FC2ブログ

2013-02-24 17:18

確実に出生率を上げる方法

自民党野田聖子総務会長が23日、武雄市で女性の社会進出をテーマに講演し、「長期的に考えれば、最良の経済対策は少子化対策しかない。若い女性が安心して子どもを産める環境をつくるべき」と訴えた。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2405980.article.html

 

 ワタシは安倍自民党支持だけれど、この野田聖子と言う馬鹿女だけは大嫌いです。

 自民党は何でこんな馬鹿女を除名しないのか理解できません。

 なんなら社民党辺りに引き取って貰えないでしょうか?

 

 何が嫌いってこの馬鹿女の偽善的フェミニズムです。 そしてどうも自民党の男性議員達は、馬鹿でも何でもフェミニズムに反対すると「男尊女卑」と思われて、女性票を失うと恐れているんじゃないですか?

 

 でも女性が一番嫌いなのは男尊女卑や女性差別主義者じゃないですよ。 この種の馬鹿で独善的なフェミニストです。

 コイツラ「自分達は格別なエリートなので、専業主婦や高卒で働く低能女は自分達に従うべし」と信じて踏ん反り返っているのです。

 

 そう言う鼻持ちならない独善と高慢が顔に描いてあります。

 女性は敏感だからこの手の独善や高慢を正確に認識します。

 

 だから日本には女性の国会議員は少ないのです。

 だって殆ど女性はこんな連中を支持しませんから。

 

 ですから男性議員もちゃんと自信を持って、馬鹿は馬鹿だと認識して、自民党からこの手の馬鹿女は追い出してほしいです。

 

  

 

 いきなり本題から脱線しちゃいましたけど、出生率を上げるのは簡単です。

 

 老人福祉を切れば良いのです。

 

 途上国はどこも非常に出生率が高く、人口増加に苦労していますね。

 飢餓ラインを彷徨うほど貧しい家庭でも、子供を5人も10人も産むのです。

 

 日本も明治から戦後暫くは、大変出生率が高かったのです。

 日本だけでなく現在少子化が進んでいるヨーロッパの先進国でも、昔は大変な多産社会でした。

 

 なぜだと思いますか?

 

 それは子供がいないと老後が困るからです。

 

 年金その他老人福祉の無い社会では、貧しい人間が老後は子供に扶養して貰うより生きる方法はありません。

 

 だから貧しければ貧しい程、死にもの狂いで子供を作るのです。

 

 その場合、労働力になる男の子を重視します。

 

 女の子は間引きしたりします。

 

 だから男性の人口が女性を遥かに上回る社会になります。

 

 そうなると当然結婚できない男性も沢山出てきます。

 

 そう言う男性は結局独身で一生を過ごし、老人になると窮死します。

 

 子供達は老人の窮死を見聞きして育つので、一刻も早く結婚して子供を作ろうとするのです。

 

 それ以外に老後を守る手段はないので、皆必死なのです。

 

 だから人口コントロールは容易ではないのです。

 

 つまり人間はトコトン利己的な動物なのです。

 

  

 

 だから子供を作らなくて老後が心配でなくなれば当然子供は作りません。

 

 実際、昔出生率の高かった時代でも、貴族など富裕層は少子化していました。

 

 古代ローマなどアウグストゥスの時代には元老院階級の少子化が問題になり、子供のいない議員は重要な公職に就けないなどの法律を作ってまで少子化対策をしましたが、効果はあがりませんでした。

 

 ちなみに元老院議員は男性しかなれませんから、女性の活力なんか関係ないのです。

 元老院階級の男性が、結婚を嫌がり独身を好むようになったので、少子化してしまったのです。

 

 老後の心配もなく、平和が続き、社会が享楽化し性が自由化したら、富裕で社会的な地位の高い男性にとっては、結婚なんか煩わしいだけになってしまったのです。

 

 奴隷や娼婦と性行して子供ができても、幾許かの養育費を渡してサヨウナラ。

 父親としての愛情もなければ責任も果たさない。

 

 これだとローマの行政を支える元老院の議員の子として育たないでのです。

 

 元老階級の次世代を産むためにはちゃんと結婚して、父親の義務を果たして貰わなければならなにのですが、それが面倒だから結婚したがらないのです。

 

 だからアウグストゥスは危機感を持ったのです。

 

 これを見ると、少子化を防ぐもう一つの方法がわかりますね。

 

 つまり性の自由化をさせない事です。

 

 結婚以外での性交渉は道徳的宗教的に絶対厳禁となれば、殆どの人は何とか結婚しようとするのです。 

 そして夫婦として子供の養育をする事になるのです。

 

  

 

 けれど富裕層には富裕層故に少子化せざるを得ない場合もありました。

 

 ヨーロッパの貴族は家系を残す為に、当主は殆ど場合義務として結婚するし、子供も結構作るのですが、しかし必要な子供は跡取り一人でした。

 

 貴族が貴族の本業である戦争に明け暮れた時代は、それでも男子はドンドン戦死するし、また戦場で手柄を立てて新しい領地を得るチャンスがありました。

 

 しかし19世紀ぐらいになって、貴族が騎士として戦場を駆ける時代が終われば、戦死する事もない代わりに、新しく領地を得るチャンスもありません。

 

 そうなると何人もの子供がいると、世代を経るごとに財産が分割されて、貴族としての地位を守る事もできなくなります。

 

 それで結局子供達の殆ど修道院に入れて、それ以上子孫も増やせない、また財産相続もできないようにしてしまうのです。

 

 日本でも大名や旗本の次男以下が部屋住みになり、結婚もできず仕事もなく、唯生きるだけと言う無惨な人生を送りましたが、同じ事をやるわけです。

 

  

 

 何が言いたいかと言えば、つまり結局人間は自分の都合だけで子供を作ったり、作らなかったりするのです。

 しかし普通の人間の自分の都合は、自分が社会で生きる都合です。

 

 野田聖子のように自分が子供を産んでみたいなどと言う事に偏執狂的な執念を持つわけではないのです。

 偏執狂的な執念と欺瞞だけの人間の議論なんか意味がないのです。

 

 ワタシは独身です。

 自分が好きで結婚しなかったのです。

 

 そう言う立場でハッキリと言います。

 少子化対策の一番有効な方法は、老人福祉始め過度な福祉の是正ではないでしょうか?

 

 人間の子供は親がその子を必要として産み、その子を育てる事で立派な人間に育つのです。

 

 しかし人間は利己的ですから、家族が助け合う家庭を作れば、そのような家庭を作らない人々よりもより幸福な生活を出来る社会でなければ、人間は家庭も子供も作ろうとはしません。

 

 独身者がひたすら自由に快適に暮らせる社会では結婚などしないし、子供も生まれないのです。

 

 そう言う人間の利己的な面を正面から議論しなければ、少子化対策なんかできません。

  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

社会進出をしながら子供を沢山産め、ですか…どれだけ女の人をこき使えばいいんだか…。子供が増やしたければ、子どもを育てていた方が幸せなんだという価値観を持つ社会を作ればいいんですよ。その為の政治家のはずです。
私は、女性の社会進出と少子化はセットだと思っています。小さな子供を小脇に抱えて保育園に通う姿に育児の面白さを知れなんて無茶いうな、ですよ。
  1. 2013-02-24 22:13
  2. URL
  3. pochi-one #79D/WHSg
  4. 編集

No title

この女は中絶禁止にして子供産ませhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%25A4%258A%25E5%25AD%2590%25E7%25B8%2581%25E7%25B5%2584/" class="keyword">養子縁組を斡旋しろと曰わってますな。これで子供の降伏はどうなるんだろうか。正直謎です。

小生、少子化はやろうと思えば簡単に解決すると思います。みんな子育てしながらキャリアを積まそうとするから無理が生ずるんです。例えば18歳から25歳くらいまでの女性に7~8年程度のモラトリアムの機会を与えるのです。当然大学の休学復学などは優先して行わせます。子育て学生の学費の援助をしたっていい。

つまりこの間に結婚し子育てをした後に学業を終わらせ、仕事上のキャリアをつませる方向にすればいいのです。そして企業はこのコブ付きの新卒を優先採用させるとでもすればいいのです。今の社会で若くして結婚したら子育てをした後社会でキャリアを積むことはほとんど不可能です。これはその解消でもあります。

企業、特に大企業が女性を安い労働力として使い最初は結婚までの使い捨てにし、社会進出してきてからはキャリアをつませるために家庭生活を犠牲にさせるという無理をしてきたことが婚姻年齢の高齢化を招きました。

これをやると新卒女性社員は男性より高齢のコブ付きばかりになるでしょう。女性の力が重要だとかなんとか綺麗事言うならばこういう連中だって能力だけで採用してやればいいんです。

ここまでやれれば問題は全て解決なんです。まあ、企業の連中にできるかといえば答えは明白です。これができるならおそらく日本の諸問題は全て解決できるでしょうね。

おそらく経済団体のお偉方だって本音はどうでもいいと思ってんですよ。だから解決なんてしっこありません。その意味ではpochi-oneさんの仰てることで終わりなんです。連中がそんな負担するわけがありませんから。
  1. 2013-02-24 23:29
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To pochi-oneさん
>社会進出をしながら子供を沢山産め、ですか…どれだけ女の人をこき使えばいいんだか…。子供が増やしたければ、子どもを育てていた方が幸せなんだという価値観を持つ社会を作ればいいんですよ。その為の政治家のはずです。
>私は、女性の社会進出と少子化はセットだと思っています。小さな子供を小脇に抱えて保育園に通う姿に育児の面白さを知れなんて無茶いうな、ですよ。

 そう言えば北欧諸国では税収を増やす為に専業主婦に課税してるそうです。
 しかしそのために今度は税金を使って託児所など作るわけですから本末転倒です。

 でもそれが馬鹿フェミの馬鹿フェミたる所以でしょうね。
  1. 2013-02-25 12:25
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
 考えてみれば子供を産んで育てると言うのは生物にとって最も重要な仕事です。
 だから人間も人生で一番体力気力が充実している時期、つまり10代後半から30代前半までに子供を作り、初老前には子供が成人するのが理想でしょう。

 だからでも子育てに使うべき年代は、当然他の仕事でも一番能力が伸びる年代でしょう?

 少子化の問題は人間の生物的な現実が、現在の社会制度と合わない事です。
  1. 2013-02-25 12:33
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する