2014-01-21 12:00

パンを買いに行く

 一昨日の午前中は綺麗な快晴でした。

 011

 思い返せば昨年末から、快晴の日は数える程しかありません。

 022

 朝起きて、窓の外を見たら綺麗に晴れていても、昼前から曇り始めて、やがて雪になる・・・・・。
 こんな日が延々と続いています。

 038

 けれど一昨日は昼過ぎても、まだ晴れて居ました。
 だから久しぶりに少し遠出をする事にしました。

 044

 目的地は山の上のパン屋さん!!
 丁度パンが無くなって来たのです。

 052

 ところが家を出て30分もしないうちに、天気が怪しくなってきました。

 061

 そしてパン屋を出た時には、もう完全に雪模様です。
 オマケにこの日はワタシの好きなレーズンラスクが売り切れでした。

 067

  それでも久しぶりの遠出だから、ついでに福井堰堤も見ていこうと思いました。
 しかし福井堰堤に向かい始めると雪がドンドン降って来ました。

 070

 その上堰堤に向かう遊歩道は完全に埋まっていました。
 遊歩道は諦めて別の道路を行くしかありません。

 076

 道路へ出ると太目のコーギーに出会いました。 彼は寒さなんかヘイチャラで、雪の上を転がってふざけてはご主人を困らせて居ました。
 太目の人は寒さに強いと言うけど、犬も同じなんですね。

 078

 堰堤の近辺に来ると雪は益々酷くなります。

 086

 堰堤にたどり着くと、滝は完全に凍っていました。

 089

 と、いうか滝の表面に分厚い氷のカバーが掛かり、水はそのカバーの下を流れ落ちているのです。
 
 083

 そして滝の向こうにあるはずの藻岩山も手稲山も全く見えません。

 095

 堰堤から更に上の御別沢の方に向かうと、雪は止みました。
 しかしやはり手稲山は見えません。

 104

 しかし海の方をみると、石狩湾の彼方の雄冬の山々が見えます。
 近くの手稲山は見えず、彼方の雄冬山系が見える。
 不思議な世界です。

 
 
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する