2013-05-13 22:55

女王と国家の為に

 以前「 米軍基地と戦後レジームの脱却」と言うエントリーで、イギリスのヘンリー王子(チャールズ皇太子の御次男)が軍人としてアフガニスタンに出征していると言う話を紹介したら、tna6310147 さんがこんなコメントを下さいました。

 

 

ウィリアム王子も軍人です。ハリー(ヘンリー王子)より一年ほど入隊が遅かったので、軍の規律では次男のハリーの方が上の階級になるそうです。ウィリアムは救助ヘリのパイロットです。ただ、未来の国王という事で、ハリー程危ない所へは行かせてもらえないようです。その点、ハリーは危ない所も完全無視で行ってますね。

ただ、何処にいるかは本来は機密なのです。
英国王室王子という事で敢えて狙われる事も考えられ、それが彼の所属部隊を危うくする事もあるので、軍が何かの意図を持って情報をリークしたいとき以外、彼が何処にいるかは、表向き、秘密です。ただ、以前、オーストラリアの記者がたまたまハリーアフガニスタンで見つけてしまって、大スクープをした時は、急遽帰国命令が出されて、「ちぇ、バレちまったぜ」と悪態を付きながら帰ってきました。ま、結局、その後、またアフガニスタンへ行っているんですけどね。最近はその辺り、少しオープンです。いや、今はどちらかというと軍の宣伝も予て、軍人としてテレビ出演したりもしてます。

しかし、
ハリーの軍人としての最初の仕事は、、、「おばあちゃん家の警護」でした。ええ、あのバッキンガム宮殿の衛兵の仕事です。あそこの兵隊はおもちゃの兵隊に見えますが、実はバリバリの軍人の集まりで、海外勤務からローテンションで戻ってきてする「気軽」な仕事なのです。ですが、腕は確かですので、宮殿へ観光に行かれたときはテロリストの誤解を招くような行動はしない方が良いです。イザとなったら、本当に叩きのめされます。

王陛下はイギリスの主権そのものなので、その為に死ぬ事があるとしても、それも
イギリス軍人の仕事の一環です。そこにお花畑のやらお涙頂戴のセンチメンタリズムはありません。志願制ですから、仕事のために死ぬ事も了解しているのです。イギリスはそういう軍人に守られているのです。

 

 これは大変驚きました。 

 バッキンガム宮殿の衛兵と言えば、赤い制服を着て大きな黒い帽子を被った玩具の兵隊さんのような、綺麗な兵隊さんです。

 

 ワタシはてっきり純然たる儀仗兵だとばかり思っていたのです。

 

 それでyou tubeを見て居たら、こんな動画が見つかりました。

 

 For Queen and Country (2010)  

 

 tna6310147さんの仰るように、あの衛兵達は本物の戦闘員で、しかも極めて優秀な戦闘員だったのです。

 

 彼等は現在衛兵隊でローテンションを組んで、アフガニスタンの戦場での勤務とバッキンガム宮殿での勤務を繰り返しているのです。

 

 ワタシは一応ネトウヨで反戦平和妄想なんか持っていないのですが、しかしやはり戦後生まれ戦後教育しか受けて居ない日本人なので、アフガニスタンの基地内で、ドラムや笛の演奏を練習している姿など、シュールなあり得ない世界のように感じます。

 

 ワタシのイメージではこのような戦場に居る兵士と言えば、「地獄の黙示録」などベトナム戦争に関する映画の兵士しかなく、彼等はひたすら苦悩するのです。

 

 実際、イギリス軍はアフガニスタンに9000人出兵して、戦死者は2011年で300人を超えています。

 相当な死亡率です。 (ちなみにアメリカ軍の戦死者は2000人を超えています。)

 

 戦死者だけでなく負傷者も深刻です。 

 衛兵の中からも戦死者や負傷者が多数でているのです。

 

 この動画にも地雷で両足を吹き飛ばされた兵士が出てきます。 

 

 バッキンガム宮殿の衛兵は「長身美男」が条件とかで、この兵士もとても美しい若者です。 だから見ていると大変痛ましです。

 

 しかし彼等はこうして戦場と宮殿を行き来して勤務を続けているのです。

 

 ワタシはこのアメリカのアフガン介入は大失敗だと思っています。 なぜならそれが着地点の見えない戦争、本当の意味で何が敵なのかもわからない戦争だからです。

 

 こんな戦争に付き合ってしまったイギリスも大変です。 特にイギリスは過去にアフガン戦争でアフガニスタンに侵攻して敗退しています。

 

 この時からアフガニスタン人は自分達の土地に入ってくる白人を「アングレーゼ」と呼んで憎んでいるのです。

 

 このような戦場と宮殿を衛兵達は行き来しているのです。

 

 それにしてもBBCは凄いですね。

 

 「For Queen and Country 」「女王と国家の為に」って・・・・・。

 

 NHKに「天皇陛下と国家の為に」なんて番組を作れと言ったら、職員一同気絶するのではないでしょうか?

 

 こんな番組を作ったら、それこそNHK解体が実現しちゃうんじゃないかと思います。 

 

 でもイギリスではBBCこんな番組を作り、戦場とバッキンガム宮殿を行き来する衛兵達の誇りと勇気を讃えているのです。

 

 こうしてみるとワタシ達がNHKなどを日本のマスゴミを通じて知っていたイギリスなどヨーロッパの世界と言うのは全然実態とは違うのではないかと思います。

 

 彼等が先進国、人権と民主主義の国にはあってはならない「軍国主義」「国家主義」、そして「君主への忠誠」と言う物が厳然と存在し、それを国民が讃えているのです。

 

 そしてこうなると現在日本人の国家観や戦争観の方が、異様なのだと考えずにはいられないのです。

 

  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

こんばんは。

「女王陛下の軍隊」と、「天皇陛下の軍隊にそれほど違いがあるとは思えません。

我が国の「自衛隊」は物凄い「逆風」を受けながら、「国軍」として活動しているのです。

国外に出れば「自衛隊」なんて名称は通用しません。

あくまで「Japan ARMY」であり「Japan NAVY」なのです。

今まで一発も発泡しなかったのは「奇跡」だと私は思っています。
  1. 2013-05-13 23:42
  2. URL
  3. kuronekosann #79D/WHSg
  4. 編集

No title

動画、一時間近くあるのでまだ見ないままに書き込みますが、
だから見当はずれな意見になるかもしれませんが、

バリバリのネトウヨの私は、>「女王と国家の為に」
なんて素敵な響き。極当たり前に受け入れる事が出来ます。
だから>「天皇陛下と国家の為に」
公共放送がこう言った題名で番組が作れないところが今の日本の現状を物語っていると思います。悲劇だなあと…
実は今更ながら先日『http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25A1%25AB%25E9%25BB%2584%25E5%25B3%25B6/" class="keyword">硫黄島からの手紙』を見ました。
下品な表現で申し訳ありませんが、糞映画でした。
アメリカの映画で監督もhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカ人なので仕方ないんですが、
天皇陛下に対する日本人の思いを全然わかっていませんでした。
わかっていないどころか、
唐突に「天皇陛下万歳」を叫ばせるシーンは、
「お前、陛下を侮辱してんのかよ!?」と憤る程でした。
勿論、昔も今も日本人全てがみなhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇制に賛成しているワケではないと思います。
でもhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇制存続は多数派である筈で、(でなければこれ程長く続いていません。)
なのに、敵国の戦争http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2591%25E3%2582%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2580/" class="keyword">プロパガンダにいいように使われ、
戦後もそれに乗っかってhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇制廃止論者達に配慮して、
「天皇陛下と国家の為に」
こう言った番組が作られないのは日本国として誠に悲劇だと思いました。

  1. 2013-05-14 08:10
  2. URL
  3. 桜咲く #79D/WHSg
  4. 編集

No title

流石BBCはNHKとは格が違うと言った所でしょうか(^_^メ)
NHKもすっかり売国奴の巣窟になってしまってますしね(-_-メ)
  1. 2013-05-14 11:56
  2. URL
  3. abusan123 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kuronekosannさん
>こんばんは。
>
>「女王陛下の軍隊」と、「天皇陛下の軍隊にそれほど違いがあるとは思えません。
>
>我が国の「自衛隊」は物凄い「逆風」を受けながら、「国軍」として活動しているのです。
>
>国外に出れば「自衛隊」なんて名称は通用しません。
>
>あくまで「Japan ARMY」であり「Japan NAVY」なのです。
>
>今まで一発も発泡しなかったのは「奇跡」だと私は思っています。

 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9/" class="keyword">イギリス軍の正式名称ってthe Armed Forces of the Crownです。 一般的にはHis/Her Majesty's Armed Forcesと言う名称も使われます。

 だから「王冠の軍隊」「女王陛下の軍隊」なのです。

 日本の軍隊がHis Majesty's Armed Forcesで問題になる理由はないはずなんですけどね。
  1. 2013-05-14 12:07
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 桜咲くさん
>動画、一時間近くあるのでまだ見ないままに書き込みますが、
>だから見当はずれな意見になるかもしれませんが、
>
>バリバリのネトウヨの私は、>「女王と国家の為に」
>なんて素敵な響き。極当たり前に受け入れる事が出来ます。
>だから>「天皇陛下と国家の為に」
>公共放送がこう言った題名で番組が作れないところが今の日本の現状を物語っていると思います。悲劇だなあと…
>実は今更ながら先日『http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25A1%25AB%25E9%25BB%2584%25E5%25B3%25B6/" class="keyword">硫黄島からの手紙』を見ました。
>下品な表現で申し訳ありませんが、糞映画でした。
>アメリカの映画で監督もhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカ人なので仕方ないんですが、
>天皇陛下に対する日本人の思いを全然わかっていませんでした。
>わかっていないどころか、
>唐突に「天皇陛下万歳」を叫ばせるシーンは、
>「お前、陛下を侮辱してんのかよ!?」と憤る程でした。
>勿論、昔も今も日本人全てがみなhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇制に賛成しているワケではないと思います。
>でもhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇制存続は多数派である筈で、(でなければこれ程長く続いていません。)
>なのに、敵国の戦争http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2591%25E3%2582%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2580/" class="keyword">プロパガンダにいいように使われ、
>戦後もそれに乗っかってhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇制廃止論者達に配慮して、
>「天皇陛下と国家の為に」
>こう言った番組が作られないのは日本国として誠に悲劇だと思いました。

 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツやhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">オーストリアは第一次大戦の敗戦で君主を失いましたが、これは当時君主が大きな実権を持っていたからです。

 しかし日本の天皇陛下はプロシャやオーストリアの皇帝のような権力をお持ちではありませんでした。

 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9/" class="keyword">イギリス女王やデンマークやノルウェーやスウェーデンの君主と同様の権力しかないのです。

 それをhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツやhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">オーストリア皇帝並に考える事がナンセンスなのです。
  1. 2013-05-14 12:14
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To abusan123さん
>流石BBCはNHKとは格が違うと言った所でしょうか(^_^メ)
>NHKもすっかり売国奴の巣窟になってしまってますしね(-_-メ)

 戦後一貫して売国奴の巣窟です。
 しかも彼等は自分達を売国奴とは自覚していません。 だって国家の意味を理解していない連中に売国奴と言われても意味がわからないでしょう?
  1. 2013-05-14 12:15
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 善し悪し、好き嫌いは別にして、日本のマスゴミ、特に女性誌は誰それと誰それがひっついただの、別れただの、少女マンガ的な上っ面のファッションばかりじゃなくて、少しは英王室のこういう一面を紹介したらどうやねん?と思いますね。あのダイアナ妃の息子ですよ?
  
 大体、こういう「都合の悪い」話はスルーして、「国防軍になったら孫を連れて移住」(by「女性自身」音楽評論家・湯川れいこ氏)なんて話になるんだもんなぁ。
  1. 2013-05-14 13:36
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
> 善し悪し、好き嫌いは別にして、日本のマスゴミ、特に女性誌は誰それと誰それがひっついただの、別れただの、少女マンガ的な上っ面のファッションばかりじゃなくて、少しは英王室のこういう一面を紹介したらどうやねん?と思いますね。あのダイアナ妃の息子ですよ?
>  
> 大体、こういう「都合の悪い」話はスルーして、「国防軍になったら孫を連れて移住」(by「女性自身」音楽評論家・湯川れいこ氏)なんて話になるんだもんなぁ。

 この湯川さんって何処に行く気なんでしょうね?
 軍隊の無い国なんかこの世にないし、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25BE%25B4%25E5%2585%25B5%25E5%2588%25B6/" class="keyword">徴兵制だって殆どの国にあります。
  1. 2013-05-14 18:03
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する