FC2ブログ

2014-05-28 10:28

見渡す限り戦車の列!! その2

 5月25日(日)陸上自衛隊東千歳駐屯地の第七師団の59周年記念行事を見学しました。

141

 記念行事のメインは観閲式と訓練展示ですが、観閲式が始まる前に来賓の訓示を聞くために整列していた車両の列が動き出すと、もうそれで大感激です。

156

 列から観客のいるところまで50mはあると思うのですが、それでも足の裏から地響きが伝わってきます。

166

 ワタシはこの東千歳駐屯地の記念行事を見るのは初めてです。 この前に2度真駒内駐屯地の記念行事を見ていますが、スケールが全然違います。

168

 それも当然でこの第七師団は日本で唯一の機甲師団で、戦車隊3連隊の他、装甲車・長距離砲・高射砲などの車両を揃えて機動打撃を担当する師団なのです。

173

 ワタシは軍オタではないので、実は機甲師団の意味も、また目の前を通り過ぎる車両の種類も良くわからないのですが、それでもこれを見ていると圧倒されます。

178

 しかし日本に機甲師団はここしかないとなれば、機甲師団の観閲式や訓練展示を見られるのはここだけと言うことでは?

184

 マジにこれって凄い穴場ですよね?

186

 だって自衛隊と言えば富士総合火力演習が有名だけれど、でもこれは入場券の入手が殆ど不可能です。 ちなみに今回ワタシをここに連れてきてくれた友人も、家族の名前まで総動員して毎年申し込んでいるのに、全然当たらないのだそうです。

193

 でもここはこれだけの機甲部隊の演習展示と観閲式が見られるのに、入場券なんかいらないんですから。

201

 それにしても何だろうこのワクワク感?

203

 ワタシは軍オタじゃないし、車両の種類だってあんまりわかってないのに、戦車の列を見て、足の裏から地響きを感じていると、胸がドキドキワクワクしてきます。

217

 おお、これが我ら日本人の自衛隊なのだ!!
 この強力な戦車の列が私達日本人を守ってくれるのだ!!
 そういう思いが胸に湧き上がってきます。

238

 そして感動が一杯になったところで上空には二機の戦闘機が現れました。 千歳基地から観閲式の応援に来た航空自衛隊の戦闘機です。
 しかし戦闘機は滅茶苦茶早いので、ロクに写真を撮る間もなく飛び去ってしまいました。

249

 そしてようやく観閲式が始まります。
 その前に給水車が地面に水を撒いて埃除けをするのですが、しかし給水車の数もベラボウです。
 でも真面目に考えれば、第七師団約6000人分の給水ですから、給水車だけでも大部隊になるのでしょう。

259

 そしてようやく観閲式が始まります。 観閲式が始まる前に大感激してしまったワタシは、飲み会が始まる前に出来上がってしまった馬鹿みたいなんですが・・・・・。

第7師団創隊59周年・東千歳創立60周年記念行事
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する