2014-10-02 13:35

神々の遊ぶ庭  旭岳 その4

 9月21日、旭岳に行きました。

600

 ロープウェーでたどりついた直後は、快晴に輝いていた山頂は、遊歩道を歩くうちにドンドン曇り始めました。
 雲が見えてから20分と経たないうちに、純白に輝く山頂は雲に隠れてしまいました。  

610

 しかしカムイミンタラには秋の日差しが輝いています。

609

 雲に包まれる山頂と、明るいカムイミンタラは実に対照的です。

612

 一方麓の方はまだ明るい青空です。

614

 こうして空の色に明暗がつくのは、平地だってないわけではありませんが、しかしこれほど鮮明に分かれるのは見たことがありません。

616

 ロープウェー駅へと進みながら振り返ると、もう山頂の上は恐ろしい程です。

628

 しかし空の片側はまだ澄み切った秋晴れです。 きっと普通の天気予報なら間違いなく「快晴」なのです。

621

 一方、山頂にいる人にとっては「快晴」どころではありません。 きっと大変な寒さでしょう。

630

 そして間もなく晴れていた側にも雲が広がり始めました。

633

 なるほど山の天候が変わりやすいと言うのは、こういう事なのですね。 間もなくこのカムイミンタラも雲に覆われでしょう。

2014y10m02d_132615515

 幸いワタシ達は間もなく遊歩道周遊を終わり、ロープウェー駅に戻りました。 

637

 神々の世界に名残を惜しみながら、ワタシ達は人間界に戻ります。 
 この美しい世界を寛大にも今日一日解放して下さった神々に感謝します。 人間達が下界に戻ってからは、神々はここに降臨されるのでしょう。
 
641

 満員の乗客を乗せてロープウェーは静かに降りてゆきます。

642

 車窓の樹林帯は紅葉していました。

 この美しい一日をワタシは一生忘れません。
 これほど神々しく崇高なモノを見たのは、生まれてはじめですから。

 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

雪よ岩よ 我らが宿り♪

白馬・栂池高原の紅葉も、それはそれは見事なものです。やはりロープウェイで登っていくのですが、途中から全山紅葉の状態になり、お客さんから「わあーっ!」と歓声が上がるほどです。


とはいえ、まだまだ人間界の景色であって、旭岳のように神聖さまでは感じないかも。同居人さまのいらした神々の遊ぶ庭は自然の中でも人間にとって格別なところでありましょう。

やはりその山が人々の信仰の対象になっているかどうかで、人間の見る景色も違ってくるのかもしれません。
  1. 2014-10-02 14:56
  2. URL
  3. レッドバロン #-
  4. 編集

Re: 雪よ岩よ 我らが宿り♪

> 白馬・栂池高原の紅葉も、それはそれは見事なものです。やはりロープウェイで登っていくのですが、途中から全山紅葉の状態になり、お客さんから「わあーっ!」と歓声が上がるほどです。
>
>
> とはいえ、まだまだ人間界の景色であって、旭岳のように神聖さまでは感じないかも。同居人さまのいらした神々の遊ぶ庭は自然の中でも人間にとって格別なところでありましょう。
> 。
> やはりその山が人々の信仰の対象になっているかどうかで、人間の見る景色も違ってくるのかもしれません。

 ワタシは本格的な山登りはしたことがないし、この旭岳だってロープウェーで登ったのですが、それでもあの雪に輝く山頂を見た時は、本当に神様の世界だと思いました。

 日本の山々には全て神様が宿っているだと思います。
 自然は神の憑代として敬うべきではないかと思います。
  1. 2014-10-02 16:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する