fc2ブログ

2013-11-29 18:37

シナの涙ぐましい防空識別圏

防空圏、日本に照準を=軍事衝突に備えよ-中国紙社説

 【北京時事】29日付の中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は東シナ海への防空識別圏設定について「闘争目標を日本に定めよ」と題した社説を掲載、「日本の気勢をそぐことに力を集中させ、あらゆる挑発行為に断固反撃すべきだ」と主張した。その上で「(自衛隊機と中国軍用機が)接近し、対峙(たいじ)する事態もあり得る」と指摘、空軍に対し軍事衝突に備えるよう警告した。 社説は米国が中国の防空識別圏設定に反対していることに言及しつつも、「米側がやり過ぎない限り、米軍を闘争目標に据えてはいけない」と強調。また同じく反対する韓国は「(防空圏が)自国を狙ったものではないことを知っている」と分析、中国に過度な要求はしないと断言した。 
 さらに社説は中国側が対日強硬姿勢を維持することによって、「日本側に双方の防空識別圏の管理協力に対する関心が出てくる」と主張。沖縄県・尖閣諸島をめぐる危機を打開するための対話につながるとの楽観的な見方を示した。(2013/11/29-14:45)


http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013112900519

087

 おお、シナの防空識別圏は米軍は関係なくて、日本だけを閉め出す為の物だったのですか?

 しかしシナのレーダーって凄いんですね。
 レーダーで米軍機と自衛隊機を見分ける事ができるんでしょうか?

 イヤイヤ実はシナの識別能力はもっと凄いのです。
 
100

<防空識別圏>軍事専門家が見解、「米爆撃機は中国軍に撃墜されるのを怖がっていた」―中国メディア

XINHUA.JP 11月29日(金)7時3分配信
 中国共産党機関紙・人民日報(電子版)は28日、米軍のB52戦略爆撃機2機が事前通報しないで中国の防空識別圏に進入した問題で、中国の軍事専門家、尹卓少将が「米軍機は随分と慎重に飛んでいた。中国軍に撃墜されるのが怖かったからだ」との見解を示していると報じた。


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131129-00000004-xinhua-cn

104

 おお、シナは防空識別圏に入った飛行機のパイロットの心理まで識別しているのです。
 ワタシはミリオタではないので軍事技術に関しては疎いのですが、シナはいつの間にか凄い新兵器を開発したのですね。

 ではこの凄い識別能力を持ったシナ空軍は、自衛隊機がこの識別圏に入ったらどうするのでしょうか?
 当然撃墜するはずですが・・・・・。

118

 自衛隊機、通告せず防空識別圏を飛行 中国側、反応なし
朝日新聞デジタル 11月28日(木)13時28分配信

 中国が尖閣諸島(沖縄県)を含む空域に防空識別圏を設定し、飛行の事前通告を求めた問題で、自衛隊機と海上保安庁の航空機が、この空域を中国への通告なしで飛行したことが28日わかった。緊急発進(スクランブル)など中国側の反応はなかったという。
 中国国防省は、防空識別圏に関する指示に従わない航空機には、中国軍などが緊急措置を取る方針を23日に発表していた。海保は飛行した日時や機数は「運用上支障がある」として明らかにしていないが、同日以降に通常業務の一環として東シナ海を飛行した。

 また、防衛省関係者によると、自衛隊機も従来通りの哨戒活動などを変えておらず、28日までに中国が設定した防空識別圏内を飛行した。


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000026-asahi-pol

127

自衛隊機と海上保安庁の航空機が、この空域を中国への通告なしで飛行したことが28日わかった。緊急発進(スクランブル)など中国側の反応はなかったという。

 ??
 自衛隊機と海上保安庁機がもう入った後じゃん??

 それなのにスクランブルをしてないって???

 詳しくは鍜治俊樹氏の軍事ジャーナルに出て居ました。

141

軍事ジャーナル【11月27日号】中国空軍の敗北

中国が防空識別圏の設定を宣言した。2月に中国軍の羅援少将が設定を提案していたが、その時点では軍上層部は羅援の提案を無視していた。それが何故この時期に採用されたかと言えば、16日、17日と二日連続でロシアの空軍機が沖縄に接近するという事件があったからだろう。

 この二日とも中国軍機がロシア機に対応する形で沖縄に接近しており、その飛行経路は今回設定した防空識別圏と重なるのである。実は12日にロシアのプーチン大統領はベトナムを訪問しており、ロシアの最新戦闘機の供与について話し合われたという。

 今のベトナムにとって最大の脅威は中国であるから、この露越の動きはどうみても対中包囲網の形成である。その上でロシア軍機の東シナ海進出である。中国は反射的に防空識別圏の設定を宣言したのであろう。要するにロシアを牽制したのである。

 しかし中国が防空識別圏を設定するとなれば、中国が領有を主張している台湾や尖閣、そして韓国の一部も含まれることになる。設定を宣言した23日、中国の情報収集機が飛行し、そこは日本の防空識別圏でもあるから、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進し中国機に接近し監視した。

 言うまでもなく中国から見ると中国の防空識別圏を日本の戦闘機が飛行しているわけだから、中国の戦闘機が緊急発進して日本の戦闘機に接近して監視しなくてはならない。ところが中国の戦闘機は緊急発進しなかった。

 そもそも防空識別圏とは戦闘機が緊急発進する範囲を指す。戦闘機が緊急発進しない防空識別圏など何らの実効性を持たない、言わば絵に描いた餅でしかない。それを見た米軍はB52爆撃機を飛行させ、やはり中国戦闘機は発進せず、中国が宣言した防空識別圏は八方破れの陣となった。


 おそらく航空自衛隊のF15が緊急発進したのを見て中国空軍の戦闘パイロットは二の足を踏んだのであろう。中国にはJ10やJ11などF15に一応対抗できる機種はある。しかし稼働率が異様に低く墜落率が驚くほど高いと言われる。当然訓練も儘ならず、パイロットの練度も低い。

 一口にいえば、空自のF15が出撃した瞬間に中国空軍は敗北したのである。中国が防空識別圏を設定したとの報を受けても動揺せず通常の手続きに従って緊急発進した空自のパイロットや現場指揮官の勇気は称賛に値する。

 これが民主党政権だったら、岡田幹事長みたいのが、中国を刺激するなとか言って緊急発進を中止させたに相違なく、そうなれば中国の防空識別圏は公式に承認されたものとなり、中国空軍は台湾、尖閣、韓国に勢力を広げていた。安倍政権は東アジアを救ったとも言えるであろう。
 
 中国の制服のトップ、軍事副主席の許其亮は空軍出身である。中国の権力闘争は昨今いよいよ激化しているから、許は責任を問われて失脚するかもしれない。失脚を免れるためには失敗を糊塗していよいよ強硬策に出ることも考えられる。たとえば1996年に台湾近くに軍事演習と称してミサイルを次々に打ち込んだが、形勢挽回、窮余の一策として有り得る。

 東アジア戦争の第1ラウンドに我々は勝利したが、戦いはまだ終わってはいないのである。


http://melma.com/backnumber_190875_5936744/

164

 何と!! 米軍のB52より先に自衛隊がシナの防空識別圏に入っていたのです。
 しかもシナの防空識別圏なんか「そんなの関係ねえ!」とばかりに、シナ軍機へのスクランブルを掛けに入っていたのです。

 シナ軍のパイロットの練度が低い事は、鍜治氏が以前から仰っていました。

 それにしても自衛隊機のパイロットの発進を決断した指揮官の愛国心と決断力には唯感動します。

 だって幾らシナ軍のパイロットの技量が低いと言っても、実は自衛隊機の方は大変なハンディキャップを負わされています。

 自衛隊機は民間人並みに正当防衛でないと、自分の方から攻撃できないのです。 
 つまりシナ側から撃たれそうにならないと、ミサイルも機銃も撃てないのです。

 もし自衛隊機がシナの戦闘機を撃墜したら?
 
 当然日本の馬鹿左翼達は、この自衛隊のパイロットを殺人犯として告訴するでしょう。
 そうなると現在の日本では無罪になる保障はありません。

 それでも自衛隊機はスクランブル発進してくれたのです。

 161

 鍜治氏は海上保安庁機には触れて居ません。
 しかし海上保安庁機のパイロットも大変な勇気を持って行動してくれました。

 だって海上保安庁機は全くの非武装です。

 幾らシナのパイロットがボンクラでも襲われたら終わりです。

 しかしシナ軍機はそもそも発進もしなかったようです。

 そしてこれを確認したうえで、米軍がダメ押しのB52発進だったわけです。

 自衛隊機が行って大丈夫!!

 海上保安庁機が行って大丈夫!!

 B52が脅しを掛けてもシナ空軍何にもできない!!

 そこで大清属国も勇気凛凛です。

194

韓国軍哨戒機も中国の防空識別圏を無断飛行!?「安重根の記念碑をぶち壊せ!」「韓国に経済制裁!」―中国ネットユーザー

XINHUA.JP 11月28日(木)20時52分配信
 韓国海軍の哨戒機が26日、中国と領有権を争う蘇岩礁(韓国名:離於島)上空を日本には事前通報し、中国には事前通報なしで飛行した。28日付で瀟湘都市報が伝えた。
韓国側は中国の防空識別圏設定について、「認めない」意向を示していることから、今後も事前通報なしで飛行すると思われる。これに対し、中国ネットユーザーが怒りの声を上げている。

「中国が『世界の敵』になったよ。他の国が一致団結しちゃった」
「米国も韓国も日本も『認めない』って・・・」
「むやみに識別圏なんか設定するからだよ。入り込まれても何もできないなんて。国民の気持ちをないがしろにしている」

「なんだよ『張子の虎』じゃん。自ら恥ずかしい状況を作りやがって。何もできないなら識別圏なんか設定するな、恥ずかしい」
「精神集中!日本だけに攻撃を集中しろ」
「韓国人をやっつけて、朝鮮半島を統一してしまえ」

「韓国に経済制裁を発動せよ!」
「日本に向けての措置なのに、なんで韓国がしゃしゃり出てくるんだ?」
「もう見ていられない。13億の中国人のメンツが丸つぶれだ!」

「こうなることが分かっていたら、なんちゃら識別圏なんか設定しなければよかったんだ。自分で自分の首を絞めてるだけじゃないか!」
「設定したからには自由に出入りさせるわけにはいかない!祖国よ、今こそ本気を見せる時だ!」
「安重根の記念碑をぶち壊せ!朴槿惠を怒り狂わせろ!」

(編集翻訳 小豆沢紀子) 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000033-xinhua-cn

185

 幾らなんでも属国の哨戒機も撃墜できないなんて・・・・。
 
 一体何の為に防空識別圏を作ったのでしょうか?

 シナ人民の皆様の悔しい気持ちはお察しします。 ハルピンに安重根の像が出来たら、腹いせにぶち壊して下さい。
 像がブロンズ製だったりしたら、結構良いお小遣いになると思います。

 ともかくこれでシナの防空識別圏は張子の虎にもならない事が証明されてしまいました。

 以来、シナの涙ぐましい言い訳が次から次を出てきて、それでシナと言う国の知恵のレベルがわかりました。

227

 さてここで気になる事があります。 自衛隊機と海上保安庁機が米軍に先だってシナの識別圏に入ったと言うニュースはなぜかあれから殆ど出て居ません。

 27日の水曜アンカーでも青山繁治氏はこれに触れませんでした。 青山氏は当日小牧の自衛隊基地に行って、自衛官達と話したと言うのにです。
 そして28日の「青山繁治 ザ・ボイスそこまで言うか」出も全く触れて居ません。

 と、言う事は朝日と鍜治俊樹氏の軍事ジャーナルはガセだったのでしょうか?

 ところが今日になってまたこんな記事が・・・・・。

232

 防衛相、中国と協議「受け入れぬ」…防空識別圏

 小野寺防衛相は29日午前の閣議後の記者会見で、中国が設定した防空識別圏に関連し、「尖閣諸島(沖縄県石垣市)を中国の領土としているので、日本としては認められない。その前提での協議は受け入れられない」と述べて、中国側が防空識別圏の運用などをめぐって日本側に協議を持ちかけても応じない考えを示した。
 また、中国の防空識別圏内で行っている自衛隊機による警戒監視活動をめぐり、「特異的な事例は発生していない」と語り、中国軍機の緊急発進(スクランブル)は確認されていないことを明らかにした。
(2013年11月29日16時02分 読売新聞)

 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131129-OYT1T00623.htm

248

 やっぱり自衛隊機はシナの防空識別圏を飛んでいるけれど、シナ軍はスクランブルをかけてこないと言う事ですね。

 それにしても米軍機の報道に比べて、自衛隊機の報道余りに少ないと思いませんか?

 この問題で一番大切なのはシナの防空識別圏に対して、自衛隊機がどう対応するかでしょう?

 ここで対応を誤れば、戦争になるとか尖閣諸島の領有権を失うとかありなのですから。 ところが摩訶不思議な事に特定秘密保護法案で連日キチガイのように騒いでいる連中は、誰一人これに関心はないようです。

 自称ジャーナリストの皆さんや平和を愛する野党の皆様は政府に「中国様が防空識別圏を設定なさいました。 自衛隊機はどうするのですか? 中国様の戦闘機が自衛隊機にスクランブルをかけてきたら、自衛隊機は反撃するのですか?」と質問しないのでしょうか?

254

 「知る権利」と言うのはこういう時にこそ重要なのですけどね。

 でもね、これを見たらわかります。
 
 マスゴミに「知る権利」は不要です。 だって連中はタダ「権力と闘ったつもり」で騒ぎたいだけなのです。

 そもそも「知る権利」なんか知的好奇心の無い人間には意味がないのです。

 だから政府が特に説明してくれない事に関しては、聞いた事をそのまま書いているだけなのです。

 それで政府も特に詳しく説明してやらない事にしたのだと思います。
 だってあんまりシナの面子を潰したら、何が起きるかわかりませんからね。

 シナには法も国民の連帯感もありません。 面子だけで最低限の秩序を守っている国なのですから。 


オマケ
 コメントで教えて頂いたのですが、自衛隊のスクランブル発進に関しては統合幕僚監部が正式に発表していました。

 統合幕僚監部 報道資料
 
 http://www.mod.go.jp/js/Press/press2013/press_pdf/p20131123_02.pdf 

 
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

総合幕僚監部報道発表資料が出ています。11月23日の航空自衛隊のスクランブルについては、公式に発表されているのです。

http://www.mod.go.jp/js/Press/press2013/press_pdf/p20131123_02.pdf

「報道しない自由」とか「報道しない権利」が跋扈しているようです。

航空自衛隊並びに海上保安庁の方々の努力に感謝致します。
  1. 2013-11-29 19:45
  2. URL
  3. tna6310147 #-
  4. 編集

 おお、ホントだ!!
 
 それにしても呆れた報道しない自由ですね。

 これって本来なら日本にとっての最重大事なのに・・・・・。

 とりあえずこれもエントリーに加えます。

 有難う御座いました。
  1. 2013-11-29 20:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する