fc2ブログ

2020-06-12 13:42

北海道神宮の御霊験

 6月9日は久しぶりに北海道神宮に行きました。

49996981946_ffd79529d5_z.jpg

 一応快晴なのですが、しかし全体に靄がかかったようなうすぐらい日でした。

49996462773_f6e860a4a0_z.jpg

 それでも快晴は快晴なのだし、何よりもコロナ騒動以降、気持ちもいじけるばかりで、まったく遠出をしなくなっていたのです。

49997236992_1f70411858_z.jpg

 北海道神宮までは我が家から自転車で30分程度だから、遠出ともいえないのだけれど、それでも長らく参拝していなかったのだから、ホントにいじけていたのだと思います。

49996987431_dfcaa7c0d3_z.jpg

 ともかくいじけるのはいい加減にしなくては。
 このままで本当に鬱になってしまいます。
 だから頑張って行ったのです。

49996466498_52254e2a7a_z.jpg

 神宮の隣の円山公園は緑が一杯でした。

49996986506_f60c7382b0_z.jpg

 公園に二つある小さな池では大きな鯉が泳ぎ、オシドリ一家が遊んでいました。

49997241827_7000666ac0_z.jpg

 オシドリ一家は池全体に散らばって、それぞれ好きな事をやっていました。
 この子もオシドリ家の子だけれど、パパやママから離れて岸辺で勝手に遊んでいました。

49997243997_d1467cf529_z.jpg

 ママもイケメンのパパも同じ池にいましたが、それぞれ好き放題していました。
 ワタシはイケメンのパパの写真が撮りたかったのですが、しかし池の水面は木陰で覆われて暗く、ワタシの安物のデジカメでは、綺麗な写真が撮れません。

49996473573_0fed8639ff_z.jpg

 北海道神宮と円山公園には、いろいろな小鳥やそしてシマリスとエゾリスがいます。
 それでここに来るといつもバズーカ砲みたいなレンズをつけたカメラを抱えた人達を見かけます。

49997248297_30abeab22c_z.jpg

 なるほど小鳥やリスの写真を撮りたければ、ああいうカメラやレンズを持って行くべきなんだろうな・・・・、とは思うのです。

49997249187_95e1e5e3bc_z.jpg

 しかしとりあえずは参拝です。
 コロナパンデミック以前は、いつも台湾人はじめアジアからの観光客が結構きていたのですが、今はそういう人たちはいません。
 それでもそこそこ参拝客はいました。

49996478768_91d8fdd028_z.jpg

 参道を進んで休憩所のところまで来たら、ソフトクリームの看板が出ていました。 それでどうしてもそれを食べたくなりました。
 それで休憩所の脇の野外席でソフトクリームを食べていると、目の前の木にエゾリス様がいました。
 野外席の客の目を完全に無視して、クルクル自由自在に駆け回って遊んでいました。

49996484918_bc73a0df4c_z.jpg

 リスの動きがあまりに早いのと、ワタシのカメラがオンボロなのと、そして辺りが木陰で薄暗いので、マトモな写真は殆ど撮れませんでしたが、それでもエゾリス様にお会いできたのはうれしいです。

49997259402_5d49fc5d32_z.jpg

 ワタシは北海道神宮と円山公園のエゾリスとシマリスは、北海道神宮のお使いだと思っているので、いつもエゾリス様、シマリス様とお呼びしているのです。

49997008766_cf7a1d147e_z.jpg

 そして参拝を終わって境内を一回りしていると、また目の前にエゾリス様が・・・・。

 エ、エゾリス様!!

49996490228_1f272d4659_z.jpg

 おお、汝は長らく参拝をさぼっておったが、今日はまた何できたのじゃ?

 今日は先日、行方不明になったよもちゃんが無事に帰ったお礼に参りました。
 それからコロナパンデミックの早期収束をお願いに参りました。

49996490808_f4582b37ba_z.jpg

 そうか、それは殊勝である。
 それではゆっくりと境内を散歩するがよいぞよ。
 そうするとまた良いこともあるから。

 ありがとうございます。

 しかし良いことって何でしょう?

49997266572_58381d83f1_z.jpg

 しかし暫く行くと目の前にこの鳥が・・・・・。
 これはどうやらアオゲラかヤマゲラという鳥のようです。

 こ、こんな鳥が撮れるなんて!!

49996495518_c04e1e617d_z.jpg

 本殿を参拝したら10分足らずでこんなご利益があるなんて!!
 北海道神宮の御霊験強すぎ!!

49996496848_8e114c9e02_z.jpg

 それにしてもオシドリ一家、エゾリス様、そしてヤマゲラ君。
 まるでおとぎの世界ではありませんか?

 それで家に帰ったからも暫く夢見心地でした。
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2020-06-11 22:07

天候不順

 6月7日は快晴でした。

49994851267_6354428d4a_z.jpg

 天気予報ではこの日から札幌では気温が上がり、夏日が続く事になっていました。

49994597996_f7967f8bee_z.jpg

 ワタシはこの日、久しぶりに農試公園に行ってみました。

49994599201_2e459b0a94_z.jpg

 確かに綺麗な青空で気持ちはよいのですが、しかし全然暑くありません。

49994855152_abbc5a7d96_z.jpg

 長袖の上着を着ていて丁度よいのです。

49994858422_fd15aba685_z.jpg

 それでも久しぶりの青空で、子供たちは川遊びをしていました。

49994087868_cf84b0c850_z.jpg

 しかし農試公園についたころから、だんだん寒くなってきました。

49994606596_e778ac03e1_z.jpg

 それで上着の上からウィンドブレーカーを着たのですが、それでも寒いです。

49994862457_19ca63e4da_z.jpg

 見上げれば偽アカシアの花が咲き、ポプラの綿毛が舞っています。

49994868972_56f8083887_z.jpg

 緑はあくまで鮮やかで、初夏そのものの景色です。

49994873622_0f52a0933d_z.jpg

 しかし何の間違いでか、気温は全然初夏じゃなかったのです。

49994105248_427d5315a5_z.jpg

 なんというか目の前の現実が現実と違うような、不可解な気分でした。

49994109743_a731923412_z.jpg

 こうなるともう寒くて散歩を楽しむ気分ではありません。

49994874977_f83c352df0_z.jpg

 結局この日は早々に帰宅したのです。

49994124213_1ff68034e4_z.jpg

 そしてあれから天候はどんどん崩れました。

49994112278_f718c856f5_z.jpg

 気温は少し上がって蒸し暑くはなったけれど、その代わり天気が悪くて陰気です。

49994114498_fd8504480f_z.jpg

 おかげでまたメランコリーになりそうです。

49994119258_85a503a0b7_z.jpg

 しかしもうどうしようもないですね。

49994898087_c3db71ae5d_z.jpg

 そういう時だってあるんです。
 そう思ってやり過ごすのが一番いいのです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2020-06-11 13:47

 Uighur lives don't matter. BLM暴動雑感

 スェーデンでもBLM暴動が吹き荒れているようです。
 
新コロ無対策のスウェーデンでもBLM抗議デモ...一部暴徒が警察と衝突

 しかし何でスェーデン?

 そりゃ警官がジョージ・フロイドさんを殺したのは、正義に反します。
 市民を守るべき警官が、幾ら犯罪容疑者だからと言って、白昼堂々人を殺すなんて事をしてよいわけはないのです。

 でもこの警官の黒人殺しの問題は、アメリカ固有の問題でしょう?

 これには人種問題ばかりではなく、銃社会で、移民社会で、非常に治安が悪く、警官が常に生命の危険にさらされながら勤務しなければならないなど、アメリカ以外の国にはあり得ない条件が絡んでいるようです。

 それに現在警官への抗議が暴動に至った背景には、欧米ではコロナウィルスパンデミックの為に、長期間の外出禁止が続き、その為失業率も世界大恐慌を超えるという状況があるのでしょう。
 
 アメリカ政府はコロナパンデミックに対する経済対策は、大規模で、迅速さでは日本に比べるとジェット機と亀ぐらいでした。
 しかし死者数も、その為の行動制限も、そしてその結果の失業等経済的な打撃も、日本に比べて遥かに甚大で、しかも急激でした。

 だからこのアメリカ政府の対応が、いずれ効果を表すにせよ(市場は効果を信じているから株は上がっている)けれど、まだその恩恵を実感できず、不安や絶望で一杯の人は沢山いるでしょう?

 そういう状況であれば、何かちょっとしたきっかけがあれば、火がついて燃え上がるのは当然でしょう。
 その意味ではこの暴動が全米に広がったのはわかります。

 しかし何でスェーデン?

 厳しい競争社会、ギンギラ資本主義の競争社会アメリカと違って、スェーデンは殆ど社会主義に近いような平等主義の福祉国家です。

 そして歴史的にも黒人奴隷制とはほとんど縁がありません。
 スェーデンって20世紀半ばまで、ヨーロッパの極貧国で弱小国で、イギリスやフランスなど列強がやらかした帝国主義とは無縁です。 というかこういう列強から自国を守るのに汲々としていたのです。

 それにコロナパンデミックについていえば、ロックダウンのような事は殆どせず「国民の良識に任せる」、つまり感染拡大は殆ど放置して、高齢者など免疫弱者は死ぬに任せている状況です。

 国民の殆どもこれをあんまり気にしていないので、マスクをする人もほとんどなく、コロナパンデミックなど存在しないかのように、これまでと同様の日常を楽しんでいます。

 だったらジョージ・フロイドさんの事で暴動を起こすってヘンじゃないですか?
 
 そりゃね、ジョージ・フロイドさんは気の毒だし、ジョージ・フロイドさんを殺した警官は勿論、アメリカの人種差別も問題でしょうよ。

 しかしそういう人種差別とか人権とかいうなら、世界中にはもっと深刻な人種差別、遥かに恐ろしい人権問題があるでしょう?
 
 典型が中国共産党政権によるウィグル人ジェノサイトでしょう?

 中国共産党は既に100万人ぐらいはウィグル人を殺しています。
 ウィグル人がウィグル人であるという理由で殺しているのです。

 この100万人はジョージ・フロイドさんみたいに、偽札を使ったとかそういう容疑があったわけでもないのです。

 そもそも中国共産党政権はウィグル人という民族そのものを、この世から消し去ろうとしているのですから、ウィグル人個々人の素行とかそういう事は関係ないのです。

 そして今度は香港の一国二制度廃止という問題が出てきました。
 こうなると750万人の香港人は、今後このような政府支配下で生きて行かなければならないのか?と恐れているのです。

 一方、アメリカ政府は別に黒人のジェノサイトなど一度もやろうとしたことはないし、現在では法の下の平等は完全に保証されて、黒人の大統領はじめ、政府高官や高級軍人も沢山います。
 
 ウィグル人の置かれた状況に比べたら、アメリカの黒人って天国でしょう?
 
 脱線するけど、アメリカの黒人って、世界の黒人の中で勝ち組でしょう?
 アメリカの黒人は貧困だというけれど、それじゃ世界中どの国の黒人が、アメリカ黒人より豊かに暮らしているんでしょうね?
 アフリカのどの国の平均所得より、アメリカの黒人の平均所得の方が高いし、アメリカほど自由に暮らせる国はないのでは?
 だからこそアフリカの国々からも、多くの人がアメリカへの移民を望むでしょう? 
 アフリカにいれば黒人差別なんか一切ないのに。

 先祖は奴隷として苦労したけれど、そのおかげで今や世界一豊に自由に暮らしているのです。

 一方ウィグル人は民族ごと抹殺されようとしているし、香港人もまた全ての権利を喪う瀬戸際なのです。

 そういう時に、何でスェーデンでBLM暴動?

 アメリカ黒人でもなければ、そもそもアメリカ人でもない人たちが、人権問題・人種差別問題としてジョージ・フロイドさんの死に憤り、デモをやった挙句に暴動というのは、実に奇妙で違和感があります。

 そりゃアメリカの黒人やこれに賛同する人が、これで騒ぐのはわかりますよ。
 何しろ彼等は当事者で、自分自身の問題です。
 自分自身の問題なら他人から見れば些細な事でも必死になるしかありません。

 ワタシは先日よもちゃんが家出をしたことで錯乱しそうなりました。 猫の家出が大事件であるはずはないのですが、しかしよもちゃんはワタシにとっては伴侶というよりほとんど分身なので、ワタシは錯乱しちゃったのです。

 しかしワタシの友人でも知人でもない人が、一緒になって錯乱していたら奇妙な話でしょう?

 でもこのスウェーデンやそして日本でのBLM暴動をやっている人達って、要するに人間の子供がいなくなったのをそっちのけで、他人の猫が居なくなったと言って騒いでいる連中でしょう?

 マジにこれ比喩じゃないです。
 事実です。

 ここで騒いでいる連中、例えばアンティファは人間の子供の行方不明、例えば横田めぐみさんの拉致の解決は妨害しているのです。 
 
 こういうを見ていると、ワタシもBLMのデモに参加しちゃおうか?と思います。
 連中の本心を表すプラカードを掲げて

  Blak live matters.  But,Uighur lives don't matter.

 百万人のウィグル人の命は、一人の黒人の命に値しない。
 これって究極の差別じゃないですか?

 ジョージ・フロイドさんを殺した警官は、札付きの問題警官だったそうです。 そしてきっと完全なレイシストだったんでしょう。
 でも彼だって黒人だというだけで一人の人間の命が、別の百万人の命に勝るとまでは想像したこともなかったのではないでしょうか? 

 ワタシは大の猫好きだけれど、子供が何人も行方不明になっている時に、他人の猫が居なくなったと騒ぎ続ける人間を、ワタシは善人とは思えません。
 そもそもそういう人間が本当に猫を愛しているとも思えません。

 だからワタシは今回のアメリカ以外の国々で起きているBLM暴動は、本当に胡散臭くインチキだと思っています。

 さらに言うと現在、世界中で吹き荒れる反差別運動自体の本質は、実は極めて悪質な全体主義だと思っているのです。
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(22)

2020-06-10 11:28

よもちゃん家出の顛末 その3

 よもちゃんが5月26日の午後7時過ぎに家出し、翌27日に戻ってから、もう10日以上経ちました。
 その間によもちゃんはすっかり元気になりました。

49989435368_7efaff541f_z.jpg

 最初の2~3日は殆どご飯も食べないので、大変心配していたのですが、しかし段々ご飯の量も増えて、以前のように真夜中にワタシをたたき起こして、真夜中ご飯を用意させて、食べ終わると、お代わりの為に再度ワタシをたたき起こすようにもなりました。

 しかしワタシはもうよもちゃんを一人で外出させるのはやめる事にしました。
 よもちゃんをお外に出す時は、必ずついていくことにしたのです。

49989958481_f04cabc8f1_z.jpg

 ああ、もう日暮れね。
 いくら6月の日が長くても、やっぱり日は暮れるのね。

49989439833_b79e512d2b_z.jpg

 でもうざいわねえ・・・・。

49989961726_832a391c9f_z.jpg

 後ろになんかすごくうざいのがついてくるのよね。
 もう、うんざりだわ。

49989427243_81bfb27e73_z.jpg

 これじゃお散歩もパトロールも台無しよ。

49989429498_b792ebb61e_z.jpg

 こんな事がいつまでも続いたら鬱になるわよ。

49990209942_ef25c7c5bd_z.jpg

 同居人!!
 いい加減にしてよ!!
 そんなストーカみたいに付きまとわれたら、ウザくて我慢できたないわよ!!

 だってよもさんが心配なんだもん。
 今度、この前みたいにヘンなところに行ってしまったら、二度と帰れなくなるでしょう? 
 そうしたら永遠にお別れよ。
 それでもいいの?

49989446018_20b56d80f4_z.jpg

 そ、そんなことを言われても、ワタシにはワタシのプライバシーと自由というモノがあるのよ。
 同居人はそれを尊重するべきよ。

 命あってのプライバシーで、命あっての自由よ。
 今度あの道路を渡ったら、絶対車に轢かれて死ぬわよ。
 だってよもさん信号守らないんだもん。

49990217537_4697d155a3_z.jpg

 だったらワタシの猫権はどうなるの?

 だから命あっての猫権よ。
 信号を守らければ車に轢かれても文句は言えないのよ。
 そもそもよもさん、なんだってあの道路渡ったのよ?
 なんであんなところに行ったのよ?

49990218627_7987ff44bb_z.jpg

 それは・・・・・・。

 なんか怖い目に遭って、それで後先考えずに逃げたの?
 あの夜、一体どこにいたの?
 あのお宅の床下にでもいたの?
 だったらワタシが探しに行った時、何で出てこなかったの?
 よもさんがあの時、出てきてくれたら、それで終わったのに?

49989454038_34002f714c_z.jpg

 そんなこと言っても同居人が考えるほど簡単じゃないのよ。
 そもそも同居人がパニックを起こすからいけないのよ。 
 もっと冷静に対応すれば、妹さんや警察やあのお宅の方まで、巻き込んで大騒ぎするような話じゃなかったのよ。

 な、なんてことを!!
 人を死ぬほど心配させておいて!!
 それじゃ聞くけど、よもさんは冷静だったの?
 よもさんが冷静なら、あの道路を渡ってしまっても、その後、深夜になって道路を通る車がほとんどなくなるころには、一人で帰れたはずよ。

49989976706_4b38b732b2_z.jpg

 わかったわよ。
 もう帰る!!

49989459768_72c9ff8df6_z.jpg

 ああ、うざい!!
 でもネトウヨに猫権を理解させるのは無理だから、ワタシは当分忍耐の日々を覚悟しなくちゃならないのよね。
 こういう行動制限が続くとすごいストレスがたまりそう。
 アメリカで商店を略奪して回る連中の気持ちが、わかってきたわ。

49989465983_1173356d1f_z.jpg

 ええ、よもちゃんの気持ちはわかります。
 でももうあんな事は懲り懲りですから、今度ばかりはよもちゃんの好きにさせるわけにいきません。

49990235707_f9b988905e_z.jpg

 よもちゃんが家出から戻ったのは5月27日ですが、よもちゃんが元気を取り戻してお外へ出たいと言い出したのは6月1日です。
 ご飯の量が元に戻ったのも大体そのころです。

49990198697_891686373a_z.jpg

 よもちゃんが家出をしたことはそれまで何度かありましたが、家出の後こんなにヘタレていた事はありません。
 これまでは怪我でもしていない限り、帰るとすぐにご飯をバクバク食べて、またすぐお外へ出たいと言ったのです。
 だから今回はよもちゃんにとってもよくよくのことだったようです。
 そしてワタシにとっても・・・・・。

49989993101_22da4e6411_z.jpg

 自分の意思でもなく道路の向こうへ行って帰れなくなったショックも大きかったのでしょうが、それ以上にもうよもちゃんが歳をとってしまい、こういうショックへの耐性もなくなっているのです。
 そしてそれはワタシも同じなのです。
 だからワタシもよもちゃんが帰ってから、暫くは食欲もなかったし、気力もなかったのです。

49989476613_dc249b3b51_z.jpg

 というわけで、あれからよもちゃんがお外に出る時には、ワタシが付き添っているのですが、よもちゃんは口ではブチブチ言っても、ワタシと一緒に10分余り近所を回ると自分から家に戻ります。
 よもちゃんは実はこの冬は殆ど外出しませんでした。
 そしてなんか外の様子が怖い時は、ワタシについてきてほしいと言っていたのです。

 だからこれからはこれでうまく行くのではないかと思います。 
 ワタシはこれから毎日2~3度、よもちゃんと我が家の周りを歩き、一緒に月見をしたり、近所のお宅のお庭のお花をみたりして楽しむ事にします。
  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2020-06-09 12:45

よもちゃん家出の顛末 その2

 5月26日の午後7時前に、お外に出たよもちゃんは、5月27日の午後7時前にワタシが助けに行くまで、帰宅しませんでした。

 丸々24時間の家出でした。

49986164048_f5a057aaef_z.jpg

 帰宅した直後、よもちゃんはそれでもゴロゴロと言い続けました。
 やっぱり、あの道路を渡ってしまい、帰るに帰れなくなって24時間、怖く心細い思いをし続けたのでしょう。

 それにしてもいつもなら長い間お外にいて帰った後は、まずはご飯をバクバク食べるのですが、しかしこの時は殆ど食べませんでした。
 お水も殆ど飲みません。

 そしてゴロゴロが終わったら、ただもう昏々と眠るばかりでした。
 
 それでもこの日は、ワタシもそれほど心配はしませんでした。
 よもちゃんだって疲れているのだろうし、それにワタシだって食欲はなかったのです。
 
 昨日、妹が差し入れてくれた豚汁とサラダは、漸く味がするようになったけれど、この日も沢山は食べられなかったのです。
 それによもちゃんの体を何度も調べたけれど、怪我などは一切していないようですし。

49986930837_64f96b346f_z.jpg

 翌28日は素晴らしい青空でした。
 でもワタシは散歩に出たりするのはやめて、よもちゃんの傍にいる事にしました。

 妹からも言われました。
 「お姉ちゃんが病気の時は、よもさんはいつも傍にいてくれるのだから、よもさんの具合の悪い時は、お姉ちゃんもよもさんの傍にいなくちゃダメだよ。」と。

 それでワタシはこの日一日よもちゃんの傍にいました。
 尤もワタシ自身もかなりヘタレていて、外出するような気力もなかったのです。

49986941612_91ff3c5ece_z.jpg

 一方よもちゃんは相変わらず昏々と眠るばかりで、ご飯も殆ど食べませんでした。
 妹は電話でこういうよもちゃんの状況を知ると、心配して「病院に行った方がよいのでは?」と言ってくれました。

 でも、よもちゃんは病院が大嫌いです。
 よもちゃんがこんな風にヘタレきっているのは、つまりは家出して24時間帰宅できなくなったショックからでしょう?
 だったら病院に行けばまたまたショックを受けてしまいます。
 
 だからワタシは妹の忠告はありがたく思うけれど、やはりもう一日様子を見ようと思いました。

49986174758_8a41c3fe2b_z.jpg
 
 そして翌29日になると、午後から少し買い物に出て、猫チュールなどの猫おやつを少し買ってきました。
 よもちゃんは実は猫チュールは随分前に飽きちゃって食べなくなっていたのですが、でもこういう時は食べてくれるかもしないと思ったのです。

 そして猫チュールをあげると、なんと嬉しい事に、よもちゃんは2本続けて食べてくれたのです。
 そして夜にまた2本食べました。
 それからこの日は自分で台所のシンクに飛び上がって水を飲みました。

 おお、これならきっと元気になる!!
 ワタシはすっかり嬉しくなりました。

49986176428_8af3dae124_z.jpg

 翌30日、ワタシは西野神社までお礼参りにいきました。
 すると西野神社の御利益でしょうか?

 よもちゃんはこの後から、めきめき回復して、元気になってきました。
 そして猫チュールの代わりに、普段食べている猫缶や猫パウチを食べるようになったのです。

 ご飯を食べるようになったらもう心配ありません。

49986177983_90bf38d450_z.jpg

 夕べよもちゃんは夜中にワタシを二回もたたき起こして、真夜中ご飯を用意させて食べました。
 一度目に起こした時に盛り付けた分を綺麗に食べた後、お代わりが欲しいと言ってまたワタシを起こしたのです。

 それでワタシがお代わりをお給仕すると、またすぐにバクバク食べました。
 
 夜中に起きてお給仕をするのは大変なのですが、でもよもちゃんは真夜中にご飯を食べるのが好きで、前々からやっていたことです。

 つまりよもちゃんの食欲は完全に元に戻ったのです。

 49986179898_6dbde73daa_z.jpg
 
 よもちゃんがいなくなって、自分の幸せがどんなものだかよくわかりました。

 人間は愛されるから幸せなのではなく、愛する者がいるから幸せになれるのだと思いました。
 それがどんな者であっても、愛していれば幸せなのです。


  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2020-06-08 15:26

共同通信のフェイクニュースについて

 共同通信が報じた以下の記事はやっぱり完全なフェイクニュースでした。
 
 日本、中国批判声明に参加拒否 香港安全法巡り、欧米は失望も
 2020年6月7日 06時01分 (共同通信)
 【ワシントン共同】香港への国家安全法制の導入を巡り、中国を厳しく批判する米国や英国などの共同声明に日本政府も参加を打診されたが、拒否していたことが6日分かった。複数の関係国当局者が明らかにした。中国と関係改善を目指す日本側は欧米諸国に追随しないことで配慮を示したが、米国など関係国の間では日本の対応に失望の声が出ている。
 新型コロナの感染拡大などで当面見合わせとなった中国の習近平国家主席の国賓訪日実現に向け、中国を過度に刺激するのを回避する狙いがあるとみられる。ただ香港を巡り欧米各国が中国との対立を深める中、日本の決断は欧米諸国との亀裂を生む恐れがある。

 実はワタシは先日、この記事をワタシのブログのコメントで教えていただいたのですが、その時「本当だったらヤバイけど、しかし本当かどうかわからない」と思いました。

 そして実際、昨日のうちに自民党の片山さつき山田宏青山繁晴長尾たかし等がこれを否定して、この共同通信記事を掲載していた産経新聞はこれを削除しました。

 そして今日、菅官房長官が官房長官会見で公式に否定しました。

 菅氏、中国批判の共同声明拒否報道を否定「失望の声、全くない」
 
 産経新聞
 菅義偉官房長官は8日の記者会見で、香港に対する中国の国家安全法制導入をめぐり、日本政府が米英などから中国を批判する共同声明への参加を打診されたが拒否したとの一部報道について「わが国は強い立場を直接、ハイレベルで中国側に直ちに伝達し、国際社会にも明確に発信をしている」と述べた。「米国や英国など関係国はわが国の対応を評価しており、失望の声が伝えられたという事実は全くない」とも語った。
 菅氏は、5月28日に中国の全国人民代表大会(全人代)で国家安全法が採択された際、「(日本は)他の関係国に先駆けて、私や茂木敏充外相から深い憂慮を表明した」と強調。「秋葉剛男外務次官が孔鉉佑(こうげんゆう)駐日中国大使を呼び出し、わが国の立場を明確に申し入れを行った」と改めて説明した。
 そのうえで「基本的価値や考え方を共有する先進7カ国(G7)などの関係国と緊密に連携していくことが重要と考えている。G7などを含めて適切なメッセージの発信などを行っていくべく、関係国と連携をしていきたい」と述べた。

 共同通信が一体どこからこんな話を持ってきたわかりません。

 「共同声明への参加拒否」というと、欧米諸国が皆で共同声明を出す事にして、日本にも参加を申し入れたけれど、日本が拒否したという事でしょう?

 しかしそもそも欧米諸国がそろって共同声明を出そうとした事実もないのです。

 菅官房長官の言うように、実際には中国全人代での国家安全法制可決=香港の一国二制度破壊について、日本がまず抗議をしたのです。
 そしてその後、アメリカ・イギリス・カナダ等所謂ファイブアイズが、共同で中国非難声明を出しました。

 フランスやドイツはまだ中国に対して抗議も非難もしていません。

 そして日本政府が即日中国に抗議したことは、茂木外務大臣も、外務省も公表しているのです。
 またファイブアイズが中国批判声明を出すに当たって、日本の参加を申し入れたという話はどこにもありません。

 こうなるとこの記事は完全に共同通信の脳内妄想で書かれたとしか言えません。

 ワタシが昨日、ブログへのコメントでこの記事を知って、直ぐに「これ本当だったら不味いけれど、でもガセでは?」と思ったのは、実はこのところこの手のフェイクニュースがやたらに目につくからです。

 つまり共同通信や5大紙などの大手メディアが、中国政府にとって有利な記事、安倍政権が親中路線をとるような記事を報道するのですが、しかし速攻で虚偽だとバレるという事が頻繁に起きているのです。

 例えば少し前に「日本政府は中国からの渡航制限を緩和して、中国政府発行の陰性証明書があればビジネスマンなどの渡航を認める」というニュースが出ました。
 しかしこれは完全なフェイクニュースでした。

 また先週は毎日新聞が茂木外務大臣がBSフジのプライムニュースでの発言を取り上げて、「習近平の国賓訪問は11月のG20以降になる」と報じました。
 これだと習近平国賓訪問は、11以降に実施されると取れるのですが、しかし実際の茂木大臣の発言は全く違って、習近平の国賓訪問は実質無期延期、つまり白紙という事だったのです。

 それにしても一体何の為にこんな事をやっているのでしょうか?

 元来、名門紙、名門通信社と言われたメディアがこんな事ばかりやっていては、ドンドン信頼を失ってしまうではありませんか?

 サッカーの本田圭佑氏はこの記事について「本当なら日本は本気でヤバイ」とツィートしました。

 共同通信はわかっているのでしょうか? 
 サッカー選手が共同通信の記事について「本当なら」と但し書きをつけた事の意味を。
 政治やメディアの専門家でもない人にとっても、名門共同通信の記事は無条件に信じられるものではなくなっているのです。
 だから本田圭佑氏はわざわざ「本当なら」と但し書きをしたのです。

 それにしても名門メディアがそろって、こうやって自社の信頼をドブに捨てながらも、必死になってこの手のフェイクニュースを流し続ける理由はなんでしょうか?
 一体彼等は何がしたいのでしょうか?

 こうした問題では、なぜ彼等がこのような事をしたかについての原因は一つではないだろうし、また原因を推察しても、それが正しと立証するのは、殆ど不可能だと思います。

 しかしワタシはこれは全メディアが組んだ倒閣運動ではないかと思います。 そしてそれには中国からの支援もあるのでしょう。
 但し中国だけではなく、財務省など一部官僚も加わっていると思います。

 それは現在、これらのメディアが必死で安倍政権の支持率下落など、政権の終わりを煽り続けている事から想像されるのです。

 イヤ、それオカシイでしょう?
 だって安倍政権が今、国民の支持を失い、政権が破綻する理由なんか全然ないでしょう?

 それどころか武漢肺炎を見事に抑え込み、更に返す刀で100兆円の経済対策を盛り込んだのです。
 おかげで日経平均だってもうコロナ暴落直前まで戻っているのです。

 これリーマンショック時とは大変な違いです。

 安倍政権はアベノミックスを打ち出して政権を獲得しましたが、しかし財務省の抵抗にあって第二の矢「財政出動」は殆ど撃つ事はできませんでした。
 第三の矢「規制緩和」も文科省その他の官僚の抵抗でやはり不発に終わりました。

 そういうアベノミックスを阻止したのは、官僚と結託したマスコミと野党でした。

 そしてなろうことか盟友だったはずの麻生副総理までもが、財務省に取り込まれてしまったのです。

 ところが今回のコロナ不況を梃に、安倍政権は一気に財政出動へと舵を切り、麻生さんも突然、財務省の代弁者をやめて本来の麻生さんに戻ってしまいました。
 こうなると今度こそ本当にアベノミックスが始動するのではありませんか?

 反安倍を煽るメディアはひたすらアベノマスクや10万円給付が遅いと言い続けますが、10万円はもうすぐ振り込まれるでしょう。
 給付が遅い事を国民がそんなに怒っているのでしょうか?

 本当にそんなに怒っているなら、多くの国民が銀行口座とマイナンバーの紐づけに賛成するでしょう?
 だって脱税でもしない限り、自分の口座を政府に知られて困る事は何もないでしょう?

 そして今は多くの国民が申請を済ませて振り込まれるのを楽しみに待っているのです。
 
 これで国民の口座にドンドン振り込みが始まったらどうなるのでしょうか?

 10万円入るって誰でも嬉しいですよね?
 まして子だくさんの家族なら一家で40万円とか50万円とかが入るのです。

 もううれしくて舞い上がるじゃないですか?

 そしてそのころには遅れている他の給付金やその他の救済処置も効力を発揮し始めるでしょう?
 
 そうなったらもう安倍政権への支持は絶大になって、倒閣なんて話は吹き飛んでしまうでしょう?
 これって何とか安倍政権を倒閣し、憲法改正阻止や消費税増税を推進したかった勢力には悪夢でしょう?
 
 だから彼等は必死になって、この種のフェイクニュースを連発しているのではないでしょうか?
 これってもう自社の信用を吹き飛ばすのを覚悟の自爆テロみたいなものだれど、彼等としては自爆テロをやらなければいられない信仰があるのでしょう。
 
  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(42)

2020-06-07 14:19

よもちゃん家出の顛末

 5月26日の夜7時前、よもちゃんはお外に出たいと言い出しました。
 それでワタシはよもちゃんを外に出して、キッチンタイマーを15分にセットしました。

 去年の冬辺りからよもちゃんが外に出た時は、キッチンタイマーをセットして15分経って戻らなかったら猫探知機を持って、探しに出る事にしていたのです。
 
 この猫探知機・ロケータは子機から電波を発信して、親機がそれを受信する仕組みです。 子機に近づくと親機が反応して、近づくほどその反応が強くなります。
 電波を妨害する物がなければ100mを超える距離から、車の下とか建物の壁などがあっても、数十mは電波が届きます。

 よもちゃんの赤いリボンの中には、この子機が入っていて、ワタシは毎月日を決めて電池を取り換えているのです。
 このロケータは妹の友達が教えてくれたのですが、これを買ってからよもちゃんを探すのが実に簡単になりました。

 で、この日もワタシはロケータの親機を持って、よもちゃんを探しに出たのです。

49982692763_7a5bea280f_z.jpg

 よもちゃんが家を出たのはたった15分前です。 
 猫の足で行ける距離は限られていますから、ワタシはよもちゃんはすぐに見つかると思っていました。

 しかし心当たりを一回りしてもよもちゃんは見つかりませんでした。
 それでワタシは一旦家に帰って、履物をサンダルから歩きやすい靴に変えて、更に遠くを探して歩きました。
 
 しかしよもちゃんは見つかりませんでした。

 ワタシは不安に駆られて、12時過ぎまで何度も何度も探し回りました。 普段ワタシ自身が全く行った事もない辺りまでも探しましたが、ロケータは全く反応しませんでした。

 それでワタシは絶望し始めました。

49982700113_524009039d_z.jpg
  
 よもちゃんはこれまでも何度かプチ家出をしたことがあります。
 必死に探しても見つからず絶望したままベッドに入った事がありました。
 しかしよもちゃんは深夜や明け方に帰ってきました。
 そういう時、よもちゃんはどうやら怖い猫に襲われて身を隠していたようなのです。

 しかしそれはロケータを買う前の話です。 
 ロケータを使うようになってからは、よもちゃんが身を隠していても、ロケータの反応で、よもちゃんを見つけて助け出して、連れ帰る事ができるようになりました。

 それなのにこんなに探しても見つからないのは、よもちゃんはもうワタシには絶対に手の届かない遠い遠いところに行ってしまったのではないだろうか?
 ワタシはもう絶望で泣きそうになっていました。

49983476857_4179311f89_z.jpg

 よもちゃんは今年で18歳になります。
 猫としては結構な高齢です。
 よもちゃんは元気な子でこれまでずうっと病気らしい病気もせずに、ワタシの傍にいてくれました。
 時々プチ家出はしたけれど、ちゃんと帰ってくれました。

 そしてワタシのブログに登場して、ワタシを叱ったり、励ましたししてくれたし、またワタシに代わって政治経済から歴史哲学までも語ってくれました。

 よもちゃんはワタシのペットというよりも分身でした。
 
 そのよもちゃんが帰らない!!
 よもちゃんとこれで永遠のお別れになってしまう!!

 ワタシは完全にパニック状態になりました。
  
 実に奇妙な事ですが、このパニック状態で時々、家に戻ってブログのコメントへの返信などを書いていたのです。 するとその間だけは正気に戻ります。
 ところがそれで安心してもう一度よもちゃんを探しに出るとまたすぐパニックです。

49982695578_8909d7dea1_z.jpg

 こうして12時過ぎになり、ワタシはそれでも一旦はベッドに入る事にしました。
 眠れないだろうと思い眠剤を飲みましたが、しかし当然眠れませんでした。
 それで頭を空っぽにしたまま1時間余、ベッドでi-padでyou tubeなど見ていたのですが、1時半を過ぎたころ、ふと気になって起きだして、またよもちゃんを探しにでました。

 しかし今度はワタシの家のある町内ではなく、道路一本隔てた別の町内まで出かけたのです。
 実は我が家から一丁離れたところを札幌市の幹線道路の一つが走っています。 この道路は日中は交通量が多くて信号なしには渡れません。

 そしてよもちゃんがここ渡った事はこれまでに一度しかないのです。 しかしそれ深夜でした。 深夜だとさすがに車も殆ど通らないのです。

 しかしよもちゃんが家出したのはまだ7時前ですから、この道路を渡る事はあり得ないと思っていたのです。
 
 けれどもなぜか夜中になって、とにかく道路の向こうを探そうと思い立ち、着替えをしてロケータの親機と懐中電灯を持って出かけました。
 さすがにこの時間になると幹線と雖も車の往来も殆どなく、ワタシは信号無視して道路を渡りました。

49983480067_9500ce2ea7_z.jpg

 そして道路の向こうの公園内とその近くを探しまわりました。 すると公園からそう遠くない辺りでロケータが反応したのです。

 反応は強くなり、一軒の住宅の玄関の前で、よもちゃんが至近距離にいる事を示す緑色のランプが激しく点灯し始めました。
 
 ところがよもちゃんの姿は見えないのです。
 
 ワタシはその家の周りをぐるぐる回ってみましたが、ロケータはその家の玄関近くだけで強烈に反応するのです。

 こうなるとよもちゃんは家の中にいるとしか思えません。
 
 そうだ!!
 この家の人がよもちゃんを見つけて保護してくださったのだ!!
 
 しかしこんな時間にピンポーンして、家の方を起こすわけにもいきません。
 ワタシはとりあえず家に戻り、近くの警察署に電話をして事情を話し、明日このお宅に猫を引き取りに行きたいがどうだろうか?と相談しました。
 すると警察の方は明日の朝8時にこのお宅を訪問してくれるといてくれました。

 明日になったら、よもちゃんに会える!!

 ワタシはそう思って一安心しましたが、しかし一応そのお宅の玄関に「猫を預かっているのならご連絡下さい」と貼り紙をしてきました。
 
 更にどうしても気になって、夜中に何度もその家の近辺を探しました。
 しかしロケータはこの家の玄関のところでしか強烈に反応しないのです。

 よもちゃんはこの玄関のところから全く動いていないのです。
 ケージにでも入れてもらって玄関付近に置かれているのでしょうか?

49982697768_24d4885440_z.jpg

 ワタシがそうやって何度も自宅とそのお宅の間を行き来している間に雨が降り始めました。 雨は凍えるように冷たく土砂降りです。
 
 ひと様のお宅とは言え、よもちゃんが家の中にいられてよかった!!

 そして8時になるとワタシは直ぐに家を出てそのお宅に向かいました。
 ロケータはやはりこのお宅の玄関で強烈に反応します。

 よもちゃんはここにいる!!

 警察はまだ来ていませんが、ワタシが先に話した方がよいと思いピンポーンしましたが、家の方は大変不機嫌そうに「猫なんか知らない」と仰いました。

 貼り紙はワタシが来る前に読んでおられたようです。
 
 ワタシが茫然としていると警察の車が来てくれましたが、やっぱり猫なんか知らないとおっしゃいます。
 
 家の周りを探すのは構わないけれど、うちの家には猫なんかいないと仰います。

 そこでお宅の周りを探すとやはりロケータは玄関のところで反応するのです。
 
 こうなるとどうしようもありません。
 それでも家の周りを探してもよいと仰って下さった事には感謝するしかありません。 早朝からこんな騒ぎを起こされては大変な迷惑だったでしょうから。

49982701423_13e7c4e0df_z.jpg
 
 ワタシはお宅の方と警察の方に謝罪して、家に帰るしかありませんでした。
 
 そして市の動物管理センターに電話をして、迷いネコの届をしてました。 
 更に暫くしてからもう一度、あのお宅の近辺を探してみましたが、今度はロケータは全く反応しなくなっていました。

 あのお宅の玄関のところでも全く無反応でした。

 雨はいつの間にか止んでいました。

 ああ、もうダメだ!!

 ワタシは完全に絶望して、妹に電話しました。
 誰かに話しをしないと、もう感情の収まりがつかなくなっていたのです。

49983485717_c2765cb00c_z.jpg

 妹は前々からよもちゃんを外に出すことを心配して、室内飼いにするようにと忠告してくれていました。
 でもワタシはどうしてもよもちゃんを閉じ込める事ができなくて、よもちゃんを外に出していたのです。
 
 それでもよもちゃんはこの冬の間は殆ど外にでなかったし、春になっても外出しても15分足らずで帰るようになっていました。
 だからもうよもちゃんが外に出たがるのは、今年一杯だろうと思っていました。

 よもちゃんはもう18歳です。
 猫の寿命はせいぜい22~23歳ですからいつかお別れの時は来るでしょう。
 
 でもその時は必ずワタシが看取ってあげる事ができると思っていました。

 しかしこんな風にお別れするなんて・・・・・。
 たった15分の間にいなくなって二度と会えなくなるなんて・・・・・。

 こんな事は夢に考えていなかったのです。
 
 でもそれもこれも全部ワタシが悪いのです。

49982703928_510053497a_z.jpg

 でも妹はワタシを責めずに慰めてくれました。 そして午後からワタシの家に来てくれました。
 集近閉ウィルスの感染が深刻化して以降、ワタシ達姉妹はお互いの家を行き来することはやめていました。

 だって妹はマンション住まいです。 
 万一どちらかが感染したら、妹のマンションでは廊下やエレベーターの消毒という騒ぎになり、妹が居づらくなるでしょう?

 けれどもこの日は妹は飛んできてくれました。 
 そしてワタシの話を聞き、「早く猫探しのポスターを作って貼った方がよい」と言ってくれました。
 そして自分のスマホによもちゃんの写真をダウンロードして、それをコンビニへ持って行ってプリントアウトして、ポスターを作れるようにしてくれました。
 その間、ワタシはでくの坊みたいにボ~~っとしていたのです。

 それから少し二人でまたあのお宅の近辺を探しましたが、ワタシは途中でヘタレてしまい「一度休みたい」と弱音を吐きました。
 妹はそれでも怒らず「お姉ちゃんは夕べから寝てないのだから、少し休んだらよい。」と言って家に戻り、そして今度は妹が一人で暫く探してくれました。

 こうして妹はしばらく一人で探してくれたのですが、しかしどうやらワタシの様子を見て考えたようです。

 ワタシのヘタレっぷりを見れば、よもちゃんの写真があっても、今夜中にワタシが自分でポスターを作る気力はないだろう。
 だったら自分が友達に協力してもらってつくってしまおう!!

 そこで妹は一通り我が家の近所を回ったところで戻ってきて、帰宅したのです。

49983491677_e4f80ff7bf_z.jpg

 妹が帰った後、ワタシは少し眠ろうとしたのですが、結局全然眠れませんでした。
 妹は我が家に来た時、夕食にと豚汁とサラダとご飯を持ってきてくれました。 夕食の時間になったので、ワタシはそれを食べたのですが、しかし全然食べ物の味がしないのです。
 
 ああ、そういえば朝から何も食べていなかった・・・・・。
 だから夕食は食べようと思ったに・・・・・。

 こうして日が暮れました。
 そしてワタシはまた一縷の望みを抱いて、あのお宅の辺りを探しに行ったのです。

49982708848_b98bd78216_z.jpg

 昼間同様、あのお宅の玄関ではロケータは全く反応しませんでした。
 それでは夕べの反応は何だったのでしょうか?

 しかしそのお宅を離れて少し行くと、突然ロケータが反応しました。
 よもちゃんが近くにいる事を示す赤いランプが点滅しました。 そこでそのまま進むと、今度はよもちゃんが更に近くにいる事を示す黄色のランプが点滅し始めました。

 そしてまた少し進むと、緑色のランプが点灯し、「ニャ~~!!」という声が聞こえたのです。

 居ました!!
 よもちゃんが居たのです。
 
 夜目にもはっきりとよもちゃんだとわかります。 すぐ目の前の道路わきのまだ何も植えていない菜園らしきところにいたのです。
 ワタシは直ぐに飛んで行ってよもちゃんを捕まえました。

 よもちゃんは特に抵抗もせずに捕まりました。
 ワタシはよもちゃんをしっかりと抱きかかえると、そのまま真っすぐ家に帰りました。

49983535182_04e62e1b4d_z.jpg

 よもちゃんはワタシの腕の中で「ニャ~ニャ~」怒りましたが、しかし暴れる事はしませんでした。
 
 よもちゃんを見つけてから家に着くまでは、2~3分じゃなかったと思います。
 
 つまりよもちゃんはそんなにも近いところにいたのです。
 
 こうしてよもちゃんを連れて帰ると、ワタシは直ぐに妹に電話しました。
 妹は友達とよもちゃんを探すポスターを作っている最中でしたが、よもちゃんが見つかったというとうれし泣きしてしまったそうです。

 ワタシはうれし泣きするよりも、なんか一気に気が抜けて呆然としてしまいました。

 そしてよもちゃんはと言えば、ストーブの前でゴロゴロ言っていました。 この夜、よもちゃんはひたすらゴロゴロと言い続けたのです。

49983536522_c3c9a0d948_z.jpg

 妹に電話した後、時計を見ると7時過ぎです。

 つまりよもちゃんは26日の7時前に家出をしてから、翌27日の7時頃に、ワタシがよもちゃんを見つけて連れ帰るまで約24時間、一人で道路の向こうを彷徨っていたのです。

 ワタシには地獄の24時間でしたが、よもちゃんにもかなりハードな24時間だったようです。
 
 オマケにこの騒動であのお宅の方や警察の方や妹にも散々な迷惑をかけてしまいました。
 本当に申し訳ありません。

 しかし神様はワタシによもちゃんを返してくださったのです。
 本当のありがとうございます。

2020y06m08d_141157142.jpg

 妹が作ってくれたよもちゃん探しのポスターです。
 今は我が家の居間に貼って、よもちゃんと二人で毎日眺めて、二度と家出騒ぎなんか起こさないように反省することにしています。

 因みに写真は5月25日、26日、それから6月1日の物です。
 よもちゃんの家出騒動から今日までに10日あまり経ったわけです。
 その間に八重桜は散り、藤やアズキナシが咲いて、初夏になったはずなのですが、今日もまた朝から寒くて閉口しています。
 
 ホントに異常気象でしょう?

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2020-06-06 12:01

原爆より強い竹槍 民度が違う

 麻生財務大臣にパヨクが噛みついています。

 麻生大臣が日本の武漢肺炎の死者が、欧米先進国に比べて少ないことについて、「国民の民度のレベルが違う」と発言したことが、トコトン気に入らなかったようです。

 まあ「民度」というのは曖昧な表現なのですが、しかし実はこれは厚生労働省専門家会議も実質的には同じことを言っているのです。
 
新型コロナの感染爆発はオール日本で回避できた-専門家会議

 リンク先は5月28日のブルームバーグによるインタビューですが、ここで尾身副座長は、以下のように述べています。

 日本人は健康意識が高く、多くの国民がマスクの着用や手洗いなど個人でできる感染防止対策に真面目に取り組んできた。
 日本にはPCR検査を大量に行う体制も、また外出禁止などの大幅な私権の制限を行う法もないため、クラスターの追跡や、3密の防止への協力を国民に「お願い」するしかなかった。
 しかし国民は殆どの国民が、この「お願い」にこたえてくれた。

 実は同じ話は5月29日の専門会議の記者会見でも出てきて、ここで尾身副座長は日本の犠牲者が少ない理由として、「国民の協力」や「国民の高い健康意識」をはっきりと挙げています。
 
 国民が高い健康意識を持ち、専門家の意見に従って冷静に行動にする。
 それが経済活動の自粛という国民生活への痛みを伴うモノであっても、自主的に協力する。

 これって「民度の高さ」でしょう?
  
 文句あるの?

 ところがマジに文句のある奴が結構いて、野党が一斉に麻生さんに噛みつきました。
 そしてこんな事を言う奴もでてきたのです。

「コロナ収束は日本人のマジメさや清潔さの成果」というトンデモ勘違い

 結構な長文なので貼るのが面倒なので、中身はリンク先でみてください。
 実はこの手の記事は、欧米で感染爆発が本格化して以降、何度も見かけました。
 
 つまり「何もかもが間違った対応にもかかわらず、奇妙な成功を収めた」などという欧米メディアの論調に全面的に同意して、いろいろな事例を出して、一見論理的に日本の対応を批判するのです。
 そして最後には第二次大戦末期、竹槍でB29を迎え撃とうとした話を持ち出して、「日本人は精神論で思考停止している」という結論を出すのです。

 けれどもこれいくら読んでも、日本の対応が間違っていたという根拠になる話にはならないんですよね。

 そもそも欧米メディアが「何もかもが間違った対応にもかかわらず、奇妙な成功を収め」と言っても、大量感染大量死を招いた国の対応が正しくて、感染者や死者を最小限に抑えた国の対応が「何も可も間違っていた」ってオカシイでしょう?

 この武漢ウィルスは昨年12月中旬に初めて発見されたウィルスですから、この感染を防ぐ為の正しい対応なんて専門家の間でも確定していないのです。
 だからそれぞれの国が、独自の対応をしたのです。

 そして欧米諸国の多くが、最初は感染者を見つけ出して厳重な隔離という方策をとろうとしたのです。 その為、感染初期の段階で大量検査を行ったのです。
 しかし結果は盛大な感染爆発と大量死でした。

 実は感染者を見つけ出して厳重に隔離するって、SARSとかエボラ出血熱のような感染症には有効なのですが、武漢肺炎のように初期にはインフルエンザや風邪と紛らわしい症状しかなく、しかもその状態で他人に感染させるというウィルスには対応不能なのです。

 感染者を初期に発見する唯一の方法はPCR検査ですが、これは実は大変な労力がかかるのに、検査で検査官が感染するリスクが高いという厄介なモノです。
 しかもこの検査の精度と特性から、検査をすれば確実に感染者を割り出せるなどとは到底言えないモノなのです。

 だからこんな検査の為に医療資源を費やしたくない!! 

 これは実は日本の感染症専門家は1月から指摘していたのです。
 
 また所謂水際作戦も不可能でした。
 これが成功したのは実は台湾だけで、アメリカ等が2月1日から中国人の渡航拒否をした事は殆ど意味がなかったのです。

 なぜなら昨年12月に武漢でウィルスが発見されたという事は、実はそのころにはウィルスはすでに世界中に拡散したと考えざるを得ないからです。
 実際疫学的研究で、アメリカやイタリアでは1月中旬から感染が始まっていた事がわかってきました。

 そりゃそうでしょう?
 アメリカやイタリアにいる多数の中国人移民や留学生で、クリスマス休暇に武漢に帰らなかった人間や、年末年始に武漢から観光やビジネスで欧米を訪れた人間がいないわけはないのです。
 
 しかもアメリカ始め欧米諸国は実は、中国人移民や留学生や観光客を日本以上に大量に受け入れているのです。

 台湾が水際作戦に成功したのは、実は中国政府が際英文政権への嫌がらせの為、昨年8月ぐらいから既に中国人観光客の台湾渡航を制限し始めていたからです。
 
 ところがそういう現実を無視して「水際作戦」と「隔離」という、武漢肺炎のようなウィルスに通用しない対応に執着したのが、欧米諸国なのです。

 「何もかも間違っている」というのは、実は欧米諸国の対応ではありませんか?
 
 それでは正しい対応とは?
 
 それは感染者の発見や隔離は不可能と割り切った上で、このウィルスが飛沫感染、接触感染をすることから、マスクをする手洗いをするなどまずは自分ができる感染防止をすることではありませんか?

 そこで厚生労働省はまずは国民にマスクの着用と手洗いの励行を呼びかけ始めました。 それに従う国民が多かった事から、1月からインフルエンザの流行が例年に比べて激減し始めました。

 実は2009年に豚インフルエンザのパンデミックが起きた時も、日本はマスクと手洗いという国民の健康意識で乗り切り、10万人当たりの死者がアメリカでは5人、EUでは1人の時に、日本で0.16人で済んだという実績があるのです。

 空気感染をするインフルエンザでこれですから、飛沫感染と接触感染しかしないコロナウィルスなら、マスクや手洗いという竹槍作戦は更に有効であることを期待して当然でしょう?

 しかし日本政府はそれだけではなく、このウィルスの感染の特徴、つまり三密がそろう条件では集団感染を起こす事を突き止めて、集団感染を起こすようなイベントや経済活動の「自粛」を要請したのです。

 これは法的な強制力のない「お願い」ですから、すべての人がこれに応じたわけではありません。 例えば県からの自粛要請を無視してK1の試合を強行した業者もいますし、営業を続けるパチンコ屋もいるし、またそういうところへ行く人たちもいるのです。
 
 K1の試合を強行した業者は朝鮮総連の関係者だし、パチンコ屋も韓国・朝鮮人が多いのだから仕方ありません。

 しかし日本人の多くはこの「お願い」を聞いて協力したのです。

 営業の自粛はそれぞれの企業にとっては大変な負担でしょうが、それでも人の命を守る為なら「お願い」されただけで、その負担を引き受ける。

 これって正に崇高な自己犠牲の精神で、民度の高さそのものじゃないですか?
 
 多くの人が他人の命を守る為に、自分の経済的負担に耐える意思を持つからこそ、国家による強権的な私権の制限をしなくても、感染防止に成功したのです。

 他人の命なんか知ったこっちゃない!!
 オレはオレのやりたい事をやるんだ!!

 こうやってみんなが好き放題やらかすなら、軍隊を動員してでも、外出禁止にするしかないのです。
 それでも個人個人の衛生観念までは、変えられないから、厳しいロックアウトをしても、感染者は簡単には減らなかったのではありませんか?

 今回アメリカでの暴動を見ていても思います。

 集会やデモをするときは、せめてマスクぐらいしたら?と思うけれど、マスクをしてない人の方が遥に多いのです。
 
 武漢肺炎の死者には黒人の割合が、非常に高いのを「差別だ~~!!」といっていのに、こんな暴動なんかやってしまって、また感染爆発をたらどうなるのでしょうか?

 こんなんじゃ感染防止ができるわけがないでしょう?

 一方、日本では緊急事態宣言解除後も、多くの人は外出時には殆どの人がマスクを着けているのです。 
 ワタシも買い物など人の居るところに行くときは、必ずマスクをつけていきます。

 アメリカの死者は11万人を超えてしまいました。
 これは長崎原爆の死者をはるかに超えて広島原爆に迫っています。

 この暴動で再度感染爆発すると、マジに広島と長崎の原爆犠牲者20万人だって超えてしまうでしょう?

 しかし日本の死者はまだ千人に届かないのです。

 日本はロックアウトや大量検査も、また人権を配慮したため韓国やシンガポールのようなIT技術を使っての感染者の監視なども不可能でした。

 その為日本政府は集団感染の原因になりそうな商業施設には営業自粛を「お願い」し、保健所の人が感染者に話を聞いて感染経路を追跡することしかできませんでした。
 そして国民はマスクや手洗いぐらいしかできませんでした。

 これはまさに「竹槍」です。

 でも今回は「竹槍」が勝ったのです。

 それはこの武漢ウィルスの性格からそうなるのです。

 感染者の発見が難しく、軽症でも無症状でも感染力があり、しかもそれが飛沫感染や接触感染であるというこの武漢肺炎ウィルスの性格を考えると、結局日本の「竹槍」が最も有効な武器であったと考えざるを得ないのです。

 そういう事実を無視して、欧米の論調を妄信して「竹槍が~~!!」というのは、それこそ完全な思考停止じゃないですか?
 
 そしてこの「竹槍」作戦はただ単に日本人の精神力に期待したわけではなく、尾身博士や押谷博士のような優秀な専門家が、武漢肺炎ウィルスの性格を科学的に検証した上で、考えたモノです。

 日本政府がそういう専門家を尊重して、「検査!!検査!!」と煽るマスコミに流されえずに、科学的対応に終始したのもまた成功の理由でしょう?

 それはまたテレビがあおる非科学的な報道を、現場の医師から数学者まで様々な立場の人達が、自分の知識を生かしてネットで発信し、日本人の多くがそれを理解したからできた事です。

 これだって「民度」ですよね?

 因みにこの記事の著者は、日本の死者は欧米先進国に比べて少ないけれど、アジア諸国に比べて多い事を問題にしています。

 しかしこれアジア諸国との比較をしてもあまり意味がないんですよね。
 
 だって台湾は前記のように昨年夏から実質的に中国人の流入が止まっていたという特別な条件があります。 そして他の国々は韓国のように強権的な国民の監視が可能でした。
 この種の監視体制は欧米諸国でも技術的には十分可能ですが、しかし人権上の問題から受け入れられませんでした。

 また独裁国家も多く、国家として出す情報も信用できないという問題もあります。

 日本はこうした国々とは違い、人権にも欧米諸国以上に配慮し、しかも超過死などのデータも含めて完全に信頼性を得た上で、欧米諸国に比べて遥かに死者も感染者も少ないから意味があるのです。

 そもそもアジアって一口に言っても、日本と韓国だけを比べても国民の衛生観念など全然違うのですから、アジアだから一緒なんていうのが思考停止でしょう?

 それでも何でもとにかく日本人が日本を立派だと思うと「許せない!!」何が何でも日本が良い事にしはしたくなくて難癖をつけて、挙句に「竹槍が~~!!」って一体何でしょうね?

 こういう人は結局、小学校で日教組の先生から教わった事以上のことを自分から考えたり学んだりすることが一生できないのかもしれませんね。

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(32)

2020-06-05 13:04

メランコリー

 夕べ9時過ぎに、物置にゴミをしまおうと外に出たら、満月が煌々と輝いていました。
 月は大きく、まるで人工物のような明るさで輝いていました。

49972298141_7a948e4019_z.jpg

 それで月を見ようと、そのまま家の前の道路をウロウロしました。
 空は晴れているようですが、月のあまりの明るさに気おされたか星は殆ど見えません。

49971783353_d9ceb606ca_z.jpg

 こうして一通り月見を終えて家に入ろうとしたら、一瞬、周りがパッと明るくなりました。
 雷光のようですが、でもこんなに晴れているのに雷光?
 奇妙に思いましたが、そのまま家に入りました。

49972564732_0c41c62674_z.jpg

 しかし家に入って暫くすると雷鳴が聞こえ、それから猛烈な雨音が響きました。
 そして何度も雷光と雷鳴が続きました。
 まるでホラー映画です。

49971790138_a25fe3aae9_z.jpg

 昨日は昼から妙に気分が沈むのですが、こんな天気のせいでしょうか?
 外はホラー映画みたいになっても、よもちゃんと二人だと怖い事もないのに、よもちゃんは家出から無事帰り、ご飯もバクバク食べるようになったので、何の心配もなくなったのに・・・・・。

49972568662_d057229cc7_z.jpg

 他に色々考えても何の心配事もないのに、気持ちだけがずるずると沈んでいきます。

49972312131_f33cce152b_z.jpg

 でもこういう事は時々あるのです。
 これは心の雨なのです。

49971798463_85bf5a3ae1_z.jpg
 
 そりゃ快晴の日は明るくて爽やかだけれど、でも時々雨が降らないと砂漠になってしまいます。
 だから心にも雨が必要なのです。

49972577397_d7e869a00c_z.jpg

 実は4月頃から体調がバカによくて、自分でも驚いています。
 冬の間は本当に心身共にヘタレてしまい、掃除や洗濯など必要な家事をするだけの体力を工面するのに苦労していました。

49972317016_906ddbb818_z.jpg

 ワタシは元来、病持ちなので40代ぐらいまでは、月の半分ぐらい寝込んでいました。
 それがなぜか50過ぎから良くなって、寝込む日が減っていきました。
 でも今年の冬はなんかまたヘロヘロに戻っていました。

49971801823_4cf7e297ac_z.jpg

 でもまた3月ぐらいから少しずつ良くなって、4月からはあり得ないほどの絶好調になったのです。
 それで落ち込むとか、気持ちが沈むとか言う事も、まったくなくなっていたのです。

49971805228_f08050119e_z.jpg

 しかし昨日は昼頃から、妙に気持ちが落ち込みました。
 それでも昼間は頑張って、野菜とパンを買いに行きました。

49972322356_5c2918c9a3_z.jpg

 天気は今一ですが、寒くはなく、エゾハルゼミの声が響いていました。
 このセミは例年なら5月には鳴くのだけれど、今年は昨日が初めてでした。

49972326666_cd6f89d60f_z.jpg

 時々、雲が切れて光は射すのですが、空はどんより曇り、冷え冷えとした風が吹きます。
 長袖のジャケットを脱ぐことができません。

49971814113_be8c078262_z.jpg

 蝉の声には全くそぐわない雰囲気です。
 そしてワタシも気持ちもやはり沈みます。

49972592472_b290f24752_z.jpg 
 エゾハルゼミだって本当はこんな肌寒い中で鳴くのは不本意なのでしょう。
 でももう6月! 
 彼等だっていつまでも夏らしい日を待つわけにはいかないのです。

49971815893_fc5dd1a21d_z.jpg

 今日も札幌はなんだか肌寒いです。
 天気予報にも曇りの日が続いています。

49972332936_5c8d240a91_z.jpg

 そしてワタシは今日も落ち込んでいます。
 でも仕方ないですよね?

49971819863_9400d9eab7_z.jpg

 歳をとってよかった事は、こうやって落ち込んだりしたときに、焦って自分を叱ったりしなくなったことです。
 自分との付き合いも60年過ぎれば、自分がどんな奴かもわかってきましたから。

49971824128_90b72de240_z.jpg

 それにワタシの場合は、なぜか50過ぎてから病気がよくなったのか、体調が改善して、寝込む日が激減するという超幸運な状況なのですから、文句を言うどころではないのです。

49972603607_9db869193d_z.jpg 
 因みによもちゃんも、今日は朝からふて寝です。
 よもちゃんも歳をとってから、随分と大人しくなり、寝ている時間が長くなりました。
 よもちゃんもこうやってメランコリーになるときがあるだろうか?
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(28)

2020-06-03 13:48

自称リベラリストが「分断」を非難する不思議

 アメリカで始まった暴動は世界に広がっているようです。

 そしてこれについて毎日新聞はトランプ大統領が社会を分断するから悪いと言っています。
 この暴動については先日も書いたけれど、この暴動を影で煽っている国の問題は別として、ワタシはこの「分断」という言葉にすごく違和感があります。

 米国の暴動はなぜ拡大し続けるのか 分断と政治対立に利用するトランプ氏の思惑
 会員限定有料記事 毎日新聞
 米中西部ミネソタ州で5月25日、白人警察官による黒人男性の拘束死事件が発生してから1週間。全米各地に広がった抗議デモは一部で暴力行為に発展したが、トランプ米大統領は「力による制圧」を宣言し、分断や暴力をあおり続けている。デモ拡大の背景には、新型コロナウイルスの感染で経済格差が顕在化し、白人警官による黒人の殺害が後を絶たないなど、人種間の摩擦が横たわっている。【ワシントン高本耕太、鈴木一生】
 1日夜、首都ワシントンのホワイトハウスに面した公園。平和的に抗議活動を続けていた群衆に鎮圧部隊が突然、閃光(せんこう)弾と催涙ガスを浴びせ始めた。トランプ大統領が演説を始める直前だった。その後もホワイトハウス中庭の演壇でトランプ氏が語り続ける間、ゴム弾を撃たれ、騎馬隊に追われるデモ参加者の怒号と悲鳴が響き渡った。
 演説でトランプ氏は「騒乱や無法状態をすぐに終わら… 

 この「分断」という言葉はこの数年やたらに目につくのですが、この言葉を好んで使うのは、毎日新聞のような自称リベラリスト達です。

 ワタシはこれは大変奇妙に感じます。

 なぜなら自称リベラリストというのは、元来「多様性の尊重」「アイデンティーの重視」などを看板にし、更に個人の自由や人権を最重要視することから、国家は勿論、地域社会や宗教、更には家族までも個人の自由を妨げるモノとして敵視している人達です。

 つまり彼等の価値観では、人は人種や性的嗜好、宗教などの属性を何よりも大切にするべきだし、また個人は家族からさへも束縛されず自由であるべきだと事になるのです。

 実はワタシも持って生まれた性格が猫なので、こうした個人主義は嫌いではありませんし、実際独身生活を謳歌しているのです。

 しかしだからこそ自称リベラリストが、繰り返し「分断」を持ち出して、それを問題視し、分断を煽る人間を非難することは、なんとも奇妙に思えるのです。

 だってこうして人間が家族からさへ自由であるのであれば、そもそも人は一人一人チリチリバラバラであるべきなのです。
 社会の分断どころではないのです。

 そうやって人が一人一人、チリチリバラバラでいる事を理想とする人間が、何で「分断」を問題にするのでしょうか?

 逆にヒトラーのような国家主義者、国粋主義者なら「分断」を非難するのはわかります。
 国家社会主義者や国粋主義者は、国民は国家の元に固く団結し、常に同じ国民としての連帯感を持つべきだという考えですから「分断なんて許さない!!」というのは当然でしょう?

 因みにヒトラーは国民が固く団結するのは、すべての国民は同じドイツ民族だから、同じドイツ民族だから全て国民がドイツ国民として団結しなければならないと考えました。
 それでユダヤ人などドイツ民族ではない「ドイツ人」を排除しなければならないと考えたのです。

 しかしヒトラーでなくても国民の分断を阻止し、団結心の根源を民族に置けば、こういう事になっちゃいます。

 実際、北朝鮮や韓国など国家主義と民族主義により国民の団結を図ろうという国は、他国民や他民族に対してきわめて排他的・差別的なのです。

 こうした国家、こうした国家を理想とする国粋主義者・国家社会主義者等にとっては、勿論「分断なんて絶対許さないニダ!!」というのは、当然でしょう?

 しかし自称リベラリストは、こうした国粋主義者や国家主義者をファシスト!!として憎悪しているのではありませんか?

 国粋主義や国家主義が行き過ぎると、国民の団結が、個人の自由や人権に優先します。 その為個人の人権が国家によって浸食されてしまうのです。

 自称リベラリストの皆様は、これを忌み嫌って、自国を大切にしようという人、愛国心を重視する人達をかたっぱしから「ファシスト!!」と認定して、彼等の言論を封殺する為には暴力をふるってきたのです。
 
 ああ、そう君たちそんなに国家が嫌いなの?
 そりゃワタシだって性格が猫だから、愛国心とか国家の為に団結して奉仕しろなんてことを押し付けられるのは嫌だよ。
 でもさ、そんなに国家が嫌いなら、国家が分断されても全然不都合はないでしょう?
 というか、国家は分断するべきじゃないの?

 そもそも連中は多様性とかアイデンティティーとか重視で、人種とか性別とか性的嗜好とか、持って生まれた自分の意思では変えられない属性を何よりも重視して、それをそれぞれの人間の政治的スタンスの根源にしろなんてことを言ってきたのです。

 これだともう人種や性的嗜好を無視して人が仲良く交わる事なんかできない、してはいけない事になるじゃないですか?

 これだとドイツ系はヒトラーを信奉し、ユダヤ系はシオニズムを信奉し、そしてイスラム教徒は反ユダヤ主義で固まらなくてはないのですから、マジに分断どころか血みどろの内戦になるじゃないですか?

 そういう事を煽ってきた連中がトランプ大統領がデモを鎮圧したら「社会の分断を扇動ている」と非難するって何でしょうか?

 イヤ、本当にトランプ大統領が君たちの言うようなファシストだったら社会の分断なんて絶対に阻止うからさ。
 ヒトラーがドイツ国民を分断しようとしたかい?
 
 トランプ大統領はアメリカファースト、つまりすべて国民が人種も性別も性的嗜好も関係なく、アメリカ人を何より大切に思って、団結させたいんだろう?
 これファシズムというならわかるよ。
 日本の場合は同じ時代に、ドイツと違って台湾人も満州人も朝鮮人も皆同じ日本人として団結しようと言う理念を唱えていたのだから。

 でもこれ分断とは真逆だよ。

 ところがそのトランプ大統領を忌み嫌う自称リベラリスト達が、「分断」を非難するからホントに奇妙です。

 だからワタシは実はこれは話が全く違うのではないかと思います。
 つまり自称リベラリストが「分断」を非難し始めたのは、実は彼等こそがファシスト、全体主義者だったからだと思うのです。

 そもそも彼等が「分断」を問題にするのは、トランプ大統領に限らず彼等の意見に服さな人々が表れて、それに賛同する人々が出てる場合です。
 
 数年前までは自称リベラリストはマスコミや大学などを席捲し、自分達の意見だけを「政治的に正しい意見=ポリティカルコレクトネス」として、国家を支配していたのです。
 
 ところが数年前からこうした支配に抵抗する人々の言論が、ネットを中心にあふれてきて、遂にはトランプ大統領によう、彼等の「政治的に正しさ」を無視する人が大統領になってしまいました。

 もしヒトラーの時代にナチス党以外の政党が力を持ち、遂に政権を奪取した挙句、ナチス党の政策や理念を公然と批判し始めたら、ヒトラーやナチス党の党員は何というでしょうか?

 ドイツを分断するな!!
 ドイツ国民の団結を揺るがすな!!

 こういうにきまっているじゃないですか?

 ワタシは自称リベラリスト達が「分断」という言葉で自分達の敵を非難するのは、つまりは彼等が完全な全体主義者・ファシストだからだと思っています。
  1. パヨクの世界
  2. TB(0)
  3. CM(33)