2013-10-11 17:52

貯蓄に励む その4

 ノンビリと窓辺でお昼寝するよもちゃん、しかし夢の中でもシマリス様はせっせと働いて貯蓄に励んでおられます。
 さすがは北海道神宮のお使い!! 
 怠惰なよもちゃんとは比べものになりません。

  


 シマリス様、お忙しそうですねえ・・・・。 こんなにお忙しい所を見ると、北海道神宮ってブラックなんですか?


 またまたそのような不敬な事を申すか?
 北海道神宮がブラックなんて失礼にも程があるぞよ。 我々シマリスも、またエゾリス殿も崇高なる使命を持って、神宮の御祭神様にお仕えしておる。
 それで忙しい時もあるが、それをブラックと言うのは違うぞよ。


 そもそも我々シマリスが今忙しいのは、12月末からの冬季長期休暇、つまり冬眠の為じゃ。 雪が積もり始める前に冬眠用の食料を全部巣に運ぶので忙しいのじゃ。
 それで食料の準備ができら、後は3月下旬までずうっと休暇じゃ。


 年に4ヵ月も休暇のある職場がブラックあるはずはなかろう?


 なるほど、それじゃその他の労働条件はどうなんですか? 
 例えば福利厚生なんか良いんですか?


 勿論じゃ。 例えば社宅は全部、神宮の境内か円山公園内にあって、光熱費、家賃は無料じゃ。
 そなたこの辺りの地価が幾らか知っておるか?


 正確には存じませんが、でも確かに北海道神宮近辺って、札幌市の高級住宅街なんですよね。
 あのあたりだとマンションとかも同じ広さでも、ウチの近所より何割かはお高いって聞いています。
 しかし光熱費が無料って、シマリス様のお宅って電気水道ガスを使うんですか?


 使わないから無料なのじゃ。
 神様のお使いはそんな物は必要ないのじゃ。 暑さや寒さやその他の不便からは、神様が守って下さる。


 それでもそうやって貯蓄に励むんですか?


 だって冬眠中は外へ出たくないから仕方あるまい。
 冬中暖かい巣の中で、ノンビリ過ごしたいのじゃ。
 誰だって楽をしたいと思えば、その為に忙しい目も見ねばなるまい。


 ここにおれば、胡桃も団栗も沢山ある、ヒマワリの種や南瓜の種の差し入れも多い。 そう言う意味でも大変恵まれた仕事じゃ。
 しかしさすがにこれを巣に運び込むぐらいは、自分でやらねばならぬ。
 だから忙しいのじゃ。


 おお、これでまた頬袋がパンパンじゃ!!
 行かねばならぬ!!


 ・・・・・・。



 シマリス様はまた駆け去ってしまいました。
 しかしシマリス様の労働条件、随分良いようですね。 さすがは神様のお使いです。
 でも誰でも就職出来るってわけにはいかないんでしょうね・・・・・・、
  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する