2014-09-19 13:59

天高く・・・・・ その2

 夕べから札幌はまた一段と寒くなりました。 夕べはフリースを着こんでいました。
 頭と体が夏の名残を惜しむ間に、季節はドンドン変化します。


2014y09m19d_130754529

 おお、空の色が秋だ。
 つい半月前までは暑い、暑いと言っていたのに、今朝はもう寒かったじゃないか?
 だってもう9月も下旬だものなあ・・・・。 一年の4分の3が過ぎてしまったんだ。
 一年なんてアッいう間に過ぎるんだ。

2014y09m19d_130929437

 パトカーさん! こんにちは!
 そんな所で何をしていらっしゃるんですか?

2014y09m19d_131102872

 よもさん、こんにちは!
 なに、チョッとパトロールの途中だったんだよ。 猫専用道路のパトロールは雄猫の重要任務だからね。

2014y09m19d_130945846

 それはご苦労さまです。 この頃はなぜかアライ様が、家でお母様のお相手ばかりなさっているので、パトカーさんがパトロールしてくださると助かります。

2014y09m19d_130907626

 それがアライ君の一番大切な仕事だからね。 なんと言っても彼は玉無しの飼い猫なんだから、家でご老人や子供の面倒を見てれば良いのさ。
 よもさんだって、毎日同居人さんの面倒を見てるんだろう?
 あれって年中無休で大変だよね。

2014y09m19d_131006401

 まあ、パトカーさん、ワタシの苦労をわかって下さるの?
 パトカーさんは自由の身だから、飼い猫の事なんかご存知ないと思っていたのに・・・・。

2014y09m19d_131156901

 それくらいわかるさ。 オレだって同じ猫だもの。 猫にはそれぞれ仕事があるのさ。
 
 歩兵には歩兵の本領。



2014y09m19d_130815435

 飼い猫には飼い猫の本領。 
 そして野良猫には野良猫の本領があるのさ。

2014y09m19d_131024801

 まあ、そう言って頂けると嬉しいわ。
 ところでお食事は良いですか? 同居人に用意させましょうか?

2014y09m19d_131121924

 有難う。 でも後にさせて貰うよ。 野良猫の本領があるからさ。
 まずパトロールを終わらせてしまうよ。 食事はその後で頂くよ。
 この頃、またオレのパトロール管轄内で、大きな顔をする奴がいるんだ。 玉付き雄猫としては、そういう奴をのさばらせておくわけには行かないんだよ。


 パトカーさんも大変なんですね。
 そういえば先日買い物の帰りに、我が家から随分離れた所でパトカーさんをお見かけしました。 しかし取り込み中だったので、ご挨拶もできませんでした。


2014y09m19d_131312321

 出て行け!! ここはオレの縄張りだぞ!!

2014y09m19d_131258567

 何だと!! ヘイトスピーチは許さないぞ!!
 大体オマイ、この頃体重が増えたと思って、態度デカ過ぎるぞ!!
 体重に比例して、態度デカくして良いと思ってるのか?
 このデブ!!

2014y09m19d_131409727

 オ、オマイこそヘイトスピーチ止めろよ!!
 オレはデブじゃないぞ。 唯この頃賄いが良すぎるだけだ。

2014y09m19d_131340681

 賄いが良すぎた結果がデブだろう? そう言う言葉の遊びに意味があるのか?

2014y09m19d_131236363


 この日、パトカーさんがお食事にいらしたのは、すっかり暗くなってからです。 いつもより3時間以上も遅くなってからです。
 きっとあれからずうっと睨み合いが続き、更には武力衝突に発展していたのかも知れません。
 
 それにしてもよもちゃんは、こんなに遠くに来る事は絶対にありません。 雄猫の縄張りは雌の10倍以上ですから、パトカーさんのパトロールの苦労も並大抵ではないでしょう。
 
 どうかこれからも頑張って下さい。






  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

猫さんたちの動向

今回も詳細なレポートありがとうございました。
>歩兵の本領

笑えました。

♪万朶の桜か襟の色♪

父親が昭和17年現役召集だったものですからね。この手の歌と旧制高校寮歌は、私の場合、幼稚園児の頃から歌えました。父がお風呂の中でいつも唸っていたもので。(笑)
私が珍しい歌を知っているというので、幼稚園の先生たちの前で「水師営の会見」を歌ったことがあります。(汗)変な子供ですよね。

パトカーさんのデブ化が進んでいるようですが、これからの北海道の気候を考えますと、ある程度の皮下脂肪は必要かと。
寒冷な土地で野良猫さんたちはどうやって冬を過ごすのでしょうね。また冬に向けての猫さんたちの動静レポート、期待しています。
  1. 2014-09-19 19:31
  2. URL
  3. レッドバロン #-
  4. 編集

Re: 猫さんたちの動向

> 今回も詳細なレポートありがとうございました。
> >歩兵の本領
>
> 笑えました。
>
> ♪万朶の桜か襟の色♪
>
> 父親が昭和17年現役召集だったものですからね。この手の歌と旧制高校寮歌は、私の場合、幼稚園児の頃から歌えました。父がお風呂の中でいつも唸っていたもので。(笑)
> 私が珍しい歌を知っているというので、幼稚園の先生たちの前で「水師営の会見」を歌ったことがあります。(汗)変な子供ですよね。

 アハハ、ワタシの父は昭和16年に兵隊検査を受けたら、そのまま徴兵されてインドシナ半島へ送られ、昭和22年まで帰れませんでした。

 だからワタシも子供の頃から、父がこの歌を歌うのを聞きました。

 ワタシ達の世代だと軍歌を知っている子って多かったと思います。

> パトカーさんのデブ化が進んでいるようですが、これからの北海道の気候を考えますと、ある程度の皮下脂肪は必要かと。

 まあ、そう思って毎日賄いに励んでいるのですが・・・・。

> 寒冷な土地で野良猫さんたちはどうやって冬を過ごすのでしょうね。また冬に向けての猫さんたちの動静レポート、期待しています。

 ワタシも心配なのですが、しかし冬こそ雄猫さん達の恋と権力闘争の季節ですからね。
  1. 2014-09-19 22:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

1969年の大学紛争の最中に、地方出身の友人の下宿に行くと、ほぼ毎晩、同宿仲間と宴会をやっていて、歌は旧制高校寮歌を北から南まで・・。それから軍歌。最後の春歌でした。バンカラの気風が濃厚に残っていましたね。
学校は、おかしな連中に占拠されたので、日中はバイト、夜は宴会でした。
可哀想なのは大家でした。
  1. 2014-09-20 12:32
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

パトカー猫殿は、ブログ主さんから、高級猫缶をいただけるので、栄養満点、気力と体力充実なわけです。優良な兵站を確保しているという強みがあるから、滅多な事では負けないでしょう。 軍歌といえば自分も小学生時代に、授業で軍歌を披露して、得意になっていたことがあります。 自分の父は終戦時に12歳で、後に自衛官になりはしたけど、戦前戦中は当然、軍隊経験はありません。 ですが、東北の寒村の貧農の五男だった父は、中学校に通わせてもらえず、終戦時で学校教育がストップしたのですが、それが逆に幸いしたというべきなのか(苦笑)、戦後民主主義教育なるいかがわしい洗脳を免れたわけですな。そして自分に、軍歌をいろいろ教えてくれたわけですが、自分が特に気に入って、よく歌っていたのが『ラバウル小唄』でした。 それと自分の小学六年生の時に映画『八甲田山』が上映され、同級生の間で、『雪の進軍』がブームになりました(笑)。 ちなみに自分の小学校では教師の大半が北教組だったと思うのですが、軍歌を歌ったり、子供向けではあるけど、戦記物や戦場漫画を学校に持ち込み読んでいても、別段、先生に咎められた記憶はありませんでした。 中学校、高校と進むにつれて、なんやかやと五月蝿くはなりましたがね。
  1. 2014-09-20 14:05
  2. URL
  3. 温泉猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 1969年の大学紛争の最中に、地方出身の友人の下宿に行くと、ほぼ毎晩、同宿仲間と宴会をやっていて、歌は旧制高校寮歌を北から南まで・・。それから軍歌。最後の春歌でした。バンカラの気風が濃厚に残っていましたね。
> 学校は、おかしな連中に占拠されたので、日中はバイト、夜は宴会でした。
> 可哀想なのは大家でした。

 ワタシは同じ頃、ド田舎の三流大学にいたのですが、当時学生の宴会には春歌と軍歌が歌われていましたね。
 あの頃の活動家の発想がそのまま化石化して朝日などマスゴミに残りました。
  1. 2014-09-21 06:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> パトカー猫殿は、ブログ主さんから、高級猫缶をいただけるので、栄養満点、気力と体力充実なわけです。優良な兵站を確保しているという強みがあるから、滅多な事では負けないでしょう。

 日本軍の精神力と米軍の兵站で戦っているそうです。

軍歌といえば自分も小学生時代に、授業で軍歌を披露して、得意になっていたことがあります。 自分の父は終戦時に12歳で、後に自衛官になりはしたけど、戦前戦中は当然、軍隊経験はありません。 ですが、東北の寒村の貧農の五男だった父は、中学校に通わせてもらえず、終戦時で学校教育がストップしたのですが、それが逆に幸いしたというべきなのか(苦笑)、戦後民主主義教育なるいかがわしい洗脳を免れたわけですな。そして自分に、軍歌をいろいろ教えてくれたわけですが、自分が特に気に入って、よく歌っていたのが『ラバウル小唄』でした。 それと自分の小学六年生の時に映画『八甲田山』が上映され、同級生の間で、『雪の進軍』がブームになりました(笑)。 ちなみに自分の小学校では教師の大半が北教組だったと思うのですが、軍歌を歌ったり、子供向けではあるけど、戦記物や戦場漫画を学校に持ち込み読んでいても、別段、先生に咎められた記憶はありませんでした。 中学校、高校と進むにつれて、なんやかやと五月蝿くはなりましたがね。

 温泉猫さんはワタシよりもまだ10歳以上お若いと思いますが、温泉猫さんの子供時代にも軍歌が残っていたのですね。
 ワタシも小学生頃は父が歌うのを良く聞きました。
 
 だから大人の歌と言えば軍歌とばかり思っていました。

 それが何で60年代末から消えたのか、今もわかりません。
  1. 2014-09-21 06:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する