2013-06-12 19:24

夏の色

 昨日は珍しく朝から散歩に出ました。

 

  

 

 福井堰堤では釣りをする人達を見かけました。

 

  

 

 飛び散る水飛沫に冷やされた空気が快いです。

 

  

 

 堰堤の上の緑が鮮やかです。

 

  

 

 こうして清流を楽しんでいると、気分はもう完全に夏です。

 

  

 

 堰堤の上の湿地ではオドリコソウが咲いていました。

 

  

 

 林は暗くなりました。

 

  

 

 春の妖精達は消えて行きます。

 

  

 

 代わりに夏の野花が咲き始めました。

 

  

 

 湿地は深い緑の底に沈んで行きます。

 

  

 

 緑を透かして差し込む陽射しが時間と共に強くなります。

 

  

 

 クルマバソウはもうすっかり散っていました。

 

  

 

 スミレが一株咲き残っていました。

 

  

 

 イタドリの葉が大きく茂り始めています。

 

  

 

 ニワトコの花が咲いていました。

 

  

 

 湿地は暗い緑に沈み、ニリンソウが咲いて頃の明るい世界とは完全に様変わりしました。

 

  

 

 

 

  

 

  

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

中々春にならなかった札幌も、初夏というより夏への序章といったところですね。深い緑に沈んだ湿地が、なんだか妙に気にかかりました。
  1. 2013-06-12 23:53
  2. URL
  3. 無才 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 無才さん
>中々春にならなかった札幌も、初夏というより夏への序章といったところですね。深い緑に沈んだ湿地が、なんだか妙に気にかかりました。

 ワタシが寝込んでいる間に春は完全に終わってしまいました。
 もうこんなに緑が茂ると夏景色です。
  1. 2013-06-13 08:55
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title


「雑草という名前の草は無い」 昭和天皇陛下のお言葉を、当時の侍従長だった入江相政氏がご紹介した記事を読んだ事があります。
「どんな草にも名前や役割はあり人間の都合で邪険に扱うような呼び方をすべきではない」と謂う、とても素敵な意味らしいです。
実は…。草莽崛起などと自分勝手に意訳し深く感銘。仕事の励みにした覚えがあります(笑)
それにしても主筆の博識にはいつもビックリです。私も植物図鑑が欲しくなりました。
  1. 2013-06-13 11:20
  2. URL
  3. higeoyaji #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To higeoyajiさん
>
>「雑草という名前の草は無い」 昭和天皇陛下のお言葉を、当時の侍従長だった入江相政氏がご紹介した記事を読んだ事があります。
>「どんな草にも名前や役割はあり人間の都合で邪険に扱うような呼び方をすべきではない」と謂う、とても素敵な意味らしいです。
>実は…。草莽崛起などと自分勝手に意訳し深く感銘。仕事の励みにした覚えがあります(笑)
>それにしても主筆の博識にはいつもビックリです。私も植物図鑑が欲しくなりました。

 花の名前は覚えると楽しいです。 
 
 今はネットで花の名前が調べられます。 鳥の名前もそうです。
 地域ごとに花や鳥をhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">アップしているサイトもありとても便利です。
  1. 2013-06-13 11:25
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する