FC2ブログ

2014-10-29 15:37

バイオテロの首謀者ノリミツ・オオニシ CNN

先日日本に入国したエボラウィルス感染容疑者に関するCNNの記事を翻訳しました。

 訂正します。 chengguangさんからコメントで教えて頂きました。 

これは、CNNのiREPORTというところにある記事です。昔の産経新聞の公開個人ブログと同じようなもののようです。余りに面白いので調べてみました。

 と言うことすから、以下そのつもりで読んでください。

186

CNN 10月28日 
Canadian journalist masterminds the bioterrorism of EBOLA in Japan
( カナダ人ジャーナリスト、日本のエボラバイオテロの首謀者)

Japanese people spent a sleepless night. A man, 45, who arrived at Haneda Airport via London had a fever.  The man had stayed in Liberia, where the Ebola virus continues to spread. He was immediately taken to the National Center for Global Health and Medicine in Tokyo, for further examination in an isolation unit.

 日本人は眠れない夜をすごしました。 ロンドン経由で羽田空港に到着した45歳の男性が発熱していたからです。 その男はリベリア滞在していたのです。 そこでは今もエボラウィルスが広がり続けているのです。 彼は即刻、検査と隔離の為、東京の国立国際医療研究所に搬送されました。

According to the government official, the man is Japanese Canadian journalist. He had stayed in Monrovia, the capital city of Liberia, from August 18 for reporting the Ebola outbreak. And then he left in Liberia at October 18. He stopped over in Brussels for about 10 days.

 政府官僚によれば、この男性は日系カナダ人のジャーナリストです。 彼はエボラ出血熱の感染爆発をリポートする為に8月18日から、リベリアの首都モロヴィアに滞在していました。 そして10月18日にリベリアを出発しました。 彼は途中ベルギーのブリュッセルに立ち寄りそこで10日ほど滞在していました。

Although he insists that he did not go to the hospital and contact the Ebola patients, what did he do there? He is the journalist. The foreign journalists' main job in Liberia is only one. To report the Ebola outbreak is their mission.

 彼は病院には行かなかったし、患者達とも接触していないと主張しています。 しかしそれなら彼はそこで何をしていたのでしょうか? 彼はジャーナリストです。 外国人のジャーナリストのベリアでの仕事はたった一つです。 エボラ出血熱の感染爆発の取材こそが彼等の使命なのです。

His movement provokes a new question. Why does he come to Japan? He is a Canadian journalist, and Japanese medias do not sent their reporters to Liberia. It means that there is no reason for him to visit to Japan at this timing. But he came to Japan with the suspicion of Ebola virus. Who is a Japanese Canadian journalist, 45?

 彼の行動には新たな疑問が湧いてきます。 彼はなぜ日本に来たのでしょうか? 彼はカナダのジャーナリストです。 そして日本のメディアはリベリアに取材班を送っていません。 つまり彼がこのタイミングで日本に来る理由はないのです。 しかし彼は日本に来たのです。 エボラウィルス感染の疑いを持ったまま。 この45歳?の日系カナダ人のジャーナリストとは誰でしょうか?

This man is the NY Times reporter, source familiar with the situation said on Monday midnight. Probably this man who came from the Ebola zone is Norimitsu Onishi. Onishi had been reporting from Liberia since this August. Moreover his reporting from Liberia was released October 11, 2014. This is too much of a coincidence. It is a safe bet that this man is Norimitsu Onishi.
 
 彼はNYTの記者で、当然この月曜の夜のような状況は予想できたはずです。 エボラ感染地から来たこの男性は、おそらくノリミツ・オオシマです。 オオニシはこの8月からリベリアの取材をしていました。 さらに彼のレポートは2014年10月11日にリリースされています。 これを偶然の一致と言うには出来過ぎです。 彼をオオニシ・ノリミツだと断定しても問題ないでしょう。

According to his profile, Onishi is San Francisco bureau chief for The New York Times. What is the reason, the Canadian gay who works at West Coast came to Japan? At least, he does not come for the business. The most suspicious reason is to inflict vengeance on some Japanese.

 プロフィールによるとオオニシはNYTのサンフランシスコ支局のチーフです。 ウェストコーストで働くカナダ人のゲイが、日本に来た理由は何でしょうか? 少なくとも仕事の為ではありません。 最も疑われる理由は日本に何等かの復讐をする為ではないかと言う事です

Onishi is known as a liar and famous anti-Japanese journalist in Japan. If you want to know why Norimitsu Onishi is a liar, check this web page.
http://ianfu.blogspot.jp/2007/11/norimitsu-onishi-liar.html

 オオニシは日本では嘘吐で反日のジャーナリストとして有名です。 ノリミツ・オオニシがなぜ嘘吐きと言われるか知りたい方はここをクリックしてください。
 Norimitsu Onishi, a liar

The Health, Labor and Welfare Ministry said this morning, a man believed to be Norimitsu Onishi tested negative for the Ebola virus. He will have been quarantining for the next few days. In the United States, the state government deals with clarifying policy on Ebola health worker quarantines. The case of Japan is cautioned the U.S. that the carrier of Ebola virus is not only health workers but also the journalists.

 厚生労働大臣は今朝、このノリミツ・オオニシと思われる男性のエボラウィルスの検査結果は陰性だったと、発表しました。 彼は後数日検疫を受ける事になるでしょう。 アメリカでは連邦政府がエボラに関わる医療関従事者への検疫の扱いの詳細を明確化しました。  日本のケースはアメリカにとっての警告です。 エボラウィルス感染は医療従事者だけには限らず、ジャーナリストもあり得るのです。

As a result of Ottawa attack by Michael Zehaf-Bibeau, people understand Canada is also one of the target countries for the Islamic State. Norimitsu Onishi has the potential to become the next Michael Zehaf-Bibeau by the bioterrorism of Ebola virus. The case of a man believed to be Onishi is fundamentally different from Thomas Eric Duncan’s case. Mr. Duncan is NOT the terrorist against the U.S.

 ミッシェル・ベハフービベウのオタワ国会議事堂襲撃事件で、人々はカナダもまたイスラム国の攻撃目標である事がわかりました。 ノリミツ・オオシマはエボラウィルスによるバイオテロについて、潜在的に第二のミッセル・ベハフービベウなのです。 ノリミツ・オオシマと思われる男性のケースは、トーマス・エリック・デューカンとは根本的に違います。デューカン医師はアメリカに対するバイオテロリストではありません。

Onishi is a fanatical anti-Japanese journalist. The man who feels hostility towards Japan comes to the country with the deadly virus. This is clearly bioterrorism. The Government must prevent the bioterrorists like Onishi from entering the country. The Official should show no mercy to the terrorist. It is enough to transport a man believed to be Onishi from Haneda to Vancouver by Air Canada flight.

 オオニシは狂信的な反日ジャーナリストです。 この日本への敵意を持つ男は、死のウィルスと共に日本に来たのです。 これは明らかにバイオテロです。 政府はオオニシのようなバイオテロリストが入国するのを阻止しなければなりません。 テロリストに慈悲を示してはならない。 オオニシと思われる男は、エア・カナダの便にのって、羽田からバンクーバーにくるだけで十分なのです。

197

 ワタシはネットで羽田空港に来たエボラウィルス感染者が、オオニシ・ノリミツだと言う情報を見た時、半信半疑でした。
 しかし今日たまたまこの情報源のCNNの記事を見つけたので、全文翻訳してみました。

 比較的易しい英語だったので、ワタシでもなんとか訳せたのですが、しかし訳しながら「これホントだろうか? ワタシの訳がオカシイのでは?」と思夷、何度何度も元の英文を読み直しました。

 だって「カナダ人ジャーナリスト 日本のバイオテロの首謀者」と言うタイトルだけでもビックリなのに、そのカナダ人ジャーナリストの個人名をオオニシ・ノリミツと特定して公表しているのです。

229

 この個人名は間違いはなさそうですが、しかしこんな事公表して良いでしょうか?

 しかし記事は続くのです。

 「オオニシ・ノリミツは狂信的な反日ジャーナリストで、日本で嘘吐きと言われた。 そこで彼は復讐の為にエボラウィルスに感染したのを承知で日本に来た。 カナダ国家議事堂を襲ったテロリストと同様のテロリストだ。」

 こ、こんな事書いて大丈夫なんだろうか?
 
 こんな事を書いちゃってCNNは、NYTやオオニシから名誉棄損で告訴されないんでしょうか?

233

 勿論オオニシの行動は非難されて当然ですが、しかし彼がエボラウィルスによるバイオテロをしうとしていたかどうか?

 彼がエボラ感染の疑いがあるのに日本に入国したことは事実ですが、けれども目的がバイオテロであったかどうかは、状況証拠のみによる推定以上何もいえないのです。

 しかし記事はこのオオニシがカナダに戻っても「アメリカには入国させるな」と言う意味の事を書いて終わっています。

 オオニシの評判が最悪の2チャンでもここまでは書いていません。

 一体なんでCNNがここまで書くのか?考え込んでしまいます。

237

 それにしてもワタシは英語ダメ子なので、翻訳は大変でした。 だからイロイロ間違いがあるんじゃないかと心配です。

 英語のできる皆さん、どうか間違いがあったら教えてください。

242

 推薦図書 息をするように嘘をつく韓国
  1. 何これ?
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

FBで西村幸祐氏が

わたしもこの記事をジャーナリスト加賀谷貢樹氏のFBで知り吃驚しました。もちろん自分でもシェアしたのですが、どうも腑に落ちずにおりました。

その後、同じFBで西村幸祐氏がこの件につき以下のようにコメントされています。
「カナダ人ジャーナリスト、日本のエボラ熱バイオテロの首謀者
という個人記事がCNNに上がっていました。日本人の情報発信力も、個人レベルではかなり向上して来ましたね。日本政府はこの書き手を探し出して、ホワイト・プロパガンダという情報戦争の最前線の士官にでも起用すべきです。
ただ、この記事が適切かどうは別問題です。かなりオオニシ氏を細部で揶揄した記事になっています。そういう問題はありますが、慰安婦問題に一般米国人の目を開かせるという効果はあるでしょう。」
ということで、西村氏は誰かわからぬがある記者の飛ばし記事と受け止めているようです。
しかしCNNのデスクがこの記事を採用したというのも事実ですから、米国内でも日本をめぐる意見の衝突が起こっているようです。それがわが国とってよい事であることを祈るばかりです。
  1. 2014-10-29 17:02
  2. URL
  3. 丸山光三 #R88qfEMI
  4. 編集

Re: FBで西村幸祐氏が

> わたしもこの記事をジャーナリスト加賀谷貢樹氏のFBで知り吃驚しました。もちろん自分でもシェアしたのですが、どうも腑に落ちずにおりました。
>
> その後、同じFBで西村幸祐氏がこの件につき以下のようにコメントされています。
> 「カナダ人ジャーナリスト、日本のエボラ熱バイオテロの首謀者
> という個人記事がCNNに上がっていました。日本人の情報発信力も、個人レベルではかなり向上して来ましたね。日本政府はこの書き手を探し出して、ホワイト・プロパガンダという情報戦争の最前線の士官にでも起用すべきです。
> ただ、この記事が適切かどうは別問題です。かなりオオニシ氏を細部で揶揄した記事になっています。そういう問題はありますが、慰安婦問題に一般米国人の目を開かせるという効果はあるでしょう。」
> ということで、西村氏は誰かわからぬがある記者の飛ばし記事と受け止めているようです。
> しかしCNNのデスクがこの記事を採用したというのも事実ですから、米国内でも日本をめぐる意見の衝突が起こっているようです。それがわが国とってよい事であることを祈るばかりです。

 なるほど情報戦の一環としてはそういう面もあるんでしょうね。

 しかし普通に考えるとオオニシ=バイオテロリスト説には、状況証拠しかありません。 日本の警察はこの状況証拠だけでは到底オオニシを逮捕できないででしょう。 同様狂信的な反米主義者がエボラ感染の疑いを隠してアメリカに入国しようとしても、アメリカの検察も告訴はしないでしょう。

 そしてNYTやオオニシが名誉棄損でCNNを告訴したら、絶対CNNは負けるでしょう。

 それを敢えて書くと言うのが、どうもわからないのです。 

 ワタシの想像ですが、これは記事にある通りアメリカに同様のバイオテロが起きる事を、警戒しての警告の為の記事ではないでしょうか?

 つまり反日ジャーナリストが日本へのバイオテロをやろうとしているのだから、反米主義者がアメリカに同様のバイオテロを企てて居るかも知れない、これを一般アメリカ人に訴える為の記事ではないでしょうか?

 敢えて実名を揚げる事で、リアリティのある警告にしようとしたのです。 政府がバックについているので、CNNも安心してオオニシとNYTの名誉棄損ができるのです。

 日本は棚ボタで慰安婦報道へのオオニシとNYT報道の如何わしさを宣伝して貰ったのではないでしょうか?
  1. 2014-10-29 17:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

CNNの記事ではないようです

これは、CNNのiREORTというところにある記事です。昔の産経新聞の公開個人ブログと同じようなもののようです。余りに面白いので調べてみました。
  1. 2014-10-29 17:27
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: CNNの記事ではないようです

> これは、CNNのiREORTというところにある記事です。昔の産経新聞の公開個人ブログと同じようなもののようです。余りに面白いので調べてみました。

 有難う御座います。 確かにirepotと書かれていました。 訂正しておきます。

  1. 2014-10-29 17:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

スペルを間違えました

見直していなかったため、iREPORTのPを落としたままでした。正しく理解戴き感謝します。
  1. 2014-10-29 18:15
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: スペルを間違えました

> 見直していなかったため、iREPORTのPを落としたままでした。正しく理解戴き感謝します。

 どうもすみません。 間違ったスペルのままコピペしちゃいました。 直します。
  1. 2014-10-29 18:39
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>昔の産経新聞の公開個人ブログと同じようなもののようです。

それは、よもさんも追い出された「IZAブログ」でしょうかね??

それにしても、オオニシはゲイであったとは。
新宿二丁目に行くつもりだったのか?
  1. 2014-10-29 21:04
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

 未だ半信半疑ですが、Yahoo!ニュースに「この男性については40代のジャーナリストと報道されていたが、ニューヨークタイムズの前東京支局長である日系カナダ人のオオニシノリミツ氏であることが、明らかになっている。」と出ていました。
《エボラ出血熱国内初感染は確認されず》
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00010000-noborder-soci

 この日系カナダ人ジャーナリストは「リベリア国内では病院に行ったり、患者と接触したりしたことはない」と報道されていましたが、もしもこのジャーナリストがオオニシノリミツ氏だったとしたら、オオニシ氏は虚偽申告しているようです。オオニシ氏は、リベリアでエボラ出血熱の取材を最前線でしていて、患者や多くの死体と接したと思われる画像が残されています。
《【エボラ疑惑】NYTのオオニシがエボラ患者や死体と接触していた可能性(ショッキング画像のため閲覧注意)》
http://hosyusokuhou.jp/archives/40968559.html

 CNNブログの「エボラウィルスによるバイオテロ」との記述は、自ら感染してエボラを広めようとしたと読めますが、故意に感染することは自殺するようなものですから、その可能性は低いと思われます。バイオテロを画策するなら、エボラ患者の体液を隠し持ち、食品などに混入させるでしょう。
 こういうことも考えられますから、人体のウィルス検査だけでなく、所持品の検査も必要なのかもしれません。何しろ疑われているのは、「またオオニシか」のオオニシノリミツ氏なのですから。
  1. 2014-10-29 22:21
  2. URL
  3. M8ボルト #-
  4. 編集

成り済ましネイティブが書いたのかも、、、。

この記事の原文を見ていないので、飽くまで「よもぎねこ」さんが完全に記事をコペピしたと仮定して読みますと、訳自体は合っています。ただちょっと気になったのは、原文に(少なくとも)3カ所文法的に私が引っかかる部分が有ります。殆ど正確な英語では有るのですが、この中の2カ所の微妙な文法ミス(aとtheの間違い)から推察するに、かなり英語が出来るが、母国語に冠詞がない言語(例:日本語、ロシア語)の人が書いた気配がします。「~is cautioned the US that ...」は話しの運びから言って間違っていますが、ネイティブがここで能動態と受動態の間違いをするだろうか?と、疑っています。

まあ、ネイティブでも間違って書く事は有るので断定は出来ませんが、もしかしたらかなり英語が出来る日本人が書いたのかもしれません。よく書けていますよ。ただ、私には少なくとも3カ所、間違いが見えて、その間違いの傾向から推察してみたら、、、なんです。

「coincidence」に「a」は付きません。特にこの場合は。ここは完全な間違いです。

「Mr. Duncan is NOT the terrorist against the U.S. 」の「the」は微妙です。「a」でも「the」でも解釈の仕方次第でどっちにでもなる、、、という所ですか、、、。個人的には「a」がいいと思うのですが、、、。

おお、もう一カ所あった。「The case of a man believed to be Onishi...」は「the man」でないと。ここも冠詞の間違い、、、。

この辺で止めておきます。アメリカには移民が多いですから、誰もが正しい英語を使う訳ではないですし、、、。
  1. 2014-10-29 22:30
  2. URL
  3. tna6310147 or ベヒモス #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >昔の産経新聞の公開個人ブログと同じようなもののようです。
>
> それは、よもさんも追い出された「IZAブログ」でしょうかね??
>
> それにしても、オオニシはゲイであったとは。
> 新宿二丁目に行くつもりだったのか?

 きっと旧友の朝日記者達と旧交を温める気だったのしょう。
  1. 2014-10-29 23:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 成り済ましネイティブが書いたのかも、、、。

> この記事の原文を見ていないので、飽くまで「よもぎねこ」さんが完全に記事をコペピしたと仮定して読みますと、訳自体は合っています。ただちょっと気になったのは、原文に(少なくとも)3カ所文法的に私が引っかかる部分が有ります。殆ど正確な英語では有るのですが、この中の2カ所の微妙な文法ミス(aとtheの間違い)から推察するに、かなり英語が出来るが、母国語に冠詞がない言語(例:日本語、ロシア語)の人が書いた気配がします。「~is cautioned the US that ...」は話しの運びから言って間違っていますが、ネイティブがここで能動態と受動態の間違いをするだろうか?と、疑っています。
>
> まあ、ネイティブでも間違って書く事は有るので断定は出来ませんが、もしかしたらかなり英語が出来る日本人が書いたのかもしれません。よく書けていますよ。ただ、私には少なくとも3カ所、間違いが見えて、その間違いの傾向から推察してみたら、、、なんです。
>
> 「coincidence」に「a」は付きません。特にこの場合は。ここは完全な間違いです。
>
> 「Mr. Duncan is NOT the terrorist against the U.S. 」の「the」は微妙です。「a」でも「the」でも解釈の仕方次第でどっちにでもなる、、、という所ですか、、、。個人的には「a」がいいと思うのですが、、、。
>
> おお、もう一カ所あった。「The case of a man believed to be Onishi...」は「the man」でないと。ここも冠詞の間違い、、、。
>
> この辺で止めておきます。アメリカには移民が多いですから、誰もが正しい英語を使う訳ではないですし、

 なるほど、それでなんとなくわかりました。

 翻訳しながらイヤにわかりやすい英語だと思続けていたのです。 ワタシがこんなに簡単に翻訳できるなんて、なんかオカシイなあ・・・・。

 それに書いている内容が余りと言えば余りに大胆で、マジに名誉棄損で告訴されたらどうするんだろう?と思うような事ですからね。

 英語の得意な人なら誰でも書ける文章だし、アメリカにいる人間が書いたと言う証拠もありませんし。

 気をつけないといけませんね。

 、、。
  1. 2014-10-29 23:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

記事は削除されました

この記事のコメント欄で、日本人が記事について謝罪していました。それを読んでもらおうとCNNの記事にアクセスしたところ、下記の文章が出てきました。

This iReport is not available
This iReport has been removed because it was flagged by the community and found to be in violation of the iReport Community Guidelines and Terms of Use.

公になっていない名前を出したことなのか、ゲイと書いたことなのか、原因は不明です。
  1. 2014-10-29 23:39
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

 未だ半信半疑ですが、Yahoo!ニュースに「この男性については40代のジャーナリストと報道されていたが、ニューヨークタイムズの前東京支局長である日系カナダ人のオオニシノリミツ氏であることが、明らかになっている。」と出ていました。
  1. 2014-10-29 23:54
  2. URL
  3. M8ボルト #-
  4. 編集

Re: 記事は削除されました

> この記事のコメント欄で、日本人が記事について謝罪していました。それを読んでもらおうとCNNの記事にアクセスしたところ、下記の文章が出てきました。
>
> This iReport is not available
> This iReport has been removed because it was flagged by the community and found to be in violation of the iReport Community Guidelines and Terms of Use.
>
> 公になっていない名前を出したことなのか、ゲイと書いたことなのか、原因は不明です。

 ベヒモスさんがコメントでこの文章を書いたのがネィテイブスピーカーでない可能性を指摘された所ですが、やはり日本人だったのですね。

 でもこんなことを書いたら、CNNがNYTやオオニシから名誉棄損で告訴されかねないのですから、削除は当然でしょう。

 一言「これは私個人の推理ではあるが・・・・」と書けば問題なかったでしょうが。
  1. 2014-10-29 23:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  未だ半信半疑ですが、Yahoo!ニュースに「この男性については40代のジャーナリストと報道されていたが、ニューヨークタイムズの前東京支局長である日系カナダ人のオオニシノリミツ氏であることが、明らかになっている。」と出ていました。

 日系カナダ人のジャーナリストと言うことは厚生省が公表していました、 そしてNYTにオオニシ・ノリミツの書いたエボラ感染地の記事が出ているのも事実でしょう。

 エボラ感染地を取材したジャーナリストなどそう何百人もいるわけではないので、その中で日系カナダ人のジャーナリストと言えばオオニシ・ノリミツだとわかると言うことでしょうね。

 オオニシが日本に来た動機や、ゲイかどかはともかく、彼の記事を見ると遺体など凄惨な写真がでていますから、そんな写真を撮ったからにはエボラ感染の可能性は大変高いのです。

 その彼が何で日本に来たのか? 羽田空港で熱があったのになぜ自分から申告しなかったのか?

 この理由はわかりません。
 しかし本心がどうでもこれじゃバイオテロリストと言われても仕方ないです。
  1. 2014-10-30 10:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  未だ半信半疑ですが、Yahoo!ニュースに「この男性については40代のジャーナリストと報道されていたが、ニューヨークタイムズの前東京支局長である日系カナダ人のオオニシノリミツ氏であることが、明らかになっている。」と出ていました。
> 《エボラ出血熱国内初感染は確認されず》
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00010000-noborder-soci
>
>  この日系カナダ人ジャーナリストは「リベリア国内では病院に行ったり、患者と接触したりしたことはない」と報道されていましたが、もしもこのジャーナリストがオオニシノリミツ氏だったとしたら、オオニシ氏は虚偽申告しているようです。オオニシ氏は、リベリアでエボラ出血熱の取材を最前線でしていて、患者や多くの死体と接したと思われる画像が残されています。
> 《【エボラ疑惑】NYTのオオニシがエボラ患者や死体と接触していた可能性(ショッキング画像のため閲覧注意)》
> http://hosyusokuhou.jp/archives/40968559.html
>
>  CNNブログの「エボラウィルスによるバイオテロ」との記述は、自ら感染してエボラを広めようとしたと読めますが、故意に感染することは自殺するようなものですから、その可能性は低いと思われます。バイオテロを画策するなら、エボラ患者の体液を隠し持ち、食品などに混入させるでしょう。
>  こういうことも考えられますから、人体のウィルス検査だけでなく、所持品の検査も必要なのかもしれません。何しろ疑われているのは、「またオオニシか」のオオニシノリミツ氏なのですから。

 故意に感染して日本に来たのなら、マジに自殺行為ですから、それはないでしょうね。
 しかし「感染しちゃったかも知れないから、ついでに日本にウィルスのおすそ分けをしちゃおうかな」と言うことはあり得ると思います。

 このあたりは本人の心の問題ですから、他に何とも言えません。

 しかしこれから「お裾分けバイオテロ」だって十分あり得る事は考えておかなくてはならないでしょうね。
  1. 2014-11-12 19:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する