2014-11-11 22:34

死ななきゃ治らない サヨク・リベラル

 サヨクもようやく自分達が国民からどのように見られているのか気づき始めました。 
 それで自分達のサイトにこんな記事を掲載しています。

 なぜ、サヨク・リベラルは人気がないのか…社会心理学で原因が判明!?

 クリックすると全部読めますが、面倒なのでコピペはしません。 
 
 まず前半では大体こんなことを言っています。

115

 アメリカの社会心理学者によると、人間の道徳心理には「ケア・公正・自由・忠誠・権威・神聖」の6つがある。 そして普通、リベラルは最初の3つ、ケア・公正・自由を、保守は後の3つ、忠誠・権威・神聖を基盤にしていると考えられてきた。

 しかし実際にはリベラルが、最初の3つしか基盤にしていないのに対して、保守は6つ全部を基盤にしている。
 だから3つの基盤しかないリベラルはそれだけで不利である。

 保守がリベラルの基盤である最初の3つを活用できるのは、実はこの最初の3つに関して、保守とリベラルでは基盤の動く範囲が違っているからである。

 例えばケアについて、リベラルはより普遍的なものを目指すのに、保守は「他国の軍事的脅威から国民を守る」となど訴える事で大衆の支持を得る。

 
 そして筆者は言うのです。

116

  この種の因果応報的な考えは、リベラルが最も重視する〈ケア〉基盤との矛盾を引き起こす。その場合、リベラルは一時的に〈公正〉基盤よりも〈ケア〉基盤を優先する。一方、保守はリベラルほど〈ケア〉に重点を置かないから、もっぱら〈公正〉基盤に根ざして自己責任論をふりかざす。

 端的にいえば、リベラルと保守の“平等”に対する感覚は異なっているというわけだ。そして、今の日本では、この保守の“平等観”のほうが圧倒的に力を持っているといえる。この種の因果応報的な考えは、リベラルが最も重視する〈ケア〉基盤との矛盾を引き起こす。その場合、リベラルは一時的に〈公正〉基盤よりも〈ケア〉基盤を優先する。

 一方、保守はリベラルほど〈ケア〉に重点を置かないから、もっぱら〈公正〉基盤に根ざして自己責任論をふりかざす。端的にいえば、リベラルと保守の“平等”に対する感覚は異なっているというわけだ。そして、今の日本では、この保守の“平等観”のほうが圧倒的に力を持っているといえる。


 なるほどねえ・・・・、これだけ読むと、保守とリベラルの違いはその平等感の根源的な違いであり、現代の日本ではリベラルの平等感が受け入れられないのだと言うことになります。

 しかしそうでしょうか?

118

 例えば先日生活保護についてリベラル弁護士先生が、こんな記事が出ていました。
 その一部を紹介します。

「朝起きると枕元に雪が積もっている」厳寒地の生活保護者が語った「暗い冬の生活」

信州・諏訪は冬の寒さが厳しいことで知られ、湖が凍り付く「御神渡り」で有名だ。

 「夜はマイナス20度を下回る寒さで、日中でも零下は当たり前です。そんな中でも、(地域の)生活保護受給者の6割は、築30年から50年、家賃2〜3万円のアパート住まいです。

 男性は持病を抱えているため、医師からは「暖かい部屋で過ごし、病状を悪化させないように」と言われている。しかし、「一日中ストーブを付けていれば、灯油はあっという間になくなってしまいます。そして、生活費をどんどん食いつぶすことになる」と男性は言う。結局のところ、寒い部屋で過ごさざるを得ないのだ。

 冬場の11月から3月までは、暖房費として、一定額の「冬季加算」が支給される。冬季加算の額は地域や世帯人数などによって決まる。しかし、実際に必要な暖房費は個々人が住んでいる環境に大きく左右される。男性の周囲には、暖房費が不足し、不便を強いられている受給者がいるという。

 「彼らの中には、冬でもストーブをつけず、吐く息も白い中、布団にくるまり、照明を消してたったひとりで過ごす、みじめな生活をしている人も少なくありません。信州で本当に辛い季節が始まりかけている中で、『冬季加算』を引き下げるという事案が考えられていることが信じられません」


122

 おお、生活保護費が少なくて、満足に暖房もできない!??
 それなのに冬季加算を引き下げるなんて許せない!??

 それでは諏訪市の冬季加算って幾らでしょうか?

 長野県の場合、冬季加算は単身者で月額、8820~11380円の間です。 諏訪市の灯油価格は1ℓ100円です。
 冬季加算3~11月の5ヶ月分で、408~527ℓを消費税込で買えます。

 あれれ? これって大体ウチの一冬の灯油の消費量と同じぐらいです。 ウチは札幌で、昭和30年代にできた一棟二戸建ての木造住宅です。 そして昨年の灯油代もほぼ5万円、毎年500ℓあれば足りるのです、

 ちなみに北海道の場合、生活保護冬季加算は18570~23980円も貰えるのです。 
 こ、こんなに灯油を焚いたら、家がサウナになるよ!!

127

 北海道と長野で冬季加算が違うのは、気候の違いによります。 ちなに長野県の昨年の最低気温は、地域により違いますが精々マイナス10℃ほどでした。 北海道に比べたら明らかに暖かいです。 だから冬季加算が北海道よりはるかに少ないのです。

 家賃2~3万円の古いアパートなら、どんなに広くても10畳強のワンルームか二間程度でしょう。 
 これで一冬400~500ℓも灯油を焚いたら、部屋の中を冬中25℃に保つ事ができます。 冬中部屋の中はTシャツ一枚で過ごせるかもしれません。

 それなのに「彼らの中には、冬でもストーブをつけず、吐く息も白い中、布団にくるまり、照明を消してたったひとりで過ごす、みじめな生活をしている人も少なくありません。」って・・・・彼等は冬季加算に何に使ってしまったのでしょうか?

137

 ちなみに生活保護費は、地域によって違いますが、大体高卒公務員の初任給の手取りぐらいを貰えます。 生活保護受給者は税金は勿論社会保険料も必要ありませんから、生活保護費=手取りです。
 そしてこれに3月~11月まで冬季加算が加わるのです。

 こんなことはネットで少し調べたら簡単にわかるのですが、しかしケアを優先するリベラルは、臆面もなく「冬でもストーブをつけず、吐く息も白い中、布団にくるまり、照明を消してたったひとりで過ごす、みじめな生活をしている人も少なくありません。」などと言う事を書くのです。

 そして自称リベラリストの生活保護に関する話は、全部同様で「凍える」「満足に食べられない」と、現実の受給額を見ればあり得ない憐れな物語を繰り返すのです。

140

 生活保護制度は大切な制度です。

 ワタシも病身で無職の身ですから、父が幾ばくかを残してくれなかったら生活保護の厄介になっていたと思います。 
 そしてワタシと同病の人達も多くがこれで救われています。 
 
 難病を抱えて失業すると正社員としての仕事を得るのはまず不可能だし、バイトだってなかなか見つかりません。 かと言って後遺症がなければ障碍者年金も貰えません。 だから生活保護だけが唯一のセーフティネットになります。

 そういう大切な制度ですから、これはどんな事をしても守ってほしいです。

146

 しかしだからこそ思うのです。

 こんな嘘八百のお涙頂戴を平気で言い続ければ、誰も生活保護受給者に同情しなくなるのは、当然ではありませんか?

 500ℓ分の灯油代を貰いながら「寒さに凍える」と言うのがホントなら、その人間は余程金銭管理能力のない人間か、自制心のない人間です。
 
 こういう人間にいくらお金を渡しても、全部パチンコ屋に貢いでしまうだけではないか?
 だから生活保護受給者なんか助ける価値のない人間だ!!

 誰だってそう思うのではないでしょうか? 
 こんな連中がいるから、生活保護制度へのイメージが際限もなく悪化し、生活保護受給者への偏見が生まれるのです。
 
 だから病気で失業して生活保護を受けた人が、元気になって働こうと思っても雇用がないのです。
 だって500ℓ分の灯油代を貰いながら、「冬でもストーブをつけず、吐く息も白い中、布団にくるまり、照明を消してたったひとりで過ごす、みじめな生活をしている」ような人を雇いたいと思う人がいますか?

149

 ところが自称リベラルは、こんな生活保護受給者へのヘイトスピーチを続けながら、こう言うのです。

 生活保護受給者カワイソウ!
 オレ達リベラルはケアを優先する心優しい人間だ。  
 生活保護バッシングをする冷酷無情な保守とは違うんだ!!


 高度成長以前、日本がまだ貧しく、生活保護費が本当に少なかった時代には、ひたすらケアを優先したリベラルにも意味があったのかもしれません。

 しかし現在の生活保護の現実を無視して、昔ながらのお涙頂戴を続けながら、自分達は「ケアを優先する」って?どこを叩いたらそんな図々しい話がでるのでしょうか?

151

 彼等は結局「カワイソウな弱者を憐れむ優しい自分」「社会正義の為に戦う自分」と言う妄想に耽っているだけなのです。
 そしてそういう自分を演出するために弱者の人格を傷つけるのです。

 朝日新聞が沖縄のサンゴに傷をつけて、自然破壊を告発正義の味方を気取ったのと同じですね。

 彼等は自分達の不人気にはようやく気づきましたが、しかしこうした自分達の醜悪さと愚かさを顧みる能力はありません。 だから延々と無意味な自己正当化の為の文章を書き続けるのです。

 日本にはこうした人々を明快に説明する諺があります。

 「馬鹿は死ななきゃ治らない」
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

北九州の餓死
http://d.hatena.ne.jp/yotayotaahiru/20091108/1257702751

餓死にまで至るような事例にはセーフティネットで救って欲しいと思いますが

月29万円の生活保護でも苦しい 2児の母が訴える朝日記事に疑問噴出
http://www.j-cast.com/2013/03/07168668.html?p=all

この様に習い事などに4万円、被服費に2万円…
などとやっているのに疑問が生じるのは当然です。
  1. 2014-11-12 06:56
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

嘘つきはいつも人気がない

梶田陽介さんという人も、なんかピントはずれなことを言っているんですね。今、自称リベラルや左翼の人たちに人気がないのは、思想的な問題でも何でもない。要するに、「嘘をつきすぎた」上に、「他国のために働いていることがバレた」。これだけでしょう。

事実を無視して嘘をつきまくり、自国を貶め、他国の利益を求めて行動していたら、自国民から嫌われるに決まっているじゃありませんか。嫌わない人がいたら、その人には人として致命的な欠陥があるとしか言いようがない。

津田さんは文章の最後で、

>われわれリベラルも知性をいったん脇に置いて、“感情”という
>武器を再び手にとるべき時がきたのかもしれない。

なんて書いていますが、昔、爆弾をしかけたのも、ロケット弾を打ち込んだのも、すべて自称「リベラル」や「左翼」の人たちばっかり。差別だ人権だで抗議活動をして無法なことを役所にのませるのも、不法入国者を残留させるために夢中になって行動するのも、デモ隊に襲いかかってけが人まで出すのも、これまた「リベラル」およびそのお友達ばっかり。今現在でも、十二分に感情的でしょう。

自分たちが嘘をついている、他国のために行動している、無法なことをしている。その自覚がないんだから、何を言っても無駄だとは思いますが、これからもますます嫌われるでしょうね。
  1. 2014-11-12 09:02
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

生活保護は

次世代の党が言ってるように現物支給に、おそらくはクーポン券の支給となるでしょうか、切り替えねばいけないでしょう。それも必要量に応じて、つまり全額給付ではなく使用実績を見て配布することにするべきでしょう。

食料品クーポン、衣料品クーポン、雑用品クーポン、燃料クーポンなどに分け他に流用できないようにし(もちろん売却は不可、証明書の提示で買い物させる)総額で費用内に収めさせるというようにしなくてはダメでしょう。これにしたところで灯油を余らせ転売するくらいのことは出来てしまうでしょうが今のように生活保護でパチンコさせるなどのことがあってはならないと思います。

これは生活保護者にとって間違いなく屈辱ですがこの屈辱を感じさせる事こそ重要だと思います。
そもそも生活保護が最後のセーフティネットだとしてもそれが生活丸抱えなのは理解が出来ません。
もっと柔軟な給付方法があっていいと思います。

家賃分の補助さえあれば食えるとかダブルワークしなければ食えないからその分だけ援助するとか色いろあるでしょうに…世の中にはフルタイムの就業は無理にしてもパートタイムは可能という人だって多いはずです。

サヨクのケアだとか公平だとかを重視すると言ってる人々は、こういう人々を生活保護の枠内に貶めて出てこれぬように差別してるのだという感覚はないのでしょうか。まあこういう人はいくらあってもアカ新聞あたりで馬鹿な講釈を垂れる人だろうから言っても無駄でしょうが…

社会主義だって基本は能力に応じて働く、ということでしょう。働かざるもの食うべからずは社会主義憲法でも原則です。彼等は差別主義者です。左翼と言ったらまともな左翼たちが怒るでしょう。

ネットでは彼等をブサヨと呼びますがこれは当然でしょうね。
  1. 2014-11-12 11:19
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

公正な考えも他人と平等であるわけではない

雇用、教育、福祉について、国会議員や有識者やメディアが述べる話を聞いていて気になるのは、彼らが平等と公平(公正)とを同一視している点です。

アメリカでは、equalityとfairnessとを、明確に区別して使用していますが、日本では、翻訳語の平等と公平の概念が曖昧なため、平等の意味を都合の良く解釈しているだけのように見えます。そして、平等を強調する余り、公正が失われていることを無視しています。この引用文の筆者も、平等と公正を混用することで、権威を利用しながら都合の良い解釈を述べています。

左翼凋落の原因は、懲りない我田引水と牽強付会の二つだと思います。

  1. 2014-11-12 11:41
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 北九州の餓死
> http://d.hatena.ne.jp/yotayotaahiru/20091108/1257702751
>
> 餓死にまで至るような事例にはセーフティネットで救って欲しいと思いますが
>
> 月29万円の生活保護でも苦しい 2児の母が訴える朝日記事に疑問噴出
> http://www.j-cast.com/2013/03/07168668.html?p=all
>
> この様に習い事などに4万円、被服費に2万円…
> などとやっているのに疑問が生じるのは当然です。

 そうなんです。 生活保護制度自体は大切な制度ですが、運用がマトモじゃないのです。
 
 受給できた人には異様に手厚くするから、不正受給が後を絶たず、さらに予算の関係で受給できる人数にも限りがあります。

 そうなると受給できず餓死する人が出てくるのです。

 だからそのような悲劇を亡くすために、何をしなければならないのか?

 生活保護バッシングと言われる声の中には、そういう問題を真剣に考えている人の声が多いのです。

 ところが生活保護の左翼リベラルの既得権益だから、彼等がこうした声を封殺しようとしているのです。 だからこうした疑問を生活保護バッシングと言うのです。
  1. 2014-11-12 12:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 嘘つきはいつも人気がない

> 梶田陽介さんという人も、なんかピントはずれなことを言っているんですね。今、自称リベラルや左翼の人たちに人気がないのは、思想的な問題でも何でもない。要するに、「嘘をつきすぎた」上に、「他国のために働いていることがバレた」。これだけでしょう。
>
> 事実を無視して嘘をつきまくり、自国を貶め、他国の利益を求めて行動していたら、自国民から嫌われるに決まっているじゃありませんか。嫌わない人がいたら、その人には人として致命的な欠陥があるとしか言いようがない。
>
> 津田さんは文章の最後で、
>
> >われわれリベラルも知性をいったん脇に置いて、“感情”という
> >武器を再び手にとるべき時がきたのかもしれない。
>
> なんて書いていますが、昔、爆弾をしかけたのも、ロケット弾を打ち込んだのも、すべて自称「リベラル」や「左翼」の人たちばっかり。差別だ人権だで抗議活動をして無法なことを役所にのませるのも、不法入国者を残留させるために夢中になって行動するのも、デモ隊に襲いかかってけが人まで出すのも、これまた「リベラル」およびそのお友達ばっかり。今現在でも、十二分に感情的でしょう。
>
> 自分たちが嘘をついている、他国のために行動している、無法なことをしている。その自覚がないんだから、何を言っても無駄だとは思いますが、これからもますます嫌われるでしょうね。

 ハハハ、実はワタシはこの「死ななきゃ治らない」の後編を今日書こうと思っていたのです。 だって一回で書くと余りに長くなるから・・・・。

 でも書きたいと思っていたこと皆kamosukeさんに言われちゃいました。
  1. 2014-11-12 12:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 生活保護は

> 次世代の党が言ってるように現物支給に、おそらくはクーポン券の支給となるでしょうか、切り替えねばいけないでしょう。それも必要量に応じて、つまり全額給付ではなく使用実績を見て配布することにするべきでしょう。
>
> 食料品クーポン、衣料品クーポン、雑用品クーポン、燃料クーポンなどに分け他に流用できないようにし(もちろん売却は不可、証明書の提示で買い物させる)総額で費用内に収めさせるというようにしなくてはダメでしょう。これにしたところで灯油を余らせ転売するくらいのことは出来てしまうでしょうが今のように生活保護でパチンコさせるなどのことがあってはならないと思います。
>
> これは生活保護者にとって間違いなく屈辱ですがこの屈辱を感じさせる事こそ重要だと思います。
> そもそも生活保護が最後のセーフティネットだとしてもそれが生活丸抱えなのは理解が出来ません。
> もっと柔軟な給付方法があっていいと思います。
>
> 家賃分の補助さえあれば食えるとかダブルワークしなければ食えないからその分だけ援助するとか色いろあるでしょうに…世の中にはフルタイムの就業は無理にしてもパートタイムは可能という人だって多いはずです。
>
> サヨクのケアだとか公平だとかを重視すると言ってる人々は、こういう人々を生活保護の枠内に貶めて出てこれぬように差別してるのだという感覚はないのでしょうか。まあこういう人はいくらあってもアカ新聞あたりで馬鹿な講釈を垂れる人だろうから言っても無駄でしょうが…
>
> 社会主義だって基本は能力に応じて働く、ということでしょう。働かざるもの食うべからずは社会主義憲法でも原則です。彼等は差別主義者です。左翼と言ったらまともな左翼たちが怒るでしょう。
>
> ネットでは彼等をブサヨと呼びますがこれは当然でしょうね。

 そうなのです。 自称リベラリスト達は現実の生活保護受給者達もそれ以外の勤労者も無視して、事実を曲げてまでひたすら「生活保護カワイソウ。 もっとお金あげましょう。」と言い続けるのです。

 その為に灯油500ℓ分の冬季加算を貰っている人達が寒さに凍えるなんて事を平気で書くのです。

 こんな事を書いたら、生活保護受給者の人格を攻撃している事にしかならないのに、そういう自覚は全くなにのです。

 高卒で独身でアパート暮らしの公務員が、「灯油代がなくて寒さに凍える」なんて泣き言を言ったら、「コイツは馬鹿か?」と思われるので、絶対そういうことは言わないでしょうが、生活保護受給者には平気で行ってしまうのです。

 これってマジに差別です。

 でもそういう差別をして、善人気取りなのが左翼なのです。
  1. 2014-11-12 12:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 公正な考えも他人と平等であるわけではない

> 雇用、教育、福祉について、国会議員や有識者やメディアが述べる話を聞いていて気になるのは、彼らが平等と公平(公正)とを同一視している点です。
>
> アメリカでは、equalityとfairnessとを、明確に区別して使用していますが、日本では、翻訳語の平等と公平の概念が曖昧なため、平等の意味を都合の良く解釈しているだけのように見えます。そして、平等を強調する余り、公正が失われていることを無視しています。この引用文の筆者も、平等と公正を混用することで、権威を利用しながら都合の良い解釈を述べています。
>
> 左翼凋落の原因は、懲りない我田引水と牽強付会の二つだと思います。
 
 そうでしょうね。 
 そしてワタシは思うのですが、日本にはそもそもサヨクはいても、リベラルは居ません。
 少なくとも自分でリベラルを名乗っている人間達は、リベラルではありません。

 あれはタダの腐れ共産主義者、或いは日本憎悪主義者です。

 彼等が生活保護に執着するのも、日本の富を無駄に使いたいだけだからです。

 こんな連中が没落するのは当然ではありませんか?

  1. 2014-11-12 12:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

生活指導

こんにちは。
私はとある病院に警備員として派遣されています。
その関係で病院の事務を担当する派遣さん達の話を聞くことが有ります。
生活保護の患者さんに対する彼らのイメージは最悪ですね。なぜこんな連中に税金を投入しなければならないのか…とよく怒っています。
生活保護なので、治療費は無料で受けられるのですが、行き帰りの交通費迄は出ないので、病院にかかるときには救急車でいつも来る人がいます。救急車で病院の玄関に到着すると、スタスタ歩いて診察室に向かうのです。タクシー代わりですね。
保護費供給前になると、大した事もないのにこれも救急車を呼んで病院にきて、診察の結果大丈夫という診断を医師が下しても、入院させろと駄々をこねる人もいます。
保護費を使いきっても、入院出来れば無料で食事、風呂付きでお世話係(看護師)もいる環境を確保出来ますから、彼らも頑張る訳です(苦笑)
病院もまず認めないのですけどね。本当に入院が必要な患者さんの為のベッドも常に足りない状態なので。
生活保護制度を守ろうとしている人達は、こういう問題のある受給者達への指導という課題に正面から取り組むべきです。
本来は役所のケースワーカーの仕事なのでしょうが、手が足りず、きめ細かい生活指導が出来ていないのでしょう。
家計簿をちゃんと書かせて、生活管理をしっかり行えば、大半のケースで問題は解決されると思います。
その生活管理は、生活保護から抜け出して、自分の収入での生活を立ち上げるのに極めて有効なトレーニングになります。

一部の不心得者の為に、制度そのものが成り立たなくなるような事は改めねばなりません。
本当に生活保護が必要な人達を守る為に。


蛇足ですが、在特会の会長が交代されたとか…
時期を見て、お考えをエントリーしていただけると嬉しいです。
  1. 2014-11-12 18:39
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

Re: 生活指導

> こんにちは。
> 私はとある病院に警備員として派遣されています。
> その関係で病院の事務を担当する派遣さん達の話を聞くことが有ります。
> 生活保護の患者さんに対する彼らのイメージは最悪ですね。なぜこんな連中に税金を投入しなければならないのか…とよく怒っています。
> 生活保護なので、治療費は無料で受けられるのですが、行き帰りの交通費迄は出ないので、病院にかかるときには救急車でいつも来る人がいます。救急車で病院の玄関に到着すると、スタスタ歩いて診察室に向かうのです。タクシー代わりですね。
> 保護費供給前になると、大した事もないのにこれも救急車を呼んで病院にきて、診察の結果大丈夫という診断を医師が下しても、入院させろと駄々をこねる人もいます。
> 保護費を使いきっても、入院出来れば無料で食事、風呂付きでお世話係(看護師)もいる環境を確保出来ますから、彼らも頑張る訳です(苦笑)
> 病院もまず認めないのですけどね。本当に入院が必要な患者さんの為のベッドも常に足りない状態なので。
> 生活保護制度を守ろうとしている人達は、こういう問題のある受給者達への指導という課題に正面から取り組むべきです。
> 本来は役所のケースワーカーの仕事なのでしょうが、手が足りず、きめ細かい生活指導が出来ていないのでしょう。
> 家計簿をちゃんと書かせて、生活管理をしっかり行えば、大半のケースで問題は解決されると思います。
> その生活管理は、生活保護から抜け出して、自分の収入での生活を立ち上げるのに極めて有効なトレーニングになります。
>
> 一部の不心得者の為に、制度そのものが成り立たなくなるような事は改めねばなりません。
> 本当に生活保護が必要な人達を守る為に。

 世の中にはこのような人間も一定数はいるし、またそういう人間も社会が面倒見ていくしかないのは仕方のない事でしょう。

 しかしこうした人間を担ぎあげて「カワイソウ!! 生活保護費を増やせ!!」と騒ぎ続けて、生活保護制度をゆがめ続けたのは、ブサヨ達なのです。

 本当に許せないです。

> 蛇足ですが、在特会の会長が交代されたとか…
> 時期を見て、お考えをエントリーしていただけると嬉しいです。

 ワタシも桜井誠の会長退任と退会には驚きました。 ワタシも純然たる末端会員なので、本当の所はわかりません。

 しかしもし桜井誠が、プライベートな理由ではなく、今後の活動を考えて会長を退き退会したなら、誠に賞賛するべき無私の精神であるとも、また大変な策士だとも言えます。

 実は昨年だったか桜井誠が札幌に来て集会に出た時、ワタシは桜井誠に直接新大久保でやっていたあの「死ね」「殺せ」と騒いだデモについて質問しました。
 「余りに品位がな。 どういうつもりであんなデモをやるのか? あれで大変な騒ぎになったけれど、悪名は無名に勝ると思ってやっているのか?」と聞いたのです。

 すると桜井は「でもあれで在日特権が全国に知られるようになったでしょう? 在日特権への抗議がタブーじゃなくなったでしょう?」と答えたのです。

 つまり悪名は無名に勝るを狙っていたわけです。
 実際のその総決算が桜井VS橋下会談でした。

 お蔭であれから次世代の党が堂々と外国人への生活保護禁止法案を出す、橋下徹も特別永住許可制度の廃止を言い出すなど、今まで「朝鮮人差別になるから・・・・」と一種タブーだった政策を国政政党が掲げ始めたのです。

 こうなると在特会が敢えてこれ以上の悪名を抱え込む必要はありません。 ここで完全にイメージチェンジをして、市民団体として礼儀正しく在日特権廃止の活動を続ければ良いのです。

 その為には桜井誠が一人悪名を抱えて、在特会から去るのが一番良いのです。

 しかしこれは普通の人間にはできる事じゃないでしょう?
 せっかく自分が一人で育てた団体が、ようやくメジャーになりかけた時に、自分一人が悪名を抱え込んで消えるなんて・・・・・。

 普通ならばこれから名声と権力が得られる時に、それを全部諦めて、代わりに悪名だけを背負い込むわけですから。

 だからもしこれが桜井の戦略であるなら、彼は本当に無私の心を持つ英雄であり、大変な策士ですが、しかし本心はわかりません。
 

 
  1. 2014-11-12 19:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

おひさしぶりです。

よもぎねこさん、個人的な事情を話してくださってありがとうございます。そういう理由で色々なことを深く考えてらっしゃるのですね。納得です。個人的にはあのわがまま育ち、人を傷つけても平気な桜井誠とは縁を切ってほしいのですが。それから在特会とも。
それはともかく。以前、日雇い労働者の街を通った時の忘れられない光景を話します。明らかに生活に困窮しているような様子(主観です)だったのですが酒とタバコを片手に競馬中継をみなさん見ていたのが目立ちました。
依存症のなれの果てなのでしょうが、人間、いつでも変わろうと思えば変われます。自立を手助けすることによりお金をかけるべきと思います。

サヨクさんについてはNHKの済州島4・3事件の番組を見て思いました。「正義という言葉を振りかざして自己主張をごり押しすると因果応報、全て自分に返ってくる」

終戦記念日に静かに祈りをささげようと思っても右翼左翼の人たちに静けさをこわされてしまいます。思想と切り離されていない靖国神社の姿勢にもうんざりです。

様々な活動家に反省を促したい思いとともに自分もいろいろと反省させられます。自分も他人からの正当な批判を素直に受け止め、自己発展に鍛練できるような人間でありたいです。
  1. 2014-11-12 20:52
  2. URL
  3. B #-
  4. 編集

NHK

 寒くなってきましたね。私は、物心付く前まで、旭川に住んでいました。大雪山が家の前から良く見えたそうです。なんとなく親しみを感じていつも写真を見てます。

 さて、この頃よく貧困と騒いでいますね。NHKが子供の貧困と題して、特集をしてました。クローズアップ現代です。その中でも、二十数万円の収入でも子供に満足に食べさせられない母子家庭をやってました。食費にかけられるのは四万数千円なのだそうです。そのほかの経費は言及しないのもおかしいですが、米30kgが一万円しないで買えるのに、フードバンクから食料を恵んでもらってそれでも足りないなんて、本当に生活の力のない母としか思えないと考えながら見ていました。
 友人も全く同意見でした。
 なぜ、貧困と騒いでいるのか、本当の狙いは何か、よく見極めたいですね。

 ちなみに我が家でも生活保護を受けてました。50年以上前です。父が二年以上入院していました。当時は少額で、母は内職を一所懸命していました。でも、数年で返上しましたよ。年金も後から払ったみたいです。小遣いも毎日5円か十円もらえてました。

 本当に今の貧困キャンペーンは、保護をもらっている人を駄目にするようなものです。
  1. 2014-11-12 23:19
  2. URL
  3. Cerry Blossoms #-
  4. 編集

Re: おひさしぶりです。

> よもぎねこさん、個人的な事情を話してくださってありがとうございます。そういう理由で色々なことを深く考えてらっしゃるのですね。納得です。個人的にはあのわがまま育ち、人を傷つけても平気な桜井誠とは縁を切ってほしいのですが。それから在特会とも。

 ご心配有難う御座います。 しかしワガママでワタシに敵う人間は居ません。
 ワガママでワタシに勝てるのは、よもちゃんだけです。

 いずれにせよ桜井誠は在特会会長を辞めるのだし、今後在特会と桜井誠がどうなるかはわかりません。

> それはともかく。以前、日雇い労働者の街を通った時の忘れられない光景を話します。明らかに生活に困窮しているような様子(主観です)だったのですが酒とタバコを片手に競馬中継をみなさん見ていたのが目立ちました。
> 依存症のなれの果てなのでしょうが、人間、いつでも変わろうと思えば変われます。自立を手助けすることによりお金をかけるべきと思います。

 思うのですが人間はそんなに簡単には変われないし、どんな社会にもある程度は社会に適応できない人が一定数いるのだと思います。
 そういう人達をタダ責める事は意味がありません。 
 しかし安易に同情して「生活保護を増やすニダ」と言う発想は明らかにオカシイのです。

> サヨクさんについてはNHKの済州島4・3事件の番組を見て思いました。「正義という言葉を振りかざして自己主張をごり押しすると因果応報、全て自分に返ってくる」
>
> 終戦記念日に静かに祈りをささげようと思っても右翼左翼の人たちに静けさをこわされてしまいます。思想と切り離されていない靖国神社の姿勢にもうんざりです。
>
> 様々な活動家に反省を促したい思いとともに自分もいろいろと反省させられます。自分も他人からの正当な批判を素直に受け止め、自己発展に鍛練できるような人間でありたいです。

 そうですね。 誰かが騒音を出したら、他の人間はその騒音以上の大声を出さないと、話ができなくなるのです。
 今の靖国神社などその状態でしょう。

 しかしそうした騒音を止める為には、騒音に負けない声で「騒音を出すな」と言い続けるしかないのです。
  1. 2014-11-13 15:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: NHK

>  寒くなってきましたね。私は、物心付く前まで、旭川に住んでいました。大雪山が家の前から良く見えたそうです。なんとなく親しみを感じていつも写真を見てます。
>
>  さて、この頃よく貧困と騒いでいますね。NHKが子供の貧困と題して、特集をしてました。クローズアップ現代です。その中でも、二十数万円の収入でも子供に満足に食べさせられない母子家庭をやってました。食費にかけられるのは四万数千円なのだそうです。そのほかの経費は言及しないのもおかしいですが、米30kgが一万円しないで買えるのに、フードバンクから食料を恵んでもらってそれでも足りないなんて、本当に生活の力のない母としか思えないと考えながら見ていました。
>  友人も全く同意見でした。
>  なぜ、貧困と騒いでいるのか、本当の狙いは何か、よく見極めたいですね。
>
>  ちなみに我が家でも生活保護を受けてました。50年以上前です。父が二年以上入院していました。当時は少額で、母は内職を一所懸命していました。でも、数年で返上しましたよ。年金も後から払ったみたいです。小遣いも毎日5円か十円もらえてました。
>
>  本当に今の貧困キャンペーンは、保護をもらっている人を駄目にするようなものです。

 それはご苦労なさいましたね。
 実際生活保護制度がなくなると、本当に一家心中をしなければならない人が多数いる事も事実なのです。
 だからこの制度は断固として守らなければならないのです。

 ところが生活保護受給者の中でも最悪の人間達を看板にして、「生活保護カワイソウ」を喧伝するサヨク・リベラルのやり方は、善良な人々にもこの制度に対する不信と、生活保護受給者に対する偏見を煽る事にしかならないのです。

 だからワタシは彼等には心底怒りを覚えます。
  1. 2014-11-13 15:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントありがとうございます。

客観的に見てよもぎねこさんはそんなにわがままではないと思いますよ!自分の考えをごり押しせずに反対意見を受け入れる器がありますし。

確かに人間は簡単には変われないですよね。人はそれぞれ自分の歩んできた人生にプライドを持っているものですし。ただ、社会的な意図に反する生活保護受給者については変わってもらわないと周りが困るわけなので・・・

共産圏で洗脳技術が生まれ、今ではマインドコントロール、メンタリズムなどの技術が確立されつつあります。さらにはタヴィストック人間関係研究所などという大規模組織が(負の?)成果を華々しくあげて久しい今日このごろ。ネガティブな使い方ではなく、国民同意の下、こうした「人を変える技術」に厳しい規制を設けて真に必要な場面でこそ用いる時代になってきているのかもしれません。ただ、国民が高い道徳性を持っていることが前提なので財界エリートたちのような失敗を繰り返してしまう恐れもあるでしょう。現代の代議士に任せるのはまず無理です。宇宙人などという人々がいるのなら、ここらへんのところをぜひ聞いてみたいです。民主主義が勝利したなどとどこかの大統領が叫んでいますが民主主義も共産主義も競争原理に基づく発展という発想ももう限界でしょう。どこかで聞いたことがあります。人間と呼ばれる人種の最大の特徴は本能的に競争をするところだと。かといって怠惰によって崩れ去った共産主義に戻るわけにもいかないですし。サヨクと呼ばれる人たちってホント、骨董品というイメージしかありません。
本人たちは一生懸命やっているのに、ごめんなさい(_ _)

とりとめもなくえらそうなことを言ってすみませんでした。
よもぎねこさんのサイトなのでこんなこと言っても許してもらえるだろうと今回も甘えてしまいました。
  1. 2014-11-13 17:37
  2. URL
  3. B #-
  4. 編集

Re: コメントありがとうございます。

> 客観的に見てよもぎねこさんはそんなにわがままではないと思いますよ!自分の考えをごり押しせずに反対意見を受け入れる器がありますし。

 ネットだけなら幾らでも適当に取り繕えますから。
>
> 確かに人間は簡単には変われないですよね。人はそれぞれ自分の歩んできた人生にプライドを持っているものですし。ただ、社会的な意図に反する生活保護受給者については変わってもらわないと周りが困るわけなので・・・
>
> 共産圏で洗脳技術が生まれ、今ではマインドコントロール、メンタリズムなどの技術が確立されつつあります。さらにはタヴィストック人間関係研究所などという大規模組織が(負の?)成果を華々しくあげて久しい今日このごろ。ネガティブな使い方ではなく、国民同意の下、こうした「人を変える技術」に厳しい規制を設けて真に必要な場面でこそ用いる時代になってきているのかもしれません。ただ、国民が高い道徳性を持っていることが前提なので財界エリートたちのような失敗を繰り返してしまう恐れもあるでしょう。現代の代議士に任せるのはまず無理です。宇宙人などという人々がいるのなら、ここらへんのところをぜひ聞いてみたいです。民主主義が勝利したなどとどこかの大統領が叫んでいますが民主主義も共産主義も競争原理に基づく発展という発想ももう限界でしょう。どこかで聞いたことがあります。人間と呼ばれる人種の最大の特徴は本能的に競争をするところだと。かといって怠惰によって崩れ去った共産主義に戻るわけにもいかないですし。サヨクと呼ばれる人たちってホント、骨董品というイメージしかありません。
> 本人たちは一生懸命やっているのに、ごめんなさい(_ _)

 ホームレスとか生活保護受給者の中には、結構精神障害や知的障害の人もいます。 自閉症とかアスペルベルガーとか軽度の人なども多数いるでしょう。

 そういう人達は一見しただけでは、障碍とはわからないし場合によっては学業成績なんかも良かったりするのですが、しかし普通に会社などで働き始めると問題が起きてしまい、結局ドロップアウトしてまう、家族も面倒をみきれない、などと言うケースも多いと思います。

 しかしこうした精神の障碍に関しての研究や治療はまだ十分進んでいないので、こうした人達をちゃんと治療するどこか、診断さへも難しい状態です。

 そういう意味では、このような人達は生活保護で面倒を見るしかないのです。

 問題はそういう人達を生活保護で面倒を見る事ではなく、不必要に多額の生活保護費を与えたり、彼等の人権を盾に勝手な要求をエスカレートさせている人達なのです。

> とりとめもなくえらそうなことを言ってすみませんでした。
> よもぎねこさんのサイトなのでこんなこと言っても許してもらえるだろうと今回も甘えてしまいました。

 どうぞ、どうぞ、お気遣いなく。
  1. 2014-11-14 16:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する