fc2ブログ

2024-03-30 13:33

なぜお弁当にしないか? イスラム

 昨日、イスラム教徒の子供の学校給食の件について、エントリー(だったら食べるな!!)をしたら沢山のコメントを頂きました。
 これは以下の記事を元にしたエントリーですが、実はイスラム教徒の子供がイスラム教の戒律の為に給食を食べられないと言う話は、過去に何度も、他の新聞でも取り上げられていました
 

 で、この件をエントリーしたところ、頂いたコメントの中に「お弁当にすればよい」と言うのがありました。
 親がイスラム弁当を作って子供に持たせれば済む事です。
 アレルギーなどで給食を食べられない子なども、親がお弁当を持たせています。 だから給食を食べられない子がお弁当を持って来る事は、全然問題はないでしょう。
 実際、イスラム教徒の中には子供にお弁当を持たせている親も結構いるようです。

IMG_6914.jpg

 それではなぜこの西日本新聞の親子は、お弁当にしないのでしょうか?
 それで思い出したのが「サブウェイ」です。
 「サブウェイ」はイギリスとアイルランドで1500店の店舗を展開して販売しているのですが、2018年イスラム教徒の抗議で185店舗から豚肉製品を排除しました。
 
 この「サブウェイ」のサンドイッチは具材の種類が多く、客が自由に具材を選んでサンドイッチを作ってもらえるのが人気でした。
 だから豚肉を食べたくない人は、ハムやソーセージなど豚肉素材の具材を避けて、スモークサーモンや玉子、ローストビーフやパラミストビーフでも選べばよいはずです。
 豚肉を外しても具材は他にも沢山あるのですから、イスラム教徒にとっても何も不都合はないはずです。

 ところがイスラム教徒達は「サブウェイ」に抗議を続けて、185店舗から豚肉素材の具材を全て撤去させたのです。
 そ、それだとハムやソーセージの好きなイスラム教徒以外の客は困るし、店も困るじゃないですか? 
 しかし実はイスラム教の教理からは、「サブウェイ」だけでなく、全ての食品店から豚肉を撤去させるのが正しいのです。

 日本人の感覚だと「イスラム教徒がイスラム教の戒律を守るのは自由だけれど、イスラム教徒以外には関係ないだろう?」と思います。 西欧人もそう思っていたようです。
 キリスト教の修道士や仏教の修行僧などには、非常に厳しい戒律を守っている人達がいますが、それはあくまでその人達だけの話で、一般信者には関係ありません。 ましてキリスト教徒でも仏教徒でもない人達に仏教やキリスト教の戒律を押し付けるなんて想像もしません。

IMG_6915.jpg

 しかしイスラム教ではイスラム教の教理だけが全人類で唯一絶対の真理です。
 だからイスラム教の教理で禁じられている事は、全ての人類に禁じられている事になるのです。 
 イスラム教の教理で豚を食べてイケナイのですから、全人類が豚を食べてはイケナイのです。
 「イヤ、ウチは浄土真宗だから。とか「ウチは西野開拓以来、西野神社の氏子だから」とか言っても関係ないのです。
 
 だからイスラム教徒からすれば「サブウェイ」は185店舗だけでなく、全店舗1500店全てから豚肉素材の食材を撤去するべきだし、また日本の学校給食からも豚肉その他、イスラム教で禁じられている食材は全て排除するべきだと言う事になります。
 
 これがイスラム教の教理の本質ですから「子供にお弁当を持たせてれば」よいなどと言う事にはならないのです。
 勿論イスラム教徒の中にも、自分の信仰で回り人達を困らせてはイケナイ、他の人の信仰や価値観も尊重するべきだと思って、子供にお弁当を持たせている人達もいます。
 
 しかしイスラム教の教理その物から言えば、正しいのは「給食に豚肉を出すな!!」「店に豚肉を置くな!!」とゴネる方です。
 イスラム教ではこうやって頑張ってイスラム教の教理を異教徒に強要する事も「ジハード」です。 そしてこのような「ジハード」もまたイスラム教徒の義務なのです。

IMG_6919.jpg

 実はワタシはこの話は2018年にエントリーしています。


 ワタシはこの時に「サブウェイ」の話を知り、また飯山陽博士の「イスラム教の教理」を読んで、その内容が見事にこの「サブウェイ」の事件の顛末と見事に整合するので、エントリーしたのです。
 実はワタシは「遠い国」「遥かな国」の話を読むのが好きなので、イスラム圏の旅行記や滞在記を結構読んでいました。
 飯山博士は「イスラム教再考」で日本でイスラム教について書かれた本のうち新書版の物をいくつか紹介しておられますが、ワタシは何とこの新書版の本はすべて読んでいたのです。
 それでワタシはこれらの新書版から「イスラムは平和な宗教」「イスラムは寛容」と言うイメージを持っていたのです。

 しかし2000年前後から、これが何だか違うのではないかと思えてきました。
 911を皮切りに頻発したイスラム原理主義者によるテロも勿論ですが、ヨーロッパでのイスラム移民の行状、そしてまだ少数ではありますが、日本に入り込んだイスラム移民を見ても「イスラムは平和な宗教」「イスラムは寛容」などと言う話とは全然つじつまが合わないのです。 
 そのような中で飯山博士に「イスラム教の教理」を読むと、見事に話のつじつまが合うのです。

IMG_6921.jpg

 イヤイヤ、イスラム教は平和な宗教ではないし、寛容でもありません。
 イスラム教が平和だと寛容だとか思われていたのは、コーランやイスラム法などイスラム教の教理が7世紀のメッカ周辺のアラビア語で書かれていて、一般イスラム教徒は殆どその内容を知らなかったからです。
 イスラム教徒の殆んどが、教理その物には関心はなく、また知る方法もなく、冠婚葬祭やお祭りやお祈りなどをイスラム教の形式でこなす事だけで満足していたのです。
 これなら狂信とは全く無縁です。
 これなら教理に関係なく異教徒とも平和に寛容に付き合えたのです。

 実は飯山博士が「イスラム教再考」で紹介し、ワタシも読んだ事のあるイスラム紹介の新書版が書かれたのは70~90年代です。
 この時代はイスラム諸国もまだ進学率も低く、大卒者も僅少でした。
 
 しかしイスラム圏も高学歴化するとともに、コーランやイスラム法などの原典を読める人が増え、またインターネットの発達で、こうした原典の解説がアラビア語のできないイスラム教徒達にも広く知られるようになりました。
 それでイスラム教の教理を理解し、実践しようとする人達が激増したのです。
 イスラム教の中身は変わっていないのですが、しかしその中身を理解し実践する人間が増えた事で、イスラム教徒の質が激変したのです。

IMG_6924_20240330133612b42.jpg

 そしてコーランやイスラム法は、イスラム教が成立してから数十年内、つまりイスラム教による征服戦争「ジハード」が行われている間に成立しています。
 だからその当時の戦闘的で攻撃的な内容がそのままになっているのです。
 これが一般の法律や憲法なら、時代と共に修正できますが、しかし宗教の聖典ですから、幾ら時代が変わり社会が変わっても改正なんかできません。

 だからコーランやイスラム法にはジハードの奨励だけなく、奴隷制度や小児性愛の肯定など、現代の日本社会では到底容認できない内容も多数含まれています。
 しかしイスラム教の教理では、信者はこうした内容も含めて全て聖典に書かれた事を字義通りに実践しなければならないのです。
 そしてその教理が信者に「ジハードによる世界征服」を要求しているのです。 

 アッラーが唯一絶対の神であり、その神の教えだけが唯一絶対の真理なのだから、人類は全てその真理に従う義務がある。
 従わない人間は武力で征服するべきである。
 イスラム教による世界征服はイスラム教徒の義務である。

 これがイスラム教徒の教理の基本だったのです。
 それが一般のイスラム教徒に知られたので、実際にテロと言う形で、異教徒と戦う人達が出てきたのです。

IMG_6926.jpg

 それにしてもこれだと非イスラムとの妥協や共存は絶対不可能です。
 岸田内閣は「共生」とか「多様性」とかを国民に強制する事で移民を受け入れさせる心算です。

 でも「共生」って共に生きる、つまりお互いに相手を思いやり、譲り合って仲良く生きる事でしょう?
 しかしイスラム教の教理を見る限り、日本の伝統や日本人の大切にしている宗教を尊重する気はありません。 と言うかそもそもイスラム教の教理では神道や仏教のような多神教は、邪教その物なので、完全に殲滅しなけれなならないのです。
 自分の信仰や伝統を殲滅する気の人間と「共生」できますか?

 「多様性」と言うは、人がそれぞれ違う価値観や理念や信仰を尊重し合う事で生まれるのでしょう?
 でもイスラム教は他の宗教やイデオロギーは一切認めません。
 イスラム教だけが唯一絶対に正しい価値観、正しい信仰なのです。
 また同性愛は禁じています。 現在イスラム諸国の多くが同性愛に刑事罰を科しています。
 こういう宗教の人達が「多様性」を尊重するのでしょうか?
 マジに岸田首相に聞いてみたいです。

IMG_6929.jpg

 因みにイスラム教徒が給食に文句を言うのには利権も絡んでいます。
 給食からイスラム教の禁忌食材を排除すると言っても、普通の日本人の栄養士などには判断のつかない場合が多数あります。
 栄養士の方が必死に勉強して、ハラル給食を作っても、イスラム教の教導師(ウラマー)からダメだしされたら終わりです。 
 だからハラル給食採用になると、結局イスラム教徒の業者に委託する事になるのです。 
 これで給食がイスラム利権になるのです。
 だから頑張るイスラム教徒がいるんでしょう。

  1. イスラム
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2024-03-29 13:16

だったら食べるな!! イスラム

 またイスラム教徒がゴネています。
 それを必死で擁護するのが日本の新聞です。

2024年3月24日 西日本新聞

「限られた予算や人手でも」熊本市では献立表で工夫

 この記事はここから先は有料で、これ以上読めません。 しかし読む意味もないと思います。
 しかし根源的な疑問ですが、何でイスラム教徒の子供が宗教上の理由で給食を食べない事で、何で学校現場が苦悩しなくてはならないのでしょうか?

2024y03m24d_111954674.jpg

 宗教で食事制限をするのはイスラム教だけではありません。
 ヒンズー教の上位カーストはベジタリアン、乳製品は食べるけれど肉は食べません。
 さらにカーストの違う人間と一緒に食事をする事はできません。

 ジャイナ教も厳格な殺生禁止から、肉や魚は食べません。

 ユダヤ教は宗派によりますが、厳格に戒律を守る宗派の場合、食事の戒律が厳しく、食肉用の家畜は宗教上の儀式に乗っ取って屠殺し、血を完全に洗い流すなど、日本で流通している食肉とは全く違う処理した食肉しか食べません。
 だから日本では殆ど食べられる物がありません。 

 イスラム教は豚肉や酒の禁止が有名ですが、しかし実は鱗のない魚など、魚介類にも様々な制限があります。
 
 しかしイスラム教の子供の為に給食の献立を配慮するきなら、当然こうしたイスラム以外の宗教の子供の給食だって配慮するべきと言う事になります。
 でもこんなこと現実的にできるんでしょうか?

IMG_6879.jpg

 それ以前にイスラム教が豚肉禁止だから給食から豚肉や酒をはずすなんて事をしたら、給食を通じて子供達に日本のそして郷土の食文化を伝えると言う事ができなくなります。
 給食には子供達に郷土の食文化を伝えると言う役割もあって、だから多くの地域で特産品を使った料理や郷土料理を出したりしています。 
 それで凄い高級食材を使ったメニューになる事もあります。

 でもこれは子供達も楽しみにしているし、食材を提供する地元の業者の喜びでもあるのです。
 郷土の食文化ってこうやって守るのです。
 だから地域の人々もこうした贅沢な給食に誰も反対しないのです。 

 しかしイスラム教のような外来宗教の子供に配慮したら、地元の食文化を伝えるなんて事ができなくなりますが、それは良いのでしょうか?
 因みに小中学校の給食ですから酒その物が出る事はありませんが、しかし煮物、煮つけ、つくだ煮などには必ず酒と味醂が使われます。 味醂も一般の日本酒並にアルコールを含んでいてる「酒」です。
 イスラム教徒の子供がいるからと、酒も味醂も使わない煮物や魚の煮つけを出すんですか?
 こんなことをしたら、食文化どころじゃないです。

IMG_6884.jpg

 そしてイスラム教徒の子供がいるから、給食に豚肉を使わないとなったら、地元の養豚業者や食肉業者はどうなるのでしょうか?
 少なからぬ打撃でしょう?
 
 しかしそれ以前にイスラム教の豚肉禁止って、養豚業者やとんかつ屋など、日本の豚肉関係の仕事をする人達への差別ではありませんか?
 イスラム教が豚肉を禁止するのは、ムハンマドが豚肉を「不浄」としたからです。
 アレルギーや好き嫌いで豚肉を食べないのは仕方ないです。
 でも「不浄」と言うのは、一生懸命豚を育てた人達、豚肉を使って美味しい料理を作った人達の人格を完全に否定しています。
 
 それでも個人でヘンなカルトに嵌った人間が、そう思うのは仕方ないです。
 しかしそのカルト信仰を理由に、子供達の給食から豚肉を外すとなったら、これは学校や学校を運営する自治体が、養豚業者など豚肉に関わる職業の人々を「不浄」と決めたのと同様ではありませんか?
 これは自治体や学校による組織的社会的差別です。
 こんなことが許されて良いのでしょうか?

 北九州の小学校にはイスラム教徒の子供もいるけれど、同様に養豚業者や肉屋、トンカツや豚骨ラーメンなど豚肉を使った料理を出す飲食店の子供もいます。
 その子供達はどう思うのでしょうか?
 「オマエの親は不浄なモノを作っている」
 「オマエの親の作ったモノは不浄だから、給食に出さない」
 こんなことを言われて、子供達が傷つかないのでしょうか?

IMG_6891.jpg

 現在日本では差別禁止が絶対正義ですから、「学校給食でイスラム教徒の子供に配慮しないのは差別だ!!」と言う事にしたい人達が沢山いるのでしょう。
 だからこんな新聞記事もでるのです。 
 だったら食肉業者、養豚業者、トンカツ屋、豚骨ラーメン屋を「不浄」と差別するのは良いのでしょうか?

 そもそも差別禁止が絶対正義と言う人達が、イスラム教を擁護するのは何とも奇妙な話です。
 なぜならイスラム教と言うのは非常に差別的な宗教だからです。
 「女は男の半分」など女性差別も酷いし、ユダヤ教徒やキリスト教徒に対しても厳然とした差別があります。
 イスラム教ではこれらの差別が「イスラム法」と言う形で、法として逐一厳格に規定されているのです。
 尤もそれでもユダヤ教徒やキリスト教徒はイスラム教徒に支配されるべき二級市民としての生存権だけは認められますが、仏教や神道のような多神教徒は、そもそも人間として生存権さへ認めていません。 

 つまりイスラム教徒からすれば、我々一般日本人は人間としての生存権さへ認める価値のない存在なのです。
 だから外来の宗教を信仰しながら、外国から来ておきながら、日本人の側に「自分達の宗教にあわせてお前たちの食習慣を変えろ」などと要求できるのです。
  
 こんな連中をマトモに相手にするべきではありません。
 そもそもイスラム教徒の子供は日本の学校にくるべきじゃないです。
 イスラム教の教理では、異教徒との親交は禁じています。
 イスラム教徒の教理によれば、イスラム教徒の子供は仏教徒や神道の子供とは一緒に遊んではいけないし、勿論友達になってもいけないのです。
 これじゃかわいそうでしょう?

IMG_6893.jpg

 しかし今後移民を入れると、イスラム教徒も多数入ってくるでしょう。
 その場合、日本人側もイスラム教の差別的・攻撃的な本質を理解した上で対応するしかありません。 
 そうしないと日本伝統文化を破壊されてしまいます。
 
 そもそもイスラム教ではイスラム教だけが唯一の真理であり、イスラム教以外の宗教は邪教なのです。
 だから邪教の神殿を破壊したり、邪教徒を殺したりするのは正義です。
 911以降世界中でイスラム教徒によるテロが問題になりましたが、しかしあればイスラム教の教理から言えば完全に正しいのです。
 だからハマス始め多くのイスラム原理主義テロ組織には、多くのイスラム教徒から多額の「寄進」があるのです。

 移民を入れると言うのは、こうしたイスラム教徒を大量に抱え込む事ですから、日本人が日本を守る為には相応の覚悟と対応が必要なのです。

IMG_6898.jpg
 
 最後にオマケですが、豚肉禁止、酒禁止のような食品に関する禁忌を戒律に加えるって、カルト宗教の信者囲い込みには極めて有効な方法です。
 
 飲食を共にする事は人間関係を作ったり維持したりするのに非常に有効な手段なのですが、特定の食品を禁忌にする事で、カルト団体以外の人間との交流を断つ事ができます。
 またこの給食騒動をやっている親子のように、食品禁忌を持ち出して騒ぐ事で、敢えてカルト団体外と諍いを起こし、これを梃にカルト団体内の結束を強める役に立ちます。
 そして一定数の人間が集団で騒いでカルト外の側を譲歩に追い込めば、益々カルト団体側が力を得ます。

 イスラム教の巧妙さは、この食品禁忌を豚肉と酒など一部の食品に限定した事です。 あまり食品禁忌が厳しいと、入信を躊躇う人間が多くなります。
 だから豚肉など特定の食品と、酒と言う人間関係の潤滑油の役割を果たす物だけを排除する事で、それほど入信のハードルにはならず、しかし非イスラムとの交流には十分な妨げになる禁忌にしたのです。

IMG_6908.jpg 

 イスラム教はムハンマドがユダヤ教やキリスト教を元にして、全く個人で創設した宗教です。
 彼はこの教祖になる事で、信者を絶対的に支配しました。
 信者による軍隊を組織し、アラビア半島を征服し、彼が「神」の言葉を伝える預言者として絶対的な支配者となる国家を作り上げました。 国家だから政府があり、軍隊があり、そして法があるのです。
 一方、絶対支配者となったムハンマドは男性としての欲望は全開で、多数の美女を侍らせていました。 友人の娘である10歳の少女と結婚し、初潮もないこの少女と性交渉をしています。
 だからイスラム教では未成年の女性との性交渉は禁止されていません。

 これってつまり麻原彰晃がやりたかった事を全部実現したってことでしょう?
 カルトの教祖としての欲望は、麻原彰晃と同じだったけれど、才能が段違いに優れていたので、ムハンマドのカルトは今も世界でその勢力を伸ばそうとしているのです。

 
 
 

  1. イスラム
  2. TB(0)
  3. CM(32)

2024-03-28 12:51

大林ミカ氏のマイナンバーカードは?

 内閣府有識者会議「再エネタスクフォース」に提出された資料に中国国営企業「中国国家電網」のロゴが入っていました。
 この資料は再エネタスクフォースのメンバーである大林ミカ氏が提出した物です。
 
 大林ミカ氏は自然エネルギー財団の事務局長であった事から、自然エネルギー財団がこの問題について説明しています。

 再エネタスクフォース会議資料等でのロゴ表示問題について
 2024年3月26日 自然エネルギー財団

 この説明によるとこの資料は2016年、自然エネルギー財団がソウルで主催した「国際送電網ワークショップ」で、中国国家送電網が提出した物でした。
 大林ミカ氏はこの中国国家送電網の中国語を日本語に変え、中国国家送電網のロゴは消去した心算だったのですが、しかしロゴはそのまま残り表示されてしまったのです。 
 つまり大林氏は中国国家送電網が作った資料をそのまま日本語に翻訳しただけで、日本政府の再エネタスクフォースに提出していたのです。

 大林氏が日本政府の再エネタスクフォースに提出した中国国家送電網の資料の本体はこれです。
2024y03m28d_114625908.jpg
 そしてこれをそのまま日本語訳して再エネタスクフォースに提出したのです。

2024y03m28d_114635814.jpg
 これは中国政府が企てている国際送電網です。 
 中国政府はアジア諸国と中国を繋ぐ電力供給網を作ろうとしているのです。 そして日本でそれを推進しているのが、大林ミカ氏が事務局長を務める自然エネルギー財団なのです。
  
 なるほどね。 そう言えばこの図の日本を取り巻く辺りには記憶があります。

2024y03m28d_120918705.jpg

 これ、実は東日本大震災の少し後、孫正義等が提唱したアジアスーパーグリッド構想です。
 名目は日本・韓国・中国・ロシアを電線で繋ぎ、国際的に送電すれば災害時などにも電力の安定供給が可能で、災害時などにも有利と言う事です。
 けれども少し考えてもわかりますが、マトモに電力の安定供給のできない韓国や、人口希薄地であるロシアの極東なんかとの電力相互供給体制なんてそもそも意味がありません。 
 しかも韓国・中国・ロシアは全て日本の仮想敵国なのですから、安全保障上全くナンセンスなのです。

 因みに大林ミカ氏の自然エネルギー財団を設立したの孫正義です。 
 そして大林ミカ氏がこの資料を得た2016年のソウルで主催した「国際送電ワークショップ」には中国国家送電網だけでなく、韓国電力公社、日本創生会議が参加していました。
 つまり中国と韓国、そして日本創生会議と、主催者の自然エネルギー財団・孫正義がこのアジアスーパーグリッド構想を推進していたのです。
 そしてその自然エネルギー財団の事務局長大林ミカ氏が、日本政府の再エネタスクフォースのメンバーに入って、日本政府にアジア・スーパーグリッド構想を実現させようと働いていたわけです。

 それにしてもこの大林ミカ氏とは何者でしょう?
 この人は有識者として日本政府の再エネタスクフォースのメンバーになり、このほか経産省などの諮問会議にも加わっているのですが、しかし最終学歴も不明です。
 それどころか「外国人だから住基ネットに記載がない。」と言う説まであります。
 しかしさすがにこの説は間違いです。
 
 外国人でも世紀滞在なら住基ネットに記載されます。 だから住民票もあるし、マイナンバーもあり、マイナンバーカードを作る事もできます。 
 だったら政府はこの人を再エネタスクフォースのメンバーに加えた時に、マイナンバーカードを確認しなかったのでしょうか?
 実はこの大林ミカ氏を再エネタスクフォースのメンバーに推薦したのは、他ならぬ河野太郎です。
 
 河野太郎大臣は今回、この件についての国会質問では「管轄外」を連発しているんですが、だったら政府の融資者会議や諮問会議に民間人を採用するときは、マイナンバーカードを確認しているかはどうなのでしょうか?
 マイナンバーカードは河野太郎の管轄でしょう?
 
 それにしても「自然エネルギー」とか「環境活動家」ってホントに奇妙ですね。
 環境や自然が大事なら、森林を切り開いてのメガソーラーなどは絶対に許せないはずです。 森林破壊は生体系を壊滅させます。 
 ところが彼等はひたすらこれを推進するのです。
 そしてその一方で国際送電網のように安全保障上、極めて危険な計画も推進しているのです。
 
 更に原発には徹底的に反対します。
 なるほど原発事故は怖いですが、しかし福島第一原発事故でわかりましたが、老朽化した原発が千年に一度の地震に遭っても、事故対応を誤らなければ被害は極めて限定的だったのです。
 そして二酸化炭素の排出などの問題は全く起きません。
 だったら二酸化炭素対応は原発でいいじゃないですか?
 でも彼等は大反対なのです。

 これで利益を得るのは誰ですか?
 これって完全に中国のスパイじゃないですか?

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(11)

2024-03-27 12:17

小池ゆり子国家賠償訴訟敗訴 

 小池ゆり子が国家賠償訴訟で敗訴しました。
 この国家賠償訴訟の原告は暇空茜さんで、訴訟の理由は暇空さんが開示請求をした資料の開示を東京都が拒否した事です。



 暇空さんは昨年夏頃から、京都若年女性支援事業と東京都DV交付金について、毎月新しい書類が出る毎に開示請求をしてきました。
 これは現在暇空さんがこの二つの事業に関わるNPOへの東京都委託事業について住民監査請求を行っており、それについての発信も行っているからです。

 ところが7月にこの開示請求をしたところ、若年女性支援事業の委託に関する書類の開示を拒否されました。
 東京都側の不開示理由は「開示すると都民に不安を与える」としました。
 しかし実はこの事業の委託先NPOの選定既に決まり、5月19日には都民に公開されていたのです。

 既に都民の公開した事柄について「開示すると都民に不安を与える」と言う理由で、開示請求を拒否するのは違法です。
 そこで暇空弁護団が、この書類の非開示について国家賠償訴訟を提案したのです。

 ところで国家賠償訴訟とは何でしょうか?
 公務員が職務上国民に損害を与えた場合、被害者の国民が賠償請求を行う権利があるのです。 
 この賠償請求の訴訟が国家賠償訴訟です。

 そこで暇空さんは都庁が暇空さんが7月に開示請求した資料の開示を拒否した事により「損害」を受けたとして、東京都を提訴し30万円の損害賠償請求をしたのです。

 その国家賠償訴訟が昨日結審し、暇空茜さんの完全勝利になりました。



 今回は暇空さんが動画で判決文を全文解説しています。
 この裁判では、東京都側は非開示理由について、実にいろいろと理由にならない理由を挙げて抵抗したのですが、しかし裁判長はこの全てを完全に否定しました。
 但しこの勝訴で暇空さんが得られる賠償金は1万円です。
 
 何それ?
 たった一万円?
 
 国家賠償訴訟での原告勝訴はこれまで10件もなく、賠償額も殆どが1~10万円です。 だからこれまでの判例に倣えば賠償金の金額は仕方ないですね。

 しかし判決文では裁判長はこれまで東京都側があげてきた不開示理由を悉く否定しました。
 つまりこの判決が判例になり、今後と東京都はこの手の理由を挙げて開示拒否をできなくなったのです。
 これが直接影響するのは、暇空さんが現在行っている情報開示訴訟です。
 
 暇空さんがColaboの住民監査請求した時から、東京都は情報隠蔽をやりまくっていました。 暇空さんが開示請求した資料の殆どが黒塗りになっていました。
 Colaboの欽定や組織図まで黒塗りでした。
 そこで暇空さんはこれらの住民監査請求訴訟とは別に、これらの情報開示請求訴訟もしていたのです。

 一般住民が自治体を相手に訴訟するのに、正確な情報がなければ戦えません。
 そして一般住民が自身の税金の使い道、自分の住む自治体の行政を監視する手段がなければ、民主主義など意味を持ちません。
 つまり民主主義にとって情報開示は非常に重要なのです。
 だから小池ゆり子が首班である都民ファーストも、公約で「のり弁ゼロ」を掲げていたはずです。
 しかし暇空さんがColaboの住民監査請求をして分かった事は、東京都側はこうした都の委託事業についての情報を必死に隠蔽していると言う事でした。

 そしてこの隠蔽は住民訴訟が進むにつれて、益々酷くなりました。
 

 何と暇空さんが開示請求し開示された令和5年度東京都DV交付金の公文書が、全て真っ白だったのです。 
 小池ゆり子は黒塗りを止めたのですが、しかし代わりに白塗りにしたのです。
 
 そこで暇空は東京都に対して情報開示を求めて東京都を提訴してたのです。 この情報開示訴訟では東京都側は実は今回の国家賠償訴訟と同様の反論をしています。
 そのような状況で国家賠償訴訟で東京都の言い分が全否定されたのです。 だからこれは暇空さんの情報開示訴訟勝利への大きな一歩になります。 
 さらに言えば、東京都に限らず他の自治体も今後このような情報開示の拒否が難しくなります。
 賠償金はたった一万円でも、国民の権利を守る為には、大変な勝利なのです。

 大変驚くのは、新聞テレビが一切これを報道していない事です。
 本来なら国家賠償訴訟提訴自体が大ニュースのはずだし、まして東京都敗訴となれば猶更です。
 賠償額は少なくとも国民の「知る権利」に関する極めて重要な訴訟なのですから、原告個人の問題ではなく、全て国民に関わる問題、極めて公共性の高い問題なのです。
 だから公共放送であるNHKにはこの問題を報道する義務があります。

 ところがNHKは完全にColabo擁護に回り、暇空さんを誹謗中傷する報道まで画策しました。
 こうした状況を見ると、NPOと公金使用について恐ろしく深い闇が広がっているとしか思えません。 

  1. 公金チューチュー
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2024-03-26 13:07

70の春

 昨日も午後から自転車で散歩に行きました。
 久しぶりに西野神社に参拝し、更にその上の方へと進みました。

IMG_6971_20240326121554ddb.jpg

 西野神社は我が家より大分標高が高く、更にそのまま進むと標高は更に高くなります。 
 標高が高ければ気温もその分低く、道に残る雪も多いと思われました。

IMG_6972.jpg

 しかし実際に走ってみると、道の上の雪の残り具合は標高よりも、それまでの除雪と日当たりに寄る事がわかりました。
 西野神社から上に向かう道は、素晴らしく日当たりが良いのか、殆ど綺麗に乾いていました。

IMG_6975.jpg

 公園や河原、また屋根の上などの雪は、まだまだ随分と深いです。
 だからお気に入りの遊歩道を走れるのはまだまだ大分先になります。

IMG_6978_20240326123421583.jpg

 それで道路をドンドン進んで、雪捨て場の辺りにまでたどり着きました。
 ここは冬中、ダンプカーが市内の雪をドンドン運び込んで積んでおく所です。

IMG_6980_202403261238011b0.jpg

 だから凄い雪の山になっています。
 ここの雪が消えるのは7月以降です。

IMG_6987_20240326131758e90.jpg

 この日は快晴で、太陽の光が力強く、世界がすっかり明るくなりました。
 けれども風が冷たくて閉口しました。

IMG_6982.jpg
 
 イヤ、風が冷たいわけじゃないのです。
 自転車で走るから寒いのです。

IMG_6989.jpg

 風速が1m上がるごとに、体感温度は1℃下がると言うのに、自転車で時速15キロで走りました。
 秒速なら4mに相当しますから、その分寒いのは仕方ないです。

IMG_6990.jpg

 結局寒さに参って、5時前に帰宅しました。
 この頃はすっかり日が長くなり、日没までまだ一時間もあるのに・・・・。

IMG_6995.jpg

 帰宅すると郵便受けに保険会社から手紙が来ていました。
 そろそろ自転車保険の更新になるので、その報せかと思いました。

IMG_6999.jpg

 しかし何と「ご契約者様は70歳以上になるので、保険の更新はできません。」との報せでした。
 ワタシが入っている自転車保険はセブンイレブンから申し込めるんですが「70以上お断り」だったのです。

IMG_7000.jpg

 あ、あんまりだ!!!!
 去年、新しい自転車を買ったばかりなのに!!!!

IMG_7003_20240326124847b54.jpg

 仕方なく70歳以上で入れる保険を探して其方に加入する事にしました。 
 これはネットから加入手続きができる上に、料金も少し安くなります。
 ラッキー!!

IMG_7005.jpg

 ところがネットから申し込もうとすると、なぜメールボックスが上手く開かず、申し込みサイトを開けません。
 結局スマホからアクセスして何とか加入契約を済ませました。

IMG_7007.jpg

 ワタシは目が悪いので、スマホの小さな字を読んでの契約は辛いのですが、しかし何とか頑張りました。
 そして契約書をダウロードして、アカーキー・アカーキーウェッジ、つまり我が家のプリンターでダウンロードする事ができました。

IMG_7008.jpg

 アカーキー・アカーキーウェッジは実は1月にトラブルを起こしました。 一月にワタシの証券口座の年間損益計算書を印刷しようとしたら、インク切れとか紙切れとかで印刷を拒否し、それでワタシがインクや紙を買ってきた補充したら、今度は「エラー」が出てそれっきり動かなくなっていたのです。
 だからもう使えないと思ったのですが、しかし今回はスマホからは一発で印字できました。
 一体何の気まぐれでしょうか?
 ともかく70の春なんてこんなモノです。
 
  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2024-03-25 11:47

色ボケ老人と言論の自由について 

 東京大学池内恵教授がジャーナリスト長谷川幸洋氏を名誉棄損で告訴しまいた。
 この告訴の話は実は数か月前から出てたそうですが、先日長谷川氏がこのことを明かしました。


 
 長谷川氏の言動の何がどのように池内教授を名誉を棄損したか?と言う点については、今後の裁判に関わる事なので明確には言えないとの事です。
 しかし上の動画での長谷川氏の弁によると、長谷川氏が自身のyou tubeチャンネルに、飯山陽博士を招いて話た内容が問題である事は間違いないようです。

 実はワタシも池内教授の長谷川氏告訴のニュースを知った時、直ぐに「これ?」と思ったのが、飯山博士との対談動画です。 
 長谷川氏は飯山博士を非常に高く評価していたので、自身のチャンネルに招いて対談したのですが、この最初の対談の内容は、現在の日本のイスラム学会の問題と外務省の中東政策の問題、そして池内教授の主催するシンクタンクと外務省の関係の問題でした。



 池内教授は自身の所属する東大先端研究所でロールズと言うシンクタンクを主催しているのですが、ここに外務省が3年間で6億円の補助金を出しているのです。
 しかし飯山博士はこのシンクタンクの活動内容は、結局外務省の外交政策の提灯持ち、大学教授や元朝日新聞記者、そして元外務官僚などが集まって「専門家」として、外務省の外交政策をヨイショする事だと言うのです。
 それだけの為に6億もの公金をチューチューし、克は日本の外交政策を歪めていると言うのです。

 この話は飯山博士が前々から自身のyou tubeチャンネルでも散々に言ってきた事です。
 長谷川氏はこの話に興味を持ったので、飯山博士を自身のチャンネルに招待して、話題にしたのです。
 だからこの対話では主に飯山博士がこの問題を説明し、長谷川氏はそれに相槌を打つ、或いは質問をするするばかりです。

 対談の内容に池内教授が憤るのは当然でしょう。
 飯山博士の池内教授のシンクタンクへの評価を「誹謗中傷」「名誉棄損」と受け取る事もあり得るでしょう。
 しかしこの対談の内容と、それまでの飯山博士の発言からすれば、池内教授が告訴すべきは長谷川氏ではなく飯山博士でしょう?

 そもそも長谷川氏は保守系のジャーナリストとしては著名人ですが、しかし中東専門家ではなく自身で日本の中東外交や、まして日本の中東研究の問題などについて発言した事はありません。
 つまり飯山博士と対談しなければ、長谷川氏の池内教授には一切接点がないのです。
 飯山博士ともこの対談以前は全く面識はなかったようです。
 勿論、池内教授について言及した事もありません。

 一方、飯山博士はイスラム学で東大大学院で博士号を得た人で、池内教授の後輩に当たります。
 二人は同じイスラム研究者として、日本のイスラム研究、日本の中東外交、そして池内教授のシンクタンクへの補助金への評価を巡って対立しているのです。
 飯山博士はイスラム専門家、中東専門家して、池内教授と日本の中東専門家の在り方を批判し続けていました。 
 そして更に池内教授のシンクタンクと外務省から補助金を批判していたのです。

 こういう経緯を考えると、池内教授が飯山博士の批判を許せないなら、そもそも飯山博士が長谷川氏のチャンネルに出演する以前に、飯山博士を告訴するべきだったでしょう?
 それなのに飯山博士を差し置いて長谷川氏告訴って何?
 チキン? 

 しかも長谷川・飯山対談アップの翌日、池内教授は自身のXアカウントに「飯山陽は誹謗中傷で情緒不安定な色ボケ老人を扇動しているユーチューバー」と書いたのです。
 これだとどう考えても「色ボケ老人」って長谷川氏の事ですよね?
 これこそ誹謗中傷じゃないですか?
 長谷川氏は色ボケ老人、飯山博士は色じかけで老人を誑かす扇動女と言うのですから、非常に悪質な高齢者差別、女性差別でもあります。

 実は池内教授はこれ以外にも、Xアカウントで飯山博士に対してこの手の超低レベルな誹謗中傷をやりまくっているのです。 
 ついでに元陸上自衛隊西部方面総監・小川清史氏にも訳の分からない喧嘩を売っています。
 東大教授としては、余りに見っともない話です。
 池内教授はこの大量ツィートでの飯山博士への誹謗中傷をやりまくったので、飯山博士を名誉棄損で告訴した場合、反訴されたら絶対絶命なのです。 だから飯山博士は告訴できないのかもしれません。
 
 それにどう見てもメンタルでは絶対に飯山博士に勝てそうにないのです。
 飯山博士は今回保守党から衆議院議員候補して東京15区から出馬しましたが、そこで驚くべき戦闘力を発揮しています。
 この人、虐められたり攻撃されたりしたら、それをエネルギーにして燃え上がるタイプで、恐ろしくメンタルが強いのす。
 だから東大大学院では担当教授に苛め抜かれても、絶対にくじけずに学位を取得したのです。

 ところが池内教授は学位取ってないんですよね。
 これって能力や知力の問題ではなく、メンタルの問題だったとおもうんですよ。
 ワタシは池内教授の本も読んだし、講演にも行った事があるんですが、この人は親の代から学者で、気弱な優男で、戦闘力なんか欠片もなさそうなのです。 だから到底飯山博士と戦えるようなタイプじゃないんです。

 飯山博士が相手だと怖くて正面から喧嘩は売れない、だからそのとばっちりが長谷川氏に行ってしまったのでは?と思うのです。 
 それ以前に「この人壊れちゃったのでは?」と心配になります。

 しかしとばっちりであっても何でも、長谷川氏は池内教授の提訴を受けて立ちます。
 だって長谷川氏が飯山博士との対談で批判したのは、あくまで外務省の補助金の使い方、日本のシンクタンクの在り方などであったので、池内教授個人への攻撃ではありません。
 こうした発言が「名誉棄損」訴訟で封殺されるのでは、ジャーナリズムなど成り立ちません。 
 そして言論の自由その物が崩壊します。  
 だから長谷川氏は断固この訴訟を受けて立つと言うのです。

 因みにこの提訴は何とも奇妙です。
 と言うのは池内教授は長谷川氏を提訴して、長谷川氏にもその訴状が届いているのですが、しかしなぜか池内教授はこの提訴の件を自分からは公していません。
 長谷川氏が自身のチャンネルで公表して初めて一般に知られる事になったのです。

 普通言論人をその言論活動に関して「名誉棄損訴訟」なんてやる場合は、提訴する方が公表して騒ぐんですけどね。
 これはワタシの憶測ですが、池内教授は回りに煽られて提訴した物の、内心では既にビビっているのでは?
 だから長谷川氏が徹底抗戦の構えを見せたら、それで降伏しちゃうような気もしています。
 だって池内教授メンタル弱いんだもの。

  1. 何じゃこりゃ??
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2024-03-24 12:03

自転車に乗る

 昨日の朝、歩道が雪で埋まって進めなくなる夢を見ました。 こんな夢を見たのは、一昨日自転車に乗ったからです。

IMG_6877.jpg

 ワタシは去年の11月に新しい自転車を買いましたが、その後半月ほどで根雪になりました。
 それでせっかくの新車は、ガレージにしまい込むしかありませんでした。

IMG_6880.jpg

 3月になってお日様の光がドンドン強くなり、気温も上がり始めました。
 どこの町内でも大排雪を行い、道の雪も一気に減りました。

IMG_6883.jpg

 だから直ぐにも自転車に乗れそうに思えました。
 ところが雪融けが進んで、道路が乾いくるとまた雪が降りました。

IMG_6889.jpg

 それでも雪が止むと、雪融けが進むのですが、しかしもう少しで「自転車!!」と言う所で、また雪が降ります。

IMG_6890.jpg

 これを3月の初めから3回ぐらい繰り返しました。 
 賽の河原です。

IMG_6899.jpg
 
 こうなると道は最悪です。
 2月には締まっていた雪は、グチャグチャになり歩道のあちこちに深い水たまりができてしまいました。

IMG_6904.jpg

 景色も最低です。
 早春は爽やかじゃないです。
 グチャグチャ泥んこです。

IMG_6905.jpg

 だから公園なんかには絶対に入れないので、散歩に出る気にもなれませんでした。
 買い物に出かけても、写真を撮る気もしませんでした。

IMG_6912.jpg

 それでも一昨日遂に自転車に乗れました。 
 道路の雪が全部なくなったわけじゃないけれども、それでも大方は消えたので、とりあえず目的地の耳鼻科医院までは行けると思ったのです。

IMG_6913.jpg

 歩道を走って雪が残っているのは、日当たりの悪い場所、歩道に面した建物の住民が除雪をしない場所です。

IMG_6918.jpg

 車道は真冬でも完全に除雪されているので、雪はもう完全に消えています。
 でも歩道の除雪は歩道に面した建物の住民に任されているので、その住民が除雪をしなければそのままです。

IMG_6924.jpg

 だから歩道は雪が完全に消えたところと、まだ真冬並みに殆ど全部残っている所がまだらになっています。
 歩道を走る時は、雪の残っている所は、自転車を降りたり、車道を走ったりしました。
 一昨日はそんな具合だったので、昨日の朝に雪で進めなくなる夢なんか見たのです。

IMG_6928.jpg

 けれども久々に自転車に乗るとやっぱり爽快でした。
 それに便利です。

IMG_6940_20240324115604d44.jpg

 それで昨日もまた自転車で出かけました。
 昨日は久しぶりに琴似商店街まで行ってみました。

IMG_6943.jpg

 それでも久々の琴似商店街は楽しかったです。 
 徒歩で琴似まで行くのは結構ハードなので、真冬の間は行けなかったのです。

IMG_6949_202403241156062c1.jpg

 琴似の八百屋は近所の激安店より一段と安かったのですが、一昨日激安店で色々買ったので昨日は何も買えませんでした。
 一昨日野菜を買い込んだのは、自転車なら荷物の重さを気にしないで良いので、嬉しくなって買ってしまったからです。

IMG_6951.jpg

 昨日琴似まで行くなら、一昨日近所で買う必要はなかったのです。
 愚かしい話です。

IMG_6955.jpg

 でもやっぱり久しぶりに自転車で遠出をするのは楽しかったです。
 そして今朝は小型のブルドーザーが広い空地を走っている夢を見ました。

IMG_6960.jpg

 これも春の夢です。
 なぜなら空地は黒々とした泥地で、雪は残っていなかったのですから。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2024-03-23 12:08

ウクライナ支援は犯罪??

 武田邦彦先生が不可解な事を言っています。
 アメリカのロシアへの経済制裁やウクライナへの武器支援は犯罪だと言うのです。



 アメリカのヌーランド補佐官と解任されたのですが、彼女は以前「ウクライナへの武器支援は、アメリカの軍需産業の利益だ」「経済制裁によりロシア経済を破壊しようとしたが、成功しなかった」と言っていました。
 
 武田先生はこれを「犯罪」だと言うのです。
 ウクライナへの武器支援については「アメリカの軍需産業の利益の為に、ウクライナ人を死なせる。」から犯罪だと言うのです。
 またロシアへの経済制裁については「他国の経済を破壊するのは犯罪だ。」と言うのです。

 では武田先生は中国が台湾や日本を攻撃した場合に、アメリカやその同盟国が日本や台湾に武器援助をしたらそれも犯罪だと言うのでしょうか?
 また現在アメリカが中心になって行っている経済的な中国包囲網も犯罪だと言うのでしょうか?

 現在、ウクライナ軍は守勢に回っているのですが、これは弾薬不足が原因です。 この戦争が思い他長引いている上、第一次世界大戦のような砲弾の撃ち合いになってしまい、アメリカなどNATO諸国が供給してきた弾薬が尽きてきたのです。
 最近になって漸くチェコが「発見した」砲弾が、前線に届き始めたので、状況は打開できると思いますが、こういうのを見ると砲弾の備蓄や生産って大事なのだと思います。

 しかし日本の場合「自衛隊は弾がないのが弾に傷」と言われているぐらいで砲弾の備蓄量は、NATO諸国やウクライナに比べても遥かに少ないのです。 
 本格的戦闘が続けば一か月でなくなる、或いは数日でなくなると言う説もあります。
 それでもこれまで本格的に砲弾の備蓄や生産が検討されてこなかったのは、中国軍が日本を攻撃しても、自衛隊が防戦を始めたら直ぐにアメリカ軍が参戦するし、また砲弾でもその他の兵器でも必要なだけアメリカから買う事ができると考えられていたからです。

 こうなったらアメリカの軍需産業は大儲けしますよね?
 日本から武器弾薬の大量注文が入るし、日本はウクライナと違って、自費で支払ができるのだから、代金のとりっぱぐれもないのです。
 
 で、この状態になった時に、アメリカが日本に武器支援をする事を、武田先生は「犯罪」と言うのでしょうか?
 「日本が中国に降伏すれば日本人は死なずに済む。 それを軍需産業の利益の為に武器支援をするのは犯罪だ。」と言うのでしょうか?

 またトランプ政権時からアメリカはハイテク技術移転の阻止など、対中経済制裁を始めました。 そしてこれには日本も加わっています。
 中国として中国製造2025で、中国の工業技術を世界最高水準にして、中国の経済力を一気に向上させる予定でした。 14億の人口を抱え、しかしそれが既に急速な高齢化に突入している事を考えると、経済力の向上は死活問題です。

 しかしトランプ大統領は、中国がこれ以上経済力をつける事、科学技術を向上させる事は、非常に危険だと判断したのです。 そしてバイデン政権もこの政策を引き継ぎ、強化しています。
 けれども中国の脅威はアメリカよりもむしろ日本にとって深刻です。
 だから日本もこのアメリカの対中政策には完全に同調し協力しています。 
 と、言うよりむしろ中国の危険性に気づき、経済・軍事での対中包囲網の必要性をトランプ大統領に焚き付けたのは安倍総理でした。

 しかしこの対中包囲網の最終目的は、中国を軍事的に日本やアメリカの脅威でなくする事です。
 だから中国経済の破綻、或いは中国共産党政権の崩壊が最終目標とも言えます。
 「他国の経済を破綻させる」事が犯罪なら、現在日本がアメリカと共に行っている対中経済包囲網も犯罪だと言う事になりますが、武田先生はどう考えているのでしょうか?

 2022年2月24日、ロシア軍の空挺部隊がキーウのホストメリ空港を襲撃しました。 これと同時に膨大なロシア軍がベラルーシ国境を越えてキーウに進軍しました。
 ロシアは「斬首作戦」を用いて一気にウクライナを占領しようとしたのです。

 ロシアの空挺部隊はウクライナ軍の重火器で殲滅されました。
 しかしもしロシアの作戦が成功していたら、ロシアの空挺部隊は大統領府始めウクライナの国家中枢を占領し、大統領始め国家指導者とウクライナ軍の幹部を全て殺害するか拉致して、ウクライナ国民もウクライナ軍も行動不能に陥らせ、その間にロシア軍が完全にウクライナを占領すると言う作戦だったのです。

 この斬首作戦は実は中国が台湾で実行すると言う説がありました。
 つまり中国軍の空挺部隊が台湾の桃園空港を強襲して、台湾総督府始め台湾の国家機能をマヒさせて、台湾を占領する作戦を立てていたと言うのです。
 それでは中国がこの作戦を実行していたら?
 それに対して台湾軍や台湾国民が徹底抗戦するのを、日本やアメリカが支援したら?
 日本やアメリカが台湾に武器支援し、中国に徹底的な経済制裁を行い、中国経済を破壊しようとしたら?
 武田先生は「犯罪」だと言うのでしょうか?

 他国の首都に空挺部隊を送り込み、斬首作戦を使って首都を占領しようと言うのは、侵略その物じゃないですか?
 ウクライナが独立後、ロシアの天然ガスを盗むとか、色々ふざけた事をやったのも事実です。
 また歴史的にはウクライナはロシアの「まほろば」、つまり日本にとっての大和地方のような土地です。 だからそれがロシアを捨てて、NATO側に付くと言うのは、ロシアにとっては非常にショックだったのはわかります。
 
 だからと言って完全に主権国家として独立した国を、完全な他国を侵略してよい事にはなりません。
 そんな事が許されるなら、中国の台湾侵攻など全く無問題と言う事になります。
 台湾はそもそも中国から独立した事もないのですから。

 ところが大変奇妙な事に、中国問題では強硬姿勢を支持する自称保守の人達の中には、なぜかプーチン支持者が結構いるのです。
 ワタシはこれは結局、反米をこじらせての事だとしか思えません。

 因みにワタシはヌーランド氏が言った事に問題があるとは思えません。
 幾らウクライナ支援が国際正義であっても、兆単位の金額の支援になるのです。 それだけの支援をするからには米国民の利益を考えるのは当然でしょう?
 中国の台湾侵攻や日本侵攻で、アメリカが支援をした場合、それがアメリカの利益になって何が問題なのでしょうか?
 
 ついでに言うと、今回のウクライナ支援はアメリカの軍事産業にヌーランド氏が言った以上の利益になります。 ヌーランド氏はアメリカ政府受注分がアメリカの軍事産業の利益になると言ったのですが、しかしこの戦争でアメリカ軍事産業には他国からの受注が増える事が期待できるからです。
 
 今回の戦争ではNATO諸国を中心に、ウクライナに様々な兵器を供与しました。
 この為、今回の戦争は各国兵器の実践使用展示会の有様です。
 そしてこの中で分かってきたのは、まずロシア製兵器のポンコツぶりです。 兵器輸出はロシアにとって非常に重要な産業でした。 

 ロシア兵器は性能ではアメリカ製には及ばなくても、「お値段以上」と思われいたので、旧ソ連時代の友好国だけでなく、中立国にも結構売れていたのです。
 しかしこの戦争で、ロシア製兵器は「安かろう悪かろう」と言う事がわかりました。 
 だから今後はアメリカ始め、NATO諸国の兵器の客が増えるでしょう。
 
 現在既にアメリカの軍需産業も儲かっていますが、アメリカだけでなくNATO諸国の軍需産業もウハウハのようです。
 例えばドイツのラインメタル社は昨年最高益を上げました。
 そして今後ウクライナに4つの工場を新設して、砲弾などを大量に製造する予定です。
  
 ウクライナに工場を作る予定だと言う事は、ウクライナが勝利する事を確信している証拠でしょう?
 ドイツはタウルスミサイルの供与を渋るとか、ウダウダしているのですが、この戦争で存分に儲ける心算なのです。
 こういうのを見ると「なるほど戦争って冷酷なモノだ」と思います。

 しかしそれでもウクライナへの武器支援は犯罪ではないし、ロシアの経済破壊も同様です。
 そもそもこの戦争はロシア軍が撤退すれば終わるのです。
 ロシア軍がウクライナに侵攻すれば起きなかったのです。
 そしてロシア軍のウクライナ侵攻は、プーチンが自身の判断で行った事ですから、その責任はプーチンに取ってもらうしかありません。

 

 
 
 
 
  1. ロシアのウクライナ侵略
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2024-03-22 12:29

外国人は脱税する気満々だ!!と扇動する朝日新聞

 朝日新聞がまた外国人差別を扇動しています。

パパ、送り返されちゃうの?」息子の言葉に英会話教師の胸は痛んだ
2024年3月20日 朝日新聞

永住権を持つ外国人の永住資格を取り消せる規定を含む法改正に反対する在日外国人らが19日、東京都内で記者会見し、「不安でたまらない」などと訴えた。
政府は、外国人労働者を受け入れる在留資格「育成就労」の創設を柱とした入管難民法などの改正案を15日に閣議決定した。従来の技能実習制度に代わり、就労1~2年で職場変更(転籍)を可能とする。一方、永住許可を得た外国人が故意に税や社会保険料を納付しない場合に永住者の在留資格を取り消せる規定があり、日本弁護士連合会が撤回を求める会長声明を出すなど懸念の声がある。

 19日の記者会見は、法改正に反対する弁護士グループが主催した。指宿昭一弁護士は「急病や失職で税金を払えなくなったり、在留カードの携帯を忘れたりしただけで永住権を剝奪(はくだつ)される事態が起きてはならない」などと指摘し、「永住者を一生不安にし、安定を与えない法律だ」と批判した。制度改正を検討した有識者会議では議論されなかった規定が突如、浮上したとも述べた。

 会見に出席した英会話学校講師で英国人のアダム・ブラウンさん(35)は、日本人の妻との間にいる11歳の息子から「パパ、送り返されちゃうの?」と聞かれ、「胸が苦しかった」と語る。「(外国人が)常に家族崩壊や強制送還におびえながら暮らす国を選ぶだろうか」と問いかけた

 記事を一読して思うのですが「急病や失職で税金を払えなくなったり、在留カードの携帯を忘れたりしただけで永住権を剝奪(はくだつ)される事態」など起きる事があるのでしょうか?
 日弁連が反対しているのは「永住許可を得た外国人が故意に税や社会保険料を納付しない場合に永住者の在留資格を取り消せる規定」です。
 
 しかし少し調べたらわかりますが、病気や失職で収入が激減した場合は、納税猶予を申請できます。
 例えば2023年までは仕事も順調で、納税も社会保険料の納付も問題なく行っていた人が、2023年の年末に事故や病気で失職した場合はどうでしょうか?

 失職は年末なので2023年はほぼ例年通りの収入がありました。 だから2023年分の確定申告をすると、例年通りの税金と社会保険料がかかります。 
 けれども2024年は病気療養で無収入になってしまいます。 
 だから税金や社会保険料の支払いは非常に辛くなります。 ある程度預金があっても、病気が治り仕事を軌道に乗せるまでの生活費は確保しておきたいでしょうから。

 そのような場合は税務署に納税猶予を申請すればよいのです。
 納税猶予は土地相続などで莫大な相続税がかかる場合に使われる場合が多いようですが、しかし病気や事故、災害などにも適用されます。
 だから2023年の年末に病気になり2024年の収入が激減するとわかれば、税務署に電話して相談すればよいのです。 そうすれば納税猶予の手続きを教えてくれます。
 同様に国保料の減免も請求できますし、また国民年金については支払い免除や猶予制度があります。

 因みに永住外国人が被雇用者つまり、サラリーマンとして働いていた場合は、日本人のサラリーマン同様、税金も社会保険料の給料から天引きされるので「故意に税や社会保険料を納付しない」などと言う事はできません。
 それでももし勤め先から解雇されたり、倒産したりして、失業した場合、再就職までの間収入が激減します。 この場合、還付申告ができます。

 今回の法改正は「永住許可を得た外国人が故意に税や社会保険料を納付しない場合に永住者の在留資格を取り消せる規定」を加えただけです。
 失職等で税や社会保険料を払えなくなった事で在留資格を取り消すわけではないのです。
 だから失職等で収入が激減して税や社会保険料が払えなくなった場合は、税務署や自治体で納税猶予や社会保険料の減免措置を申請すれば全然問題はありません。

 そもそも今回の法改正は永住資格の取り消しを「故意にや社会保険料を納付しない場合」に限定しているのです。
 だからもし外国人永住者の支払いが滞ってても、それが失職や病気などによる収入激減が原因である事がわかれば永住資格取り消しにはなりません。  
 納税猶予や社会保険料の減免請求などの制度を知らなくて、そのまま滞納していても、ホントに収入がないなら永住資格取り消しにはならないのです。
 ましてきちんと納税猶予や国保料金の減免、年金の支払い猶予などの手続きをきちんとしていれば、全く問題にはならないでしょう。

 朝日新聞や日弁連が、ホントに外国人永住者の立場に立つなら、納税猶予や社会保険料の減免制度がある事を外国人にも知らせた上で、この法改正に賛成するべきでしょう。
 納税猶予や社会保険料の減免制度は日本人でも知らない人がいます。 だからこれを報道すれば、外国人だけでなく日本人の助けにもなります。 
 そしてこの法改正が通れば、永住外国人は全員きちんと納税し、社会保険料も負担していると言える事になりますから、永住外国人への評価も上がります。

 因みに永住許可は一定期間、正規資格で日本に在住しているだけでなく、納税や社会保険料の納付もきちんと行ってきた外国人だけしか得られません。 
 だから「故意にや社会保険料を納付しない場合」と言うのはむしろ非常に例外的です。
 それなのにこんな記事を書いて、挙句に「パパ、送り返されちゃうの?」と煽られると、永住外国人の多くが、マトモに納税できない、社会保険料も納付しないと誤解されてしまいます。
 これこそ差別の扇動ではありませんか?

 それでも今後外国人が大量に入る事を考えたら、やはり問題外国人も増えるでしょうから、絶対必要な法改正です。

(外国人が)常に家族崩壊や強制送還におびえながら暮らす国を選ぶだろうか?

 アダム・ブラウンさん、貴方の祖国イギリスでは、故意かどうかなど一切関係なく、納税や社会保険料の未納が見つかると、問答無用で永住資格を剥奪されますよ。
 だから永住外国人達は皆税理士を使うなどして、納税や社会保険料の正確な納付に務めているのです。
 でもイギリスは移民希望者が多すぎて困っていますよ。
 だから今後は「難民」はルワンダに移送するって決めたぐらいです。

 外国人を大量に受け入れるなら、イギリス式が正解でしょう。 また現在移民を多数受け入れている国は基本的にイギリス式です。
 故意か故意でないの判断など、非常に面倒なのです。 
 そして日本の場合、納税猶予や社会保険料の減免措置が完備しているのですから、ホントに収入が減って困ったと言うだけなら、違法に納税や社会保険料の滞納をする必要はないのですから。
 
 永住外国人がどのような心算で日本で暮らしても、それは個人の自由です。
 しかし日本で暮らす以上、日本社会の法と社会的ルールは守って貰わないと困ります。
 
 日本に暮らしながら、日本人が果たす義務は履行しないのなら帰国してもらうしかありません。
 夫婦でも、故意に生活費を払わないとか、故意に育児放棄をするなどすれば、離婚理由になるのですから。
 

  1. 差別ニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(9)

2024-03-21 12:12

難民だから文句言うな!! 橋本直子難民博士

 昨日、熱があってボ~~ッとしてiPadを見ていたら、こんなの拾いました。


 この人、難民大先生なんですね。
 難民博士なんです。
 そしてこの難民博士のツィートの真意はこうですね。

 難民かどうかはオレタチ高学歴専門家が決める!!
 オマイラ下民はウダウダ言うな!!
 オレタチが難民と決めて送り込んだ人間が、どんなに乱暴狼藉を働こうと、オマイラ下民は文句を言うな!!

IMG_6733.jpg
 
 ワタシも低学歴下民なので、トルコのクルド人がホントに迫害されているかどうか?はワカリマセンし、確定の方法もありません。
 しかしトルコで迫害されていたら、日本の法律や社会のルールは守らなくて良いのですか?

 トルコで迫害されてたら、女子中学生を強姦してよいのですか?
 トルコで迫害されていたら、救急病院の前で大乱闘して、救急患者の搬送を妨害してもよいんですか?
 トルコで迫害されていたら、交通法規を無視して、トラックの過積載や暴走運転をやっていいんですか?
 トルコで迫害されていたら、駅やコンビニの前で大勢でたむろして、女性を執拗にナンパしてよいんですか?
 トルコで迫害されていたら、夜中に騒いでもいいんです?
 トルコで迫害されていたら、子供をきちんと学校に行かせなくてよいですか?
 トルコで迫害されていたら、同じアパートの日本人居住者を「ババア出ていけ!!」と脅しても良いんですか? 
 トルコで迫害されていたら、テロ組織を支援してもよいんですか?
 テロ組織なんか支援するから迫害されたんじゃないですか?

 川口市民には、クルド人がトルコで迫害された事に責任はありません。 
 それなのに川口市民はクルド人の乱暴狼藉や犯罪被害を甘受しなければならないのですか?

IMG_6734_20240321122057f6a.jpg

 そもそも川口市の住民達は元々クルド人が難民かどうかなんて問題にしていたわけじゃないでしょう?
 上記のような乱暴狼藉で迷惑しているからなんとかしてほしい、クルド人の狼藉で恐怖を感じているから何とかしてほしいと言っているのです。
 ところがマスコミと政治家が揃って言うのです。

 クルド人差別だ!!
 日本人だって悪い人間はいる。
 近所迷惑を無視して乱暴狼藉をする人間もいるし、テロリストやテロ組織の支持者だっている!!

 そうです。
 で、日本人の悪い人が悪い事をしたらどうなりますか?

 先日、旅館を滅茶苦茶にした学生達がネットで炎上していました。
 ゴトゴト石を動けなくした学生達は起訴されて有罪になりました。

 コイツラは全員日本人です。 唯の日本人ではなく、前者は神戸大学の学生、後者は青山学院大学の学生です。 一流大学の学生で前途あるエリートだったのです。
 しかし悪い事をしたので、ネットでボコボコに叩かれて、社会的制裁を受けています。
 神戸大学も旅館を滅茶苦茶にした学生達を許す気はないようです。

 日本人にも悪い事をする奴は沢山いるのですが、悪い事をしたら厳しく制裁されるのです。
 まして強姦とか救急患者の搬送妨害のような違法行為を行えば、起訴され投獄されるのです。
 それなのにクルド人は救急病院の救急患者搬入を妨害するような悪質な威力業務妨害でも不起訴になるのでは、日本人差別ではありませんか?

IMG_6740.jpg

 ところが大変呆れた事にこの難民博士は

 クルド人はトルコで迫害されているのだから、川口で乱暴狼藉しても、住民は文句言うな!! 
 カワイソウな難民に文句を言うオマイラが悪い!!
 文句を言うのは差別だ!!

 と、言うのです。
 でもこれはこの難民博士だけの意見ではなく、マスコミや政治家のクルド人の対する対応の基本です。
 
 難民救済は崇高な事業であり、その為にはいかなる犠牲も払うべきである。
 この崇高な理念を追求する自分達は、崇高な人間である。 
 下民はこの崇高な目的に文句を言う権利はない。
 下民の娘が強姦されようと、アパートから追い出されようと、救急搬送が遅れて死のうと、知った事ではない。

 これが難民博士等、自称高貴で崇高な人々の脳内です。
 けれども勿論これは日本国憲法に反します。
 日本国憲法は法の下の平等を保障しているのです。
 だから外国人でも日本人でも、難民でも偽装難民や不法滞在者でも、犯罪を犯せばその犯罪に相応な量刑が下さなければなりません。 
 外国人だから、難民だから、偽装難民だからと言って、近所の人々が恐怖を感じるようなことをしてはならないのです。

IMG_6745.jpg

 難民博士だって中学公民で日本国憲法は習ったはずなのに、なぜかこれは綺麗に忘れているんでしょうか?
 基本的人権は全ての人に平等に与えられており、当然川口市民もクルド人も全く同じく人権を尊重されるべきだと言う事が理解できないのでしょうか?

 もしこの難民博士が日本国憲法を正しく理解していたら、クルド人を救済したいからと言って、川口市の住民の負担を無視する事はないでしょう。
 だってクルド人を受け入れても、クルド人が川口市の他の外国人と同様に、きちんと日本の法律と社会的マナーを尊重して暮らすなら、何の問題もないのですから。
 
 川口市は元来、非常に外国人の多い街で、だから市長も「多文化共生」なんてアホな事を言ってしまったのです。
 実際、クルド人以外の外国人との「共生」ではそんなに問題は起きてこなかったのです。 川口市で一番多い外国人は中国人で約3万人です。 また古くから在日コリアンの多い街でした。 現在はベトナム人も増えています。
 一方クルド人は住民基本台帳に掲載されている人が700人、仮放免等で住民票のない人を入れても、4000人前後ですから、数の上では、中国人・韓国人・ベトナム人などがクルド人を圧倒しています。

IMG_6753.jpg

 因みにひと昔前に中国人が大量に市内の団地に住み着き、そこが物凄く荒れてゴミだらけになった事がありました。 ところがこの団地も今は綺麗になっています。
 中国人を追い出したわけじゃないのです。
 日本での生活が長引くにつれて中国人達も日本のマナーを身に着けるようになったので、無暗やたらにゴミを捨てたり、階段で脱糞するようなことをしなくなったのです。

 だったらクルド人だって、きちんと日本の法に従い、マナーを覚えるべきじゃないですか?
 彼等がホントにトルコで迫害されており、トルコには絶対に帰れない身であれば、日本で生きる術を見に付けるべきなのです。
 その「日本で生きる術」の一番基本になるのが、日本の法を守る、社会的マナーを守る事です。

 だからこの難民博士が、クルド人が難民で、ホントにそれを支援する意志があるなら、クルド人の狼藉が問題にされた時に為すべき事は、クルド人に対して「そういう乱暴狼藉はするな!!」と厳重に注意する事のはずです。
 そしてクルド人が日本の法や社会的マナーに違反して、近所の人達に迷惑をかける度に、地道に注意や叱責を続けて、日本で円滑に社会生活ができるようにサポートするべきでしょう?

 しかしそれを最初から放棄して「じゃあ、貴方もクルド人としてトルコに住んでからクルド人について語れ」なんて言うのです。

IMG_6748.jpg
 
 何度も言うけど、川口市民はクルド人が難民だから文句をいっているんじゃないんですよ。
 クルド人が日本の法も社会的ルールも守らず乱暴狼藉止めないから文句を言っているのです。
 難民だからと言って、日本で乱暴狼藉を行っていい事にならないんですよ。
 悪い事をしたクルド人は悪い事をした日本人同様に、きちんと叱責したり、処罰したりして、今後悪い事を繰り返さないようにしてほしいんですよ。
 
 ところが悪い事をしたクルド人が出てくると、この難民博士のような人達が先頭に立って、マスコミや政治家が同調して、クルド人の悪事をもみ消し、「クルド人が悪い事をするのは、日本人のせい」と言い出したりして、被害者に泣き寝入り強いるのです。
 これじゃ幾らクルド人が迫害されても、日本に受け入れるわけにはいきません。

IMG_6750.jpg

 ワタシ自身は移民や難民の受け入れには大変否定的です。
 それは外国人が嫌いだからではありません。
 ワタシとしてはホントに困っている人達は助けるべきだと思ってます。 だからナチスドイツの虐殺から逃れたユダヤ人を救った杉浦千畝や樋口季一郎は大変誇りに思うし、また第二次大戦中、ドイツ・オーストリア国籍のユダヤ人を「同盟国民」として保護し続けた事も素晴らしいと思います。(難民博士はハマス支持の反ユダヤ主義者なので、ユダヤ人の保護は評価しないでしょうけど)
 そして日本を愛し、日本に定住したい、日本人になりたいと言う外国人を拒否するべきではないと思います。

 しかし移民・難民の受け入れに反対なのは、移民難民の受け入れを認めると、結局この難民博士のような人達がワラワラと出てきて「難民の犯罪・乱暴狼藉は日本人が甘受しろ!!」と話しがすり替わって、犯罪者の輸入になってしまうからです。
  
 ワタシは在特会の会員だった人間で、筋金入りのネトウヨなのですが、しかしこれは世の中でネトウヨと言われている人達皆同じでしょう。

  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(12)