2014-02-22 19:01

久々の琴似

 一昨日は久しぶりの快晴だったので、琴似まで行って見ました。

154

 琴似は札幌でも最も古くから開けた地区なので、古い市場や商店が残っています。

177

 琴似共栄市場に行くと、いつものように店先に安い果物が山盛りになっていました。

156

 勿論市場の中にも一杯あります。 林檎が減って柑橘類が増えました。 ヤッパリ春が近いのです。

158

 野菜も品揃えも春を感じるようになりました。

169

 魚屋さんの店はスカスカになっていました。 もう大方売り切れてしまったようです。

164

 この店は一日売り切り分しか仕入れないから、少し時間が遅くなるとスッカリ品数が減るのです。

173

 ついこの間までは3時過ぎになると、夕暮れの気配が漂っていました。 だから明るい間は昼過ぎと言う感覚でした。

175

 しかしいつの間にか日が長くなって、時間の感覚が合わなくなりました。

160

 実はもう殆どの人が夕食の買い物を済ませている時間だったのです。

171

 林檎が冬の名残を惜しんでいました。

180

 市場を出ても空はまだ明るく輝いていました。

193

 日が暮れ始めたのは農試公園の方を回って帰る頃です。

195

 ゆっくりゆっくりと夕闇が迫ってきます。

204

 河原ではカモ達がパンを貰っていました。 こんな時間にワザワザ、カモ達にパンを持って来る人がいるのですね。

203

 これだからこのカモ達はいつもここにいるのです。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する