FC2ブログ

2013-10-23 22:51

尖閣諸島は米中問題

 尖閣諸島の領有権問題は、日中間の問題と言うより、中國の対米戦略の問題です。
 中国がアメリカに対抗する軍事力を確立するには、南シナ海の制海権の確保と、西太平洋でも潜水艦の自由航行が不可欠です。

 中国がその両方を得る為には、尖閣諸島の領有が絶対に必要なのです。

  
【川村純彦】中国海上戦力の最新情報[桜H25/10/21]
 

 地図を見ればわかります。

 尖閣諸島のすぐ南東で大陸棚は切れて海は非常に深くなり、潜水艦が哨戒機を恐れる事なく航行できます。
 尖閣諸島に中国軍の航空基地が出来ると、中国の台湾攻略が至って容易になります。
 台湾を取られたら、南シナ海は完全に中国の海にまります。

 中国は南シナ海に核ミサイルを積んだ船を浮かべて、アメリカを核で威嚇できるようになります。

 だから尖閣問題って米中の軍事問題で、海底資源とかそう言う問題じゃないのです。 当然話合いで解決など不能です。

 またアメリカにすれば最も不安なのは、日本にまた鳩山由紀夫のような首相が出て、勝手に中国に尖閣諸島を進呈してしまう事でしょう。

 だからアメリカは絶対、日本の尖閣諸島領有権は認めません。 なぜならもしそれを認めたら、また鳩山由紀夫みたいな首相が出て、日本が尖閣諸島を中国に進呈すると言い出しても、アメリカにはどうする事もできないからです。

 それなら日本の実効支配だけは認めて、万一日本が尖閣を中国に進呈すると言い出したら、台湾側の領有権を認めて中国の尖閣領有を阻止する事ができます。

 つまりアメリカにとっても尖閣領有権問題は死活的に重要なのです。
 対米関係にはその事は絶対に考慮するべきです。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(3)

コメント

これこそが尖閣諸島問題の本質ですね。

しかし私は安倍総理と閣僚は下手すると戦後最高内閣と呼ばれる可能性があるように思います。
矢継ぎ早に韓国を除くアジア諸国の連携を作り、アメリカに集団的自衛権支持表明をさせ、イギリスやオーストラリアに至っては外務大臣が敵国韓国でそれを表明といった流れを就任10ヵ月でやってしまったのは外交史上類例のない快挙に思います。

中国の横暴を迷惑に思わない国はなく、それに追従する韓国の馬鹿さかげんに呆れない国はないのですが、それに対する断固とした行動を評価しないのは皮肉なことに日本のマスゴミだけのようです。

中国は格差拡大と壊滅的な環境破壊にぐらついています。
もはや出だしできない体制を維持できればソビエト連邦の運命を歩むと思います。

  1. 2013-10-25 03:24
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

それにしてもこの数週間の韓国の動揺は凄まじいですね。

基地外じみた中国の尻馬に乗った反日がアメリカやアジア太平洋の国々にどう思われるか空想すらできなかった彼らの自業自得ですが、


アメリカとしても、現実の立ち位置を教えてやって責任ある行動をとらせるか…場合によっては切るかの騰落線上に韓国を置いたと言えましょうし、
中国から見れば抵抗激しい日本や太平洋アジアと比べ
すでに軍事的には北朝鮮を用いて詰め将棋状態で訳の分からぬ国民情緒の韓国は、
武力を用いず戦略的成果があげられる対象でしょうからますます関与を強めるでしょう。


コウモリが激しい炎に挟まれて苦しみもがいているように見えます。
  1. 2013-10-25 03:45
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

ガンダムさんへ

 消費税増税には失望しましたが、外交と国防では安倍総理を断固支持します。

 韓国の地理的位置を考えれば、中國を恐れるのは当然でしょうが、しかしあんなに品位の無い二股外交を続けては、結局アメリカからも中国からも信用されずに自滅するでしょう。

 日本の地理的問題だけからならば、韓国が中国に呑まれるのは困りますが、しかしあの国民性を考えるとあんなモノを抱え込むぐらいなら、軍事力を増やして、日本海の制海制空権の確保に努めた方がマシです。
  1. 2013-10-25 11:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する