2014-07-18 15:54

なぜ「差別」なくならないか 放射脳知事

「知事になるのは30年早かった」嘉田知事実感

 19日で2期目の任期を終える滋賀県の嘉田知事が17日、読売新聞の単独インタビューに応じ、新知事となる三日月大造さん(43)と共同代表を務める政策集団「チームしが」の役割など、今後の県政への期待や関わり方について語った。


 ――三日月さんへの期待は。

 一緒に政策をまとめたので、嘉田県政の政策は継承されると思う。また、これまで以上に県政への住民参画を発展させてほしい。財政難の時代、行政だけで出来ることは限られており、チームしがも舞台の一つとして活用してほしい。

 ――今後、政治にはどう関わるのか。

 政治からは引退しません。塾長を務める「未来政治塾」を続けて政治家を目指す若者を育てたいし、地域政党「対話でつなごう滋賀の会」での役回りも考えられる。

 ――2期8年を終える感想は。

 女性政治家への共感が少なく、知事になるのは30年早かった、というのが実感。制度や政治家全体の価値観が変わらないといけない。三日月さんにも、女性の社会参画推進に期待したい。(生田ちひろ)

2014年07月18日 11時56分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


001

 1970年代から日本や欧米の先進国では、「差別」こそが絶対悪になりました。 
 そしてこの時代に「差別されている」といると認定された属性、つまり女性や有色人種やその他マイノリティーが、「自分は差別された」と喚くと、マスゴミは問答無用で「差別した」と言われた側をバッシングするようになりました。

 ところがこのような「あらゆる差別なくす」ための努力にもかかわらず、差別は一向になくなりません。

 なぜ「差別」なくならないのでしょうか?

 それはこの嘉田元滋賀県知事の発言を見ればわかります。

> 女性政治家への共感が少なく、知事になるのは30年早かった、というのが実感。制度や政治家全体の価値観が変わらないといけない。三日月さんにも、女性の社会参画推進に期待したい。

 滋賀県の有権者だけでなく、普通の人間からみれば、嘉田元知事が政治家として共感を得られなかったのは、嘉田氏が女性だからからではありません。

 彼女が滋賀県知事としての能力も人格も持たなかったからです。 

 そもそも何で「女性政治家に共感」しなければならにのでしょうか? 政治に共感するのは政策能力と理念であって、性別ではありません。

 ところが気の毒なことに当人は全くこれを理解できませんでした。

2014y07m18d_165105153

 嘉田氏の頭の中の嘉田氏の人格や能力は、嘉田氏の周りの人々が認定する嘉田氏の人格や能力とは完全にかけ離れていたのです。

 嘉田氏が今回の知事選で立候補さへできなかったのは、つまりは嘉田氏の能力と人格の不足以外の何物でもないのですが、しかし自分の能力も人格も客観化できない嘉田氏はこれを「 女性政治家への共感が少なく、知事になるのは30年早かった、というのが実感。」と、女性差別の為だと理解しているのです。

 だから「差別」はなくならないのです。

 マスゴミが「差別されている」と認定している属性を持つ人たちの中で、この嘉田氏のように自分の能力や人格を過大に評価している人、つまり自惚ればかり強い幼稚で自己中な人は、他人が自分を期待通りに扱ってくれなかったり、何でも自分の思い通りにならなかったりすると「差別された!!」と泣きわめくのです。
 
 こういう人間に、「女性知事はオマイで5人目だし、3期目の人もいる。」などと説明しても仕方がありません。

 なにしろ「差別」とには定義がなく、本人が差別されていると思えば差別なのですから。

 哀しい事ですが、人類から幼稚で自己中で自惚れの強い人間が居なくなることはないでしょう。 だからどんなに努力をしても差別は永遠になくなりません。

 嘉田氏のような幼稚で自己中な人間は、どんな制度でも社会でも永遠に「差別されているニダ!!」と喚きつづけるのです。



 


 
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

人間誰しも我が身はかわいく、自己肯定したいという欲求も有るでしょう。自分自身を第三者の視点で客観的に見ることができる人間はそう多くはないと思います。

しかしながら、大統領、首相、知事、市長など指導的立場にある政治家は、そういった素養をもっていてくれないと国民、住民が困ります。

嘉田氏は知事になるのは30年早かったどころか一万年早かったのでは?wwww

  1. 2014-07-18 23:34
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

 高橋はるみ北海道知事が来年の知事選に4選出馬するかどうかハッキリさせないために、自民党道連を始めとする地元政治家が右往左往しています。女性1人に振り回されている感さえあります。
 嘉田知事は「制度や政治家全体の価値観が変わらないといけない。」と言うけれど、この様な北海道の状況をどう考えているのか聞いてみたい気もします。見たい物しか見ない人なんでしょうから、答えることはないと思いますが。
  1. 2014-07-19 00:34
  2. URL
  3. M8ボルト #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 人間誰しも我が身はかわいく、自己肯定したいという欲求も有るでしょう。自分自身を第三者の視点で客観的に見ることができる人間はそう多くはないと思います。
>
> しかしながら、大統領、首相、知事、市長など指導的立場にある政治家は、そういった素養をもっていてくれないと国民、住民が困ります。
>
> 嘉田氏は知事になるのは30年早かったどころか一万年早かったのでは?wwww

 マジにこういう人は絶対に人の上に立って責任ある立場になってはいけないのです。 

 そしてこういう人がいるから「女はダメだ」と思われてしまうのです。
  1. 2014-07-19 08:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  高橋はるみ北海道知事が来年の知事選に4選出馬するかどうかハッキリさせないために、自民党道連を始めとする地元政治家が右往左往しています。女性1人に振り回されている感さえあります。
>  嘉田知事は「制度や政治家全体の価値観が変わらないといけない。」と言うけれど、この様な北海道の状況をどう考えているのか聞いてみたい気もします。見たい物しか見ない人なんでしょうから、答えることはないと思いますが。

 女性政治家がこの世に生まれた当時ならまだ同情できるのですが、現実に女性知事や女性大臣が活躍して久しい現在にこんな発言ですからね。

 嘉田氏と言うのは一体いつの時代の価値観で生きているのか?と聞きたくなります。
 
 しかし思うのですが、現在の左翼って70年代に流行した思想をそのまま使っているので、現在の状況なんか全然見えていないのではないでしょうか?
  1. 2014-07-19 08:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する