2013-08-16 15:48

押すな押すな千歳航空祭 その2

 8月4日、友人に誘われて千歳航空祭に行きました。 大変な人出でした。

 

  

 

 人の海の向こうに政府専用機が浮かんでいます。 タラップを上がって入口で記念撮影ができるのですが、順番待ち余りに多く、近づき気にもなれません。

 ちなみに政府専用機の格納庫は千歳基地内のあるのだそうです。

 

  

 

 対空ミサイルや移動式のレーダーなどの展示もありました。

 

  

 

 そうやって会場をウロウロするうちに、アナウンスがありF15の12機編隊の飛行があると言うので見上げると、轟音と共もに見事な編隊が現われました。

 しかし滅茶苦茶早いので一瞬で消え去ります。

 

  

 

 地上ではパイロットの方が記念撮影の相手をしてくれます。

 但しヘルメットを被らせるなんてサービスは子供だけみたいです。 

 

  

 

 勿論戦闘機その他の自衛隊機は様々展示されています。

 

 自衛隊の戦闘機について、昨日のエントリー「押すな押すな千歳航空祭 」でガンダムさんが下さったコメントを紹介します。

 

 

みょうこうの次はイーグルですね。
細かいお話ですが、
F16ファイティングファルコンは強力ではあるものの高価なF15イーグルを補完するために開発された支援戦闘機でエンジンはひとつですから慣れればすぐわかります。

ふたつエンジンがある機体は
F15です。

F15はベトナム戦争で軽快な運動性能に欠けていたため苦戦したF4ファントムに代わる主力戦闘機として開発され、広い視界と高い運動性能、長大な行動半径が見事なバランスで実現された傑作中の傑作な機体で、そのコンセプトはまさに蘇ったゼロ戦といったところです。

現在の航空自衛隊で主力邀撃戦闘機を勤めるのが
F15、
対艦攻撃を担う攻撃機が国産のF2、大幅に改良が施されたF4もまだ使用されています。

世界最強の名をほしいままにしてきた
F15イーグルですが、
米軍の最新鋭ステルス戦闘機
F22ラプターの登場で二番手に後退しています。
莫大なコストが欠点の
F22ラプターより生産性汎用性を追求したステルス戦闘機F35が将来配備される予定です。
F35のBタイプは垂直離着陸性能があり、先日進水した航空母艦いずもなどへの搭載が可能です。
また
三菱重工F22ラプターを凌駕する性能を目指した高性能ステルス戦闘機を開発しており、将来国産主力邀撃戦闘機として登場することが期待されています。


ところで申し訳ないですが軍オタという言葉は遺憾に思います。
国民の生命安全を考えたら兵器と向き合うしかありません。
また人の歴史を作ったものは兵器です。

刀剣や鎧を学ぶことを
オタクとは呼びますまい。
我らの安全を守る存在に憧れやロマンを感じたとしてそれは健全な生存の希望の発露だと思います。

 

  

 

 なるほどワタシは戦闘機についての知識がないので、見てもどれがどれだかよくわからないし、それぞれの機種の役割もわからないのですが、しかしちゃんと知識のある方のお話を聞くと、一段と興味がわきます。

 

  

 

 ところで「軍オタ」と言う言葉ですが、実はワタシはガンダムさんのように軍事に詳しく興味を持ってイロイロ勉強している方に敬意を込めて「軍オタ」と言っています。

 

 確かにマスゴミはオタクと言う言葉を侮蔑的に使ったりしますが、しかし興味の対象が何であれ、何か興味を持って、その興味以外に何の見返りも期待しないで、それに関する知識を追及すると言うのは知性の証明です。

 

 学問も芸術もこうした人達のよって進歩してきたのです。

 

  

 

 そして軍事に関する知識と言うのは、ガンダムさんが仰るように国民の生命を守る為に、安全保障について知る為に絶対に必要な物です。

 そのような知識を持つ人が、国民の中に多数いると言うのは大変心強い事です。

 

 第一次湾岸戦争の頃、江畑謙介と言う人が軍事評論家として一躍有名人になりました。 

 江畑氏が有名になったいきさつを知ってワタシは大変驚きました。

 

  

 

 湾岸戦争の戦局は当然当時の国際情勢に重要な影響があり、国民もみな無関心ではいらません。 しかし何と日本では防衛大学を除いて、軍事学を教える大学はないので、民間人で軍事の専門家と言える人が殆どいな勝ったと言うのです。

 

 それでたまたま独学で軍事を学び続けて軍事マニアの為の雑誌などに記事を書いていた江畑氏が担ぎ出されて、あちこちのテレビ番組で解説をするようになって、一躍有名人になったのです。

 

 そしてそう言う番組で解説に必要なジオラマなども、江畑氏などと同様の軍事マニアの人達に制作を依頼したと言うのです。

 

  

 

 これって凄い話です。

 つまりこういう軍事マニア、所謂軍オタがいなければ、ワタシ達日本国民は自国の外交や安全保障に関わる重要な情報も得られなかったのです。

 

 普通の国では地政学や軍事学は一般の大学でも教えられていて、文民の専門家も沢山いるのです。 ところが日本は戦後全ての大学から軍事学や地政学を放逐したので、日本には文民の軍事の専門家はいないのです。

 

  

 

 どんなに戦争が悪いと言っても、戦争は現実にあり、それは現実の日本の安全保障に、つまり国民の生命に関わる問題なのです。

 それなのに自衛隊以外には、ちゃんと安全保障の研究もできない状態の方が余程怖いではありませんか?

 

 ところが日本の自称知識人は「怖い物は見ない」「研究してはイケナイ」と言うダチョウ主義で頑張っているのです。

 

 こんな状況でワタシ達一般国民が軍事について、多少なりとも知識を得られて、現実的安全保障を考える為の情報を得られるのは、つまりはマスゴミが侮蔑的に軍オタと呼ぶ人達のお蔭ではありませんか?

 

  

 

 自分の意思で自分の興味で、軍事を学ぶ人々を軍オタと蔑む連中の軍事的知識はもうお話になりません。

 東大法学部卒の福島瑞穂は「B52が空母から発進する」と言うし、毎日新聞は「オスプレイは輸送機だから抑止力にならない」などと書きます。

 

 こんな連中の言う事を聞いていたら大変な事になります。

 結局彼等には自分の意思で何か学ぶ意思も能力もないのです。 

 そう言う連中が自分の意思と興味で安全保障を学ぶ人々を軍オタと蔑むなら、それはもう名誉の称号ではないでしょうか?

 

  

 

 軍人が敵から「悪魔」とか「鬼」とか言われたら名誉でしょう?

 だから知性を追及する人は、知性の敵から「オタク」と言われたら名誉なのです。

 

 ワタシは今はニュースで軍事に関する話が出ると、必ず「週刊オブジェクト」をチェックしています。

 

 このブログはネットでは軍オタブログの神と言われています。

 匿名のブログですから、 「週刊オブジェクト」の管理人がJFSさんがどんな人なのかは全然知りません。 しかしオスプレイでも北朝鮮のミサイルでも、彼は必ず根拠となる資料を示したうえで、わかりやすく解説してくれるので、ワタシは彼を全面的に信頼しているのです。

 

  

 

 先日図々しくもこのJFSさんに説教する気になった馬鹿がいました。( 途端顔色かえる

 

 この馬鹿は自分の経歴を振り回せば根拠なんか示さなくて、相手を黙らせる事が出来ると信じていたようです。

 余程知性がお粗末でない限り、こんなミットモナイ事はできません。

 

 こういう馬鹿に自分の意思で何かに興味を持ってそれを学ぶ事はできません。 馬鹿はオタクになれないのです。 

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

よもぎ猫さま

ご意見を拝見しました。私は愚弟が背広着ている方ですが防人の一員で常日頃、国防に携わる方々への敬意をもっと日本人に持ってほしいと思っておりますので細かい言葉に対して神経質すぎたと思います。

ご不快の段ございましたらご容赦願います。

さて、もしネットなどで検索される機会がありましたら、以下ご覧いただけれ空の国防のなんたるかがよくご理解いただけると思います。

F4ファントム・1960年代に完成した近代多目的戦闘機の先駆け。
完成当時は圧倒的性能と言われたが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2599%25E3%2583%2588%25E3%2583%258A%25E3%2583%25A0/" class="keyword">ベトナム戦争では運動性能の低さをベレンコ函館亡命事件では低空を電波探知するルックダウンスウィープができずベレンコのミグ25に函館空港強行着陸を許すといった失態を演じ、戦闘機に何が足りないかを常に提示する存在であった。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F14トムキャット・http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B8%25E3%2582%25B9%25E8%2589%25A6/" class="keyword">イージス艦が開発される以前に艦隊防空のため開発された可変翼戦闘機。状況に合わせて可変する主翼を持ち飛び抜けた運動性能。さらに破格に長大なレーダー索敵能力と同時高速多目標攻撃能力がある。


http://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F15イーグル・化け物じみたエンジン出力と軽い機体そしてダイヤモンドデルタ主翼を持ち、加速、運動性能ともに最強http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25B9/" class="keyword">クラス。汎用性にも優れ邀撃、偵察、爆撃など多用途に使用可能。


http://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F16ファイティングファルコン・高価なhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F15を補完するためhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F15ほどではなくてもバランスのとれた高性能を目指して開発された汎用戦闘機。
主翼だけでなく胴体も揚力を持たせた設計で極めて優秀な運動性能を有する。


http://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F18ホーネット・http://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F16と競合試作された支援戦闘機でほぼ匹敵する性能。しかし単発エンジンのhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F16に対して双発なので生存性が高いと判断され海軍に採用された。
退役したhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F14に代わりエンジンとレーダーを大幅に強化されたスーパーホーネットが現在http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカ海軍の主力を勤めている。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BC%25A6%25EF%25BC%2592%25EF%25BC%2592/" class="keyword">F22http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2597%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC/" class="keyword">ラプター・http://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F15をステルス化した上で大幅性能向上を図った現在のアメリカ空軍の主力。超音速で巡航でき、早期警戒機をもってしても発見できない。さらに電波を使用しない光学索敵が可能と現在地球最強の戦闘機。

戦闘機とはどのように運用されるのか?少々古いですが具体的によくわかる映画ですので

トップガン

をお薦めします。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F14トムキャットが主役です。

  1. 2013-08-16 19:39
  2. URL
  3. ガンダム #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 初めまして、コメントするのは初めてですが、卓越したご意見にはいつも感心するとともに楽しみに拝見しております。関東に住んでいますが、来年こそは千歳航空祭に行ってみたいです。そして富士の総合演習も。。。

 5枚目の写真はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F104ですね。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BC%25A6%25EF%25BC%2592%25EF%25BC%2592/" class="keyword">F22と同じロッキード社製ですが、「最後の有人戦闘機」と言われたのも懐かしい思い出です。
 私も兵器関係は興味あるんですが、如何せん知識がないので、同居人様と同じく、JSFさまの「週刊オブジェクト」、、間違えた 「週刊オブイェクト」のブログをいつも参照しています。

 話は変わりますが、海上自衛隊の練習艦隊が、世界一周の航海に出ていて、各国の港に旭日旗を掲げて入港しています。

 主な寄港地として http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2591%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB/" class="keyword">パールハーバー、ポーツマス、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AF%25E3%2583%2588%25E3%2583%259A%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25AF/" class="keyword">サンクトペテルブルク、ヘルシンキ、キール(今、ここ)です。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/You%2BTube/" class="keyword">You Tube にも寄港地の様子が投稿されていますが、とても感動的なヘルシンキでの寄港風景をご紹介します。

 http://www.youtube.com/watch?v=fyp95m-nuT8

 最初は、幕末の馬関戦争を彷彿させるような感じです。船からの砲撃に対して、ヘルシンキ港内の要塞からhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A7%25E7%25A0%25B2/" class="keyword">大砲で反撃するような。多分、この要塞はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%2596%25E7%2595%258C%25E9%2581%25BA%25E7%2594%25A3/" class="keyword">世界遺産の「スオメンリンナの要塞」だと思います。とても素敵な演出です。そして「かしま」の艦尾にはためく旭日旗も。
  1. 2013-08-16 20:19
  2. URL
  3. iza-unchiku-sai #79D/WHSg
  4. 編集

No title

この手のイベントは混むんですよねぇ。だからなかなか行く気になれない。それに震災以降自衛隊へのリスペクトが強く多くなったものだからその混み方に拍車がかかって。

まぁ、バカが「戦争はんたーい」とか「アジアに謝罪しろ!」とかっていうのが減ったのはいいんですけどねぇ。

  1. 2013-08-16 23:30
  2. URL
  3. kentanto #79D/WHSg
  4. 編集

No title

よもや、よもぎ猫さんのページで自衛隊マニア垂涎の写真が頻繁に掲載される日が来るとは思いませんでした(^^ゞ
歴史や政治に興味が出てくると、最後は軍事に行き着くの皆同じなのかなとつくづく思う次第です。

知識として知る軍事と、見て触って知る軍事には天と地ほどの開きがあると思っていますので、この様な機会に参加されることは良い知的刺激にもなるのではないでしょうか。

兵器について詳しくないのは初めは皆同じですが、実物を見た後で解説を読むとより理解が深まると思います。
自衛隊の装備については、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/Wikipedia/" class="keyword">Wikipediaに装備一覧としてをまとめられたページがありますので、予習・復習を兼ねて参照されることをお薦めします。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/Wikipedia/" class="keyword">Wikipediaの検索で「自衛隊 装備」と入れると出てきます)
  1. 2013-08-17 02:53
  2. URL
  3. esfahan #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2580%25E3%2583%25A0/" class="keyword">ガンダムさん
>よもぎ猫さま
>
>ご意見を拝見しました。私は愚弟が背広着ている方ですが防人の一員で常日頃、国防に携わる方々への敬意をもっと日本人に持ってほしいと思っておりますので細かい言葉に対して神経質すぎたと思います。
>
>ご不快の段ございましたらご容赦願います。

 こちらこそすみませんでした。
 それから戦闘機についてまた詳し解説有難う御座いました。

  1. 2013-08-17 09:36
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">iza-unchiku-saiさん
> 初めまして、コメントするのは初めてですが、卓越したご意見にはいつも感心するとともに楽しみに拝見しております。関東に住んでいますが、来年こそは千歳航空祭に行ってみたいです。そして富士の総合演習も。。。

 楽しんで頂けて嬉しいです。

> 5枚目の写真はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/F1/" class="keyword">F104ですね。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BC%25A6%25EF%25BC%2592%25EF%25BC%2592/" class="keyword">F22と同じロッキード社製ですが、「最後の有人戦闘機」と言われたのも懐かしい思い出です。
> 私も兵器関係は興味あるんですが、如何せん知識がないので、同居人様と同じく、JSFさまの「週刊オブジェクト」、、間違えた 「週刊オブイェクト」のブログをいつも参照しています。
>
> 話は変わりますが、海上自衛隊の練習艦隊が、世界一周の航海に出ていて、各国の港に旭日旗を掲げて入港しています。
>
> 主な寄港地として http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2591%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB/" class="keyword">パールハーバー、ポーツマス、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AF%25E3%2583%2588%25E3%2583%259A%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25AF/" class="keyword">サンクトペテルブルク、ヘルシンキ、キール(今、ここ)です。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/You%2BTube/" class="keyword">You Tube にも寄港地の様子が投稿されていますが、とても感動的なヘルシンキでの寄港風景をご紹介します。
>
> http://www.youtube.com/watch?v=fyp95m-nuT8
>
> 最初は、幕末の馬関戦争を彷彿させるような感じです。船からの砲撃に対して、ヘルシンキ港内の要塞からhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A7%25E7%25A0%25B2/" class="keyword">大砲で反撃するような。多分、この要塞はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%2596%25E7%2595%258C%25E9%2581%25BA%25E7%2594%25A3/" class="keyword">世界遺産の「スオメンリンナの要塞」だと思います。とても素敵な演出です。そして「かしま」の艦尾にはためく旭日旗も。

 素晴らしいですね。 
 おかげで他の港への入港風景も見る事ができました。 かしま大人気ですね。

 そして旭日旗は本当に美しいです。 この旗が欧米でも愛されて、旭日旗グッズが売れるわけです。
  1. 2013-08-17 09:51
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kentantoさん
>この手のイベントは混むんですよねぇ。だからなかなか行く気になれない。それに震災以降自衛隊へのリスペクトが強く多くなったものだからその混み方に拍車がかかって。
>
>まぁ、バカが「戦争はんたーい」とか「アジアに謝罪しろ!」とかっていうのが減ったのはいいんですけどねぇ。

 何だか凄い混み方でした。
 この調子じゃ来年はどうなるんだか・・・・。
  1. 2013-08-17 09:52
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To esfahanさん
>よもや、よもぎ猫さんのページで自衛隊マニア垂涎の写真が頻繁に掲載される日が来るとは思いませんでした(^^ゞ
>歴史や政治に興味が出てくると、最後は軍事に行き着くの皆同じなのかなとつくづく思う次第です。
>
>知識として知る軍事と、見て触って知る軍事には天と地ほどの開きがあると思っていますので、この様な機会に参加されることは良い知的刺激にもなるのではないでしょうか。
>
>兵器について詳しくないのは初めは皆同じですが、実物を見た後で解説を読むとより理解が深まると思います。
>自衛隊の装備については、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/Wikipedia/" class="keyword">Wikipediaに装備一覧としてをまとめられたページがありますので、予習・復習を兼ねて参照されることをお薦めします。
>(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/Wikipedia/" class="keyword">Wikipediaの検索で「自衛隊 装備」と入れると出てきます)

 有難う御座います。
 ワタシは全然軍事は知らないのですが、しかしやはり外交や安全保障につても、また歴史についても軍事を知らなければ、理解できないのです。
 だからなるだけ勉強しようと思っています。
  1. 2013-08-17 09:55
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する