FC2ブログ

2014-07-31 08:54

deep in 小樽 その2

 7月21日小樽に行きました。

 ブルーリッジを見た後、港を出た通り小樽の観光スポットです。

269

 港に沿うこの通りは元は古い倉庫や商店が並んでいたのですが、そこが観光化で全部土産物屋に化けました。

305

 ワタシはここはあまり好きじゃないのでサッサと出る事にします。

310

 ここを出ると昔金融街だった所にでます。 右側の建物が旧北海道拓殖銀行です。 北海道拓殖銀行はバブル時の過剰融資が元になった不良債権をどうすることもできなくて破綻しました。 
 この建物は小樽が最盛期、そして北海道拓殖銀行も飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃に作られたので、素晴らしく立派です。
 しかし北海道拓殖銀行が破綻して、北海道銀行に吸収された後は、売られて美術館になり、それも破綻してホテルになり、いまも一応ホテルのようです。

 このあたりには旧日銀小樽支店とか三井住友銀行小樽支店とか、「北海道のウォール街」と言われた頃作られた建物が幾つもあります。 

442

 しかし暫く街中を歩いていると暑苦しくなってきたし、お腹も空きました。
 それでまた運河の所に出て、お弁当を食べる事にしました。

 本当は、海を見ながら食べようと思って、家からサンドイッチと瓶詰にしたワインとサラミソーセージを持ってきたのです。
 もう少し歩けば港まで出るのですが、しかしお腹が空いて我慢できません。

 運河沿いのベンチに座って食べていると、カメラを持った台湾人(中国人かも)の老人が目の前に来て、何やら言います。
 写真を撮って欲しいのかと思って、英語で「写真を撮りましょうか?」と聞いたのですが、英語は通じません。 代わりにワタシの後ろを指さし、それからワタシのサンドイッチを指さします。
 
 それで後ろを見てみると・・・・・。

437

 ワタシの真後ろにカモメがいました。

 老人はカモメにパンがやりたいようです。 それでワタシはサンドイッチのパンを毟って老人に渡しました。
 すると老人は喜んでそのパンをカモメにやります。

 そしてカモメがパンを食べ終わると、またワタシにパンをくれと言います。 ワタシはまたパンを毟って老人に渡します。
 そうやってサンドイッチの食パンの半分程をカモメにやると、老人は満足したようです。 老人の連れらしき若者がワタシに礼らしきものを言い、二人は立ち去りました。

 しかしあれが中国人だったら・・・・・。
 ネトウヨともあろうものが、中国人にパンを奪われるなんて・・・・・。

 465

 さて満腹すると、また港に出ました。
 実はここから、祝津やオタモイに行く観光船が出ているのです。 祝津には水族館があります。 オタモイ海岸は景勝地です。
 バスでもいけますが、海を行く方が遥かに気持ちが良いです。

467

 しかし問題はあまり本数がないのと、値段が高い事です。
 それでもせっかく小樽に来たのですから・・・・・。

471

 けれども港見物に時間をかけ過ぎで、次の便は4時です。 もう少し早くここにきていれば2時の便に乗れたのに・・・・。
 計画性無しで行動するとこういう目に遭うのです。

489

 しかしクヨクヨしても仕方がないので、また小樽港内を見物します。 今度はブルーリッジの停泊していた第二埠頭の反対側へ行きます。

498

 こちらの方にはいつも海上保安庁の船が停泊しています。

501

 真っ白な海保の船は凄く綺麗です。

500

 このあたりは大型船は停泊せず、海保の巡視艇の他は漁船が停泊しています。

504

 あの橋を渡った向こう側の埠頭の先の方に、海保の大型巡視艇が泊まっているのでそこまで行ってみる事にします。

509

 それにしても港内には全く波がありません。 結構良い風が吹いて、時々港外を走るヨットは結構なスピードが出ているのに・・・・・。
 これこそ天然の良港と言われる所以でしょう。

534

 橋の上から見る小樽港と小樽の街、そしてその後ろに聳える山が美しいです。
 
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

昔の小樽を知る者にとって、今の小樽の観光化は悲しい限りです。
1980年ごろは良かった。
2010年に再訪して、いたくがっかりしました。
倉庫街と運河の周辺は・・もう昔の情緒はありません。
そして・・・函館もそうでした。
なんで観光化すると観光的価値を無くすのでしょうか。
  1. 2014-07-31 11:01
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 昔の小樽を知る者にとって、今の小樽の観光化は悲しい限りです。
> 1980年ごろは良かった。
> 2010年に再訪して、いたくがっかりしました。
> 倉庫街と運河の周辺は・・もう昔の情緒はありません。
> そして・・・函館もそうでした。
> なんで観光化すると観光的価値を無くすのでしょうか。

 ワタシは小樽が好きで70年代も良く行きました。 まだ運河が観光地になる前でした。 ワタシはあの頃の小樽が好きです。

 観光化されてからは、何とも安っぽくケバケバしくなりました。 しかし観光客はそれなりに喜んでいるようです。
  1. 2014-07-31 21:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する