2013-10-21 20:21

魔法の山 その2

 快晴の土曜日、円山に登ると、シマリス様やシロハラゴジュウカラ君が直ぐ側までやってきます。

 346

 50㎝弱まで近づいてくるので、シマリス様の表情や小さな指先までシッカリとみる事ができます。

 361

 シマリス様が余りに近づいてくるので、こちらが動けなくなります。 だってウッカリ動いたらシマリス様がビックリして逃げちゃうでしょう?

 2013y10m21d_194728854

 一方シロハラゴジュウカラ君もドンドン近づいてきます。
 シロハラゴジュウカラ君は小鳥の中では滅茶苦茶大胆不敵に人間に近づくタイプだそうです。 しかしこんなに近くまで来るなんて・・・・・。

 360

 後ろからヘンな発音で「カワイイネー」と言う声がするので、振り向くとワタシのすぐ後ろで金髪の大男がやはりシマリス様とシロハラゴジュウカラ君の写真を撮っていました。 

 2013y10m20d_175602801

 しかしシマリス様もとうとう満腹して去られ、ゴジュウカラ君も飛び去りました。 そして金髪氏も登山を続けます。

 377

 頂上はもうすぐです。

 382

 日は益々傾きます。

 389

 そして遂に山頂へ・・・・・。 足元に札幌の街並みが海のように広がります。

 400

 山頂の眺めを堪能して下山する頃、日は益々傾きます。

 408

 木々の彼方の街並みを目指して足を薦めます。

 429

 そして輝く木々に別れを告げました。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する