fc2ブログ

2012-02-27 19:41

デンマーク4時間

 2002年にヨーロッパ旅行に行った時にコペンハーゲン空港に4時間滞在しました。 

 目的地はウィーンだったのですが、日本からウィーン直通の格安チケットはなかったので、コペンハーゲン空港経由になったのです。

 

 しかもコペンハーゲン到着から、ウィーン行きの便へ出発まで4時間もあります。 

 

 それでも生まれて初めてのデンマークですから好奇心満々です。 まずは一目でも空港の外を見てみようと思いました。

 

 それで到着すると直ぐに、必死になって空港の出口に向かいました。 

 

  

 

 このコペンハーゲン国際空港は、素晴らしく綺麗でモダンな空港なのですが、恐ろしく広いのです。

 

 だからワタシのあやふやや英語で案内板を読んだり、道を聞いたりしながら、ウロウロと出口を探して歩くのは一苦労でした。

 

 それでも何とか頑張って外に出ると、すぐ側に海が見えて、その海に何基もの風力発電の風車が見えます。

 この風車は飛行機の窓からも見えたのですが、何とも幻想的でした。

 

 しかしそれ以外は到って殺風景で、街も建物も見当たらず、見物できるような物はありません。 

 空港の周りってどこでもそんな感じだから仕方がないです。

 

 ワタシはまた空港内に入りました。

 

  

 

 しかしとにかく一応外を見て満足したので、今度はウィーン行きの便の出発ロビーを確認する事にしました。

 

 けれど行きと違って余裕ができたので、キョロキョロと回りを見回して、空港内を見物しながら進みました。

 

 そうやって歩いていると、東洋人の女性が何やら新聞を配っているのに出くわしました、彼女はワタシを見ると、黙ってその新聞を一部くれました。

 見ると中国語繁字体の新聞です。

 

 ワタシはそれをバッグに入れて、更に進みました。

 

 すると今度は3歳ぐらいの可愛い女の子が一人で、ベンチに座っているのを見ました。 そしてビックリしました。

 

 こ、乞食の子供???

 

 その子は淡い日光のような金髪に、空色の瞳、透き通るように白い肌の妖精のように可憐な子だったのですが、着ているヨレヨレなのです。

 

 3月の末だったので結構寒くて、その子は毛糸の頭巾をかぶり、毛糸のカーデガンを着ていたのですが、それがもうどれだけ洗濯を繰り返したらこうなるのかと思えるほど、色が黒ずんでヨレヨレになっているのです。

 

 この子の着ていた服が、この子のところへ来るまでに、何十人の子供の間を渡り歩いたのでしょうか?

 

  

 

 けれどヨレヨレの服を着ているのはこの子だけではありませんでした。 

 

 このコペンハーゲン国際空港は、北欧のハブ空港とかで利用客の多くは、北欧諸国の人のようです。

 しかし周りを歩いているこれらの人々の服装が殆ど皆ヨレヨレなのです。

 

 季節柄セーターを着ている人が多かったのですが、それが皆アクリル製の超安物のしかも洗濯しまくって形も崩れ、色も黒ずんでと言うのばかりなのです。 

 

 北欧はワタシの大好きなノルディックセーター始め、セーターの本場で、編み物が民族の伝統手芸なのですが、そんな洒落たモノを着ている人は全く見かけません。

 

 模様や形がノルディックセーターでもアクリルのヨレヨレじゃなどうしようもありません。

 

 セーターだけでなくズボンもシャツも皆ヨレヨレです。

 

 「難病連のバザーに出したら全部捨てられる・・・・・。」と思いました。

 

   

 

 ワタシは難病患者なので、北海道難病連盟(難病連)の会員だったことがあり、その時会で行うバザーの手伝いをしました。

 

 北海道難病連盟は活動資金調達の一助にと、年の一度一般から不用品の寄付を募ってバザーをするのです。

 その時集まる不用品の中で一番多いのが衣類でした。

 

 しかし古い物や痛んだ物などは、並べても売れないので、バザーに出す前に選別して捨ててしまいます。 ワタシはこの作業を手伝っていて、自分が出したセーターを目の前で捨てられた事があります。

 

 でも他の品と比べたら捨てられても文句を言えないので何も言えませんでした。

 

 ところがこのコペンハーゲン空港を行く人々の着ているモノは、捨てられたワタシのセーターなんぞより遥かに酷いものでした。

 

  

 

 とは言え皆さん凄くカッコイイのです。

 

 あの乞食の子だって、妖精のように可憐だったけれど、大人は皆スラリと背が高く、肩幅が広く、腰がキュッとつぼんで足が長いのです。

 そして淡い色の髪に白い肌です。

 

 だから遠目にみるとホントに素敵です。

 写真に撮って、セーターがヨレヨレとかわからなければ、日本人なんか幾らお洒落をしても敵いません。

 

 こんなカッコイイ人達が、綺麗な街並みを歩く写真を見れば、北欧は天国のように見えるのは当然ではありませんか?

 

  

 

 せっかく神様からカッコイイ容姿を授けられた人達が、かくも貧乏くさい恰好をしている理由は言うまでもなくこの北欧諸国の物価高です。

 

 物価高の原因は勿論、物凄い税負担です。 

 所得税の税率だって高いのですが、消費税も20~30%です。 しかも輸入品の関税だってベラボウに高いのです。

 

 だから免税のはずの空港内のレストランも凄いボッタクリ価格です。

 なんか成田の倍ぐらいの感じです。

 

 立ち食いでサンドイッチに飲み物を一杯でも、日本円にして1000円超えるような感じです。

 これには食欲も吹き飛びました。

 

 何だか非常に疲れる気がしました。 

 空港は凄く綺麗だし、その上完全バリアフリーだし、周りの人が凄くカッコイイけれど、何だかシンドイのです。

 

  

 

 そうこうするうちにようやく4時間が過ぎて、ウィーン行きの便に乗りました。

 

 その飛行機は道内のローカル線に使うような小さな飛行機だったのですが、乗り込んでなんだかホッとしました。

 

 離陸すると間もなく若い可愛いスティワーデスが、機内食を配ってくれました。 凄く美味しいサンドイッチでした。

 

 考えてみると、成田からコペンハーゲンまでスカンジナビア航空のスティワーデスは、ゴツイ中年女性で威嚇されているような気がしていたのです。

 

 自分がゴツイ中年女のクセに文句を言える筋合いじゃないけれど、可愛い人を見ると気持ちが休まるのだと思いました。

 

  

 

 ウィーンへ着いた2日目の朝、ホテルで朝食を食べていると、成田―コペンハーゲン便で隣の席にいた女性と会いました。 

 聞くと彼女は当日コペンハーゲン―ウィーン便があることを知らなかったので、コペンハーゲンに一泊して翌朝のウィーン行きに乗ったそうです。

 

 「コペンハーゲンは何だか殺風景で嫌だった。」

 「なぜか道に割れたガラス瓶が一杯散らばっていて、怖かった。」

 「ホテルの朝食も粗末だった。 ここは良いわ。 こんなに美味しい物が沢山あって・・・。」

 

 彼女はそんな話をしていました。

 

  

 

 デンマークは他の北欧諸国同様、高福祉高負担国家です。 だから税金が高いだけではありません。 手厚い福祉を受けられるのです。

 

 人が自分のお金を何に使いたいかは、その人の価値判断によります。

 

 北欧の人々は大変堅実で、衣類だの美食だのと言った物で浮薄な浪費はせず、病気や障碍を抱え込んだり年を取ったりした時に手厚い福祉が得られるような使う事にしたのです。

 

 でもワタシはたった4時間のデンマーク滞在で、そう言う堅実一途の生活は、日本人の感覚ではかなり辛い物があるんじゃないかと思いました。

 

 ワタシは難病患者だから福祉が手厚いと丸儲けになる立場だし、日本人としては随分ケチなのですが、それでもあんな国はイヤだと言うのが実感です。

 

  

 

 しかしながら読売新聞は絶賛しているようです。

 

 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=54988

 

 そしてこの高福祉の源泉については、三橋貴明氏が解説してくれています。

 

 http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/page-1.html#main

 

 

    

 

 

 

  

  1. こけつまろびつヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(13)

コメント

No title

実感の欧州体験談、とても面白かったです。読んでいるだけで生活のキビシサが感じられました。楽しくなさそうです。生活の質に対する感性が違うのか?

北欧のこうした生活は日本人には無理かも知れないですね。なにしろ仕事の後は居酒屋へ直行!とか、仕事帰りは熱い風呂に入って、今なら熱燗で湯豆腐!夏ならビールに冷奴と枝豆!と言いたがる軟弱な日本人ですから。
  1. 2012-02-27 21:40
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

なるほど、興味深い話を聞きました。
実はタイにいたときの事、冬場になるとやってくる連中がいることに気がつきました。
一つ目はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国人です。彼らは韓国では寒すぎてゴルフが出来ない為、ゴルフとお色気目当てでやってきます。
もう一つは北欧の連中、これまたウンカのようにやってきます。
コリアと違うのはゴルフが目当てではない、太陽が目当てです。
だから海岸で日がな寝そべっています。

2004年のhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E6%25B4%258B%25E5%25A4%25A7%25E6%25B4%25A5%25E6%25B3%25A2/" class="keyword">インド洋大津波、この時欧米からの観光客もタイのプーケットあたりで多数犠牲になりました。
この津波でhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2587%25E3%2583%25B3/" class="keyword">スウェーデン人だけで1800人が行方不明だと聞きました。
人口1千万人の国http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2587%25E3%2583%25B3/" class="keyword">スウェーデンで1800人が行方不明、凄いことです。
所が2,3ヶ月したらhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2587%25E3%2583%25B3/" class="keyword">スウェーデン政府は捜索を打ち切りました。
どうせ死んでるんだからこれ以上金を使う必要ない、こんな理由のようです。
この話を聞いて私は納得しました。
北欧から来た観光客は貧乏旅行しています。
パタヤなどのホテルでもあまり見かけません。
どんな所で宿泊しているかというと、日本で言う9尺2間の長屋です。
勿論なんたらロッジと言う洒落た名前ですが、貧乏旅行者がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E7%2582%258A/" class="keyword">自炊する為の物です。勿論何人かで暮らしています。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E7%2582%258A/" class="keyword">自炊といっても彼らはパンとハム・ソーセージが有ればいいので、たいしたこと有りません。
だからタイのリゾート地パタヤにはそんな観光客目当ての食料品スーパーが24時間営業しています。
(夜中まで働く日本人にも有り難い存在でした)

北欧の連中は倹しい生活が当たり前なのだと、そう思ってました。
よもさんのこのエントリーで、その間の事情が良く分かりました。

付け加えれば彼らは良く事件を起こします。
殺人事件も日本人とは比べ物にならない件数でしょう。
(専門家ではないのでデータは有りません、フィーリングです)

これが福祉国家の成れの果て、そう思っています。
  1. 2012-02-27 21:49
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

コペンハーゲンには何度か行きましたが、
そんなに貧乏くさいのが多いとは気が付かなかった^^
余り人の着てるものは注意を払わないので。
コペンハーゲンは島なんですね。
島が首都と云うのも珍しいですね。
ここのいいところは欧州では比較的治安が良い事と、
深夜でも公共交通機関が利用出来る事、
自転車借りればどこでも行ける狭さ?ですかね。
タクシーいりまへん。

>倹しい生活

に関して云うとパリのOLなんかも日常は朝バケットを買ってチーズで朝食、
昼は会社の社員食堂(無いところはカフェで)ですませ、
夜は朝の残りのバケットとソーセージで済ます。
洋服などは日本のOLの様なブランド品は持たない(興味も無さそう)で
スカートやパンツの裾は縫ってない。
その日の服装に合わせてスカートやズボンの丈を仮縫いで決める。
少ない洋服や靴の所持品でコーディネイトセンスは最高ですね。
出来上がればオシャレなパリジェンヌが出現します。
こう言うのが当たり前で貧乏くさいとも思って無いのが彼等ですね。
日本人は贅沢で豊かですよ。
だから彼女達をディナーに誘うと大喜びではしゃいで
精一杯のオシャレをして出てきます。
僕は彼女達の素朴な価値感も好きですけどね。

こう言う部分は福祉国家云々でコストを高負担させられている事とはまた別次元の彼等の文化だと云う部分もあると思いますね。
  1. 2012-02-28 05:47
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

日本人はおしゃれですからねえ。服装にほとんど興味のない私でも、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25A7%258B%25E8%2591%2589%25E5%258E%259F/" class="keyword">秋葉原や浅草で見かける外国人旅行者の服装がさえないと思いますもの。
しかも、若い人ほどブランドへのあこがれが弱い。給料が下がっているので買えないということもあるのでしょうが、安い服を実にうまく使いこなしている。
ドン小西が「スタイルがない」「本当にいいものを知らない」と嘆いていましたが、給料が上がればすぐにいいものに手を出すんじゃないでしょうか。

手先が不器用になったとよく年配者が嘆きますが、化粧の技術やネイル、ヘアアレンジ、アクセサリーなどみると、職人技が連綿と受け継がれているのがよくわかる(笑)。特にメイク技術に関しては、ぶっちぎりで世界一だと思います。
これはもう、SONOさんがおっしゃるように、文化なんでしょうね。江戸時代も相当なおしゃれ狂いがいたみたいですから。
  1. 2012-02-28 09:37
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>実感の欧州体験談、とても面白かったです。読んでいるだけで生活のキビシサが感じられました。楽しくなさそうです。生活の質に対する感性が違うのか?

 sonoさんも言っておられるけど、文化の違いもあるでしょうね。

>北欧のこうした生活は日本人には無理かも知れないですね。なにしろ仕事の後は居酒屋へ直行!とか、仕事帰りは熱い風呂に入って、今なら熱燗で湯豆腐!夏ならビールに冷奴と枝豆!と言いたがる軟弱な日本人ですから。

 日本人には無理だと思います。
 日本人は格別贅沢はしなくても、美味しい物を食べ、綺麗な服を着て、楽しく日々を暮して、それから貯金もするのです。

 家とか福祉社会も大事だとは思っているけど、北欧の人間のレベルまでやらなくても・・・と言う感じでしょうね。
  1. 2012-02-28 10:33
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん
>なるほど、興味深い話を聞きました。
>実はタイにいたときの事、冬場になるとやってくる連中がいることに気がつきました。
>一つ目はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国人です。彼らは韓国では寒すぎてゴルフが出来ない為、ゴルフとお色気目当てでやってきます。
>もう一つは北欧の連中、これまたウンカのようにやってきます。
>コリアと違うのはゴルフが目当てではない、太陽が目当てです。
>だから海岸で日がな寝そべっています。

 寒さだけなら北欧も北海道もそれほど違わないのですが、太陽の光は全然違うようですね。
 常々丸山光三先生がお嘆きです。

>2004年のhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E6%25B4%258B%25E5%25A4%25A7%25E6%25B4%25A5%25E6%25B3%25A2/" class="keyword">インド洋大津波、この時欧米からの観光客もタイのプーケットあたりで多数犠牲になりました。
>この津波でhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2587%25E3%2583%25B3/" class="keyword">スウェーデン人だけで1800人が行方不明だと聞きました。
>人口1千万人の国http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2587%25E3%2583%25B3/" class="keyword">スウェーデンで1800人が行方不明、凄いことです。
>所が2,3ヶ月したらhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2587%25E3%2583%25B3/" class="keyword">スウェーデン政府は捜索を打ち切りました。
>どうせ死んでるんだからこれ以上金を使う必要ない、こんな理由のようです。

 おお、何とも凄い感覚ですね。 
 1000万人で1800人の死者って、東日本大震災の日本の死者の比率よりも多いではありませんか?


  1. 2012-02-28 10:41
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさん
>この話を聞いて私は納得しました。
>北欧から来た観光客は貧乏旅行しています。
>パタヤなどのホテルでもあまり見かけません。
>どんな所で宿泊しているかというと、日本で言う9尺2間の長屋です。
>勿論なんたらロッジと言う洒落た名前ですが、貧乏旅行者がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E7%2582%258A/" class="keyword">自炊する為の物です。勿論何人かで暮らしています。
>http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E7%2582%258A/" class="keyword">自炊といっても彼らはパンとハム・ソーセージが有ればいいので、たいしたこと有りません。
>だからタイのリゾート地パタヤにはそんな観光客目当ての食料品スーパーが24時間営業しています。
>(夜中まで働く日本人にも有り難い存在でした)
>
>北欧の連中は倹しい生活が当たり前なのだと、そう思ってました。
>よもさんのこのエントリーで、その間の事情が良く分かりました。
>
>付け加えれば彼らは良く事件を起こします。
>殺人事件も日本人とは比べ物にならない件数でしょう。
>(専門家ではないのでデータは有りません、フィーリングです)

 北欧の人達の生活は質素だとは聞いていましたが、あの空港の人達の服装を見たときは聞きしに勝ると思いました。

 ホントに立派な物です。
 マネしたくはないですけど・・・・。

>これが福祉国家の成れの果て、そう思っています。

 デンマークはしりませんが、スウェーデンの犯罪発生率は日本の7倍だそうです。
 上に挙げた三橋氏のブログで解説しています
  1. 2012-02-28 10:41
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>コペンハーゲンには何度か行きましたが、
>そんなに貧乏くさいのが多いとは気が付かなかった^^
>余り人の着てるものは注意を払わないので。
>コペンハーゲンは島なんですね。
>島が首都と云うのも珍しいですね。
>ここのいいところは欧州では比較的治安が良い事と、
>深夜でも公共交通機関が利用出来る事、
>自転車借りればどこでも行ける狭さ?ですかね。
>タクシーいりまへん。

 ワタシが編み物が好きで、北欧はセーターの本場だから、本物のノルディックセーターを着た人はいないかと、他人のセーターばかり見て居たので特に気になったのだと思います。

 夏ならそれほど気にならなかったのかも?

>>倹しい生活
>
>に関して云うとパリのOLなんかも日常は朝バケットを買ってチーズで朝食、
>昼は会社の社員食堂(無いところはカフェで)ですませ、
>夜は朝の残りのバケットとソーセージで済ます。
>洋服などは日本のOLの様なブランド品は持たない(興味も無さそう)で
>スカートやパンツの裾は縫ってない。
>その日の服装に合わせてスカートやズボンの丈を仮縫いで決める。
>少ない洋服や靴の所持品でコーディネイトセンスは最高ですね。
>出来上がればオシャレなパリジェンヌが出現します。
>こう言うのが当たり前で貧乏くさいとも思って無いのが彼等ですね。
>日本人は贅沢で豊かですよ。
>だから彼女達をディナーに誘うと大喜びではしゃいで
>精一杯のオシャレをして出てきます。
>僕は彼女達の素朴な価値感も好きですけどね。

 文化的な背景は大きいと思います。
 日本のように家も満足にない人が、高級ブランド品をローンで買うような感覚は褒めた話ではないし・・・・。

>こう言う部分は福祉国家云々でコストを高負担させられている事とはまた別次元の彼等の文化だと云う部分もあると思いますね。

 元々質素で堅実な生活を最良とする文化があるから、高福祉高負担国家を作れるのだと思います。

 高福祉の為に、スナックレベルの食事が1000円を超えるなんて、日本人は我慢できないでしょう?
  1. 2012-02-28 10:48
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

日本が世界で度を越して豊かなんですね。
西洋人はきらびやかに銀の食器で生活している様に日本では喧伝されましtが事実は逆で、江戸時代に日本に来たオランダ人など日本人の庶民生活の豊かさに驚嘆したと思いますよ。
  1. 2012-02-28 10:59
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>日本人はおしゃれですからねえ。服装にほとんど興味のない私でも、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25A7%258B%25E8%2591%2589%25E5%258E%259F/" class="keyword">秋葉原や浅草で見かける外国人旅行者の服装がさえないと思いますもの。
>しかも、若い人ほどブランドへのあこがれが弱い。給料が下がっているので買えないということもあるのでしょうが、安い服を実にうまく使いこなしている。
>ドン小西が「スタイルがない」「本当にいいものを知らない」と嘆いていましたが、給料が上がればすぐにいいものに手を出すんじゃないでしょうか。

 日本人は確かにお洒落が好きですね。
 
 日本人は綺麗な服を着て、美味しい物を食べて、楽しく暮らしたいのです。

 ちなみにブランド物ですが、あれを若い人達が買わなくなったのは、お金がないのもありますが、もう一つはもう日本人はあんなhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A2%25E3%2583%258E/" class="keyword">モノは卒業したと言う事もあるのでしょう。

 バブルの前ぐらいに日本人は初めてブランド物を買える程豊かになり、とにかく買ってみたわけですが、でも値段程の価値はないのです。
 一度買ってそれがわかったら、もう買わないでしょう。

>手先が不器用になったとよく年配者が嘆きますが、化粧の技術やネイル、ヘアアレンジ、アクセサリーなどみると、職人技が連綿と受け継がれているのがよくわかる(笑)。特にメイク技術に関しては、ぶっちぎりで世界一だと思います。
>これはもう、SONOさんがおっしゃるように、文化なんでしょうね。江戸時代も相当なおしゃれ狂いがいたみたいですから。

 古い着物など見ていると、素晴らしいですからね。 日本人のお洒落のセンスも立派なものでしょう。
  1. 2012-02-28 11:00
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>日本が世界で度を越して豊かなんですね。

 それこそ文化の違いで、日本人は美味しい食事や、衣類のお金を使うけれど、家なんかには実はそれほど興味はないのです。

 だから町並みなどの写真をみると欧米は凄く立派で豊かに見えるけど、実は食事や衣類は質素なんでしょうね。

>西洋人はきらびやかに銀の食器で生活している様に日本では喧伝されましtが事実は逆で、江戸時代に日本に来たオランダ人など日本人の庶民生活の豊かさに驚嘆したと思いますよ。

 江戸時代の研究をしたイギリスの学者が、「私はもし19世紀上流階級に生まれるならロンドンに、しかし庶民に生まれるなら江戸が良い」と言ったそうです。
 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9/" class="keyword">イギリスでは産業革命が始まり、世界中に植民地を持っていた時代でも、庶民の生活は厳しかったのですね。

 
  1. 2012-02-28 11:18
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

欧州では外食は贅沢品で高い消費税が掛かるが、家で自炊の場合は食料品は高くても3%で、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25BC%25E3%2583%25AD/" class="keyword">ゼロ%の国もある。だから外食しか手段の無い「旅行者の人、可愛そうね」と言われちやうのです。
日本の外食は文化であり産業です。
欧州の場合は、どんなに家が狭くても、家でパーティをやりたがる。
これも文化です。
映画「鉄道員」の最期に出てくるパーティを見て、そう思いました。

  1. 2012-02-28 12:16
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>欧州では外食は贅沢品で高い消費税が掛かるが、家で自炊の場合は食料品は高くても3%で、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25BC%25E3%2583%25AD/" class="keyword">ゼロ%の国もある。だから外食しか手段の無い「旅行者の人、可愛そうね」と言われちやうのです。
>日本の外食は文化であり産業です。
>欧州の場合は、どんなに家が狭くても、家でパーティをやりたがる。
>これも文化です。
>映画「鉄道員」の最期に出てくるパーティを見て、そう思いました。

 そうでしょうね。
 元々その国それぞれの文化的背景によって、課税方式も政策も違うのでしょう。

 日本で外食に高額課税をしたら、物凄い不満が出るでしょう。 第一現在営業している飲食店がたまりません。

 日本人は江戸時代から結構気楽に外食を楽しんでいますから。
  1. 2012-02-28 12:32
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する