2013-10-05 11:39

哀しく辛い安倍総理の消費増税決断について

10月1日の昼過ぎからワタシは体調を崩して寝込んでいました。 ベッドに入ると、直ぐに寝付いたのですが、暫くして胸を足で踏まれるような辛さを感じて目が覚めまして。

 驚いてまた眠るのですが、また同様の辛さを感じて目が覚めました。

 それで寝るのを諦めてパソコンを立ち上げました。 それでももう4時過ぎだったと思います。 

 すると「安倍総理、消費増税決断」のニュースが流れて居ました。

 そう言えば、今日は10月1日だった・・・・・・。 

 病身で無職のワタシは時々、日付と曜日を忘れます。 

 でも安倍総理が忘れるわけはないのです。

  2013y10m05d_111749328.jpg

 安倍総理の消費増税決断の意味はわかりません。 もっと不可解なのは黒田日銀総裁がこれに賛成している事です。

 消費増税をしないと財政再建ができない?

 だって日銀が2%のインフレ目標を達成したら、日本政府の借金は事実上年2%ずつ目減りするはずです。

 1000兆円の国債残高ですから、年に20兆円ずづ目減りするはずなのです。

 何で今増税をする必要があるのでしょうか?

 黒田総裁は自分が達成を決断したはずの、インフレ目標を放棄したのでしょうか?

 そして黒田総裁を選んでインフレ目標達成を経済政策の柱にした安倍総理は、一体何を考えておられるのでしょうか?

 国民も市場もインフレ目標達成と財政出動を含むアベノミックスに絶大な期待をしていたのに・・・・。

  m
 

 安倍総理が本当に何を考えておられるのか? 
 消費増税は本意でないけれど、自民党内や官僚の反安倍勢力に抗しきれなかったのか?
 それとも最初から消費増税をする気だったのか?

 それは誰にもわかりません。

 しかしいずれにせよもう総理は決断されて、それを発表してしまわれました。 だから総理の内面についてあれこれ考えても詮無い事です。

 世の中には時々、誰が考えてもオカシナ事が、なぜかスルリととおってしまう事だってあるのです。 そうとでも考えるしかありません。

  k

 昨年末の第二次安倍内閣発足以来、安倍総理は外交内政に素晴らしい活躍を見せて下さいました。 

 インドやトルコや中東やオーストラリアなどをドンドン訪問して関係を築き、ワタシ達一般国民が想像もしていなかったようなペースで日本の地位と安全保障を強化する外交をなさってきました。

 そして経済だって順調に回復していたのです。

 だからワタシ達は安倍総理が、絶好調のご自分の政策を、ご自分で断ち切るような事をなさるとは夢にも思いませんでした。

 だからこの消費増税は、第二次安倍政権発足以来の始めての失望でした。

 期待が大きかったから失望も深刻でした。

 憲政史家倉山満氏が失望の余り、チャンネル桜に八つ当たりして喧嘩を売ってしまった気持ちは凄くわかります。(チャンネル桜さん、さよなら!

 あんなに絶大な信頼を寄せた安倍さんが、自分で自分の死刑執行書に署名するような真似をしたのですから、もう何処へ気持ちを持って行ったらよいのかわからないでしょう。

  ワタシは八つ当たりして喧嘩を売る事はしなかったけれど、その代り落ち込んで安倍総理の消費増税決断に関するニュースやブログを見る元気をなくし、よもちゃんを抱きしめてふて寝を続けました。

  qq
 
 でもね、ふて寝も八つ当たりも問題の解決にはならないのです。

 今回の安倍総理の決断で、ワタシは安倍総理に失望しましたが、それはつまり安倍総理がスーパーマンや神様ではなく人間だったと言うだけなのです。

 そして今のところ安倍総理以上に期待できる「人間」は見当たらないのです。

 ワタシは倉山満氏の動画で、日本の近代史、戦後史を学んだわけですが、しかしその動画で知ったのは、結局外交、内政パーフェクトな総理と言うのは一人もいなかったと言う事です。

 吉田茂など日本の戦後史最高と評されるような人でも、全体としてはともかく、細かく見れば結構イロイロ失敗しているし、また達成できなかった目標も沢山あるのです。

 そう言う意味では安倍総理に全部を期待する事なんか無理なのは、倉山氏が一番良く御存知ではありませんか?


  o

 しかし人間は辛い時、苦しい時、幾ら理性で理解出来る事でも、感情が爆発するのでしょう。 

 これはどんなに理性的で自制心の強い人でも、外科手術を受ける時に麻酔がなければ、悲鳴をあげずにはいられないのと同じです。

 だから辛い時、苦しい時にはこういう事態も起きてしまうのです。

 つまりそれまで仲間だった人達が負け戦の辛さに耐えられず、お互いに責め合って仲間の団結がバラバラに壊れてしまうと事態が・・・・・。

 逆に勝ち戦ならわけのわからない有象無象までゾロゾロ集まってきて、イケイケ状態になって集団で敵を踏みつぶすような事だってできるのですが・・・・・。

  p
 
 でもワタシ達は内輪同志で喧嘩をしているわけにはいかないのです。 

 考えてみれば70年近くも続いた戦後体制を変えようと言うのです。 これが安倍さん一人の力で、簡単に全部変えられるわけはないではありませんか?

 本来ならこういう挫折は今後も繰り返し味わ泣ければら無い事を前提するべきだったのです。

 それでも日本を取り戻すまで皆が団結して頑張り続けるしかないではありませんか?

 それが第二次安倍内閣発足以来の安倍さんの活躍が余りに素晴らしかったので、安倍さんが全ての問題を解決するスーパーマンであると錯覚してしまったのです。

 そして安倍さんさへ支持し続ければ、日本を取り戻せると考えてしまったのです。

 でも民主主義国家でそれはあり得ないのです。

 いや一人の政治家が全部の問題の解決してくれる国家なんてこの世にないのです。

  rr

 だからワタシ達はこれからも安倍さんを支持するけれど、でも本当は自分達で日本を取り戻す努力を続けるしかありません。

 でも本当に悲観する事ばかりでもないと思います。

 確かに消費増税は日本経済にはダメージになるだろうけど、中國や韓国だってアメリカだって自分の頸を締める政策は止められないのです。

 愛国者と言われる人達は、自国の失政を憂いて、「大変だあ!! 国が潰れる!!」と言いたがるのですが、歴史を見ればある国が失政で苦しむ時は、その敵国だって結構失政をやりまくっていて、そう簡単に勝負は付かないのです。

 それでも結局最後に勝つ国と負ける国が出てくるのは、結局それぞれの国の国民が、どこまで自分の国を信じて団結し続けるかではないでしょうか?

  ppp

 歴史に学ぶと弱国の特徴は、その国民の団結力の弱さです。 負け戦で団結が壊れるのは、前述の通りですが、弱国はそれが習い性になるのか?それともそう言う国民性だから弱国のままなのか?とにかく際限もない内輪もめにエネルギーを費やするのです。

 隣国を見ればわかりますね。

 でもワタシ達日本人は違います。

 苦しい時だって、ちゃんと団結して頑張るのです。 だから今までも危機を克服してこられました。

 だからこれからもまたまた団結を取戻し、この危機を克服しましょう。

 そしてワタシ達自分の手で、日本を取り戻しましょう。
  1. 安倍
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

No title

初めまして。コメントするのは初めてですが、イザで随分まえから数々のエントリを拝見しておりました。いつも、鋭い指摘をされていて、目から鱗がという感じです。
日本ではテレビや新聞が退化して、今やネットの中にしか本質はないようです。
安倍総理はよくやっていると思いますが、万能ではない。今回はこれが最悪の形で出てしまいました。このピンチをどれだけ跳ね返せるかが問われると思います。
倉山さんのことは、私も前から注目していました。彼も今度の結果はなんとなく分かっていたと思います。ただ今やっている方向でアクセルを踏んでいけばいいのに真逆の選択を安倍さんがしたので、納得がいかなかったのでしょう。
たぶん彼が安倍さんと懇意なら、直談判に行ったと思うので。
  1. 2013-10-05 13:33
  2. URL
  3. みー #-
  4. 編集

No title

タイトルの字が違っていると思います。
  1. 2013-10-05 18:43
  2. URL
  3. みー #-
  4. 編集

みーさんへ

 タイトルの字を間違っていました。 ご指摘ありがとうございます。 訂正しました。

 倉山さんの気持ちは凄くわかるし、ワタシも倉山さんの予想が当たる事を心から願ったのですが、でもどうにもなりませんでした。

 でもだからと言って、怒っても悲しんでもどうしようもないのです。

 チャンネル桜の水島氏の対応が正解だと思います。 ワタシは実は水島氏はあんまり好きじゃないのですが、今回は彼が正論を言っているのです。

 だから何とか倉山さんにはチャンネル桜に戻って欲しいのですけどね。
  1. 2013-10-05 22:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

No title

返信有難うございます。私たちには分からない何かがあるのかもしれません。
安倍さんに失望した人は多いでしょうけど、どうしょうもないですね。
ただそうは言ってもこのまま声を出さないのは、問題です。消費税はデフレからの脱却をより困難にさせます。特に小売や中小企業がダメージを受けないか心配です。なんの力もないですが、地元の議員に働きかけてみるつもりです。
ところで、よもちゃん可愛いですね。毛並みも美しくて、大事にされているのが分かります。
  1. 2013-10-06 02:23
  2. URL
  3. みー #-
  4. 編集

みーさんへ

 ワタシ達にわからない事情や読みがある事は確かだと思います。
 TPPも大変心配しましたが、麻生さんの読み通り交渉が混乱して、心配されたような有毒協定にはならないでしょう。

 消費増税も同様であることを祈っています。
  1. 2013-10-06 08:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

No title

>憲政史家倉山満氏が失望の余り、
>チャンネル桜に八つ当たりして喧嘩を売ってしまった
 ↑本当に「失望の上での八つ当たり」なのでしょうか?

>逆に勝ち戦ならわけのわからない有象無象までゾロゾロ集まってきて、
>イケイケ状態になって集団で敵を踏みつぶすような事だってできるのですが・・・・・。
 ↑これを水島氏が倉山氏に対して行っているのですよ

>安倍さんが全ての問題を解決するスーパーマンであると錯覚
 ↑倉山氏の歴史知識等をご存知ならありえないことが理解できる単純な勘違い

チャンネル桜の水島氏が真実を歪めています。
冷静に考えればわかります。水島氏のプロパガンダに乗るのは愚の骨頂です。

事実だけを見てみましょう。
・倉山氏はじめ周辺は発表直前まで「あきらめないよう」皆に呼びかけた
・水島氏はじめ周辺は発表前から「増税は決まっている」と言いだした

ところが発表後水島氏は‥
・動画で倉山氏の手法や行動を一方的に否定(なぜか三橋氏を同席させる)
「自分は議員や総理に近い」 「増税を知っていた」「知っていたが黙っていた」
などを自身の一連の行動の説明として倉山氏を断罪

この行為、異常ですよ?おわかりでしょうか?
そして水島氏の発言を真剣に聞いてみてください

「敵は戦後レジーム」←どなたか具体的な定義をご存知ですか?
「草莽はどっちだ?」←倉山氏をなぜか別物扱いし正しきは自分と主張
「我々は~」←チャンネル桜のこと?頑張れ日本の話?
「うちの評論家してた~」←桜での評論経験に何の関係が?
「自分は総理周辺や国会議員と近いから情報が入る」←で、その活用法は?

現実を見据えて具体的に何とどうやって戦っていくのかはすっぽり抜け落ちたまま
「負けても続ける」←何を?
「勝てなくてもやる」←何を?
「落ち込んでいるんでしょう」←誰が?レッテル?
「我々は行動を続ける」←誰か行動をやめたんですか?レッテル?

藤井さんや国会議員などとの最近の交流で
自身が政権への多大な影響力の保持者であると錯覚しているのでしょう。
それを「我々」や「私達」などの表現であいまいにし、視聴者を誘導しています。

倉山氏の対応は実に大人の対応であり、正しい対応です。
今回一方的に攻撃を加えたのは水島氏であり、
そこを見間違うことは愚民の証明です。

今、日本の将来を憂う日本人がすべき行動はチャンネル桜を正しき方向へ誘導することです。
先頭を切って行動するべき団体のトップが権力に近付き目的を失っています。
  1. 2013-10-06 15:17
  2. URL
  3. 通りすがりですが‥ #-
  4. 編集

通りすがりさんへ

 なるほどそう言う見方もあるのですね。

 ワタシも最後まで倉山氏の意見を支持して、倉山氏の予想通り安倍総理が消費増税を拒否される事を期待しました。

 しかし残念ながら倉山氏の予想は外れたのです。

 別に倉山氏が悪いとは思っていません。 しかし水島氏や三橋氏など、安倍総理が消費増税をする事を予想した人達だって、別に諦めろとは言っていませんでした。

 唯彼等の方が早く正確な情報を得られたため、楽観的な予想をできなかっただけです。

 それにしても倉山氏は水島氏と決別して、今後どのような活動をされるのでしょうか?
 現在安倍総理をどのように評価されているのでしょうか?

 どうやって戦後レジームからの脱却を実現しようと考えておられるのでしょうか?

 ワタシは今の状況で仲間喧嘩をする事は全然得策ではないと思うし、これまでの倉山氏の冷静で大局的な政治戦略分析を思えば、今回の倉山氏のチャンネル桜への対応は、おおよそご自分の理性を放棄したようにしか見えないのです。

 
  1. 2013-10-06 16:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

No title

よもぎねこ様へ

重ね重ね、失礼いたします。
私は、考えを強制しません。当然です。

ただ、ひとつだけみなさんにお伝えしたいことは
倉山氏への疑問よりも水島氏への疑問の方がはるかに問題が大きく、
「知っていた」にも関わらず黙ったまま(知りえるからこその)打開行動をせずに
倉山氏を一方的に批判し、自分が正しいと発信している水島氏。

出てくる言葉は
「総理の周辺から聞いてた」
「国会議員と付き合いあるから‥」
「我々も戦後レジームである」

小さくとも希望を持つ人達への嘲笑、惰性の肯定、現状の絶望視、
自身の影響力への過度な盲信、終始一貫して他者を批判しての自己弁護。
少なくとも先頭に立って行動する人間が出してはいけない言葉ばかり。

解決を放棄した人間の言葉です。「勝つ気がない」と公言しています。

これを「水島さんが正しい」と本当に感じている人はもう一度だけ
一連の流れを思い出し、動画での発言や態度をよく見てほしいものです。

駄文、失礼いたしました。
対立を煽る意図はなく、現状認識へのご提案と思い発信させていただきました。
  1. 2013-10-06 17:08
  2. URL
  3. 通りすがりですが‥ #-
  4. 編集

通りすがりさんへ

 実はワタシは水島氏は嫌いで、倉山さんの方がすきなんですけどね。

 しかしそれでも倉山さんがチャンネル桜と決別した理由となった三橋貴明氏との対談動画をみても、水島氏が倉山さんを嘲笑しているとかそんな感じは全然受けませんでした。

 あの動画ではそもそも倉山氏の事は一言も触れて居ません。 そしてあれは基本的にその前の消費増税に関する「討論、討論、討論」で水島氏が言っていたのと全く同じ内容を言っていたのにすぎません。

 あの時倉山さんは水島氏の安倍総理消費増税決断の予想には、反対で「周辺から情報による推測だけで安倍総理本人の考えだと言う証拠が無い」と言って反論していたのです。

 ワタシもあの時何とか倉山さんの予想が当たる事を祈りました。 またそれ以上に倉山さんの予想が正しいと思いました。

 しかし残念だけれど、外れたのです。

 それだけです。
 その事で水島氏も三橋氏も倉山さんを責めて居ないし、まして嘲笑はしていません。

 そもそもあの問題の動画では一言も倉山さんの予想が外れた事なんか触れてもいないのです。 「やっぱりダメだった。」と言っただけだです。
 他にどういえば良かったと言うのですか?

 哀しいけれどダメだったんだから。
 それを嘲笑なんて言うから八つ当たりとしか言えないのです。
  1. 2013-10-06 21:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

こんばんわ

通りがかりの者です。素晴らしいブログで見とれてしまいました。

「消費税増税」ですが、これは安倍内閣が決めたのではなく、まだ民主党政権だった昨年(平成24年)4月に、「平成27年10月までに、消費税を10%にする」という国会決議がなされ、法制化されています。

もちろん、安倍政権になって、それを国会に提議して覆すことも出来ますが、日本の現状と将来を設計すると、増税はやむを得ないことだと思います。

その「設計図」が、首相官邸のHPに、今年の8月21日付で発表されています。

社会保障制度制度改革推進法第 4 条に基づく
「法制上の措置」 の骨子について
平成 25 年 8 月 21 日 閣議決定
(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/syakaihosyou/pdf/kossi.pdf )

是非、ご覧になって下さい、と厚かましくも失礼いたしました。
  1. 2013-10-07 01:38
  2. URL
  3. spica #e/xdE2Ac
  4. 編集

こんばんんわさんへ

 なるほど他の政策と抱く合わせて民主党時代からセットされていたと言う事ですね。

 しかしこの社会福祉云々って増税で税収が増えたら実現する話でしょう?


 でも消費増税で税収は増えません。 それは97年橋本増税で証明されています。
 税収増どころかデフレ悪化で税収減になります。

 だから安倍さんには是非この愚かしい決定を覆してほしかったのです。
  1. 2013-10-07 08:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する