FC2ブログ

2019-01-30 12:45

脳内紀元前500年 韓国

 お正月明けに、韓国中央日報にこんな記事が出ていました。
 
 約束を守る国・日本、正義が重要な国・韓国

 ワタシはこれが今一理解できなかったのです。
 なぜならこの記事の通りだと、韓国人はどうしようもなく幼稚で自己中だと言うことにしかならないからです。

 韓国の新聞がこんな事を書くのか?
 
 すると今度は産経新聞にこの解説としか思えない記事がでました。

 韓国人はなぜ約束をまもれない 「遡及法がまかり通る国」

 しかしこっちを読むと、ヤッパリ韓国人は幼稚で自己中としかいえません。
 
 そしてそもそも近代的な法学も、またそれ以前に近代合理主義その物が理解できていない事になります。
 
IMG_9801.jpg

 両方の記事の内容を、超簡単に要約すればこうです。

 韓国人は約束よりも、その約束が正義であったかを重視する。
 ここで言う正義は、この正義を唱える人にとっての正義。
 だからその正義が時代が変われば変わる。
 時代の正義が約束に優先するのだから、法の遡及も当然と考える。
 そして歴史もまたその正義によって、書き換える。
 韓国人はこれを「歴史の立て直し」と言う。

 これでは呆れるしかありません。 
 
 「歴史を正義によって書き換える」って、これは元来近代的な歴史学ではやってはいけない事です。
 そもそも近代的な歴史学では、歴史は資料に基づき客観的に描くべき物なのです。

 例えば近代以前の中国の史書には、「皇帝に徳がなかったので、人心は乱れ、争乱が絶えなくなった。 云々」と言う類の記述が決まり文句になっています。

 しかしこれは中国においては歴史とは時の権力者が、自身の権力の正当性を唱える為に作る物で、「歴史は政治」だからです。

 また中国だけでなく、近代以前は歴史を宗教や道徳から描く事は普通にありました。 
 例えばキリスト教化してからのヨーロッパで古代ローマ帝国の全てが極悪として描かれたりしました。

 しかしこのように歴史を描く事は近代的な歴史学では、やってはいけない事なのです。

 近代的な歴史は「科学」です。
 科学とは、再現性と客観性なのです。

IMG_9802.jpg

 ところが韓国のように「正義により歴史を立て直す」となると、再現性と客観性どころではありません。

 何しろ時代が変わり正義が変われば、過去の事実をそれに合わせて変えようというのでは、再現性も客観性もありません。

 自分の正義が変われば、過去の事実も約束も無視する。
 
 こういう事ができるから、自分の意志で日本企業に就職し、高給を貰って喜んでいた人間が、後になって「強制連行された。」「強制労働させられた。」と言えるのでしょう。
 しかしこんなの唯の嘘吐きです。

 けれどこのような手前勝手な嘘吐きを、韓国人は「正義を重んじる」と認識しているのです。
 そしてそういう事実に対する正義の優先に対して、知識階級も異議を唱えないばかりか、彼等こそがこれを煽動している状態です。

 つまりこれは韓国人が近代的歴史学、そして近代合理主義を全く理解していないという事でしょう?

IMG_9805.jpg

 近代合理主義と何か?
 それは理念や宗教ではなく、事実は事実として認めていくという姿勢でしょう?

 例えば、ニコロ・マキャベリが、近代合理主義の嚆矢とされた理由が当にそれなのです。

 マキャベリが「君主論」始め、彼の著作で書いた事は、非常に冷酷で不道徳でした。
 だから今もマキャベリズムと言う言葉は、権謀術策主義を指します。

 しかし彼が著作の中で書いた事は、彼がフィレンツェ共和国の外交を担って働いた経験による知見であり、当時の政治外交の事実であり現実でした。

 いかに不道徳であろうとも、現実は現実として、事実は事実として直視し、記述する事のよって、政治や外交が「シエンツァ」(科学))になる。
 マキャベリはこう考えたのです。

 だから彼は近代政治学の祖になったのです。

 正義が現実に優先するのは真逆の発想です。
 これをマキャベリは500年前に、実践したのです。

 そしてこのような姿勢こそが、近代以降の西欧人文科学のあるべき基本姿勢となったのです。
 西欧の近代思想を学んだ日本もまたこれに倣いました。

 だって理念や宗教に関係なく、現実は現実、事実は事実として、それを元に物事を考えると言うのは、幕末や明治の日本人にとって何の違和感もない話ですから、当然の事として受け入れたのです。

 しかし韓国では今なお知識階級が揃って「正義により歴史を立て直す」と公言しているのです。
 これを見たら、韓国人は未だに近代合理主義を理解していないと言わざる得ません。

2019y01m30d_174746373.jpg

 そしてこれでは近代的な法学だって、民主主義だって理解できるわけもないのです。

 近代国家=民主主義国家の法とは、国民全体での約束事です。
 だったら法の遡及が許されないのは当然でしょう?

 だってありもしない約束を破ったとして人を非難したり、処罰したりすることなどできるわけはないのですから。
 
 しかし約束よりも正義が優先してしまえば、法の遡及なんか簡単にできてしまいます。

 西欧近代社会が遡及法で人を裁いた典型が、極東軍事裁判やニュルンベルグ裁判でしたが、あれはもう裁判なんかではなく、連合国の正義を宣伝するための演劇だったのす。
 だからそもそも無法行為です。
 これでは法の遡及なんか気にするどころではないのです。

 けれどもこんな事を四六時中やって良いわけがありません。

 ところが韓国は四六時中やっているのです。

 だって正義を約束に優先させるのが韓国人ですから仕方ありません。
 そして正義を約束に優先させては、近代的な法の意味など理解できるはずもないのです。

 近代民主主義社会では思想宗教信条の自由は保障します。 ところで正義はそれぞれの人間の思想宗教信条により異なりますから、人が自分の正義によって行動する事を認めたら、威力業務妨害もテロもやりたい放題になってしまいます。

 だから法を正義の上に置き、暴力は勿論、他人の迷惑になるような事をすれば、犯人の正義なんかに関係なく処罰しようと、皆で約束したのです。

 これは日本人なら小学生でもわかる理屈ですが、しかし韓国人にはわからないのでしょう。

 これはつまり韓国人は自分の正義こそが絶対正義だと信じており、他人の正義を全く認めないからでしょう?
 しかしこれは自分以外の人間の人格を全否定する物で、誠に幼稚な自己中心主義です。

 ところが韓国人が国家全体がこうした自身の幼稚さに気付く事ができないのです。

 だから日韓併合で近代化して100年以上たった今も、平気で法の遡及をやっているのです。
 尤も韓国人はこの100年余を全否定しているのですから、近代国家になった事自体、何の意味もないのでしょう。

 イヤ、そもそも近代国家になりたくなかったのでしょう。
 本当に民主主義国家になれば、この種の幼稚さは認められませんから。
 だからハイテク工場を作ったりして、一見近代国家でも、中身は古代国家のままなのでしょう。

 韓国人の脳内は今も彼等がこよなく尊敬する孔子様の時代のままなのでしょうね。
 つまり脳内紀元前500年です。

 だからこそ一刻も早く北朝鮮の支配下に入り、脳内だけでなく全てを古代国家にしたいのでしょう。
 韓国人にはそれが一番ピッタリ来るのでしょうから。

 因みに同じ紀元前500年でも古代ギリシャは、完全な民主制でした。
 古代ローマでは法治主義が確立していました。 因みにローマ人は非常に信義を重んずる人達で、約束を破るような事をトコトン憎みました。

 だから時代が下がり、文明が進めば、どんな民族でもどんな国家でも民主主義になり、法治主義が根付くというのも違うんじゃないか?と思ってしまいます。

IMG_9826.jpg 

 そうなるとワタシ達日本人も反省しなければなりません。
 日韓併合で朝鮮を近代化したのは、非常に酷い事だったのです。
 
 だって幾ら他人から見てよかれと思う事でも、自分には絶対合わない事を強制されるって、非常に辛いじゃないですか?
 日本は朝鮮人に、その辛くて辛くてたまらない事を強制しちゃったのですから。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(23)

2019-01-29 13:03

一帯一路の末路は?

 中国の一帯一路はどうなると思いますか? 
 成功すると思いますか?

 実はワタシはこれ前々から、絶対に破綻すると思っていました。
 そして中国共産党の命取りになると思っていました。

IMG_9794.jpg

 一帯一路と言う政策は、中国が多くの国々に多額の金を貸して、借金漬けにして、その借金が返せなければ、領土を奪うという帝国主義政策です。

 相手国を債務漬けにして領土を奪う 
 植民地化する。

 これは実は19世紀末から20世紀初頭、イギリスやフランスも行いました。
 実際イギリスはこれでエジプトを植民地化しています。

 この時代は西欧人がアジア・アフリカを支配するのは当然と考えられていた時代で、日本を除くアジア諸国は非常に弱体でした。

 しかしそれでもイギリスもフランスもこうした政策を、一度に多くの国に適用するような事はしませんでした。
 イギリスもフランスも、植民地を獲得する場合は、一国、また一国と言う風に、時間をかけて手順を踏んで取っていきました。
 一国を完全に取り込んで、完全に自分の物にしてから、次に手を出しました。 そしてその場合は、他のヨーロッパ諸国と揉めないように十分な根回しを済ませておきました。

 いかにアジア・アフリカ諸国が弱体であろうとも、一度に多くの国を敵に回して戦うのような事は絶対にしなかったのです。
 そんなことをして相手側が一斉に反抗すれば、それが組織的な物でなくとも、イギリスやフランスの軍事力がいくら優位でも、どうしようもないのです。
 また他のヨーロッパ諸国と植民地の奪い合いになると、そちらと戦争になってしまいます。

 イギリスのような国はそういうヘマをしないように慎重に時間をかけて事を進める国だったので、日の没する事のない帝国になれたのです。

IMG_9790.jpg

 ところが中国のこの20年弱と言う短期間に、アジア・アフリカのみならず、オセアニアやヨーロッパ諸国までをこの一帯一路政策に巻き込みました。
 つまりこれらの国々に莫大なお金を貸したのです。

 ここで

 中国さん、オレもうお宅の借金は踏み倒すわ。
 大体この借金は国民の意思に関係なく、オマイが独裁政権を賄賂で抱き込んで無理矢理貸し付けたんだぜ。
 こんなの返す義務ないわ!!

 と言う国が出てきたらどうなるでしょうか?

 独裁政権だろうが腐敗政権だろうが、政権の約束は国の約束ですから、一国でこんな事を言い出せば、国際社会からボイコットされてしまいます。

 でも一帯一路では中国から借金をしている国が沢山あるのです。
 だから借金踏み倒し宣言をした国が、ボイコットされるどころか、

 だったら、オレも踏み倒すわ!!

 と言い出す国が続出するでしょう?
 
 それでなくても人間は、元来借りた金は返したくないのです。
 まして借金のかたに領土を取られたい国なんかあるわけもないのですから。
 
 そうなったら中国に何ができるでしょうか?
 こういう国々全てに軍隊を派遣して戦争を仕掛けるのですか?
 
 例え相手が一国でも、今の国際社会でそんなことが簡単できるわけではありませんん。
 まして一度に5か国、6か国、10か国相手に出兵するような国力が中国にあるのでしょうか?

 皆で渡れば怖くないのは、赤信号だけではないのです。

 それでも中国と言う国が日頃国際社会のルールを守り、国際社会から信頼されていれば、他の国々が借金踏み倒しを宣言するような不埒な国々を懲らしめてくれる事を期待できます。
 しかし現在の中国にはそんなことは期待できません。

 それどころか中国自身が日頃国際ルール破りのNO1で、出鱈目をやりまくっているのです。
 その中国が「借金を踏み倒された許せない!!」と喚いても、相手にしてくれる国はないでしょう?

 そして今やこういう中国の帝国主義に対して、アメリカが明確にNO!!を宣言し、米中冷戦と言う事態を招いてしまったのです。

 だから一帯一路参加国が、中国の借金を踏み倒す、中国と縁を切ると言えば、アメリカや日本などから全面的な支援を期待できる状況です。

IMG_9793.jpg

 実際、マレーシアのマハティール政権が典型でしょう?
 マハティール政権は前政権が中国と結んだ契約を破棄すると宣言しているのですが、それを非難した国がありましたか?

 マハティール首相は就任直後に、二度も訪日していますが、安倍政権も日本国民も大歓迎しています。

 マハティール首相と安倍総理は、何を話し合ったのでしょうか? 
 マレーシアの中国への債務返済を日本が支援する話でしょうか?

 違いますよね。
 マレーシアがいかに中国の債務を踏み倒すかの相談でしょう?
 
 マレーシアは中国の借金なんか返さなくてよいよ。
 中国が文句を言ったら、適当に胡麻化しちゃいなよ。 
 そうするときっと中国は経済的に嫌がらせをするだろうけど、その時は日本が全面的に支援するから大丈夫!! 
 何も心配しなくてよいよ。

 ありがとう!!
 だったら安心して踏み倒しちゃうよ。
 
 こんな話でしょう?

 こういう相談をまとめたマハティール首相に、天皇陛下は桐花大綬章を授与されました。
 そして日本人の真心に溢れた見送りを受けて、帰国したのです。


 
 これでマレーシアが中国の借金踏み倒しに成功すれば、後に続く国が出てくるのは必定でしょう?

 こうなると中国は辛いですよ。
 だって世界中に貸し付けた多額の債務が、全部不良債権になるのですから、バブル崩壊後の拓銀みたいになってしまいます。

 勿論、中国人民だって怒ります。
 
 何でこんな馬鹿な政策するアル?
 我々の金を返済不能な国に貸し付けた挙句、全部踏み倒されるなんて!!
 外国の為に使う金があるなら、何で中国人を助ける為に使わないアル?
 こんな馬鹿な政府はもううんざりアル!!

 そうです。
 一帯一路政策をこうやって破綻させることは、アメリカにも日本にもとても美味しいのです。

 中国経済に深刻なダメージを与えられるだけでなく、下手をすると中国が奪う予定だった港湾が、米軍の軍港になったりする可能性もあります。

IMG_9797.jpg  

 ワタシはこの一帯一路は、最初から破綻する計画だったと思うのです。
 だって借金って普通は貸手の立場が、借り手に比べて圧倒的に強いのですが、しかし余りにも多額の借金になると一転して借り手が貸手より強くなるのです。

 なぜなら余りにも多額のお金を貸してしまった場合、貸手はそのお金が返らないと非常に困る事になるのです。 一方借り手には最初から喪う物がありませんから、何も恐れる物はないのです。

 そうるすと貸手は必死に借り手を助けて、何とか元金を貸してもらうようにするしかなくなるのです。
 しかも外国の政府のような相手では、強制執行も簡単にはかけられません。

 その上中国一国で多数の国を相手にしたのでは、多勢に無勢です。

 アメリカが米中冷戦を宣言する前から、一帯一路はこの段階に入りつつありました。
 
 だったら日米が今後中国を追い込むには何をしたらよいのでしょうか?

 答えは明快です。
 それは中国に一帯一路政策をやめさせず、できる限り金を吐き出させる事です。
 そしてその一方でそれを踏み倒す国々を支援していけばよいのです。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2019-01-25 12:57

孟晩舟逮捕への「報復」 卑怯者で臆病者の国

 このところ韓国のキチガイ振りだけで十二分に辟易しているのですが、しかし韓国の宗主国である中国だってキチガイ振りで負けるわけもないのです。

 中国の力、カナダより強い…「猛烈な報復」示唆
2019年01月24日 19時26
【北京=比嘉清太、ワシントン=大木聖馬】カナダ当局が昨年12月に米国の要請で拘束した中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)の身柄の扱いをめぐり、米国と中国の綱引きが激しさを増している。板挟みのカナダは打開策を見いだせていない。
 

 米国が孟氏の身柄を引き受けるには、カナダの法律により、拘束から60日以内に身柄引き渡し要請の手続きをとる必要があり、今月30日がその期限にあたる。米司法省の報道官は22日、「米国とカナダの犯罪人引き渡し条約によって設定された期限を守る」との声明を発表し、30日までに正式要請する考えを明確にした。

 中国側は、孟氏の身柄が米国に渡るのを阻止しようとけん制を強めている。

 中国外務省の華春瑩フアチュンイン副報道局長は23日の定例記者会見で、米政府による孟氏の身柄引き渡し要請に関連して「(米国側には)いかなる正当な合理性もない」と非難した。

 中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は23日の社説で、孟氏の身柄を米国に引き渡した場合には「中国の猛烈な報復に遭うことが予見できる」と報復措置を示唆し、「中国の国家の力はカナダよりはるかに強い」とも指摘した。


IMG_9771.jpg


中国の国家の力はカナダよりはるかに強い


 こんな勇ましい事を言って、やっているのはファーウェイの事件には全く無関係な民間人の拘束です。 

 自国の犯罪容疑者を逮捕されたら、その報復に無関係な民間人を拘束して「死刑にする」と脅すのです。


 これではもうソマリアの海賊と同じレベルです。


 しかし中国政府はこれを公然と行い「中国の猛烈な報復に遭うことが予見できる」と明言してこれが孟晩舟逮捕への報復である事を明言した上「中国の国家の力はカナダよりはるかに強い」と踏ん反り返ってみせるのです。

 

 中国と言う国の本質がよくわかります。

 あれほどの歴史を持つ大国でありながら、中身に純然たるヤクザ破落戸です


 これを見たカナダ人はどう思うでしょうか?

 イヤ、カナダ人だけでなく民主主義国家で普通に人権を尊重する人達する人達は、どう思うでしょうか?


 ファーウェイのCEO逮捕の話は、知的財産権の収奪や5Gなど、通信やIT技術に疎い人、こうした高度なビジネスをよく理解できない人には、今一理解し辛い話でした。


 でもこの孟晩舟逮捕に対する中国の反応を見れば、どんなにこの手のハイテクの話に疎い人でも、中国がマトモな国でない事がわかります。


 カナダには元来微妙な反米意識(日本の反米と同じで、アメリカの態度がでかすぎるとか、そういう感覚から他愛のない物ののようですが)があり、政府がアメリカべったりの政策を取れば、国内から反感が出るのですが、しかし今回の事で圧倒的多数のカナダ人は中国の異常さを痛感したでしょう?


 そしてこんな国と対抗するにはアメリカとの連携を強めるしかないと確信したのではないでしょうか?


 これは西欧人の気質とすれば当然だと思います。


IMG_9775.jpg


 中国が経済成長を続け、西欧もその恩恵を受けるようになってからは、西欧人もウィグル人やチベット人への人権弾圧は見ない事にして、「見ぬもの潔」を決め込んできました。

 

 しかしこうして中国政府が堂々と自分達の同胞を人質に取って中国の猛烈な報復に遭うことが予見できる」と脅迫した挙句、「中国の国家の力はカナダよりはるかに強い」と踏ん反り返って服従を強いるのでは、「見ぬもの潔」で胡麻化す事は不可能になりました。

 

 逆にこんな国が世界の覇権を握るようになっては、自由も人権もない世界になり、自分達西欧人もまた中国人の権力者に抑圧されるのではないか?という危機感を抱かざるを得ないでしょう?

 

 そうなるとトランプ大統領が嫌いとか、アメリカの態度がデカイのが面白くないから反米なんて事はどうでも良くなり、結局はアメリカの下に自由世界が団結していくのではありませんか?


 だからこんな対応は明らかに中国にとってはマイナスなのですが、しかしそれをドンドンやってしまうのが中国と言う国の限界なのでしょう。

 

 思えば中国は近代以降、大国ではあっても軍事的に弱体であったため、西欧や日本からボコボコにされてきました。

 それ以前の中国史を考えても、漢族は軍事的には弱体であった時代が殆どで、満州族始め近隣の「蛮族」からボコボコにされた挙句、その支配下にありました。


 そういう民族が国家を持ち、そして武力を持つと抑制ができないのでしょう。


 これは元々、臆病で弱虫だった人間が、たまたまピストルなどの武器を手にれた場合と同じです。


 弱虫で臆病な人間は、元来自分の暴力を自制する必要はありません。 だから自制心がなく、自分を抑制する事を知らないのです。

 だからそういう人間がたまたま武力を手に入れると、暴力を恣にするのです。


 中国はこの20年来、中国史上初めて世界を脅かす軍事力と経済力を手に入れました。

 そうなるともう後先考えずにその武力と経済力を振り回すようになるのは当然でしょう?


 そして今の中国共産党幹部には「こんなことをしていたら、世界を敵に回してしまう。 皆がアメリカ側についてしまう。」として、こうした政策を抑制する側に回る人間はいないのでしょうね。


IMG_9778.jpg


 元来、儒教文化=特亜文化と言うのは卑怯者と臆病者の文化ですから、「武力で脅せば誰でも言う事を聞くはずだ」と言う確信があるのでしょう。


 だって我々、ずうっとそうだったアル。

 だからアイツラだって脅せば言う事を聞くはずアル。


 これではこういう脅迫外交に対する自制や抑制が働くはずもないのです。


 2000年代になって武力と経済力を得た中国は、国境を接する国全てと、更に日本やアメリカにまで喧嘩を売り始めました。


 エドワード・ルトワックは「中国 4.0」で、これを「自滅する中国」と言いました。


 いくら中国が強国になったと言っても、周辺諸国全てとアメリカにまで喧嘩を売れば自滅するのが当然なのです。

 しかも中国の経済力と言うのは、アメリカとアメリカの同盟国への輸出に大きく依存しているのです。


 中国はそれでも胡錦涛政権の末期頃には、少しは自制するように思えたのですが、しかし習近平政権成立後、またそれまで以上の「自滅外交」を初めてしまいました。


 そしてルトワックはこれを「ますます自滅する中国」と評しました。


 中国への反感が世界各国で露わになっても、「ますます自滅する」外交を続けるのは、「武力で脅せば誰でも従う」「札束を見せれば何でも要求が通る」と言う中国文化の延長なのでしょう。

 つまり彼等は中国国内で通る事を、そのまま外国でやっているのです。


 だから彼等の感覚では自制しなければならない理由がわからないのでしょう。 結局外交と言う元来高度な政治手法の応酬の場であっても、イザとなると民族の本性が丸出しになるという事ですね。(韓国も同じですが)


 そこで金と武力がある限り、これを邁進するしかないのでしょうね。


IMG_9789.jpg


 しかしホントにこんな国が世界の覇権を握るって、恐ろしいではありませんか?


 ワタシだってアメリカの全てを容認するわけではないし、アメリカがこれまで影で色々汚い事をやってきたのも知っています。


 しかしこの孟晩舟逮捕に対する中国の「報復」を見れば、やはりアメリカは中国より百倍マシだと思わざるを得ません。

 だから今後、日本政府はアメリカと緊密な連携を維持して、対中防衛に当たるべきだと思っています。


 因みに、日本の自称人権派はこの事件にはだんまりを決め込んでいます。


 自国の会社重役が逮捕された報復に、相手国の民間人を逮捕拘束して挙句に「死刑にする」と言う対応を、彼等は容認しているのです。


 これが日本の自称人権派の人権感覚です。

  1. 未分類
  2. TB(1)
  3. CM(18)

2019-01-24 13:57

頭オカシイ 自衛隊機がまた「威嚇飛行」?

 レーダー照射事件に対する韓国の対応が愈々キチガイじみてきました。
 イヤ、本物の狂人としか思えない対応です。

 日本側がレーダー照射問題での協議を打ち切ったら、今度は海自の哨戒機が以降3度低空で威嚇飛行をしたと言いだしました。

 そして自衛隊機に接近されたという韓国軍艦は、「これ以上接近すれば、自衛権的措置を取る」と警告したと言います。

 挙句の果てに今度は韓国国防省が、

 声明の発表後、鄭景斗国防相は韓国記者団に対し、「(今後同じことを防ぐためには)使える手段をすべて利用して警告し、一定の範囲内に入った場合は自衛権的措置をとることを正確に日本側と合意し、実行しなければならないのではないか」と述べ、武力使用を含む対抗措置に言及した。

 とのことです。

 2019y01m24d_143119810.jpg 
 記者会見する韓国軍合同参謀本部の作戦本部長(23日、ソウル、東亜日報提供)
 戦闘服なんか着て何のつもりだろう?
 日本と戦争をしているつもりなんだろうか?



 武力使用を含む対抗処置?

 これ正気で言っているのでしょうか?

 例え韓国側が言うように自衛隊機が韓国軍艦に高度60m、距離540mの距離まで接近した事が事実でも、それに対して「武力使用も含む対抗処置をとる」と言うのはどういうことでしょうか?

 これって撃墜するという事でしょう?

 例え自衛隊機が接近したことが事実でも、単なるハッタリやブラフでも、こんな事を言ってよいのでしょうか?

 子供同士の喧嘩なら「ぶっ殺す」と言っても、「友達にそんなこと言ってはダメだよ。」と叱られて終わりです。
 でも大人同士なら脅迫で逮捕されても文句は言えません。

 まして刃物や銃を持った状態で「近づいたら撃つぞ」などと言ったのであれば、完全に脅迫として逮捕起訴されるでしょう?

 武器を持ち本当に相手を殺傷できる者が、こんな事を言えば本当に殺害を意思があると看做されます。
 ところが韓国軍は至って気楽にこれを言ってしまいました。
 
 彼等はこれをどういう事か理解しているのでしょうか?

 そもそも本当に自衛隊機が高度60m、距離540mまで近づいたとして、威嚇になるのでしょうか?

 P1は哨戒機です。 
 そして普段の哨戒活動に出る場合は、対艦ミサイルは搭載していません。
 機関砲などもありません。

 フリゲート艦と戦う事など不可能なのです。

 これは「友軍」である韓国側も知っているはずです。 
 何より「友軍」機が近づいたのを「威嚇」と認識するのが異常なのです。

 2010年4月8日、東シナ海で中国軍の艦載ヘリが護衛艦「すずなみ」に距離90m、高度30mまで接近したことがありました。
 これはヘリが操縦を謝れば「すずなみ」に衝突する可能性のある危険な行為です。

 その為、日本は中国に抗議しました。

 しかし自衛艦側は火器管制レーダー照射などの危険な行為はしていません。
 また中国軍のヘリが「威嚇した」などとは言っていません。 (それでも栄光ある日本海軍の後継者が、ヘリが近づいたから「威嚇された」、怖いなんてミットモナイ事は口が裂けても言えませんけどね。

 当然でしょう?

 そんなことをして中国軍ヘリが「すずなみ」を攻撃したりすれば、本当に日中戦争になりかねません。
 
 中国軍は現場の規律が怪しいのか、米軍相手にもこの種の異常接近事件を繰り返しています。
 そして中国共産党は中国式の面子から、公式の謝罪等はしないのですが、しかし現場の暴走から米中戦争になっては不味いという認識はあるらしく、韓国のように意図的に煽る事はせず、むしろ防止するように努めています。

 また中国軍による自衛艦への火器管制レーダーの照射事件もありましたが、日本が抗議した後は、防止につとめ、それが海上衝突防止協定(CUSE)の締結につながりました。

 ところがその中国に比べても韓国の対応は完全に狂っているのです。

 韓国側が際限もなくこの問題を煽る原因は何でしょうか?

 一つは韓国人は頭がオカシイ。
 韓国人は喧嘩になると見境がなくなり、その場の喧嘩に勝つためなら、後先考えずに何でもやってしまうという事でしょう?

 実際、この火器管制レーダー照射事件のこれまでの経緯も、言うことがコロコロ変わり、到底マトモな主権国家の対応とは思えない物でした。
 
 日本人なら万引きで捕まった小学生でも、もう少し冷静で合理的な対応をするでしょう。

 そして日本はこれまで韓国に対して大甘な対応を繰り返してきましたから、ごね続ければ日本が折れるはずと言う確信があったのでしょう。
 ところがなかなか折れない、それどころか日本側から協議を打ち切ってしまう。

 そこで狂乱して、周りからどう思われようとも「ウリは正しいニダ!!」と喚きだしたのでしょう。
 (それでも国家レベルでこんなミットモナイ対応ができるのは、驚きですが)

 でももう一つの可能性があります。

 つまりこうやって騒ぐ事で、今後自衛隊機が韓国軍艦に近づけないようにしようと言うのです。

 あのフリゲート艦公開土大王は、レーダー照射をしたとき、一体何をしていたのか?
 あの慎重で冷静な小野寺五典が、自民党の国防部会やマスコミでも韓国が北朝鮮の制裁破り(瀬取り)に協力していたのではないかと公言しています。

 そして昨年11月既に、日本は瀬取りによる北朝鮮の経済制裁破りについて、国連の報告しているのです。

 このまま日本の哨戒活動が続くと、韓国海軍が北朝鮮の経済制裁破りに協力しているという証拠を掴まれてしまうという危機感が、韓国側にあるのではないでしょうか?

 そうなると韓国が国家として制裁対象になるし、文在寅政権の存亡にかかわります。

 だからこの際「威嚇飛行」をでっちあげて、自衛隊機が韓国軍艦に近づけないようにしようというのでしょう。
 
 もしそうだとすると最初のレーダー照射からして、現場の暴走なんかではなく、韓国政府の意志だった可能性があります。 
 つまり制裁破りをした現場を押さえられそうになったら、いかなる手段を使っても自衛隊を追っ払えと言う命令が出ていた可能性があるのです。

 いずれにせよ韓国がマトモな国でない事、そしてもう友好国とは言えない事が益々明白になってきました。

 こういう状況で米韓同盟がいつまでもつかも心細い限りです。

 いくら韓国が頭オカシクても在韓米軍が駐留すれば、日本の安全保障には絶対的にプラスです。 だから在韓米軍の駐留が続くなら、日本側の「ならぬ堪忍、するが堪忍」と言う対応もありでしょう。

 そして在韓米軍も大所帯ですから、撤退するとなると兵員の処遇始め準備は大変です。 
 だから米軍だって撤退の準備が完了するまでは、韓国を怒らせるような対応は避けるでしょう。
 
 その為、当分韓国のキチガイ振りはエスカレートする一方でしょうが、しかし日本側は冷静に毅然とした対応を続けるしかありません。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2019-01-23 14:39

韓国を甘やかしたのは?

 先日のエントリーで日韓関係が悪化していくメカニズムを、ワタシなりに分析してみました。

 韓関日係を悪化させたモノ

 ところでこの責任は誰にあるのでしょうか?

 全て外務省と、日韓議員連盟、左翼、マスコミの責任でしょうか?
 確かに河野談話が出たりした頃からは、これらの韓国への対応姿勢が日韓関係悪化に最大の責任があった事は間違いありません。

 しかし考えてみると、韓国に対する大甘な姿勢は、実は日韓条約締結後から一貫しています。
 そもそも日韓条約自体が韓国に対して超大甘な条約でした。

 だって鉄道や道路、大工場など、朝鮮半島に日本が残した膨大な資産と、一部朝鮮人労働者や朝鮮人志願兵への軍人恩給などと言うショボい物と相殺した上、莫大な経済支援まで約束したのですから。

 にも拘らずその直後から韓国に大甘だったのでは、日本の保守派、右派でした。

IMG_9575.jpg

 2012年9月24日、ワタシは日韓断交デモin札幌に参加しました。
 その時、出発前の集会である右翼団体の代表が演説をしたのを今も覚えています。 

 ワタシはその時初めて右翼の話を真面目に聞いたのですが、彼はまず言ったのです。

 「自分達はこれまでずうっと韓国は、共産主義と戦う仲間だと思って応援してきた。 それなににこんな事になって忸怩たるものがある。」と。

 そうです。
 それでワタシも思い出したのです。

 日韓条約締結後、日本のマスコミは一貫して韓国を軍事独裁の暗黒国家として報道し続けました。

 しかしそのころ日本の右派、保守派は韓国を反共と闘志として一生懸命応援していたのです。

 例えば瀬戸弘幸先生は全斗煥政権が始めたセマウル運動(農村近代化運動)に協力して、自費で韓国に渡航して韓国の農村に泊まり込んで先生の生業である果樹栽培の技術を教えたと言います。

 桜井よし子さんはこの当時(2012年)でもまだ「韓国びいき」を自認していました。

 そして韓国の保守政権を応援し、韓国との良好な関係を維持するために、敢えて竹島問題には目をつぶっていたのです。

 一方韓国の保守政権はそういう立場を最大限利用して、日本からの支援を引き出そうとしていました。
 
 全斗煥大統領は「我々が日本の為に共産主義への盾になっているのだから、日本が支援をするのは当然である。 韓国に経済支援をしろ!! ビタ一文まからん。」と言いました。
 これにはさすがに当時の日本側も呆れたのですが、しかし結局相当の支援はしたのです。

 そして日本の保守派、右派はそれでも韓国を憎む事も嫌う事もなかったのです。

IMG_9587.jpg

 一方、こうした日本側とは対照的に、韓国の方は一貫して反日教育を止めていません。

 それどころか朴正煕は、反日教育を続けるだけでなく、漢字教育を廃止してしまいました。
 その為の彼の時代から漢字を読めない世代が生まれ、その後韓国の中心になっていきました。
 これ以降の韓国人は過去の歴史の事実を自分自身の目で確かめる事ができくなったのです。 

 そもそも朴正煕が漢字廃止なんて事を行った理由が、過去の韓国の歴史を抹殺したいからでした。

 漢字教育廃止は1969年からですから、この当時小学校に入学した人は現在56歳と言うことになります。
 つまり儒教式年功序列で現役最高の地位を得ている人達以下、殆ど全てがこの世代なのです。
 だから彼等の脳内には韓国の学校教育以外で刷り込まれた歴史以外が入るわけもないのです。

 なにしろこの世代は漢字は読めないのですが、しかし当時の社会全体では漢字が読めないのは、漢字廃止教育を受けた若年層だけです。
 だから彼等には学校教育以外で、読む本さへないのです。 なぜなら一部の若年層だけを相手に、ハングルだけの本を出版する出版社はなかったのですから。
 これでは学校教育で学んだ事だけが、教養の全てになってしまいます。

 そしてその学校教育で学んだのは、徹底した反日教育でした。 その意味では文字通り純粋反日思想だけで育つしかないのです。

 これでは現実認識が歴史認識が、日本人一般とかけ離れていくのは当然でしょう?

 でもそういう世代を作ったのは、実は日本の保守派が全面的に評価する朴正煕と言う男でした。

IMG_9604.jpg

 そうやって純粋な反日教育で育った世代が社会に出る頃起きたのがソ連崩壊です。
 1989年のソ連崩壊で、北朝鮮は支援者を喪って窮乏しました。 それに伴い北朝鮮の貧困と人権弾圧が、日本でも報道されるようになりました。

 するとそれまで韓国を暗黒独裁国家、北朝鮮を地上の楽園と称えていた日本の左翼が一斉に韓国にすり寄るようになりました。
 
 その彼等が韓国に対して行ったのは、慰安婦強制連行捏造始め、虚偽の反日宣伝でした。

 元々反日教育だけを信じてきた人達が、これに飛びつくのは当然でしょう?
 
 ここから韓国を甘やかす日本人は、右派、保守派から左翼に変わるのです。
 
 すると韓国側はそれまで自分達を罵倒し続けた日本の左翼達を「良心的知識人」と称える一方、嘗て自分達を支援してくれた保守派や右派を「極右」「軍国主義者」と罵倒し始めたのです。

IMG_9591.jpg

 つまり瀬戸先生や桜井よし子さんのような人達の善意は、結局欠片も伝わってはおらず、良いように利用されただけと言えない結果になったのです。

 マジに韓国の果樹農家が日本から盗んだ品種を、海外に輸出しているなんて話を聞くと、ホントに加連中には誰が何をしても良い結果にはならない・・・・・と、思わざるを得ません。

 そしてそんな韓国人の本性に気付かず、ひたすら信じて支援し続けた日本人が馬鹿だったとしか言えないのです。

 イヤ、本当に韓国人全部がオカシイ人間、どうしようもない嘘吐きと言うわけでもないのでしょう?

 実際、桜井よし子さんや瀬戸先生など、古くからの保守派の人達は、長く韓国を支援してきた事から、韓国人や在日コリアンにも大勢の友人知人がいるようです。
 そしてそういう人達との交流を通じて、韓国を信じてきたのでしょう。

 けれどもそういう人達も韓国と言う国家全体の中では、イヤ在日コリアンのコミュニティー内でも、沈黙を強いられ、やがて抹殺されるようにできているのでしょうね。

 韓国人の社会と言うのはそういう物だと思わざるを得ないのです。

 そして韓国社会がそのような物であれば、個人レベルでいくら信頼でき、分かり合える人がいても、結局国家として韓国を信頼してはいけなかったのです。

 だからこそこれまで韓国を支援してきた人達は、この間違いに気づいた時に愕然として、そして韓国への怒りに燃えるようになったのです。

IMG_9607.jpg

 異民族、異文化との交流と言うのは所詮そんな物。

 日韓条約締結から半世紀余、こうした韓国との関係を続けた挙句、漸く左翼を除く日本人の全てが、韓国と言う国の本質に気付いたのです。

 随分長くかかったようでもありますが、しかし国民レベルでこういう特異な民族を理解するには、どうしてもこのぐらいの時間が必要だったのかもしれません。

 だから今後はもうこの失敗を真摯に受け止めて、韓国への対応を変えるしかないのです。
 こうして過去の経緯を思い出せば、誰かをせめて済む話ではないのは自明ですから。

 前回のエントリーでは凄くむかついたけれど、しかし冷戦時代を思い返せば、結局日本人全体の韓国人への理解の欠如と、冷戦の深刻さから来た問題でした。

 既に結果の出た過去の問題を糾弾するのは簡単ですが、それに熱中するとそれこそ朝鮮人になってしまいます。
 だから過去の反省はしても糾弾はせず、この状況を打開する方法を考えていくべきです。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(23)

2019-01-21 13:30

日韓関係を悪化させてきたモノ テリー伊藤

 テリー伊藤氏が日韓関係について日本に35年間植民地にされてる訳。喧嘩でもそうだが、殴った相手は忘れる、殴られたことはずっと覚えてる。70年も経ったと言うが反日教育ってそんなもんじゃない、これから100年も200年も続くと思うと述べています。

 でもこの種の発言は、日韓関係についてはテリー伊藤氏だけでなく、日本の新聞やテレビ、そして政治家が戦後一貫してし続けてきました。

 日本は韓国を植民地にしたのだから、反省しなければならない。

 これが戦後の日韓関係の日本側の基本姿勢でした。

 しかしこれオカシイと思いませんか?

 「喧嘩でもそうだが、殴った相手は忘れる、殴られたことはずっと覚えてる。

 日韓併合が本当に喧嘩で、朝鮮を殴ったとしてもこれはオカシイのではありませんか?
 本当に日本が悪くて、本当に朝鮮をボコボコに殴ったとしても、ヤッパリオカシイではありませんか?

IMG_9574.jpg

 ワタシは元来利己的で狭量な人間ですから、他人と喧嘩をしたことは何度もあります。 女ですから成人してから殴り合いはしていませんが、しかし喧嘩をして相手にいろいろ言われたりして腹が立った事は何度もあります。

 だからと言って喧嘩でやられた事を何年も恨んだ事はありません。
 喧嘩の直後はカッカとしているけれど、しかし暫くして冷静になれば「でもワタシも悪かった・・・・・」と反省します。

 これはホントに殴り合いをした場合だってそうでしょう?

 殴られて怪我をして、その怪我が治るまでは、相手を恨み憎み続けても、怪我が治り痛みも去れば、冷静を取り戻すのではありませんか?

 まして怪我をさせられても、相手とちゃんと法的に和解して怪我の治療費や損害賠償を受け取ったら、本来もうそれ以上、恨み言など言うべきではないのです。

 そしてその相手が、和解後も事あるごとに助けてくれたのなら感謝するべきなのです。

 和解した後からも、職がなければ良い仕事の世話をしてくれ、お金に困ればお金を貸してくれる、そういう事がずうっと続いていてきたとしたら、むしろこんなにも親切で善良な人と喧嘩をしたのは、自分の方が間違っていたのでは?と反省するでしょう?

 どんな事があろうとも、正式に和解し、しかもその後何度も世話になった相手を、いつまでも昔の喧嘩で恨み続けるなら、それはそもそもその人間がオカシイのです。

 普通の常識があるなら、もうこんな人間とは関わるべきではないのです。
 
 そもそも公式に和解調停を済ませた後も、際限もなく過去の喧嘩を持ち出して、金品や助力を強要するような人間は、それだけもうマトモな人間ではなく、強請タカリを専業する破落戸やヤクザの部類と考えるべきなのです。

IMG_9579.jpg

 日韓併合をどうとらえるかはの問題ではありません。

 日韓併合については1965年の日韓条約で全て解決すると、日本・韓国双方の政府が合意しました。
 これは公式な国際条約です。

 個人で言えば裁判所で和解調停をしたのと同じです。

 韓国がマトモな国であれば、これで二度とこの問題を日本に持ち出す事はなかったはずです。

 ところが韓国はその後何度も何度もこの問題を持ち出すばかりか、慰安婦強制連行とか強制労働とか事実無根の話をドンドン捏造して、日本に「謝罪と賠償」を要求し続けているのです。

 挙句の果てに朴槿恵前大統領は、日韓併合について「被害者と加害者の立場は1000年経っても変わらない」と明言しました。
 
 そして文在寅現大統領は、自分が任命した韓国大法院(最高裁)判事を使って、この日韓条約を反故にする行動にでました。

 これがマトモな国の対応でしょうか?
 こういう国は個人で言えば強請タカリを専業とするヤクザや破落戸と同じではありませんか?

IMG_9582.jpg

 しかしそれでは何で韓国が日本相手にこうした強請タカリを続けられるのか?

 それは日本側が日韓条約締結後も、テリー伊藤氏のような発想で「植民地支配をして悪かったのだから、その償いをしなければならない」と言う対応を続けたからではありませんか?

 そうなると元々ヤクザ破落戸国家である韓国がこれに付け込まないはずもないのです。

 だから日本が「植民地支配の償い」をすればするほど、新しい償いのネタを捏造しては、更なる償いを要求するのです。

 これでは永遠に償いは終わりません。
 それどころか償いをすればするほど、新しい罪が捏造されて、日本への憎悪や反感が募るばかりなのです。

 典型が慰安婦強制連行です。
 
 これは完全な捏造なのですが、しかし日本側は実に安易に謝罪してしまいました。

 するとこれで韓国人の脳内では、慰安婦強制連行は歴史的事実となり、日韓条約交渉中になかった賠償請求のネタになりました。

 何しろ相手は強請タカリのプロなので、日本側が「朝鮮を植民地支配をした事は反省しなければならない」などと言うそぶりを欠片でも見せると、そこに付け込んで新しい「罪」を捏造して、謝罪と賠償請求のネタにするのです。

 日本の「罪」を捏造して騒げば金になるとわかったので、ドンドン新しい「罪」を作るのです。

 だから日本が償いをすればするほど、日本の過去の「罪」「悪行」は増えていきます。 
 そしてそれを韓国政府が子供達に教育し、韓国マスコミが若者達に宣伝します。
 一方日韓統治の現実を知っている老人達は沈黙し、やがて死んでいきます。

 これでは日韓関係は悪化する一方なのです。

IMG_9583.jpg

 これが日韓関係悪化のメカニズムなのです。

 日韓関係を悪化させてきた原因の一つは、元来韓国と言う国がヤクザ破落戸国家であり、虚偽で他国に強請タカリをすることを恥じない文化であった事です。

 しかしもう一つの原因は、日本が日韓条約締結後も「植民地支配をしたのは悪かった」などと言う態度で、安易に韓国の要求に応じ続けた事です。

 強請タカリを専業とする破落戸やヤクザの要求には、本来絶対に応えてはイケナイのに、日本は戦後何度もそれに応えてしまったのです。
 
 これでは強請タカリ専業ヤクザに、際限もなく付け込まれて当然でしょう?

 本来であればこんな国とは関わるべきでなかったのです。
 しかし韓国の地理的位置を考えれば、それはできません。

 だから相手は専業のヤクザ破落戸である事を前提に、日韓条約締結後は韓国からの要求には一切答えるべきではなかったのです。

 そしてどうしても韓国を支援しなければならない場合は、支援を決定した時点で韓国大統領から公式に感謝の声明を出させて、その声明が出ないなら支援を中止するべきだったのです。

 ましてこれまで韓国大統領が再々やったように、支援を受けた挙句に日本を非難したり、竹島に上陸したりするなどの忘恩を働いた場合は、即刻制裁をするべきだったのです。

 そうしないと韓国人の脳内では支援された事もまた日本の「悪行」に変換されてしまい、反日感情を煽る原因になっていくからです。
 なにしろ過去日本が何度も繰り返した金融支援などが、現在韓国人の脳内では全て日本側の悪意とされているのですから。

 そして日韓併合の問題は日韓条約で解決済み、それ以降の日本から支援は120%日本の好意によるものであるから、土下座して感謝しなけらばならない事を徹底していくべきだったのです。

 もしこれを徹底していたら、日韓関係は今頃、日韓条約締結時より遥かに良くなっていたでしょう。

 それどころか韓国が親北朝鮮勢力に席捲されて、文在寅のような北朝鮮主導の南北統一を図る大統領が生まれる事などなかったでしょう?

 なぜなら親北朝鮮勢力を育てたのは、韓国人の反日感情です。 

 日本がこのような姿勢を取り続けていれば、今頃は韓国人だって日韓併合の現実を冷静に理解していでしょう?
 そしてそうなれば、金日成のインチキ反日闘争なんかを評価する人間などいないからです。

 しかし済んだ事は仕方がありません。
 日本は今後の事を考えるしかないのです。

 そして今後の事を考えたら、絶対にもう韓国に対して「植民地支配をして悪かった」などと言う姿勢で臨んではイケナイのです。

 「植民地支配をどう考えるかは、韓国の自由。 しかしそれは日韓条約で解決済だから、二度と外交の課題にするな。」と言うべきなのです。

IMG_9586.jpg

 因みに今回のレーダー照射についても、絶対に「落としどころ」を作って妥協したりしてはいけません。
 徹底的韓国を追い詰め、ボコボコにするべきです。

 万一でも、「韓国はレーダー照射の再発防止をする代わり、日本はP1が威嚇飛行をした事を認めて謝罪する」なんて事をしたらどうなるでしょうか?

 今までの韓国外交を見ればわかります。

 これで韓国内ではP1が威嚇飛行をしたことが絶対真実となり、今後韓国はこれについて際限もなく謝罪や賠償を求めてきます。
 
 その一方、レーダー照射は再々繰り返されて、その度に「日本側が威嚇した」と言い出すのです。
 
 そして自衛隊機が日本海上空を飛行できなくなるか、或いは本当に撃墜されるかと言う事になるのです。

 相手はプロの破落戸でヤクザです。
 日本はその心算で韓国に対応するしかないのです。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(23)

2019-01-20 13:10

 壁 移民社会の幾つく果て・・・・・

 アメリカの議会は予算の承認が遅れて、公務員の給与支払いに支障が出て、空港の手荷物検査などの重要な業務まで滞り始めたようです。

 何で議会が予算を承認しないかと言うと、民主党が「壁」の建設に反対しているからです。

 しかしワタシはこれわからないんですよ。

 民主党が何でそんなに必死に「壁」の建設に反対するのか?

 そりゃ「壁」でどれだけ不法移民を止められるかは、わかりません。
 これは建設する「壁」のレベルによるでしょうから、正確な事は「壁」について相当具体的なプランが決まらないとわからないでしょう。

 しかしそれはそれとして、今アメリカには不法移民がどんどん入っているわけでしょう?
 そしてその不法移民と一緒に大量の麻薬と、麻薬関連のマフィアが入ってきているのでしょう?

 だったらこれは何とかして止めるしかないではありませんか?

 勿論、相当の建設費はかかると思います。
 しかしそうは言っても、今の土木技術とアメリカの国家予算規模を考えたら、秦王朝が万里の長城を築くような大事業でもないでしょう?
 個人の家計で言えば庭付き一戸建ての家で暮らす人が、その自宅の周りに塀を作るぐらいでしょう?

 それをなぜ死に物狂いで反対するのか?

 ワタシはこれが不可解なのです。

IMG_9730.jpg

 いや本当の意味で不可解なのは、「壁」に反対している人達の言動を見ていると、明らかに不法移民の入国を容認しているとしか思えない事です。
 彼等は不法移民の入国を阻止したりするのは、「人権侵害」と考えているようです。

 それでアメリカの警察や入国管理当局などが、不法移民の入国を阻止したり、強制送還したりと言う話になると「人権侵害!!」「カワイソウ!!」の大合唱です。
 
 そして「アメリカは移民の国だ」「自由の国だ」などと言っています。

 イヤ、それオカシイでしょう?
 アメリカは移民国家で自由の国だけれど、でもそれは合法的に移民する人の話で、不法移民を無制限に受け入れるなんて事をしたことはないでしょう?

 例えば、昨年末からの騒動になっている「キャラバン」ですが、あの入国を容認したら、後から後か中南米中から不法移民が押し寄せて、数年内に数千万~億単位の人間がアメリカに入り込むのでは?
 それを本当に受け入れられるのでしょうか?

 そもそも本来の入国ゲート、例えば国際空港から入国する外国人は、3泊4日でフロリダのディズニーランドを見物する予定の観光客でも、パスポートの提示や、手荷物検査や入国審査を受けなければなりません。
 日本人のようにビザを免除されている国の国民でもパスポートは必要です。

 でもこういう手続きを守る事で、例えば日本人の暴力団員や共産党員などのテロリストの入国を阻止しているのでしょう?

 それなのにメキシコ国境は麻薬の密売人でも出入り自由と言うのは無茶苦茶ではありません。

 またエボラ出血熱やSARSなどが流行した時は、空港にサーモグラフィーを置いて、こうした感染症が国内に入るを防ぎました。

 しかしメキシコ国境がこんな状態では、中南米経由でこうした感染症が入る事は阻止できません。
 「壁」に反対している人達は、こういう事は心配しないのでしょうか?

IMG_9728.jpg

 それでも何でも必死に「壁」に反対するのはなぜでしょうか?

 ワタシはこれが移民社会の行き着く果てだと思ってしまうのです。

 アメリカは民主主義国家ですから、移民が一定数入ると、その移民達の組織票に依存する政党や政治家が出てきます。 またメディアや言論界にも圧力をかけるようになります。

 メディアや言論界は暴力や脅迫には実に脆弱ですから、より暴力的で凶悪な集団に従います。
 これは日本のメディアや言論界の、在日コリアンや部落解放同盟などに対する対応を見ればわかります。

 また今回の韓国フリゲート艦の火器管制レーザー照射事件に対する立憲民主党や共産党の対応を見れば、移民に買収されて自国ではなく、移民の出身国の為に活動する政治家と言う物が出てくる事がよくわかります。

 そうなると移民が一定数を超えてくると、移民の中でもより凶悪で暴力的な移民集団が、政治家やでメディアや言論界を動かすようになってしまい、それに逆らう事が非常に難しくなるのです。

 そして「不法移民は受け入れない」と言う、主権国家であれば当然の話が、「人権侵害!!」「人種差別!!」にすり替えられていくのです。
 
 すると愚かな人はホイホイその話に乗って「不法移民の強制送還、カワイソウ!!」と泣きわめくようになります。

 勿論アメリカの一般国民の多くは、こんな愚かな人達ではないので「これはオカシイ!! 自分の国に入る人間を自分達が選ぶのは当然だ。 オレタチは自分の国を守る権利と義務がある。」と考えました。
 だからトランプ大統領が当選し、次第に支持率を上げています。

 そこで今はそのトランプ大統領と不法移民の味方が、血みどろの戦いを演じているのです。

IMG_9767.jpg

 でもこうした状況はアメリカだけではなく、ヨーロッパでも同様のようです。
 本来の自国民の支持だけで票を稼げない政党が、移民の支持に依存し、そして票を稼ぐためにひたすら移民受け入れに邁進する事になっているのです。

 それにしても一旦このような状態になってしまったら、その後ちゃんと移民の入国をコントロールできるようになるのでしょうか?
 
 何しろトランプ大統領でさへ大苦戦です。

 そして一旦入って長期間居座っている不法移民を追い出す事は殆ど不可能なのですから。

 「壁」の提起する問題は極めて深刻だと思うのです。

オマケ

 
 
 この動画の翻訳と解説はベヒモスさんのところにあります。

 Winter is Trumping 冬が迫る
 
 トランプ大統領が壁を築く事で、冬を迎えるのはアメリカ合衆国でしょうか?
 それとも不法移民とそれ依存する人達でしょうか?
  1. アメリカ
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2019-01-19 12:57

太平洋戦争で親戚を沢山殺された日本人嫌いのお婆さん 日韓関係

 少し前に見たツィートですが、どうしても気になります。

スヒャン
 テレビで太平洋戦争で親戚が沢山殺されて日本人嫌いのお婆さんが「日本に行ってみたら日本人はいい人ばかりで良い国だった私は日本人を誤解していた」って言ってたの見て、実際行って見たこともない人が、特定の国の人や、民族の事を語る資格ってほんまないと思うネトウヨは中韓行ったことない人が多い
13:01 - 2019年1月14日 
https://snjpn.net/archives/91232

 太平洋戦争で親戚を沢山殺された日本人嫌いのお婆さん

 そんな物が実在するのでしょうか?

 そのお婆さんはテレビに出たのですから、実在はしているのでしょう。
 でもこの人、テレビに出て嘘を吐いたのではありませんか?

 太平洋戦争当時、朝鮮は日本領で、朝鮮人は日本国臣民でした。

 当時の朝鮮人はある意味日本人以上に強烈な皇民意識を持ち、日華事変から始まる一連の戦争でも、太平洋戦争でも熱狂的に日本の戦争政策を支持していました。

 多くの若者が日本軍に志願しました。
 
 日本軍将兵を乗せて北支へ向かう列車が朝鮮半島を通る時、駅には大勢の朝鮮人が詰めかけて拍手と万歳で見送りました。

 朝鮮の映画館で日本軍の勝利を報道するニュース映画が上映されると、館内は万歳と拍手に包まれました。

 そういう人達を日本が殺す理由はないのです。

 太平洋戦争で朝鮮人が死ぬとすれば、以下のような場合だけです。

① 日本軍に志願して戦死する。

② 慰安所経営など日本軍に関わる仕事で、戦地に行き戦闘に巻き込まれて死亡する。

③ 日本に出稼ぎに来て、事故や空襲に遭い死亡する。

 しかしいずれの場合も、特定の人の親族が大量に死亡するとは考えられません。 
 そもそも以上のような理由で死亡したとしても、これを太平洋戦争で親戚が沢山殺されたとして日本人を恐れる理由になるのでしょうか?

 こういう事で亡くなった人は気の毒だとは思いますが、しかしこれはどう考えても日本が殺したとは言えないのです。 米軍に殺されたとか、職場の安全管理に問題があったとは言えますが。

 このリンク先を見ると、このツィートに肯定的な返信が多いようですが、しかしワタシはそもそもこの「太平洋戦争で親戚を沢山殺された日本人嫌いのお婆さん」なる人物の話が疑わしいので、全然これを肯定できません。

 そもそもなぜ日韓関係が悪化したのか?

 それは韓国が建国後一貫して行ってきた教育の結果でしょう?

 太平洋戦争がどういう戦争で、その時代の朝鮮人が何をしていかを正しく教えて入れば、今のようなキチガイじみた反日世論は生まれていないのです。

 そしてこのツィート主のスヒャン(在日4世)なる人物に、最低限の歴史の知識と、それを考察する思考力があれば、この「太平洋戦争で親戚を沢山殺された日本人嫌いのお婆さん」なんてモノを持ち出す韓国テレビに違和感を持つはずでしょう?

 在日4世なら日本の歴史教育は受けているはずです。
 
 日本の学校教育では勿論、戦時の朝鮮人が日本に極めて協力的であったことは知りえないでしょう。
 しかし朝鮮は日本領である以上、朝鮮人は日本人なので、日本が朝鮮人を殺す理由がない事ぐらいは理解できるはずです。

 また彼女は4世代にわたって日本に居座っているわけですから、当然日本人の知人も多数いて、日本人がどういう人間であるかも知っているはずです。

 しかしそういう事実や現実は一切無視して「太平洋戦争で親戚を沢山殺された日本人嫌いのお婆さん人嫌いのお婆さん」なるモノの話には一辺の疑いも持たずに信じ込むのです。

 こういう人が本当に日本との友好を考えているのでしょうか?
 こういう人間の言う「特定の国の人や、民族の事を語る資格」って何でしょうか?

 オマエ、日本に4世代いて、日本の歴史も日本人も全然理解してないじゃん?
 それってつまり理解する意思がないってことだろう?

 大韓民国建国後、日韓関係は悪化する一方でした。
 
 でも日韓関係を悪化させているのは、この手の連中でしょう?
 だってコイツは結局、日韓の理解を言いながら、日本人に「太平洋戦争で親戚を沢山殺された日本人嫌いのお婆さん」と言う虚偽を呑ませようとしているのですから。

 ワタシはこの種の朝鮮人の図々しさと虚言を見ると、背筋がざわざわする程不快です。

 日韓関係が悪化したのは、当に韓国政府と韓国人(在日コリアンも含まれます)揃って虚偽に基づく反日宣伝を行ってきたからです。

 だからワタシは思います。

 韓国人がこうした悪質な虚言壁とでもいえる性格を治さない限り、日韓関係は破綻すると。
 
 そしてもうすでに殆ど破綻していると。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2019-01-17 12:06

パヨクにとっての「政治」そして「民主主義」

 大分前ですが面白い記事を拾いました。
 随分な長文なのですが、しかし読んでいるとパヨクにとっての「政治」そして「民主主義」の意味がわかります。

 「軍事政権でも、いいじゃないか」と言う学生たち(2018年4月13日)

 東京都内の大学にブラジルに嘗て存在した軍事政権についての講義をしている所があります。
 その講義を聞いた学生たちの中で、近年この軍事政権を肯定する学生が増えてきたというのです。

 それにショックを受けた朝日新聞の記者が、軍事政権を肯定する学生二人にインタビューをして書いたのがこの記事です。
 因みにインタビューを受けた学生は二人とも女子学生です。

 で、簡単に彼女達の言い分を書くとこうです。

 軍事独裁政権はそれまでのブラジル社会の混乱を収拾した。 そして合理的な経済政策を行う事によって、ブラジル経済を大幅に成長させた。
 軍事独裁政権だから、人権侵害も抑圧もあった。
 しかしそれによって社会が安定して、経済成長に成長したのだから、軍事独裁政権も一概に悪いとは言えない。
 民主主義がただ政権打倒などの混乱に陥っている時には、こうした軍事独裁政権と言う方法もあり得るのではないか?

IMG_9723.jpg

 ええ、ワタシもそう思います。
 軍事独裁政権はトルコのケマル・アタチュルク政権やエジプトのナセル政権、そして韓国の朴正煕政権など世界史上結構あるのですが、多くが近代化や経済成長に成功しています。

 なるほど民主主義と言うのは、言論活動や政治活動をしたい人にとっては快適な制度ですが、しかし野放図にそれをやり続ければ、国家が混乱して経済は破綻し、国民生活が成り立たなくなるし、悪くすれば国家その物が崩壊します。

 軍事独裁政権が生まれるのは当にそのような時代で、このブラジルの軍事独裁政権や韓国朴正煕政権などがその典型なのです。

 だからこの女子学生達は、軍事独裁政権を肯定的に評価するのです。

 そして軍事独裁政権の暗黒面、つまり反対派への抑圧や人権侵害についても「社会を安定させるためにはある程度仕方がない」と綺麗に割り切っています。

 う~~ん、ホントに賢い子だね。
 オバサンは感動したよ。
 全くその通りだよね。 
 そりゃ人権侵害なんかしないで社会が安定すればそれが理想だけれど、ゲバラみたいなテロリストに賛同するような人間が跳梁跋扈する社会でそれは期待できないもんね。
 オバサンが学生だった頃に、こんな事言ったら、学生全部から村八分にされたよ。

 真面目な話、彼女等が言うのは政治と言う物を語る上で、全く正論なのです。
 
 政治と言うのは国民生活を安定させ向上させ、国家を守る為に行う物なのです。
 国家は国民を守る為の集団ですから、これが破綻しては、国民全てが難民になってしまいます。
 
 パヨクの皆様は難民の悲惨さを宣伝して、「難民を受け入れろ」と喚くのですが、ホントに難民がそれ程悲惨なら、まずは国家を安定させて国民を難民にしない事の大切さを考えるべきなのです。

IMG_9724.jpg

 脱線してすみません。
 記事に戻ります。

 しかし彼女達は民主主義を否定しているわけではありません。 
 一人は初めて投票をしたときには、日本国民として政治参加できたことに大変感動したと言います。

 けれども民主主義で政治が運営できない場合は、軍事独裁のような手法も、また一定の人権弾圧もやむなしと言うのです。

 そしてそのようなリアリズムの視点から現在の国会を見ると、以下のような極めて否定的な感想を持たざるを得ないのです。

私は民主主義が絶対ダメだと言っているわけではありません。ただ、今の国会を見ていると、敵対する相手の悪いところを探り出し、おとしめることばかりに時間を費やしているように見える。もし絶対的なリーダーがいて、正しい道を分かっているのなら、その人に任せた方がいいのかなと思います

 ホントにその通り!!

 しかし面白いのはこの女子学生達に対する朝日新聞記者の反応です。
 以下、コピペしていきます。
 
 太字が女子学生、細字が朝日新聞記者です。

IMG_9740.jpg

 多数派と少数派。民主主義を考えるうえで、やはり、この問題を避けては通れないようだ。では、彼女たちは少数派をどう見ているのだろうか?

たとえ、反対した人がいても、選挙で票をいちばん集めた政党が国の代表になる。民主主義とはそういうものじゃないですか。いまだったら、それは自民党。それは受け入れざるを得ないと思います。それがたとえ、自分が支持していない政党であっても、他の多くの国民が支持していれば、その政党が政権を握ることを認めなくてはいけない」と、3年生の女子学生。

 つまり、選挙で決まった結果に対して、少数派が後から文句をつけるのはおかしい、と?

 「今の日本はすぐに反対の声が出てくる。そういう人の方がどちらかというと、独善的だという気がします。私は個人的に、自分が投票した党が政権につかなくても、たとえ納得いく政策がとられなかったとしても受け入れます。それが民主的なんだ、ああ今はこれ(が民意)なんだって

 親子ほども年の離れた若者から「独善的」と言われてしまったようで、ちょっぴり落ち込んだ。
だが、その時ふと思い出したのが、ネット検索で見つけた「ライト(軽い)独裁」という考え方だ。つまり、優秀な人物に期限付きで強大な権限を与え、国民が仕事の成果を評価する。良ければ報酬を上げ、ダメならやめさせるーー。数年前にお笑い芸人が提唱して、ネット上で物議を醸していた。もしかして、彼女たちが理想としているのは、こういう政治体制のことなんだろうか?

 だが、その時ふと思い出したのが、ネット検索で見つけた「ライト(軽い)独裁」という考え方だ。つまり、優秀な人物に期限付きで強大な権限を与え、国民が仕事の成果を評価する。良ければ報酬を上げ、ダメならやめさせるーー。数年前にお笑い芸人が提唱して、ネット上で物議を醸していた。もしかして、彼女たちが理想としているのは、こういう政治体制のことなんだろうか?
3年生の女子学生に疑問をぶつけてみると、こんな答えが返ってきた。

 「私はその考え方に反対ではありません。独裁というと、ナチスを連想する人も少なくありませんが、私が思うに、ヒトラーは国民が言えずにいた不満を代弁したから、最初の頃は支持を得ていたことも事実です。もし『ライト独裁』という制度ができて、国民の代弁者が出現したとしても、必ずしもヒトラーのようになるかといえば、私はそう思いません。逆に、ヒトラーを生み出してしまった苦い経験を得ている今だからこそ、そういう人物を生かすやり方も分かってくると思います」 

 インタビューを終えた私は、正直、かなりのカルチャーショックを受けた。でも、彼女たちは特別に変わっているわけではない。少なくとも、同じ年頃にアルバイトとコンパに明け暮れていた私よりは、政治に誠実に向き合っているという印象も持った。

IMG_9725.jpg

 ざっと読んでわかりますが、太字で書かれた女子学生の言い分は、政治を行う上で全くの正論なのです。
 
 それどころか彼女達の意見は朝日新聞の大好きな日本国憲法の規定に完全に従っているのです。

 選挙により国会議員の多数を得た政党が政権を取り、予算や法案などの議決は国会の多数決による。
 これは日本国憲法に明記されており、中学校の公民で習う事です。

 だって「少数意見の尊重」なんて憲法には書かれていません。 
 言論の自由は憲法で保障されていますから、少数派が多数意見に文句を言うのは自由です。

 しかし憲法で多数決で法案や予算を決めると規定されているのに、少数派が際限もなく反対し続けるのでは物事は決まりません。
 少数派の意見に多数が従わなければならないのでは、そもそも「民主主義」の意味がありません。

 だから日本国憲法と雖も、法案や予算その他の国家の重要問題について、国会内の意見が分かれた時は、多数決で決定できるように規定しているのです。

 国家を運営するためには国論の分かれる問題にも結論を出し、それを実践していかなければならないのですから当然でしょう?

 しかしこのインタビューを見ていてわかるのは、朝日新聞の記者はこれが理解できないのです。

 つまり彼等にとって民主主義とは自分の思った通りに物事が決まる事であり、それが実現しなければ際限もなく文句を言い続ける事なのです。
 イヤ、文句を言うだけならいいのですが、沖縄の反基地派や今の国家の野党ように、自分の反対意見の実践には、徹底的に嫌がらせや妨害を続けるのが当然、それが民主主義だと信じているのです。

 現実社会でどんな場面でもこんな事はそもそもあり得ません。

 例えば仲間内で新年会を開くような場合は、皆で相談して場所や日程を決めます。

 そのような場合、他人の意見に全て反対して自分の都合だけを主張し続ける。 
 そして自分の気に入らない日程や店で新年会を開く事になったら、それを妨害する。

 こんな事が許されますか?
 全ての参加者が満足するような日程や店で新年会を行う何てことが可能ですか?

 チョッと考えてもこんな事は許されないし、不可能だとわかるはずです。

 しかし彼等は政治に関してだけは、これが当然だと信じているのです。
 それでも彼等がこの全く非現実的な「民主主義」を振り回すのは、結局彼等にとって政治と言う物に何の現実性もないからでしょう。

 彼等は結構な物知りで、事あるごとに尤もらしい意見を述べ建てます。
 しかし彼等の中では、現実の政治課題、例えば国防にせよ、雇用にせよ、財政にせよ、実は何の現実性もない話なのです。

 だから国防の話が出てたら、中国の軍拡状況の異様さなど、全く関係なくひたすら妄想平和主義を振り回します。
 また雇用に関わる重要な経済指標やその意味は殆ど知りません。
 一方財政に関しては財務省の意見をそのままオウム返しです。

 要するに彼等にとって政治とは、ひたすら理想論や綺麗ごとを喚き、政府に反対して「反体制」の正義を演じる事であって、現実の国家と国民生活を守る事ではないのです。
 
 ワタシはこの記事を読んでいて思い出したのが、民主党政権です。
 
 ワタシは民主党政権には反対でしたが、それでも彼等が政権を取るまでは、民主党議員と雖も長く国会議員をやっており、しかも結構な高学歴でもあるのだから、経済や国際問題など、政治の重要課題に関わる問題全般についてワタシのような低学歴ネトウヨ以上の知識はある物と信じていました。

 彼等はそういう知識を元に、彼等なりの考えで、政府与党に反対しているのだと思っていたのです。

 ところが実際にはそうではありませんでした。

IMG_9733.jpg

 東大とMITで学位を取った鳩山由紀夫は、「初めて抑止力と言う物を学んだ」と言いました。
 そして普天間基地移設のような国家と国家で決めた事は、政権が変わっても覆せないという、中学生が考えても当然の事が理解できていませんでした。

 重要な経済指標を、公表前に話してしまう経済産業大臣がいるかと思えば、官房長官は為替介入のタイミングになる数字をペラペラとしゃべってしまいまし。
 こ、こんな事をしてはいけないって、株屋が株式投資を始めてやる主婦向けのセミナーレベルの知識でわかるはずですが、彼等にはわからなかったのです。
 彼等だって素晴らしい高学歴で、しかも国会議員としてのキャリアだって非常に長かったのに。

 つまり彼等は現実の経済にも、防衛にも何の関心も持ってこなかったのです。

 民主党政権時代はこの手の話がワラワラ出てきて、ワタシはその度に驚愕しました。
 しかしそれでわかったのは、彼等の長い長い長い国会議員時代、関心をもって学び続けたのは、選挙に勝つ方法と、いかに政治に関して綺麗ごとをネタに政府を攻撃するかだけだったと言うことです。

 しかし現実に政権を執らなければこれでも議員としてやっていけるのです。
 そしてその議員を評価するマスコミが、全くこの同類なのですから、非難されるわけもないのです。

 それでもこんな連中が自由に発言できて、参政権を持つから民主主義は怖いです。

IMG_9766.jpg

 ところで今韓国では、この民主党政権の同類が政権に就いています。
 この状況を鈴置高史氏は「韓国はレミングの群れだ」と表現しています。

 韓国がこれからどうなるのか?

 これは民主主義と言う物の怖さを知る上で、大変興味深い話なので、今後の展開がとても楽しみです。

 しかしパヨクの人達がこれについて学ぶことはきっと何もないのでしょうね。
 人間、どんなに年を重ねても、頭が良くても、学ぶ意思のない事は学べないのですから。

  1. 未分類
  2. TB(1)
  3. CM(14)

2019-01-16 10:43

敵は中国 北方領土と対露外交

 最近、北方領土の話が繰り返し出ています。
 そしていましも北方領土が返りそう、しかし返らないのは「安倍が悪い」ような話になっています。
 なぜならこのところ安倍総理がまた頻繁にプーチンと会談しているからです。

 しかしワタシは北方領土は今の状況では絶対に動かないと思います。
 
 北方領土の返還はロシア側から言えば、領土の喪出です。
 しかしロシア人は「領土は寸土も喪うな」を文字通り信奉している人達ですから、北方領土返還でロシアがどのような利益を得ようとも、そんな交渉は絶対に認めないでしょう。

 これをロシア人に呑ませる事ができるのは、スターリンのような強大な独裁者だけです。

 今のプーチンにそんな力はありません。 今のプーチンは大統領の地位を守るのに手いっぱいなのです。
 
 この状態でプーチンが返還に同意しても、プーチン政権は崩壊、その後の政権と揉め続ける事になります。

IMG_9610.jpg

 一方、日本側はどうでしょうか?

 例えば奇跡が起きて、北方領土が返ってきたとしたして、北方領土に移住する人はいるのですか?

 現在、北方領土にはロシア人が住み、ロシアの世界を作っています。
 平和的交渉での返還では、この人たちを追い出す事は難しいでしょう。

 そして北方領土が返還されても、この住民たちが残ったらどうでしょうか?
 幾ら日本領になっても、日本人が移住して、ロシア人住民を圧倒しなければ、日本経済に取り込む事ができなければ、領有権は非常に不安定な物になります。

 しかし北方領土へ移住したい日本人はどれほどいるのでしょうか?
 稚内や網走や釧路など、道東の都市さへ過疎化が進んでいる状況で、北方領土へ移住して、そこで新しい生活を始める人などいるのでしょうか?
 ワタシは返還運動にかかわってきた熱心な活動家を除いて皆無だと思います。 

 だって生活の手段がありませんから。

 だから今、北方領土を返されても管理が大変なのです。 

IMG_9613.jpg

 それではなぜ安倍総理が、やたらにプーチンにすり寄るのか?
 
 それはロシアを対中包囲網に加えたいからでしょう。 
 と言うより対中包囲網を作る上で、ロシアが中国側についていては絶対に困るのです。

 これはロシアの軍事力と、地理的な位置を見れば明らかです。

 ところでロシアは米ソ冷戦時代も、中国とは険悪でした。
 それでも双方社会主義国として、団結して資本主義国家と対決するという建前は顕示していました。

 だからアメリカはソ連に勝つために中国と国交正常化をして、中国を支援(ミサイル技術まで教えた!!)し続けました。

 それでソ連が崩壊したら、今度は中国が化け物になってしまったわけです。
 
 だったらこの化け物に対抗するには、ロシアを支援して化け物と戦わせる方向に持って行くべきでしょう。
 そして対中囲網を作る為には、ロシアを包囲網側に取り込みたい、少なくともロシアを中国側に着けてははイケナイのです。

 ワタシはこれが安倍総理やトランプ大統領の対露外交の根底にあると思います。
 
 だから安倍総理もトランプ大統領も、プーチンとの関係は大事にするのでしょう。

 一方、プーチンも強か者ですから、それを承知でできる限り、対露友好を高く売りつけようと頑張るのです。
 その為には、態々中国と軍事演習などやって「オレに冷たくするなら、中国側へ行っちゃうからね。 オマイラ、それでもいいのかい?」とアピールしたりもするわけです。

 マジに食えない奴ですね。

IMG_9617.jpg

 でも、ロシアだって本当に中国と仲良くできるわけもないのです。

 だって中国は現在ロシア領になっているロシア沿海州は勿論、あわよくばシベリアまでも奪う気満々です。
 そして現実に中国人の不法移民がロシア沿海州やシベリアにまで大量に入り込んで、人口侵略が着々と進んでいるという現実があります。

 因みにロシアの沿海州が中国側の手に渡るのは、日本にとっては大変な脅威です。

 例えばウラジオストークが中国の手に渡るのと、このままロシアが持っているのとどちらが危険だと思いますか?

 ワタシは絶対前者だと思います。

 なぜなら現在、ロシア沿海州は人口希薄地です。
 だからウラジオストークは孤立した軍港で、ここに艦船を補給するには、バルチック艦隊の時と同様、ロシアのヨーロッパ側から、世界を一周して送り込むしかありません。

 でも中国からなら簡単に艦隊を補給できます。
 それどころか満州の工業地帯から人間と工場が押し寄せ、ウラジオストークとその近辺もまた工業化されて、そこでドンドン軍艦を作る事だってできるのです。

 中国の恐ろしさは無数の貧民がいて、彼等が常に移住する先と職を求め続けている事です。 だから現在でも既にロシア沿海州は中国人の不法移民に進攻侵略されつつあるのです。

 こういう事を考えると、ロシアにもそれなり頑張ってもらわないと困るのです。

IMG_9634.jpg

 それで日本もアメリカも、こうしたロシアの弱みも知った上で、「でもオマイ、中国なんか信じて大丈夫か? アイツはもうオマイの東側に入り込んで、奪う気満々なんだぜ。 アイツに東側奪われたくなかったら、オレタチと一緒に中国と戦った方がいいと思うよ。」と言っているわけです。

 しかしアメリカがロシアを支援するにあたっては、中国を支援した時には無かった厄介ごとがあります。

 なぜならロシアは東側では中国と対峙しているけれど、西側ではヨーロッパと対峙しているからです。
 しかもロシアにとっては、人口希薄地帯である東側より、元々のロシアの中心地であり人口密集地に近い西側の方がより重要なのです。

 だからアメリカや日本がロシアを支援すれば、ロシアはその支援で得た物を、西側での活動に使うでしょう。

 これはヨーロッパ諸国にとっては大変な脅威です。
 一方、ヨーロッパ諸国にとって中国は遠い国で、直接軍事的脅威にはなりません。

 だからトランプ大統領がプーチンと親しく、対中包囲網形成に熱心となると、それだけで十分トランプ大統領を警戒する理由になるでしょう?

 そしてアメリカとてもロシアがヨーロッパ側にのしてきて、再度「共産圏」を作る事など容認できるわけもないでしょう。

 そうなるとロシアへの支援もどの程度してよい物か?

 アメリカと雖も、ロシアと中国を敵に回しての二正面作戦はとれない。
 しかしロシアをアメリカ側に引き付ける為に支援をすると、ヨーロッパが危険になってしまう。

 つまり対中包囲網形成の為のロシア支援は、非常に微妙なバランスを取りながら行うしかない事なのです。 

 こうした状況を考えれば、安倍総理が頻繁にプーチンと会談するのはわかります。

 日本としてはロシアを中国側につかせない、ロシア沿海州を中国の手に渡さない、しかしあんまりロシアにのさばってもらっても困る、この方針でロシアを支援するしかないのです。

 この方策を実行する為には、ロシア側との緊密な連絡が不可欠なのです。 何しろこれは殆ど曲芸なのですから。

IMG_9631.jpg

 さてここまで長々書いたけど、何が言いたいかわかりますか?

 つまり今は北方領土どころじゃない!!と、言うことなのです。
 今の日本は北方領土より尖閣諸島と沖縄を守る事に専心するしかないのです。

 面積では尖閣と北方領土は比べ物にはなりません。
 しかし今現在ロシアがここを押さえている事で、日本への軍事的な危険は限られています。 
 つまり今のままなのです。

 けれども尖閣諸島を奪われると、日本のシーレーンが脅かされます。
 また尖閣諸島に軍港が作られると、中国軍艦、特に潜水艦が自由に太平洋に出られるようになります。

 そうなるとアメリカの太平洋制海権が脅かされる事になり、日米同盟にとって極めて危険です。

 だから中国が侵略的姿勢を変えない限り、北方領土よりも尖閣を優先するしかないのです。

 でも諦める必要はないでしょう。

 だって何百年経とうとも北方領土はなくなりません。

 けれども中国共産党が何百年も続くわけじゃないし、ロシアだって定期的に不安定状態になります。
 例えばプーチンが死ねば、どうでしょうか?

 プーチンはワタシや安倍総理より2歳年上です。
 彼がマレーシアのマハティール首相並みに、90過ぎでも権力を維持し続けたとしても、後30年ではありませんか?

 北方領土奪還はその後でも良いのではありませんか?
 
 その前に中国との冷戦に勝利していれば、もうロシアへの気遣いも無用なのですから。
  1. 安倍
  2. TB(0)
  3. CM(19)