FC2ブログ

2010-07-31 21:55

雲隠れ 続き

 家中捜しまわって見つけたよもちゃんは、一階の押入れの奥の天井に近い棚の上にいました。

 

 

 よもさん!! 何でそんな所に潜り込むのよ? 私心配して散々捜したのよ!!

 

  

 

 何で捜すのよ?

 

 何でって?? よもさんの姿が見えないから、心配になるじゃない??

 

  

 

 何で心配するのよ? ワタシが家の中に居るのはわかってる癖に。

 

 でも、姿が見えないし、ヒョッとして外に出たかも知れないと思って・・・・・。

 

  

 

 外に出るわけ無いでしょう? ドアも窓も閉まってるのに。

 

 でも今朝だってよもさん、外に出ていたし・・・・・。

 

  

 

 あれは酷いわ。 ワタシ、帰って来たのに、窓が全部閉まっていて、おウチに入れなかったのよ。 それでニャンニャン鳴いたのに、同居人は寝ていて全然気付いてくれないかったのよ。

 

 ご、ごめんなさい。 寝ぼけてよもさんを外に出した事を覚えてないのよ。

 

  

 

 ワタシ、同居人が目を覚まして呼んでくれるまで、1時間も裏のお宅の塀の上で待っていたのよ。 それで哀しくて心細くて泣いていたのよ。

 もしもここで韓流黒猫にでも襲われたら、絶対絶命だって・・・・・。

 

 ごめんなさい。

 

  

 

 肝心な時には、寝ぼけてワタシの事なんか忘れちゃうくせに、どうでも良い時にはオロオロ探し回って馬鹿みたい・・・・・・。

 

 だ、だって・・・・・、よもさんが居なくなったら、どうしたら良いのかわからないのよ・・・・・。

 

  

 

 そんな事ばかり言って・・・・・。

 

 ホントよ!! よもさんが居ないとホントに心配なのよ!!

 

   

 

 もう良いわ。 ワタシも怒って無いわ。 でももう眠いから寝るわ、だから邪魔しないで。

 

 わかったわ。 それじゃお休みなさい。 でも寝るなら外で寝たら? そんな所じゃ埃臭くて窮屈よ。

 

  

 

 ワタシはここが気に入ったの。

 

 そう、それじゃお休みなさい。

 

  

 

 同居人!!

 

 なあに?

 

  

 

 行く前に、頭と背中撫ぜ撫ぜして。

 

 

 私はよもちゃんの頭と背中を撫ぜ撫ぜしてあげました。 よもちゃんは大人しくおねんねしました。 

 ホントによもちゃんの雲隠れには、苦労します。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する