2014-05-28 03:26

見渡す限り戦車の列!! 第7師団59周年記念行事

 5月25日友人に誘われて陸上自衛隊東千歳駐屯地で行われた陸上自衛隊第七師団の59周年記念行事を見に行きました。

012

 この東千歳駐屯地は札幌から車で一時間ぐらいの所で、千歳空港にも近いのですが、ワタシはここへ来たのは初めてです。

020

 後でネットで調べたら自衛隊の駐屯地としては一番広いのだそうです。 実際中を歩いていると本当に広くて、どこまで続くのか見当がつきません。

023

 その広大な敷地の中に自衛隊の車両や建物が並んでいます。
 真駒内駐屯地でも随分広いと思ったけれど、ここはその何倍あるのか? 何だか桁違いの広さです。

053

 その広い敷地の中を歩いていくと、観閲式の会場にでました。
 何だかわからないですって?

034

 ではその一部を拡大します。
 広大な広場を見渡す限り戦車の列です。 戦車や自走砲や装甲車の列が広場に並んでいます。
 この列、少なくとも2キロは越えそうです。

038

 その広い広い広場に自衛隊員が整列して、その後ろに戦車や装甲車や自走砲が並んでいるのです。 
 その数が余りに多く、その列が余りに多いので全部を一枚の写真に収める事ができません。
 そして全体を撮ろうとすると、戦車も人間も豆粒のようになり、何の写真だかわからなくなるのです。

106

 余りに広いので少し中央から離れていると、観客席の中央にある来賓の演壇なんか全然見えません。 
 しかし全然見えない来賓の挨拶が終わり、隊列が観閲式の為の移動を始めると、もう凄い迫力です。

113

 この膨大な戦車の列が右の端から順番に左の端まで移動を始めるのです。

123

 地響きを立てて移動する戦車を列を見ていると、それだけで鳥肌が立ちます。

126

 それにしてもなんという数でしょう?

136

 実はこの第七師団は陸上自衛隊唯一の機甲部隊なのだそうです。

138

 だから三個連隊の戦車隊始め、凄い機動力が集まっているのです。

144

 それにしてもこんなに機甲部隊ってこんなに凄いとは・・・・・。

156

 目の前を続々と進む車両を見ていると鳥肌が立ってきます。

159

 そして地面が揺れます。
 戦車が動き出すと観客は全員立ち上がりました。 ワタシも自然に立ち上がったのですが、それでも足元がグラグラと揺れるのがわかります。
 戦車の列と観客席は50m以上離れていると言うのに・・・・・。

 去年の観閲式の動画がありましたので、とりあえず貼っておきます。

観閲行進 第7師団創隊58周年及び東千歳駐屯地創立59周年記念行事



 それにしてもすごいです。
 
 こんなに凄いならご隠居さんのご旅行には、絶対北海道をお勧めするべきでした。 だって機甲師団の観閲式はここでしか見られないのですから・・・・。

 

 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

機甲師団

第七師団、大した迫力ですね。

戦車と言うと、ロンメル機甲師団やパットン戦車軍団の闘いに熱くなったものです。
いや実際の戦いでは無く、子供の頃のソースは月刊マンガ雑誌ですから。(^◇^)

ご隠居さん、今頃四国のどの辺かな。
空海の足跡を辿る趣味は無いですから、剣山や石鎚山を登山しているかな。
しまなみ海道を、サイクリングしたいとは言っていましたが。^^
  1. 2014-05-28 08:53
  2. URL
  3. 無才 #-
  4. 編集

Re: 機甲師団

> 第七師団、大した迫力ですね。
>
> 戦車と言うと、ロンメル機甲師団やパットン戦車軍団の闘いに熱くなったものです。
> いや実際の戦いでは無く、子供の頃のソースは月刊マンガ雑誌ですから。(^◇^)

 ワタシも機甲師団を見たのはこれが初めてです。 それにしてもすごいものです。

> ご隠居さん、今頃四国のどの辺かな。
> 空海の足跡を辿る趣味は無いですから、剣山や石鎚山を登山しているかな。
> しまなみ海道を、サイクリングしたいとは言っていましたが。^^

 一体どこにいらっしゃるのでしょうね?

 ワタシも四国は2回程しか行った事がありません。 祖父の出身地だと言うのに・・・・。
  1. 2014-05-28 09:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する