2014-04-27 11:39

柳青める その3

 この数日札幌は嘘のように暖かくなりました。 だから自転車で遠出しても、凍える心配はなくなりました。

216

 それで24日は発寒川から新川に沿ってサイクリングをしたのです。 ここへ来るのは去年の11月下旬以来です。

245

 海まで行こうかと思いましたが、日暮れが近づいたので途中で引き返しました。

2014y04m27d_110251720

 帰り道にまたキレンジャクの群れに会いました。 農試公園であった群れでしょうか? 鳥ですからワタシの自転車よりは早く飛ぶんでここまで来ることだってできるはずです。

 それにしても二回も会えるなんて・・・・

 キレンジャク達は美しい羽色を見せびらかしながら、柳の芽を食べて居ました。
 そしてワタシのドジカメでも上手く写真が撮れるように、光線の良い所でポーズをとってくれました。

2014y04m27d_105901813

 キレンジャ君達は毎年冬に我が家の近所のナナカマドの並木道に大群でやってきます。 そして皆でナナカマドの実を食べるのです。
 それでワタシはこの冬もキレンジャ君達の写真を撮れるのを楽しみにしていました。

 でもこの冬、キレンジャ君達の大群がナナカマドの実を食べているのを見た時には、カメラを持っていなかったのです。 それで翌日カメラを持って行くと、群れは空の高い所を飛び回るばかりでした。

 そしてそれっきりキレンジャ君の群れを見る事はできませんでした。

2014y04m27d_110050973

 それなのにこうして今頃会えるなんて!!
 冬の埋め合わせをしてくれたのでしょうか?

253

 キレンジャ君達とお別れして、自転車を走らせると、次第に日が傾いてきます。

256

 しかしなを空気は暖かく、冷気は降りて来ません。

2014y04m27d_104758582

 道端にはキバナノアマナが小さな花を満開にしています。

261

 花爆発の導火線に火がついているのです。

268

 もうすぐポプラだって芽吹きます。

269

 夕暮れに追われて自転車を走らせている人々を、春が追いかけてくるのです。

272

 新川と発寒川の合流点に来るころ、日の光が薔薇色を帯びてきました。

274

 さしもの長い春の日も暮れつつあるのです。

277

 暖かい夜を過ごして、ここの桜も後数日で咲くでしょう。

279

 今度農試公園に来る時には、桜花爛漫になっているはずです。
 



テーマ:中国問題
ジャンル:政治・経済

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する