fc2ブログ

2013-12-15 14:06

「リアル」を無視するマスゴミに動かされて良いのか? 生活保護

「リアル」を知らない政治家に動かされてよいのか?
食費1ヵ月3600円の当事者が語る「生活保護リアル」
――政策ウォッチ編・第51回

今回は、本連載政策ウォッチ編・第7回にご登場いただいた平田明子さん(仮名・44歳・北海道在住)の声を紹介したい。もともと小学校教員だった平田さんは、結婚、DV被害に遭っての離婚を経験した後、非正規雇用で教育委員会などに勤務していたが、職場でのパワハラが引き金となって精神を病み、休職して治療に専念したものの回復せず、退職。その後、生活保護を申請して利用を開始し、現在は2年目
となる。

img_6c64befb4bd35efe5fe773633306534b168962.jpg

平田さんの住む町では、冬場、気温がマイナス25℃になることもある。でも、平田さんの利用している暖房機器は、石油ストーブとホットカーペットだけだ
Photo by Yoshiko Miwa


――平田さん、お久しぶりです。残念なことですが、8月1日に生活保護基準が見直しとなり、ほとんどの当事者にとっては引き下げとなりました。


「そうなんです。単身生活をしている私も、保護費が引き下げとなりました。今回は1ヵ月あたり400円の引き下げでした」

――どのように、やりくりされていますか?

「食費を削りました。今まで、米代込みで1ヵ月あたり4000円でした。それを3600円にしました」

――1日あたり120円ということですよね。どういう食生活なのか、ちょっと想像できないのですが。

「今は、ほとんどご飯、ハヤシライスまたはカレーライス、それからサラダ、茹でた野菜、野菜の煮付けなどのおかずです。ハヤシライスとカレーライスは、自分で作ります。ルーは市販のものを利用しますけど。夜は食べず、1日に2食の日も結構あります」

――お米が1日1合としても、1ヵ月あたりで3~4kg程度は食べるわけですよね。お米だけで1ヵ月1500円程度はかかりそうです。すると、おかずにかけられるのは1ヵ月2000円程度ということになりますね。

「結構、いろいろなものが食べられますよ。カレーには必ず、缶詰の大豆を入れます。肉は少ししか食べません。食べるとしても、たまに挽き肉を食べる程度ですね。カレーやハヤシのルーは、ドラッグストアで底値になっているときを狙って買います。1箱128円のときがあるんです。その1箱を使えば、3~4日分になります。私、カレーは大好きだから、朝昼、3日か4日カレーが続いても平気なんです。もちろん、栄養バランスを考えて、サラダや茹で野菜も一緒に食べます」

――サラダにする野菜って、そんなに安くないという感覚があるんですが。

「私は、人参、玉ねぎ、キャベツを千切りにしてサラダにしています」

――あ、「台所の味方」と言われる野菜ばかりですね。私も、スーパーのタイムセールでキャベツ半個を78円で買って、それを浅漬にして1週間食べ続けたりすることがあります。

「この地域は農業が盛んなので、地元の農家の方のお野菜が安く売られていることが多いんです。それを煮付けにしたり、カレーの具材にしたりもしますね。安い時にたくさん買って下処理して冷凍しておくこともあります」


img_47ed5dedcfdb7e7e6b6543c2c6159558147257.jpg

平田明子さんが住む、築40年のアパート。建物のあちこちが経年劣化している。昨年まで、トイレは汲み取り式だった
Photo by Y.M.


月に1本は映画を必ず観る
「自分の中の文化を絶やさない」努力

――でも、「食費を削るのはなるべく後回しにしたい」という気持ちが、私にはあります。生きることの根源に近いのが食ですから。私は、困窮していったとき、着るものから先に節約しました。平田さんは、何を優先するために食費を節約しているんですか?

「自分の中の文化を、絶やさないためです。自分の興味が向かうこと、関心のあることに対する投資は、絶やしてはいけないと思うんです。限られたお金の中で、惜しまないようにしようと」

――平田さんの「文化」とは、具体的にはどのようなものですか?

「映画は、月に1本は必ず観ることにしています。それから9月、大好きなミュージシャンの20年ぶりのライブのために、5000円のチケットを買いました。ライブは、少し離れた大都市で行われるので、交通費もかかりました。9月は、やりくりがかなり大変でしたね(笑)」

――私は、そういうふうに、ご自分の大切にしたいもの、ご自分の守りたいもののために工夫して保護費をお使いになるのは、素晴らしいことだと思います。その人が生きる力を発揮するための基本ですから。でも……。

「わかります。『生活保護なのに』と言われる方も、たくさんいることは知っています。でも私は、8月から1ヵ月あたり400円が減らされたことで、逆に『自分の中の文化を絶やさない』と強く決意しました」


http://diamond.jp/articles/-/45951

DSCF5712

 本文は非常に長い文章です。 ホントは全部コピペしようと思ったのですが、しかしあんまり長いのでギブアップしました。
 
 ともあれこの記事の著者は「生活保護費の削減で食費が3600円しか出せなくなった人がいる、悲惨だ!!。 政治家はこの実態を知らないのだ。 生活保護受給者の「リアル」な生活を知らない人々が、生活保護費減額を叫んでいる。 許せない!!」と言いたいようです。

 しかし大変不思議なのですが、全文隈なく読んでも、この平田明子さんの生活保護受給額を全く書いていません。
 
DSCF5719 

 食費3600円と言うのは確かにショッキングだし、普通に考えれば悲惨です。 しかしこの著者が書いているように、現在生活保護費の用途は完全に受給者の自由裁量です。

 また著者も生活保護費の用途を行政が監視する事など絶対に許されない、と言っているのです。

 だったら食費3600円も平田明子さんの完全自己責任なのです。

 日本国憲法では「全て国民は健康で文化的な最低生活をする権利がある」と定めています。 生活保護はその憲法の主旨に沿って作られた制度です。

 「文化」をどのように規定するかは、個人の自由ですから、食費を削ってもライブや映画を楽しみたいなら、それはそれで構わないと思います。

 しかしどんな大富豪でも自分の「文化」に好きなだけ支出できるわけではないのです。

 まして一般勤労者の場合はお金のかかる「文化」を愛するが故に、食費その他を切りつめるのは普通の話です。 
 その現実を無視して、このような文章を書く事に非常に違和感を感じます。

DSCF5733

 それでは平田明子さんはどの程度の生活保護費を貰っているのでしょうか?

 生活保護費は地域や家族構成や年齢、障碍や病気の有無によって、数万円の差があるので、確実な額はわかりませんが、減額前は全国平均でこのぐらいでした。

 sahadore.gif
 http://生活保護.biz/kingaku/

 つまり単身者でも最低賃金ベースで働く勤労者の所得よりも、生活保護費の受給額の方が多かったのです。

 しかも生活保護受給者は医療費は全額無料、医師の証明書があれば通院のタクシー代も無料、NHK視聴料、上下水道費も無料です。

 どちらが余裕のある暮らしができるか明らかでしょう?

 今回の生活保護費削減で、所得の格差は何とか改正されましたが、しかし医療費無料等の特典を考えれば、やはり生活保護受給者は低賃金労働者よりもまだリッチなのです。、

 ちなみに札幌で女性が中途採用で地元企業などで働く場合は、正社員でも手取り12~13万です。 道内の他の都市ならもっと少ないでしょう。 

 だから平田明子さんは絶対に働きたくないでしょう。

DSCF5764

 それにしても笑えるのが、この記事に添えられた写真と解説です。

平田さんの住む町では、冬場、気温がマイナス25℃になることもある。でも、平田さんの利用している暖房機器は、石油ストーブとホットカーペットだけだ

 これって道内の普通の暖房です。
 勿論マンションや高級住宅などでは、セントラルヒィーティングを採用している所も多いのですが、しかし一般の住宅では石油ストーブが普通です。

 勿論それで十二分に暖かいのです。
 このタイプのストーブなら、外がマイナス25℃でも、10~15畳の部屋でも、25℃ぐらいを楽々キープできるでしょう。

 そしてこのタイプのストーブだと温度制御もまた点火時間も完全に自動制御ですから、スイッチを入れる以外に全く手数がかかりません。

 DSCF5765

 これも笑えます。

平田明子さんが住む、築40年のアパート。建物のあちこちが経年劣化している。昨年まで、トイレは汲み取り式だった。
 トイレが汲み取りと言うのは確かに今時珍しいです。

 しかし地域全体に下水ができなければ、水洗トイレを作る事は出来ません。 逆に下水網が完備して地域全体の建物の殆どが水洗トイレを作れば、汲み取り式のトイレは維持できません。
 
 だって汲み取り業者が廃業してしまいますから。

 つまりこの平田さんのアパートが水洗トイレを作る前は、地域に下水施設がなく、地域の家庭は皆汲み取り式トイレを使っていたと言う事です。

DSCF5769

 老朽アパートだと言うのも生活保護故でしょうか?

 だってアパートならどの部屋でも家賃は殆ど変りません。

 で、他の住人も全員生活保護受給者なのでしょうか?

 人口減の道内自治体では、当然の事ですが新しいアパートを建てる人は稀です。 アパートを探せば老朽アパートしかないし、それが嫌なら公営住宅と言う事になります。

 ちなみに生活保護受給者は、公営住宅に優先的に入居できます。 これって低所得の人から見れば随分羨ましい話です。

 ついでに言うとワタシは病身で無職なので、父の遺産を食い潰して暮らしています。
 
 で家賃・光熱費・食費・文化費用を全部合わせて月7~8万円で暮らしています。
 
 食費は3600円と言うわけにはいきませんが、病身の女性だと食費は知れています。 太り過ぎを何とかする事に苦労しています。

 病人の立場から言うと、病気で生活保護を受給している人が、「文化」の為のお金に苦労すると言うのは不思議話です。
 だって病人だと体力がなくて、日常の家事で手一杯じゃないですか?

 体力がなくなっているのに、どうやって遠くの都会までライブに行くんですか?
 人ごみで一杯のライブ会場って辛くないですか?

 ましてうつ病の人って普通は、病院に行くのも辛いぐらいでなのに。ライブや映画を楽しめるってホントに不思議です。

DSCF5781

 生活保護に関する記事って、いつもこんな風に「リアル」を無視しているのです。

 現実の勤労者の賃金との比較も、それ以前に現実の生活も無視して、ひたすら「生活保護受給者=貧困=カワイソウ」とナンセンスなお涙頂戴の猿芝居を書くのです。

 なるほど政治家の中には社民党や共産党の政治家のように常に「リアル」を無視して馬鹿な事を言う人もいます。
 しかし政治家全体としては「リアル」を理解できる人も大勢いるのです。

 なによりもどのような政治家であれ、彼等は選挙によって国民から選ばれているのです。

 政治家が国民を動かしているのではありません。
 国民が政治家を動かしているのです。

 しかしマスゴミには国民の声や意思を反映する術はありません。

 だからこんな妄想を書く人間も「ジャーナリスト」でいられるのです。

 「リアル」を無視するマスゴミに動かされて良いのか? 
 
 これは生活保護の問題だけではなく、全ての政治に関する問題の全てに関して同様ではありませんか?

DSCF5782

 札幌は今吹雪いています。 一昨日の大雪で完全な真冬になりました。

 でもワタシの部屋はとても暖かく快適です。

 道内生活保護受給者達もみな、ストーブをガンガン焚いて、室温を25℃にして薄着で冷たいビールでも飲んでいるでしょう。

 
  1. 生活保護
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

この3600円というのは36000円の間違いではないでしょうか。1日1200円です。生活保護を受けられない老人は、1日800円程度でやってますから。1日3600円だともはや貴族ですからありえないし、週3600円でやれないこともないが、これだと生活保護を受けられない人達より悪くなるので、ありえない。
私達民政委員はこう言う話は通帳、領収書など証拠を確認して聞くのが通常です。そうしないと二度手間、三度手間になりますから。
  1. 2013-12-15 16:52
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

こんにちは。

画像のストーブ、我が自宅にも設置しようと思った事があります。しかし値段がね〜・・・メーカーの希望小売価格で「15万円超」その他「設置工事費」が別途必要ですから、普通の「石油ファンヒーター」の方が安くてね。

まあ真冬に寒過ぎて、窓が開かない(換気のため)、と言う事がありませんから安い石油ファンヒーターでも十分でありますが。
  1. 2013-12-15 17:27
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

灯油代って幾らくらい掛かるんですか

北海道の人間が東京は寒いと言って文句を言ってたの思い出します。もちろん外は大したこと無いが部屋の中の暖房が物足りないということはさんざん言ってました。まあ、北海道のような高断熱の家を立てたら夏場たまりませんから、冬場は寒に覚悟で入ることも事実です。でも北海道人てのはその辺り少しやり過ぎではないかという気もします。

灯油代月20000円というのはどのくらいの量になるんでしょうか。因みに我が家は灯油代は20年以上0円です。使ってません。ホットカーペットのみで十分、特に困ったことも感じてません。まあ私が例外的な耐寒性物であることは認めますが、東京などはこれで十分だと思ってます。
  1. 2013-12-15 18:28
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

友遊さんへ

 何処までホントかわかりませんが、近所の農家の親族が居て、野菜類は全部貰って、米+調味料だけなら、3600円ぐらでもやっていけると思います。

 ワタシは酒類やお菓子や果物など口に入る物を全部入れて2~3万の食費ですが・・・・。
  1. 2013-12-15 18:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

裏の桜さんへ

 やはり本州ではこの手の大型温風式石油ストーブを使う家は稀なんでしょうね。

 ちなみにこの手の石油ストーブは道内では現在一番普通に使われている暖房装置だと思います。

 管理が楽だし、セントラルヒィーティングなど他の暖房器具に比べて暖房費が遥かに安上がりだし。
 
 単身者向けのアパートなどでは、部屋に着いている場合も多いです。
  1. 2013-12-15 18:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

kazkさんへ

 現在札幌では灯油1ℓ100円弱です。
 だから二万円の灯油だと200リットルです。

 道内の一般家庭の灯油の消費量は、一冬平均1500リットルだそうです。
 これで暖房、給湯、お風呂全部を賄うのが普通です。

 暖房が必要なのはほぼ5カ月ぐらいですから、月二万円の灯油代と言うのは、道内平均家庭よりは少ない方です。

 しかし単身者でこの消費料だとかなり多い方でしょうね。

 ちなみにワタシは500リットル弱で十分間に合っています。

 単身者で集合住宅ならこれ以下でも十分だと思います。
  1. 2013-12-15 18:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 田舎の村では自助努力が求められますから生活保護には抵抗が大きいんですよ。
 しかし誇りを捨てれば・・・・・
  1. 2013-12-15 21:16
  2. URL
  3. ご隠居 #-
  4. 編集

ご隠居さんへ

 田舎だと良くも悪くも人間関係がタイトだから、ご近所の目は厳しいでしょうね。

 その点都会は隣近所でも名前も知らないと言うのは普通だから気楽でしょう。
  1. 2013-12-15 23:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

このエントリーを読んで、以前よもぎ猫さんが紹介してくださった女性の社会進出を助ける手段としてもっとフィリピンメイドを使おうという記事を思い出しました。あれも女性の経済的自立を促すというよりも、移民増大という結論のためにフィリピンメイドを持ち出しただけであり、タガログ語と片言の英語しかしゃべれないメイドを雇ったら、どれほど日常生活が煩雑になり、女性のストレスが増すかという現実を全く無視した記事でした。

これもそう。貧乏な人=弱者=かわいそうという結論のためにみじめさを強調して書いていることが、逆に生活保護受給者への嫌悪感を煽っていることに気づかない。

ライブを楽しむなんていうのは、額に汗して働いている人だってそうそうしょっちゅうはないし、みんなはそのささやかな楽しみのために働いているんじゃないですか。生活保護受給者は掛け金も払わずに毎月生活費がもらえることに感謝し、自立をめざしてひっそりと暮らすべきです。
  1. 2013-12-16 07:17
  2. URL
  3. むらさき #-
  4. 編集

むらさきさんへ

 仰る通りだと思います。
 
 この記事は2チャンにスレが何本も建っていましたが、そのカキコがほぼ全部反感でした。

 こういう記事を見ると記事の愚かしさに対する嫌悪がそのまま生活保護制度への反感に転嫁しています。

 本当のこういう記者こそが弱者の敵です。
  1. 2013-12-16 08:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

こんにちは。

生活保護の水準はその国の国力、生活水準で決まると思います。
100歩譲って左翼の常套句である健康で文化的な最低限度の生活を営む権利とやらを国がフォローするとしてもその時代の生活水準が参考となります。
50年前の普通のサラリーマンの生活を考えれば今の生活保護者は恵まれています、ランドセルや子供服は上の子のおさがり、デパートでのオムライスが年に一度の贅沢でTVもご近似や電気屋で見るものでした。
贅沢を言えばきりがありません、社会保障費にも限度があります。
現在の生活保護費より低い収入で生活している人もたくさんいます、その人達も少ないながら税金を払い生活保護者を支えています。
当然その人たちより豊かな生活をすることは適正水準ではないと思います。
生活保護費は適正で収入が低いことが問題だといった詭弁で擁護する人はもっとおかしいです。
  1. 2013-12-17 10:07
  2. URL
  3. kanon11 #-
  4. 編集

kanon11さんへ

 仰る通りです。
 今回の生活保護費の削減で北海道では、最低賃金と生活保護受給者の所得の差がなくなりました。
 生活保護費はそれぞれの地域の賃金水準を元に決められていますから、それを考えれば問題はないはずなんですけどね。
  1. 2013-12-28 10:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

これはいかがなものか

まあ、描き方は賛否両論あるでしょうし、それは結構なことですが食費1ヵ月3600円というのは非常に怪しいところですね。
単純な桁落ちか、あるいは取材でミスがあったか、ダイヤモンド編集部に問い合わせて見ます。

実際よもぎねこさんも他の読者さんもこの数字には疑問をもたれているようですし、ここがそもそも間違いであるとするとダイヤモンドの企画自体が成立しないのでは、と思います。
  1. 2014-08-23 03:29
  2. URL
  3. たろうたろう #-
  4. 編集

Re: これはいかがなものか

> まあ、描き方は賛否両論あるでしょうし、それは結構なことですが食費1ヵ月3600円というのは非常に怪しいところですね。
> 単純な桁落ちか、あるいは取材でミスがあったか、ダイヤモンド編集部に問い合わせて見ます。
>
> 実際よもぎねこさんも他の読者さんもこの数字には疑問をもたれているようですし、ここがそもそも間違いであるとするとダイヤモンドの企画自体が成立しないのでは、と思います。

 近所に農家の親戚などがいて、野菜やお米を貰える場合は、食費3600円も可能だと思います。
 けれど「リアル」と言うなら当然家計簿を示して、全生活費の使途を明確化するべきでしょう。
 
 しかし道内の女性の軽労働や一般事務職の場合は、手取り12万前後ですから、生活保護費とそう変わりません。
 そうした比較もなく「リアル」などと言われても困るのです。
  1. 2014-08-23 11:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する