2014-12-17 15:01

夕闇の小樽

 12月14日、妹に誘われて余市のニッカウィスキー工場を見学しました。

239

 無料試飲をしてすっかり満足して工場を出ると、もう夕闇が迫っています。

240

 工場の正門を出ると、直ぐ向こうに余市駅の駅舎が見えて、余市の街並みが広がっていますが、しかしもう日暮れの景色です。

244

 少し寄り道をするともうお日様は地平線の向こうに消えようとしていました。

264

 そして小樽まで来たときには、もう薄暗くなってきました。

260

 まだ4時過ぎだと言うのに・・・・・。

263

 街路灯が全部点灯していました。

274

 観光客はそれでも結構いました。 

276

 街路灯に輝く雪景色はとても美しく風情があるけれど、しかし大変な寒さです。

279

 それでもせっかく遠くから観光に来た人にすれば、5時前にホテルに帰って休む気にはなれないのでしょう。

282

 夕闇に包まれると昼間は俗悪の極みだった観光用の建物も、幻想的に美しく見えるから不思議です。

292

 寒さに堪り兼ねて入った店にはクリスマス用品が売られていました。

295

 ガラス細工の飾り物がキラキラと切なく光ります。

301

 そして店を出ると外は一段と暗くなっていました。

302

 小樽名物の蒲鉾屋へ寄って、さつま揚げをいろいろ買って帰り道に着いたときには、空は完全に真っ暗で、何だか9時過ぎのような気がしたのですが、実はまだ5時前でした。

288

 この日車を運転して下さった方は、帰宅したら蒲鉾を肴にビールを飲みながら選挙速報を見る予定だそうです。
 ビールが美味しいと良いですね。 本当にニッカの試飲場では申し訳なかったのですから。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

このエントリの最初の写真から最後の写真まで何分くらいでしょうか。おそらく相当早いんでしょうね。

以前冬場は大損をしてると仰ってましたが分かる気がします。
これで朝は遅いんでしょう。日本も北海道あたりだけではサマータイムをやってもいいんだろうという気はしますね。

それでも欧州よりははるかに明るいといのだから何も言えませんが…
  1. 2014-12-19 10:21
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> このエントリの最初の写真から最後の写真まで何分くらいでしょうか。おそらく相当早いんでしょうね。
>
> 以前冬場は大損をしてると仰ってましたが分かる気がします。
> これで朝は遅いんでしょう。日本も北海道あたりだけではサマータイムをやってもいいんだろうという気はしますね。
>
> それでも欧州よりははるかに明るいといのだから何も言えませんが…

 余市ニッカ工場を出たのが3時半ごろ、小樽に着いたのが4時過ぎ、小樽を出たのが5時過ぎです。
 だから最初の写真は3時半ごろ、最後の写真は5時ジャストぐらいです。

 マジに暗いです。
 札幌は今日の日の出が7時1分、日の入りは4時1分です。
 ホントに陰気です。

 それでもエディンバラの冬至では日の出8:45、日没15:45日の出ですから、遥かにマシです。
 余市はスコットランドと気候が似ているとのことで、ニッカはここにウィスキー工場を作ったのですが、それでもリタさんは余市の明るい冬は喜んだのでは?

 
  1. 2014-12-19 14:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する