2014-11-27 13:22

朝日左傾化の原因 官僚主義

 我々ネトウヨはよく朝日新聞の左傾化を問題にします。

 つまり朝日新聞が吉田清治証言で慰安婦強制連行を捏造して、それを実に32年間も訂正しなかったことや、吉田調書を歪曲して「福島第一原発職員の9割が命令違反で逃亡」などと、日本を貶める虚偽報道を繰り返す事を、「朝日の左傾化」と言うのです。

 しかし実はこうした問題は、実は朝日の左傾化ではなく、朝日新聞が持つ官僚主義が原因だと言う説がブロゴスに出ていました。

 慰安婦問題、吉田調書―相次ぐ誤報問題に揺れる大新聞。その内幕をすべて明かす

 つまり「朝日の人事は減点主義で、記者達は人事を気に病みながら、何処に居てもひたすら本社勤務に戻り、出世コースに乗る事だけを切望している。 こうして朝日記者の小役人気質や、朝日新聞の気風が、真実よりも担当者の面子と言う極めて官僚主義的な世界を作り上げて、自浄能力を失わせている。」と言った内容です。

001

 一読してワタシはこれは全くその通りだと思いました。
 そして実はこの官僚主義こそが、実は朝日の左傾化の原因ではないかと思います。 そしてこれは実は朝日新聞だけでなく、左傾化している言われるメディアは皆同様でしょう。

 なぜなら官僚主義・小役人気質の人々が作る組織は、何よりもトラブルを嫌います。 徹底した事なかれ主義になるのです。

 そうなると当然、面倒な相手から抗議を受けるような記事は書かなくなります。
 
 面倒な抗議をする相手・・・・・海外では中国・北朝鮮・韓国など、言論の自由など糞くらえで、平気で言論機関に嫌がらせをするような国です。

 こういう国を批判する記事を書くと、支局長が逮捕されたり、支局そのものを維持できなくなったりします。
 だから朝日新聞のような官僚主義メディアは、こうした独裁国家を批判する記事は書きません。

 一方アメリカや西欧諸国それに日本など、言論の自由を尊重してくれる相手は、ひたすら悪しざまに罵倒します。

004

 国内では在日コリアン、部落解放同盟、アイヌ協会やその仲間の左翼団体も要注意です。 彼等に批判的な記事を書くと、電話がパンクさせられるなど、組織を挙げた嫌がらせをされます。
 だから彼等に批判的な記事は絶対に書きません。

 それどこかアイヌ利権を告発しようとした市議会議員を、「差別主義者」と誹謗中傷する記事を書いて、その市議の政治生命の抹殺を図る事さへします。

 一方国内自治体や在日米軍や大企業など、不正な方法でメディアに嫌がらせなど絶対しない・できない相手には、悪罵の限りを尽くします。

 罵倒された相手には、その罵倒報道の不当性を訴える手段がないので、ひたすら罵倒に耐えるしかありません。

006

 そしてこういう状況が、アイヌ利権や在日特権の温床になります。

 官僚主義メディアは、在日コリアンの住民税半額とか、福祉金とか、朝鮮学校への莫大な補助金、或いはアイヌ団体の幹部が食い物にしている住宅ローンなど、一般国民が知ったら「ふざけるな!!」と思うことを絶対に報道しません。

 それどころかそれを明らかにしようとした議員達には、「差別主義者」と言う事実無根の非難報道をするのです。

 だってこういう報道姿勢だと、こうした面倒な団体には至って受けが良いのです。

 生活保護への一種異様な「カワイソウ」報道だってこのノリでしょう。

 面倒な相手と言うのは、その組織や国の大小や強弱によるのではありません。 その組織や国が、どれだけ平気でルールを無視するか、どれだけ悪質な嫌がらせをする意思があるかで決まるのです。

007

 朝日新聞など大メディアだって十分強大な組織なのですから、本来なら報道の結果、悪質な嫌がらせを受ければ、当然で法によって相手に対抗できるのですが、しかし官僚主義組織では各々の担当部署が、ひたすらトラブルを恐れるのですから、幾ら裁判を戦う資力や組織力があっても、裁判に至る前に「穏便に済ませましょう。」つまり無法な相手に屈服する事になるのです。

 そしてこれは国や自治体やそれどころか警察も同様でしょう。
 朝鮮総連や民潭やアイヌ協会から、不当な要求をされても、それを拒否すると、彼等が騒いで面倒なことになるから、その不当な要求を受け入れてきたのです。 

 だって担当者が命懸けでそれを拒否しても、マスゴミで「差別!! 差別!!」と叩かれるだけです。
 そうやって孤立無援になるのに、何でこんな苦しい戦いをできるのでしょうか?

 一方こうした事情を知らない国民は「なんかオカシイ」と思いながらも、それ以上は何もできなかったのです。

 テレビと大新聞でメディアが寡占化されて、しかもその組織が官僚主義に陥った戦後の日本社会と言うのは、実は朝鮮総連や民潭やその他悪質な左翼組織にとっては、実に都合の良い状況でした。

 巨大メディアでも国や自治体でも、それぞれの部署の担当者と言うのは数人です。 そうなるとある部署とそれらの組織が揉めた時には、数百人場合によっては数十人を動員して騒げば相手はギブアップしてしまうのです。 

064

 朝日新聞や大手メディアの本質は、左傾化ではなく官僚主義ですから、財務省のような本当に怖い権力には至って従順です。
 財務省は税務調査権もあるし、新聞への軽減税率適用にも、大きな力を持っています。
 
 だから財務相に逆らったら、脱税を摘発されるかもしれません。 新聞が軽減税率から除外されるかも知れません。
 
 だから彼等はひたすら「増税しないと国債が暴落する。 ハイパーインフレになる。 大変だあ~~!!」と書きつづけます。 そしてその一方で臆面もなく「新聞には軽減税率を!!!」と書くのです。

065

 つまり朝日新聞などサヨクマスゴミの本質は、実は卑劣で臆病な出世主義、事なかれ主義なのです。

 しかしこういう連中だからこそ、無抵抗な相手、つまり日本政府やアメリカ政府や、或いは在日米軍などを罵倒し誹謗中手する事で「オレタチは常に権力と戦っているんだ。」と大威張りなのです。

 コイツラはチワワが吠えてもオシッコちびって逃げ出すのに、主人をエスコート中の盲導犬にタバコの火を押し付けて、「オレは強い大きな犬をやっつけたぞ。」と自慢するような連中なのです。

041

 推薦図書 息をするように嘘をつく韓国

 上の写真はこの本の著者の愛猫、ミケちゃんとチコ様へのお供えに・・・・・。
  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

東大出のようなエリートが集まる組織というのは「実は卑劣で臆病な出世主義、事なかれ主義」が属性かもしれません。戦前の敗戦に至る道もこの属性で滅亡するまで突き進んだんでしょう。今は財務省がこの道を走っているようだ。朝日はどうでもいいが日本を潰されちゃ困るんですがね。
  1. 2014-11-27 14:09
  2. URL
  3. #LkZag.iM
  4. 編集

 有難うございます。お供え有り難く頂きました。
  1. 2014-11-27 21:57
  2. URL
  3. ご隠居 #kaKZ91t6
  4. 編集

事なかれ主義と権利主張

 朝日新聞は戦前からそのような体質だったのでしょう。だからこそ、昭和30年代において、無責任にも戦争を煽り、戦後は「あれは時代の流れで逆らえなかった」などと堂々といえるのです。もし、戦後レジームが朝日新聞が廃刊するよりも前に終焉したとしたら、朝日は堂々と同じような言い訳を繰り返しますよ。

 さて、人権を背景に不当な要求をする連中はたくさんいますが、彼らを増長させたのは日本社会の事なかれ主義的な構造にあるのではないかと思います。なんといっても、思想の自由とは、事なかれ主義の前ではいとも簡単に葬り去られていたように思います。確かに、人権という概念自体極めて微妙なものだったりすることを配慮したとしても、我々には侵害されるべきではない核心的な利益があることは否めませんよ。しかし、そうはいっても、常に利益同士は衝突しあう、つまり同時に複数の利益の存在を考慮しなくてはなりませんし、何よりも自分勝手の都合で振り回すことが許されるはずがありません。だからこそ、我々が権利を主張するときには、その主張には必ず何かしらの正しい裏づけがなければならないのです。不当な要求には、裏づけとされたものが正しくないとか、そもそも裏付け自体が存在しないものだったりするのですね。
 そう考えますと、フェミニズム、在日問題、部落問題などについて、我々としては常に主張の基礎を点検しなくてはならなかったはずなのです。しかしながら、日本の事なかれ主義は、それを怠り、さらには彼らが社会的に我々を思想統制することに対して何らの抵抗も示さなかったのです。我々としては、今からでも彼らの主張を点検し、裏づけを十分に示せているかどうかについて厳しく問わなければならないでしょう。それこそが、自由で公正な社会への第一歩だと思います。
  1. 2014-11-28 02:23
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 東大出のようなエリートが集まる組織というのは「実は卑劣で臆病な出世主義、事なかれ主義」が属性かもしれません。戦前の敗戦に至る道もこの属性で滅亡するまで突き進んだんでしょう。今は財務省がこの道を走っているようだ。朝日はどうでもいいが日本を潰されちゃ困るんですがね。

 子供の時から優等生で、親や先生にも叱られたことが無い人って、人と揉めて怒鳴られたりするのには、凄く弱い面があるのでしょうね。
 そういう人が「弱者の為に・・・・」なんて愚かしい理論武装をして、エリート意識に酔いしれると、朝日みたいなメンタリティになるんでしょうね。

 でも朝日はともかく財務省は国民が抑えるしかありません。
  1. 2014-11-28 09:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  有難うございます。お供え有り難く頂きました。

 恐縮です。
 写真だけすが、お供えなので・・・・。
  1. 2014-11-28 09:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 事なかれ主義と権利主張

>  朝日新聞は戦前からそのような体質だったのでしょう。だからこそ、昭和30年代において、無責任にも戦争を煽り、戦後は「あれは時代の流れで逆らえなかった」などと堂々といえるのです。もし、戦後レジームが朝日新聞が廃刊するよりも前に終焉したとしたら、朝日は堂々と同じような言い訳を繰り返しますよ。
>
>  さて、人権を背景に不当な要求をする連中はたくさんいますが、彼らを増長させたのは日本社会の事なかれ主義的な構造にあるのではないかと思います。なんといっても、思想の自由とは、事なかれ主義の前ではいとも簡単に葬り去られていたように思います。確かに、人権という概念自体極めて微妙なものだったりすることを配慮したとしても、我々には侵害されるべきではない核心的な利益があることは否めませんよ。しかし、そうはいっても、常に利益同士は衝突しあう、つまり同時に複数の利益の存在を考慮しなくてはなりませんし、何よりも自分勝手の都合で振り回すことが許されるはずがありません。だからこそ、我々が権利を主張するときには、その主張には必ず何かしらの正しい裏づけがなければならないのです。不当な要求には、裏づけとされたものが正しくないとか、そもそも裏付け自体が存在しないものだったりするのですね。
>  そう考えますと、フェミニズム、在日問題、部落問題などについて、我々としては常に主張の基礎を点検しなくてはならなかったはずなのです。しかしながら、日本の事なかれ主義は、それを怠り、さらには彼らが社会的に我々を思想統制することに対して何らの抵抗も示さなかったのです。我々としては、今からでも彼らの主張を点検し、裏づけを十分に示せているかどうかについて厳しく問わなければならないでしょう。それこそが、自由で公正な社会への第一歩だと思います。

 日本には「和をもって尊しとせよ」と言う伝統があります。 このお蔭で確かに日本は個人や集団の揉め事の少ない平和な社会であることは確かなのですが、これは一方で事なかれ主義の正当化そのものになってしまう要素を含んでいます。

 つまり揉め事が起きると理由に関わらず揉めるのが悪いと言うような感覚が社会に蔓延してしまうのです。

 自称人権団体が好き放題できるのは、実はこういう社会が背景にあるのだと思います。

 そして相手がどんなに悪質でも、揉めるのをひたすら避けて我慢をすると、相手は益々増長して、要求がエスカレートして、結局我慢しきれなくなって、爆発してしまう。

 実は戦前もこれをやって結果が第二次大戦なのです。

 それこそ少しは歴史を学んで反省するべきなのですけどね。
  1. 2014-11-28 10:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

少し話題がずれるのですが道民のよもぎねこさんに質問があります。

今日「英国一家 日本を食べる」という食紀行本を立ち読みしました。北海道を訪ねたら応対したアイヌが
「北海道より東京の方がアイヌ人口が多いのは、北海道では顔立ちでアイヌとばれて、酷い差別を受けるのでどんどん外国人の多い東京に出てしまうのです。」と言ったなどと書いてありました。
どうせ嘘ですが。。顔立ちで一目でアイヌとわかる人は少ないと思いますし、北海道民が「お前アイヌだな!」と苛めるなど・・・金子議員がつるし上げを食らう土地だというのに。

北海道でアイヌへの差別をあからさまに口にするお年寄りなどは現在存在するのでしょうか。

その他には「日本人は北海道開拓以前に人が住んでいたことを認めません」「私たちはよい教育を受けられません」「アイヌだということを隠している人がほとんどです」
外国人にウリはこんなに差別されて可哀想ニダ!と。。食べ物のことを聞きにきたのに。
  1. 2014-11-30 02:36
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

えっ違うの?天才と秀才の違い
http://matome.naver.jp/odai/2140585192974338601

官僚の限界は秀才の限界と言えるかもしれません。
  1. 2014-11-30 10:46
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 少し話題がずれるのですが道民のよもぎねこさんに質問があります。
>
> 今日「英国一家 日本を食べる」という食紀行本を立ち読みしました。北海道を訪ねたら応対したアイヌが
> 「北海道より東京の方がアイヌ人口が多いのは、北海道では顔立ちでアイヌとばれて、酷い差別を受けるのでどんどん外国人の多い東京に出てしまうのです。」と言ったなどと書いてありました。
> どうせ嘘ですが。。顔立ちで一目でアイヌとわかる人は少ないと思いますし、北海道民が「お前アイヌだな!」と苛めるなど・・・金子議員がつるし上げを食らう土地だというのに。
>
> 北海道でアイヌへの差別をあからさまに口にするお年寄りなどは現在存在するのでしょうか。
>
> その他には「日本人は北海道開拓以前に人が住んでいたことを認めません」「私たちはよい教育を受けられません」「アイヌだということを隠している人がほとんどです」
> 外国人にウリはこんなに差別されて可哀想ニダ!と。。食べ物のことを聞きにきたのに。

 アイヌ差別の話は一度だけ聞いたことがあります。

 ワタシの友達の姪御さんが結婚したいと言ったら、両親が大反対をしたのです。 それでその姪御さんは叔母である友人に相談したのです。 
 それで友人が相手の青年に会ったりしたのですが、どう見ても良い人で、親が反対する理由がわからないのです。

 それで両親に会って「あんなに良い青年なのに、何で反対するの?」って聞いたのです。
 すると両親は「だって日高だから・・・・。 わかるっしょ?」と言うのです。

 「日高? 日高の何が悪いの?」

 友人が納得できなくてイロイロ聞くと、その青年が日高出身でアイヌかもしれないから、結婚に反対だと言ううのです。

 それで友人はぶっ飛んだそうです。

 なぜならその両親はどちらも教師で、北教組の熱心な活動家で、日頃何かと言うと「差別反対」と言っていたのだそうです。
 それが「日高からアイヌかもしれないから、結婚反対」って・・・・。

 それで彼女はそのことを質したのだそうでうす。

 そうすると二人は平気な顔をして「そんなの当たり前でしょう。」って言われちゃったのだそうです。

 ワタシもこの話を聞いたときにあきれ果てました。

 でも逆に言えば自分が日頃、内心差別で一杯だからこそ、それを悟られないように必死で口先では「差別反対」を叫ぶのだし、またその差別反対を自分では全然実行する気がないからこそ、口先では幾らでも綺麗事を言えるのです。

 だからアイヌ差別が全然ないわけではありません。

 アイヌ団体も仲間の日教組がこんな連中ばかりだから、アイヌ差別は存在すると思い込むのかもしれません。
  1. 2014-11-30 11:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> えっ違うの?天才と秀才の違い
> http://matome.naver.jp/odai/2140585192974338601
>
> 官僚の限界は秀才の限界と言えるかもしれません。

 そうかもしれません。 そしてブリューリングや濱口雄幸も秀才なのです。
 一方シャハトや高橋是清は天才なのでしょう。
  1. 2014-11-30 11:56
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する