2013-12-21 11:44

特定秘密保護法案 政府と自民党の姿勢について

 特定秘密保護法案に対して、朝日、毎日、東京、北海道新聞などサヨクメディアは今も執拗な反対報道を続けています。

 ワタシは最初はこの法案にそれほど興味はなかったのですが、この法案の国会審議が始まってから、サヨクメディアの報道はドンドンエスカレートして、日に日に荒唐無稽になって、まるで70年代の過激派学生運動のアジビラか、近未来小説みたいになってきました。

 そして法案が成立した今は、この施行への反対報道ではなく反対扇動をしています。

 147

 これには対して自民党はこれらの報道に対する反対文書をまとめて、13日党内の国会議員に配布しました。

 特定秘密保護法案―自民党の反対文書 
  http://gohoo.org/column/131219/

 この反対文書では朝日、毎日、東京新聞の23の記事に対して「事実に反する」と反論しています。

 特定秘密保護法案への反対扇動をしているのは、北海道新聞他地方紙も沢山あるのですが、これらに対する反論書はありません。

 しかしワタシは先日北海道新聞に電話で記事の説明を求めたところ、完全に拒否されましたので、北海道新聞の記事もまたその他の地方紙の反対扇動記事も完全に事実に反すると確信しています。

 そもそも北海道新聞など法案の中身をちゃんと読んでいるかどうかさへ疑わしいのです。

 法案の中身を読者に説明する事もなく、荒唐無稽な物語を書いて読者に反対扇動するなど、もう報道機関とは言えません。 扇動機関と言うべきです。

148

 しかしこれら扇動機関の馬鹿騒ぎに対する政府と自民党の対応にも問題はあったと思います。

 最大の問題は政府や自民党が自らきちんと法案の中身と意義を国民に説明しなかったことです。 法案は公開されているのですから、法律に詳しい人なら中身はわかります。

 けれど法律の条文を読む人は稀でしょう。
 また戦後の平和ボケで、このような法案の意味を理解できていない国民も多いのです。 だからサヨクメディアの底の付け込んで、妄想による反対扇動をしているのです。
 
 このような状況では、政府と自民党がきちんと法案の中身と意義を国民に説明するのは不可欠ではありませんか?

154

 本来なら上記の反論書のような物は、自民党所属の国会議員にだけ配るのではなく、朝日、毎日、東京新聞に新聞広告として掲載するべきなのです。

 朝日新聞に以下のような反論書の朝日新聞記事に関する部分を、広告として掲載すれば良いのです。

 朝日新聞12月1日朝刊
 法案が成立すれば、宇宙開発や感染症など、安全保障やテロ対策に強くかかわる研究に、特定秘密の「網」が広く被せられ、悪影響が及ぶ下の性がある。

 事実に反します。
 民間研究が特定秘密を取り扱う事になるのは、本法案の5条4項または8条1項の契約を行政機関と締結したのみであり、本法案により宇宙開発や感染症の研究に悪影響が及ぶ可能性はありません。
 
 http://gohoo.org/column/131219/

 勿論朝日新聞だけでなく、毎日、東京、その他地方紙にも、事実に反する記事に対してはきちんと反論するべきなのです。

160

 この法案の評価と言うなら、それは各新聞がどのように書くのも言論の自由でしょう。

 しかし完全に事実に反する事を報道して、国民を扇動する事は、言論の自由とは違います。 

 明らかな名誉棄損であり、国民への詐欺なのです。

 だから政治家は国民の利益を守る為にもこのような虚偽報道を放置するべきではありません。 

 勿論いかに相手が馬鹿の左翼メディアと雖も、報道を検閲して禁止する事は民主主義国家としてするべきことではありません。

 だから虚偽の報道には「これは虚偽である。 虚偽の報道で国民を扇動する事は許されない」とその都度きちんと反論するべきなのです。

 そうしなければ多くの国民はそれが虚偽であることを知る事はできません。

 もしそれでサヨクメディアが政府の言い分に不満があるなら、自分達の報道が虚偽でないと思うなら、政府に反論すれば済むことです。

 自分の紙面を使っての反論ですから、至って簡単な事ですね。

 国民は双方の言い分を読んで、自分が正しいと思った方を支持すれば良いのです。

163

 ところが大変奇妙な事に政府も自民党も、なぜかこのような国民への説明には及び腰で、とにかく国民には良くわからないまま法案を通してしまいました。

 これだと左翼メディアの思うつぼではありませんか?

 一体政府は何でこんなに及び腰なのでしょうか?

 民主党政権成立前からネットでは自民党の支持が常に新聞その他の世論調査より圧倒的に高かったのです。 それはつまりネットでは安倍総理その他の自民党政治家の声を直接聞く事ができて、ネットをしない人達よりも、安倍総理や自民党の政策を理解できる人達が多かったからです。

 それならネット以外のメディアに対しても、ちゃんと政策や意思を表明すれば、相応の理解が得られるのではありませんか?

168

 勿論、政府がこのように新聞に反論すれば、彼等は益々狂乱するでしょう。 しかし狂乱して醜態を晒せば、国民だって彼等の本性がわかります。

 戦後の日本がジリジリと左傾化して反戦妄想による非現実的な政治経済に落ち込んだ最大の原因は、結局今まで自民党がこのようなメディアとの対決を避けて、事なかれ主義に終始したからではありませんか?

 サッカーでも野球でも守備しかしないチームは絶対に勝てません。 大リーガーのオールスターチームでも攻撃を拒否し続ければ、小学生のチームにでも負けてしまいます。

 自民党が政権に就いている間、揉め事を避ける為に本来なすべき自己主張を避け続けた結果成立したのが民主党政権です。

 その民主党の余りの無能さに辟易して、国民は安倍政権を選んだのですが、しかしまた自己主張を止めて防戦一方にまわればいずれまた政策は後退し続けて、政権を失うでしょう。

 自分の自分の意思を表明しない人間の意思を一体誰がどうやって聞くのでしょうか?

 阿吽の呼吸とか気持ちを察すると言うのは、家族など小さく緊密な社会の中だけの話です。

 国民に意思を伝える為には、安倍政権はきちんと反論して欲しいです。 きちんと意思を伝えて欲しいです。
 それが政権の義務ではありませんか? 
  1. 安倍
  2. TB(0)
  3. CM(13)

コメント

アベさまのNHK

こんところネット上で大人気…おデコの菅長官。特亜の暴論に都度、クールに反論します。コレだけでもチッタ溜飲が下がります。以前はバカを刺激すんな??の言われっ放しでした。
でも、お説の通りまだ足りないですね。メディアに期待出来ない以上、重要法案については中高生にも解るよう、政府が主旨を事前広報すべきです。同感です。
本来。特定秘密保護法など誤解を招き易い法案については、ミナさまの公共放送NHKが特番組んで、公正中立且つ繰り返し主旨を解説すべき処。が…その偏向性は民放の手本の如く故…全く期待出来ません。
早く〜。アベさまのNHK?になってほし〜〜。私は大歓迎ナノデスガ…(笑)

  1. 2013-12-21 19:03
  2. URL
  3. ひげオヤジ #9jrY1DZ6
  4. 編集

ひげオヤジさんへ

 真面目な話、NHKは何の根拠もない普遍不党など止めて政府の公報をする方が、余程公正です。

 例えそれが民主党政権のような馬鹿政権であっても、政府の公報であると言う事を明確にしていれば国民はそれを「ああ、民主党の馬鹿共はこういっているのだな」と思うから、問題はないのです。

 しかしオカシナ偏向報道を「公正中立」などと言われては困ります。
 NHKは小学生も中学生も見るのですから、視聴者の良識に任せるなんて言うわけにはいかないのです。
  1. 2013-12-21 21:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

北海道新聞というのは、確か石原氏が関東大震災のときの朝鮮人について言及した発言を引用した際、『三国人』という用語を使用し、この用語が当時は存在していなかったことを指摘されて、あれは共同の記事を掲載しただけで、と弁解記事を小さく掲載していた過去があります。
特定秘密保護法に関する反対記事も、朝日のコピーみたいな記事ですので、放流された下水の水が処理されているのか、汚水のままなのか、の判断もつかないのだと思います。
特定秘密保護法が衆議院で可決した日の夕方、安倍首相がこの法律について記者説明を行い、この様子がTVで放映されました。解り易い説明で、記者からの質問にも答えていました。産経新聞の阿比留記者による尖閣に於ける中国漁船追突事件についての質問にも、この法律による秘密事項ではない、情報公開されるべきだった、と、明確に答えていました。
この席上で、条項の問題点を指摘できたはずですが、そんな記者は見当りませんでした。60歳に満たないであろう記者が、『戦前の暗い時代に近付いている』と書いている奇妙さに気付かないのは、病気としか言えません。
  1. 2013-12-22 11:36
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

自民党に限らず

政府与党は、重要法案についてマスコミの取材を通さず内容や意見を国民に直接説明すればいいのです。マスコミがネガキャン拡大や無視を決め込む法案ほど必要です。
首相官邸はじめ各省庁にはホームページがあります。
新聞に政府予算で意見広告を載せることも出来ます。
ニコ動はじめ首相や大臣が直接説明する場もあります。
その他の方法でもいいです。
マスコミの「偏っためがね」を通さない政府からの直接の説明が必要です。
民主党政権のように、そもそも政府が隠そうと思うとこれはまた問題ですが。
  1. 2013-12-22 12:32
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

chengguang さんへ

 この特定秘密保護法案に関する報道を見ていると、道新始めサヨクメディアの発狂振りが異常で、ホントに何んでここまで発狂するのかわかりません。

 しかし道新や毎日に電話してわかったのは、つまり彼等は何もわからないで発狂していると言う事でした。

 これがつまりサヨクメディアの痴性なのです。
  1. 2013-12-22 16:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

kogumaさんへ

 その通りだと思います。 昔と違って今はネットがありますから、まずネットで直接国民に発信するべきです。

 また意図的な捏造や虚偽の報道には、その都度抗議するべきです。
  1. 2013-12-22 16:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

憲法96条改正も、ちょっとマスゴミが騒いだら直ぐ引っ込んでしまいました。それも根拠の全くない、「裏口入学」なんて感情論だけ。それを反論もせず引っ込んだまま、意気地がないね。まじめにやる気あんのかね、と思いますね。世の中、宣伝戦なのに一切やらないのは本当に怠慢だ。シナを見習いなさい、連日マスメディアを使ってウソを発信しているじゃないですか。彼らは100回いえば真実になるということを知っている。日本だって内閣支持率が落ちたじゃないですか。日本のマスゴミは腐っているからいくらご機嫌とってもダメなのに、テレ朝に出てフルイタチなんかにヘラヘラしている。自分の意志を表明しない人間は居ないのと同じ、支持する国民は戦うことを望んでいる。秋葉原で「マスゴミ帰れ」と支持者が叫んだことをわかっていないのでしょう。
  1. 2013-12-22 19:31
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

新聞広告は掲載を拒否できます。

よもさん
広告は意味ないんですよ。掲載を強制できません。
広告を掲載するか否かは完全に媒体側の自由だからです。

また日本では反論権も認めあれてません。かつて産経新聞に載った自民党の共産党の民主連合政権に対する批判の意見広告に対し、共産党が無料で反論を掲載することを要求しサンケイ側が拒否、最高裁まで争われたことが有りました。(産経は反論の意見広告については反論文であることを明示し自社の見解でないことを明示するならばいいと言ってたと思いますが帰国は定かではありません)

これは反論の広告では掲載を強制できないので無理やり反論を載せろというものでしたが最高裁は認めませんでした。これは当然のことで新聞の編集権を害するというものでした。

おそらくこれと同じで意見広告を出そうとした所で拒否はされるでしょうから最初からやらないということになるのですよ。だから保守の側でも完全にそれ用の媒体を持たねばならないのです。かつては産経でよかったのでしょうが、昨今のフジの為体を見るとこれも不安です。

TVは放送法の規制があるかぎり厳しいですが、本当にまともな相対を保守の側も持つ必要が有るという気がしてなりません。
  1. 2013-12-22 20:13
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 憲法96条改正も、ちょっとマスゴミが騒いだら直ぐ引っ込んでしまいました。それも根拠の全くない、「裏口入学」なんて感情論だけ。それを反論もせず引っ込んだまま、意気地がないね。まじめにやる気あんのかね、と思いますね。世の中、宣伝戦なのに一切やらないのは本当に怠慢だ。シナを見習いなさい、連日マスメディアを使ってウソを発信しているじゃないですか。彼らは100回いえば真実になるということを知っている。日本だって内閣支持率が落ちたじゃないですか。日本のマスゴミは腐っているからいくらご機嫌とってもダメなのに、テレ朝に出てフルイタチなんかにヘラヘラしている。自分の意志を表明しない人間は居ないのと同じ、支持する国民は戦うことを望んでいる。秋葉原で「マスゴミ帰れ」と支持者が叫んだことをわかっていないのでしょう。

 憲法96条改正はマスゴミの問題と言うより、衆参両院での3分の2の確保ができなかったからでしょう。
 それに国民投票の結果も微妙になりますし。

 しかしマスゴミの異常さは何とかしないといけませんね。 最終的には国民が購読を止めるしかないのですが。
  1. 2013-12-22 23:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 新聞広告は掲載を拒否できます。

 そうですね。 おそらく自民党が幾ら広告費を出しても、新聞側は掲載を拒否するでしょうね。
 しかし新聞広告が無理でも、他の媒体を使って積極的に反論はするべきです。

 虚偽の報道を放置するべきではありません。
  1. 2013-12-22 23:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

基地外に念仏

朝日、毎日、NHKにしろ、法に反対のためのプロパガンダで、世論を扇動しているんですから始末に負えない。
いくら間違いを諭しても聞く耳なんぞ持ってはいない反日扇動機関ですからね。

公共性とか公正性とか期待すること自体ナンセンスな話で、政府と自民党ははっきり反日工作の宣伝機関と批判すべきです。
  1. 2013-12-23 10:24
  2. URL
  3. gannriki #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013-12-23 14:06
  2. #
  3. 編集

gannriki へ

 事実に反する事を際限もなく書いては、反対を扇動するのですからね。

 報道機関と言うより完全な扇動機関です。
  1. 2013-12-24 19:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する