければ絶対に問題が起きるのです。

 北朝鮮や中国のような独裁国家なら、ひたすら人権を喚いていても、正義かも知れませんが、日本や欧米の先進国でひたすら人権を振り回すと、その周りの人の人権を圧迫する事にしかならないのです。

 ところが実はこれを理解していない人が多すぎるのです。
  1. 2015-01-13 21:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する