fc2ブログ

2011-11-28 11:04

音楽鑑賞

 この暫く毎日寒くて暗い日が続きました。 わたしは体調を崩して、ヘロヘロなんですが、よもちゃんは勿論元気一杯です。

 

 それなのに・・・・・。

 

 

 よもさん・・・・・。

 

  

 

 ああ、バッハは良いわねえ。 さすがに楽聖と言うだけの事はあるわ。

 

 よもさん、邪魔よ!

 

  

 

 また俗物が何か言ってるわ。

 

 よもさん、邪魔よ!! ブログの更新ができないわよ!

 

  

 

 そんな事しなくて良いわよ。 それより同居人も一緒のバッハを聞きなさいよ。

 まるで物理の数式を演繹しているような、明晰で美しい音楽よ。 

 数学者や物理学者は、数式を美しいと言うけれど、バッハを聞いていると、その意味が良くわかるわ。

 

 何言ってるのよ? それよりどいてよ!

 

  

 

 イヤよ。 ここが一番音響効果が良いんだから。 

 どうしてもどいて欲しかったら、パソコンに安物ののスピーカー付けるんじゃなくて、ちゃんとしたCDプレーヤーを買って頂戴。

 

 そ、そんなあ、わたしは貧困層なのよ!!

 

  

 

 だったら、ワタシの邪魔をしないで、一緒にバッハを聞きましょうよ。 

 

 しょうがないわねえ・・・・。

 

  

 

 あら、おわちゃった、次はクリスマスオラトリオね。 それから、キーボードは邪魔だからどけてね。

 

 そんなあ・・・・・。

 

  

 

 クリスマスオラトリオは2時間半あるから、暫くキーボードを片付けても差し支えないわよ。 

 

 ・・・・・・。

 

  

 

 ああ、なんて美しい!!

 このイントロから厳かな喜びが溢れだすわ。

 このオラトリオを聞くと、クリスマスを迎える喜びが部屋一杯に広がるわ。 

 

 そうね。

 これはアムゼル君の所で始め知った曲だけれど、あれから毎年クリスマスが近づくと聞きたくなるのよ。

 バッハは沢山の子供が居たから、きっと子供達の喜びが曲になったのね。

 

  

 

 おお、同居人もたまには良い事言うわねえ。

 バッハの子供達は全部で23人もいたけれど、その中で成人できたのはほんの4~5人だったわ。 後は皆子供のうちに死んだのよ。 

 現代人の感覚では想像を絶する程過酷な生活だったのよ。

 聖トマス教会の楽長になった時にも、居住環境が余りに悪くて、半年のうちに3人の子供が立て続けに死んだりしたわ。

 クリスマスはそんな生活をしていた子供達にとって、クリスマスがどれほど楽しいものだった? どれほどクリスマスを待ちわびた事か?

 その喜びがこの曲に詰め込まれて、何百年もの間、それを聞く人々に伝わるのよ。

 

  

  

 

 

 と言うわけで、今からクリスマスまで、毎晩のようによもちゃんとこの曲を聞きながら、ボ~~とする夜が続きます。

 

 実はわたしは音痴で、音楽の事は殆ど知りません。 でもこの曲は以前アムゼル君の所で聞いてから大好きになり、毎年クリスマスが近づくと毎夜のように聞くようになりました。 

 

 アムゼル君有難う。 

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

No title

"むかごとどんぐり"さんではないですが、
バッハはちょっと容量オーバーで
視聴できません。
できれば、たしょうなりとも短い曲を
お願いいたします。
バッハは、キリスト教音楽の始祖といわれても
います。
  1. 2011-11-28 18:41
  2. URL
  3. the-prayer #79D/WHSg
  4. 編集

No title


ただいま視聴できました。回線の状況に
よるものだとおもいます。
問題ありませんでした。
  1. 2011-11-28 18:42
  2. URL
  3. the-prayer #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To the-prayerさん
>↑
>ただいま視聴できました。回線の状況に
>よるものだとおもいます。
>問題ありませんでした。

 ああ、良かった!!

 この曲はホントに長いので、試聴も大変なのですが、とても美しい曲なのです。
  1. 2011-11-28 19:10
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

教会音楽はどれも好きですが
バッハの生き様は知りませんでした。
大変だったようですね。
  1. 2011-11-28 20:46
  2. URL
  3. matacyann #79D/WHSg
  4. 編集

No title

確か成長したのは男の子4人女の子4人ではなかったかな。奥さんは確か2人次男坊のカール・フィリップと末っ子のヨハン・クリスチャンが有名でしょう。
2人とも音楽家として名をなしたのですが、故郷の町にほとんど仕送りをしてないらしい。アンナ・マグダレーナと4人の娘は貧窮にあえいでいたと言われます。
この辺の事情は不明です。

確かクリオスマス・オラトリオは確か4週分くらいをまとめたもので一度に聞くもんじゃあないですよ。
一度に聞くんだったらミサ曲ロ短調あたりが限界じゃあないでしょうか。
  1. 2011-11-28 21:01
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To harucyannさん
>教会音楽はどれも好きですが
>バッハの生き様は知りませんでした。
>大変だったようですね。

 現代人からすると想像絶する生活です。
 もっともバッハと同時代、女帝マリア・テレジアでも16人産んだ子供のうち、6人が早逝しています。

 厳しい時代だったのです。
  1. 2011-11-28 21:13
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>確か成長したのは男の子4人女の子4人ではなかったかな。奥さんは確か2人次男坊のカール・フィリップと末っ子のヨハン・クリスチャンが有名でしょう。
>2人とも音楽家として名をなしたのですが、故郷の町にほとんど仕送りをしてないらしい。アンナ・マグダレーナと4人の娘は貧窮にあえいでいたと言われます。
>この辺の事情は不明です。

 生き残った子供の数を記憶違いしていたようです。

>確かクリオスマス・オラトリオは確か4週分くらいをまとめたもので一度に聞くもんじゃあないですよ。
>一度に聞くんだったらミサ曲ロ短調あたりが限界じゃあないでしょうか。

 でも聞いていると楽しいです。 
 問題は春先や夏に聞いているとさすがに馬鹿みたいな気がすることです。
  1. 2011-11-28 21:16
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>貧困

バッハは生涯に6000曲くらい作曲したそうですが、著作権が確立した時代なら、お金に苦労することはなかった。モーツアルトだって誰だって。
多くの天才が貧しく喘ぐ時代に、こんなにも美しく贅沢な音楽が溢れる・・・。
  1. 2011-11-29 06:25
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>>貧困
>
>バッハは生涯に6000曲くらい作曲したそうですが、著作権が確立した時代なら、お金に苦労することはなかった。モーツアルトだって誰だって。
>多くの天才が貧しく喘ぐ時代に、こんなにも美しく贅沢な音楽が溢れる・・・。

いいえ、バッハはそれでも苦労したでしょう。だって生前は、ほとんど注目されなかった人です。作曲家と言うよりはオルガンの名手としてのほうが有名、カール・フィリップの父親として知られたというくらいですから。楽譜も殆ど売れてませんから収入はなし。
彼を世に出したのはメンデルスゾーンですから約100年間忘れられた人だったんです。

著作権は楽譜出版と共に発達しました。これを最初に行使した人物はハイドンです。自分の楽譜の海賊版の出版に嫌気がさして色々手を打ってます。これがベートベンの頃確立されます。
だからベートーベンはそれ以前と違って書きたいものかけたという点で凄い恵まれた人なのです。

あとバッハの6000曲といいますが作品番号は1080まで、結構偽作があります。その上、バッハ自身、相当自作の使い回しをしています。それでもバッハの功績は否定できません。小生も大好きです。
というよりバッハを超えた人はいないと思ってますから。
これはある意味悲劇だった気がします。
  1. 2011-11-29 11:11
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>>貧困
>
>バッハは生涯に6000曲くらい作曲したそうですが、著作権が確立した時代なら、お金に苦労することはなかった。モーツアルトだって誰だって。
>多くの天才が貧しく喘ぐ時代に、こんなにも美しく贅沢な音楽が溢れる・・・。

 バッハは聖トマス教会の楽長でした。 これはちゃんとした定職ですから、当時の音楽家としては恵まれた地位だと思います。

 しかし律義者の子沢山を地で行ったから大変だったでしょうね。

 モーツアルトは無計画に散財したのが悪いので結構稼いでいたのでしょう。
 
 ウィーンのモーツアルトの家に行きましたが、ウィーンの一等地、シュテファン大聖堂のすぐ側の建物の2階全部を占める贅沢さでした。

 ヨーロッパの都市は全部集合住宅なのですが、モーツアルトの時代は、一階は馬車を入れるガレージとして使われます。

 エレベーターも水道もガスもない時代なので、二階から上は高い所程安いのです。

 ところがモーツアルト家は二階全部、200坪以上ありそうな広さです。

 こんな所に住んでいる人が貧困ではあり得ないのです。
  1. 2011-11-29 11:33
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん

このご指摘は凄い!
そして100年間無名の人だったというのも凄い。
同時代の婆さんがバッハの曲を聴き、なんて下品な、と漏らした話がありますがそんな程度だったのか、人の耳は当てになりません。
バッハの作曲の使いまわしは聞いていてその通りです。「あ、またやってる!」と思いますから。
  1. 2011-11-29 11:35
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する