FC2ブログ

2019-10-15 12:39

大村知事は本邦外出身者? 河村市長の抗議はヘイト?

 愛知トリエンナーレ再会に対する河村名古屋市長の座り込みでの抗議について、大村愛知県知事は極めて異常な発言をしています。

  https://www.nicovideo.jp/watch/sm35808127
 
 大村知事は河村市長の抗議を「ヘイト!!」「ヘイトまがい」と言い募るのです。

2019y10m15d_171156135

 しかし大村知事は、河村市長の抗議中の発言の一体何を「ヘイト」「ヘイトまがい」と言うのでしょうか?

 「ヘイト」所謂ヘイトスピーチと言うのは、民族や性的嗜好などによる特定の集団の差別を扇動する、或いは排除するスピーチと定義されています。

 更に言えば現行のヘイトスピーチ解消法では、違法とされるのは、本邦外出身者に対するヘイトスピーチだけです。
 
 これは朝日新聞官邸記者クラブもそれを確認するツィートをしていましたよね?

 朝日新聞官邸クラブ
@asahi_kantei
●少女像の展示は日本人に対する一種のヘイトスピーチであり不適切では。
→そもそも、日本人に対するヘイトスピーチは日本の法律では違法ではない。また、ヘイトスピーチの一般的な捉え方に照らしても、少女像がそれに当たるとは言えない。
午前9:54 · 2019年9月26日·Twitter for Android

 その通りなのです。
 ヘイトスピーチ解消法では、ヘイトスピーチの対象となるのは「本邦外出身者」と限定しています。

 だからアイヌや日本人のLGBTへのヘイトスピーチは違法ではありません。
 何しろアイヌなんて弥生人が渡来するより前から、日本にいた事になっているのですから。

IMG_5573

 しかし大村知事は「本邦外出身者」なのですか?

 何より河村市長の抗議は、愛知トリエンナーレの再開に関して、大村知事の独断専行に抗議しているだけで、民族や国籍、性的嗜好などで特定の集団に触れるような問題については一言も話していないのです。

 さらに大村知事は河村市長の発言について、「事実ではない事を言った」と非難しているのですが、しかし河村市長がこの座り込みでの抗議で言った事は、実は河村市長が9月20日に公開質問状で大村知事に問い質した事です。

 河村市長は大村知事に公開質問状を提出する前に、愛知トリエンナーレの内容と運営について、大村知事に質問をしています。
 しかし大村知事はあれから1か月近く経つのに未だに回答をしていないのです。

 愛知トリエンナーレの主催者は愛知トリエンナーレ実行委員会ですが、河村市長はこの実行委員会の会長代行です。
 そして大村知事が会長です。

 また名古屋市は愛知トリエンナーレに市の予算2億円余を出していますが、これは愛知県の出資の3分の1余に当たり第二位です。

 河村市長には名古屋市長として、また愛知トリエンナーレ実行委員会会長代行として、当然この内容の問題と再会に関して、発言権もあるし、何よりそういう河村市長の抗議を無視して、質問にも答えずに再会を強行した愛知県側と大村知事に対して抗議をするのは当然でしょう? 

 それを「ヘイト」「ヘイトまがい」と言うのは、どういう事でしょうか? 
 
 それとも大村知事は実は本邦外出身者なので、自分に対する批判は全てヘイトと考えているのでしょうか?

2019y10m15d_171518087

 ヘイトスピーチと言う言葉が使われ始めてから、これを津田大介等、これを愛用する特定勢力がドンドン解釈を拡大しているので、この大村知事のように自分に不都合な言論は全て「ヘイト」として、言論弾圧に使用する権力者が現れたのです。

 知事が市長の抗議を「ヘイトスピーチ」として封殺するようになれば、県会議員や県知事の県政を批判する事もできなくなります。 
 こうなると自由な言論空間どころか、県議会や市議会の運営さへ不可能になります。

 これはこの「ヘイトスピーチ」と言う概念が、民主主義にとっていかに有害かを証明する例でしょう。
 
 こんな曖昧な概念を使って、「ヘイトスピーチは許さない」として言論や表現の自由を弾圧できるのでは、民主主義なんて成り立たないのです。

IMG_5600

 そもそも「ヘイトスピーチは許さない」と言うなら、愛知トリエンナーレこそは「ヘイトスピーチ」そのものでした。

 例えばあれで問題になった昭和天皇の写真を燃やして踏みつける動画は、日本人への「ヘイト」そのものです。

 だって日本国憲法1条を見てください。

 第一条
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

 天皇は日本国と日本国民統合の象徴なのです。
 それは主権の存する日本国民の総意なのです。

 その天皇の写真を燃やして踏みつけるって、日本国と日本国民を燃やして踏みつけるという事でしょう?

 これが日本と日本国民へのヘイトでなくて何ですか?

 ヘイトスピーチ解消法からは日本と日本国民へのヘイトは違法ではありません。
 だから無問題と言うなら、今後はLGBTやアイヌへのヘイトスピーチも問題にしてはいけません。

IMG_5604

 因みにワタシ個人としては、表現の自由はヘイトであろうとも守られるべきだと思います。

 愛知トリエンナーレに関して「親の写真を燃やすのも表現の自由か?」と言う問いがありましたが、ワタシはこれは「表現の自由」だと思います。

 だって例えば津田大介の父親は社会党議員の国会議員秘書で、左翼利権漁りに生きた男だったそうですが、それでは津田大介がその父親の写真を燃やして踏みつける動画を、you tubeにアップしたとしても、誰も問題にしないでしょう?

 不道徳であっても不快であっても、それを不道徳、不快だからと言って禁止すると、大村知事のように本来正当な言論や表現までも「ヘイトスピーチ」だなどと理由をつけて、禁止する人間が出てくるのです。

 これでは言論の自由も表現の自由も守れません。

IMG_5625

 それでは愛知トリエンナーレの福島県民侮辱作品や昭和天皇の写真焼却踏みつぶし作品は無問題なのでしょうか?

 違います。

 これらの作品を愛知トリエンナーレに展示する事の問題は、表現の自由の問題には何の関係もないのです。

 これは河村市長の言う通りなのです。
 
 日本国民統合の象徴の写真を燃やして踏みつける、日本国民へのヘイトのような作品を、愛知県や名古屋市や日本政府の予算で展示するのが問題なのです。

 だってそれは愛知県や名古屋市や日本政府が、我々日本国民へのヘイトを認めている事になるのですから。

 だから公費で行われる公的な展示会には出すべきではない!!

 それだけなのです。
 名古屋市民には名古屋市の予算を使って行われる事業の在り方を決める権利があるし、日本国民には日本政府の予算を使って行われる事業の在り方を決める権利があるのです。

 だから公費を使って行われる展示会には、関係首長や政府が口を出すのは当然なのです。
 それが嫌なら公費を使って行われる展示会なんかには出さなければよいのです。

IMG_5651

 そもそも愛知トリエンナーレの問題は、表現の自由なんかには何の関係もない芸術利権の問題なのです。
 
 愛知トリエンナーレで問題になった昭和天皇の写真焼却踏みつぶし作品だって、福島県民侮辱作品だって動画ですから、大勢の人に見てもらいたいなら、you tubeかニコ動にでもアップすれば済む話でしょう?

 そんなものなんでわざわざ、公費で製作費や謝礼を出して、公設展で展示する必要があるんですか?

 公費を出すほど価値のある芸術なら、you tubeでドンドン再生されるから、十分収益が出るでしょう?

 それなのに何でわざわざ公設展なんかに出すのですか?

 でも例えばあの福島県民侮辱動画を見ればわかります。
 あまりにつまらなくて入場料を払って愛知トリエンナーレを見に行った人達でも、あの動画を流しているモニターの前に1分余の間立ち止まって見る人は皆無だったのです。

 だから1分半ごろから始まる福島県民侮辱発言にも、誰も気づかなかったのです。

 これじゃyou tubeにアップしても再生されませんよね?

 だから公費にたかるのです。

IMG_5657

 それどころかこんな物まで展示されていたんですね。

 d0044584_12533066.jpg

https://censorship.social/artists/ohashi-ai/
大橋藍 OHASHI Ai
アルバイト先の香港式中華料理屋の社長から「オレ、中国のもの食わないから。」と言われて頂いた、厨房で働く香港出身のKさんからのお土産のお菓子
テキスト、蛋黄酥、ビニール袋 2018
1993年神奈川県生まれ
東京都拠点
長いタイトルを持つこの作品は二重構造を持っている。本来展示するはす゛た゛ったかたち、そして検閲て゛変容したかたちて゛ある。
検閲とは、2018年に開催された五美大展(国立新美術館)て゛のこと。腐敗の怖れありと箱の中の菓子か゛出品禁止とされたか゛、一年経った後も腐敗せす゛、個別包装菓子へのこの懸念はいかにも過剰た゛ったようた゛。むしろ、ここから民族問題の主題の拒否か゛根底にあるとも憶測された。
美術表現て゛は、作家の日常をあらわすため、行動の記録や関わったものなどの痕跡を呈示する手法か゛ある。これは言葉通り即物的て゛、作家の主観的解釈を含まないた゛けに社会環境そのものを客観的に示すことて゛きる。大橋には、他に米軍機か゛飛行する日常を捉えた映像作品《Birdwatching》か゛ある。
料理店の社長は日本人た゛か゛、香港人スタッフの好意を拒絶することて゛、異民族への眼差しか゛透けて見える。しかしこれは一つの解釈て゛しかなく、別の見方もあろう。ここに本作の多義性の長所か゛あり、見るもの自身の考えて゛差別について考えるよう誘う。同し゛ように、検閲のフ゜ロセスと作家のアクションの資料により、作家は私たちか゛と゛のような閉し゛た社会に生きているかも呈示する。
その答えは見るものの中にある。(アライ=ヒロユキ)

 ??
 
 どこかで買ったか貰ったかした賞味期限切れの菓子に駄文をつければ芸術と言う事になって、作者?はこれで愛知県や名古屋市や国から製作費や謝礼を得られるのです。

IMG_5658

 大村知事は愛知トリエンナーレの作品を県が拒否する事を「憲法21条で禁じられた検閲」だというのですが、しかし考えてください。

 愛知県内には絵や写真などを愛好する人は山ほどいます。
 実はワタシも中学1年まで名古屋市に住んでいて、油絵を描いていました。

 そういう人たちが自分の絵や写真を愛知県立美術館に持ち込めば、誰の作品でも展示してもらえて謝礼がもらえるのですか?

 それだったら皆凄く喜びますよね?
 賞味期限切れの菓子や1分余も見ていられないほどつまらない動画でも、愛知県立美術館に展示してくれるなら、ワタシだって中学生の時に描いた油絵を展示してもらえるはずでしょう?

IMG_5674

 でもそんなわけにはいかないのです。

 県立美術館など公立の美術館で行われるような公設展に作品を展示してもらえるのは、公募展など特定の展示会のみで、その公募展に応募しても審査員の審査を受けて合格しないと展示はされないのです。

 でもあらかじめ作品を見て、展示を拒否するのって、大村知事式に言えば検閲でしょう?
 公募展の審査員も愛知トリエンナーレの芸術監督も、愛知県から権力を委託されて作品を審査して、展示を拒否する権力を持つ権力者なのですから。

 しかしこの権力者側と通じていれば、賞味期限切れの菓子、誰も見ない動画のCGなど、明らかにゴミでしかない物でも「芸術」と言う事になって、愛知県や名古屋市の予算で、製作費や謝礼が支払われるのです。

 これはもう完全な錬金術でしょう?

2019y10m15d_184441201

 同じ芸術でも日本画や油絵など、古典美術やその延長にある場合はそうはいきません。 こういう物は昔から一定の評価基準が定まっているので、どんなに権威や権力を振り回して横車を押そうとも一定以上の技量のない作品は落選するのです。

 ところが愛知トリエンナーレのような現代美術はナンデモアリーノの世界ですから、権威と権力に連なれば何でも芸術にして金にできるのです。

 そこで左翼団体が持前の組織力と権威主義で、有名美術大学や文科省に食い込み、ゴミを「芸術」認定させて、公金を毟るという錬金術が行われていたのです。

 酷い話です。
 だからこそ大村知事とその仲間達が愛知トリエンナーレに執着するわけです。

 もうこんな展覧会は全部やめるべきでは?

 勿論、作者やそれに賛同する連中が自分達でお金を集めてやるのは良いですよ。
 でもこんなのものに自治体や国が予算をつける必要はないでしょう?

 本当に芸術として価値があるなら、それでもドンドン発展するんじゃないですか?

 浮世絵だって歌舞伎だって、当時の幕府は応援するどころか、様々な規制をかけて潰そうとしたのです。
 でも芸術として優れていたから発展し続けたのです。
 
 だから芸術を国や自治体が応援する必要なんか全くないのです。

IMG_5677

 オマケ
 
 なぜか我が家から愛知県庁に電話ができません。
 どうやら着信拒否をしているようです。
 
 愛知県庁は一度でも大村知事の気に入らない電話をした人からの電話は着信を拒否しているようです。

 これだと愛知県民が他の用事で県庁への問い合わせもできなくなります。

 ワタシだった嘗ては愛知県民だったわけで、愛知県在住当時の事で問い合わせ等をする可能性はあるのです。

 こんな事をするなんて、もう愛知県は県庁としての職務を放棄しているとしか言えません。
 
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2019-10-13 14:08

人の足を引っ張るのは当たり前 韓国ノーベル症

 吉野博士のノーベル賞受賞について、韓国の中央日報は「苦々しい」朝鮮日報は「辛い」と報道しました。
 
 吉野博士の受賞理由はリチウム電池の実用化の研究です。
 
 リチウム電池の恩恵は韓国人も受けているはずです。
 韓国人は単にその利便性の恩恵を受けているだけでなく、リチウム電池の製造や、スマホ等リチウム電池を使用した機器の製造は、韓国の重要産業になり、韓国経済に貢献しています。 そして多くの韓国人がそれで職を得て生活しているのです。
 
 それでもそのリチウム電池の実用化に尽くした人のノーベル賞受賞を祝福する事はなく、それどころか「苦々しい」「辛い」と報道するのです。

 本来、人類の生活と科学の進歩に大きな貢献をした人が、それに相応しい名誉を得た事を、賞賛できず、祝福できないだけでも十二分に情けない話です。
 増して自分達が他の民族以上にその恩恵を受けていれば猶更です。

 それなのに臆面もなく、こんな嫉妬と羨望と憎悪剥き出しの記事を書くなんて、ミットモナイ事この上なしです。

 しかしこれは今回の吉野博士の受賞に限った事ではなく、これまで日本人がノーベル賞を取る度に、韓国の新聞はこの手の報道を繰り返しました。

IMG_5385

 ワタシもネトウヨ歴10年余になり、この手の記事を随分読みましたが、ここに滲み出るのは韓国人の日本人蔑視と憎悪です。
 
 単にノーベル賞への羨望と、韓国人がノーベル賞を取れない事への悔しさだけが問題なら、「辛い」だの「苦々しい」などと言うのは、日本人受賞に限る話ではないでしょう?

 アメリカなど毎年、複数の受賞者を出しており、ノーベル賞受賞者の大半がアメリカ人と言うありさまです。
 またイギリス、ドイツ、フランスなど、西欧先進国も当然ですが、ノーベル賞創設時から多数の受賞者を出しています。

 そして台湾など日本以外のアジア諸国の受賞者もいるのです。

 それなのに韓国人が日本人受賞に限ってこのように恥も外聞もなく、嫉妬心と憎悪を剥き出しにするのは、つまりは韓国人が日本を韓国と同等、或いは韓国以下と信じているのからでしょう。
 
 欧米白人は格上だから受賞は当然ニダ。
 でも格下のはずの日本がウリを差し置いてこんなにドンドン受賞するのは許せないニダ!! 
 世の中間違っている!!
 日本は謝罪と賠償するニダ!!

 こういう心理があるからこそ、韓国を代表する名門紙が恥も外聞もなく、「辛い」だの「苦々しい」だのと書くのでしょう。

 こういう心理があるからこそ、政府や国会議員など韓国を代表する立場にある人達でさへ臆面もなく、旭日旗や旭日旗に似たものへの抗議や、科学的根拠ゼロの福島第一原発の放射能への抗議など、世にもミットモナイ事を平然とやるのでしょう。

 あれってつまりシェイクスピアの戯曲「オセロー」のイヤゴーの嫉妬なのです。
 「オセロー」は主人公オセローの妻デズデモーナへの嫉妬の物語なのですが、その嫉妬は実は、オセローの部下イヤゴーがデズデモーナの不倫を捏造したことから生まれました。
 
 なぜイヤゴーはそんな不倫を捏造したのか?
 それは黒人だから自分より格下と思い込んでいたいたオセローが、自分より遥かに出世してキプロス島の総督と言う高位についたからです。
 それでイヤゴーはオセローへの嫉妬と憎悪を抑えられなくなってしまったのです。

 同様にオセローに嫉妬した人間は他にもいて、彼等もまたイヤゴーに協力して、デズデモーナの不倫を捏造してオセローを苦しめようとしたのです。

IMG_5376

 しかしそれでも正直言ってワタシはあの韓国の旭日旗を貶めるキャンペーンなど、ホントに理解できないのです。
 
 だってイヤゴーとその仲間達も、自分達のやっていることはこの上もなく卑劣だという自覚はあったので、悪だくみが絶対にばれないように細心の注意を払っていたではありませんか?
 
 実際最後にそれがばれたら、皆厳しく断罪されたのです。

 ところが韓国は世に恥ずかし他国への誹謗中傷を、国家が大っぴらにやるのですから驚くしかありません。

 あんな事、民間団体がやるだけでも十分恥ずかしい話でしょう?
 だから日本政府が対応に困ったのも理解できます。

 あんなミットモナイ馬鹿な事をやる連中に、マトモに抗議などしていたら、抗議する側まであのレベルみたいに思われてしまいます。
 だからあれには、日本側の民間団体、例えば在特会でさへ、対抗する抗議活動は控えていました。

 ところが何と韓国政府は、観艦式に招待した自衛艦に旭日旗を揚げるなと言う、驚くべき非礼を公式に行いました。
 更に東京オリンピック開催を前に、韓国政府やオリンピック委員会など公的な団体までが、揃ってこのミットモナイキャンペーンに便乗して騒ぎ出したのです。

 こういうのを見ると、韓国人には日本人の考える恥や自尊心や矜持と言った概念は、存在しないと考えるしかありません。

IMG_5392

 これで思い出したのは、東京オリンピック開催が決定した時の韓国政府の対応です。

 東京オリンピックの開催が決まると、韓国はいきなり東北と北関東8県の海産物の輸入禁止を発表したのです。
 その8県には群馬県と山梨県が含まれていたからお笑いです。

 これについて鈴置高史氏は「韓国では人の足を引っ張るのは当たり前」と書いていました。
 
 鈴置氏によると、韓国は世界の誰も理解できない韓国人の論理で、韓国は日本より格上の国であり、韓国人はそれを世界に認めさせなければならないと考えているのです。

 世界で日本の主張が通るり、韓国の主張が通らないのは、韓国の国力が足りず序列が低いからであり、韓国では自分の序列をあげる為には、競争相手を誹謗中傷して陥れる事は、恥ずかしい事とは感がられていないといいます。

 因みに鈴置氏は在米韓国人達が、慰安婦像を立てたりするのも、彼等が「自分達は十分尊敬されていないと考えているからだ」とも書いていました。
 
 在米韓国人の地位が日系人に及ばないので、慰安婦強制連行を捏造して日本を貶める事で、その分自分達の地位をあげようとしているのだというのです。

 こうなるともう韓国人と日本人では、また韓国人とそれ以外の世界と比べても、人倫の在り方が根源的に違うと言わざるを得ません。

IMG_5436
 
 ワタシはこの鈴置氏の記事を読んだときに、非常に驚きました。

 この記事を読むと韓国人がなぜあれほどミットモナイ低レベルの反日活動に血道をあげるかが、実に完璧に説明できます。

 しかしそもそも日本社会でも、また欧米社会でも、人を誹謗中傷して陥れるというのは、最も卑怯で恥ずかしい事だとされていますから、それを恥ずかしいと思わない文化を持つ国が存在するという事を、なかなか感覚的に受け入れづらいのです。

 けれども韓国人や韓国政府の言動を見ていると、これはもう事実として受け入れるしかありません。
 そしてそのつもりで対応していくことを考えるしかないのです。

IMG_5461

 それにしてもこれでは日韓友好なんか絶対に不可能でしょう?
 イヤ日本だけでなくアメリカだって辟易しているのです。

 韓国は第二次大戦では日本側についてアメリカと戦いました。
 それでもアメリカはそれは不問に付してやり、朝鮮にあった日本政府と日本人の資産をすべてそのまま韓国に与えて独立させてやりました。

 その上朝鮮戦争では5万人も若者の命と引き換えに、韓国を守ってやりました。
 もしあの時アメリカが韓国を見捨てていたら、韓国人は今頃、北朝鮮の同胞共々飢餓線上を彷徨っていたのです。
 
 しかし韓国人達は、そのアメリカに感謝する事もなく、際限もない反米に血道をあげているのです。
 
 これもまた韓国人達が心の奥底に持っている優越感を、アメリカが満足させてくれないことに対する不満の表れではありませんか?

 朝鮮戦争停戦の時に、韓国側は怒り狂い停戦に反対しました。
 李承晩政権も韓国軍も朝鮮戦争では逃げるばかりで、アメリカ軍の足を引っ張っただけなのに、それでも停戦に反対するって呆れるのだけれど、韓国人とすれば自分達は絶対に正しいのだからアメリカは国運を傾けても、韓国が満足するような勝利を得るまで戦い続けるニダ!!です。

 韓国のアメリカへの不満って結局、こういう話です。

IMG_5444

 どんな民族でも、どんな国家でも、その民族、その国家の国民にとっては、かけがえのないものです。
 それは自分とは不可分であり、そして自分の家族や先祖のような物なのですから。 
 だからどんな民族でも、どんな国の国民でも、自分の民族や国を愛し、それを誇るのは当然です。

 しかし自分の民族や国家を誇る為に、他国を貶めずにはいられないような民族や国家とは付き合いきれません。

 まして彼等の持つ選民思想や優越感には、何の根拠もないのに、その優越感や選民思想を満足させないと不平不満を言い募るのでは始末に負えません。

 しかし当人達にしても、こんな優越感や選民思想に囚われて生きるのは非常に辛いでしょう?
 こんな物に囚われているから、他国の成功を羨み嫉妬に苦しみ、挙句果てに世にもミットモナイ事をやらかしては侮蔑されるのです。

 それでもやらずにはいられないのです。 
 侮蔑されると、その優越感や選民思想故に、人並みよりはるかに苦しむ事がわかっているのにです。
 
 これでは本当に辛いでしょう?
 だからその点はワタシも同情します。

 でもこんなのとは付き合きれるわけもないのです。

IMG_5501

 それでも日本にはこういう現実を無視して、日韓友好をわめき続ける人達がいます。
 そういう人たちは何なんなのでしょうか?

 ワタシは彼等は精神的韓国人だと思います。
 中国には今「日精」(精神的日本人)と呼ばれる人達が現れて、中国政府は手を焼いているようです。
 彼等は中国人なのに、日本人にあこがれて、旧日本軍の軍服などを着て歩くのです。
 
 あれの韓国人版ですね。
 つまり日本人なのに、韓国人の精神にあこがれて、韓国人の真似をして、日本と自分以外の日本人を貶める事で、自分のランクを上げたい人たちなのです。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2019-10-12 19:40

雪虫とピーマン

 10月になってから覿面に天候が崩れ出し、雨や曇りの日が増えました。 

IMG_5374

 それで天気が良い日は、外出しなければ損!!とばかりに出かけるのですが、それでも何だか風が強く不安定だったりします。

IMG_5417
 
 そしてそうやって天気の回復した日を狙って外出する度に、秋が深まっていくのがわかります。

IMG_5426

 一昨日、野菜を買いに行った時は、紅葉が真っ赤になっており、雪虫がいっぱい出ていました。

IMG_5434

 雪虫はゴマ粒ほどの大きさで、白い綿毛に包まれて、一匹二匹飛んでいると、実に儚げな風情があるのですが、一杯湧くと煙幕のように道を塞ぎ、目や口に入るので閉口します。

IMG_5454

 それにしてもこんなに雪虫が湧くからには、もうすぐ雪になるのです。

IMG_5438

 野菜の直販所だって後一か月余りで休業で、次に開くのは来年の5月半ば過ぎです。
 
IMG_5462

 そう思うと今のうちに買わねばと言う心理が働いて、また無暗に買い込んでしまいました。

IMG_5467

 小松菜の大束と、水菜とほうれん草と、ラディッシュと、赤ピーマンとバナナピーマンと福耳と言うピリ辛ピーマンと、シシトウを買いました。

IMG_5477

 もうズッキーニは売っていませんでした。 

IMG_5481

 それにしてもこんなにピーマンの類ばかり買い込んで、こんなにピーマンばかり食べていたら頭がピーマンになりそうです。

IMG_5488

 それでもこうやって新鮮な野菜を好き放題食べられるのは、今のうちなのだから何が何でも野菜を買い込んでは食べるのです。

IMG_5494

 日はすっかり短くなりました。

IMG_5506

 3時過ぎには日暮れの気配になり、4時には日が傾いてきます。

IMG_5509

 そして5時にはもう真っ暗になります。

IMG_5513

 この日は二時過ぎに出たのだけれど、途中でパン屋さんにより、そして野菜を買い終わるともう日暮れてきました。

IMG_5515

 日が傾くと手稲山の影がドンドン伸びて、辺りを覆い始めます。

IMG_5526

 そうなる直前の一瞬の間、山の尾根の上で、黄葉したタモの木が金色に輝いているのが見えました。

IMG_5527

 これがこの木の一年に一度の晴れ姿なのでしょう。

IMG_5534

 けれどすぐに日は手稲山の向こうに沈み、タモの木の照らす光は消えてしまいました。

IMG_5536

 山を下る時、また雪虫の煙幕に閉口しました。

IMG_5540

 なんかすごく寂しくなって、人恋しくなったので、買う物もないのに、街中のスーパーを回って帰りました。
 秋になり日が短くなると、用事もないのに、スーパーなど人の集まる場所へ行きたくなります。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2019-10-11 15:59

「いじめ」報道への違和感 神戸教師集団暴行事件

 毎度毎度「いじめ」に関する事件が起きる度に不思議に思います。
 今回の神戸の教師による「いじめ」を見ると、本当に不思議です。

 「いじめ」って何ですか?
 どんな凶悪犯罪でも、仲間内なら「いじめ」で済むのですか?

IMG_4954

 キムチ鍋原液を強要、顔に熱湯やかん 新たな被害50項目判明 神戸・東須磨小暴行
 神戸新聞

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で療養中の男性教員(25)が、加害教員4人から約50項目に及ぶ被害を受けたと訴えていることが11日、関係者への取材で分かった。公表されている以外に、「キムチ鍋の原液を大量に飲まされた」「髪の毛や衣服を接着剤まみれにされる」などの内容も判明。市教育委員会はこうした訴えがあることを把握しており、事実関係の調査を進める。(佐藤健介)
 市教委は既に、加害教員が激辛カレーを無理やり食べさせたり、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を送るよう強要したりしたことなどを公表。さらに、指導案に落書きされる「犬」と呼ばれる-といった訴えがあることも把握しているという。
 関係者によると、男性教員は、熱湯の入ったやかんを顔につけられるプロレス技で首を絞め上げビール瓶を口に突っ込まれ飲まされた後に瓶で頭をたたかれる-などの暴力を受けたと主張。また、かばんに氷を入れられ、かばんや中身をぬらされるダメージ加工のジーンズを「お前いちびっているから広げたる」と言われてビリビリに破かれる-といった内容も訴えている。
 男性教員は今年4月ごろから吐き気や睡眠障害、動悸などの症状が強く出るようになったと指摘。7月に加害行為の一部を把握した校長が加害教員4人を指導したが、その後も「くそやな」「ママによしよししてもらえ」などの暴言を浴びせられたという。8月には「2学期が始まれば、またやられる」と思い詰めて精神状態が悪化したといい、9月から仕事を休んで療養を余儀なくされている。
 また、萩生田光一文部科学相は11日の閣議後の記者会見で、亀岡偉民副大臣と佐々木さやか政務官が15日午前に神戸市教育委員会を訪問すると明らかにした。教育長らと面談するという。
 萩生田氏は「言語道断で極めて遺憾だ。懲戒処分を含めた厳正な対処をし、信頼回復に努めてもらいたい」と述べた。

IMG_4964

 この東須磨起きていたのは、ただもう驚くばかりの凶悪犯罪です。

 この記事では「いじめ」と報道されていますが、これって集団暴行、強要罪、器物損壊、傷害などの犯罪ではありませんか?

 キムチ鍋の原液を大量に飲まされた

 髪の毛や衣服を接着剤まみれにされる

 激辛カレーを無理やり食べさせる

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を送るよう強要

 指導案に落書きする

 熱湯の入ったやかんを顔につけられる

 プロレス技で首を絞め上げ

 ビール瓶を口に突っ込まれ、飲まされた後に瓶で頭をたたかれる

 かばんに氷を入れられ、かばんや中身をぬらされる

 ダメージ加工のジーンズを「お前いちびっているから広げたる」と言われてビリビリに破かれる

 例えばもし教師が居酒屋で、他の客の口にビール瓶を突っ込んで飲ませ、その後瓶で頭を叩いたらどうなりますか?

 それだけで逮捕されて、実名報道されて、懲戒解雇ではありませんか?
 「酔っていたから」「悪気はなかった」などの言い訳は一切通用しないでしょう?

IMG_4966

 ここにずらりと並んだ犯罪行為は、皆これ一つでも犯せば、一般市民ならそれで社会的生命が終わりになるレベルのものばかりではありませんか?
 まして教師のように、より高い倫理を要求される職業ならなおさらでしょう?

 ところがこの「いじめ」事件は、このような犯罪を繰り返した凶悪犯達の名前すら報道されていません。
 一体なぜですか?

 凶悪犯罪も同じ職場内で、集団でやれば「いじめ」として、凶悪犯罪でなくなるのですか?

 同じ集団暴行でもたまたま道で出会った暴力団員からやられたら、犯罪だけれど、職場の同僚な等「いじめ」で済むのですか?

 これオカシイでしょう?

 同じ職場なので被害者が警察に被害届を出しかねて、犯行が繰り返されたのであれば、単なる通り魔的な集団暴行よりはるかに悪質でしょう?

IMG_4974

 ワタシは前々からこの「いじめ」と言う言葉にすごく違和感がありました。
 
 例えば子供に「いじめ」によくある「いじめ」に、「口を利かない」「一緒に遊ばない」「仲間外れにする」「本人が嫌がるあだ名で呼ぶ」などと言うのがあります。

 実はワタシは性格が悪い上、当時としてはまだ珍しかったアトピー性皮膚炎なんか抱えていたので、小中学校ではほぼこの手に「いじめ」に遭っていました。
 でもこのような「いじめ」を処罰するべきではないと思うし、そもそも教師が介入するべきでもないと思っています。

 だって「仲間外れ」にされた側がどんなに辛がったとしても、相手の子供にも人権があります。
 
 子供でもプライベートライフでは、自分の好みで友達を選び、自分が付き合う相手を自分で決める権利があります。
 そういう権利を教師が強権的、暴力的に蹂躙しても、無理矢理に嫌いな子との遊びを強要してよいのでしょうか?
 そんなことをしても、嫌いな相手を好きになるわけもなく、益々お互いの嫌悪が増すだけでしょう?

 子供に教えるべきは「嫌いな子と仲良くしろ」ではなく、個人的な好悪愛憎はプライベートライフにとどめ、個人の好悪を持ち込んではイケナイ場所では持ち込まない、そしていくら嫌いな相手でも、暴力をふるったり、まして金品を奪うような事は犯罪であるという事でしょう?

 だからこの種の「仲間外れ」を「いじめ」と呼んで済ませるのはわかります。

IMG_4981

 しかし例え子供同士でも、医者の治療が必要なほどの暴行をする、持ち物を壊したり隠したりする、金品を奪うとなると、これはもう完全に犯罪ではありませんか?

 こういう犯罪を「いじめ」と呼んで、「一緒に遊んでやらない」「悪口を言ってはやし立てる」なんてことと一緒にするのはオカシイのではありませんか?

 子供の「いじめ」と言われている事件でも、驚くほどの高額の金品を奪っている例もあるのです。
 暴力団員並みに恐喝をやって金品を奪った話を「いじめ」なんて言って済ませてよいのですか?

 本来なら子供達に「いじめはいけません。」なんて言って済ませるのではなく、「友達から金を奪えば、強盗だから少年院に行くことになる。」「怪我をさせたら傷害罪になる。」と教えるべきではありませんか?

 同じクラス内なら、同じ学校内なら、金品を奪おうが、大怪我をさせようが、仲間外れにして一緒に遊んでやらない事と、同列同罪で済むと思わせるなんてとんでもない話でしょう?

IMG_5154

 それでもまだ子供同士の事であれば、犯人も幼くて理非をわきまえていないのだから、将来の為に穏便に済ませてやりたい、あえて「犯罪」と言う言葉は使いたくないという理屈もあるでしょう?(ワタシはこんな理屈は間違っているとは思いますが・・・・

 しかしこの神戸の教師の「いじめ」はそういう理屈も全く通用しません。

 犯人達は成人であり、しかも教員なのですから、こうした集団暴行や器物損壊、強要罪が悪質な犯罪であったことは十二分にわきまえていたはずです。

 彼等が被害者にやったことで、犯罪とまでは言えないのは「犬と呼んだ」ことぐらいでしょう?

 それを「いじめ」などと報道して、未だにこの凶悪犯達の実名報道さへされないのはなでしょうか?

 この凶悪犯罪の犯人の実名を隠蔽し、何とか処罰させないために、この犯罪を「いじめ」と報道しているのでしょうか?

IMG_3938

 京都アニメ放火事件では、マスゴミは被害者と被害者遺族の人権を無視して、亡くなった方の実名を報道しました。
 
 彼等の理屈では、実名報道する事が事件を解明し、防止するために必要とのことでした。

 だったらこの凶悪犯達の実名だって断固報道するべきでしょう?
 
 犯人が勤務していた小学校の名前はわかっているのです。
 小学校の教員の人数は限られているのだし、性別や年齢始め公開情報からでも簡単に推定できるはずでしょう?

 実名報道大好きなマスコミが未だに実名公表を要求しないところを見ると、この凶悪犯は在日コリアンや被差別部落民など、被差別特権階級の出身者なのでしょうか?
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2019-10-09 19:38

芸術利権死守するニダ!! 愛知トリエンナーレ

 愛知トリエンナーレは何とも異常な事になっていますね。
 「表現の不自由展」再会に対して、河村名古屋市長が会場前で抗議の座り込みをしているのですから。

 愛知トリエンナーレの主催者は愛知トリエンナーレ実行委員会ですが、河村名古屋市長は会長代行で、会長である大村愛知県知事に次ぐ地位です。
 しかもメイン会場のほとんどは名古屋市内であり、名古屋市の施設が多数使われています。
 名古屋市は愛知県の半分程度の費用負担もしています。

 愛知トリエンナーレの運営規則は不明ですが、普通このような状況で、会長が副会長の反対を完全に無視して、再会ってあり得ないでしょう?

IMG_5173

 愛知トリエンナーレは愛知県や名古屋市の予算に民間の寄付を加えて行われる公共事業なのですが、しかし公共事業で県知事が最も重要な自治体の首長の反対をガン無視して強行するなどと言う例は、見たことがありません。

 そもそもこの座り込みに先立つ20日近く前の9月20日に、大村知事に「表現の不自由展」に対する問題点を指摘した公開質問状を出しています。
 
 本来であれば実行委員会会長である大村県知事は、問題が出た時点で、会長代行である河村市長と話し合い、名古屋市の立場も考えた上で、対応するべきだったのです。
 
 ところが大村知事は、どうやらこの問題が起きてから、一度の河村市長と話し合いをしていないようなのです。
 
 またこの問題を検証するために作った検証委員会と言うのも、大村知事が一人で勝手に作り、委員会の人選にもまたその検証内容にも、名古屋市側の意見は一切反映されていないのです。
 つまり大村知事が自分に都合よく検証してくれる人間だけを集めて、都合の良い結果を出しただけなのです。

 こんなの普通「検証」とは言えませんよね?
 こんな「検証」を名古屋市として認める事ができるわけないでしょう?

IMG_5177

 だからこそ河村市長も、公開質問状で大村知事の意見を聞くしかなかったのですが、しかし大村知事は未だにこの公開質問状にも回答をいていません。

 本来なら「表現の不自由展」再会の前に、この質問状に回答するべきでしょう?
 ところが大村知事は質問状への回答さへせずに再会を強行したのですから、河村市長とすれば座り込みでの抗議をするしかなくなったのです。
 
 これってホントに異常でしょう?
 一体何で大村知事は、ここまで河村市長を無視するのでしょうか?
 
 県知事が県内の最も重要な自治体、県庁所在地の市長を、ここまで蔑ろにした例は見たことがありません。
 普通の県知事なら、県庁所在地どころか県内最小の自治体の首長でも、ここまで蔑ろにすることはないでしょうに。

 そして愛知トリエンナーレに対する県費出資について、愛知県民から何件も出されている住民監査請求についても、愛知県知事は様々口実を設けて監査拒否を続けています。

 大村知事がここまで「表現の不自由展」に執着するのは、つまりはこれには芸術利権が絡んでおり、その芸術利権に群がる連中が、大村知事の弱みを握っているからとしか考えられません。

IMG_5184

 ところでこの芸術利権ですが、この騒動でワタシのような部外者にも何となくわかってきました。
 例えばこれです。

 愛知トリエンナーレにはこんなのも出ていたのですね。

 愛知トリエンナーレの問題作品 「放射能最高!」と叫ぶ

 これは昭和天皇の写真を焼いて踏みつぶす作品と同様、インスタレーションと言われる動画なのですが、その動画の中で登場人物たちがこんな事を叫んでいるのです。

1:35~
被爆最高!(Radiation exposure is great)
1:37~
相馬(市)最悪!(soma city sucks)
1:43~
放射能が出てるよ!(Radiation is leaking)
放射能最高!×3回(Radiation is great)
放射能最高ですか?(Is Radiation great?)
放射能最高なんですか?(Is radiation really great?)
もうちょっと浴びたいよ!(I wanna take it a bit more) 

2019y10m09d_202328881
 
 酷いですね。
 福島ヘイトでしょう?

 しかしこの作品、最初から展示されていたのでしょう?
 何で今まで問題にされなったのでしょうか?

 理由はリンク先の動画を見るとすぐに推測できます。
 あまりにつまらないから、誰も動画開始から1分35秒まで見ないで立ち去ったからでしょう。

 ワタシも最初の数秒で後を見る気がしませんでした。
 
 だって10人ほどの人間がスクラムを組んでただ喚き続けるだけの動画なんですよ。
 こんな物、立ち止まって1分以上見る人間なんか、殆どいないでしょう?

 だから今まで1分35秒後から始まる福島ヘイトの連呼に気づかなかったのです。

 しかしこれでも一応芸術だそうです。
 この作者はそれで、芸術に文化庁が金を出さないのはけしからんニダ!!と喚いています。

 「私が愛するアートへの冒涜は許さない。目覚めよ、と言いたい」。Chim↑Pomエリイさんが補助金ストップの文化庁に言いたいこと

2019y10m09d_202639453

 論理がグチャグチャで突っ込みようもないのですが、しかしこれを読むと、作者の言語表現力のお粗末さと、創造力の欠如、そして強欲と権威主義がよくわかります。

 言語表現力が超お粗末なので、台詞のあるインスタレーションなのに、見る人が1分30秒待たずに立ち去るような物しか作れないのです。
 
 それでもウリの作品は海外の美術館にも展示されているし、自分の作品はグーゲンハイム美術館にも買われた芸術なのだから下民度も、恐れ入れ!! 
 文化庁金出すニダ!!
 芸術なんだから!!

 しかしねえ・・・・、これが本当に芸術で見る価値があると思うなら、動画なんだしさ、何も美術館に置かなくてもyou tubeででも公開すればいいでしょう?

 そうすれば美術館なんかに置くより、はるかに多くの人々に見てもらえるではありませんか?

 本当に芸術で、人の心を揺さぶる物なら、ドンドン再生されて、その収益で生活もできるし、新しい作品を作る製作費だってでるでしょう? 

 高校数学の問題を解説する動画でも、結構再生されていて、うぷ主の小遣い稼ぎにはなるのですから。

2019y10m09d_203719539

 でもこの自称芸術家氏の作品は、わざわざ入場料を払って展覧会に来た人でさへ、1分35間我慢してみていられないほどつまらなかったのですから、ホントにもう完璧なまでに無価値なのです。

 福島ヘイトとかいう以前に、どうしようもなくつまらない動画だとしか言いようがないのです。

 この作品だけでなく、昭和天皇の写真を焼く動画だって、あの売春婦像だって、あれそもそも動画としても彫刻としても何の価値もないものでしょう?
 あの作者が思想を変えて、極右になっても、あの作者が作る作品に感動するネトウヨはいないだろうし、あの売春婦像に比べたら、不二家のペコちゃんとか薬局のサトちゃん像の方が余程感動的でしょう?

 そんな連中でも芸術利権団体に加わって、この種の展覧会の常連になれば、製作費や作品レンタル料を公費から得られたうえ、さらにはグーゲンハイム美術館にお買い上げになるのですから、美味しい話ですね。

 こんなゴミみたいな動画が「芸術」になるのは、この動画が文化庁の助成金の付く展覧会に展示されるからです。
 
 何しろ現代美術なんて一般の人が見ても全然わからないものですから、〇〇美術大学教授とかそういう権威を持つ人間がスクラムを組んで「これが芸術ニダ」と言えば、それで芸術になり、公費を食いつぶせるという構造なんですね。

 だから連中はそれで延々と公費を食いつぶしてきたのです。

IMG_5298
 
 ところが今回の愛知トリエンナーレの騒動で、この芸術利権に「No!」を突き付けられたのです。

 これは芸術利権団体にはショックでしょう?
 これで芸術利権を食いつぶしてきた連中って、画力とか言語表現力とかその他、芸術家としての最低限の資質もない連中ですから、これを取り上げられたら生活できません。

 そこで大村知事を脅して、必死の利権死守を図っているのでしょうね。

 しかしせっかくですから、これからはもうこの手の「芸術祭」は全部やめるべきでしょう?
 勿論やりたい人はやればよいけれど、自費でやればよいのです。

 古来、優れた芸術と言うのは、権力の支援なんか必要としなかったでしょう?

 浮世絵だって漫画だって、権力から忌み嫌われたけれど、それが優れた芸術だったから、ドンドン発達して、今も人々を感動させているのですから。

IMG_5333

 因みに大村知事への抗議は、愛知トリエンナーレではなく、愛知県庁にするべきです。
 愛知トリエンナーレ側は、電話を10分できる等の対応すると決めているので、ここに電話をしても意味はないですから。

 大村知事への抗議は知事秘書室が一番良いと思いますが、県民文化局や県議会、自民党議員議員団などもよいかも?

 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/zaisan/0000007762.html 
 
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2019-10-07 15:42

読書の秋の辛い読書 「津波の霊たち 3.11死と生の物語」

 昨日は午後3時過ぎになってから、綺麗な快晴になりました。 
 一昨日と一昨昨日は雨で外出できなかったので、空の青さと光の明るさが、格別に感じられました。

IMG_5178

 しかし何となくアタマがぼんやりしていました。 一昨日の夜に読んだ「津波の霊たち 3.11死と生の物語」があまりに辛く重かったので、眠れなくなってしまったのです。
 この本の著者はイギリス人のジャーナリストです。
 彼はあの東日本大震災の後、大川小学校で子供を喪った両親をはじめ、津波の犠牲者の遺族や、津波の後被災者の支援を続けた僧侶などのインタビューを中心にあの津波を描いたのです。

IMG_5189

 ワタシも甥の一家が気仙沼にいるので、あの津波の時は連日、ネットが使える近所の地区センターに通って気仙沼と甥一家の情報を探しました。
 ワタシの契約しているプロバイダーは地震発生とともにダウンしてしまい、我が家のネットが使用不能になったし、NHKを始めテレビ情報は、おどろおどろしい映像を流すだけで、本当の意味での被害情報を得るには、何の役にも立たなかったからです。

 それでも幸い甥一家は、家は全壊したものの、家族は全員無事でした。 そして今では家も建て直し、全く元通りに暮らしています。
 だから我が家にとっては、あの津波はそれで終わりました。
 しかし家族を失った人たちは、そういうわけにはいかなかったようです。

2019y10m07d_140130247

 この本を読んでいて「死」の重さ、とりわけ子供を喪った親の悲しみに圧倒されてしまいました。
 この本では大川小学校の悲劇が詳しく描かれていますが、親たちが我が子の遺体を探し続ける話は、胸が痛くなります。

 彼等は遺体安置所を巡り歩き、或いは重機のオペレーターの資格を取って学校周辺の地面を掘り返し、そして霊能者を頼って、ひたすら我が子の遺体を探し続けたのです。
 大川小学校で犠牲になった子供達の中で、まだ遺体が見つかっていない子が一人いるのですが、その子の父親は重機を使って今も息子の遺体を探しているのです。

IMG_5223

 こんなに親たちが苦しむのは、津波と言う天災で子供を喪い、遺体も戻らないからでしょうか?
 病気や交通事故など、平時に他の死に方をしたなら、ここまで苦しむ事はなかったのでしょうか?
 
2019y10m07d_140458407

 平時に事故や病気で死ねば、遺体を探す必要などないし、直ぐにお葬式をして丁重に埋葬して、周りの人々から慰めてもらう事ができます。
 でもあの津波では地域社会全体が甚大な被害を受けた為に、犠牲者の親族たちも遺体を探しながら、それぞれの仕事を続けなければなりませんでした。

 例えば高校の教師だった父親は、勤務先の高校が地域の避難所になっていたので、そのまま勤務を続けて、避難者たちの世話に明け暮れ、休日には妻と遺体安置所を巡って、娘の遺体を探し続けたのです。
 そのような状況で我が子の死を迎えなければならなかったことは、その死をより辛いものにしたのか? それともむしろそれが救いになったのか? 何とも言いかねます。

2019y10m07d_140609385

 この本の中では大川小学校の犠牲者の両親たちが起こした、訴訟についてもかなり詳しく描かれていました。
 大川小学校の悲劇が天災だったのか、それとも防災体制に不備による人災だったのか?
 この本を読んで、ワタシには何とも判断がつきかねます。
 しかし実は原告側も、本当の意味では判断はできなかったのではないでしょうか?

IMG_5280

 この本で知ったのですが、実はあの津波の犠牲者のうち、学齢期の子供達の割合は驚くほど少なかったのです。
 あの津波は平日の授業時間中に来たので、学齢期の子供達のほとんどは学校にいました。
 そして学校で死んだ子供は、大川小学校の犠牲者以外に、もう一人先生の引率で津波から避難中に溺死した中学生だけでした。

 被災地の学校が地震で倒壊した例は一例もなく、津波で水没した9校のうち、大川小学校を除く8校では、この一人を除く全員が無事に助かっているのです。
 教師達は見事に生徒を引率して、津波から脱出させたのです。
 小中学生の死者のほとんどは、実は病気などで学校を休んで家にいた子供達なのです。
 つまり大川小学校以外では学校の防災対策は完璧だったのです。

IMG_5285

 大川小学校の場合も防災訓練も、ヘルメット等の防災用品の準備もきっちりできていたのです。 また校舎は頑丈なコンクリート建築で、小高い丘の上にあり、地域の避難所に指定されていました。
 だから地震が起きた時は、生徒達はすぐにヘルメットをかぶり、即刻校舎を出てグラウンドで待機したのです。

IMG_5286

 しかし大川小学校の防災マニュアルには、津波に対する対応が全く整備されておらず、そもそも津波が来た時にどうするかを検討した節さへありませんでした。
 それでも避難しようと思えば、避難する事は十分可能でした。 
 地震の発生から津波の襲来までには、1時間弱の時間がありました。
  
 地震が起きたのは下級生の下校時間に当たっていたので、校門にはスクールバスが待機していまたし、地震を心配して車で子供を迎えにきた親達もいました。
 だから子供達をスクールバスや車の乗せて、高台に逃げてしまえばそれまでだったのです。

 また学校の裏には山があり、学校の脇からその山頂に通じる道がありました。 
 この道は子供の足でも楽々と歩ける道なので、子供達は野外学習でその山に登っていました。 
 そして津波が大川小学校を襲った時、この山に登る事が出来た子供達は皆助かったのです。
 だったら早めに子供達を連れて山に登っていれば、何の問題も起きなかったのです。
 
IMG_5294

 しかし結局、先生たちは地震発生から津波が来るまでの一時間弱を、子供達をそのまま校庭に留め置きました。
 子供達の中には「山へ逃げよう」と言った子もいたし、子供を迎えに来た母親の一人津波が来るから早く逃げるようにと教頭に言ったのです。
 けれども教頭は「奥さん、落ち着いて」と言って動きませんでした。
 そして彼もまた津波に呑まれたのです。

 なぜ教師達は避難を躊躇い、校庭に留まり続けたのでしょうか?

IMG_5296

 大川小学校には当時108人の生徒と11人の教職員がいました。 
 そして生徒74人と教職員10人が死亡しました。
 体力のある大人の方が、子供達よりも遥かに死亡率が高い所を見ると、津波が来た時、この教職員達は子供達を捨てて逃げるような事はしなかったと考えるべきでしょう?
 おそらく彼等は皆子供達を守ろうとして津波から逃げられずに死んだのです。

 そして唯一の生き残りである先生も、自身が脱臼しながらも、怪我をした生徒を助けて避難させています。
 ワタシは6月に脱臼したばかりなので、脱臼がどれほど辛いかがよくわかります。
 救急車の中でも痛みで泣きそうだったのです。
 そういう状態で子供を助けるなんて、尋常な責任感ではありません。

IMG_5309

 但し彼は裁判では完全に沈黙を守り証人としての出廷もしていません。
 彼はあの場にいた大人たちのうちで唯一の生き残りであり、当時の教師達の状況判断について知る唯一の人間なのにです。

 そもそも子供を喪った親達が、訴訟まで起こした最大の理由は、実はこの先生や石巻教育委員会など学校の管理の責任者たちが、ひたすら逃げの姿勢を取って、「なんで我が子は死ななければならなかったのか?」と言う親達の問いに答えなかったためなのです。

IMG_5315

 なるほどこれについては石巻市教育委員会もこの教師も非難されて当然でしょう。
 しかし彼等の立場を考えればこれも辛いものです。

 石巻市も津波で甚大な被害を受けています。
 だから石巻市教育委員会のメンバーだって多くが自身の家や家族を失っているのです。
 そういう状態でも当時の被災地の公務員達と同様、彼等もまた被災者の救援や災害復興の為に勤務を続けていたのです。

IMG_5319

 その上こうした訴訟に対応するというのは、完全に人間の限界を超えているでしょう?
 これが平時であれば、家族を喪ったり、自宅が破壊されたりした人は、生活が元に戻るまで休暇を取って当然だし、そういう状態の人を職務上の責任で攻め立てたら、責めた方が非難されるのです。
 でも石巻市ではそういうわけにはいかなかったのです。 
 だって市民皆が被災者なのだから、被災者だからと言って休暇なんか取れないからです。

IMG_5321

 そしてたった一人生き残った先生が、何も証言したくないのだって理解できます。
 そもそも自分自身が死にかけ、目の前で多数の同僚や子供達が死んだのですから、深刻なPTSDになって当然です。 
 また子供達を守ろうとして死んでいった同僚達を責める結果になるような証言は絶対にしたくないでしょう?

IMG_5323

 実はこの人は理科が専門で、大川小学校の前に勤務していた小学校で、その学校の津波の避難マニュアルを変更した実績があります。

 その小学校ではそれまで津波の時には、学校の屋上に避難する事になっていたのですが、でもこの先生は、その避難マニュアルを変えて、学校近くの高台にある神社の境内に避難する事にしたのです。

 東日本大震災ではこの小学校の校舎は津波で完全に水没しました。
 しかし神社の境内は津波の被害は受けませんでした。 それで生徒教職員全員が助かったのです。
 だから彼は前任の小学校の生徒教職員全員の生命を救った人なのです。

IMG_5335

 しかしそういう先生だからこそ・・・・。
 
 だったら先生はなんで、大川小学校の津波避難マニュアルを治してくれなかったのよ??!!
 先生がマニュアルを変えてくれていたら、うちの子は死ななくて済んだのに!!

 ワタシが大川小学校で命を失った生徒の親ならそう言って責めてしまいます。

IMG_5338
 
 彼は大川小学校については津波の心配はしなかったのでしょうか?
 それともそもそも、大川小学校の防災マニュアルについては無関心だったのでしょうか?
 提言したけれど、他の教員達に反対されてできなかったのでしょうか?
 或いはマニュアル変更を提言できないような何かがあったのでしょうか?
  
 これはいずれであってもこのの悲劇の原因になった大川小学校の危機管理体制の問題についての最も核心的証言になるはずです。
 でも彼は沈黙しています。
 それでもこのいずれであってもこの問題については彼自身が一番苦しんでいるという事は、容易に想像できます。

 あの時、自分がちゃんと調べていれば・・・・・。
 もっとちゃんと他の先生たちに言っていれば・・・・・。
 皆が反対しても、絶対に山に避難するべきだと主張していれば・・・・。

 彼はこれを一生後悔し苦しみ続けなければならないのです。

IMG_5339

 福島第一原発の事故もそうですが、この大川小学校の悲劇も、ほんのわずかの判断ミスから生まれました。
 もう少し用心していれば・・・・。
 
 もう少し用心して防波堤をかさ上げしてれば・・・・。 
 もう少し用心して津波の時の避難所を決めていれば・・・・・。
 
 あの津波は千年に一度の規模の津波でした。
 しかも千年前にあのレベルの津波が、東北地方を襲った事が地質学から証明されたのは、あの津波の半年ほど前の事でした。

 東日本大震災の津波の被災地は中世以前は人口希薄地だったので、文献資料にはこの津波は記載されていなかったのです。

IMG_5341

 そういう津波に対して一体どのように対応できるのでしょうか?

 大川小学校は海岸から6キロ余りの内陸にあり、北上川からも200メートル、つまりバス停一つ分も離れてた高台にありました。
 だから地元の人達の記憶を手繰っても過去にこの近隣が津波の被害を受けた話は出てきません。

 それで大川小学校近辺の住民の多くは、地震の後もそのまま自宅に留まり、津波で死亡しています。
 津波に襲われた地区で、助かったのは仕事等で自宅を離れていた人たちだけなのです。

 それでも半年前に科学的にこの規模の津波の襲来は証明されたのだから、やはりその為の対応はするべきだったのでは?

 そもそも教師として子供の安全を守る責務を負うのだから、用心をしてイケナイ理由はないのですから。 そして大川小学校の場合は、山に避難するのも、車で逃げるのも、何の問題もなければ、費用がかかるわけでもなかったのですから・・・・・・。

 そしてこの判断を誤った結果、大惨事になったのです。
 だからこそ生き延びた人々は苦しみ続けなければならないのです。

IMG_5344

 しかし死者もまた苦しみ続けているようです。
 「津波の霊たち」と言うタイトルの通り、この本には津波の死者たちの霊の話も随分書かれています。

 津波の後、被災地では幽霊を見た人、幽霊に憑りつかれて苦しむ人々が多数いました。
 
 また大川小学校の死者の親達は、霊能者に頼るようになりました。
 霊能者に口寄せをしてもらって、死後の世界にいる子供達と対話する事で、何とか精神の平衡を保ちました。

 更に遺体捜索に当たる警察からも「霊能者に相談しください」と言われました。
 警察が霊能者に頼るって?

 でも何か月も闇雲に地面を掘り返し続けるぐらいなら、霊能者でもなんでも頼れる何かがなければやっていられないでしょう?
 
 そして霊能者が示す場所で遺体が発見された例もあったそうです。

IMG_5353 
 一方、津波で死んだ人々の多くが、自分の死を受け入れられず苦しんで他人に憑依しました。

 学校へ娘を迎えに行こうとする途中で車ごと津波に呑まれた父親の魂は、必死に娘の名を呼び続け、娘のところに行こうとしていました。

 被災地のお寺の僧侶たちは、このような霊に憑依された人々を救い、そしてこうした霊が成仏できるように助けました。

IMG_5357
 
 この本の著者はイギリス人です。
 イギリスの文化には、このような憑依や死者の口寄せと言うものはありません。
 しかし彼はこうした霊に苦しめられる人々に対応する僧侶の話を淡々と描いています。

 こういう霊は実在するのでしょうか?
 それともこれは未曽有の災害を生き延びたために苦しまなければならない人々の精神から生まれた幻想なのでしょうか?

IMG_5358

 散歩に出たのが3時過ぎだったので、直ぐに日は傾いてきました。
 そしてドンドン寒くなってきました。

 散歩中ずうっと寝ぼけたアタマで、いろいろな事を考え続けました。
 でもどんなに考えても答えの出ないでしょう。

 読書の秋の辛い読書になりました。 

 それでもこうしてブログに書くことで、少し気持ちが整理できます。
 そしてこれを読んでくださる方がいると思うと、凄く救われた気持ちになれます。
 だからワタシはこのブログにアクセスしてくださる皆様には、いつも心から感謝しているのです。


  1. 古本
  2. TB(0)
  3. CM(28)

2019-10-06 13:18

米軍政が悪い? ハンセン氏病被差別利権 

 先日、大師小さんのところで拾ったニュースですが、ハンセン氏病差別裁判と言うのは、完全な利権漁りである事が明らかになりました。

 ハンセン病患者家族の新たな補償制度 最終的な補償額が焦点に
 2019年10月2日 5時52分
 ハンセン病患者の家族への差別被害を認めた集団訴訟の判決を受け、政府は新たな補償制度をめぐり、補償額を判決以上に増額し、対象も拡大する方針を固めました。ただ、原告側とはなお折り合っておらず、最終的な補償額が焦点となります。
ハンセン病患者の家族への差別被害を認めた集団訴訟の判決では、1人当たりの賠償額が元患者との関係に応じて異なっていて、弁護士費用を除き、差別を受けたという認識がある元患者の親子や配偶者は130万円、きょうだいは50万円などとなっています。
 これを受けて、政府は新たな補償制度をめぐり、原告側の意向や過去の事例などを踏まえ、それぞれの補償額を判決以上に増額する方針を固め、原告側との協議で具体的な額を提示していることが、関係者の話で分かりました。
 また、補償の範囲も判決以上に拡大し、元患者のおいや、めい、孫も同居していたことを条件に対象に加えるほか、元患者本人への賠償を命じた判決が確定したあとの平成14年以降に被害があった家族や、アメリカ軍占領下の沖縄で被害を受けた家族も含める方針です。
ただ、原告側は「補償額が不十分だ」としていて、なお折り合っておらず、最終的な補償額が焦点となります。
 政府は2日、ハンセン病の差別解消のための「協議の場」を設け、人権啓発や名誉回復に向けた具体策についても議論を本格化させることにしています。

IMG_4897

 元来、この原告達が国にハンセン氏病差別の賠償を求めた理由は、

 日本政府はハンセン氏病の特効薬プロミンが発見されて、ハンセン氏病が完治する病気になった後も、強制隔離政策を続けた。 そのことが一般国民にハンセン氏病は恐ろしい病気と言う偏見の原因になり差別を助長し、患者の社会復帰を妨げた
 
 と、言うものでした。
 
 確かに日本のハンセン氏病療養所ではプロミン発明後も、国内でのハンセン氏病治療にプロミンを取り入れるのが遅れたばかりか、日本政府は強制隔離を認めるライ予防法を1996年まで廃止しませんでした。

 だからハンセン氏病への差別と偏見の原因は国である!!

 と、言うのが原告等、ハンセン氏病利権団体の言い分です。

 しかし同じ日本で、戦後すぐにプロミンを使用して、ハンセン氏病患者の治療に当たった地域があります。
 それが沖縄です。

 沖縄での米軍政下でのハンセン氏病治療については、恵隆之介さんが以下の動画で詳しく解説しています。 (ハンセン氏病については29分から)



 プロミンは1943年、アメリカで開発されましたが、1945年米軍が沖縄を軍政下におくと、米軍は沖縄にあったハンセン氏病の療養所に専門医スコアブランド博士を送り込んで、ただちにプロミンによる治療を開始しました。

 プロミンはハンセン氏病の特効薬なのですが、しかしプロミンによる治療は患者の体力の消耗が激しいので、プロミンを投与した場合、患者には一日3000カロリーを超える食事を摂取させる必要がありました。
 
 なるほどこれじゃ、日本国内で終戦直後からプロミンを使うなんてできるわけがありません。 100万人の餓死者が出るといわるほどの食糧不足だったのですから。

 しかしそれだけではありません。 
 患者には当時の沖縄の一般庶民をはるかに上回る生活レベルが保障されていました。

 例えば当時の沖縄の貧しく、一般庶民は茣蓙を敷いて寝ていました。
 けれどもハンセン氏病の療養所では、布団が与えられていたのです。

 こうした恵まれた療養生活の費用は、全てアメリカ政府が賄い、患者には一切負担がありませんでした。

 これって謝罪や賠償を要求するような話ですか?

IMG_4912
 
 そもそもハンセン氏病への差別と偏見は、日本政府や米軍の隔離政策の為に始まった物でしょうか?
 
 それは違います。
 ハンセン氏病への差別や偏見は、紀元前から世界中に存在したのです。
 ハンセン氏病患者は、紀元前から世界中で忌み嫌われたのです。

 それはハンセン氏病があまりに悲惨でおぞましいからです。
 ハンセン氏病は皮膚と軟骨と神経を侵します。 その為、皮膚が糜爛し、鼻が脱落し、四肢が壊死していきます。
 そして猛烈な悪臭を放ちます。

 ペシャワール会の中村哲医師は、ペシャワールで初めて本物のハンセン氏病患者に会った時、余りの悪臭で嘔吐したと言っています。

 ペシャワール会はペシャワールを中心に、パキスタンとアフガニスタンで医療支援するNGOですが、元来はハンセン氏病の救済を目的にしていたのです。 
 それにしてもハンセン氏病患者救済の覚悟を決めてパキスタンに行き、その後現在に至るまでその地で医療活動に従事するほどの医師が嘔吐するほどの悪臭って、想像を絶しますよね?

 そういう悲惨な病状であれば、誰もが忌み嫌うのは当然でしょう?
 感染するとかしない以前の問題です。

IMG_4918

 だからハンセン氏病に罹った人たちは、故郷を離れて、巡礼として聖地から聖地へと彷徨い歩きました。
 奇跡が起きて病気が治る事を願いながら・・・・・。

 これはキリスト教世界でもイスラム世界でも、そして日本でも同様でした。
 日本ではハンセン氏病の強制隔離政策が徹底するまで、お遍路さんと言うのは、実は多くがハンセン氏病患者でした。
 
 ハンセン氏病から四肢の麻痺や壊疽などの障害を抱えて、旅費が尽きれば乞食をして、札所か札所をめぐりながら、やがて力尽きて死ぬのです。
 それが元来のお遍路さんだったのです。

 また乞食になるのも普通でした。 
 福祉のない時代に資産のない人が病気で働けなくなれば、たちまち生活に困窮するのですが、ハンセン氏病の場合は、障害を抱え込んで働けなくなり、容姿が無残に変形しても、簡単には死なないので、乞食にでもなるしかないのです。

 昭和初年のころには、大都市の繁華街にはこうした「ライ乞食」がずらりと並んでいたといいます。

 ワタシの母は子供の頃(1930年代)、神戸の繁華街でこうしたライ乞食を見て、恐ろしくてたまらなかったと言っていました。 

2019y10m06d_201646380

 そういう状況が変わったのは、日本政府がハンセン氏病の療養所を設立して、強制隔離策を取ってからです。
 その療養所での生活を描いたのが北条民雄です。
 
 彼は自身もハンセン氏病患者として、療育所で暮らしながら、自分自身の体験や周りの患者達の生活を小説として描き続けました。

 彼の小説を読む限り、国の強制隔離策に対する憤りのような物は一切ありません。
 彼自身は比較的裕福な家庭の出身なので、働けなくなっても乞食になる心配はなかったのでしょうが、しかしハンセン氏病の症状を考えたら、療育所の外で暮らす事はできなかったのです。

 当時は健康保険制度や社会福祉制度は未整備でした。 だから結核その他の患者達の自費で治療するしかありませんでした。 
 そういう状況でハンセン氏病患者だけに国が医療と生活を保障するには、「強制隔離」と言う制度にでもするしかなかったのです。

 尤もそのような制度下でも病状の軽い患者は、医師の承諾を得た上で、療養所外で生活する事ができました。

IMG_4928

 しかし沖縄ではハンセン氏病への差別はもっと無残でした。
 沖縄ではハンセン氏病を発病すると、家族から家を追い出されました。
 そして村や町からも追い出されたのです。

 だから療養所ができる前は、患者達は洞窟などに身を寄せ合って暮らすしかなかったのです。

 このような状態にある患者達を、療養所に収容するのが、非人道なのでしょうか?
 これを差別を助長するとか言えるのですか?
 
 戦前はハンセン氏病の治療法はなかったので、療養所が提供できたのは、対処療法だけでした。 
 また患者の生活もまた、当時の庶民生活に準じた質素なものでした。
 
 それでも乞食をしたり巡礼をしながら野垂れ死にするよりは、はるかに良いでしょう?
 まして人里を追われ、海岸や山中の洞窟に隠れ住むよりははるかに良いではありませんか?

 米軍が沖縄の療養所に送り込んだハンセン氏病の専門医スコアブランド博士は、アメリカの最新の医療技術を駆使して治療に努めるばかりか、患者達の肩を抱き励ましました。

 これを見た沖縄県民達は博士をキチガイ呼ばわりしました。 
 沖縄県民はハンセン氏病患者を忌み嫌い、家族さへも近づかなかったからです。

 こうした博士の献身的な努力と、米軍の支援にも拘らず、沖縄県民のハンセン氏病への差別と偏見は簡単にはなくなりませんでした。
 特に沖縄の新聞は、ハンセン氏病患者が出る度に、ヒステリックに騒ぎ立てたのです。

2019y10m06d_201814036

 で、現在その新聞が中心になって、ハンセン氏病差別を日本政府や米軍の責任として糾弾し、賠償金を寄こせ!!と騒いでいるのです。

 これって最低でしょう?

 ハンセン氏病差別の原因が、日本政府や米軍にあるって、一体何を根拠に言っているのでしょうか?

 そもそもハンセン氏病患者を、家から追い出したのは、患者の家族です。
 ハンセン氏病患者が療養所で死んでも、家族は遺骨の引き取りさへ拒否したのです。
 だから今でも療養所の納骨堂には、そういう患者達の遺骨が残されているのです。
 これじゃ完治した患者だって家族のもとに戻れるわけもないのです。

 その為政府も簡単に療養所を閉鎖できないのです。

 療養所があるから差別が生まれたのではありません。
 差別があるから療養所が必要になったのです。
 現実の差別があるのに、療養所を閉鎖して患者を追い出すわけにはいかなかったのです。

 帰るところのない患者達が、療養所で暮らし続ける為には、ライ予防法を廃止する事はできなかったのです。

 そういう現実を無視して、差別の責任を全部、政府と米軍の責任にして、賠償を寄こせって何ですか?
 しかも甥や姪や孫まで賠償を寄こせというのですか?

 コイツラ恥ずかしくないのでしょうか?

IMG_4949

 ワタシは小学生の時、父からハンセン氏病の話を聞きました。 父はただ世の中には怖い病気があるのだという事で話してくれただけだったと思います。
 
 しかしワタシは子供心にこの病気が恐ろしくてたまらなくなり、それでその後ずうっとハンセン氏病に特別な興味を持つようになりました。

 それで北条民雄の小説を読んだり、またペシャワール会に入ったりしました。
 そしてペシャワール会の会報を通じて、パキスタンやアフガニスタンでのハンセン氏病の状況を知るようになりました。

 中村医師によれば1980年代ぐらいまで、パキスタンやアフガニスタンにあるイスラム教の聖者廟には、ハンセン氏病患者の乞食が列をなしていたそうです。 彼等は乞食をしながら聖者廟から聖者廟へと息絶えるまで巡礼を続けるのです。

 それはまさに強制隔離制度ができるまでの日本のハンセン氏病患者と同じでした。
 そしてヨーロッパでも近代以前は、ハンセン氏病患者達は聖地から聖地への巡礼を続けながら死んでいったのです。

 このハンセン氏病差別金寄こせ裁判の原告やその仲間のサイトを見ると、差別のすべては国の責任と言っています。
 しかしハンセン氏病が不治の病だ言った時代の社会の現実と歴史を見れば、どう考えて国の責任とは言えません。

 そもそも国がどうこうできるような甘い話でさへないのです。

IMG_4951

 それとも彼等はハンセン氏病患者が巡礼をしながら野垂れ死にしたり、乞食をしていればハンセン氏病への差別はなくなると考えているのでしょうか?

 繁華街を行きかう人々が、路上で鼻や手足を喪い、悪臭を放ちながら乞食をするハンセン氏病患者を見たら、ハンセン氏病を恐ろしい病気と思わなかったというのでしょうか?

 なるほどハンセン氏病差別は悲惨だったし、そういう差別が許されるわけもありません。
 だからこそその差別をネタに、ハンセン氏病患者を救おうとした人々を誹謗中傷し、国から金を毟ろうとする、被差別利権をむさぼるなんて、人間として絶対にやってはいけない事ではありませんか?

  1. 差別ニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(22)

2019-10-05 19:41

越後屋に賄賂を贈るお代官様? 関電

 関電の役員や幹部職員が、高浜町の助役から多額の金品を受けとっていたという話ですが、ワタシには全然理解できません。

 菓子折りだと思って受け取ったら、底に金貨が入っていたなんて、時代劇の越後屋と悪代官みたいな話もでています。

 でも時代劇では菓子折りに小判を入れて贈るのは越後屋で、それを受け取るのは悪代官なのです。
 時代劇の悪代官の中には、越後屋を脅して小判を贈らせる奴も出てきます。

 しかしこの話は奇妙な事に、代官が越後屋に賄賂を贈っているのです。
 高浜町は小さな町ではありますが、公権力を持っているのは助役、つまりお代官様です。
 そして大企業であっても関電は純然たる民間企業で、越後屋なのです。

 お代官様が越後屋に賄賂を贈る?
 お代官様が越後やを脅し上げて賄賂を受け取らせる?

 こんな時代劇は見たことがありません。

2019y10m05d_202954278

 この助役は一体何の為に、関電に賄賂を贈ったのでしょうか?
 そしてその賄賂の原資はどこから出たのでしょうか?

 高浜町って人口が1万人そこそこの小さな町で、年間予算は30億ほどです。
 そういう町で総額3億2千万円にもなるお金を、助役が関電に贈っていたというですから驚きです。

 この助役は一体どこからこのお金を工面したのでしょうか?
 そして一体何の為に、こんな大金を関電の役員その他幹部にバラ蒔いたのでしょうか?

 ネットでこれに関する報道を見ていると、関電側を糾弾する意見がばかりが目立ちます。

 勿論、助役から金品を受け取った関電側は悪いです。
 いくら民間企業の職員でも、そしていくら脅迫されたからと言っても、こんなわけのわからない金品を3億2千万円も受け取ったまま黙っていてよいはずはないのです。

 しかしそれを言うなら公権力を司る自治体の職員が、特定の民間企業に不正な資金供与をしていた方が余程大問題ではありませんか?

 なんでこれが問題にならないのでしょうか?

IMG_5010

 この助役については、鳥取ループさんがこんな情報を出しています。
 
 関電が恐怖した 高浜町助役は 地元同和の ドンだった!

 となると以下はワタシの推理です。

 高浜町は原発を誘致するにあたって反対派を抑え込む為に部落解放同盟の力を利用しようとして、元来高浜町出身者でもないこの助役を、採用して反対派を封殺した。 しかしその一方で部落解放同盟の力を背景に、高浜町全体を恐怖支配した。
 更に、自分の親族企業に関電から110億もの工事を受注させて私腹を肥やした。
 関電側は高浜町に原発を人質にとられて、このほかにもさまざまな名目で、この助役に金を毟られていた。
 当然、関電側からも反発が出る事が予想される。
 そこで助役としては機先を制して、関電側から告発等をされないために、関電幹部に「賄賂」を配り、自分の共犯にしておこうとした。

 こんな感じでしょうか?

IMG_5018
 
 これは全くのワタシの推理ですから、それ以上は意味はありません。

 しかしどう考えてお代官様が越後屋に賄賂を贈るという話は、オカシイでしょう?
 関電だけを吊るし上げて済むような話じゃないと思います。

 本来ならなんでこの助役が、これほどの大金をわざわざ関電に贈ったか?と言う事の方が余程重大な問題でしょう?

 皆様はどう思いますか?
 詳しい方がいたら教えてください。
  1. 差別ニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2019-10-04 13:05

子供のお尻に隠れる大人たち 環境少女と貧困JK

 環境少女グレタ・トゥンベリさんへの批判が高まっています。 
 我が尊敬するカカシさんは「甘やかされたガキ」と仰っていました。 ワタシもカカシさんのご意見に全面的に同意します。

 一方、ロシアのプーチン大統領は、一応政治家ですからもう少しソフトな言い方ですが、しかし環境少女の主張の一番の問題点を突きました。

 「(みなさんを)失望させてしまうかもしれないが、私はグレタ・トゥンベリさんの演説を巡る共通の興奮を共有していない。彼女に対して誰も、近代世界は複雑かつ多彩で、アフリカや一部アジア諸国の人々はスウェーデン同様の豊かな生活水準を望んでいるということを説明してあげていない」

 「個人的な利益のために子どもやティーンエージャーを利用すれば、非難に値するのみだ。グレタさんは親切で大変誠実な少女に違いないと思う。だが大人たちは、子どもやティーンエージャーを極端な状況につれ出さないよう、最善を尽くさなければならない」
 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570137042/-100

IMG_5048

 おお、全くその通りです。
 それにしてもこういう事を言えるのはプーチンのような独裁者だけというのって、問題ですよね?

 本来であればこれはアメリカや日本でも、国家の環境や経済、防衛や外交、そして子供の教育に責任を持つ政治家が言うべきことなのです。

 ところがアメリカや日本など民主主義国家の場合、政治家どころかテレビ司会者やタレントが、彼女を批判したら、リベラルメディアや左翼がこぞって非難の嵐です。

 だからトランプ大統領のような人さへ、グレタさんには何も言わないのです。

 グレタさんへの批判に対して、自称リベラリスト達は揃って「大人が子供を非難するな」「子供の勇気をつぶすな」と喚くのです。
 つまり「グレタさんは子供なのだから、大人は彼女を批判してはいけない」と言うのです。
 例えばこんな感じです。

 そもそも16歳の子どもが、子どもとして世界の大人に訴えるときに、そのプレゼンテーションに完璧を求める? この子はどこかの国の大統領じゃないんだよ。仮に未熟で不完全なところがあったとしても、その分は受け取る側が補足して理解してあげればいいじゃないか。それがコミュニケーションでしょ。

IMG_5071

 そうですね。
 グレタさんは大統領でも首相でもありません。
 でもグレタさんは大統領や首相のように国連で演説し、演説会に参加していた大統領や首相を非難したのです。

 だったら大統領や首相と対等だったのではありませんか?

 ワタシは子供でも能力があるなら、大人と同等の活動をしても構わないと思います。
 実際、歴史を学べば、10代で国家を率いて国難に立ち向かい名君と言われた君主は何人もいるです。
 だから政治の世界でさへ意志と能力は年齢に関係ないのだと思います。

 そして現代でもスポーツや芸能では、10代で世界チャンピオン、超一流の演奏家になる人は沢山いるのです。

 でもそういう人たちって、子供だからといって審判の採点が甘くなるとか、子供だからチケットが売れるとかいうわけじゃないでしょう?

 子供でも大人のライバルと全く同等の条件で競争して勝から、世界一流と言われるのでしょう?

IMG_5074

 だったらグレタさんだって、環境活動家として世界で最も有名になり、国連で演説するぐらいの政治力持つようになったのですから、大人の政治家や環境活動家、それも一流の政治家や環境活動家としての批判や非難も甘受するべきでしょう?

 政治的発言は大人と同様にやりたい、しかし子供だから批判しないで。
 
 これはあまりに虫が良すぎます。

 というよりそもそも子供である事を理由に、批判や非難から、逃げるのであれば、それは所詮子供の意見であって、環境問題への提言としての価値はないのです。
 そういう立場で演説するなら、国連ではなく子供会やクラス会で子供相手に演説すればよいのです。

2019y10m04d_135357750

 しかしこんな事になったのは、グレタさんが悪いからではないでしょう。
 悪いのは彼女を持ち上げて国連に送り込んだ大人たちなのです。
 グレタさんを持ち上げて、そしてグレタさんへの批判を非難して封殺しようとしている大人たちを見ればわかります。
 彼等は大人として最低の連中です。

 彼等はグレタさんと言う子供の口を通じて、大人が言えば絶対に拒否されるような過激な環境論を拡散したいのです。
 
 大人が言えば相手にされないような未熟で幼稚な話でも、子供が言うなら「たいしたものだ」と感心されます。
 そしてその話の内容の未熟さや幼稚さを問題にする人がいれば「相手は子供なのに・・・・。」と言って、その批判を封殺できます。

 子供の話を批判するなんて、なんという思いやりのない冷酷な人間なのだろう!!
 そんな人間は政治的に抹殺するべきだ。

 これがグレタさんを礼賛する大人たちの総意です。

 だから彼等はグレタさんが国連で演説できるように手配し、グレタさんをアメリカまでヨットで輸送したのです。

IMG_5085
 
 グレタさんは子供ですから、両親始め親切なオジサンやオバサンたちから「国連で演説してほしい」「アメリカへは環境に優しいヨットで行けばよい。 ヨットはオジサンが用意してあげるからね。」と言われたらホイホイと引き受けてしまいます。

 だから本来であればグレタさんが、非難されたときには、彼女の国連演説を手配したり、ヨットで彼女を運搬したりしたオジサンやオバサンたちが、出てきて非難の矢面に立って、彼女をかばうべきなのです。

 グレタさんに国連での演説をさせたのは自分達だ。 
 彼女が未熟なのは承知の上でやらせたのだ。
 だから彼女の未熟さその他の問題への非難は、彼女の責任ではなく彼女を国連に連れてきた自分達の責任である。
 非難するなら彼女ではなく、自分達を非難してほしい。

 彼等はグレタさんの前に出て、こういうべきなのです。

 ところがヨットの船長他はさっさと飛行機でスウェーデンに帰ってしまいました。
 そして国連演説を手配した連中は、グレタさんのお尻に隠れているのです。

 子供のお尻は小さいけれど、しかしそれでもグレタさんの口から名前が出ない限り、自分達の存在が表に出る事はないので、安心して隠れていられるのです。
 それどころかグレタさんの発言の責任をすべてグレタさんに負わせて、自分達の存在自体をない事にしているのです。

 こうしてみると子供って便利ですね。
 弱者を政治活動に利用するには最高のツールではありませんか?

IMG_5090

 日本でも左翼が女子高校生を「貧困」問題のアピールに利用しました。
 そして「貧困」女子高生をNHKに出演させて、聞くも涙、語るも涙の貧困生活を騙らせました。
 しかしすぐにその「貧困」生活のインチキがばれて、彼女が非難されました。

 すると彼女を利用していた左翼たちは「女子高生をこんなに非難するなんて酷い!!」と喚きましたが、自分達は最後までこの女子高生のお尻に隠れたまま、彼女を矢面に立たせたのです。

 本当に貧困かどうか怪しい高校生が、NHKに出て盛大に貧困をアピールして悲劇のヒロインを演じたら、彼女の実生活を知っている同級生やバイト先の友人達はどう思うでしょうか?
 学校やバイト先や近所で、何と言われるでしょうか?
 ネットでの非難以前に、その方が深刻ですよね?

 そんなことは最初からわかっていたはずです。
 でも左翼貧困利権団体は、彼女をおだててNHKに出演させて、彼女が叩かれると彼女を矢面に立たせたまま自分達は彼女のお尻に隠れたまま逃亡したのです。

 可哀そうにこの女子高生は不登校になっているという情報が出ていました。

 そりゃそうでしょう?
 大人たちに煽てられた結果とはいえ、あんなインチキ貧困演技を全国放送でやってしまって、同級生たちか何を言われるかと思ったら、学校に行けるわけがないのです。

IMG_5095

 あの「貧困」女子高生は母子家庭でした。
 思慮のある親族がいれば、絶対に彼女をあんな番組には出演させなかったし、貧困利権をあさる左翼が、彼女に近づくことも許さなかったでしょうに・・・・・。

 しかしグレタさんの場合は、もっと悲惨のようです。
 彼女の両親はスウェーデンの有名人で富裕層なのですが、どうやらその両親が率先して自分の娘を自分達の政治活動に利用しているようなのです。

 しかも彼女はアスペるベルガーと言う障害を抱えているのに・・・・・。

 中国など途上国では今でも子供を路上にさらして物乞いをさせる親がいます。
 更には物乞に利用するために子供を誘拐してきたり、親から買ったりする人間がいます。
 子供を物乞いに使う場合には障害のある子供の方が有利なので、普通の子より高値がつきます。 

 しかし日本でも、そして福祉大国スウェーデンも同じ事をやる人間がいるのです。
 
 貧困と飢餓線上にある人々が、こうした行為に走るのは、まだ許せます。 
 しかし先進国で、いわんや福祉大国でこんな事をする人間は、もう人間とも言えないでしょう?
  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2019-10-03 14:16

抑止力と防衛努力

 この数日、よもちゃんは毎夜、出歩いています。
 夕べなんて夜中に3度もお外に出たのです。 わたしはその度にたたき起こされました。
 しかも昼間だって始終、出歩いているのです。
 この前だって、昼間で出かけて、帰りが遅くなったので、心配して探しに行ったのです。
 それで猫探知機を片手に一生懸命探して、やっと見つけたら・・・・・。

 よもさ~~ん!!  よもさ~~!!

48835490112_fdf0d67fcf_z.jpg

 煩いわねえ、近所迷惑よ。

 だってよもさんの帰りが遅いから、心配で、心配で・・・・。

48835492787_87c647bf1c_z.jpg

 何を心配しているのよ?
 ワタシは同居人と違って、自転車で転んで足を折ったり、玄関で転んで肩を脱臼するようなドジは踏まないわよ。

 な、何言っているのよ?
 よもさんだって、怖い猫に追われて、とんでもなく遠くに行って帰れなくなったりしたじゃない?
 あれ、わたしが助けに行かなかったらどうなってたの?

48835494827_bc0a3247f9_z.jpg

 しばらくしたら一人で帰ったわ。

 何言っているよ?
 あんなに怯えていたくせに!!
 とにかく早く帰りましょう!!

48835325621_7ef9f6f231_z.jpg

 イヤよ!!
 まだ哨戒活動が終わってないんだから。
 哨戒活動が終わったら、帰るから、同居人は家でおとなしく待ってなさい!!

 待って!!

48834956953_d0e8bd1ed8_z.jpg

 イヤよ!!

 よもちゃんは行ってしまいました。
 よもちゃんは他所のお宅のお庭の向こうにいるので、わたしにはどうしようもないのです。

48834976753_4ecb708c29_z.jpg

 ったくもう、同居人は一体何の為に、毎晩寝る前にipadで軍事動画を見ているのかしら?
 あいつは工学士のくせにメカ音痴だから、兵器じゃなくて戦略や戦術や、戦争理論の解説動画ばかり見るのよね。

48834980098_d45f7f81e2_z.jpg

 それなのに抑止力と防衛努力の意味を何一つ理解していないよ。
 平和と安全は、何の努力もなしに無条件で与えられるって、信じているのよ。
 あれじゃ9条教徒と同じだわ。

48835525577_f07a0eb322_z.jpg

 だからワタシが日夜哨戒活動に励んでいる事の意味を、全く理解できないのよ。

48835001163_3dbaff1f3f_z.jpg

 季節は最早秋。
 つまりネズミが温かい住処を求めて、壁や床に隙間のあるオンボロ屋敷への侵攻を活発化させる季節になったのよ。

48835361626_40b2ae3a94_z.jpg

 だからワタシだって夏の間みたいに、のんびりしていられないのよ。
 それなのにアイツはワタシが夜中に哨戒行動に出かける度に、グダグダ言うのよ。
 なんでワタシの防衛努力に感謝して、気持ちよく送り出せないのだろうか?

48835535862_eb39d52267_z.jpg

 結局アイツも馬鹿なインテリ脳なのよ。
 三流大学卒の低学歴のくせに、インテリ脳って最低なんだけどさ。
 でもつまり朝日新聞の記者や、ミンスの高学歴議員と同じで、知識として学んだ事と、現実の事象を結び付けて考える事ができず、口では尤もらしい事を言っても、現実に対応する行動ができなってことよ。

48834993263_971e96c026_z.jpg

 だから兵站だってお粗末そのものなのよ。
 ワタシは今は毎日、何度も哨戒出動をしなければならないのだから、相応の食糧補給が必要なのに、アイツはワタシの好物の猫おやつ焼カツオを一日一本しか補給しないのよ。
 この前は兵站に関する動画を見てやたらに感動していたのに、あれも結局アタマに入ってなかったのよね。

48835538882_acbc0d8c5f_z.jpg

 そりゃアイツのアタマのキャパは凄く小さいから、あんなにいろいろ動画を見ても全部アタマに入れる事はできないのはわかるけどさ。 でもあんなに感激していたのなら、少しはアタマに入ってもよいわよね?

48834984638_4022dc9544_z.jpg

 つまり何が言いたいかというと、平和と安全は、不断の抑止力の維持と不断の防衛努力によって得られるという事なのよ。
 冷戦時代、日本国内は平和だったけれど、実は自衛隊はソ連の潜水艦がオホーツク海に押し込んで、太平洋には出られなくしていたのよ。
 それでアメリカは絶大な核抑止力を維持できたのよ。 だから日本もその核の傘に入っていれば安心安全だったのよ。

48834998418_9986e1508c_z.jpg

 そういう地道な努力で戦後日本の平和と安全が守られてきたのよ。
 だったら同居人だって、ワタシの哨戒活動を評価して、兵站支援ぐらいはちゃんとするべきじゃない?


 わたしが家で心配していると、よもちゃんは無事帰ってきました。
 そしてご飯が欲しいと言いました。

 わたしはいつもの猫パウチをあげたのですが、よもちゃんは食べません。 それで猫缶をあげたのですが、それも食べません。 わたしは困ってしまい今度は猫ちゅうるをあげたのですが、それも食べません。

 結局、わたしはよもちゃんに猫おやつ焼カツオをあげたのです。
 するとよもちゃんはそれをバクバク食べました。

 猫おやつ焼カツオって、カツオの切り身の加工品なのですが、指二本分ぐらいの大きさで一本百円するのです。
 わたしは自分用には三匹199円のサバを買って、塩焼きと、味噌煮と、しめ鯖にして3回分のおかずにしたりしているのに・・・・・。

 
48835514172_661a060ac3_z.jpg

 なんか煩いわねえ・・・・。

48834967643_7bb5f157f4_z.jpg

 哨戒行動に出たら、早く帰れ、早く帰れと騒ぐから、できるだけ早く帰ったというのに、何が不服なんだろうか?

48835339541_0d80f39556_z.jpg

 アタマが悪くて、防衛努力や抑止力の意味が分からないのは仕方がないけれど、それでも毎日一緒に暮らしているのだから、何か感じるものがあってもよいじゃない?
 災害救助に出動して、馬鹿左翼から嫌がらせされる自衛隊員も、きっと今のワタシと同じ気持ちなんだろうなあ・・・・。


 勿論、わたしだってよもちゃんの防衛努力と抑止力には感謝しています。 
 少し前だけれど、朝起きたら居間によもちゃんの戦果が置かれていました。

48835007598_745bfc5d9d_z.jpg

 ええ、こんなのが生きたまま家に入り込んでは困ります。

 でもやっぱり、夜中の哨戒行動は控えてほしいのです。 
 わたしが睡眠不足になってしまいます。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(4)