2013-03-17 11:56

窓が明るい

 昨日もよもちゃんは明け方のお散歩に出ました。

 

  

 

 そしてお散歩から帰ると直ぐにベッドに潜り込んで眠りました。

 わたしが起きてからは、枕を占領して悠々と眠りました。

 そして何だか楽しそうな夢をみていました。

 

 

  

 

 ああ、何て美味しそう!!

 お腹が丸々してるわ!!

 

  

 

 馬鹿猫が勝手な事を!! 私はお前なんか相手にしていられないんだ。 

 私は行かなくちゃならないんだ。

 

  

 

 何処へ行くの?

 

  

 

 お前は私を知らないのか?

 

  

 

 知ってるわ。 貴方は美味しそうな鳥でしょう?

 

  

 

 馬鹿めが!! 私は冬の終わりを告げる使者、キレンジャクなのだ。

 冬はもう終わるのだ!!

 だから行くのだ!!

 

  

 

 待って~~!!

 

  

 

 待って堪るか~~!!

 

  

 

 なんでよ~~?

 なんで待ってくれないのよ?

 

  

 

 ああ、何だか眩しい・・・・・。

 

  

 

 窓が明るいの?

 

  

 

 一体どうなってるの?

 

 

 窓が明るくなったのです。 

 寝室の窓は12月末から雪で埋まり、2月の半ばまで真っ暗だったのです。

 それでわたしは寝室のカーテンを閉めっぱなしにしていました。 だってカーテンを開けても暗いんですから。

 けれど2月の終わりから、雪が融けて窓が明るくなりました。 

 よもちゃんが寝ぼけいる間に春が来ているのです。

 

  

 

 二重窓の内窓を開けて、透明ガラスの外窓から見ると、雪除けの板の間から、ちゃんと外が見えるようになりました。

 キレンジャク君達は、ちゃんと冬の終わりを告げてくれたのです。

 

  よもちゃんは今朝は明け方のお散歩をサボりました。

 夕べ雪が降って、寒かったからだと思います。 

 でもまた暖かくなります。

 春はこうやって行きつ戻りつしながら、ゆっくりと来るのです。

 

 追加

 現在このブログのRSS表示がされません。 

 それで緊急避難ブログを開設しました。 

 避難先はこちらです。

 

 よもぎねこです♪♪

 http://yomouni.iza.ne.jp/blog/

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する